King Crimson Data Base
    Mel Collins Discography  -the early 1970s-

1972

Graham Bell : Graham Bell

  1. Before you Can Be A Man
  2. The Thrill Is Cone
  3. After Midnight
  4. Down In The City
  1. Watch The River Flow
  2. Too Many People
  3. How Long Will It Last
  4. The Whole Town Wants You Hung
  5. The Man With Ageless Eyes
  6. So Black And So Blue
  • Graham Bell - Vocals, Guitar & Harmonica
    Mel Collins - Alto, Tenor & Baritone Sax
    Ron Cornelius - Guitar
    Tim Drummond - Bass
    Tim Hinkley - Organ
    Gasper Lawal - Percussion
    Derek Quinn- Percussion
    Ian Wallace - Drums
    Bob Wilson - Piano & Organ
  • Horn arrangements by Mel Collins.
    Horn players on Graham Bell's album ; Mel Collins ( baritone tenor & alto sax ), Eddie Moredue ( baritone sax ), Derek Collins ( tenor sax ), Kenny Wheeler ( trumpet ), Mark Charig ( trumpet ), Nick Evans ( trombone )
  • グラハム・ベルのソロ・アルバム。
    コリンズは、マーク・チャリグやニック・エヴァンスも参加するホーン・セクションのアレンジまでを担当している。
    (追加:2010年9月10日)

 

1973

Accidentally Born In New Orleans : Alexis Korner & Peter Thorup  Snape

アクシデンタリー・ボーン・イン・ニューオーリンズ(紙ジャケット仕様)

  1. Gospel Ship
  2. One Scotch, One Bourbon, One Beer
  3. Sweet Sympathy
  4. Rock Me
  1. Don't Change On Me
  2. You Got The Power ( To Turn Me On )
  3. Lo And Behold
  4. Country Shoes


  • Alexis Korner - vocals, guitar
    Peter Thorup - vocals, guitar and slide
    Ian Wallace - drums
    Boz - bass guitar and vocals
    Mel Collins - alto, baritone, soprano and tenor saxophones, flute and piano

    Special thanks to our guest artists:
    Stevie Marriott for organ on " Country Shoes ", Zoot Money for piano on " Gospel Ship ", Tim Hinkley for piano on " Lo and Behold ",
    Backing vocals by Sappho Korner, Stevie Marriott, Tim Hinkley, Mike Patto and Ollie Halsall,
    all other voice by Snape.
  • ボズ、ウォーレス、コリンズの3人が、クリムゾン脱退後にそのままアレクシス・コーナーと共に活動したことによって生まれた作品。
    (追加:2006年10月10日)

 

Live On Tour In Germany : Alexis Korner & Peter Thorup  with Snape

ライヴ・オン・ツアー・イン・ジャーマニー(紙ジャケット仕様)

  1. Going Down
  2. Early In The Morning
  3. You Got The Power
  4. Snape
  1. Rock Me Baby
  2. These Kind Of Blues
  3. The Night Time Is The Right Time
  4. Bottom Of The Sea
  5. Oo-Wee Baby
  • Alexis Korner - Vocals, Guitar
    Peter Thorup - Vocals, Guitar
    Boz - Voclas, Bass Guitar
    Ian Wallace - Drums
    Mel Collins - Saxophones
    Tim Hinkley - Piano
    Gasper Lawal - African Drums, Percussion
  • アレクシス・コーナー のライヴ・アルバム。
    フリップへのあてつけもあって、アレクシス・コーナーと組んだところもあるのだろうが、ここまでどっぷりのブルースが、少なくともコリンズがやりたかったこととは思えない。
    (追加:2007年4月30日)

 

