King Crimson Data Base
    Boz Burrell Discography / Other Works

Ritchie Blackmore Rock Profile Volume One

Rock Profile 1

  • 1968年 Single
    (リリースは1989年)
  1. Return Of The Outlaws - The Outlaws
  2. Texan Spiritual - The Outlaws
  3. If You Gotta Pick A Baby - The Outlaws
  4. Big Fat Spider - Heinz
  5. Doo Dah Day - The Outlaws
  6. Thou Shalt Not Steal - Glenda Collins
  7. I'm Not A Bad Guy - Heinz
  8. Been Invited To A Party - Glenda Collins
  9. Shake With Me - The Outlaws
  10. Movin' In - Heinz
  11. Keep A Knocking - The Outlaws
  12. I Shall Be Released - Boz
  13. Playground - Deep Purple
  14. Writing That Neck - Deep Purple
  15. Why Didn't Rosemary - Deep Purple
  16. Living Wreck - Deep Purple
  17. Guitar Job - Ritchie Blackmore
  18. No No No - Deep Purple
  19. Highway Star - Deep Purple
  20. A 200 - Deep Purple
  21. Gypsy - Deep Purple
  22. Hold On - Deep Purple
  • リッチー・ブラックモアの発掘音源集。 アウトロウズの作品やディープ・パープルのデモ等に混じって、ボズのシングルがボズ名義のまま収録されている。
    もちろん、ボズのヴォーカルも、リッチー・ブラックモアのギターも特段のものではないが、中古店のパープルやレインボーのコーナーを丹念に探すと激安価格で並んでおり、ボズの初期作品が手軽に入手できるメリットは大きい。
    (追加:2011年4月10日)

 

Ritchie Blackmore Anthology Vol.2 : Ritchie Blackmore

Vol. 2-Anthology
  • 1968年 Single
    (リリースは1994年)
  1. Shake With Me / The Outlaws
  2. The Bike Beat PT 2 / The Raleigh Rounders
  3. The Bike Beat PT 1 / The Raleigh Rounders
  4. Go On Then / Gunilla Thorne
  5. I' ve Been Thinking / Michael Cox
  6. Living Alone / Houston Wells & The Outl aws
  7. Galway Bay / Houston Wells & The Outl aws
  8. Dance  To The Bap <Live> / Gene Vincent & The Outlaws
  9. Catch Me A Rat <Live> / Gene Vincent & The Outlaws
  10. As Long As I Live <Live> / The Outlaws
  11. Only For You / The Outlaws
  12. I Get Up In The Morning / Heinz
  13. A Fool Such As I / Davy Kaye
  14. It Can Happen To You / Jess Conrad
  15. Like A Bird Without Feathers / Burr Bailey & The Sixhooters
  16. The Birds & The Bees / Silas Dooley Jnr
  17. Something At The Bottom Of The Garden / Silas Dooley Jnr
  18. Getaway / Ritchie Blackmore Orchestra
  19. Little Brown Jug / Ritchie Blackmore Orchestra
  20. Satan's Holiday / The Lancasters
  21. Earthshaker / The Lancasters
  22. Let Me In /  The Sessions
  23. Satisfy My Soul / Ronnie Jones
  24. Down In The Flood / Boz
  • リッチー・ブラックモアの発掘音源集は複数種発売されているが、本作品にもボズの初期の作品が収録されている。
    クレジットによると、” Down In The Flood ” にはブラックモアの他、イアン・ペイスとジョン・ロードも参加しているとのことで、ほぼパープルという布陣。 そんなメンバーをバックにボズが明るくポップスを唄い上げるという、なかなか趣きのある楽曲である。
    『 Ritchie Blackmore Rock Profile Volume One 』 と同じく、店舗で中古が安価で売られていたりするので、見かけたら購入しておいて損はない作品だと思う。
    (追加:2012年2月25日)

 

Septober Energy : Centipede

Centipede: Septober Energy

  • 1971年  Double Album
  1. Septober Energy
  2. Septober Energy
  3. Septober Energy
  4. Septober Energy
  • Violins :
    Wendy Treacher, John Trussler, Roddy Skeaping, Wilf Fibson, Carol Slater, Louise Jopling, Garth Morton, Channa Salononson, Steve Rowlandson, Mica Gomberti, Colin Kitching, Phillip Saudek, Esther Burgi
    Cellos :
    Michael Hurwitz, Timothy Kramer, Suki Towb, John Rees-Jones, Katherine Thuulborn, Catherine Finnis
    Trumpets :
    Peter Parkes, Mick Collins, Ian Carr ( doubling Flugel Horn ), Mongesi Fesa ( Pocket Cornet ), Mark Charing ( Cornet )
    Altos :
    Elton Dean ( doubling Saxcello ), Jan Steel ( doubling Flute ), Ian McDonald, Dudu Pukwana
    Tenors :
    Larry Stabbins, Gary Windo, Brian Smith, Alan Skidmore
    Baritones :
    Dave White ( doubling Clarinet ), Karl Jenkins ( doubling Oboe ), John Williams ( Bass Saxphone - doubling Soprano )
    Trombones :
    Nick Evans, Dave Amis, Dave Perrottet, Paul Rutherford
    Drums :
    John Marshall ( and all percussion ), Tony Fennell, Robert Wyatt
    Guitars :
    Brian Godding
    Bass :
    Brian Belshaw
    Vocalists :
    Maggie Nicholls, Julie Tippett, Mike Patto, Zoot Money, Boz
    Basses :
    Roy Babbington ( doubling Bass Guitar ), Jill Lyons, Harry Miller, Jeff Clyne, Dave Markee
    Piano :
    Keith Tippett

