King Crimson Data Base
    Gavin Harrison Discography

1986

Live Ritz N.Y.C. 86 : Iggy Pop

ライブ・リッツN.Y.C.86(紙ジャケット仕様)
  • リリースは1992年
  1. I Got A Right
  2. Gimme Danger
  3. Some Weird Sin
  4. Real Wild Child
  5. Sister Midnight
  6. Blah, Blah, Blah
  7. Baby It Can't Fall
  8. Nightclubbing
  9. Fire Girl
  10. Five Foot One
  11. Shades
  12. Down On The Street
  13. China Girl
  14. Hide Away
  15. Winners And Losers
  16. Cry For Love
  • Musicians
    Iggy Pop - Vocals, Outrageous
    Kevin Armstrong - Guitar
    Shamus Beghan - Keyboard, Guitar
    Phil Butcher - Bass
    Gavin Harrison - Drums

  • イギー・ポップの作品の中でもセールス的にも成功した 『 Blah-Blah-Blah 』 発売後のライヴ。
    当然、『 Blah-Blah-Blah 』 の楽曲が中心なのだが、ソロ、ストゥージの楽曲も含まれており、ヒストリー・ライヴとしても充分な内容になっている。
    そんな充実した時代の充実したライヴにギャヴィン・ハリソンが参加しているのだが、前後のスタジオ作品に参加しているわけでもなく、正にパート・タイマーである。 これで聴いた人が腰を抜かしてしまうような演奏を繰り広げてくれるのならともかく、ハリソンの演奏は特徴もなく没個性。
    クリムゾンのメンバーになる20年前、まだまだ下積み時代のギャビン・ハリソンである。
    (追加:2013年12月10日)

 

1988

Stop! : Sam Brown

  1. Walking Back To Me
  2. Your Love Is All [ Gavin Harrison : Drums ]
  3. Stop [ Gavin Harrison : Drums ]
  4. It Makes Me Wonder
  5. This Feeling
  6. Tea
  7. Piece Of My Luck [ Gavin Harrison : Drums ]
  8. Ball And Chain [ Gavin Harrison : Drums ]
  9. Wrap Me Up
  10. I'll Be In Love
  11. Merry Go Round
  12. Sometimes You Just Don't Know [ Gavin Harrison : Drums ]
  13. Can I Get A Witness
  14. High As A Kite [ Gavin Harrison : Drums and Marimba ]
  15. Nutbush City Limits
  • ジャッコも参加しているサム・ブラウンの作品。
    1980年代後半という時期にもかかわらず、下品なデジタル・シンセが鳴り響くことはなく、生楽器の多用、デヴィッド・ギルモアの参加等それなり以上に制作費が投入された作品であることはわかる。 ただその内容としては、それなりにヒットしたタイトル曲 ” Stop ” 等、プログレ耳には正直どうでも良い曲が多い。
    軽めのポップスからジャズっぽいナンバーまで、ハリソンは柔軟に対応している。 ただ逆の見方をすれば、曲調に合わせて起用されていたのではなく、便利なスタジオ・ミュージシャン的な扱いなのかもしれない。
    (追加:2015年7月1日)

 

Sarah Jane Morris : Sarah Jane Morris

  1. Loving A Dream
  2. Me And Mrs Jones
  3. I'll Be Your Angel
  4. Sunny
  5. She's Leaving Home
  6. Can't Get To Sleep Without You
  7. This Ain't Livin'
  8. This Will Be
  9. Alone Again Naturally
  10. The Rains Have Failed Again
  11. Hello Like Before
  12. Me And Mrs Jones ( Minneapolis Version )
  • The numerous musicians who brought their gifts of music, encouragement and enthusiasm!!
    Gavin Harrison
  • New Wave 全盛時、コミュナーズのシングルにコーラスで参加した実績がある、サラ・ジェーン・モリスの作品。
    その時代、シンセサイザーの音色にソウルフルな女性コーラスを絡めるという類型が一体どれだけのリリースされたのか、あまりにも多く数えることは不可能なのだが、そんな風に使われてしまったヴォーカリストである。 ただその声は野太く、ソウルフルというより男性ヴォーカリストと聴き間違う程である。
    そんなサラ・ジェーン・モリスのファースト・ソロ・アルバムに、下積み時代のギャヴィン・ハリソンがその他大勢のミュージシャンの一人として参加している。 当然のことではあるがその演奏は完全に没個性で、どの曲で演奏しているかの判別は不可能である。
    (追加:2015年12月10日)

