King Crimson Data Base
    Theo Travis Discography

1996

Secret Island : Theo Travis

  1. Lulworth Night
  2. The Crow Road
  3. After The Storm
  4. Waterlily Boogie
  5. Details
  6. Out Of Sight, Out Of Mind
  7. Three People
  8. Full Moon Rising
  9. Nostalgia In Times Square
  • The Band
    Theo Travis - Tenor and Soprano Saxophones
    David Gordon - Piano
    Rob Statham - Bass
    Marc Parnell - Drums
    with Guest
    John Etheridge - Guitars
    Gary Hammond - Percussion
    Dave Sturt -Bass
    Andrew Small - Drums

  • セオ・トラヴィスのサード・アルバム。
    メインとなっている楽器は当然トラヴィスのサックスなのだが、ピアノやジョン・エサリッジのギターがソロを取ることもある。 ソロ名義の作品とはいえ、サックスだけがソロ楽器となってしまうと単調になってしまう可能性があり、懸命な判断であったと思う。
    ただ、本作品はそのターゲットがよく判らない。 ジャズ色が非常に濃い作品ではあるが、純粋なジャズのファンに受けるようなものではないと思う。 一方ジャズ・ロックとして聴くには緩いところが多い。 制作する側としてリスナー層を意識する必要は無いと思うがいずれにせよ中途半端である。
    本アルバム制作後、トラヴィスは暫くソロ・アルバム制作の機会に恵まれなくなったのも、何となく判る気がする。
    (追加:2019年5月10日)

 

1998

Bass Communion : Bass Communion

  1. Shopping
  2. Drugged
    the soprano saxophones on drugged are played by theo travis
  3. Sleep Etc
  4. Orphan Coal
  5. Drugged
    drugged also features a seven second sample of robert fripp looped transposed, layered, filtered and processed into infinity the sample is taken from a tape of soundscapes improvised by robert in no-man's land in 1993
  • drugged also features a seven second sample of robert fripp
    looped transposed, layered, filtered and processed into infinity
    the sample is taken from a tape of soundscapes improvised by robert in no-man's land in 1993

  • ロバート・フリップも参加しているベース・コミュニオンの作品。
    全編アンビエントな楽曲が続く中、セオ・トラヴィスが参加している ” Drugged ” は、深くエコーのかかったサックスにキーボードがの持続音がひたすら絡む楽曲。
    この時期、地味目な作品に多くセッション参加していたトラヴィスにしてみると、自分の演奏が単なるマテリアルとして使われるのは想定内のことだと思う。
    (追加:2019年5月10日)

 

1999

Bass Communion : Bass Communion

Bass Communion 2

  1. Advert
  2. 16 Second Swarm
  3. Grammatic Oil
  4. Drugged III
  5. Dwarf Artillery
  6. Wide Open Killingfeld
  1. A Grapefruit In The World Of Park [ Soundscape : Robert Fripp ]
  2. Snakebird
  • flute / saxophones by theo travis
  • セオ・トラヴィスが再び参加したベース・コミュニオンの作品。
    アルバム全体としての印象は前作と全く同じで、ひたすらアンビエントな音楽が続く。 スティーヴン・ウィルソンが、No-Manからポーキュパイン・トゥリーに移行するにあたり、テクノ・アンビエント系要素を全て出しきっておくことがベース・コミュニオンの目的ではなかったかと思うのだが、作品としては聴き続けるのは苦行に近い。
    セオ・トラヴィスは今回はサックスだけでなくフルートも演奏し、共同作曲者としてもクレジットされてはいるのだが、サンプリングされているだけであることは変わりない。
    (追加:2019年5月10日)

 

