King Crimson Data Base
    Robert Fripp Discography / the early 2010s

2011

Sugar Rush : The Humans

Sugar Rush

  1. Titanium Girl
  2. Love In A Different Way
  3. Sea Of Size
  4. Pebble
  5. Small Town Psychopath
  6. Sweet Agitation
  7. Playing In The Dark
  8. Snow At 10:23
  9. Sugar Rush
  10. This Reasoning
  11. Fragment Pool
  12. Put A Woman On The Moon
    Bonus track
  13. Small Town Psychopath ( version )
  • Toyah Willcox : Vocals
    Bill Rieflin : Bass, percussion, keyboards
    Chris Wong : Bass, guitar

    Guest Human : Robert Fripp

  • The Humans のセカンド・アルバム。 ゲスト・ヒューマンとしてクレジットされているフリップは、The Humans のWebサイト によれば全曲に参加しているとのこと。
    低音域を中心とした楽曲に派手さはない、というよりも地味。 演奏は充実しているだけにライヴだとしっかりと楽しめると思うが、アルバムとしてはキラー・チューンが欲しくなる。  ” These Boots Are Made For Walkin' ” のような唐突感のある楽曲が収録されていたら、更に楽しめたと思う。
    (追加:2011年10月25日)

 

Raised In Captivity : John Wetton

レイズド・イン・キャプティヴィティー

  1. Losr for Words
  2. Raised in Captivity [ co-writes ]
  3. Goodbye Elsinore
  4. The Last Night of my Life
  5. The Human Condition
  6. Steff's Ring
  7. The Devil and the Opera House
  8. New Stara Rising
  9. Don't Misunderstand Me
  10. Mighty Rivers
  11. Face to Face ( bonus )
  12. After All   (bonus )
  • The Players :
    John Wetton : Vocals, acoustic guitar, bass guitar, keyboards
    Billy Sherwood : Guitars, drums, percussion
    Outstanding guest artists :
    Mick Box : Guitar solo, New Star Rising
    Geoff Downes : Keyboards solo, Goodby Elsinore, Steff's Ring
    Steve Hackett : Guitar solo, Goodbye Elsinore
    Eddie Jobson : Violin, The Devil and the Opera House
    Tony Kaye : Hammond Organ, Human Condition, Don't Misunderstand Me
    Alex Machacek : Guitar solo, The Last Night of my Life
    Steve Morse : Guitar solo, Lost for Words
  • ウェットン約8年ぶりのスタジオ・レコーディング作品。
    フリップはタイトル曲 ” Raised in Captivity ” の共作者としてクレジットされており、イントロとアウトロにサウンドスケイプスを演奏していると思われる。
    (追加:2011年9月10日)

 

Warm Winter : Memories Of Machines

Warm Winter

  1. New Memories Of Machines
  2. Before We Fall
  3. Beautiful Songs You Should Know
  4. Warm Winter
  5. Lucky You, Lucky Me
  6. Change Me Once Again
  7. Something In Our Lives
  8. Lost And Found In The Digital World [ co-writes ]
  9. Schoolyard Ghosts
  10. At The Centre Of It All
  • Memories Of Machines is:
    Tim Bowness - vocals, guitar on Schoolyard Ghosts
    Giancarlo Erra - guitars, keyboards

    with:
    Robert Fripp - soundscapes on Lost And Found In The Digital World

  • No-Man の Tim Bowness によるバンド、Memories Of Machines による作品。 フリップの参加は、ミックスを担当しているスティーヴン・ウィルソン人脈によるもの。
    No-Man とも異なるヴォーカル・オリエンテッドな楽曲集でアンビエント色は全くない。 フリップはその中でもバラード臭が強い ” Lost And Found In The Digital World ” に参加、作曲者としてもクレジットされているが、内容はクレジット通りサウンドスケイプス。。
    おまけとしては、”
    At The Centre Of It All ” のギターが、ピーター・ハミルだったりする。
    (追加:2011年6月25日)

 