Busy Corner : Chili Charles

  1. Busy Corner
      Joe Sammer - electric guitar
      Chili Charles - drums, percussion, moog
      Del Richardson - electric guitar
      Boz - bass
      Robert Bailey - electric piano
  2. High School
      Chili Charles - drums, percussion
      Mel Collins - horns
      Robert Bailey - electric piano
      Del Richardson - electric guitar
      Gordon Smith - slide guitar
      Boz - bass
      Joe Sammer - electric guitar
  3. Sunrise!
      Chili Charles - drums, percussion, moog
      Fuzzy Samuels - bass
      Robert Bailey - electric piano
  4. The World Just Keep Us Turning On
      Chili Charles - drums, percussion
      Del Richardson - electric guitar, vocals
      Mel Collins - horns
      Robert Bailey - electric piano
      Boz - bass
      Pat Arnold - vocals
      Kenny Cole - vocals
  1. Country Slicker
      Chili Charles - drums
      Gordon Smith - slide guitar
      Joe Sammer - electric guitar
      Robert Bailey - piano
      Boz - bass
      Mel Collins - saxophones
  2. Speedy Jones
      Chili Charles - drums, percussion
      Boz - bass
      Robert Bailey - electric piano
      Joe Sammer - electric guitar
  3. Five
      Chili Charles - drums, percussion
      Robert Bailey - piano
      Mel Collins - saxophones
      Phil Becque - bass
  4. City Slicker
      Chili Charles - drums, moog
      Mel Collins - horns
      Joe Sammer - electric guitar
      Boz - bass
      Robert Bailey - piano
  • ドラム奏者チリ・チャールスのソロ・アルバム。
    コリンズの演奏は、ほぼ全編にわたってフィーチャーされており、特に ” Country Slicker ” でのサックスの演奏は素晴らしい。
    (追加:2007年9月30日)

 

Still : Pete Sinfield

スティル(紙)

  1. The Song Of The Sea Goat
  2. Under The Sky
  3. Will It Be You
  4. Wholefood Boogie
  5. Still
  6. Envelopes Of Yesterday
  7. The Piper
  8. A House Of Hopes And Dreams
  9. The Night People
  • Mel Collins : Alto, tenor & baritone saxes, flute, alto flute & bass flute ( Sea Goat ) & celeste
    Associated production by Mel Collins who also arranged the brass & flutes & assisted with the mixing.
  • シンフィールド のワン&オンリーのソロ・アルバム。
    コリンズは演奏での参加だけではなく、共同プロデューサーの位置づけで大きく貢献している。
  • ( 追加:2014年9月10日)

 

1974

Thunderbox : Humble Pie

  1. Thunderbox
  2. Groovin' With Jesus
  3. I Can't Stand The Rain
  4. Anna ( Go To Him )
  5. No Way
  6. Rally With Ali
  1. Don't Worry , Be Happy
  2. Ninety - Nine Pounds
  3. Every Single Day
  4. No Money Down
  5. Drift Away
  6. Oh La-De-Da
  • Brass by : Mel "Al Horns" Collins
  • ハンブル・パイの 作品。
    名作 『 Eat It 』 に比べると分が悪い作品で、鍵穴から覗くことができるジャケットのエロの方が、内容以上に話題になった作品。 確かに覗いた結果が便座に座る姿というのは、かなりなものだと思うが。
    スティーヴ・マリオットとコリンズという組み合わせは、アルヴィン・リーとの組み合わせと同じように相性が良い。 この相性の良さは、音楽的繋がりも勿論のこと、性格的相性も大きく寄与しているように思える
    (追加:2012年4月10日)

 

Bad Company : Bad Company

Bad Company

  1. Can't Get Enough
  2. Rock Steady
  3. Ready For Love
  4. Don't Let Me Down
  1. Bad Company
  2. The Way I Choose
  3. Movin' On
  4. Seagull
  • Paul Rodgers - Vocals
    Mick Ralphs - Guitar
    Boz Burrell - Bass
    Simon Kirke - Drums

    Mel Collins - Saxphones
  • バッド・カンパニーのファーストにメル・コリンズはサックスでセッション参加している。
    (追加:2002年7月25日)

 

