King Crimson Data Base
    Jakko M. Jakszyk Discography

You Caught Me Out : Tracey Ullman

  • 1985年 Album
  1. You Caught Me Out
  2. Little By Little
  3. Baby I Lied
  4. Terry
  5. Bad Motorcycle
  6. Loving You Is Easy
  1. Sunglasses
  2. If I Had You
  3. Helpless
  4. Where The Boys Are
  5. Give Him A Great Big Kiss
  6. I Know What Boys Like
  • Musicians :
    Jakko
  • 今は活動の拠点をアメリカに移し、女優業が本職になっているトレイシー・ウィルマンのセカンド・アルバム。
    それなりにヒットしたファースト・アルバムに比と同様、オールディーズのカヴァーと、オールディーズ風の楽曲が収録されているのだが、セールス的には失敗している。
    本作品には、同名異人の可能性もあるが、ジャッコの名前がクレジットされている。 勿論、作品の性格からしてクレジットの詳細があるわけではなく、どの曲で演奏しているかも判別不明。
    作品としては、聴いていて楽しいんだけどね。
    (追加:2015年10月10日)

 

Broken Records The Singles : Dave Stewart & Barbara Gaskin

Broken Records - The Singles [Special Edition] (ザ・シングルズ・スペシャル・エディション)
  • 1987年  Album
  1. I'm In A Different World [ Guitar ]
  2. Leipzig
  3. It's My Party
  4. Johnny Rocco [ Additional Backing Vocals ]
  5. Siamese Cat Song
  6. Busy Doing Nothing [ Guitar, Bing ]
  7. Rich For A Day [ Guitar, Additional Backing Vocal ]
  8. Waiting In The Wings
  9. The Emperor's New Guitar [ Guitar ]
  10. The Hamburger Song [ Guitar ]
  11. Henry And James
  12. The World Spins So Slow
  • 個人的には、ジャッコの名前を初めて確認した作品。
    キーボードのソロが強烈な名曲 ” Rich For A Day ” 等にジャッコはクレジットされている。
    (追加:2013年11月10日)

 

It's Better To Travel : Swing Out Sister

  • 1987年 Album
  1. Breakout
  2. Twilight World    Superb, Superb, Mix
  3. After Hours
  4. Blue Mood
  1. Surrender
  2. Fooled By A Smile
  3. Communion
  4. It's Not Enough
  5. Theme ( from -It's A Better To Travel )
  • with the irreplaceable help of the following :-
    Jakko
  • 自分らしくナチュラルに生きている私は、音楽をファッションのように着こなすことで、今を感じることができる。 プログレやクリムゾンが好きな姿は、仮初にすぎない。 最先端の人々が、自分たちの流行に左右されない趣味の高さを確認するために聴くようなオシャレな音楽が、本当は大好きなのである。
    スウィング・アウト・シスターはそんな私のお気に入りのひとつである。 時代に全く左右されることのないオシャレでハイセンスな音楽を聴いていると、アーバンなショッピングを楽しむ今の生き方に感謝するとともに、そんな自分にご褒美をあげたくなってくる。
    本作品との出会いはとってもチャーミングで、「10枚以上で1枚200円引き」との手書きポップがついた床置きダンボールの箱の中から発見、ジャッコ目当てなので帯なし日本盤でも構わず購入、1回だけ聴いて終了たことが、今でも懐かしい。
    (追加:2015年12月10日)

 

Smell Of A Friend : The Lodge

  • 1988年  Album
  1. Solitary
  2. The Song
  3. Not All Fathers
  4. Smell Of A Friend
  1. Match Girl
  2. Swelling Valley
  3. Old Man's Mood
  4. Milk
  • John Greaves : Keyboards, Bass, Vocals, Lead Vocal on "Old Man's Mood"
    Peter Blegvad : Guitar, Vocals
    Kristoffer Blegvad : Lead Vocals
    Jakko Jakszyk : Guitars, Flute, Vocals, Lead Vocal on "Smell of a Friend"
    Anton Fier : Drums

  • The Lodge というバンドの作品に、ジャッコは正式メンバーとしてクレジットされている。
    本作品がリリースされた1988年頃、ジャッコは未だセッション活動が中心だったたけに、正式メンバーとは言え本作品での活躍度は残念ながら低い。 ギターを含めたインストの中心は他メンバーだし、リード・ヴォーカルをとる曲もあるけどタイトル曲1曲だけだで、目立ちたいだろう欲求が抑えこまれてしまっている。
    クリムゾン新旧メンバーの中で、下積み時代が一番きつかったのはジャッコなのかもしれない。
    (追加:2015年7月1日)

 

As Far As Dreams Can Go : Dave Stewart & Barbara Gaskin

As Far As Dreams Can Go [Special Edition](ドリームス・スペシャル・エディション)
  • 1988年  Album
  1. The Locomotion [ Bow bow bow ]
  2. Lenina Crowe [ Guitar ]
  3. ( I Know ) I'm Losing You [ Coarse guitar ]
  4. Roads Girdle The Globe [ Guitar, shouting ]
  5. ( Do I Figure ) In Your Life
  6. When The Guards Are Asleep [ Guitar ]
  7. Make Me Promises
  8. Do We See The Light Of Day [ Additional backing Vocals ]
  9. As Far As Dreams Can Go
  • Bill Bruford (3)