    Producer : Robert Fripp.
  • フリップがプロデュースした、ティペットによるジャズ・オーケストラ作品。
    ボズの参加はベースではなくヴォーカルのみ。 クリムゾン在籍時のセッション参加が珍しい程度。
    (追加:2006年10月10日)

 

Why Not ? : Ellis

Riding on the Crest of a Slump/Why Not?

  • 1973年 Album

  1. Goodbye Boredom
  2. Opus 17 3/4
  3. Future Passed
  4. Loud & Lazy Love Songs
  1. Open Road
  2. Al l Before
  3. Leaving in the Morning
  4. Mig hty Mystic Lady
  5. We Nee the Money Too
  6. Gyupp
  • Steve E llis    Vocals
    Nick South    Bass
    Andy Gee    Guitars, Background Vocals
    Andy Gee    Keyboards, Background Vocals
    Zoot Money    Keyboards, Background Vocals, Electric guitar
    Davy Lutton    Drums

    Thanks for additional percussion on ' Mighty  Mystic Lady,
    Drums on ' Boredom ' - Colin Allen
    Also Background Vocals ' Mighty Mystic Lady ', ' We Need The Money Too ' - Julie Tippett, Maggie Nichols, ' Boz ', Roger Chapman
  • ヴォーカリストのスティーヴ・エリスのソロに Ellis の作品。 クレジットによればボズは ” Mighty Mystic Lady ” と ” We Need The Money Too ” の2曲に、ジュリー・ティペット、ロジャー・チャップマンとともにコーラスで参加。 女性の声がジュリー・ティペット、ダミ声がロジャー・チャップマンとするとそれ以外のコーラスがボズのはずだが、正直良くわからないのが残念。
    2in1で再発されたCD『 Riding on the Crest of a Slump & Why Not ? 』 購入時に誤記しましたが、この度『 Why Not ? 』 のLPを購入。 ボズが参加しているのは 『 Why Not ? 』 であることを確認しました。
    (追加:2007年1月10日)
    (変更:2012年9月10日)

 

Black - Eyed Blues : Esther Phillips

Black-Eyed Blues

  • 1973年 Album
  1. Justified
  2. I've Only Known A Stranger
  3. I Got It Bad And That Ain't Good
  4. Black - Eyed Blues
  5. Too Many Roads
  6. You Could Have Had Me, Baby
    bonus tracks
  7. Tangle I Your Lifetime
  • Esther Phillips - vocal
    Tim Hinkley - piano
    Boz, Ron Carter (track #3) - bass
    Ian Wallace - drums
    Charlie Brown - guitar
    Arthur Jenkins (track #1,4) - percussion
    Pepper Adams - baritone saxophone
    Jerry Dodgion, Pee Wee Ellis (track #4) - alto saxophone
    Jon Faddis, Marvin Stamm - trumpet
    Max Ellen, Emanuel Green, Harold Kohon, Harry Lookofsky, Joe Malin, David Nadien, Gene Orloff, Irving Spice - violin
    Anthony Saphos, Alan Shulman - cello
    Joshie Jo Armstead, Carl Carldwell, Loni Groves, Tasha Thomas - background vocal
  • ウォーレスとボズが参加しているエスター・フィリップスの作品。
    コリンズが参加していないのが残念。
    (追加:2009年5月25日)

 

On The Road To Freedom : Alvin Lee & Mylon LeFevre

On the Road to Freedom

  • 1973年 Album
  1. On The Road To Freedom
  2. The World Is Changing ( I Got A Woman Back In Georgia )
  3. So Sad ( No Love Of His Own )
  4. Fallen Angel
  5. Funny
  6. We Will Shine
  7. Carry My Load
  8. Lay Me Back
  9. Let'em Say What They Will
  10. I Can't Take It
  11. Riffin
        Boz : Bass / Ian Wallace : Drums
  12. Rockin'till  The Sun Goes Down
        Boz : Bass & Background Vocals / Ian Wallace : Drums
    Bonus Track
  13. So Sad ( No Love Of His Own ) [ Single Version ]
  • テン・イヤーズ・アフター解散後のアルヴィン・リーとマイロン・リフェーブルとによるジョイント・アルバム。ボズはイアン・ウォーレスとともに参加している。
    (追加:2003年11月10日)

 

Still : Pete Sinfield

スティル(紙)