 

1990

The Big Idea : Dave Stewart And Barbara Gaskin

ビッグ・アイデア・スペシャル・エディション(紙ジャケット仕様)
  1. Levi Stubbs' Tears
  2. My Scene
  3. Grey Skies [ Cymbals ]
  4. Subterranean Homesick Blues
  5. Heatwave
  6. The Crying Game
  7. Deep Underground [ Drum kit ]
  8. Shadowland [ Cymbals ]
  9. Mr Theremin [ Drum kit ]
  10. New Jerusalem [ Drum kit ]
  • シングル中心にした作品リリースから、アルバム単位でのリリースに移行したスチュアート&ガスキンの作品。
    個々の楽曲の良くできていると思うし、捨て曲もない。 でもそのかわり必殺の一曲もないのが残念なところ。 寄せ集め作品だった前作までの方が完成度が遙かに高い。
    シンバルとドラム・キット、というクレジットのされ方はいかがなものかと思うが、下積み時代だからしょうがないか。
    (追加:2008年3月10日)

 

1991

Spin : Stewart / Gaskin 

Spin

  1. Walking The Dog
  2. The Cloths Of Heaven
  3. 8 Miles High
  4. Amella
  5. Trash Planet
  6. Gloden Rain
  7. Your Lucky Star
  8. Cast Your Fate To The Wind
    Louie Louie (medley)
  9. The 60's Never Die
  10. Star Blind
  11. Fear Is The Theif
  12. McGroggan
  • Gavin Harrison    Drums(3) Percussion(2,6) Rhythm programming(9)
  • カヴァーとオリジナルが半々というパターンもさすがに煮詰まりきったスチュアート&ガスキンの作品。
    前作に比べてハリソンの活躍範囲は広いのだが、楽曲自体に魅力が乏しいため、印象は薄い。 駆け出しスタジオ・ミュージシャンの悲哀といったところか。
    この後スチュアート&ガスキンは沈黙状態になるのだが、2001年に突然来日公演を果たす。 ハリソンは来日公演に同行したとのこと。 今にして思えば観に行くべきだった。
    (追加:2008年3月10日)

 

1992

Still Life With My Guitar : Kevin Ayers

Still Life with Guitar

  1. Feeling This Way
  2. Something In Between
  3. Thank You Very Much
  4. There Goes Joinny
  5. Ghost Train
  6. I Don't Depend On You
  7. When Your Parents Go To Sleep
  8. M16
  9. Don't Blame Them
  10. Irene Good Night
  • Gavin Harrison, drums
  • アコースティックな作品を中心としたケヴィン・エアーズのソロ・アルバム。
    オリジナルの赤をベースに白文字でタイトルだけのジャケット以上に、再発された際の赤い花と写ったジャケットが良い。 本作品の朴訥として気負いのないサウンドにマッチしている。 ただ店頭で購入するのには、少し勇気がいると思うが。
    本作品には、修業時代のハリソンが2曲参加している。 ドラマーに対して、激しい個性を出すことより地味に演奏することを要求しているような作品だけに、ハリソンの存在感はゼロ。
    ギャラも決して高そうではないし、苦労を重ねていたんだと思う。
    (追加:2008年4月10日)

 

1994

Mustard Gas And Roses : Jakko

Mustard Gas & Roses
  1. Just Another Day
  2. Little Town
  3. The Devils Dictionary
  4. Damn This Town
  5. The Borders We Traded
  6. The Perfect Kiss
  7. Saddleworth Moor
  8. Learning To Cry
  9. A Handful Of Pearls
  10. Then and Now
  11. Mustard Gas And Roses
  12. We'll Change The World
  • Jakko : Vocals, guitars, keyboards, programming, flute
    Gavin Harrison : Drums(4, 6), Percussion(9)