Let The Days Go By : Bryn Haworth

レット・ザ・デイズ・ゴー・バイ

  1. Grappenhall' Rag
  2. All I Want
  3. I Wont Lie ( This Time )
  4. EE I Love You
  5. Miss Swiss
  6. Let The Day Go By
  7. Get Yourself A Man
  8. Time Has Come
  9. Whims And Ways
  10. All I Need Is A Home
  11. Anywhere You Want To Be
  • Bruce Rowland - Drums, Percussion, Rola-bola & marimbas
    Graham Maitland - Fender piano, Wurlitzer piano, accordion
    Gordon Haskell - Bass
    Bryn Haworth - Gibson mandolin, Gibson mandcello, Harmonica, 12 Strings & Electric guitars, Mandocello, Harpolek, Tambourine, Leslie slide guitar and acoustic slide guitar, Mandolins
    Terry Stannard - Drums
    Pete Wingfield - Piano, Wurlitzer piano, Grand piano
    Mel Collins - Alt Sax, All horns,
    Bruce - Drums
    Gordy - The bass
    Bugs Pemberton
    Freebo - and his fretless bass
    Kevin Kelly - Fender bass
    John Porter - Bass
    Terry Stannard - Drums
    Rick Wolff - Chinese flutes
  • ハスケルの参加で知られるブリン・ハワースのファースト・ソロ・アルバムで、コリンズは2曲演奏している。
    (追加:2006年1月25日)

 

Brighter Day : Keith Christmas

Brighter Day

  1. Brighter Day
      
    Drums, Tambourine    Ian Wallace
       Tenor, Alto & baritone (solo), Horn arrange    Mel Collins
       Producer    Pete Sinfield
  2. Foothills
       Drums    Ian Wallace
       Electric Piano    Ian MacDonald
       Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  3. Country Farm
       Drums    Ian Wallace
       Producer    Pete Sinfield
  4. The Bargees
        Producer    Greg Lake
  1. Lover's Cabaret
      Drums    Ian Wallace
      Flute    Mel Collins
      Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  2. Robin Head
       Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  3. Gettin Religion
       Producers    Pete Sinfield
  4. Could Do Better
       Drums    Ian Wallace
       Electric Piano    Ian MacDonald
       Producers    Pete Sinfield
  5. Song Of A Drifter
       Drums    Ian Wallace
       Producer    Pete Sinfield
  • マンティコアからリリースされた、キース・クリスマスのソロ・アルバム。
    コリンズは、” Brighter Day ” でド派手な演奏(アレンジも)を行う一方、” Lover's Cabaret ” でメランコリックなフルートを披露。
    (追加:2007年3月31日)

 

In Flight : Alvin Lee & Co.

 

  1. Got To Keep Moving
  2. Going Through The Door
  3. Don't Be Cruel
  4. Money Honey
  5. I'm Writing You A Letter
  6. You Need Love Love Love
  7. Freedom For The Stalion
  8. Every Blues You've Ever Heard
  9. All Life's Trials
  1. Intro
  2. Let's Get Back
  3. Ride My Train
  4. There's A Feeling
  5. Running Round
  6. Mystery Train
  7. Slow Down
  8. Keep A Knocking
  9. How Many Times
  10. I've Got Eyes For You Baby
  11. I'm Writing You A Letter
  • Alvin Lee - Vocals and Guitar
    Mel Collins - Sax and Flute
    Ian Wallace - Drums
    Time Hinkley - Keyboards
    Alan Spenner - Bass
    Neil Hubbard - Guitar
    Dyan Birch, Frank Collins, Paddie McHugh - Backing Vocals

  • Recorded live at the Rainbow Theatre, London, with The Monor Mobile

  • アルヴィン・リーのライヴ・アルバム。
    問答無用のロックン・ロールの連続に、コリンズも見事に貢献している。
    (追加:2007年3月31日)

 

1975

Pump Iron! : Alvin Lee

Pump Iron!

  1. One More Chance
  2. Try To Be Righteous
  3. You Told Me
  4. Have Mercy
  5. Julian Rice
  6. Time And Space
  7. Burnt Fungus
  8. The Darkest Night
  9. It's All Right Now
  10. Truckin' Down The Other Way
  11. Let The Sea Burn Down
    Bonus tracks
  12. Madness
  13. Midnight Special
  • Alvin Lee : Guitar and Vocals
    Time Hinkley : Keyboards    Bryson Graham : Drums    Ian Wallace : Drums    Boz Burrell : Bass    Mel Collins : Soprano Sax    Jack Lancaster : Horn Section    Harold Burgon : ARP    Ronnie Leahy : Organ    Steve Thompson : Bass    Brother James : Congas    Ron Berg : Drums     Andy Pyle : Bass    Colin Gibson : Bass
  • テン・イヤーズ・アフター解散後のアルヴィン・リーソロ・アルバム。
    3人組が参加しているが、クレジットが明確にされていないのが残念。
    (追加:2007年3月31日)

