King Crimson Data Base
    Bill Rieflin Discography  -the 2000s-

2001

Greatest Fits : Ministry

  1. What About Us?
  2. Stigmata    Drums, Baking Vox
  3. The Land Of Rape And Honey
  4. Thieves
  5. So What ( Live )
  6. N.W.O.    Drums
  7. Just One Fix    Drums
  8. Jesus Built My Hotrod    Drums
  9. Reload 12"    Drums
  10. Lay Lady Lay
  11. Supermanic Soul
  12. Bad Blood
  13. Supernaut
  • 2001年にリリースされたミニストリーの編集アルバム。
    ミニストリーの編集アルバムはそれなりの数がリリースされているのだが、本作品の最大の特徴は曲毎に演奏者がクレジットされていること。 ミニストリーのオリジナル・アルバムには収録曲毎のクレジットがされていないだけに、リーフリンの貢献度を確認するために、本作品の位置づけは大きい。
    ” Supernaut ” も収録されているが、1000 Homo Djs によるテイクとは異なり、リーフリンは参加していない。
    (追加:2014年5月25日)

 

Welt : oHgr

  1. Water
  2. Devil
  3. Kettle
  4. Earthworm
  5. Lusid
  6. Pore
  7. Chaos
  8. Cracker
  9. Solow
  10. Suhleap
  11. Minus
  • additional instrumentation on 'pore'    William Reiflin and Scott Crane
    additional percussion on 'kettle'    William Reiflin

  • ピッグフェイスの作品にもクレジットされている、Niverk Ogre と Mark Walk による作品。 「 Reiflin 」 とスペル・ミスされたリーフリンが2曲に参加している。
    殆ど打ち込みと思われる内容のため、音の触りは過激でも、長く聴いていると飽きてきてしまう。 そんな中、リーフリンの生ドラムは良いフックとなっていると思うのだが、活躍場面が少ないのは、メンバー自体がそれを望んでいないということなのだろう。
    (追加:2015年6月10日)

 

The Best Of Pigface : Pigface

  1. Intro
  2. Kiss King
  3. Nutopia
  4. Think ( Addiction / Salvation Mix )
  5. Asphole
  6.  Divebomber
  7. Chickasaw
  8. Steamroller
  9. Cutting Face
  10. Fuck It Up ( Did You Ever Get The Feeling? )
  11.  Alle Ist Mein
  12. Ten Ground And Down
  13. iniSeven Words
  14. Satellite
  15. Hips, Tits, Lips, Power!
  16. Suck [ William Rieflin - drums ]
  17. Point Blank [ William Rieflin - drums and bass ]
  18. Empathy
  19. I Can Do o Wrong ( Live )
  1. Martin Interview
  2. Dribble
  3. Spanish Lesson ( Mix 3 )
  4. Chickasuarus
  5. Sickaspfuck ( Full Gimball #1 Club Mix )
  6. Lost Track
  7. Taiko ( Which Became Asphole )
  8. Cold ( Mickey #2 )
  9. Ogre ( & The Six Million Dollar Man )
  10. Dog
  11. Hips Tits Lips Power ( Britishit Mix )
  12. Radio Id Fuck Ups
  13. Mickey #1
  14. War Ich Nicht ( Live )
    Amphetaminemethamphetamine ( Live )
    Girls Are Cool ( Live )
  15. You Know You Know You Know
  • ピッグフェイスのベスト・アルバム。
    リーフリンがクレジットしているのは、ファースト・アルバム 『 Gub 』 に収録されている2曲のみ。
    (追加:2015年11月10日)

 

Short-Staffed At The Gene Pool : Ruby

  1. Beefheart
  2. Queen Of Denial
  3. Lilypad
  4. Waterside
  5. Lamplight
  6. Roses
  7. Grace
  8. Fly
  9. Cargo
  10. Sweet Is [ Additional drums by William Rieflin ]
  11. Fuse Again [ Additional drums synthesizer and background vocals by William Rieflin ]
  • 間をあけて発表された Ruby の(多分)セカンド・アルバム。
    アルバム全体は、より音数の少ない作品となっているが、リーフリンが参加している2曲だけが異なる。 演奏がバラエティに富んでいるだけではなく、ヴォーカルもより強調され歌モノのような印象もある。
    これがリーフリンの演奏による影響なのか、それともプロデューサー側の意図に基づいてリーフリンが演奏したのかはわからないが、バイプレイヤーとしての貢献度は高い。
    (追加:2014年12月25日)

