King Crimson Data Base
    Robert Fripp Discography / the late 2000s

2006

Beyond Even ( 1992-2006 ) : Fripp & Eno → Fripp & Eno

Side Three : Adrian Belew

Side Three

  1. Troubles
  2. Incompetence Indiffernce
  3. Water Turns To Wine
  4. Crunk
  5. Drive
  6. Cinemusic
  7. Whatever
  8. Men In Helicopters ( Version 4.0 )
  9. Beat Box Car
  10. Truth Is
  11. The Red Bull Rides A Boomerang Across The Blue Constellation
  12. &
  • All instruments and vocals by Adrian Belew
    with Les Claypool bass, Danny Carey drums for whatever & men in helicopters version 4.0
    with Robert Fripp flute guitar for water turns to wine,
    with Mel Collins saxophone for beat box car & flutes for truth is
    with the voice of The Prophet Omega for troubles,
    and Martha Belew as the telephone message for incompete indifference
  • ブリューの3部作の最終作。
    フリップは、” Water Turns To Wine ” 1曲のみ 「 flute guitar 」 としてクレジットされている。
    (追加:2006年5月25日)

 

The Bruised Romantic Glee Club : Jakko M. Jakszyk

The Bruised Romantic Glee Club

  1. The Bruised Romantic Glee Club
    [ Mel Collins : Flute, Tenor and Alto Saxes     Gavin Harrison : Drums ]
  2. Variations on a Theme by Holst
    [ Ian McDonald : Flute    Gavin Harrison : Drums ]
  3. Catley's Ashes
    [ Mel Collins : Alto and Tenor Saxophones ]
  4. When Peggy Came Home
  5. Higate Hill [ Gavin Harrison : Drums ]
  6. Forgiving [ co-writes ]
    [ Robert Fripp : Soundscapes and Electric guitar    Gavin Harrison : Drums ]
  7. No One Left To Lie To
    [ Mel Collins : Alto Sax    Gavin Harrison : Drums ]
  8. The Things We Throw Away
  9. Doxy, Dali and Dcchamp  [ Gavin Harrison : Drums ]
  10. Srebrenica
  11. When We Go Home
    [ Robert Fripp : Electric guitars ]
  1. As Long As He Lies Perfectly Still
  2. That Still and Perfect Summer
  3. Astral Projection In Pinner
  4. Pictures of an Indian City [ co-writes ]
    [ Mel Collins : Soprano Sax    Gavin Harrison : Drums ]
  5. Nirvana for Mice  [ Gavin Harrison : Drums ]
  6. Islands [ co-writes ]
    [ Mel Collins : Bass Flute and Soprano Saxophone    Ian Wallace : Drums ]
  7. The Citizen King  [ Gavin Harrison : Drums ]
  8. Soon After
  • 21st CSB でクリムゾン・フアンに知られることになったジャコのソロ・アルバム。
    カンタベリー系ミュージシャン、フリップを含めた旧クリムゾン・メンバーと、自身のキャリアと人脈を総動員した作品で、CD2枚組というフォーマットは当人の自信の表れなのだと思う。
    ただジャコによる楽曲自体に魅力がないのが欠点で、芸達者なミュージシャンによる演奏が、単なるムード・ミュージックに成り下がってしまっているのが残念なところ。
    フリップの演奏はサウンドスケイプを中心に、曲のバックで薄く鳴っているパターン。 積極的に関与していないのは、正解かもしれない。
    (追加:2007年12月10日)

 

Spindle : Judy Dyble

Spindle

  1. See Emily Play
  2. Final Hour
  3. Misty Morning
  4. Fingest
  5. Honey Sweet
  6. Shining
  7. Darkness To Light
  8. Wiggle Waggle
  9. Thank You May Dear
  • Judy Dyble - vocals / autoharp
    Simon House - violins keyboards string arrangement for see emily play
    Steve 'b' - saxophones
    Dave ( Doc Mahone ) Russell - banjo & bouzouki
    James Sher - dulcimer
    Peter Pracownik - acoustic electric and slide guitar
    Robert Fripp - soundscape and lead guitar on shining
    Marc Swordfish - drums percussion keyboards and anything else
    Paul Chousmer - organ solos
    Phoebe Thomasson - flute
    Martin Walker - Bells, Chimes and Pangs on Shining
  • ジュディ・ダイブルとフリップの30年弱ぶりの共演。
    とはいえ期間が開いたのは、長期に渡りダイブルがレコーディング活動を行っていなかっただけのことで、昔年の遺恨が云々といったドラマチックな何かがあるわけでもない。
    話題作りに協力してもいいよ、といった余裕があったためだろうか、フリップの演奏から自己主張は全く感じられない。 その結果、サウンドスケイプにしろギター・ソロにしろ、惹かれるところはない。
    打ち込みのディスコ・ビート(死語)がもの悲しい ” See Emily Play ” でギターを演奏してくれたら、もっと面白かったのに。
    (追加:2006年4月10日)

