King Crimson Data Base
    Judy Dyble

Fairport Convention : Fairport Convention

フェアポート・コンヴェンション+4(紙ジャケット仕様)

  • 1968年 Album
  1. Time Will Show The Water
  2. I Don't Know Where I Stand
  3. If ( Stomp )
  4. Decameron
  5. Jack O'Diamonds
  6. Portfolio [ co-writes ]
  7. Chelsea Morning
  8. Sun Shade
  9. The Lobster
  10. It's Alright Ma, It's Only Witchcraft
  11. One Sure Thing
  12. M.1 Breakdown
    Bonus Track
  13. Suzanne
  14. If I Had A Ribbon Bow
  15. Morning Glory
  16. Reno, Nevada
  • Ian McDonald    lead vocals, jews harp
    Judy Dyble    lead vocals, electric & acoustic autoharps, recorder, piano
    Richard Thompson    vocals, lead electric & acoustic guitars, mandolin
    Simon Nicol    vocals, electric 12- & 6- string & acoustic guitars, banjo, violin
    Tyger Hutchings    bass guitar, jug
    Martin Lamble    percussion, violin
  • フェアポート・コンベンションのファースト・アルバム。 本作品には、ジャイルズ・ジャイルズ&フリップに加入前のジュディ・ダイブルが参加している。
    ダイブル版の ” I Talk To The Wind ” を初めて聴いた時、オリジナル・アルバム収録バージョンのレイクによる甘く優しいヴォーカルに比べ、突き抜けるような(悪く言えば突き放すように歌いきる)ダイブルのヴォーカルに違和感を感じたことを覚えている。 この辺りは聴いた順番、個人の趣向によるもので、ダイブルのヴォーカリストとしての表現力の問題ではないことが、本アルバムを聴くことにより認識することができる。
    後にフォーク・ロックの代名詞のように言われることになるフェアポート・コンヴェンションだが、本作品はそうした傾向は少なく、「60年代末期の前衛的なロック・フォーマット」を一生懸命コピーしているといった感じ。
    (追加:2003年11月25日)

 

Morning Way : Trader Horne

Morning Way

  • 1970年 Album
  1. Jenny May
  2. Children Of Oare
  3. Three Rings For Eleven Kings
  4. Growning Man
  5. Down And Out Blues
  6. The Mixed Up Kind
  7. Better Than Today
  8. In My Loneliness
  9. Sheena
  10. The Mutant
  11. Morning Way [ writes ]
  12. Velvet To Atone [ co-writes ]
  13. Luke That Never Way
    Bonus Track
  14. Here Comes the Rain
  15. Goodby Mercy Kelly
  • Judy Dyble : Vocals, Electric Auto-Harp, Piano.
    Jackie McAulley : Vocals, Guitar, Harpsichord, Organ, Piano, Flute, Congas, Celeste.
    Ray Elliot Played Alto Flute And Bass Clarinet
    Andy White Played Drums
    John Godfrey Played Bass Guitar And Arranged The Album
  • ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ脱退後、ジュディ・ダイブルが参加したフォーク・ロック・デュオの唯一の作品。
    ダイブルについては、フェアポート・コンベンション、ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ、トレイダー・ホーンといったバンド遍歴が、そのままイアン・マシューズ、イアン・マクドナルド、ジャッキー・マーコレイという男性遍歴なのではないかと想像している。 各バンドともB級の薫りが十二分にするのだが、それでも後世に語り継がれるバンドに各1枚3連続参加した女性ヴォーカリストは他にはいないと思う。 もちろんダイブル自身のヴォーカリストとしての能力もあるのだろうが、サウンド・プロデューサーを的確に見抜く才能と、活動をともにしようとする思い切りがダイブルにはあったのだと思う。
    なくてはならない作品、には決してならないが、時折どうしても聴きたくなるような作品。 5桁6桁といった値段が当たり前のようにつけられ、中古盤屋の壁に神々しく飾られるブリティッシュ・フォークの世界に迷い込んではいけないと常々思っているが、本作を聴いているとそうした世界に迷い込んだ人の気持ちもわからないではない。
    (追加:2005年8月25日)

 