  • クリムゾンの新メンバーとして発表されたジャッコのソロ・アルバム。
    (変更:2013年10月25日)

 

2004

Blackfield : Blackfield

Blackfield

  1. Open Mind
  2. Blackfield
  3. Glow
  4. Scars
  5. Lullaby
  6. Pain
  7. Summer
  8. Cloudy Now
  9. The Hole In Me
  10. Hello
  • All songs produced and performed by Blackfield : Aviv Geffen and Steve Willson
    Except music on "Scars" performed by The Mistakes.

    Strings on "Open Mind", "Lullaby", "Summer" and "Hello" performed by th Illusion quarted conducted by Danniel Salomon.

    Drums on "Open Mind" and "Pain" played by Gavin Harrison.
    Drums on "Blackfield", "The Hole in Me" and "Hello" played by Chris Maitland.
    Drums on "Glow" and "Summer" played by Jeremy Kaplan.
  • スティーヴ・ウィルソンの別プロジェクト、ブラックフィールドの作品。
    クレジットを見ると、2001〜2003年の間に断続的にレコーディングされた楽曲をまとめたもので、爆音をバックに美メロが絡む、というポーキュパイン・トゥリー系の音が並んでいる。
    それならポーキュパイン・トゥリーで良いじゃないかとも思えるが、多分スティーヴ・ウィルソンという人はこういう音が大好きで大好きで、レコーディングせずにはいられないのだろう。
    ハリソンが参加しているのは2曲、ポーキュパイン・トゥリー参加後のセッションと思われる。 
    (追加:2008年8月26日)

 

2005

Deadwing : Porcupine Tree

デッドウィング

Disc 1
  1. Deadwing
  2. Shallow
  3. Lazarus
  4. Halo
  5. Arriving Somewhere But Not Here
  6. Mellotron Scratch
  7. Open Car
  8. The Start Of Something Beautiful
  9. Glass Arm Shattering
  10. She's Moved On
Disc 2
  1. Even Less
  2. Pure Narcotic
  3. How Is Your Life Today
  4. Buying New Soul
  5. Russia On Ie ( Live )
  6. Blackest Eyes
  7. Trains
  8. Open Car
  9. Lazarus
  10. Halo ( Live )
  • Steven Wilson - vocals, guitars, piano, keyboards, hammered dulcimer, bass guitar on 1,3,5(middle section),7
    Richard Barbieri - keyboards and synthesizers
    Colin Edwin - bass guitar
    Gavin Harrison - drums and percussion

    GUESTS:
    Adrian Belew - solo guitar on 1 and 4
    Mikael Akerfeldt - harmonoy vocals on 1,3,5, second guitar solo on 5

  • ポーキュパイン・トゥリーの日本でのデビュー・アルバム。
    「ロバート・フリップが絶賛した」というキャッチ・コピーとともに、初回限定2枚組での発売は、売る側としてもかなり気合いが入っていたのだと思う。 実際個人的にも、スティーヴ・ウィルソン=No-Manの人、という式が、スティーヴ・ウィルソン=ポーキュパイン・トゥリーの人、に入れ替わったのは、本作品でのレコード会社によるプロパガンダによるものだと思う。
    80年代に新たにプログレをやろうとした場合の選択肢がポンプ・ロックであったように、2000年代の今、新たにプログレをやろうとした場合、ハードでインダストリアルなプログレという選択は正しいように思える。 後は何かのきっかけさえあれば、TOOL のようにメチャ売れするかもしれない。 もちろん、クリムゾンのように局地的に売れるバンドで終わってしまう可能性も大きいが。
    こうした作品を聴いていると、ハリソンに対して新しい血としての役割は求められていないように思えてくる。 
    (追加:2008年7月25日)

 