 

The Whorl : Judy Dyble

Whorl

  1. Starlight
  2. Breathe The Same Air
  3. The Teller
  4. I Talk To The Wind
  5. Seventh Whorl
  6. Road To Somewhere
  7. The Last Kiss
  8. Waggle Wiggle
  9. Forever Shining
  • Judy Dyble - vocals / autoharp
    Simon House - violins keyboards string arrangement for I Talk to the Wind
    Steve 'b' - saxophones
    Dave ( Doc Mahone ) Russell - banjo & bouzouki
    James Sher - dulcimer
    Peter Pracownik - acoustic electric and slide guitar
    Robert Fripp - soundscape and lead guitar
    Marc Swordfish - drums percussion keyboards and anything else
    Paul Chousmer - organ solos
    Phoebe Thomasson - Flute and backing vocals on Road to Somewhere
    Martin Walker - Bells, Chimes and Pangs
    Giles Bolton - Backing Vocals on Road to Somewhere

  • 短いスパンで発表されたジュディ・ダイブルのソロ・アルバム。 コンセプトとクレジットされているとミュージシャンが同じことから、同時期に録音されたマテリアルを2回にわけてリリースしたものと思われる。 ジャケットも色違いなだけだし。
    彼女のHP によれば、前作収録の ” Shining ” の別ミックスである ” Forever Shining ” にサウンドスケイプで参加している。
    ちなみに、” I Talke To The Wind ” からは、フリップの演奏を確認することはできなかった。
    ( 追加:2006年8月26日)

 

2007

Drop : Gavin Harrison & 05ric

  1. Unsettled
  2. Sailing
  3. Life
  4. Sometime
  5. For Lack Of
  6. Clock
  7. Okay
  8. Where Are You Going?
  9. Centered
  • 05ric - Vocals / Extended Range Bass
    Gavin - Drums / Tapped Guitar
    with special guests
    Robert Fripp - Guitar-Soundscapes on "Sailing" "Where Are You Going?"
    Dave Stewart - Keyboards on "Centered"
    Gary Sanctuary - Piano on "Where Are You Going?"

  • めでたくクリムゾンのメンバーに就任したギャヴィン・ハリソンによるプロジェクト。
    リズム隊がひたすらテクニカルな演奏を繰り出す一方、曲自体は地味で特徴があまり感じられない。 どちらかと言えばサイド・マンであったハリソンだけに、完成度の高さを求めてもしかたないかもしれない。 それよりも、クリムゾンにおいてどういった役回りをするのかを想像しながら聴いていた方が楽しめる。
    ギターもクレジットされているが、フリップの演奏はサウンドスケイプスだけだと思われる。 レコーディング時点でハリソンの参加が確定していたのかはわからないが、リリース・タイミングは参加発表と重なった。 とはいえ、本作品はそれほど話題にはならなかったが。
    ( 追加:2008年1月26日)

 

Fear Of A Blank Planet : Porcupine Tree

Fear of a Blank Planet

  1. Fear Of A Blank Planet
  2. My Ashes
  3. Anesthetize
  4. Sentimental
  5. Way Out Of Here
  6. Sleep Together
  • Steve Wilson - vocals, guitars, piano, keyboards
    Richard Barbieri - keyboards and synthesizers
    Colin Edwin - bass guitars
    Gavin Harrison - drums