Thirteen : Robert Miles

  1. Orchid Miracle
  2. Moving
  3. Somnambulism
  4. Everything Or Nothing [ Electric Guitar : Robert Fripp ]
  5. Afterglow [ Electric Guitar : Robert Fripp ]
  6. Deep End [ Soundscapes : Robert Fripp ]
  7. Black Rubber
  8. Miniature World
  9. Antimony
  10. Archives
  11. Voices From A Submerged Sea
  12. Nonsense
  13. The Wolf
  • スイス 出身イタリア育ちのテクノ系アーティスト、ロバート・マイルズの作品。 レコーディングは2005年から2009年に行われたとのことで、フリップの参加時期は不明。
    フリップの参加は、サウンドスケイプスが曲の冒頭かラストに使われて終了、などという安易なパターンではなく、しっかりとした演奏が収録されている。 特に ” Everything Or Nothing ” では、激しく弾きまくるギター・ソロが2回収録されており、特に2回目はラストまでひたすら続く長めの演奏である。 ” Deep End ” での演奏はよくわからないが、” Afterglow ” 後半での激しいリフも格好良く、総じて客演時のフリップの存在感を久しぶりに感じることができる好作品である。
    (追加:2012年5月25日)

 

2012

The Arch : Eva Quartet & Hector Zazou

  1. Lazaritsa
  2. Razvivay, Dobro
  3. Balno Li Ti E, Sino Ljo
  4. Gospodi, Pomiluy
  5. Planinsko
  6. Pladne Doyde
  7. Dostoino Est
  8. Yana
  9. Snoshti Si, Mamo, Zamraknakh
  10. Minka
  11. The Arch
  12. Kadona
  • Robert Fripp - Guitar
  • フランスのミュージシャン、ヘクトール・ザズーが、ブルガリアン・ヴォイスとエレクトロニクスの 「 a subtle, delicate fusion 」 を試みた作品。 ヘクトール・ザズーとは、フリップは Slow Music Project で共演したことがあり、本作品への参加はその繋がりと推測される。
    このライナーにも記載してある 「 a subtle, delicate fusion 」 という表現通りの内容で、ブルガリアン・ヴォイスのバックに電子音が流れるといった安易な内容ではなく、管弦楽をバックにしたブルガリアン・ヴォイスがベースとなっている。
    こうした趣旨に基づくフリップの参加は、当然ながらサンドスケイプスによるものである。 イントロやインタールードとして使われているのではなく、ブルガリアン・ヴォイスのバックで薄く鳴り響くサウンドスケイプスは上品で素晴らしい内容となっている。
    (追加:2016年12月10日)

 

Faith in Worthless Things : Lee Fletcher featuring Markus Reuter & Lisa Fletcher      New!

  1. Is It Me ( or Is It You? )
  2. The Inner Voice
  3. Faith in Worthless Things
  4. A Life on Loan
  5. The Number
  6. The Answer
  7. Miracles on Trees
  8. Until The Playtime Whistle Sounds
  9. Life's a Long Time Short
  10. Long About Now
  • Robert Fripp    Soundscape (6)
  • Stick Men のマーカス・ロイターと活動しているリー・フレッチャーの作品。
    テクニカルな演奏をバックにメインにフィーチャーされているのは、(多分)奥さんのリサ・フレッチャーのヴォーカルである。
    フリップが参加しているのはそのリサ・フレッチャー抜きのインスト小曲で、サウンドスケイプスがバックで薄く鳴り続けている。 レコーディングを同時に行ったのではなく、サンプリングされたものと思われる。
    (追加:2017年7月10日)

 

Live at Conventry Cathedral : Travis & Fripp

Live at Coventry Cathedral

First Set
  1. The Apparent Chaos Of Stone
  2. In a Field of Green
  3. The Unquestioned Answer
  4. Blue Calm
  5. Duet for the End of Time
Second Set
  1. The Offering
  2. Angels in the Roof
  3. Moonchild
  4. Lamentation
  • Theo Travis - Alto Flute, Soprano Saxophone
    Robert Fripp - Guitar
  • Recorded Live at Conventry Cathedral on 23 May 2009
  • コベントリー大聖堂でのライヴを収録した作品。
    売り手としては、” Moonchild ” の収録を全面に出していくのもわかるが、それだけを期待すると、逆に肩透かしを食わされることになる。
    それよりも、フリップがサウンドスケイプスだけではなくギター・ソロを演奏するところが、最大の特徴である。 次に何がくるのかわからない、というワクワク感(ちょっと大げさかな?)を楽しんだほうが、本作品と長く付き合うことができると思う。
    客演、スタジオ作品、ライヴと徐々に活動の幅を広げているだけに、Travis & Fripp には今後も期待したい。
    (追加:2010年4月10日)