 

2002

Initials C.C.  Outtakes, Rarities & Personal Favourites 1982-2002 Vol.1 : Chris Connelly

  1. Detestimony - Fini Tribe
  2. Mania - Murder Inc.
  3. At The Top - Revolting Cocks
  4. Stick - Revolting Cocks
  5. I Can Do No Wrong - Pigface
  6. Stainless Steel Providers ( Live Version ) - Revolting Cocks
  7. Rubber Glove Seduction - PTP
  8. All Fours - Fini Tribe
  9. Ignore The Noise - Damage Manual
  10. My East Is Your West - Chris Connelly / Chris Bruce
  11. To Play A Slow Game - Chris Connelly / Bill Rieflin
  12. The Call Girls - Bill Rieflin / Chris Connelly
  13. A Mutual Friend - Chris Connelly
  1. 2000 Light Years From Home - F/I
  2. Paperself - Fini Tribe
  3. Me And My Shadow - Fini Tribe
  4. Confessions Of The Highest Bidder ( original demo ) - Chris Connelly
  5. No Man's Land - Chris Connelly / Bill Rieflin
  6. What's Left But Solid Gold ( acoustic version ) - Chris Connelly / William Tucker
  7. The Long Weekend - Chris Connelly & The Bell
  8. Twilight Shiner - Chris Connelly / Chris Bruce
  9. Partick Roullette - Bill Rieflin / Chris Connelly
  10. About The Beauty Of Laura - Chris Connelly
  11. The Fortune ( demo ) - Chris Connelly / Bill Rieflin
  12. Niddrie Street Tape Loop Experiment - Chris Connelly / Andy McGregor
  • クリス・コネリーの編集盤。 本人名義以外の楽曲(流石にミニストリーはないが)や、未発表曲音源が収録されている。
    こうして聴いてみると、あらためてリーフリンとの活動が多いことが良く分かる。 クレジットされている以外にもリーフリンが参加している楽曲はあると思うし、またこうして発表されている以外にも、2人で制作しが楽曲は無尽蔵にあるような気がする。
    (追加:2015年12月24日)

 

Safe : Kittie

  1. Safe ( KMFDM Inc. Remix )
  2. Safe
    Live tracks
  3. No Name
  4. Severed
  5. What I Always Waited
  6. In Winter
  7. Pain
    Includes Bonus Live Video Footage
  • " Safe " remixed by Sascha Konietzko and Bill Rieflin, KMFDM Inc.
  • カナダの女性ヘヴィ・メタル・バンド、キティのミニ・アルバム。 タイトル曲で KMFDM としてサシャ・コニエツコとともに、リーフリンがリミックスを担当している。
    このパターンとしてはピーター・マーフィーの 『 Recall 』 があるが、それ程の面白さはない。 素材に特徴が無いだけに、もっと徹底的に KMFDM 的な音にしてもらえれば、面白かったかもしれない。

    (追加:2015年6月10日)

 

Boots : KMFDM

  1. These Boots Are Made For Walkin'
  2. These Boots Are Made For Walkin' ( Bombs Remix )
  3. These Boots Are Made For Walkin' ( Candy Remix )
  4. Back In The U.S.S.A.
  • Synthesizers : Sascha & Bill

  • KMFDM が暫くの活動中止後に発売したシングルで、ナンシー・シナトラで有名な ” These Boots Are Made For Walkin' ” のカヴァーが収録されている。 後に The Humans もカヴァーする楽曲だが、リーフリンは参加していない。 これで参加してたら、The Humans のカヴァーでフリップに回転椅子プレーをさせたきっかけになったと言えただけに残念である。
    ” Back In The U.S.S.A. ” には、サシャ・コニエツコとともにアレンジとプロデュースを行うとともに、シンセサイザーを演奏している。 人力ドラムっぽい音も収録されているが、リーフリンの演奏はクレジットされていない。
    (追加:2014年6月25日)

