King Crimson Data Base
    Gordon Haskell Discography

1969

Sail In My Boat : Gordon Haskell

Sail in My Boat

  1. Boat Trip
  2. Born To Be Together
  3. Flying Home Tomorrow
  4. Lawbreaker
  5. All Since You Went Away
  6. Oo La Di Doo Da Day
  7. Time Only Knows
  8. Better By Far
  9. Some Other Day
  10. Zanzibar
  11. Slow Boat
  • ゴードン・ハスケルのファースト・ソロ・アルバム。
    本アルバムをリリースする前に参加していたフラ・デ・リーズの発掘ライヴ音源を聴くと、もう少しロックっぽい(笑)というか、ソウルフルな音楽を演奏しているのだが、本作品はそんな名残が微塵もないポップなヴォーカル・アルバム。 そのポップさも、あざとさの欠片も感じられない直球勝負の歌謡曲といったところ。
    いくら人脈が乏しかったとはいえ、このような作品をリリースしているハスケルをクリムゾンにさそったフリップもフリップだが、それを受け入れたハスケルもいかがなものかと思う。 人間断るべきところは断るべきだとつくづく考えさせられる作品である。
    ハスケルのヴォーカルは1990年代以降の作品のように伸びや渋みはなく、稚拙さを感じる。 逆に売れ無いながらも地道なライヴ活動を続けたことによって今のスタイルを築くことができたのであろう。
    (追加:2003年12月10日)

 

1974

Let The Days Go By : Bryn Haworth

レット・ザ・デイズ・ゴー・バイ

  1. Grappenhall' Rag
  2. All I Want
  3. I Wont Lie ( This Time )
  4. EE I Love You
  5. Miss Swiss
  6. Let The Day Go By
  7. Get Yourself A Man
  8. Time Has Come
  9. Whims And Ways
  10. All I Need Is A Home
  11. Anywhere You Want To Be
  • Bruce Rowland - Drums, Percussion, Rola-bola & marimbas
    Graham Maitland - Fender piano, Wurlitzer piano, accordion
    Gordon Haskell - Bass
    Bryn Haworth - Gibson mandolin, Gibson mandcello, Harmonica, 12 Strings & Electric guitars, Mandocello, Harpolek, Tambourine, Leslie slide guitar and acoustic slide guitar, Mandolins
    Terry Stannard - Drums
    Pete Wingfield - Piano, Wurlitzer piano, Grand piano
    Mel Collins - Alt Sax, All horns,
    Bruce - Drums
    Gordy - The bass
    Bugs Pemberton
    Freebo - and his fretless bass
    Kevin Kelly - Fender bass
    John Porter - Bass
    Terry Stannard - Drums
    Rick Wolff - Chinese flutes
  • ブリン(ブライアン?)・ハワースのフラ・デ・リーズ解体後のファースト・ソロ・アルバム。
    本作品を一言で言うと、イギリス人が演奏したカントリー・ミュージックということになる。 とは言え、ブリン・ハワースの代名詞とも言えるスライド・ギターは後の 『 Grand Arrival 』 程顕著ではなく、牧歌的ではあるが多少中途半端なところもあり、ターゲットが曖昧であったと言わざるを得ないと思う。
    フラ・デ・リーズの盟友(笑)ゴードン・ハスケルが、本作品では5曲でベースをプレイしている。 当然のことながら、これぞハスケル、などどいうプレイはなく、ごくごく平凡なセッションを淡々とこなしているにすぎない。 とは言え、クリムゾン脱退直後の数少ないセッションとしてクローズ・アップされることが多かった作品であるだけに、2003年に紙ジャケで再発されたことはめでたいことである。
    (追加:2003年4月10日)

 