 

Follow : Travis & Fripp

Follow
First Set
  1. Soaring and Gliding
  2. Dark Clouds
  3. When the Rains Fall
  4. Hear Our Voices
  5. 1979
  6. Open Land
  7. Return to Saturn
  8. Rotary Symmetrical
  9. So There
DVD Audio content

Original album and bonus tracks mixed in
  1. DTS 5.1 Surround Sound
  2. MLP lossless 5.1 Surround Sound
  3. High Resolution Stereo 24bit/48k

Bonus Tracks

  1. Forgotten Days
  2. Vivid 17
  3. 1979 ( extended edit )

DVD Video content

  1. The Power to Believe / Pastorale
  2. When the Rains Fall
  3. Blue Calm
  4. Rotary Symmertrical
  • Theo Travis - Flute, Alto Flute, Bass Flute, Soprano, Tenor and Baritone Saxophones, Clarinet
    Robert Fripp - Electric Guitar, Soundscapes, Frippertronics
  • Recorded April 2010 to June 2011
    except Frippertronics on 1979 recorded July 1979 in NYC, USA
  • Travis & Fripp の3作品目。 2010年4月から2011年6月にかけて、断片的にレコーディングされている。
    フリップ&イーノやシルヴィアン&フリップに比べれば話題性に乏しいことは否めないが、その内容はコンスタントに良い。 『 Thread 』 のところでも述べたが、キーボードではなく、単音楽器でかつ音の持続が難しいフルートやサックスと絡むため、フリップはサウンドスケイプスが鳴りっぱなしという手法をとっていない。 短めのサウンドスケイプスや、サウンドスケイプスをバックにしたギター・ソロとヴァラエティに富んでいる。 その結果、総じてアンビエントものではあるが、聴きやすい作品になっている。
    更に本作においてフリップは、激しめのギター・リフを ” So There ” において披露するという、大サービスまでしている。
    DVDの特典映像は、2010年10月29,30日のライヴ映像も収録されており、本作品を購入しない理由は無い。
    (追加:2012年10月25日)

 

2013

Songbook #1 : The Vicar

Songbook #1
  1. Girl with the Sunshine
  2. Childhood Days  [ Fretless Bass : Tony Levin ]
  3. That Boy's Not Cool
  4. The Moony Song  [ Electric Guitar : Robert Fripp ]
  5. Twenty Two
  6. Three Sides of Me
  7. Man With a Woman
  8. Forever
  9. San Manuel
  10. She Closes Her Eyes
  11. In Dying Fire  [ Backing Vocals : Jakko Jakszyk ]
  12. Count y our Blessings
  13. Inside My Head
  14. Lonely Sunday
  • デヴィッド・シングルトン によるプロジェクト。
    弦楽器を中心とした演奏で、サビの部分のバックでフリップのギターを確認することができる。
    作品全体も、面白いか面白くないかと問われれば、正直後者であることは否めなめず、同時期に発売されたコミック『 The Vicar Chronicles 』もよくわからない。 この辺り、個人の感性が色濃く反映されるものなのかもしれないが。
    (追加:2014年2月25日)

 