 

Attak : KMFDM

  1. Attak / Reload
        Live-Drums / Bass : Bill
  2. Skurk
  3. Dirty
        Programming / Synthesizers : Sascha & Bill
  4. Urban Monkey Warfare
  5. Save Me
        Drums / Metal-Percussion : Sascha & Bill
        Programming / Synthesizers : Sascha ,Bill & Skold
  6. Yohoho
  7. Superhero
  8. Sturm & Drang
  9. Preach / Pervert
  10. Risen
  11. Sleep
        Bass / Drums / Percussion / Synthesizers : Bill
        Programming / Surprise-Guitars : Sascha & Bill
  • リーフリンが参加している KMFDM の作品の中で、演奏楽器が最も多岐に渡っている作品。
    ただ一方でアルバム全体は重い曲調のものが多く、リーフリンの演奏はクレジットのバラエティさを反映することなく埋没してしまっている。
    アルバム・ジャケットの統一感からアルバム自体まで似たように思われてしまう可能性がある KMFDM だが、アルバム毎に傾向が異なることを最も判りやすく示しているのが本作品である。 ただそこにリーフリンの意向は反映されておらず、ゲスト・ミュージシャン扱いであることが図らずも証明されている。
    (追加:2014年6月25日)

 

Sturm & Drang Tour 2002 : KMFDM featuring Pig

  1. D.I.Y.
  2. Attak / Reload
  3. Dirty
  4. Ultra
  5. Boots
  6. Yohoho
  7. Find It Fuck It Forget It
  8. Sturm & Drang
  9. Megalomaniac
  10. Flesh
  11. Wrath
  12. Hothole
  13. Spit Sperm

 

  1. D.I.Y.
  2. Attak / Reload
  3. Dirty
  4. Ultra
  5. Boots
  6. Yohoho
  7. Rules featuring Chris Connelly
  8. Find It Fuck It Forget It
  9. Sturm & Drang
  10. Megalomaniac
  11. Flesh
  12. Wrath
  13. Godlike featuring Mark Durante
  14. Spit Sperm
  • Sascha Konietzko : Vocals + Percussion + Samplers & Synthesizers
    Raymond Watts : Vocals + Guitar
    Lucia Cifarelli : Vocals + Ninja-Sidstation
    Bill Rieflin : bass
    Joolz Hodgson : Guitars
    Andy Selway : Drums
    Steve White : Guitars
  • Recorded Live June 24-27 In Cleveland, Detroit, And Chicago
  • 『 Attak 』 のリリースに合わせて行われた KMFDM のライヴを収録した作品。  夜、道で出くわしたら絶対遠回りしたくなるようなルックスのメンバーが、コンサート前後に物販に勤しむ姿まで収められている。
    インダストリアル感が非常に溢れた作品ではあるが、同時に人力に負う所が非常に大きいライヴであることがわかる。 打ち込み再生や皿回しとは異なる肉感的な演奏が、ライヴ・バンドとしての KMFDM の魅力であることが再認識できる。
    そんな中、リーフリンは黙々とベースを演奏している。
    (追加:2015年6月10日)

 

2003

WWIII : KMFDM

  1. WWWIII 
  2. From Here On Out
  3. Blackball
  4. Jihad    Bill Rieflin : Snaredrumtrack
  5. Last Things
  6. Pity For The Pious
  7. Stars & Stripes
  8. Bullets, Bombs & Bigotry
  9. Moron
  10. Revenge    Bill Rieflin : Drumloops
  11. Intro    Bill Rieflin : Drums / Vocals
  • 再びハイパー度、攻撃性が増した KMFDM の作品。
    ただ、本作品でのリーフリンの貢献度は少ない。 冒頭のタイトル曲に Vocal Co-production としてクレジットされていることから期待が高まるが演奏には不参加、” Jihad ” も、実際には 『 Xtort 』 の ” Ikons ” からのサンプリングとクレジットされている。 そしてメンバー紹介も兼ねている ” Intro ” も演奏者としてはクレジットされているものの、歌詞にリーフリンの名前は出てこない。
    この頃から R.E.M. でのセッションが、リーフリンの活動のもう一つの柱となっており、KMFDM とのセッションは終息に向かっていく。
    (追加:2014年6月25日)

 

The Best Of R.E.M.    In Time  1998 - 2003 : R.E.M.