1977

Golden Flight : 山口百恵

GOLDEN FLIGHT

  1. Made In U.F.O.
  2. Black Cab(ロンドン・タクシー)
  3. Liverpool Express
  4. Air Mail
  5. Check Out Love
  6. 愛のTwilight Time
  7. Portbelloの銀時計
  8. 嵐が丘
  9. Seineより愛をこめて
  10. Imitation Gold
  • Gordon Haskell - Bass, Backing vocal
    Jim Russell - Drums, Percussion
    Hiroshi Kato - Guitar, Percussion, Backing vocal
    Ray Warleigh - Alto sax, Baritone sax
    Alan Fealdman - Piano, Organ, Clavinett, Arp.Synthesizer
    Gary Bell - Backing vocal
    Ken Freeman - Freeman Strings Synthesizer Mark III
    Clarie Hamill - Backing vocal
    John Shearer - Percussion
    B.J. Cole - Steel guitar
    Henry Lowther - Trumpet, Flugal horn
    Dave Hancock- Trumpet, Flugal horn
    Bob Efford - Tenor sax
    Cliff Hardie - Trombone
    Stan Sulzman - Tenor Sax
  • 山口百恵のロンドン・レコーディングのアルバム。
    ハスケルの本作品への参加は、当時JOEというバンドを一緒に組んでいた加藤ヒロシが本作品のプロデュースをしたことによるものと思われる。
    ロンドン=ロックという公式が前提にあったのか、シングルとして先行リリースされていた ” Imitation Gold ” もシンセ中心のアレンジから無骨なアレンジに変更されており、全体に地味な印象を受ける作品。
    ハスケルはプロダクション・アシスタントとしてもクレジットされているが、ベースの演奏からして地味で存在感はゼロに近い。
    中古盤で1000円程度 (しかも with obi ) で入手可能なLPのブックレットには、カリフォルニアチックな緑色のTシャツを着たひげ面のハスケルがにっこりと微笑む写真が収録されている。 CD化もされているが、上記理由で中古LPでの購入がお勧め。
    (追加:2002年7月25日)

 

1979

Serve At Room Temperature : Gordon Haskell

Serve at Room Temperature

  1. All The Usual Mistake [ writes ]
  2. Whisky [ writes ]
  3. Breathing In [ writes ]
  4. Vivaldi's Song
  5. Silhouettes [ writes ]
  6. I Need Your Love So Much [ writes ]
  7. Living In The Attic [ writes ]
  8. Castles In The Sky [ writes ]
  9. People Don't Care [ writes ]
  10. My Baby [ writes ]
  • Graham Jarvis : drums
    Simon Morton : drums, persussions [ I Need Your Love So Much ]
    Mike Moran : keyboards
    Paul Westwood : bass
    Alan Jones : bass [ Breathing In, Silhouettes, People Don't Care ]
    Mart Jenner : guitar
    Bill Kimber : back vocals

  • ライナーによれば1979年にレコーディングされた作品で、ハスケルの3作品目のソロとなる。 1997年に日本限定で発売されているがその経緯・詳細は不明。
    作品の傾向は最近のソロ・アルバムに近く、ハスケルがこの時期既にパブ・ロッカーとしてのキャリアを歩み初めていたことがわかる。 90年代以降ソロ・アルバムを順調にリリースする機会に恵まれるようになるまでの10年以上、ハスケルは地味にライヴ活動を続けていたのであろうか。 異常なまでに詳しいハスケルのヒストリーとディスコグラフィーがついたライナーは素晴らしく、それだけでも購入する価値のある作品だと思うのだが、そんなライナーにさえ80年代のハスケルの活動については記述がほとんどない。 本当に何をしていたのだろうか。
    音質は素晴らしく、それなり以上にお金をかけてレコーディングされたか、リマスター作業が丁寧に行われたかのどちらかだと思う。 ちなみにリマスターを行っているのはトニー・アーノルド。 思い出したかのようにクリムゾン関連作品にクレジットされる不思議な人である。
    (追加:2004年12月25日)

 

1990

Hambledon Hill : Gordon Haskell

ハンブルドン・ヒル

  1. Hambledon Hill
  2. Walkin In A Wilderness
  3. Almost Certainly
  4. The Right Time
  5. The Other Side
  6. Mumbo Jumbo
  7. Pelican Pie
  8. Mystical Allusion
  9. What Do Broken Hearted People Do
  10. Breathing In
  11. Soul Mates
  • Gordon Haskell - guitars, bass guitar, vocals, dobro, keyboards
    Paul Beavis - drums, percussion
    Steve Darrell-Smith - keyboards
    Chris Winter - keyboards, brass, woodwind, mandolin
    Dennis Smith - keyboards
    Alan Bariffi - electric guitar on 'The Right Time' and 'Mumbo Jumbo'
    Steve Cowen - electric guitar on 'The Other Side' and 'Walkin in a Wilderness'
    Tommy Banister - pedal steel guitar
    Mickey Fudge - backing vocals
    Tony Arnold - slide guitar