2006

21st Century Christmas & Move It : Cliff Richard

  1. 21st Century Christmas
  2. Move It ( featuring Brian May & Brian Bennett )
  • Drums : Gavin Harrison
    Guitar : Phil Palmer
    Keyboards : Richard Cardwell
    Backing Vocals : Jakko Jaczyk
  • イギリスの国民的シンガー、クリフ・リチャードが2006年に発表したクリスマス・ソング。
    何故ハリソンがドラムを、何故ジャッコがバッキング・ヴォーカル(だけ)を担当しているのか全くわからないのだが、クリムゾン・メンバーが2人も参加している珍品となっている。
    ハリソンが激しいドラムを披露する機会こそないが、流石クリフ・リチャードの作品だけに楽曲の完成度は高く、本楽曲に参加できたことはハリソンのステイタス向上に大きく寄与していると思われる。
    もう1曲の ” Move It ” は、ギターがブライアン・メイ、ベースがモ・フォスターという豪華な布陣なので、欲を言えばここに絡むハリソンの演奏も聴いてみたかった。
    (追加:2015年12月24日)

 

The Bruised Romantic Glee Club : Jakko M. Jakszyk

The Bruised Romantic Glee Club

  1. The Bruised Romantic Glee Club
    [ Mel Collins : Flute, Tenor and Alto Saxes    Gavin Harrison : Drums ]
  2. Variations on a Theme by Holst
    [ Ian McDonald : Flute    Gavin Harrison : Drums ]
  3. Catley's Ashes
    [ Mel Collins : Alto and Tenor Saxophones ]
  4. When Peggy Came Home
  5. Higate Hill [ Gavin Harrison : Drums ]
  6. Forgiving
    [ Robert Fripp : Soundscapes and Electric guitar    Gavin Harrison : Drums ]
  7. No One Left To Lie To
    [ Mel Collins : Alto Sax    Gavin Harrison : Drums ]
  8. The Things We Throw Away
  9. Doxy, Dali and Dcchamp
    [ Gavin Harrison : Drums ]
  10. Srebrenica
  11. When We Go Home    [ Robert Fripp : Electric guitars ]
  1. As Long As He Lies Perfectly Still
  2. That Still and Perfect Summer
  3. Astral Projection In Pinner
  4. Pictures of an Indian City
    [ Mel Collins : Soprano Sax    Gavin Harrison : Drums ]
  5. Nirvana for Mice
    [ Gavin Harrison : Drums ]
  6. Islands [ co-writes ]
    [ Mel Collins : Bass Flute and Soprano Saxophone    Ian Wallace : Drums ]
  7. The Citizen King
    [ Gavin Harrison : Drums ]
  8. Soon After
  • ジャコの2枚組ソロ・アルバム。
    ハリソンの活躍場面は多く、” Forgiving ” ではフリップの共演を果たしてたりする。
    (追加:2008年3月10日)

 

2007

Blackfield II : Blackfield

  1. Once
  2. 1,000 People
  3. Miss U
  4. Christenings
  5. This Killer
  6. Epidemic
  7. My Gift of Silence
  8. Some Day
  9. Where is My Love?
  10. End of the World
  • Gavin Harrison - drums on " Christenings "
  • メンバーを固定化してきたブラックフィールドのセカンド・アルバム。
    爆音に美メロを絡める、というスティーヴン・ウィルソンの王道パターンはここでも健在なのだが、その爆音度は同じブラックフィールドのファーストよりもやや抑えられている。 リリース頻度が高いウィルソンの作品はとてもフォローしきれないのだが、細かい差異化は常に図っているのかもしれない。
    ギャヴィン・ハリソンは1曲のみに参加。 アコースティックな前半から爆音化していくという、これまたウィルソンらしい展開をする楽曲の後半で、ドラムを演奏している。
    (追加:2015年12月10日)

 

Fear Of A Blank Planet : Porcupine Tree

Fear of a Blank Planet

  1. Fear Of A Blank Planet
  2. My Ashes
  3. Anesthetize
  4. Sentimental
  5. Way Out Of Here
  6. Sleep Together
  • Steve Wilson - vocals, guitars, piano, keyboards
    Richard Barbieri - keyboards and synthesizers
    Colin Edwin - bass guitars
    Gavin Harrison - drums