  1. Man On The Moon
  2. The Great Beyond
  3. Bad Day
  4. What's The Frequency, Kenneth?
  5. All The Way To Reno ( You're Gonna Be A Star )
  6. Losing My Religion
  7. E-Bow The Letter
  8. Orange Crush
  9. Imitation Of Life
  10. Day Sleeper
  11. Animal
  12. The Sidewinder Sleeps Tonite
  13. Stand
  14. Electrolite
  15. All The Right Friends
  16. Everybody Hurts
  17. At My Most Beautiful
  18. Nightswimming
  • Additional Musicians :
    Scott McCaughey, Bill Rieflin, Hahn Rowe

  • R.E.M. のワーナー移籍後のベスト・アルバム。
    1997年にオリジナル・ドラマーが脱退した後、R.E.M. は2枚のオリジナル・アルバムを制作、その後にリリースされた本作のクレジットによれば、完成に15年以上費やした ” Bad Day ” と、15分で録音された ” Animal ” と極端に異なる2つの新曲にリーフリンがクレジットされている。
    レコーディングでの相性がよほど良かったのか、この後の全オリジナル・アルバムとライヴ活動にリーフリンは参加しているが、最後までゲスト・ミュージシャンの立場であった。
    (追加:2014年10月25日)

 

2004

Saint Stranger : Carla Torgerson

  1. Pelagic
  2. Today Is Tomorrow, Another Day
  3. Dust As We
  4. Two To Tango
  5. Dreh Es Um
  6. The Forever Last Nothing
  7. Temperature Dream Thinking Bed
  8. Temperature Dream Thinking Bed Revisited
  9. Through December  [ Sounds : Bill Rieflin ]
  10. Guardian Angels
  11. Rend  [ Synthesizers : Bill Rieflin ]
  12. Where Your Front Door Is
  • ウォークアバウツというバンドのヴォーカリスト、カーラ・トーガンのソロ・アルバム。
    丁寧に作り込まれた作品である。 ウォークアバウツについてもカーラ・トーガンについても前情報は全く無かったのだが、徒に内省的なところも無いし、過度なサウンド・エフェクトもなく、完成度は高い。
    ビル・リーフリンの活動を追った結果、所謂インダストリアル系の作品を多く聴く機会を得たのだが、この分野は、その凄さに圧倒される作品もあれば、つくり手側の自己満足としか思えない酷い作品に極端に分かれることがよくわかった。 本作品のように女性ヴォーカルものにインダストリアルな肌触りを微妙なバランスで持たせて成功した作品は珍しい。
    (追加:2016年8月25日)

 

Soft Commands : Ken Stringfellow

  1. You Drew
  2. Any Love ( Cassandra Et Lune )
  3. Known Diamond
  4. When U Find Someone
  5. Don't Die  [ drums ]
  6. Let Me Do
  7. For your Sake
  8. Je Vous En Prie  [ drums ]
  9. You Become The Dawn
  10. Dawn Of The Dub Of The Dawn    feat. Gaffa Man
  11. Cyclone Graves  [ drums ]
  12. Death Of A City
  • Additional Musicians :
    Scott McCaughey, Ken Stringfellow, Bill Rieflin, Jamie Candiloro, Hahn Rowe, Q-Tip

  • 自身のバンド解散後、R.E.M. 作品へのゲスト参加という経緯を持つケン・ストリングフェローの作品。
    唄をしっかりと聴かせようとする演奏は、過度になりすぎることも、目立たなすぎることもなく、ロック調のSSW作品としては良い出来である。 あとは先駆者のみならず類型が非常に多いこの分野で、突出した何かを示すことが重要だと思うが、その何かまでは未だ示されていない。
    リーフリンの演奏は非常にオーソドックスなもの。 セッション活動の中心が KMFDM から R.E.M. に切り替わる時期に、こうした作品への対応力を示したことは、その後の活動にむけて大きな意義があったはずだ。
    (追加:2015年6月10日)

 

Around The Sun : R.E.M.