  • ハスケル、久々のソロ・アルバム。
    でも実際のところ、リリース時にはほとんど話題にならず廃盤、私が聴いたのも1993年にVoiceprintから再発された後だった。
    中途半端なポップスが多く、散漫な作品となってしまっているのが残念である。 よくよく聴いてみれば、後のパブ・ロック路線の楽曲もあるのだが、売り出す側、そしてハスケル自身にも迷いがあったのか、狙いがよくわからない作品になってしまっている。 特に不必要なまでにエコーをかけたようなアレンジの曲は、聴いていて疲れる。
    本作品については、表舞台へ復活するためのリハビリ、と考えるのが適切だと思う。 ” How Wonderful You Are ”の大ヒットへの道も、ここから始まった。
    (追加:2006年2月25日)

 

1992

Its Just A Plot To Drive You Crazy : Gordon Haskell

It's Just a Plot to Drive You Crazy

  1. Please Don't Try To Talk To Me
  2. What Do Broken Hearted People Do
  3. America
  4. I'm Over It Now
  5. Today Is All We Got
  6. Nothing In This World
  7. A Little Help From You
  8. You're What I Want
  9. Real Neat
  10. One Love Will Do
  11. Its Just A Plot
  12. My Love Deserves a Medal
  13. I Keep On Putting In
  14. Only You
  15. Over The Worst Of It
  • All Guitars and Vocals, Gordon Haskell
    Shaker on ("You're What I Want""), Paul Beauis

  • ゴードン・ハスケルのアコースティック・ソロ・アルバム。
    1990年代になって、再度アルバムがリリースされるようになったハスケルだが、この時期はまだパブ・ロック路線にはなり切れておらず、位置付けが曖昧な作品をリリースしていた。
    このアコースティック・ソロも、売れ線を狙った爽やか路線でもなく、かといってSSW路線でマニアックな支持を受けるような作品でもなく、ターゲットが明確ではない。
    それにも増して可哀想なのは、この作品を購入する9割以上の人がクリムゾンが好きな人で、かつそのような人にとってこの路線はほとんど興味が無いことである。
    この後、” How Wonderful You Are ” の大ヒットまで約10年。 努力の人だとしみじみ思う。
    (追加:2007年12月10日)

 

1996

Butterfly China : Gordon Haskell

Butterfly in China

  1. Go Tell Sarah
  2. I Don't Remember It
  3. Chilli Chilli
  4. Test Drive
  5. All My Life
  6. More Yin Than Yang
  7. Pelican Pie
  8. Wang Bang World
  9. Things We Said Today
  10. Someone I Knew
  • パブ・ロックに移行する前のゴードン・ハスケルのソロ・アルバム。
    5分、6分を超える曲が殆どなのに加え、安易なポップ路線の曲はなく、重厚な作品に仕上がっている。 非クリムゾン的なサウンドではあるが、ヴォーカル作品としての完成度の高さは、ハスケルのソロの中でも突出している。
    本作品の完成度の高さがそのままセールスに結びついていたら、ハスケルのパブ・ロック路線への移行は更に遅れてしまっただろう。 今だからこそ、この段階では売れなくて正解、とは言えるが、不遇な90年代を過ごしていたハスケルの経済状態は、さぞかし辛いものだっただろう。
    ライナーに記載された、「 Thanks to all the Rock Stars who showed me what happens to you if you get too rich 」 という一文が泣かせる。
    (追加:2008年9月10日)

 