  • 1973年 Album
  1. The Song Of Sea Goat
  2. Under The Sky
  3. Will It Be You
  4. Wholefood Boogie
  5. Still
  1. Envelopes Of Yesterday
  2. The Piper
  3. A House Of Hopes And Dreams
  4. The Night People [ Bass Guitar ]
  • ピート・シンフィールド唯一のソロ・アルバム。
    クリムゾンを脱退しておきながら、ボズ、ウォーレス、コリンズの3人を起用せざるを得なかったことで、シンフィールドのミュージシャンとしての力量の限界と人脈の狭さがよく表れていると思う。
    ボズが参加している ” The Night People ” は、本アルバムの中でも最もファンキーな曲で、シンフィールドの牧歌的なイメージを見事にぶちこわしている。
    (追加:2006年10月10日)

 

Accidentally Born In New Orleans : Alexis Korner & Peter Thorup  Snape

アクシデンタリー・ボーン・イン・ニューオーリンズ(紙ジャケット仕様)

  • 1973年 Album
  1. Gospel Ship
  2. One Scotch, One Bourbon, One Beer
  3. Sweet Sympathy
  4. Rock Me
  1. Don't Change On Me
  2. You Got The Power ( To Turn Me On )
  3. Lo And Behold
  4. Country Shoes


  • Alexis Korner - vocals, guitar
    Peter Thorup - vocals, guitar and slide
    Ian Wallace - drums
    Boz - bass guitar and vocals
    Mel Collins - alto, baritone, soprano and tenor saxophones, flute and piano

    Special thanks to our guest artists:
    Stevie Marriott for organ on " Country Shoes ", Zoot Money for piano on " Gospel Ship ", Tim Hinkley for piano on " Lo and Behold ",
    Backing vocals by Sappho Korner, Stevie Marriott, Tim Hinkley, Mike Patto and Ollie Halsall,
    all other voice by Snape.
  • ボズ、ウォーレス、コリンズの3人が、クリムゾン脱退後にそのままアレクシス・コーナーと共に活動したことによって生まれた作品。
    当時の3人にブルース指向があったのはクリムゾンの発掘音源集からも明らかだが、そこにはフリップに対する当て付けがあったのではないかと思う。 本作品はクリムゾンとはほど遠い「もろブルース」であり、当時の3人が望んでいたはずのものである。 本当にブルース路線を極めたいならアレクシス・コーナーとの活動は最適な場所であったはずにもかかわらず、スタジオ録音としての成果は本作品を残すのみで3人は各々の活動を開始している。
    愛憎入り交じった人間関係が生み出した不思議な作品が 『 Earthbound 』 であり、本作品なのだと思う。
    (追加:2006年10月10日)

 

Live On Tour In Germany : Alexis Korner & Peter Thorup  with Snape

ライヴ・オン・ツアー・イン・ジャーマニー(紙ジャケット仕様)

  • 1973年 Album
  1. Going Down
  2. Early In The Morning
  3. You Got The Power
  4. Snape [ co-writes ]
  1. Rock Me Baby
  2. These Kind Of Blues
  3. The Night Time Is The Right Time
  4. Bottom Of The Sea
  5. Oo-Wee Baby
  • Alexis Korner - Vocals, Guitar
    Peter Thorup - Vocals, Guitar
    Boz - Voclas, Bass Guitar
    Ian Wallace - Drums
    Mel Collins - Saxophones
    Tim Hinkley - Piano
    Gasper Lawal - African Drums, Percussion

 

Manor Live : Camelo Pardalis

  1. See The Light
  2. Keep On [ Vocals ]
  3. Hey God [ co-writes ]
  4. Full Time Love [ Vocals ]
  5. Black Note Meets The White Note
  6. Trouble, Trouble
  1. Male Cjaivomost Pig Song [ Vocals ]
  2. Slidin' Sideways [ Bass ]
  3. Women's Lib Song [ co-writes ]
  4. I'll Be Home [ Bass ]
  5. Do What You Feel
  • 1973年 Album
  • Camelo Pardalis
    Steve York, Elkie Brooks, Boz, Mike Patto, Ollie Halsall, Tim Hinkley, Rob Tait, Lol Coxhill, John Lee, Dave Thompson, Jim Mullen, Graham Bond, Mick Moody, Diane Stewart, Pete Gavin, Barry Duggan, Marc Charig, Dave Brooks, Pete Gage, Ian Wallace
  • ヴァージンのマナー・スタジオで行われた、ブルース系のセッションを収録した作品。
    メンバーの豪華さと、未だCD化されてないことから、それなり以上の扱いを受けているが、演奏面では結構厳しいところがある。 こうしたセッションが成功するかどうかは、演奏する側の楽しさと馴れ合いのバランス感覚のよると思うのだが、残念ながら本作品では後者が若干強く出てしまっている。
    ボズはヴォーカルで3曲、ベースで2曲に参加している。 スティーヴ・ヨークを中心としたセッションであるためベーシストとしての活躍が少ないのは残念だが、ウォーレスとのコンビが復活しているのが嬉しい。 アレクシス・コーナーとの活動とバドカンでの活動の間をとらえた貴重な作品でもある。
    (追加:2006年10月10日)

 