  1. Leaving New York
  2. Electron Blue
  3. The Outsiders
  4. Make It All Okay
  5. Final Straw
  6. I Wanted To Be Wrong
  7. Wanderlust
  8. Boy In The Well
  9. Aftermath
  10. High Speed Train
  11. The Worst Joke Ever
  12. The Ascent Of Man
  13. Around The Sun
  • Additional Musicians :
    Scott McCaughey, Ken Stringfellow, Bill Rieflin, Jamie Candiloro, Hahn Rowe, Q-Tip

  • リーフリンが初フル参加した R.E.M. のスタジオ・アルバム。
    正式メンバーではないにせよ、リーフリンが R.E.M. と活動を共にするようになった経緯は明らかではないが、インダストリアル系のバンドでの活動が中心であった事を考えれば、大抜擢ということになる。 セールス的に大成功している正統派ロック・バンドへの参加について、リーフリンにどれだけの気負いがあったかわからないが、見事にその役割を果たしている。
    シングル・カットされた楽曲以上に、” The Outsiders ” のイントロとラップ・パートのバックでのドラムの力強さに、その凄さを感じる。
    (追加:2014年10月25日)

 

2006

Born 4 : Jakalope

  1. Anthem 2
  2. Instingator
  3. Upside Down
  4. Throw It Away
  5. Code 4 Love
  6. Forecast 42
  7. Intervention
  8. Digging Deep
  9. Star 24 ( No Apologies )
  10. Get It Back [ co-writes ]
  11. Unsaid ( Duet With Jeremy Fishier )
  12. Something New
  • 一応 NIN 関連ミュージシャンによる作品らしいのだが、何が面白いのか全くわからない作品。
    産業ロックならぬ、産業インダストリアル・ロックとでも言えばいいのだろうか、インダストリアル系の演奏に女性ヴォーカルをフィーチャーしただけで中途半端な内容で全く面白みが無い。
    クレジットがはっきりしていないため、リーフリンがどの曲に参加しているかよくわからないが、共作者としてクレジットされている ” Get It Back ” の可能性が高いが、真剣に聴き込む気にはなれない。
    (追加:2015年6月10日)

 

Olé! Tarantula : Robyn Hitchcosk & the Venus 3      New!

  1. Adventure Rocket Ship
  2. Underground Sun
  3. Museum Of Sex
  4. Belltown Ramble
  5. Olé! Tarantula
  6. ( A Man's Gotta Know His Limitations ) Briggs
  7. Red Locust Frenzy
  8. 'Cause It's Love ( Saint Parallelogram )
  9. The Authority Box
  10. N.Y. Doll
  11. extra track - Embryo Twirl
  • Robyn Hitchcock - vocal, guitar, harmonica and land bream
    Peter Buck - guitar, bass on Belltown Ramble
    Scott McCaughey - bass, vocals, paino on Belltown Ramble
    Bill Rieflin - Drums and percussion

    Colin Izod - saxophone on 3 and 5
    Chris Ballew - harmonies on 1, 2, 6 and 7, slide guitar and keyboards on 6, synthesizer and keyboards on 7
    Kimberley Rew - guitar on 2,3 and 9
    Morris Windsor - harmonies on 1,2,3,8,10 and 11, persussion on 10
    Ian McLagen - keyboards on 10
    Sean Nelson - harmonies on 1, 2, 5, 6, 7, 8 and 11
    Jean Landry, Kurt Bloch, Michèle Noach, Bill Rieflin & Sean Nelson - choir on 5

  • ロビン・ヒッチコックの、ロビン・ヒッチコック & ザ・ヴィーナス3名義での作品。
    実質的には The Minus 5 をバックにしたヒッチコックの作品なのだが、正統派のロック・アルバムの一言に尽きる内容である。 ヴォーカルが過度に目立ってはいないのだが、かと言ってバックの演奏が自己主張しすぎることもなく、そのバランスが見事である。
    本作品のメイン購買層は元々のヒッチコックのファンと、R.E.M. の支持者のはずだが、そのほとんどの人は、タイトなドラムを演奏しているドラマーが実はインダストリアルな世界で活躍しているマルチ・プレイヤーということは知らないはずである。 知らないはず、というより、知る必要がない程、ビル・リーフリンのドラムは見事である。

    (追加:2020年7月25日)

 

Sex, Food, Death... and Tarantulas : Robyn Hitchcosk & the Venus 3      New!  