    Guests:
    Alex Lifeson - guitar solo on " Anesthetize "
    Robert Fripp - soundscapes on " Way Out Of Here "
    John Wesley - backing vocals
  • No-Man のスティーヴン・ウィルソンによるポーキュパイン・トゥリーの作品。 とはいえ、今では No-Man よりポーキュパイン・トゥリーのほうが、メジャーかもしれないが。
    スティーヴン・ウィルソン絡みということで便宜上このカテゴリーに入れたが、実際にはヘビーな楽曲の中にプログレのエッセンスが時々混ざったような音で、Mars Volta や System of a Down が売れている時代だけに、ひょっとしたら、という可能性が若干ある。
    フリップのサウンドスケイプスは相変わらずで、必然性ゼロの効果音の役割しか果たしていない。 
    ポーキュパイン・トゥリーの来日公演のおかげでフリップのサウンドスケイプス公演を生で観ることができたものの、そもそもなぜフリップがスティーヴン・ウィルソンにここまで肩入れするのか、よくわからない。
    (追加:2007年5月15日)

 

Nil Recurring : Porcupine Tree

Nil Recurring

  1. Nil Recurring
  2. Normal
  3. Cheating The Polygraph
  4. What Happens Now?
  5. Fear Of A Blank Planet : Edit version
  • Steve Wilson - vocals, guitars, keyboards
    Richard Barbieri - keyboards and synthesizers
    Colin Edwin - bass guitars
    Gavin Harrison - drums, percussion, tapped guitar on "What Happens Now?"

    Guests:
    Robert Fripp - lead guitar on "Nil Recurring"
    Ben Coleman - electric violin on "What Happens Now?"
  • 『 Fear Of A Blank Planet 』 レコーディング時のアウトテイク集。
    フリップは、タイトル曲 ” Nil Recurring ” にクレジットされている。
    スティーヴン・ウィルソン自身のライナーによれば、フリップは本曲用にいくつかのギター・ソロを録音したとのことだが、最終的には東京公演時のサウンドスケイプを採用したとのこと。
    実際どの音がフリップによる演奏はわからないが、つくづく余計なことをするものだと思う。
    (追加:2007年11月25日)

 

Double Talk : Theo Travis

Double Talk

  1. Ascending
  2. Oblivionville
  3. The Relegation Of Pluto
  4. The Endless Search [ co-writes ]
  5. Pallendream
  6. See Emily Play
  7. And So It Seemed
  8. Portobello 67
  • Theo Travis    Tenor and soprano saxes wah-wah sax, flute, alto flute, clarinet, loops
    Mike Outram    Electric guitar
    Pete Whittaker    Hammond organ
    Roy Dodds    Drums, gongs

    with Special guest Robert Fripp    Guitar, guitar soundscapes ( Track 2,4,5 )
  • ジャズのフィールドで活動しているセオ・トラヴィスの作品。
    ソフト・マシン・レガシーや、デヴィッド・シルヴィアンのライヴに参加したり、近しいところでは Bass Communion の作品に参加してたりする。 ピンク・フロイドの楽曲を取り上げているのもそんな流れかもしれない。
    共作した曲があるものの、基本的には別録音のサウンドスケイプスの提供、といういつものパターン。 ただ、サウンドスケイプスをバックにしたサックスやフルートの演奏というのは意外と新鮮だし、大作 ” Oblivionville ” での差し込まれ方も効果的だと思う。
    本作品を契機にサウンドスケイプスの活躍範囲がまた広がりそうで、ちょっと怖い。
    (追加:2008年1月12日)

 

2008

A Young Person's Guide To Hell : The Hellboys

Young Person's Guide to Hell

  1. Mr. Boring
       
    Electric Guitar and Soundscapes
  2. Rivers of Pee
       
    Electric Guitar and Astonishing Soundscapes
  3. War
       
    Electric Guitar and Soundscapes
  4. Ave Maria
  5. We Used to Be...
  6. Post Traumatic Stress Disorder
  7. Save Me a Seat
  8. Masters of War
  9. Angels
       
    Electric Guitar and Soundscapes
  • Featuring
    Robert Fripp, Tony Levin, Bill Rieflin, and the California Guitar Trio
  • トム・レドモンドを中心にしたプロジェクト、ヘルボーイズの2作品目。
    前作では、サウンドスケイプスのサンプリングのみでフリップはクレジットされていたが、本作ではエレクトリック・ギターもクレジットされている。 とは言っても、ギター奏者は複数クレジットされており、演奏の確認は難しい。
    その一方で、サウンドスケイプスが鳴り響き始めると明らかにフリップの演奏とわかる。 リスナーの期待をかわしつつ、自分の大好きなサウンドスケイプスの記名性の高さをフリップは再認識させているわけで、まさに思う壺といったところか。
    アルバムとしては、クラッシックにカントリー、インダストリアルからディランのカヴァーとバラエティーに富みすぎ、焦点がぼやけてしまっている。
    (追加:2011年2月10日)