2014

Discretion : Travis & Fripp

2 Disc edition - CD/DVD-A
  1. The Power To Believe / Pastorale
  2. Soaring and Gliding
  3. Rotary Symmetrical
  4. A Careful Distance
  5. Refract
  6. Duet For The End Of Time / The Power To Believe
    Bonus Tracks :
  7. Forgotten Days
  8. Rhapsody On The Theme From Starless
  • Robert Fripp - Guitar
    Theo Travis - Alto Flute and Soprano Saxophone
  • コンスタントに、本当にコンスタントに作品をリリースし続ける Travis & Fripp の4作品目。
    フリップについては、「 Guitar 」 とクレジットされている通り、サウンドスケイプス一辺倒ではない。 これはセオ・トラビヴィスとの作品に総じて言えることなのだが、単音楽器のフルート&サックスのソロとそのバック(サウンドスケイプス)という構図を避けた結果が功を奏している。 前作 『 Follow 』 での ” So There ” のような激しいリフが炸裂するまでのことは本作品では見られないが、ギター・ソロを含め多彩な演奏を行っている。
    本編では、” The Power To Believe ” を前後に挟んでトータル性を高めているが、やはりボーナス・トラックとして収められた ” Rhapsody On The Theme From Starless ” が素晴らしい。 再結成クリムゾンが ” Starless ” を演奏していとは言え、必聴だと思う。
    (追加:2014年10月25日)

 

LateNightTales presents After Dark : Nightshift

  1. Last Home ( DJ Nature Remix ) : Typesun
  2. The Pursuit ( Good Guy Mikesh & Filburt Remix ) : The Blaxploited Orchestra
  3. Revnorev : The Gino Fontaine
  4. Soul Machine : Salsoul Invention
  5. Neurotic Erotic Adventure : Neurotic Drum Band
  6. Faraway Sensation : Day Outside
  7. Boutade ( Miseridub ) Mugwump
  8. Mopedbart : Hubbabubbaklubb
  9. Music Is An Open Sky : As One
  10. Crowdpleaser & St Plomb
  11. Late Train ( Emperor Machine Special Extended Version ) : Paqua
  12. A Cabala Sky : The Grid & Robert Fripp
  13. Haiku : Asadinho
  14. Tell Me : Justus Kohncke
  15. People Come In ( Mang Dynasty Edit ) : Daniele Patucchi
  16. After Dark ( Dub ) : Mang Dynasty
  17. The Flowers That Fell ( Fernand Remix ) : Detachments
  18. Magic : General Lee
  • フリップが参加しているグリッドの楽曲を収録したコンピレーション。
    アーバンでメロウなダンス・ナンバー集、などと書くとそれだけで鳥肌が立ってしまうのだが、実際そんな楽曲ばかりである。 クラブで流れるようなハイパーな曲にはついていけないが、80年代のディスコ・サウンド特集で必ずかかるあの曲やこの曲では満足できない人たち向け、とターゲティングは明確なのだが、そんなターゲット層が今日CDなどというメディアを購入するとはあまり思えない。
    ということで、CDを購入しそうなプログレ好きを狙ってフリップ参加曲を入れたのは正解だと思う。
    ただ、そのフリップのギターは、激しいリフでもギター・ソロでもシーケンシャル・フレーズでもなく、サウンドスケイプスである。
    (追加:2014年7月25日)

 

2015

Starless Starlight : David Cross Robert Fripp

  1. Starless Starlight Loops
  2. In The Shadow
  3. Shine And Fall
  4. Starless Theme
  5. One By One, The Stars Were Going Out
  6. Fear Of Starlight
  7. Starlight Trio
  8. Sure Of The Dark
  • David Cross    Violin
    Robert Fripp    Guitar
  • David Cross Robert Fripp 名義の作品。 本作品制作に至るまでの流れがクロスによってライナーに語られているが、その源泉は、フリップが2006年3月4日のセントルイスでのサウンドスケイプス公演で、” Starless ” をモチーフにした2曲を演奏したことまで遡るという。
    このタイミングで本作品がリリースされた理由には、復活した7人クリムゾンがライヴで ” Starless ” を演奏しているという大人の事情もあると思うが、クロスのソロに客演という形でしか実現していなかった2人が、40年を経て共同名義の作品をリリースしたことは感慨深い。
    わかり易いアンビエント作品、というのがピッタリの内容である。 当然それは ” Starless ” がモチーフとして使われているということに依るのだが、何度も聴き直したいと思える作品も珍しい。
    傑作である。
    (追加:2015年5月25日)

Top Page