King Crimson Data Base
    Greg Lake Solo and so on-

1973

Still : Pete Sinfield

スティル(紙)

  1. The Song Of The Sea Goat
  2. Under The Sky
  3. Will It Be You
  4. Wholefood Boogie
  5. Still
  1. Envelopes Of Yesterday
  2. The Piper
  3. A House Of Hopes And Dreams
  4. The Night People
  • Greg Lake    Electric guitar ( Hopes & Dreams ), backing vocal (Wholefood ), Joint lead vocal on " Still ", Snuffy Electric guitar ( solo on Envelopes & Wholefood )
  • ピード・シンフィールドがクリムゾン脱退後に発表したソロ・アルバム。
    コンセプトメーカーであるシンフィールド自身が主人公になってしまったことが、本作品を微妙なものにしてしまっている。 平たく言うとシンフィールドのヴォーカルは、完成度が低い。
    それを補うメンバーの一人としてグレッグ・レイクは参加しているのだが、その活躍度は地味なギター・ソロではなく、やはりヴォーカルに顕著に現れている。
    『 Brain Salad Surgery 』 以降、シンフィールドがコンセプトや詩でELPへの関与する機会が増えるのだが、それはエマーソンの演奏に対抗するためにレイクが画策したことではないか睨んでいる。 だとすると本作へのレイクの参加というのは、そこまでを見越したしたたかな作戦だったのかもしれない。
    (2017年1月25日)

 

Stray Dog : Stray Dog

Stray Dog

  1. Tramp ( How it is )
  2. Crazy
  3. A Letter
  4. Chevrolet
  1. Speak of the Devil
  2. Slave
  3. Rocky Mountain Suite ( Bad Road )
  • Produced by  Greg Lake
  • グレッグ・レイクがプロデュースをし、マンティコアからリリースされた、ストレイ・ドッグの同名アルバム。
    自分たちの目指す音楽が何かを模索しながらハード・ロックを演奏してみました、といった感じで、激しく盛り上がりかけたと思うと、梯子を外されたりする。 この辺りの中途半端さが原因でメジャーになれなかったと思うのだが、中途半端さに味があり魅力あるB級作品に仕上がっている。
    レイクがプロデュースしているのは3曲。 プロデューサーとしてレイクが優れているわけではなく、他の曲との違いを見い出すのは困難。 なまじカッチリとプロデュースされて無難にまとまるよりも、良かったと思う。
    (追加:2007年7月30日)

 

1974

Brighter Day : Keith Christmas

Brighter Day

  1. Brighter Day
      
    Drums, Tambourine    Ian Wallace
       Tenor, Alto & baritone (solo), Horn arrange    Mel Collins
       Producer    Pete Sinfield
  2. Foothills
       Drums    Ian Wallace
       Electric Piano    Ian MacDonlad
       Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  3. Country Farm
       Drums   Ian Wallace
       Producer    Pete Sinfield
  4. The Bargees
        Producer    Greg Lake
  1. Lover's Cabaret
      Drums    Ian Wallace
      Flute    Mel Collins
      Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  2. Robin Head
       Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  3. Gettin Religion
       Producer    Pete Sinfield
  4. Could Do Better
       Drums   Ian Wallace
       Electric Piano    Ian MacDonlad
       Producer    Pete Sinfield
  5. Song Of A Drifter
       Drums    Ian Wallace
       Producer    Pete Sinfield
  • マンティコアからリリースされた、キース・クリスマスのソロ・アルバム。
    単独でのプロデュース曲もあるが、主としてシンフィールドのプロデュースの補佐が多い。
    (追加:2007年3月31日)

 