2005

Snow Borne Sorrow : Nine Horses

Snow Borne Sorrow

  1. Wonderful World
  2. Darkest Birds
  3. The Banality Of Evil
        Theo Travis : 2nd Saxophone Solo
  4. Atom And Cell
  5. A History Of Holes
        Theo Travis : Flute, Saxophone Solos
  6. Snow Borne Sorrow
  7. The Day The Earth Stole Heaven
  8. Serotonin
  9. The Librarian
  • シルヴィアンとジャンセン兄弟を中心としたユニットの作品で、シルヴィアンのヴォーカルが大々的にフィーチャーされている作品。
    単に歌ものというだけでなく、個々の楽曲が力強く魅力的な作品であり、セオ・トラヴィスの演奏もそこに見事に華を添えている。 サックスのソロも良いが、シルヴィアンのヴォーカルと絡むフルートやサックスは絶品である。
    もしシルヴィアンのソロ・アルバムへの参加だったとすると、ドローンの中に埋もれるだけで終わってしまった可能性もあったはずで、(JAPANには遥かに及ばないまでも)こうしたポピュラリティの高い作品で活躍する機会に恵まれたのは、トラヴィスにとって非常に良いことであったはずである。
    (追加:2019年5月10日)

 

2007

Double Talk : Theo Travis

  1. Ascending
  2. Oblivionville
  3. The Relegation Of Pluto
  4. The Endless Search
  5. Pallendream
  6. See Emily Play
  7. And So It Seemed
  8. Portobello 67
  • Theo Travis    Tenor and soprano saxes wah-wah sax, flute, alto flute, clarinet, loops
    Mike Outram    Electric guitar
    Pete Whittaker    Hammond organ
    Roy Dodds    Drums, gongs

    with Special guest Robert Fripp    Guitar, guitar soundscapes ( Track 2,4,5 )
  • ロバート・フリップが参加したセオ・トラヴィスのソロ・アルバム。
    フリップとトラヴィスの共演の始まりが本作であり、結果としてトラヴィスのキング・クリムゾンの参加に繋がった作品である。 私自身もトラヴィスの存在を意識したのは、本作品からである。
    当時、フリップのサウンドスケイプスが生楽器の絡みというパターンは珍しく、サウンドスケイプスが別録音ということを差し引いても新鮮であった。 一方フリップが参加していない楽曲は、トラヴィスの管楽器をメインにしたジャズというよりフュージョンである。 特にピンク・フロイドの ” See Emily Play ” は、スーパーのBGMとして流れていても違和感が無いようなアレンジは悪意を感じてしまう。
    トラヴィスが何を意図して本ソロ・アルバムを制作したのか判りかねる所があるが、何れにせよキング・クリムゾン史における本作品の意義は大きい。
    (追加:2019年5月10日)

 

Steam : Soft Machine Legacy

  1. Footloose
  2. The Steamer
  3. The Big Man
  4. Chloe & The Pirates
  5. In The Back Room
  6. The Last Day
  7. Firefly
  8. So English
  9. Dave Acto
  10. Anything To Anywhere
  • John Etheridge    electric guitar
    Hugh Hopper    bass guitar, loops
    John Marshall    drums, percussion
    Theo Travis    tenor & soprano sax, flute, loops
  • エルトン・ディーンが亡くなった後、セオ・トラヴィスがメンバーとして加わったソフト・マシーン・レガシーの作品。
    生まれて始めて購入するカンタベリーものが本作品、などという人は世界中に一人もいないと思うが、所謂ジャズ・ロックが苦手な人をこの道に引き込むことができる魅力的な作品である。
    ディーンのエグさを求める人には物足りなさが残るかもしれないが、根っからのバック・ミュージシャン気質から手堅い演奏をするセオ・トラヴィスと、対峙するリード奏者が格下のトラヴィスになったことで思いっきり弾きまくっているジョン・エサリッジの活躍で、シュアでありながらスリリングな作品となっている。
    『 Third 』 から 『 5 』 辺りを好きな人にはソフト・マシーンではないのかもしれないが、この後バンド名そのものをソフト・マシーンに改名していくに値する内容である。
    (追加:2019年5月10日)

 