 

dyanMU : Enrico Coniglio - Elisa Marzorati

Dyanmu

  1. Brushwork
  2. Mothlight
  3. Foliage
  4. Birds Delight
  5. Bell- Ringer
  6. Cableway
  7. Skip To Exit
  8. Walking Distance
  9. Loss ( Part I )
  10. Loss ( Part II )
  11. Timepiece
  • Enrico Coniglio : programming, sampling, looping
    Elisa Marzorati : piano

    ' Timepiece ' contains a sample from " The Outer Darkness ", ( The Gates of Paradise, 1998 ), performed by Robert Fripp.
  • すんません。 アーティスト名読めません。
    本作品にフリップは直接参加しているわけではなく、『 The Gates Of Paradise 』 に収録されている ” The Outer Darkness ” がサンプリングされている。
    アルバム全体がアンビエントな作品で、全曲にフリップのサウンドスケイプスがサンプリングされている、と言われても信じてしまいかねない作品。
    サウンドスケイプスのサンプリング料っていくら何だろう? それ以前に、サンプリングの申し入れに対して、フリップはどんな基準に基づき判断しているのだろうか?
    (追加:2009年4月10日)

 

Mike Zirkel The Album : The Gomers

Mike Zirkel the Album

  1. Corn Tomaters
  2. Dance Jack Palance
  3. Forcefield
  4. Hogan @ O'Cayz
  5. Things Fall Apart
  6. Homosexuals & Lesbians
  7. Like You
  8. Elephant Blackb  ird
  9. Crime Scene
  10. Hobo Jungle Circuit
  11. Dude You Rock
  12. Watertown Mailbox
  13. Fripping The Rude Oud
  14. Les Floyd or Pink Paul
  15. I Been Over Dere
  16. Marlon Perkins
  17. Chandelier
  18. Hogan @ High Noon Saloon
  19. Dude You Rock ( reprise )
  20. The Gomers Bid Ye Farewell
  • Dave Adler    Key, Vocals, Percussion
    Biff Blumfumgagnge    Oud, Nyckelharpa, Violin, Mandolin, Vocals, Guitar
    Geoff Brady    Vibes, Drums, Percussion, Vocals, Theremin
    Steve Burke    Guitar, Baritone Guitar, Percussion, Vocals
    Mark Hervey    Guitar, Vocals
    Gordon Ranney    Bass, Percussion, VOcals, ARP Synth
    Gregg Rullman    Drums, Percussion
    Andy Wallman    Tambbourine, Vocals, Percussion

    Siggi Baldursson    Drums on Homosexuals & Lesbians
    Adrian Belew    Guitar on Things Fall Apart
    Robert Fripp    Voices, Guitar Synth on Fripping the Rude Oud
    Rob Haggar    Ululations
  • Wikipedia によると、ウィスコンシン州のマディソンを中心に活動するコメディ・バンド、らしい。
    この手のバンドにありがち、というか今や必須条件なのかもしれないが、演奏はしっかりしているし、ネタもとに対するバックグラウンドも充分に感じることができる。 でも、それがどうしたかと問われれば、それ以上でもそれ以下でも無い、としか答えようが無い。
    フリップはアナウンスとサウンドスケイプスで参加している。
    (追加:2011年10月10日)

 

Doppel Ganger : The Grid

Doppelganger

  1. 8 Miles From Memphis
  2. Vibration
  3. Pleasure Control
  4. Put Your Hands Together
  5. Slinker
  6. Pure Statik
  7. Mighty Heroik [ Frippertronic Guitar ]
  8. Saturday
  9. Closer
  10. Three Floors Above You
  11. Feed Your Mind
  12. Fools Rush In
  13. Be Here With You
  • しばらく活動を中止していたグリッドの作品。
    15年前そのまんまの音は、テクノ・シーンにおいてどれだけの現役度があるのか良くわからないが、高揚感を無理矢理高めるようなリズムの連続は、聴き続けていると疲れてくる。
    残念ながらフリップのギター・ソロはなく、クレジットの通りフリッパートロニクス。 しかし何故今、サウンドスケイプスではなくてフリッパートロニクスなのかは不明。
    (追加:2009年3月25日)