Busy Corner : Chili Charles

  1. Busy Corner
      Joe Sammer - electric guitar
      Chili Charles - drums, percussion, moog
      Del Richardson - electric guitar
      Boz - bass
      Robert Bailey - electric piano
  2. High School
      Chili Charles - drums, percussion
      Mel Collins - horns
      Robert Bailey - electric piano
      Del Richardson - electric guitar
      Gordon Smith - slide guitar
      Boz - bass
      Joe Sammer - electric guitar
  3. Sunrise!
      Chili Charles - drums, percussion, moog
      Fuzzy Samuels - bass
      Robert Bailey - electric piano
  4. The World Just Keep Us Turning On
      Chili Charles - drums, percussion
      Del Richardson - electric guitar, vocals
      Mel Collins - horns
      Robert Bailey - electric piano
      Boz - bass
      Pat Arnold - vocals
      Kenny Cole - vocals
  1. Country Slicker
      Chili Charles - drums
      Gordon Smith - slide guitar
      Joe Sammer - electric guitar
      Robert Bailey - piano
      Boz - bass
      Mel Collins - saxophones
  2. Speedy Jones
      Chili Charles - drums, percussion
      Boz - bass
      Robert Bailey - electric piano
      Joe Sammer - electric guitar
  3. Five
      Chili Charles - drums, percussion
      Robert Bailey - piano
      Mel Collins - saxophones
      Phil Becque - bass
  4. City Slicker
      Chili Charles - drums, moog
      Mel Collins - horns
      Joe Sammer - electric guitar
      Boz - bass
      Robert Bailey - piano
  • 1973年 Album
  • ドラム奏者チリ・チャールスのソロ・アルバム。
    インストを中心とした演奏は、大別するとフュージョン。 ただ、音色のクリアさをいたずらに追求したりしてないので、ロック耳にも相性が良い作品となっている。
    しかし、創生期にこんな作品までリリースしてしまう Virgin は、つくづく奥が深いレーベルだと思う。
    ここでのボズは、彼特有の低音がブーンブーンとルーズに奏でるベースばかりではなく、音数多く軽やかな演奏をそつなくこなしている。 もしバドカンに加入してなければ、意外なセッション活動をもっと行っていたかもしれない。
    (追加:2007年9月15日)

 

Mulgrave Street : Amazing Blondel

マルグレイヴ・ストリート

  • 1974年
  1. Mulgrave Street
  2. Iron And Steel
  3. Leader Of The Band
  4. Light Your Light
  5. Hole In The Head
  1. Help Us Get Along [ Bass ]
  2. See Em Shining
  3. Love Must Be The Best Time Of Your Life
  4. All I Can Do
  5. Goodbye Our Friends
  6. Sad To See You Go
  • 古楽器を導入したバンド、アメイジング・ブロンデルの作品。
    ボズが参加している ” Help Us Get Along ” は、ギターがミック・ラルフ、ギターがサイモン・カークで、ポール・ロジャース抜きのバッド・カンパニーによる演奏となる。
    古楽器とバドカンの競演、となれば興味深かったのだが、本曲では古楽器も使われてなければ、バドカンらしいルーズで豪快な演奏でもなく、平凡なフォーク・ミュージックに成り下がっているのが残念である。
    毎々思うのだが、つくづくセッション活動には恵まれなかった人だ、ボズは。
    (追加:2009年8月10日)

 

E.H. in the U.K. : Eddie Harris

E.H. in the U.K./Is It In

  • 1974年 Album

  1. Baby
        Eddie Harris, electric sax, electric trumpet & vocal ( singing through his horn );
       Albert Lee & Neil Hubbard, guitars;
        Zoot Money, electric piano; Raymond Burrell, bass; Alan White, drums.
  2. Wait a Little Longer
        Eddie Harris, electric sax; Albert Lee & Neil Hubbard, guitars;
       Zoot Money, electric piano; Raymond Burrell, bass;
        Alan White, drums.
  3. He's Island Man
        Eddie Harris, electric sax; Albert Lee & Jeff Beck, guitars;
       Steve Winwood, electric piano; Raymond Burrell, bass;
        Ian Paice, drums; Lofty Amao, congas.
  4. I've Tried Everything
        Eddie Harris, electric sax; Albert Lee & Jeff Beck, guitars;
       Steve Winwood, electric piano; Rick Grech, bass;
        Ian Paice, drums; Lofty Amao, congas.
  5. I Waited For You
        Eddie Harris, electric sax; Albert Lee, guitar;
       Steve Winwood, electric piano; Chris Squire, bass;
        Alan White, drums; Tony Kaye, Moog Synthesizer.
  6. Conversations of Everything and Nothing
        Eddie Harris, electric sax, electric trumpet & acoustic piano;
       Albert Lee, guitar; Steve Winwood, electric piano;
        Chris Squire, bass; Alan White, drums; Tony Kaye, Moog Synthesizer.
  • アメリカのサックス奏者、エディ・ハリスがイギリスでレコーディングした怪作。
    参加メンバーの多様さに先ず驚かされるが、演奏フォーマットは所謂ジャズ。 各々が自分の得意分野の演奏を行うのではなく、一生懸命ジャズの領域で演奏しようとしている。 だが得意分野でないだけに、不自然で微妙な居心地の悪さがあり、この居心地の悪さが妙にクセになってしまう不思議な作品。
    ジャスト感より、引きずるようにルーズな演奏が特徴のボズも、ここでは一生懸命タイトな演奏を試みている。 ただ当然ながら当人の試みは成功しておらず、アラン・ホワイトともイアン・ペイスとも実に奇妙なリズム隊を形成している。
    企画の勝利といったらそれまでなのかもしれないが、オリジナリティの高い作品だと思う。
    (追加:2004年1月25日)