1997

Reflections : Les Fleur De Lys

Reflections

  1. Circles
  2. Mud In Your Eye
  3. Gong With The Luminous Nose
  4. Sugar Love
  5. Hold On
  6. Prodigal Son
  7. One City Girl
  8. Daughter Of The Sun
  9. Tick Tock
  10. I Can See The Light
  11. Liar
  12. I Forgive You
  13. So Come On
  14. Hammerhead
  15. Stop Crossing The Bridge
  16. I Like What I'm Trying To Do
  17. Hold On
  18. Butchers And Bakers
  19. Wait For Me
  20. Reflections Of Charlie Brown
  21. Brick By Brick
  22. I've Been Trying
  23. Moondreams
  24. So Many Things
  • ゴードン・ハスケルが在籍していたフラ・デ・リーズのシングルを中心とした編集盤。 ハスケルはフラ・デ・リーズに1966年にベース奏者として途中参加している。。
    演奏は達者で、オリジナルもカヴァーのアレンジもコンパクトにまとまっており、格好良い。 60年代のビート・ロック・バンドに精通しているわけではないが、当時売れなかったのが不思議なほど完成度は高いと思う。
    Voiceprint から発売されたウォリアーズの発掘ライヴと比べると、バンドとしての完成度は雲泥の差がある。 もちろん本作品はスタジオ音源集なだけに、一概に比べることはできないが。
    ライナーにはハスケルによる回顧録が掲載されており、その中で、「 it really was the happiest time in my life 」とコメントされている。 受験英語に出てきそうな程オーソドックスな強調構文で述べる程、ハスケルにとっては幸せな時代だったのであろう。
    この後フリップにそそのかされてクリムゾンに参加することなく音楽キャリアを積んでいれば、また違った人生だったのかもしれない。
    (追加:2005年4月10日)

 

2000

All In The Scheme Of Things : Gordon Haskell

All in the Scheme of Things

  1. The Scheme Of Things [ writes ]
  2. Playing Xylophone [ writes ]
  3. California On His Mind [ writes ]
  4. There Goes My Heart Again [ writes ]
  5. You Can't Hold  A Good Man Down [ writes ]
  6. Surprising What Some People Will Do [ writes ]
  7. Sunshine In The Night [ writes ]
  8. Tortured Heart [ writes ]
  9. Country Gold [ writes ]
  10. Eleanor Rigby
  11. Roll With It [ writes ]
  • ゴードン・ハスケルのソロ・アルバムの中で、もっとも中途半端な作品だと思う。
    まず、ジャケットが良くない。 もう少し時間をかけるか、別なデザイナーをつれてくるだけで、安っぽさを払拭できたはずだ。
    そしてこのジャケットのイメージ通り、音も安っぽい。 ビートルズ・ナンバーのカヴァーも安易なだけだし、後にライヴの定番となる ” There Goes My Heart Again ” もここでは冴えない。 この後、” How Wonderful You Were ” が大ヒットしたから結果オーライなのかもしれないが、よくこれだけリスクの高い作品をリリースしたものだと思う。
    (追加:2006年12月10日)

 

2001

How Wonderful You Are : Gordon Haskell

How Wonderful You Are

  1. How Wonderful You Are
  2. A Little Help From You
  • 2001年末、全英で大ヒットしたゴードン・ハスケルのシングル。
    よれよれになったシングル・レコードの袋を模したジャケットもセンスよく、格好良い。
    ” How Wonderful You Are ” は、最近のハスケルの路線そのままの、所謂パブ・ロック。 こういった曲が21世紀を迎えてから大ヒットするイギリスの音楽シーンの奥の深さをあらためて認識することができる。 スコッチをロックで飲みながら聴くのに最適、などというと余りに陳腐な表現なのかもしれないが、正にそういった種の音楽。
    ” A Little Help From You ” は、多少アップ・テンポながらも、やはりバーの片隅かなにかで演奏している光景が目に浮かぶような作品。 意図的なスクラッチ・ノイズも嫌みになっていない。
    2曲ともハスケルによる作品。 イギリスの音楽マーケットも今や日本を下回る規模しかないだけに、大ヒットしたとはいえ、どれだけの印税がハスケルの手元に入るのかは疑問が残るが、それでも元クリムゾンのメンバーが脚光を浴びることはとても喜ばしいことだと思う。
    (追加:2002年1月10日)

 