1981

Greg Lake : Greg Lake

Greg Lake

  1. Nuclear Attack
  2. Love You Too Much
  3. It Hurts
  4. Black And Blue
  5. Retribution Drive
  6. Long Goodbye
  7. The Lie
  8. Someone
  9. Let Me Love You Once Before You Go
  10. For Those Who Dare
  • Together with
        Gary Moore / Guitars
        Tommy Eyre / Keyboards
        Tristram Margetts / Bass
        Ted McKenna / Drums
    Other musicians include
        Steve Lukather, Dean Parks and Snuffy Walden - guitars
        Bill Cuomo and Greg Matheson - keyboards
        David Hungate - bass
        Michael Giles, Jode Leigh and Jeff Porcaro - drums
        Clarence Clemmons - saxophone
        Willie Cochrane and David Milner - pipes

  • ELPがうやむやのまま自然消滅した後、1981年8月のレディング・フェスティヴァルにおいてグレッグ・レイク・バンドとして突如復活したグレッグ・レイクのソロ・アルバム。
    明確なクレジットこそされていないが、甘ったるいだけのバラードや大袈裟な産業ロック風の曲はTOTOのメンバーを含めたアメリカ録音、ゲイリー・ムーアがチュルチュルチュルと腰のない音で早弾きする曲がイギリス録音と推測される。 マネージャーにセッティングされたレコーディングを、マネージャーがセッティングしたメンバーと演奏しただけの作品であることは明らかで、個々の曲のメロディに惹かれるところはあるものの、総じてたいした作品ではない。
    レディング以降も精力的にライヴをこなしていただけに、グレッグ・レイク・バンドとして確固たる作品を残しておいて欲しかったと思う。 
    (追加:2002年10月25日)

 

In Concert : Greg Lake

King Biscuit Flower Hour: Greg Lake In Concert

  • リリースは1995年
  1. Medley:
    A. Fanfare For The Common Man
    B. Karn Evil 9 [ co-writes ]
  2. Nuclear Attack
  3. The Lie [ co-writes ]
  4. Retribution Drive [ co-writes ]
  5. Lucky Man [ writes ]
  6. Parisienne Walkways
  7. You Really Got A Hold On Me
  8. Love You Too Much [ co-writes ]
  9. 21st Century Schizoid Man [ co-writes ]
  10. In The Court Of The Crimson King
  • November 5, 1981 At The Hammersmith Odeon, London / England
  • Greg Lake Band
    Greg Lake: Vocals, Guitars
    Gary Moore: Lead Guitar, Vocals
    Tommy Eyre: Keyboards, Vocals
    Ted Mckenna: Drums
    Tristram Margetts: Bass
  • ギターにゲイリー・ムーアをフィーチャーしたグレッグ・レイクのライヴ・アルバム。 8月のレディング・フェイスティヴァルでのお披露目、ファースト・ソロである 『 Greg Lake 』 のリリースに継いで行われたハマースミス・オデオンでのライヴで、キング・ビスケット用に収録されたもの。
    クリムゾンのフアンの立場からすると、やはり気になるのは2曲のクリムゾン・ナンバー。 ロッキン・オン誌84号に掲載されているクリムゾン初来日時のフリップのインタビューによると、ゲイリー・ムーアはフリップのコピーに苦労したそうだが、ゲイリー・ムーアに限らずバンドとしての演奏はぎこちなく、たいしたものではない。
    ただクリムゾン・ナンバーとゲイリー・ムーアの持ちネタである ” Parisienne Walkways ” での下品なタメを除けば、” Fanfare For The Common Man  ” でのギターの絡みや、” Nuclear Attack ” のギター・ソロは個人的には嫌いではない。 本サイトで最初に紹介するレイクのアルバムが本作、ELPフアンにはさぞ恨まれることだろう。
    (追加:2002年3月25日)

 

1983

Manoeuvers : Greg Lake

グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーアII~マヌーヴァーズ(紙ジャケット仕様)