    Guests:
    Alex Lifeson - guitar solo on " Anesthetize "
    Robert Fripp - soundscapes on " Way Out Of Here "
    John Wesley - backing vocals
  • フリップも参加しているポーキュパイン・トゥリーの作品。
    (追加:2008年3月10日)

 

Nil Recurring : Porcupine Tree

ニル・リカーリング-虚無循環

  1. Nil Recurring
  2. Normal
  3. Cheating The Polygraph
  4. What Happens Now?
  5. Fear Of A Blank Planet : Edit version
  • Steve Wilson - vocals, guitars, keyboards
    Richard Barbieri - keyboards and synthesizers
    Colin Edwin - bass guitars
    Gavin Harrison - drums, percussion, tapped guitar on "What Happens Now?"

    Guests:
    Robert Fripp - lead guitar on "Nil Recurring"
    Ben Coleman - electric violin on "What Happens Now?"
  • 『 Fear Of A Blank Planet 』 レコーディング時のアウトテイク集。
    What Happens Now? ” では、tapped guitar(?)を披露。
    (追加:2008年3月10日)

 

Drop : Gavin Harrison & 05ric

  1. Unsettled
  2. Sailing
  3. Life
  4. Sometime
  5. For Lack Of
  6. Clock
  7. Okay
  8. Where Are You Going?
  9. Centered
  • 05ric - Vocals / Extended Range Bass
    Gavin - Drums / Tapped Guitar
    with special guests
    Robert Fripp - Guitar-Soundscapes on "Sailing" "Where Are You Going?"
    Dave Stewart - Keyboards on "Centered"
    Gary Sanctuary - Piano on "Where Are You Going?"

  • ギャヴィン・ハリソンと05ric(?)によるプロジェクト。
    クレジットによれば、フリップが参加している2曲以外はハリソンの tapped guitar がフィチャーされているのだが、正直良くわからない。
    (追加:2008年3月10日)

 

2009

Circles : Gavin Harrison & 05ric

Circles

  1. Circles
  2. Source
  3. Last Call
  4. Crisis
  5. Faith
  6. Scar
  7. Break
  8. Beyond the 'A'
  9. Eye
  10. Goodbye
  • Vocals, Extended Range Bass - 05ric
    Drums, bass and guitar - Gavin
    Piano on "Circles" - Gary Sanctuary

  • 新制クリムゾンが半ば頓挫してしまった今、クリムゾンのメンバー、と言って良いのか悪いのかわからなくなってしまったハリソンによるプロジェクトの第2弾。
    テクニカルなバックに時折爆音や美メロが絡む、というパターンはいいかげん凡庸で、ファーストとの差異は殆どない。 これがハリソンのやりたい音楽なのだろうか。自らの名前を冠しているものの疑問が大いに残る。
    クリムゾンが順調に活動を続けていれば来日もかない、ハリソンのインタビューで音楽遍歴等を確認することができたかもしれない。 クリムゾンの活動停止が返す返す残念である。
    (追加:2009年7月25日)

 

2011

The Man Who Sold Himself : Gavin Harrison & 05Ric

  1. Prize
  2. Identitas
  3. The Man Who Sold Himself
  4. Own
  5. Body Temple
  6. 107
  7. Wherewithal
  8. Awake
  9. Illusion
  10. Way
  • 05Ric - vocals, Touch Guitars
    Gavin - Drums, bass and guitar
    Piano keyboards by Gary Sanctuary on " Prize "
  • Gavin Harrison & 05Ric の新作。
    クリムゾンとしての対外活動が2008年のライヴだけで終わってしまっているだけに、ハリソンのことを元キング・クリムゾンと位置づけて良いのかどうかわからなくなってしまっている。 開封前の本作品貼りつけてあったシールにも、 「 Gavin Harrison ( Porcupine Tree ) 」 とだけ記載されており、クリムゾンについては触れられていない。 ハリソンにとって、クリムゾンでのライヴは黒歴史なのだろうか? だとしたら悲しい。
    作品自体、前作までと大きな方向性の違いはなく、クリムゾンのフアンの嗜好と被るところは少ない。
    (追加:2012年3月10日)

Top Page