 

Thread : Travis & Fripp

Thread

  1. Land Beyond The Forest
  2. The Apparent Chaos Of Blue
  3. As Snow Falls
  4. Before Then
  5. One Whirl
  6. The Silence Beneath
  7. Curious Liquids
  8. The Unspoken
  9. Pastorale
  • theo travis - alto flute, soprano sax
    robert fripp - guitar

    all tracks composed by theo travis & robert fripp
  • フリップ&イーノ、シルヴィアン&フリップ、フェイマン&フリップに続く、4つ目のアンドものは、ジャズのフィールドで活動しているセオ・トラヴィスの作品。
    フリップの演奏はサウンドスケイプスを中心としたものだが、意外に聴きやすい。 モノフォニックで持続音が難しいフルートやサックスとだけ対峙しているためか、サウンドスケイプスがフニャフニャと鳴り続けたりしないことが功を奏したものと思われる。
    パーマネントなプロジェクトにはならないだろうが、トラヴィスのソロ、『 Double Talk 』 と同じく愛聴盤になりそうな気がする。 。
    (追加:2008年8月26日)

 

2009

We Are The Humans : The Humans

We Are the Humans

  1. We are the humans
  2. Is it wrong
  3. Twisted Soul
  4. Telekinesis
  5. Quicksilver
  6. Labyrinth
  7. Icarus
  8. Noise In Your Head
  9. This Bilongs To You
  10. Demigod
    Bonus track
  11. These Boots Are Made For Walkin' featuring Robert Fripp
  • Toyah    voice loops angry bee
    Chris    bass guitar organ humming
    Bill    bass synths gadgets whirring organ drums claps hums

    Bonus Track
    Toyah    voice
    Chris    bass guitar
    Bill     bass drums oohs aahs snaps claps
    Bobby Willcox    guitar slinger
    Don    snaps claps

  • フリップの回転椅子プレーのPVが話題になった ” These Boots Are Made For Walkin' ” をボーナス・トラックに収録した、The Humans のアルバム。
    楽曲の殆どはベース音によるリフが骨格を成し、メロディ楽器が少しとトーヤのヴォーカルが被るという構成。 それもそれで良いのだが、フリップ参加という贔屓目を差っ引いても、”
    These Boots Are Made For Walkin' ” の良さが突出している。 元々の楽曲の良さ(ナンシー・シナトラで有名)に加え、フリップによるリフ&ギター・ソロを堪能することができ、短いながらも見事な仕上がりとなっている。
    今回あらためて YouTube で確認し、PVでのトーヤの服装がナンシー・シナトラを意識していることがわかった。 夫婦間でその辺りについて議論はなかったのだろうか。
    (追加:2010年12月25日)

 

Talking With Strangers : Judy Dyble

Talking with Strangers

  1. Neverknowing
  2. Jazzbirds
  3. C'est La Vie
  4. Talking with Strangers
  5. Dreamtime
  6. Grey October Day
  7. Harpsong
  • ジュディ・ダイブルのソロ4作品目。 フリップは3作連続参加ということになる。
    ELPの ” C'est La Vie ” 等フォーク・ロック調の短い曲が並ぶなか、フリップも参加している ” Harpsong ” のみが19分もの長尺曲となっている。 ヴォーカル・パートとインスト・パートがクレジットも別にされており、同一曲である必然性は殆どないのだが、” Starless ” に聞こえなくもないフレーズが出てきたりして、フアン・サービスをしっかりと心得ている。
    追加:2009825日)

 