 

Inspiration : Amazing Blondel

  1. All The Time For You - Inspiration
  2. Thinking Of You
  3. You Didn't Have To Lie About It
  4. I've Got News For You
  5. The Lovers
  6. Good Time Gertie
  7. On A Night Like This
  8. Love Song
  9. Standing By My Window
  10. Be So Happy
  11. They're Born, They Grow And They Die
  • Eddie Baird
    Terry Wincott

    Drums : William Murray
    Bass : Mick Feat
    Piano : Dave Skinner
    Horns : Mel Collins
  • 固定メンバー2名にゲストという形態の後期アメイジング・ブロンデルの作品に、コリンズがゲストで参加している。
    宮廷音楽、というもの自体がよくわかっていないので、アメイジング・ブロンデルの作品の評価軸の一つとなっている宮廷音楽度での判断が全くできない。 なので本作品に対する印象も、コンパクトな楽曲が収録された作品、という以上の思い入れを持つことができない。 こういう作品を聴いていると、自分がプログレ3級程度なのだということを、改めて認識する。
    ” Be So Happy ” でのソロがコリンズによるものと思われるが、クレジットが明確でないため詳細は不明。
    (追加:2014年9月10日)

 

Sunny Side Of The Street : Bryn Hawarth

  1. Good Job
  2. Pick Me Up
  3. Darlin' Copy
  4. Danc e
  5. Peace Of Mind
  1. Give All You Got To Give  [ Mel Collins : Horns ]
  2. Heaven Knows
  3. Sunny Side Of The Street
  4. Used
  5. Thank The Lord
  • ブリン・ハワースの作品に、コリンズは1曲参加している。
    しっかりと作り込まれた作品である。 曲の良さがそのまま出ているシンプルな編成の楽曲もあれば、コリンズが参加している ” Give All You Got To Give ” のようにゴージャスなアレンジが施された楽曲もあるが、作品全体の統一感をハワースのヴォーカルとギターが保っている。
    コリンスの演奏は、派手なソロをとるものではなく、バッキングに徹している。 目立つことはないが、ゴージャスなアレンジのベースを構成している。
    (追加:2014年9月10日)

 

Fish Out Of Water : Chris Squire

Fish out of Water

  1. Hold Out Your Hand
  2. You By My Side
  3. Silently Falling
  4. Lucky Seven
  5. Safe ( Canon Song )
  • The drums and percussion were played by Bill Bruford
    The saxophones Mel Collins
    The flute Jimmy Hastings
    The organ & bass synthesizer Patrick Moraz
    The pipe organ Barry Rose
    The acoustic & electric pianos Andrew Pryce Jackson
    The basses & twelve string electric guitars were played by myself    I also sang all the vocals with some help from Nikkion," Hold out your hand"

    For suggestions on "Safe" Pete Sinfield
  • イエスのクリス・スクワイアのソロ・アルバム。
    (追加:2006年1月25日)

 

Abracadabra : Claire Hamill

  1. Rory
  2. Forbidden Fruit
  3. One Sunday Morning
  4. I Love You So
  5. For Sailors
  6. Jamaica
  7. Under A Piece Of Glass
  8. You Dear
  9. Maybe It Is
  10. In So Deep
  11. Celluloid Heroes
  • Mel Collins : soprano Saxes on ' Forbidden Fruit '
    Brass arrangements : Mel Collins
  • 女性SSWクリア・ハミル の作品。
    コリンズが参加しているのは、派手さこそないもののブルージーな佳曲 ” Forbidden Fruit ” 1曲のみ。 ヴォーカルとの絡み、間奏とほぼ全編鳴りっぱなしで、アレンジャーとしてもクレジットされ、やりたい放題の状態。 やりたい放題やりながらも結果を出しているだけに、他の曲で活躍する機会を与えてもらいたかった。
    (追加:2012年4月10日)

 