  • 1983年 Album
  1. Manoeuvers
  2. Too Young To Love
  3. Paralysed
  4. A Woman Like You
  5. I Don't Wanna Lose Your Love Tonight
  1. It's You, You've Gotta Believe
  2. Famous Last Words
  3. Slave To Love
  4. Haunted
  5. I Don't Know Why I Still Love You
  • グレッグ・レイクの2枚目のソロ・アルバム。 クレジットが明確にされていないが、前作 『 Greg Lake 』 と同時期にレコーディングされたものと思われる。
    前作同様、ゲイリー・ムーアとの楽曲が半分、スタジオ・ミュージシャンと制作したバラードが半分という構成。 やはり本気で、レイクをバラード・シンガーとして売り出そうとしていた可能性が強い。
    売り出す側としてみれば、クリストファー・クロスの例もあるので多少のルックスの問題は目をつぶったのかもしれないが、やはりレイク自身がそれを良しとしなかったのではないかと思う。 ライヴでムーアと組んだのも、その表れだと思いたい。
    それだけに、エイジアへの中途半端な参加などしてないで、しっかりとしたソロ活動をしてほしかった。
    (追加:2008年3月25日)

 

Enso Kai : ASIA

Live at Budokan

  • リリースは2001年
  1. The Heat Goes On
  2. Here Comes The Feeling
  3. Eye To Eye
  4. Steve Howe Acoustic Solo
  5. Only Time Will Tell
  6. Open Your Eyes
  7. Geoff Downs Keyboard Solo
  8. The Smile Has Left Your Eyes
  9. Wildest Dreams
  10. Heat Of The Moment
  11. Sole Survivor
  • Live at the Budokan, Tokyo 1983
  • ASIA in ASIA です。
    MTVでの放送がセッティングされた中、ウェットン脱退&グレッグ・レイク加入というウルトラCで敢行された悪名高きライヴ。 映像、音源ともブートで散々リリースされたあげく、完全に期を逸した2001年に公式CD化されている。 とは言っても、ここまでくると何をもって公式というのかも曖昧なもので、ユルユルになった版権の間隙を縫ってリリースされた作品といったところ。
    レイクの演奏は、一切のおかずなしにルートを中心としたスコア通りのもので面白さの欠片もない。 また、ヴォーカルも時折フェイクを交えた適当なもので、完全にお仕事モード。
    当時、プログレ界にありがちなメンバー交代と思われていたウェットンの脱退も、後のインタビューでウェットンとハウとの確執によるものだと判明するわけだが、そんな複雑な状況下にお仕事モードで参加してしまうレイクの度量は、たいしたものだと思う。
    (追加:2004年1月10日)

 

1989

Ride The Tiger : Greg Lake & Geoff Downes

  • リリースは2015年
  1. Money Talks
  2. Love Under Fire
  3. Affairs of the Heart
  4. Street War
  5. Check It Out
  6. Blue Light
  7. Love Under Fire ( alt.mix )
  • Greg Lake    Vocals, guitars, basses
    Geoff Downes    Keyboards, programming
    Michael Giles    Drums, percussions

  • グレッグ・レイクとジェフ・ダウンズによる頓挫したプロジェクト、ライド・ザ・タイガーのマテリアル集。
    1989年から90年にかけてのレコーディングがレイクにとってどういう時期かと言うと、EL & Powell から EL & Palmer 再結成の間で、平たく言うとうだつが上がらなかった期間である。 それ故、ASIA in ASIA で知り合った2人が音楽と人間関係を熟成した上でのプロジェクトではなく、お互いの活動状況を踏まえた上での利害関係によって成り立った作品である。 後の ASIA や  EL & Palmer で使いまわされた楽曲が含まれているという点を差し引いても、新鮮味は無い。
    とは言え、離散集合を繰り返すプログレ人脈を理解するために、歴史を学ぶように聴くべき作品である。
    (追加:2016年1月25日)

 

1998

From The Underground... The Official Bootleg : Greg Lake

フロム・ジ・アンダーグラウンド Vol.1(紙ジャケット仕様)