Enchanted Garden : Judy Dyble

Enchanted Garden

  • 2004年 Album
  1. Summer Cathers [ co-writes ]
  2. Enchanted Garden [ co-writes ]
  3. Rivers Flow [ co-writes ]
  4. New World [ co-writes ]
  5. Nimbus Thithrwood [ co-writes ]
  6. Long Way Home [ co-writes ]
  7. For You [ co-writes ]
  8. Starcrazy [ co-writes ]
  9. Neu! Blue [ co-writes ]
  10. Going Home [ co-writes ]
  • Judy Dyble    Vocals
    Simon House    Violin
    Peter Pracownik    Slide, Acoustic and Electric Guitars
    Stevie B    Saxophones
    Marc Swordfish    Percussion, Keyboards and Programming
    Paul Chousmer    Keyboards on Nimbus Thithrwood
    David Gates     Guitar on For You
    Malcolm Stammers    Piano on Starcrazy
    Buaka    Bass Guitar on Long Way Home

  • ジュディ・ダイブルのファースト・ソロ・アルバム。
    トレイダー・ホーン解散後は、フェアポート・コンヴェンションのライヴで時折客演する程度の音楽キャリアしかないため、苦節何年の上でのファースト・ソロ、といったノリは全くなく、むしろ唐突にリリースされた印象がある。
    彼女自身のキャリア、そしてジャケットが与える印象から所謂フォーク・ロックが期待されるが、打ち込み中心の叙情性が全くない音。 
    今後ダイブルが音楽活動を本格化させるつもりなのかはわからないが、元フェアポート・コンヴェンションの、とか、あのキング・クリムゾンがデビューする前に、といった売り文句を売り文句として機能させ続けるためにも、中途半端に今風の音に迎合することなく地味でもいいからしっかりとした作品を制作してほしい。
    (追加:2004年12月10日)

 

Spindle : Judy Dyble

Spindle

  • 2006年 Album
  1. See Emily Play
  2. Final Hour
  3. Misty Morning
  4. Fingest
  5. Honey Sweet
  6. Shining
  7. Darkness To Light
  8. Wiggle Waggle
  9. Thank You May Dear
  • Judy Dyble - vocals / autoharp
    Simon House - violins keyboards string arrangement for see emily play
    Steve 'b' - saxophones
    Dave ( Doc Mahone ) Russell - banjo & bouzouki
    James Sher - dulcimer
    Peter Pracownik - acoustic electric and slide guitar
    Robert Fripp - soundscape and lead guitar on shining
    Marc Swordfish - drums percussion keyboards and anything else
    Paul Chousmer - organ solos
    Phoebe Thomasson - flute
    Martin Walker - Bells, Chimes and Pangs on Shining
  • シーンに復活後2作目のソロ。
    作品の傾向は前作 『 Enchanted Garden 』 と大きく変わるところはない。 フリップとの30年弱ぶりの競演。
    (追加:2006年4月10日)

 

The Whorl : Judy Dyble

Whorl

  • 2006年 Album
  1. Starlight
  2. Breathe The Same Air
  3. The Teller
  4. I Talk To The Wind
  5. Seventh Whorl
  6. Road To Somewhere
  7. The Last Kiss
  8. Waggle Wiggle
  9. Forever Shining
  • Judy Dyble - vocals / autoharp
    Simon House - violins keyboards string arrangement for I Talk to the Wind
    Steve 'b' - saxophones
    Dave ( Doc Mahone ) Russell - banjo & bouzouki
    James Sher - dulcimer
    Peter Pracownik - acoustic electric and slide guitar
    Robert Fripp - soundscape and lead guitar
    Marc Swordfish - drums percussion keyboards and anything else
    Paul Chousmer - organ solos
    Phoebe Thomasson - Flute and backing vocals on Road to Somewhere
    Martin Walker - Bells, Chimes and Pangs
    Giles Bolton - Backing Vocals on Road to Somewhere

  • 短いスパンで発表されたジュディ・ダイブルのソロ・アルバム。 コンセプトとクレジットされているとミュージシャンが同じことから、同時期に録音されたマテリアルを2回にわけてリリースしたものと思われる。
    (追加:2006年8月26日)

 

Talking With Strangers : Judy Dyble

Talking With Strangers

  • 2009年 Album
  1. Neverknowing
  2. Jazzbirds
  3. C'est La Vie
  4. Talking with Strangers
  5. Dreamtime
  6. Grey October Day
  7. Harpsong
  • ジュディ・ダイブルのソロ4作品目。
    フリップの参加以上に、元恋人のイアン・マクドナルドが参加していることが、本作品一番の特徴。
    (追加:2009年8月25日)

Top Page