Slope : Steve Jansen

  1. Grip    [ Theo Travis : saxophones ]
  2. Sleepyard    [ Theo Travis : saxophones ]
  3. Cancelled Pieces    [ David Sylvian : guitars ]
  4. December Train
  5. Sow The Salt
  6. Gap Of Cloud    [ Theo Travis : flute ]
  7. Playground Martyrs    [ David Sylvian : lyrics, vocals ]
  8. A Way Of Disappearing    [ Theo Travis : clarinet ]
  9. Ballad Of A Deadman    [ David Sylvian : lyrics, vocals, guitars, Theo Travis : flutes ]
  10. Conversation Over    [ Theo Travis : saxophone loops ]
  11. Life Moves On
  12. Playground Martyrs ( reprise )    [ David Sylvian : lyrics ]
  • デヴィッド・シルヴィアンがヴォーカルとギターで参加しているスティーヴ・ジャンセンの作品。
    とても上品なエレクトロニクス作品である。 80年代の New Wave 全盛時を彷彿させるところもありながら、音色の選択から配置、音数の絞り込みまで、本人の経験とセンスと時間を注ぎ込んだことがよく判る。
    そして、そこに絡んでくるセオ・トラヴィスのサックス、フルート、そしてクラリネットの生音にも必然性が感じられる。 電子音と生音が乖離してないのはレコーディングにおけるテクノロジーの進化に負う所が大きいことは承知しているが、楽曲の中での溶け込み方が素晴らしい。
    ジャンセンの意図に見事にまで応えたトラヴィスの実力を堪能することができる作品である。
    (追加:2019年5月10日)

 

Truth? : Sugizo

  1. Lucifer
  2. The Cage
  3. Kanon
  4. Europa    [ Theo Travis  Flute ]
  5. Le Fou
  6. Beauty
  7. Chemical
  8. Ein Sof
  9. Missing
  10. Sperma    [ Theo Travis  Tenor Sax ]
  11. Kind Of Blue
  12. Femme Fatale
  13. Deliver...
  14. A Prayer
  15. Luna
  • LUNA SEA、X JAPAN の SUGIZO のファースト・アルバム。
    LUNA SEA のファンの人がどのように受け取ったか判らないが、アバンギャルド系の楽曲が多く収録されている。
    セオ・トラヴィスが参加している2曲は、共にインストで、その参加経緯は知りたい。
    Europa ” では中盤に薄めのフルート・ソロ、” Sperma ” ではミック・カーンのブヒブヒとしたベースをバックにサックスを演奏している。
    (追加:2019年5月10日)

 

A Prayer : Sugizo

  1. A Prayer
  2. Chemical
  3. Europa    [ Theo Travis. Flute ]
  • SUGIZO の 『 Truth? 』 からの先行シングル。
    オリコンで7位にチャートされたシングルに、セオ・トラヴィスが参加しているのは感慨深い。
    (追加:2019年5月10日)

 

2013

Songbook #1 : The Vicar

Songbook #1
  1. Girl with the Sunshine
  2. Childhood Days  [ Fretless Bass : Tony Levin, Flute : Theo Travis ]
  3. That Boy's Not Cool  [ Flute / Saxophone : Theo Travis ] 
  4. The Moony Song  [ Electric Guitar : Robert Fripp ]
  5. Twenty Two  [ Piano : Keith Tippell, Saxophones : Theo Travis ]
  6. Three Sides of Me  [ Flute : Theo Travis ] 
  7. Man With a Woman  [ Flute / Saxophone / Recorder : Theo Travis ] 
  8. Forever
  9. San Manuel
  10. She Closes Her Eyes
  11. In Dying Fire  [ Backing Vocals : Jakko Jakszyk ]
  12. Count y our Blessings
  13. Inside My Head
  14. Lonely Sunday  [ Flute : Theo Travis ] 
  • デヴィッド・シングルトン によるプロジェクト。
    どの楽曲も基本は弦楽器を中心に構成されており、そこにセオ・トラヴィスのフルートやサックスが入ってくるのだが、違和感が無いというより目立つ演奏ではない。
    トラヴィス&フリップとしての活動が、本作品への参加に繋がったものと思われるが、こうした地道な活動期間というか下積み期間が長かったミュージシャンだとつくづく思う。
    (追加:2019年5月10日)

Top Page