  • リリースは2007年
  1. Olé! Tarantula ( album version )
  2. The Afterlight
  3. Sally Was A Legend
  4. Queen Of Eyes
  5. Sometimes A Blonde
  6. ( A Man's Gotta Know His Limitations ) Briggs
  7. Give It To The Soft Boys
  • Robyn Hitchcock    vocal, guitar, harmonica
    Peter Buck - guitar
    Scott McCaughey - bass, vocals
    Bill Rieflin - drums
    Sean Nelson, Jean Landry, Kurt Bloch, Michèle Noach, & Bill Rieflin    the choir on song 1

  • Song 2-7 Recorded live at the Crocodile Cafè, Seattle, WA on November 25, 2006

  • Olé! Tarantula 』 の勢いそのままでリリースされた、ロビン・ヒッチコック & ザ・ヴィーナス3 のライヴ・アルバム。
    ロビン・ヒッチコックのソロや、彼が在籍してたソフト・ボーイズ時代の楽曲が中心に構成されており、アルバム・ジャケットから想像される同作の再演という形式ではない。 しかし一方で作品全体の統一感は強く、一時的なプロジェクトだったのかもしれないが、バンドとしてのまとまりが感じられる。
    今更ライヴ・ミュージシャンとしてのビル・リーフリンの実力を疑う人はいないと思うが、本作においての演奏も素晴らしい。 タイトな演奏、といった域にとどまらず、バンドをリードする勢いまで感じられる。

    (追加:2020年7月25日)

 

2007

We Are Him : Angels Of Light

  1. Black River Song
  2. Promise of Water
  3. The Man We Left Behind
  4. My Brother's Man
  5. Not Here / Now
  6. Joseph's Song
  7. We Are Him
  8. Sometimes I Dream I'm Hurting You
  9. Sunflower's Here to Stay
  10. Good Bye Mary Lou
  11. The Visitor
  12. Star Chaser
  • Bill Rieflin : piano, synthesizers, organ, drums, percussion, electric guitar, bass, vocals

  • エンジェルス・オブ・ライトとしてのラスト・アルバム。
    可愛さと不気味さを兼ね備えたジャケットのイラストが、作品の内容と見事にマッチしている。 タイトなロック・ナンバー、フォーク、カントリー、サイケ調の楽曲とわかり易いフォーマットの曲で占められている一方で、どのフォーマットでもフレーズやリズムが執拗に繰り返されている。 この歪さ、居心地の悪さがこの後のスワンズの作品に活かされていったのが、エンジェルス・オブ・ライトの最大の成果なんだと思う。
    エンジェルス・オブ・ライトの最初と最後の作品に参加したリーフリンは、そのまま以降のスワンズの作品に参加することになる。
    (追加:2015年5月10日)

 

R.E.M. Live : R.E.M.

CD

  1. I Took Your Name
  2. So Fast, So Numb
  3. Boy In The Well
  4. Cuyahoga
  5. Everybody Hurts
  6. Electron Blue
  7. Bad Day
  8. The Ascent Of Man
  9. The Great Beyond
  10. Leaving New York
  11. Orange Crush
  12. I Wanted To Be Wrong
  13. Final Straw
  14. Imitation Of Life
  15. The On I Love
  16. Walk Unafraid
  17. Losing My Religion

 

  1. What's The Frequency, Kenneth?
  2. Drive
  3. ( Don't Go Back To ) Rockville
  4. I'm Gonna DJ
  5. Man On The Moon

DVD

  1. I Took Your Name
  2. So Fast, So Numb
  3. Boy In The Well
  4. Cuyahoga
  5. Everybody Hurts
  6. Electron Blue
  7. Bad Day
  8. The Ascent Of Man
  9. The Great Beyond
  10. Leaving New York
  11. Orange Crush
  12. I Wanted To Be Wrong
  13. Final Straw
  14. Imitation Of Life
  15. The On I Love
  16. Walk Unafraid
  17. Losing My Religion
  18. What's The Frequency, Kenneth?
  19. Drive
  20. ( Don't Go Back To ) Rockville
  21. I'm Gonna DJ
  22. Man On The Moon
  • Supporting musicians :
    Scott McCaughey : guitars_keyboards
    Ken Stringfellow : keybaords_guitars
    Bill Rieflin : drums