  • 1998年 Album
  1. Touch And Go - Emerson, Lake & Palmer
        Recorded live at The Wiltern Theater, Los Angeles March 16, 1992.
        Direct board live recording..
        Keith Emerson : Keyboards    Greg Lake : Lead vocals, bass, guitars   
        Carl Palmer : Drums & percussion
  2. A Man, A City - King Crimson
        Recorded live at The Fillmore Wset., San Francisco December 1969.
        Direct board live recording.
        Greg Lake : Lead vocals, bass    Robert Fripp : Guitar    
        Ian McDonald : Keyboards, sax, vocals    Mike Giles : Drums, percussion
        Peter Sinfield : Lyrics
  3. Don't Go Away Little Girl - The Shame
        Recorded in London, 1966. Released 1967. Transfer of 45 rpm record from studio recording.
        Greg Lake : Lead vocals, guitar    John Dickinson : Keyboards, vocals
        Malcolm Brasher : Bass, vocals    Billy Nims : Drums
  4. Medley : Still You Turn Me On / Watching Over You - Greg Lake
        Recorded live at The Lakeland Pavillion, Lakeland, Florida. October 4, 1986.
        Direct board live recording.
        Greg Lake(Solo) : Lead vocals, acoustic guitar, electric guitar
  5. Daddy - Greg Lake & Band
        Recorded live at The Concert For Sara. WTEN-TV.  Albany NY December 17, 1994.
        Direct board live recording.
        Greg Lake: Lead vocals, electric guitar    Rob LaVaque : Keyboards, vocals   
        Keith Weschler :Drums, programming
        Robbie Robinson : Bass and bass synth    Alan Payette : Electric guitar
  6. Retribution Drive - Greg Lake & Band
        Recorded live at The Palladium, New York City. Cecember 5, 1981.
        Bootleg audience recording.
        Greg Lake : Lead vocals, electric guitar    Gary Moore : Lead guitar, vocals   
        Tommy Eyre : Keyboards, vocals
        Tristram Margetts : Bass    Ted McKenna : Drums and percussion
  7. Heat Of The Moment - Asia w/ Greg Lake
        Recorded live at The Budokan, Tokyo, Japan. December 1983. 
        Direct transfer from broadcast recording
        Geoff Downes : Keyboards, vocals    Greg Lake : Lead vocals, bass   
        Carl Palmer : Drums & percussion    Steve Howe : Guitar, vocals
  8. The Score - Emerson, Lake & Powell
        Recorded live at The Lakeland Pavillion, Lakeland, Florida. October 4, 1986.
        Direct board live recording.
        Keith Emerson : Keyboards    Greg Lake : Lead vocals, bass, guitars
        Cozy Powell : Drums & percussion
  9. Love - Shy Limbs
        Recorded in London, 1968. Transfer of 45 rpm record from studio recording.
        Greg Lake : Lead vocals, guitar    John Dickinson : Keyboards, vocals
        Malcolm Brasher : Bass, vocals    Andy McCullough : Drums
  10. Affairs Of The Heart - Emerson, Lake & Palmer
        Recorded live at The Jones Beach, Wartaugh, New York July 25, 1992.
        Bootleg audience recording.
        Keith Emerson : Keyboards    Greg Lake : Lead vocals, bass, guitars
        Carl Palmer : Drums & percussion
  11. Learning To Fly - Emerson, Lake & Powell
        Recorded live at The Lakeland Pavillion, Lakeland, Florida. October 4, 1986.
        Direct board live recording.
        Keith Emerson : Keyboards    Greg Lake : Lead vocals, bass, guitars
        Cozy Powell : Drums & percussion
  12. Lucky Man - Emerson, Lake & Palmer
        Recorded live at California Jam, Ontario, California April 6, 1974. Bootleg audience recording.
        Keith Emerson : Keyboards    Greg Lake : Lead vocals, bass, guitars
        Carl Palmer : Drums & percussion
  13. 21st Century Schizoid Man - Greg Lake & Band
        Recorded live at Palladium, New York City. December 5. 1981. Bootleg audience recording.
        Greg Lake : Lead vocals, electric guitar    Gary Moore : Lead guitar, vocals
        Tommy Eyre : Keyboards, vocals    Tristram Margetts : Bass
        Ted McKenna : Drums and percussion
  • 1997年に発売された 『 The Greg Lake Retrospective 』 を正統的な表ベスト・アルバムとするならば、その翌年に発売された本作品は裏編集盤といったところ。 前者がオフィシャルな流通ルートで販売されたのに対し、本作品はレイクのサイトでのみ販売されている。 選曲に脈絡は全くないが、個々の曲については充分に楽しむことができる。
    盤おこしではあるが、シェイムやシャイ・リムスといった初期のレコーディングではレイクの若々しいヴォーカルを確認することができる。 原盤などとても手の届かない存在なので、嬉しい限りである。
    また、EL & Powell のライヴが収録されているのも嬉しい。 EL & Palmer のライヴは玉石多くの作品がリリースされているが、この時期 EL & Powell の公式ライヴ音源をリリースしたのは、パウエルへの追悼と思える。
    その他にも、ゲイリー・ムーアの腰砕けのギターが収録されている海賊盤音源や、自虐的とも思えるエイジアの武道館音源など、ネタとして秀逸なものが多く収録されている。
    (追加:2003年8月10日)