2002

Harry's Bar : Gordon Haskell

Harry's Bar

  1. How Wonderful You Are
  2. All The Time In The World
  3. Voodoo Dance
  4. Freeway To Her Dreams
  5. Sunshine In The Night
  6. Al Capone
  7. Feelin' Loose
  8. There Goes My Heart Again
  9. Roll With It
  10. Someone I Knew
  11. A Little Help From You
  12. All In The Scheme Of Things
  • All songs written by Gordon Haskell
    Produced by Gordon Haskell
  • How Wonderful You Are ” の大ヒットをひっさげリリースされたゴードン・ハスケルのソロ・アルバム。 人生何がおこるか本当にわからないものである。 継続は力なり。 浪人してまでZ会の添削問題をため込んだ私には偉そうなことは言えない。
    パブ・ロックという芸が完全に確立しており、中途半端にさわやか路線の曲が収録されていたり、ミエミエのカヴァーが収録されていた過去のソロ・アルバムより完成度は高いと思う。 ただ、駄曲が無い反面、” How Wonderful You Are が12曲連続して収録されているように思えるところがあるのが残念。
    シングルが大ヒットしたとはいえハスケルの経済事情が画期的に向上することはないと思うが、生活が良くなったことで作風が変えたりせず、この路線を継続していってほしいと思う。
    (追加:2002年4月10日)

 

There Goes My Heart Again : Gordon Haskell

There Goes My Heart Again

  1. There Goes My Heart Again ( radio edit )
  2. There Goes My Heart Again ( single edit )
  3. Self Made Man
  • やはり柳の下にいつも泥鰌がいるわけではなかった。
    ” How Wonderful You Are ” の大ヒットの勢いにのって 『 Harry's Bar 』 からシングル・カットされた本曲は、見事にこけた。 ご丁寧にも 「 radio edit 」 などとカットしたところが余計悲しい。
    『 Harry's Bar 』 の時にも記載したが、芸として完成度が高い反面、ワンパターンに陥ってしまっているところが問題だと思う。 しかもジャケットまで ” How Wonderful You Are ” と同じくシングル・レコードの袋を模しているデザインで、これでは売れ線を狙っているだけに思われても仕方がないと思う。
    このようなシングル・カットは、当然ハスケルの意向というよりレコード会社の意向なわけだが、やはり ” How Wonderful You Are ” がヒットした時のように手放しで喜ぶことはできない。
    (追加:2002年6月10日)

 

2004

The Lady Wants To Know : Gordon Haskell

Lady Wants to Know

  1. The Lady Wants To Know
  2. Satisfaction Guaranteed
  3. Tell Me All About It
  4. All Dressed Up And Nowhere To Go
  5. Bwana He No Home
  6. Wonderland
  7. Hourglass
  8. When The Cookie Jar Is Empty
  9. Live Nude Girl
  10. Antonio's Song
  11. Monkey See Monkey Do
  • Lead vocals on all tracks by Gordon Haskell

    Bass : Steve Pearce
    Drums : Ralph Salmins
    Percussion : Bosco d'Oliviera
    Congas : Ralph Salmins
    Fender Rhodes : Peter Murray
    Keyboard : Tony O'Malley
    Guitar : Robbie Mclntosh, Jim Mullen
    Spanish Guitar : Hamish Stuart
    Alto Sax : Nigel Hitchcock
    Tenor Sax : Nigel Hitchcock, Paul Yeung
    Trumpet : Martin Shaw, Paul Spong
    Trombone : Neil Sidwell
    Harmonica : Julian Jackson
    First Violin : Gavyn Wright
    Violins : Patrick Kierman, Perry Montague-Mason, Julian Leaper
    Viola : Bruce White
    Cello : David Daniels
    Backing singer : Emma Stuart
    Backing vocals : Hamish Stuart, Fiona Campbell
  • ゴードン・ハスケルの 『 Harry's Bar 』 後の作品。
    パブ・ロックを突き詰めたら、何故かムード歌謡になってしまった、という不思議な作品。 プロダクションに金をかけることができた結果だと思うが、あらぬ方向に走ってしまっている。
    中年(私もです)が若い女性を口説くときに唄うような気取った作品ばかりで、ハスケルの本来望んでいる世界ではないはずだ。 ハスケルのヴォーカルの巧さは際立っているだけに、なんとも残念。
    (追加:2009年7月12日)