  • 2005年2月のダブリンでのライヴを収録した作品。
    CD と DVD が同じ内容なので、結果 DVD でリーフリンの姿を追うことになるのだが、中々その姿をとらえることが難しい。 カメラの数が多かったためか、このまま右にズレればリーフリンがアップになるのに、といったような所で画面が切り替わってしまう。 勿論サポート・メンバーなので当然なのだが、大観衆を前にどんな感じで演奏しているのか、もう少し確認したかった。
    (追加:2014年10月25日)

 

2008

A Young Person's Guide To Hell : The Hellboys

Young Person's Guide to Hell

  1. Mr. Boring
        Percussion and ( Kick Ass ) Drums
  2. Rivers of Pee
        Drums and Percussion
  3. War
        Percussion and ( Kick Ass ) Drums
  4. Ave Maria
  5. We Used to Be...
  6. Post Traumatic Stress Disorder
        Percussion and ( Kick Ass ) Drums
  7. Save Me a Seat
        Drums and Percussion
  8. Masters of War
        ( Kick Ass ) Drums
  9. Angels
        Percussion
  • Featuring
    Robert Fripp, Tony Levin, Bill Rieflin, and the California Guitar Trio
  • ヘルボーイズの2作品目。
    激しいドラミングを披露している曲には、Kick Ass と判りやすくクレジットされている。
    (追加:2011年2月10日)
    (追加:2013年10月25日)

 

Accelerate : R.E.M.

  1. Living Well Is The Best Revenge
  2. Man-Sized Wreath
  3. Supernatural Superserious
  4. Hollow Man
  5. Houston
  6. Accelerate
  7. Until The Day Is Done
  8. Mr. Richards
  9. Sing For The Submarine
  10. Horse To Water
  11. I'm Gonna DJ
  • Additional Musicians :
    Scott McCaughey, Bill Rieflin

  • リーフリンが R.E.M. のサポート・メンバーとして参加した2作目のスタジオ・アルバム。 前作から4年を経ている。
    冒頭からとても力強い作品である。 総じて R.E.M. が自分にとって好みのバンドかと問われれば、正直そうではないと答えることになるのだが、この力強さ、そしてそこからくる勢いに対しては斜に構えて否定することはできない。
    この力強さを導き出しているのが、ギターだけではなくリーフリンのドラムであることも見逃せない。 リーフリンによって力強さを獲得した、とまで言ったら純粋なフアンには怒られてしまうのかもしれないが、それだけの凄さが、本作品のリーフリンの演奏にはある。
    (追加:2014年10月25日)

 

2009

We Are The Humans : The Humans

We Are the Humans

  1. We are the humans
  2. Is it wrong
  3. Twisted Soul
  4. Telekinesis
  5. Quicksilver
  6. Labyrinth
  7. Icarus
  8. Noise In Your Head
  9. This Bilongs To You
  10. Demigod
    Bonus track
  11. These Boots Are Made For Walkin' featuring Robert Fripp
  • Toyah    voice loops angry bee
    Chris    bass guitar organ humming
    Bill    bass synths gadgets whirring organ drums claps hums

    Bonus Track
    Toyah    voice
    Chris    bass guitar
    Bill     bass drums oohs aahs snaps claps
    Bobby Willcox    guitar slinger
    Don    snaps claps

  • ナンシー・シナトラの ” These Boots Are Made For Walkin' ” のカヴァーで話題となった後発売された The Humans の作品。
    リーフリンは正式メンバーとして参加。
    (追加:2010年12月25日)

 

Live At The Olympia In Dublin 39 Songs : R.E.M.