 

2001

King Biscuit Flower Hour Presents : Ringo & His New All-Starr Band

Ringo & His New All-Starr Band

  • リリースは2001年
  1. Photograph
  2. Act Naturally
  3. Logical Song
  4. No One Is To Blame
  5. Yellow Submarine
  6. Give A Little Bit
  7. You're Sixteen
  8. The No-No Song
  9. Back Off Boogaloo
  10. Glamorous Life
  11. I Wanna Be Your Man
  12. Lucky Man [ writes ]
  13. Take The Long Way Home
  14. All The Young Dudes
  15. Don't Go Where The ROad Don't Go
  16. With A Little Help From My Friends
  • リンゴ・スターによる2001年のオール・スター・バンドのライヴ。
    ハワード・ジョーンズが ” No One Is To Blame ” を、シーラEが ” Glamorous Life ” を、そしてイアン・ハンターが ” All The Young Dudes ” を演奏するライヴであるが故に、グレッグ・レイクは当然 ” Lucky Man ” を演奏している。 
    ウェットンの代役でエイジアで演奏することができるレイクの性格が、最良なアウトプットを出した作品だと思う。 クリムゾン関係で他にできそうな人はウェットンくらいかもしれない。 間違ってもフリップにはできない。 あ、できない以前にオール・スター・バンドに適したヒット曲は無いか...
    是非を考えることが全く無意味な、只々楽しめば良いライヴがそのままパッケージされている良盤である。
    (追加:2011年1月25日)

 

2003

From The Underground Vol.II - Deeper Into The Mine     An Official Greg Lake Bootleg : Greg Lake

フロム・ジ・アンダーグラウンド Vol.2-ディーパー・イントゥ・ザ・マイン(紙ジャケット仕様)