 

2005

The Road To Harry's Bar : Gordon Haskell

Road to Harry's Bar

Road To Harry's Bar, The: Forty Years on the Potholed Path to Stardom

  1. Nature Boy
  2. Voodoo Dance [ writes ]
  3. All The Time In The World [ writes ]
  4. When The Cookie Jar Is Empty
  5. A Little Help From Her [ writes ]
  6. Livin' It Up
  7. Freeway To Her Dreams [ writes ]
  8. The Other Side [ writes ]
  9. Bwana He No Home
  10. All In The Scheme Of Things [ writes ]
  11. Go Tell Sarah [ writes ]
  12. Al Capone [ writes ]
  13. Antonio's Song
  14. How Wonderful You Are [ writes ]
  15. Love Won't Let Me Wait
  16. All Dressed Up And Nowhere To Go
  17. Someone I Knew [ writes ]
  18. Ain't No Sunshine
    Bonus live video
  19. You Can't Hold A Good Man Down [ writes ]
    Video clips
  20. How Wonderful You Are [ writes ]
  21. When The Cookie Jar Is Empty
  22. The Lady Wants To Know
  • Gordon Haskell - vocals, acoustic guitar
    Hamish Stuart - guitars, backing vocals

    Jacek Piskorz - keyboards
    Damian Kurasz - acoustic and electric guitars
    Piotr Zaczek - fretless bass guitar
    Marek Podkowa - tenor saxophone
    Robert Luty - drums and percussions

    Kasia Skrzynecka - guest vocals on "All In The Scheme Of Things"

  • Filmed & Recorded at Theatr Slaski im. St. Wyspianskiego, Katowice, June 28th 2005

  • ゴードン・ハスケルの2005年ポーランドでのライヴDVD。
    なぜポーランドなのか、と最初は思ったのだが、映像を見ているとポーランドで人気が高いのではないかと思えてきた。 オペラが似合いそうな格式高い劇場で、地元ミュージシャンがバックをつとめ、Kasia Skrzynecka というちょっと色っぽいシンガーとのデュエットもあり、周到に用意されたライヴであることがよくわかる。
    そして、そんな恵まれた環境が功を奏したのか、完成度の高い演奏が繰り広げられている。
    ライヴの音声が時々乱れる難点もあるが、” How Wonderful You Are ”のプロモーション・ビデオまで収録されており、お買い得度の高い作品だと思う。
    ちなみに、良くも悪くもハスケルはこれからも 『 Harry's Bar 』 というタイトルを使い続けていくのだろうと思っていたら、同タイトルの自伝までリリースされた。 幼年時代からクリムゾンでギャラが払われなかったことまで、結構細かく記載されていて面白い。(全部読めてないけど)
    (追加:2006年6月10日)

 

2010

One Day Soon : Gordon Haskell Hionides

One Day Soon
  • 2010年  Album
  1. The Fools Of Yesterday
  2. Some Sins ( I Should've Known By Now )
  3. Forevermore
  4.  Ways Of The World
  5. One Day Soon
  6. Wounded Tigers
  7. Good Man Down
  8. Sunshine Shoes
  9. Happy To Be
  10. The Fear Is Gone
  • Gordon Haskell, bass guitar, guitar, vocals
    Bob Kennedy, electric guitar, piano, drums
    Except ' One day soon ', featuring Marek Podkowa - saxophone, keyboards, Damian Kurasz - electric guitar, Piotr Zaczek - Bass guitar and Jan Mlynarski - Drums.

  • ゴードン・ハスケルの、現段階での最新スタジオ・アルバム。
    円熟した作品、の一言に尽きる。 私がハスケルの作品に接する理由は、クリムゾンが好きだからというシンプルな理由以外無い。 ハスケルにとっては望ましくない購買層なのだと思うが、一度聴き始めるとどっぷりと浸ってしまう。 ハスケルのヴォーカル、楽曲の良さそうさせているのだと思う。
    興味のあるなしは分かれるかもしれないが、好き嫌いが別れない作品というのは、中々作れるものではない。
    (追加:2014年3月25日)

Top Page