  1. Living Well Is The Best Revenge
  2. Second Guessing
  3. Letter Never Sent
  4. Strange Down The Barrel Of The Middle Distance
  5. Disturbance At The Heron House
  6. Mr. Richards
  7. Houston
  8. New Test Leaper
  9. Cuyahoga
  10. Electrolite
  11. Man-Sized Wreath
  12. So. Central Rain
  13. On The Fly
  14. Maps And Legends
  15. Sitting Still
  16. Driver 8
  17. Horse To Water
  18. I'm Gonna DJ
  19. Circus Envy
  20. These Days

 

  1. Drive
  2. Feeling Gravitys Pull
  3. Until The Day Is Done
  4. Accelerate
  5. Auctioneer
  6. Little America
  7. 1,000,000
  8. Disguised
  9. The Worst Joke Ever
  10. Welcome To The Occupation
  11. Carnival Of Sorts [ Box Cars ]
  12. Harborcoat
  13. Wolves, Lower
  14. I've Been High
  15. Kohoutek
  16. West Of The Fields
  17. Pretty Persuasion
  18. Romance
  19. Gardening At Night
  • Supporting musicians :
    Scott McCaughey : guitars_keyboards
    Ken Stringfellow : keybaords_guitars
    Bill Rieflin : drums

  • 『 Accelerate 』 の勢いそのままのライヴ・アルバム。
    初期からの楽曲も多く、オール・タイムの楽曲にリーフリンは対応していることになる。
    (追加:2014年10月25日)

 

2010

Greatest Shit : KMFDM

  1. D.I.Y. ( Edit )
  2. Tohuvabohu ( Edit )
  3. Son Of A Gun ( Overhauled Mix Edit )
  4. Juke Joint Jezebel ( Single Mix )
  5. Naïve ( Edit )
  6. Sucks ( 12" Mix Edit )
  7. Hau Rock ( Edit )
  8. More & Faster ( 12" Mix )
  9. Money ( Radio Mix )
  10. Megalomaniac ( Single Mix Edit )
  11. Virus ( 12" Mix Edit )
  12. Light ( Cellulite Radio Mix )
  13. Anarchy ( Edit )
  14. Vogue ( Edit )
  15. Split ( 12" Mix Edit )
  16. WWWIII ( Edit )
  17. Godlike ( 12" Mix Edit )
  18. A Drug Against War ( Single Mix )
  19. Power ( Single Mix Edit )
  1. Go To Hell ( Fuck MTV Mix Edit )
  2. Don't Blow Your Top ( Edit )
  3. Looking For Strange ( Edit )
  4. Ultra ( Edit )
  5. Itchy Bitchy
  6. Dogma
  7. Strut ( Edit )
  8. Kickin' Ass ( Edit )
  9. Free Your Hate ( Edit )
  10. Terror ( Edit )
  11. Adios
  12. Trust ( Edit )
  13. Waste
  14. Attak / Reload ( Edit )
  15. Glory ( Edit )
  16. Strum & Drug ( Edit )
  17. Never Say Never ( Edit )
  18. Rules ( Edit )
  19. That's All ( Edit )

 

  • KMFDM の2枚組編集盤。 全38曲2時間半ものヴォリュームで、お腹いっぱいになるのが必至の作品。
    演奏者としてリーフリンがクレジットされているのは、3,13,25,32,33の5曲だが、オリジナルの『 Nihil 』 には ” Ultra ” にもクレジットされている。
    (追加:2014年6月25日)

 

My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky : Swans

  1. No Words / No Thoughts
  2. Reeling The Liars In
  3. Jim
  4. My Birth
  5. You Fucking People Make Me Sick
  6. Inside Madeline
  7. Eden Prison
  8. Little Mouth
  • Bill Rieflin - bass guitar, electric guitar, piano, drums / percussion, synthesizer, acoustic guitar, vocals
  • スワンズとして活動再開後初の作品。
    究極のヘヴィ・ロック・バンドの姿がここにある。 所謂音源の編集作業より生演奏で音の固まりをひねり出すことに主眼が置かれた結果なのか、凄まじいまでの破壊力が秘められている。 活動停止前のスワンズや、エンジェルス・オブ・ライトで試みられた様々な曲のスタイルが、全てバンドの中で昇華されており、特に冒頭の ” No Words /  No Thoughts ” は白眉の出来である。
    本作品はまた、リーフリンがスワンズとしてクレジットされた最初で最後の作品でもあり、曲作り、リハーサルから参加したものと想像される。
    (追加:2015年5月10日)

Top Page