  • 2003年 Album
  1. Black Moon - Emerson, Lake & Palmer    Recorded live at Waterloo Village, NJ on 7/31/92..
        Keith Emerson - keyboards    Greg Lake - vocals, bass    Carl Palmer - drums
  2. Check It Out - Greg Lake's Ride The Tiger    Unreleased studio recording - Summer 1988.
        Greg Lake - vocals, bass, guitars    Geoff Downes - keyboards, drum programming
  3. Love Under Fire - Greg Lake's Ride The Tiger    Unreleased studio recording - Summer 1988.
        Greg Lake - vocals, bass, guitars    Geoff Downes - keyboards, drum programming
  4. Cold Side Of A Woman - Greg Lake     Unreleased studio recording from 1981
        Greg Lake - vocals, acoustic guitars, wah wah guitar     Steve Lukather - lead guitar
        David Paich - keyboards    Jeff Porcaro - drums    Steve Porcaro - keyboards
        David Hungate - bass
  5. Step A Side - Emerson, Lake & Powell    Recorded live at Sprocket Studio, London Summer, 1986.
        Keith Emerson - Keyboards    Greg Lake - vocals, bass, guitars    Cozy Powell - drums
  6. Preacher Blues - Emerson, Lake & Palmer    Recorded live at Dusseldorf, Germany, Summer 1971.
        Keith Emerson - keyboards    Greg Lake - vocals, bass    Carl Palmer - drums
  7. Hold Me - Greg Lake     Unreleased studio recording from 1982.
        Greg Lake : vocals, acoustic and electric guitars    Tristam Margetts - bass
        Ted McKenna - drums    Tommy Eyre - keyboards
  8. Heart On Ice - The Greg Lake Band (1994 line up)    Unreleased live recording from The Concert for Sara.
        Originally broadcast : WTEN-TV,  Albany NY 12/17/94.
        Greg Lake - vocals, acoustic guitars    Keith Weschler - drums
        Rob Lavaque - keyboards, backing vocals        Robbie Robinson : bass, bass synth
        Alan Payette - guitar
  9. Blue Light - Greg Lake's Ride The Tiger    Unreleased studio recording - Summer 1988.
        Greg Lake - vocals, bass, guitars    Geoff Downes - keyboards, drum programming
  10. You're Good With Your Love - Greg Lake    Unreleased studio recording from 1981
        Greg Lake - vocals, guitar    Steve Lukather - lead guitar    David Paich - keyboards
        Jeff Porcaro - drums    Steve Porcaro - keyboards     David Hungate - bass    Tom Scott - sax
  11. You've Really Got A Hold On Me - Greg Lake    Unreleased studio recording from 1981
        Greg Lake - vocals, guitar    Steve Lukather - lead guitar    David Paich - keyboards
        Jeff Porcaro - drums    Steve Porcaro - keyboards     David Hungate - bass
  12. Epitaph - King Crimson     Recorded live at The Concert for Brian Jones Hyde Park, London, England - 7/5/69.
        Greg Lake - bass, vocals    Robert Fripp - guitar     Ian McDonald - keyboards, reeds
        Mike Giles - drums
  13. Fanfare For The Common Man - The Greg Lake Band (1981 line-up)
        Recorded live at The Palladium NYC - 12/5/81.
        Greg Lake - bass, guitar, vocals    Gary Moore - guitar    Tristam Margetts - bass
        Ted McKenna - drums    Tommy Eyre - keyboards
  • The Who のグレッグ・レイクの発掘音源集第2弾。 彼が以前に所属していたELPというバンドのライヴに混じって、未発表のスタジオ・アウトテイクが収録されている。
    などという冗談はさておき、本作品のウリは失敗に終わったジェフ・ダウンズとのライド・ザ・タイガーから3曲、『 Greg Lake 』 レコーディング時を中心に行われたTOTOのメンバーとのセッションから3曲収録されていることである。  ジェフ・ダウンズによるなさけないシンセの音が耳障りな前者はともかく、後者のレヴェルは高い。 後者の楽曲を聴いていると、マネジメント・サイドは結構本気でレイクをバラード・シンガーとして売り出そうとしていたのではないかと思えてくる。 そう思わせるだけのクオリティは充分にあり、ひょっとしたら売れちゃったりしたかも、などと思えてくる。
    『 Greg Lake 』 にゲイリー・ムーア入りの対極の作品が収録されていたのは、バラード・シンガーに成り下がることを嫌ったレイクのこだわりなのかもしれない。 そんなことを考えていると、散漫な印象があった 『 Greg Lake 』 が、レイクの葛藤が反映された味わい深い作品と思えてくる。
    尚、” Love Under Fire ” は、『 The Greg Lake Retrospective From The Beginning 』 収録テイクとは異なり、マイケル・ジャイルズは演奏に参加していない。
    (追加:2004年2月25日)

 

2004

Then And Now : The Who

Then and Now: 1964-2004 (Digipack)