  • スチュアート&ガスキンのコンピレーション2作品目。
    (追加:1999年7月10日)
    (追加:2013年11月10日)

 

Stop! : Sam Brown

  • 1988年  Album
  1. Walking Back To Me
  2. Your Love Is All [ Jakko Jakszyk : Guitar And Vocals ]
  3. Stop [ Jakko Jakszyk : Guitar ]
  4. It Makes Me Wonder
  5. This Feeling
  6. Tea
  7. Piece Of My Luck [ Jakko Jakszyk : Acoustic Guitar ]
  8. Ball And Chain [ Jakko Jakszyk : Guitar ]
  9. Wrap Me Up [ Jakko Jakszyk : Guitars ]
  10. I'll Be In Love
  11. Merry Go Round
  12. Sometimes You Just Don't Know [ Jakko Jakszyk : Guitar And Vocals ]
  13. Can I Get A Witness
  14. High As A Kite [ Jakko Jakszyk : Guitars ]
  15. Nutbush City Limits
  • タイトル曲 ” Stop ” がヒットしたサム・ブラウン(サムだけど女性)の作品。
    軽めのポップスからジャージーなナンバーまで、サム・ブラウンのヴォーカルを活かすアレンジが施されている。
    そんなヴォーカル作品に、ジャッコ(とギャビン・ハリソン)の初期の演奏が収録されている。 ジャッコのギターの活躍度は大なのだが、これぞ、という演奏ではない。 逆にジャッコが演奏していない ” Merry Go Round ” の歪んだギター・ソロのほうが格好よかったりする。
    Stop ” は多分日本のFMでも放送されていたはずで、バブル真っ盛りの時代のカップルのムードを盛り上げたことと想像される。 そんなカップルも盛り上がりに、クリムゾンのメンバーが寄与していたのは感慨深い。
    (追加:2014年9月10日)

 

The Big Idea : Dave Stewart And Barbara Gaskin

ビッグ・アイデア・スペシャル・エディション(紙ジャケット仕様)
  • 1990年  Album
  1. Levi Stubbs' Tears [ Additional backing Vocals ]
  2. My Scene
  3. Grey Skies
  4. Subterranean Homesick Blues
  5. Heatwave [ Loud Guitar ]
  6. The Crying Game [ Guitar ]
  7. Deep Underground [ Guitar ]
  8. Shadowland
  9. Mr. Theremin [ Guitar ]
  10. New Jerusalem [ Guitar ]

  • スチュアート&ガスキンが、シングルからアルバム中心に活動を移行した時期の作品。
    (追加:2008年3月10日)
    (追加:2013年11月10日)

 

Whisper A Prayer : Mica Paris

  • 1993年  Album
  1. I Never Felt Like This Before
  2. I Wanna Hold On To You
  3. You Put A Move On My Heart
  4. We Were Made For Love
  5. Whisper A Prayer [ Electric Guitar ]
  6. Too Far Apart
  7. I Bless The Day
  8. Two In A Million
  9. Positivity
  10. Can't Seem To Make Up My Mind
  11. You Got A Special Way
  12. Love Keeps Coming Back
  • シャレオツなソウル・シンガー、マイカ・パリの作品に、ジャッコが1曲参加している。
    何故、ジャッコが参加しているのかは全く不明。 セッション・ワークとはいえ、明らかに専門外なところに放り込まれた印象が強い。 せめてここでの活躍が、その後の自らの活動やセッションに活かされていればよいのだが、連続性は全く無い。
    アルバム・タイトル曲に参加しているだけに、もう少し活躍して欲しかったのだが、打ち込み中心の演奏に紛れ、殆ど判別不能なのも悲しい。
    (追加:2014年12月10日)

 

Kingdom Of Dust : Jakko

  • 1994年  Album
  1. The Hands of Che Guevara
  2. Drowning In My Space
  3. It's Only The Moon
  4. The Judas Kiss
  • Richard Barbieri : Keyboards and Synthesisers
    Steve Jansen : Drums, Percussion, Computer Programming and additional rhythm guitar on '  Che Guevara '
    Mick Karn : Bass
    Jakko M Jakszyk : Guitars, Vocals and additional Bits and Pieces.