 

Streetwalkers : Chapman・Whitney

  1. Parisienne High Heels
  2. Roxianna
  3. Systematic Stealth
  4. Call Ya
  5. Creature Feature
  1. Sue And Betty Jean
  2. Showbiz Joe
  3. Just Four Men
  4. Tokyo Rose
  5. Hangman
  • 1974年

  • Guitars & Steel Guitars : Charlie Whitney
    Lead Vocals & Percussion : Roger Chapman

    Keyboards : Tim Hinkley, Max Middleton
    Bass : John Wetton, Ric Grech
    Guitar : Neil Hubbard
    Drums : Ian Wallace, Mike Giles
    Congas : Godfrey McLean
    Electric Vibes : Poli Palmer
    Backing Vocals : Linda Lewis, John Wetton, Jim Cregan, Tim Hinkley, Boz

  • ロジャー・チャップマンとチャーリー・ホィットニーのデュオ・アルバム。
    ウォーレスに誘われてそのままスタジオに、といったところだろうか。 ボズはバッキング・ボーカルだけの参加で、どの曲で歌っているかは不明。
    (追加:2006年10月10日)

 

Power House : Duffy Power

  1. Glimpses of God
  2. Halfway
  3. Little Soldier
  4. Dusty Road
  5. Song About Jesus
  6. Liberation
  1. Holiday
  2. Love Is Shelter
  3. Be Beside you
  4. The River
  5. Love Song
  • 1975年 Album
  • Lead Vocals / Guitar / Harmonica : Duffy Power
    Drums : Mike Giles, Pete Ahern, Byron, Chris Bailey
    Bass Guitar : Mike Thompson, Allan James, Peter Kirke
    Guitar : Martin Kershaw, Graham Jones
    Percussion : Ray Cooper
    Piano : Mary Zinovieff
    Backing Vocals : Dana Gillespie, Alexis Korner, Boz Burrell, Pam McKenna, Joy Yates, Misty Browning
  • ビートルズの ” I Saw Her Standing There ” のカヴァーを、本家と同年の1963年にはリリースしたという不思議な経歴を持つブルース・シンガー。
    ディープなブルースの世界に入り込んだ作品ではなく、聴き方によっては軽めのポップスのような曲もある。 コアなブルース・フアンに受けないのかもしれないが、私のような初心者には意外に楽しめたりする。
    ボズの参加はアレクシス・コーナー人脈によるものと思われる。 コーラスだけでどの曲に参加しているかはわからないけど。
    (追加:2006年10月10日)

 

Pump Iron! : Alvin Lee

Pump Iron!

  • 1975年 Album

  1. One More Chance
  2. Try To Be Righteous
  3. You Told Me
  4. Have Mercy
  5. Julian Rice
  6. Time And Space
  7. Burnt Fungus
  8. The Darkest Night
  9. It's All Right Now
  10. Truckin' Down The Other Way
  11. Let The Sea Burn Down
    Bonus tracks
  12. Madness
  13. Midnight Special
  • Alvin Lee : Guitar and Vocals
    Time Hinkley : Keyboards    Bryson Graham : Drums    Ian Wallace : Drums    Boz Burrell : Bass    Mel Collins : Soprano Sax    Jack Lancaster : Horn Section    Harold Burgon : ARP    Ronnie Leahy : Organ    Steve Thompson : Bass    Brother James : Congas    Ron Berg : Drums     Andy Pyle : Bass    Colin Gibson : Bass
  • 汗くさい。
    いや、もうジャケットそのままの音。
    テン・イヤーズ・アフター解散後のアルヴィン・リーの本ソロ・アルバムには、各パート複数名がクレジットされているが、どの曲も見事なまでに統一感がある。 ここまで徹底して暑苦しい音が続くと、潔さまで感じられる。
    『 Islands 』 脱退組3名ともクレジットされているが、同じ曲でプレイしているかは不明。 この時期バドカンでの活動が既に軌道に乗っており、ボズにしてみればウォーレスとコリンズに対する同胞意識が薄くなっていてもおかしくない。
    ボーナスの ” Midnight Special ” については、ボズがベースを演奏していることが明確にクレジットされているのだが、やはり3人組が演奏している曲があるのかは、知りたかった。
    (追加:2006年10月10日)

 