2010

Julie Slick : Julie Slick

Julie Slick

  1. Mela
        FEAT, Eric Slick - Drums; Brian Davis - Guitar; Matt Rothstein - Guitar; Jon Braun - Sax
  2. Many Laughs
        FEAT, Marco Minnemann - Drums
  3. February
        FEAT, Eric Slick - Keys
  4. Mora
        Michael Bernier - Chapman Stick
  5. Aphrodite
        FEAT, Pat Mastelotto - Drums, Production;
        Andre Cholmondeley - VG-99 Acoustic Guitar
  6. Baron Aloha
  7. Nothing To Be Done
        FEAT, Marco Minnemann - Drums
  8. Choke
        FEAT, Robert Fripp's "Scanning II"
  9. Awoke
        FEAT, Alex Schmidt - Guitar
  10. Shadow Trip
        FEAT, Robert Fripp's "Sometimes God Hides"
  11. Spice Trade
        FEAT, Robert Fripp's "Sometimes God Hides" & "2006"
  12. The Rivalry
        FEAT, Pat Mastelotto - Drums; Eric Slick - VB-99 Guitar
  13. Cage Match
  14. Blood Blisters
        FEAT, Jordan Del Rosario - Guitar
  • Adrian Belew Power Trio のベーシスト、Julie Slick のソロ・アルバム。
    フリップの参加、というかサウンドスケイプスのサンプリングは3曲。 『 The Gates Of Paradise 』 収録の ” Sometimes God Hides ” に加え、オムニバスの 『 Sometimes God Hide 』 に収録されている ” Scanning II ” と ” 2006 ” という選曲が変わっている。 あ、もちろんどの部分がサンプリングされているかは聴き分け不可能だけど。
    ところで女性ベーシストというと、最近だと Tal Wikenfeld がすぐ思い浮かぶが、Julie Slick も演奏が上手いだけではなくルックスもそこそこ、そして年齢まで Tal と同じである。 比べられることは当人にとって不本意かもしれないが、意識はしてるハズ。 そして...下世話で申し訳ないが、映像を見ていると Tal の時と同じような興奮を覚える。
    (追加:2010年8月10日)

 

Super Heathen Child : Grinderman

Heathen Child [アナログ盤 / 12インチ] (12MUTE441)

  1. Heathen Child
  2. Star Charmer
  1. Super Heathen Child - Grinderman / Fripp

Grinderman 2 : Grinderman

Grinderman 2 [解説付/ボーナストラック2曲収録/国内盤] (BRC274)

  1. Mickey Mouse And The Goodbye Man
  2. Worm Tamer
  3. Heathen Child
  4. When My Baby Comes
  5. What i Know
  6. Evil
  7. Kitchenette
  8. Palaces Of Montezuma
  9. Bellringer Blues
    Bonus Tracks for Japan
  10. Super Heathen Child - Grinderman / Fripp
  11. Star Charmer
  • ニック・ケイヴが率いるグリンダーマンの ” Super Heathen Child ” に、フリップがギターで参加している。
    原曲 ” Heatehn Child ” とは全く異なる楽曲になったと言って良いほど、フリップの激しいギターがフィーチャーされている。 他流試合なだけにサウンドスケイプスでお茶を濁すこともできたと思うのだが、よくぞここまで弾きまくったと感動するほどの演奏である。
    これがニック・ケイヴからの要請なのか、それとも触発されたのかはわからないが、ニック・ケイヴに対しては、「グッジョブ」と多いに感謝したい。
    (追加:2010年10月25日)

 

Just Outside Of Normal : Stuart Hamm

  1. The Obligatory Boogie
  2. Going To California
  3. The Clarinet Polka
  4. Windsor Mews
  5. Just Outside of Normal
  6. Adagio
  7. Big Roller
  8. Uniformitarianism
  9. Lucidity
  • Stuart Hamm    Fretted, Fretless, Piccolo Basses and Keys

    Guitar    Joe Satriani, Robert Fripp, Frank Gambale, Jude Gold, Mark McGee
    Saxophone    Alex Murzyn, Kart Theobald
    Piano    Terry Disley, John R. Burr
    Drums    Stanton Moore, Alan Hertz, John Mader
    Violin    Carlos Reyes
    Vocals    Malika Alaoui
    Dotar    Bruce Hamm
    Accordion    Allison Lovejoy

  • テクニカルなベーシスト、ステュアート・ハムのソロ・アルバム。 1997年のG3のコンサートで共演していることが、今回のフリップの参加に繋がっていると思われる。
    Youtubeでちょっと探しただけでハムのベース・ソロ映像を見つけることは可能だが、速弾きからメロディアスな演奏まで、どれもこれもベースでそこまでやるか、というものばかりで徹底している。 あれだけフレットに右手を持って行くのならスティックでも演奏すれば良いのと素人的に思ってしまうのだが、そうしない拘りがあるのかもしれない。
    フリップの参加はラストの ” Lucidity ” のみ。 メロディアスなハムのベースに、サウンドスケイプスが静かに絡む。
    (追加:2011年2月25日)

Top Page