Kokomo : Kokomo

ファンキー・マシーン★ココモ1号

  1. Kitty Sittin' Pretty
  2. Anytime
  3. I'm Sorry Babe
  4. Forever
  5. It Ain' t Cool ( To Be Cool No More )
  6. Feeling This Way
  7. Sweet Sugar Thing
  8. I Can Understand It
  9. Angel
  • Tony O'Malley    Vocals and Keyboards
    Frank Collins    Vocals
    Dyan Birch    Vocals
    Paddie McHugh    Vocals
    Jim Mullen    Guitar
    Neil Hubbard    Guitar
    Alan Spenner    Vocals and Bass guitar
    Terry Stannard    Drums
    Jody Linscott    Congas
    Mel Collins    Saxes and flute

  • 21st Century Schizoid Band で来日したメル・コリンズが参加していた、ココモのファースト・アルバム。
    中途半端な女性コーラス、カッティングに徹しきれないギター、もったりとしたドラム等、典型的なホワイト・ファンク・バンドの音で、チャーリーズ・エンジェル(TV版)におけるプールサイドでのパーティーの場面ででも流れていそうな曲ばかり収録されている。 『 ファンキー・マシン☆ココモ1号 』 という恥ずかしさ100%の邦題がイメージするほどのあざとさやイヤらしさがあれば、もっと魅力的だったと思う。 70年代ディスコ風の音がリバイバルしても、決して浮かばれることはないはず。
    コリンズのサックスとフルートは見事なまでに埋没している。 際だったプレイをしていないというより、ノリの悪いバンドの音に合わせたような演奏で、後のセッション活動を彷彿させる。
    (追加:2002年11月25日)

 

Wham Bam : Steve Marriott's All Stars

Wam Bam

  1. Wham Bam Thankyou Mam
  2. Midnight Rollin
  3. Nobody But You
  4. Barking Spiders
  5. Soldier
  6. Factory Girl
  7. They Call Love ( but it smells like pussy )
  8. Things You Do To Me
  9. The Time They Are A Changin'
  10. Round
  11. Scoffin Crisps
  12. Soldier
  13. Ruthy
  14. That'll do
  15. Run Rudolph Run
  16. Hey Mama
  17. Pissed As Rats
  18. Gimme Some Lovin'
  19. Midnight Rollin
Bonus cd - BE MY GUEST - Steve Marriott guest appearances;
  1. Get Off My Cloud
  2. Twist And Shout
  3. Mind Your Own Business
  4. Green Circles
  5. I Just Wanna Make Love To You
  6. Get Off My Cloud
  7. Good Times
  8. Bonus Interview with Cort Fernald 1986
  • Steve Marriott's All Stars :
    Steve Marriott ( lead vocals / lead guitar / keyboards )
    Greg Lidley ( bass guitar / vocals )
    Micky Finn ( guitar / vocals )
    Ian Wallace ( drums )
    with special guests Joe and Vicky Brown , The Blackberries, Mel Collins, Lavinia Rodgers, Clem Clempson and Tim Hinckley
  • 「 In Memory Of Ian Wallace ( Died Feb. 2007 ) Drummer Extraordinaire! ) 」とクレジットされた、スティーヴ・マリオットの発掘音源集。
    コリンズは残念ながらゲスト扱い。
    (追加:2007年7月30日)

 

Return To Fantasy : Uriah Heep

Return to Fantasy

  1. Return To Fantasy
  2. Shady Lady
  3. Devil's Daughter
  4. Beautiful Dream
  5. Prima Donna
  6. Your Turn To Remember
  7. Show Down
  8. Why Did You Go
  9. A Year Or A Day
    Bonus Track
  10. Shout It Out ( B-side to single Prima Donna )
  11. The Time Will Come ( B-side to single Return To Fantasy )
  12. Beautiful Dream ( Previously unreleased version )
  13. Return To Fantasy ( Edited Version )
  • David Byron    Lead Vocals
    Mick Box    Guitar
    Ken Hensley    Keyboards, Guitar, Synthesizer, Vocals
    Lee Kerslake    Drums, Percussion, Vocals
    John Wetton    Bass, Mellotron, Vocals

    Thanks to Mel Collins and B.J. Cole
  • ウェットン が参加したユーライア・ヒープの作品。
    ハード・ロック、プログレと売る側が分かりやすくカテゴライズしても、ヒープがライヴでロックン・ロール・メドレーをかましてしまうことは有名である。 そんなロックン・ロールなノリの ” Prima Donna ” でコリンズはイントロからサックスを炸裂させている。 正にベストな人選で、名盤に見事に花を添えている。

Top Page