Fingertips : Duster Bennett

Fingertips

  • 1975年 Album
  1. Fingertips
  2. Take Care ( But Don't Take It Easy )
  3. You Need It, It's Gone
  4. Risk It For A Biscuit
  5. High Ground
  6. California Zephyr
  7. I've Got To Be With You Tonight
  8. Blue River Rising
  9. Gone Gershwin / Summertime
    bonus Tracks
  10. Cold Chills
  11. Comin' Home ( Sailor's Song )
  12. Pretty Little Thing
  13. Sweet Sympathy
  14. The Rolling Stone
  15. Everyday
  • ブルース・シンガーであり、ハーモニカ奏者であるダスター・ベネットの遺作。 本アルバムをリリースした翌年、ベネットは交通事故で亡くなっている。
    ボズはウォーレスとともに3曲に参加しているが、そのなかでもインストの ” California Zephyr ” がめちゃくちゃファンキーで格好良い。 ボズのベース・プレイとしてはかなり異色だが、こうした演奏もしっかりこなすことができるだけの力量があった証拠でもある。
    本作品は当時オーストラリアだけで発売されており、注目度は著しく低かったものと思われる。 もっとワールドワイドで売れて、” California Zephyr ” での演奏が注目を浴びていれば、ボズのセッションでのキャリアは花開いたと思う。
    (追加:2007年1月10日)

 

Cat Scratch Fever : Ted Nugent

Cat Scratch Fever

  • 1977年 Album
  1. Cat Scratch Fever
  2. Wang Dang Sweet Poontang
  3. Death By Misadventure
  4. Live It Up
  5. Home Bound
  1. Workin' Hard, Playin' Hard
  2. Sweet Sally
  3. A Thousand Knives
  4. Fist Fightin' Son Of A Gun
  5. Out Of Control
  • Ted Nugent : lead guitar, rhythm guitar, lead vocals
    Derek St. Holmes : rhythm guitar, lead & backing vocals
    Cliff Davies : drums, backing vocals
    Rob Grange : bass

    Backing Vocals : Boz Burrell, Alan Spenner, Rory Dodd
    Percussion : Montego Joe, Tom Werman
  • イカ臭い。 じゃなかっった野獣臭いテッド・ニュージェントの作品。
    アメリカン・ハード・ロックを表現するときに、「カラっとした音」というのがあるが、本作品はまさにそれが当てはまる。 もちろん音はハードで、豪放なリズム・セクションとギター・ソロという組み合わせは圧倒されてしまうのだが、重さや粘っこさというものが全く感じられない。 この辺りは聴く側の好き嫌いが極端に分かれるところだと思う。
    ボズのゲスト参加はコーラスのみ。 テッド・ニュージェントの横に髭面のボズという組み合わせはビジュアル的には優れているが、こうしたカラっとした音にはボズのベースは似合いそうもないので、正しい客演の仕方だと思う。
    (追加:2006年10月10日)

 

Rough Mix : Pete Townshend And Ronnie Lane

Rough Mix

  • 1977年 Album
  1. My Baby Gives It Away
  2. Nowhere To Run
  3. Rough Mix
  4. Annie
  5. Keep Me Turning
  6. Catmelody [ Mel Collins : Saxophone ]
  1. Misunderstood
  2. April Fool
  3. Street In The City
  4. Heart To Hang Onto [ Boz Burrell : Bass ]
  5. Till The Rivers All Run Dry [ Boz Burrell : Bass ]
  • Boz Burrell : Bass
  • ピート・タウンジェントとロニー・レインの2人の名義による作品。
    チャーリー・ワッツ、エリック・クラプトン、ラビットといったミュージシャンが参加する中、2曲においてボズはベースをプレイしている。。
    ザ・フーの作品程綿密に作り込まれた楽曲はないものの、豪華ミュージシャン競演時にありがちなノリ一発の作品でもなく、意外に楽しめたりする。
    本作品での競演をきっかけに、これらのミュージシャンと人脈を拡げていくことができていれば、バドカン後のボズのミュージシャンとしての活動ももう少し変わっていたと思う。 この中のせめて一人とくらい、なんとかできなかったのだろうか。
    (追加:2006年10月10日)

 

Bloodletting : Boxer

Bloodletting
  • 1979年 Album
  1. Hey Bulldog
  2. The Blizzard
  3. Rich Man's Daughter
  4. Big City Fever
  5. The Loner
  6. Why Pick On Me
  7. Love Has Got Me
  8. Dinah - Low
  9. Teachers
  • Mike Patto : Vocals & Keyboards
    Oliie Halsall : Guitar &  Keyboards
    Keith Ellis : Bass Guitar
    Tony Newman : Drums

    Special thanks to Boz Burrell, Bobby Tench and Tim Hinkley
    Many thanks to Chris Stainton for additional keyboard wizardry
    Editing Blocks : Raymond Burrell

  • パトゥ解散後 にマイク・パトゥとオリー・ハルソールが結成したボクサーのセカンド・アルバム。 録音は1976年に行われていたにもかかわらず、1979年になってリリースされた作品。
    手堅い内容である。 ビートルズ・ナンバーからラストのギター弾きまくりの曲まで、楽しめない曲は無い。 私のように今回のリマスターCD化で初めて聴くことができた者には、正直肩透かし感があるが、これは多分期待感の高さの裏返しなのだと思う。
    ボズの参加曲はクレジットから不明。 多分コーラスのみの参加と思われる。
    (追加:2012年9月10日)