  • 2004年 Album
  1. I Can’t Explain
  2. My Generation
  3. The Kids Are Alright
  4. Substitute
  5. I’m A Boy
  6. Happy Jack
  7. I Can See For Miles
  8. Magic Bus
  9. Pinball Wizard
  10. See Me, Feel Me
  11. Summertime Blues (en directo)
  12. Behind Blue Eyes
  13. Won’t Get Fooled Again
  14. 5:15
  15. Love, Reign O’er Me
  16. Squeeze Box
  17. Who You Are
  18. You Better You Bet
  19. Real Good Looking Boy [ bass ]
  20. Old Red Wine
  • The Rock Odyssey 2004 で初来日直前のフーのベスト・アルバム。 これが来日記念日本独自企画などではないところが、ライヴ・バンドとしてのフーの現役度の高さを物語っている。
    レイクがフーに参加、との情報が流れた時は混乱したし、その位置づけに我流の解釈を色々試みてみたりもした。 リズムをキープしながらもギターのようにリフを弾きまくるところにジョン・エントウィッスルとレイクに共通点があるのではないか、と強引に考えてみたりもした。 ただやはり ” My Generation ” を演奏するレイクの姿は想像できず、違和感だけが残ってしまった。 The Rock Odyssey 2004 での帯同が流れてしまったのは残念だが、ほっとしたのも事実である。
    レイクが参加している唯一の新曲が ” Real Good Looking Boy ”。 ヤマが何回もくるような豪快な曲展開がフーならではの佳曲。 逆に言えば、フーとしての完成度の高い曲の中では「レイクらしさ」を主張することはできず、セッション・プレイヤーであることは否めない。
    (追加:2004年6月11日)

 

2013

Songs Of A Lifetime : Greg Lake

Songs Of A Lifetime [from UK]
  • 2013年  Album
  1. 21st Century Schizoid Man
  2. Lend Your Love To Me Tonight
  3. Songs Of A Lifetime Tour Introduction
  4. From The Beginning
  5. Tribute To The King
  6. Heartbreak Hotel
  7. Epitaph / The Court Of The Crimson King
  8. King Crimson Cover Story
  9. I Talk To The Wind
  10. Ringo And The Beatles
  11. You've Got to Hide Your Love Away
  12. Touch And Go
  13. Trilogy
  14. Still... You Turn Me On
  15. Reflections Of Paris
  16. C'est La Vie
  17. My Very First Guitar
  18. Lucky Man
  19. People Get Ready
  20. Karn Evil 9 1st Impression Part 2
  • グレッグ・レイクのライヴ・アルバム。
    カラオケをバックに自らの音楽歴を振り返りながら展開されるライヴ、と文字にするとネガティヴになってしまうが、企画としては大成功である。
    そこそこ以上の活動歴のあるミュージシャンが、過不足が感じられない選曲&アレンジでヒストリー・ライヴをやるには、コストが高くついてしまう。 それでもスタジアムを満員にするだけの集客力があればビッグ・マネーが期待できるのだろうが、残念ながらそこまでいかないミュージシャンにとって、レイクのこの試みは画期的である。 生演奏に拘らない、という発想の転換で、納得できる内容を機動力良く展開することが可能になるからだ。 2013年にレイクのソロ来日公演が実現したのは、この試みだからこそだと思う。
    新しいフアン層を開拓することは無いだろうが、従来からのフアンに違和感が感じさせない本作品は素晴らしい。
    (追加:2014年1月10日)

 

2017

I Believe In Father Christmas : Greg Lake

  1. I Believe In Father Christmas
  1. I Believe In Father Christmas ( 2002 Version )
  • 2017年 10inch
  • Prod. by G.Lake and P.Sinfield
  • 2017年11月24日の Black Friday 2017で発売されたオリジナル作品。
    ジャケットに貼られたシールには、「 Greg Lake 1947-2016 」と記載されており、亡くなったレイクに対する追悼の意が込められている。A面には1975年のオリジナル・ヴァージョン、B面には2002年ヴァージョンが収録されている。
    45 r.p.m. の10インチ白色ディスクは、レコードとしての現物感が薄く、そこだけが残念である。
    (追加:2018年4月25日)

Top Page