  • ジャッコ名義のミニ・ソロ・アルバム。
    本作品は元々、元JAPAN、元レイン・トゥリー・クロウのリチャード・バルビエル、スティーヴ・ジャンセン、ミック・カーンと一緒にバンド結成をもくろみ制作されたのだが頓挫、収録された4曲も中途半端な結果になってしまっている。
    ただこのプロジェクトに取り組んだ4人の覚悟、特にジャッコの覚悟は相当なものであったと推測される。 どんな結果になろうとも 「 デヴィッド・シルヴィアンがいない 」、と言われるのはわかっていたはずだし、更にジャッコにしてみれば、「 デヴィッド・シルヴィアンじゃない 」 言われるがわかっていたにもかかわらず取り組んだのだから。
    作品制作に取り組んだ背景には人間的信頼関係がベースにあったのだろうが、信頼関係どころかそもそも関係が成立していないデヴィッド・シルヴィアンとの作品のほうにケミストリーが発生するという難しさも、本作品は図らずも証明している。
    (追加:2014年8月10日)

 

Mustard Gas And Roses : Jakko

Mustard Gas & Roses
  • 1994年  Album
  1. Just Another Day
  2. Little Town
  3. The Devils Dictionary
  4. Damn This Town
  5. The Borders We Traded
  6. The Perfect Kiss
  7. Saddleworth Moor
  8. Learning To Cry
  9. A Handful Of Pearls
  10. Then and Now
  11. Mustard Gas And Roses
  12. We'll Change The World
  • Jakko : Vocals, guitars, keyboards, programming, flute
    Gavin Harrison : Drums(4, 6), Percussion(9)

  • クリムゾンの新メンバーとして発表され、ギター&ヴォーカルを担当することになるだろうジャッコが、1994年に発売したソロ・アルバム。
    ジャッコに対しては、若いころの活動がパッとしない人という印象がある。 スチュアート&ガスキンの作品で1980年代から何となく名前は目にしていたものの、21SCB への参加は40代、その後フリップ人脈への接近、そしてクリムゾンへの参加が50代ということになる。
    30代後半で発表した本作品も、ミック・カーンの参加等、それなりにアイコンが揃っていたりはするのだが、地味。 ジャッコ自身の歌も演奏も達者なのは充分にわかるのだが、打ち込みを中心にした楽曲群が狙っているところが今ひとつわからなかったりする。
    次期クリムゾンで、フリップとどのようなコンビネーションを形成するのであろうか。
    (追加:2013年10月25日)

 

The Tooth Mother : Mick Karn

Tooth Mother
  • 1995年  Album
  1. Thundergirl Mutation
  2. Plaster The Magic Tongue
  3. Lodge Of Skins
  4. Gossip's Cup
  5. Feta Funk
  6. The Tooth Mother
  7. Little - Less Hope
  8. There Was Not Anything But Nothing
  • Mick Karn : Bass Guitars, Lead Vocals, Keyboards, Alto Sax, Bass Clarinet, Dida, Handclaps.
    David Torn : All Electric & Acoustic Solo Guitars, Slide Guitar, Guitar Loops, Oudar, Saz, B3 Organ on 3,4 & 8, Piano on 4, Additional Vocals and Handclaps.
    Gavin Harrison : Drums, Percussion, Computer Programming.
    Jakko Jakszyk : Shawn, Dilruba, Flute, Tenor Sax, Background Guitars on 4,7 & 8, Keyboard and Computer Programming, Samples.
    Natacha Atlas : Vocals on 1,3 & 5.
    Gary Barnacle : Flute Solos.
    Steven Wilson : Funky Wah Guitars on 1 & 2.
    Richard Barbieri : Synthesizers on 1 & Additional Keyboards Programming on 5.
    Savine Van Baaren & Christina Lux : Backing Vocals.
    Sureka Kothari : Voice on 6.

  • 2011年に亡くなった、ミック・カーンのソロ・アルバム。
    JAPAN 解散後のミック・カーンが、最も活動をともにしたギターリストはデヴィッド・トーンで、本作品においてもそのギターの活躍度は高い。 そんな中参加しているジャッコの演奏なのだが、存在感ここにあり!、といったギター・ソロを披露することなく、地味なマルチ・プレイヤーに留まってしまっている。
    器用貧乏とまで言ったら言葉が過ぎるのかもしれないが、もう少し仕事を選んでも良かったのではないかと思う。
    (追加:2014年3月10日)

 

Genesis Revisited II : Steve Hackett

ジェネシス・リヴィジテッドII
  • 2012年  Album
  1. The Chamber of 32 Doors
  2. Horizons
  3. Supper's Ready
  4. The Lamia
  5. Dancing With the Moonlit Knight
  6. Fly on a Windshield
  7. Broadway Melody of 1974
  8. The Musical Box
  9. Can-utility and the Coastliners
  10. Please Don't Touch
  1. Blood on the Rooftops
  2. The Return of the Giant Hogweed
  3. Entangled
  4. Eleventh Earl of Mar
  5. Ripples
  6. Unquiet Slumbers for the Sleepers...
  7. ...In That Quiet Earth
  8. After glow
  9. A Tower Struck Down
  10. Camino Royale
  11. Shadow of the Hierophant
  • John Wetton (CD2-8)

  • スティーヴ・ハケットによる、ジェネシス・リヴィジテッドのリヴィジテッド。
    (追加:2013年11月10日)

Top Page