 

Hyenas Only Laugh For Fun : Roger Chapman

Hyenas Only Laugh for Fun

  • 1981年 Album
  1. Prisoner
  2. Hyenas Only Laugh For Fun
  3. Killing Time
  4. Wants Nothing Chained
  5. The Long Goodbye
  6. Blood And Sand
  7. Common Touch
  8. Goodbye ( Reprise )
  9. Hearts On The Floor
  10. Step Up - Take A Bow
  11. Jukebox Mama
  • Bass Guitar ; Jerome Rimson & John Wetton
    Editing Blocks : Raymond Burrell

  • ボズは、「 Editing Blocks 」としてクレジット。 何をしているかは不明。
    (追加:2010年8月25日)

 

Before I Forget : Jon Lord

Before I Forget

  • 1982年 Album
  1. Chance On A Feeling
  2. Tender Babes
  3. Hollywood Rock And Roll
  4. Bach Onto This
  5. Before I Forget
  6. Say It's All Right
  7. Burntwood
  8. Where Are You
  • ジョン・ロードのソロ・アルバム。
    ウケを狙ってタイトルを決めたと信じたい ” Hollywood Rock And Roll ” なる曲は、ポール・ロジャース抜きのバッド・カンパニー+ジョン・ロードによる演奏。 残念ながらボズはベースのみで、ヴォーカルは担当していない。 バドカンとパープルが合体したような佳曲なら良かったのだが、中途半端にファンキーなロック&ロールで、他の曲と比較してクオリティは低い。
    バトカン自体もこの時期、『 Rough Diamonds 』 という厳しいアルバムを発表しているし、ケミストリーを期待するのはちょっと無理だったのかもしれない。
    (追加:2009年9月10日)

 

He Was... She Was... You Was... We Was... : Roger Chapman And The Shortlist

He Was, She Was,You Was, We Was

  • 1982年 Album
  1. Higher Round
  2. Duching Down
  3. Making The Same Mistake
  4. Blood And Sand
  5. Medley  King Bee    That Same Thing    Face Of Stone
  6. Hyenas Only Laugh For Fun
  7. Night Down No. 2A LA Z.Z.
  1. Prisoner
  2. Medley   Slow Down    Common Touch
  3. Juke Box Mama No. 3
  4. He Was, She Was
  5. Stone Free
  6. Unknown Soldier - Reprise
    Bonus Track
  7. I Just Wanna Make Love To You
  • Roger Chapman    vocals
    Geoff Whitehorn    gtr / vox
    Poli Palmer    vibes / synths
    Steve Simpson    gtr / mandolin / vox
    Tim Hinkley    piano / vox
    Nick Pentelow    sax
    Boz Burrell    bass
    Stretch    drums
  • 元ファミリーのロジャー・チャップマンの、ハンブルクでの2枚組ライヴ・アルバム。
    ウェットンが参加していた頃のファミリーの音とは程遠く、ねちっこくもソウルフルなチャップマンのヴォーカルがひたすら炸裂する作品。 日本で受けることはまずあり得ない音楽だと思うが、観客の熱狂ぶりから当時のドイツでの人気を伺うことができる。
    クレジットによると、” Prisoner ” の冒頭で「 Are You Hot Enough? 」と、叫んでいるのはボズとのこと。 堅実な演奏でバックを固めるだけではなく、観客を思いっきり煽っているボズの姿を、是非映像で観てみたい。
    (追加:2010年8月25日)

 

Mango Crazy : Roger Chapman

Mango Crazy

  • 1983年 Album
  1. Mango Crazy
  2. Toys : Do You?
  3. I Read Your File
  4. Los Dos Bailadores
  5. Bluesbreaker
  6. Turn It Up Loud
  7. Let Me Down
  8. Hunt The Man
  9. Rivers Run Dry
  10. I Really Can't Go Straight
  11. Room Service
  12. Hegoshegoyougoamigo
  • The Shortlist
    G. Whitehorn - Guitars, Roland Juno Go and Vocals
    S. Simpson - Slide Guitar and Vocals
    B. Burrell - Bass
    A. Coulter - Drums
    N. Pentelow - Alto Sax
    O. Mackay - Yamaha CS80 and Chappo's Korg CX3 Organ
    J. Cook - Prophet Sold On Let Me Down
    R. Leahy - Juno 6 Keyboard
  • 元ファミリーのロジャー・チャップマンのソロ・アルバム。
    シンセの使い方がニュー・ウェイヴ風だったり、サビの盛り上げ方がパワー・ポップ風だったり、一生懸命に時代に迎合した音づくりをしているのだが、チャップマンのダミ声ビブラートが全く馴染んでいない。 ここまで己のヴォーカル・スタイルを貫く位なら、それにあった楽曲を用意すれば良いのにと思ってしまう。 売れ線を本気で狙ったのかがわからない、不思議な作品に仕上がっている。
    そんな作品の中で、ボズの演奏は多彩かつ器用に対応している。 自己主張が強いウェットンではなくボズという選択は、本作品においては実に正しい。
    (追加:2008年6月25日)

 

Live : Chuck Farley

  1. Take Me To The River
  2. My Mama Told Me So.. ( Foots )
  3. Sweet Dremes
  4. New Delhi Freight Train
  5. Old Folk's Boogie
  1. Jealous King
  2. Almost
  3. Sail Away
  4. Money Honey
  5. Carmelita
  6. Sea Of Heartbreak
  • 1983年 Album
  • Steve Simpson ; Guitar, Vocals.
    Poli Palmer ; Vibes, Synthesisers.
    Boz Burrell ; Bass, Vocals.
    Alan Coulter ; Drums, Percussion.
    Geoff Whitehorn ; Guitar, Vocals

    Nick Pentelow ; Sax on 'Almost'
  • ロジャー・チャップマン のバック・バンド The Shortlist のメンバーが中心となった Chuck Farley のライヴ作品。 
    リズム&ブルースを基調にした楽曲はロジャー・チャップマンの路線に近いが、彼のダミ声ビブラートが苦手な人には、本作品の方が抵抗無く聴けるかもしれない。
    ボズは The Shortlist の流れでそのまま参加しており、ライヴを重ねあったメンバーの中でイキイキと演奏していることがよくわかる。
    Chuck Farley はその後ボズ以外もメンバー変更をしながら、現在も活動を続けている。  Chuck Farley のサイトはこちら。 ボズが演奏している写真もあったりする。
    (追加:2011年1月25日)

 

Detroit Diesel : Alvin Lee

  • 1986年 Album
  1. Detroit Diesel
  2. Shot In The Dark
  3. Too Late To Run For Cover
  4. Talk Don't Bother Me
  5. Ordinary Man
  1. Heart Of Stone
  2. She's So Cute
  3. Back In My Arms Again  [ Boz Burrell    bass ]
  4. Don't Want To Fight
  5. Let's Go
  • 2013年に亡くなったアルヴィン・リーのソロ・アルバム。  流石に1980年代にもなると、ウォーレス、コリンズとの共演ということはなく、ボズはクリムゾン人脈から単独で参加している。
    作品自体、シンセや打ち込みを使用したりしているものの、アルヴィン・リーのギターが入ると1970年代の香りがプンプンとしてくる。 2000年代に機能する作品では決してないが、これはこれでたまらない内容である。
    ボズが参加しているのは1曲のみ、アルヴィン・リーのねちっこいギター・ソロとの相性は捨てがたい。
    (追加:2014年12月10日)

 

Keep It Under Your Hat : Tam White & The Band

Keep it Under Your Hat

  • 1991年 Album
  1. More [ co-writes ]
  2. The Dream [ co-writes ]
  3. Coupe De Ville
  4. Mad Sam [ co-writes ]
  5. Good Morning Heartache
  6. Street People [ co-writes ]
  7. Ston - Late Loulie's
  8. Sleep - Late Louie's
  9. Woman In Love [ co-writes ]
  10. Nature Of The Beast [ co-writes ]
  11. 36th Street Mission Blues
  • Personnel :
    Tam White - Vocals
    Pat Crumly - Saxes and Flute
    Guy Barker - Trumpet
    Richard Edwards - Trombone
    Ian Bairnson - Guitar
    Brian Miller - Keyboards
    Simon Morton - Percussion
    Boz Burrell - Bass
    Jeff Seopardie - Drums
  • ボズが亡くなった際に立ち会ったとされるタム・ホワイトのライヴ・アルバム。
    スコットランドのブルース・シンガーであるホワイトとボズの活動がどれほど活発であったが詳細はわからないが、本作品でのボズの役割は大きい。 大半の曲を共作しているだけではなく、プロデューサーとしてもクレジットされている。 そして演奏も友達同士のノリ一発といったものではなく、かなりのリハーサルを行っただろうと思われる程、こなれたものである。
    90年代以降、クレジットをみかける機会が減ってしまったボズだが、こうした堅実な作品に参加していたことを嬉しく思う。
    (追加:2007年1月10日)

 

What's Inside : Joan Armatrading

What's Inside

  • 1995年 Album
  1. In Your Eyes
  2. Everyday Boy
  3. Merchant Of Love
  4. Shapes And Sizes
  5. Back On The Road
  6. Lost The Love
  7. Songs
  8. Would You Like To Dance
  9. Recommend My Love
  10. Beyond The Blue
  11. Can't Stop Loving You
  12. Shape Of A Pony
  13. Trouble
  • Boz Burell : Penny Whistle
  • ジョアン・アーマトレイデイングというヴォーカリストの作品、
    ベーシストとしてクレジットされているのは、ダリル・ジョーンズとトニー・レヴィン。 そしてボズが演奏しているには、Penny Whistle、つまりおもちゃの笛。 Burell と r が一つ少ないので別人である可能性もある。
    何故、おもちゃの笛での参加なのかは不明。 主要な旋律を奏でてはいるものの、ボズのベースを聴くことができないのは残念である。
    (追加:2006年10月10日)

Top Page