King Crimson Data Base
    Ian Wallace Discography / the 1970s

1972

Graham Bell : Graham Bell

  1. Before you Can Be A Man
  2. The Thrill Is Cone
  3. After Midnight
  4. Down In The City
  1. Watch The River Flow
  2. Too Many People
  3. How Long Will It Last
  4. The Whole Town Wants You Hung
  5. The Man With Ageless Eyes
  6. So Black And So Blue
  • Graham Bell - Vocals, Guitar & Harmonica
    Mel Collins - Alto, Tenor & Baritone Sax
    Ron Cornelius - Guitar
    Tim Drummond - Bass
    Tim Hinkley - Organ
    Gasper Lawal - Percussion
    Derek Quinn- Percussion
    Ian Wallace - Drums
    Bob Wilson - Piano & Organ
  • All Music Guide で調べても情報が少ないグラハム・ベルのアルバム。
    時期からすると、クリムゾンから離れた直後のレコーディングのはずで、ボズは参加していないもののコリンズは参加している。 内容は、3人の脱退を象徴する作品として紹介されることの多い Snape の 『 Accidentaly Born In New Orleans 』 と同じくらいブルース色が強い。 ただバンド色が強い Snape と比べ、グラハム・ベルのヴォーカルを全面に出しているためか、聴きやすさは本作品のほうが上である。
    (追加:2010年9月10日)

 

1973

Black - Eyed Blues : Esther Phillips

Black-Eyed Blues

  1. Justified
  2. I've Only Known A Stranger
  3. I Got It Bad And That Ain't Good
  4. Black - Eyed Blues
  5. Too Many Roads
  6. You Could Have Had Me, Baby
    bonus tracks
  7. Tangle I Your Lifetime
  • Esther Phillips - vocal
    Tim Hinkley - piano
    Boz, Ron Carter (track #3) - bass
    Ian Wallace - drums
    Charlie Brown - guitar
    Arthur Jenkins (track #1,4) - percussion
    Pepper Adams - baritone saxophone
    Jerry Dodgion, Pee Wee Ellis (track #4) - alto saxophone
    Jon Faddis, Marvin Stamm - trumpet
    Max Ellen, Emanuel Green, Harold Kohon, Harry Lookofsky, Joe Malin, David Nadien, Gene Orloff, Irving Spice - violin
    Anthony Saphos, Alan Shulman - cello
    Joshie Jo Armstead, Carl Carldwell, Loni Groves, Tasha Thomas - background vocal
  • ウォーレスとボズが参加しているエスター・フィリップスの作品。
    『 キング・クリムゾン 至高の音宇宙を求めて 』 の巻末のディスコグラフィーで、本作品のアルバム・ジャケットを初めて見たときの印象を、今でも覚えている。 ごつい指輪がいかにもソウル・ミュージックといった感じで、ウォーレスとボズの非クリムゾン指向も行き着くとこまで来たのだなと思った。
    内容は想像通り正統派のソウル・ミュージックで、フリップが本作品のウォーレスの演奏をチェックした可能性は限りなくゼロに近いと思う。
    (追加:2009年5月25日)

 

On The Road To Freedom : Alvin Lee & Mylon LeFevre

On the Road to Freedom

  1. On The Road To Freedom
  2. The World Is Changing ( I Got A Woman Back In Georgia )
  3. So Sad ( No Love Of His Own )
  4. Fallen Angel
  5. Funny
  6. We Will Shine
  7. Carry My Load
        Ian Wallace : Drums
  8. Lay Me Back
        Ian Wallace : Drums
  9. Let'em Say What They Will
  10. I Can't Take It
        Ian Wallace : Drums
  11. Riffin
        Boz : Bass / Ian Wallace : Drums
  12. Rockin'till  The Sun Goes Down
        Boz : Bass & Background Vocals / Ian Wallace : Drums
    Bonus Track
  13. So Sad ( No Love Of His Own ) [ Single Version ]
  • テン・イヤーズ・アフター解散後のアルヴィン・リーとマイロン・リフェーブルとによるジョイント・アルバム。 ジョージ・ハリソンやスティーヴ・ウインウッド、ロン・ウッドといったミュージシャンとともに、ボズとイアン・ウォーレスが参加している。
    アルヴィン・リーに期待するものと言えばやはり「早弾き」となるのだが、ヴォーカル主体ののどかな演奏が中心で拍子抜けしてしまう。 言葉を丁寧に選べばSSWモノの隠れた名盤となるのだが、隠れてしまった理由は作品全体が地味で華が無いところだと思う。
    ウォーレスが単独で参加している3曲はアルバム全体の中でも地味目の曲で、ウォーレスも没個性のリズム・キープに完全に徹している。 ボズとウォーレスがリズム隊を組んでいる2曲は曲自体がアップ・テンポということもあり、2人の演奏もちょっとだけ跳ねまくっている。
    5000円前後で壁に飾られていることが多かった作品だが、2003年にボーナス・トラック入りでめでたくCD化された。
    (追加:2003年11月10日)

 

Manor Live : Camelo Pardalis

  1. See The Light [ Drums ]
  2. Keep On [ Drums ]
  3. Hey God
  4. Full Time Love
  5. Black Note Meets The White Note
  6. Trouble, Trouble
  1. Male Cjaivomost Pig Song
  2. Slidin' Sideways [ Drums ]
  3. Women's Lib Song
  4. I'll Be Home [ Drums ]
  5. Do What You Feel
  • Camelo Pardalis
    Steve York, Elkie Brooks, Boz, Mike Patto, Ollie Halsall, Tim Hinkley, Rob Tait, Lol Coxhill, John Lee, Dave Thompson, Jim Mullen, Graham Bond, Mick Moody, Diane Stewart, Pete Gavin, Barry Duggan, Marc Charig, Dave Brooks, Pete Gage, Ian Wallace
  • ヴァージンのマナー・スタジオで行われた、ブルース系のセッションを収録した作品。
    裏ジャケの曲ごとの演奏者にはちゃんとクレジットされているにもかかわらず、表ジャケの演奏者一覧には、何故かウォーレスの名前はない。
    4曲に参加しているに扱いが低くてちょっと可哀想。
    Slidin' Sideways ” と ” I'll Be Home ” の2曲は、ボズとともに演奏している。
    (追加:2006年10月10日)

 

Accidentally Born In New Orleans : Alexiss Kornerr& Peterr Thorupp  Snapee

アクシデンタリー・ボーン・イン・ニューオーリンズ(紙ジャケット仕様)

  1. Gospel Ship
  2. One Scotch, One Bourbon, One Beer
  3. Sweet Sympathy
  4. Rock Me
  1. Don't Change On Me
  2. You Got The Power ( To Turn Me On )
  3. Lo And Behold
  4. Country Shoes
  • Alexis Korner - vocals, guitar
    Peter Thorup - vocals, guitar and slide
    Ian Wallace - drums
    Boz - bass guitar and vocals
    Mel Collins - alto, baritone, soprano and tenor saxophones, flute and piano

    Special thanks to our guest artists:
    Stevie Marriott for organ on " Country Shoes ", Zoot Money for piano on " Gospel Ship ", Tim Hinkley for piano on " Lo and Behold ",
    Backing vocals by Sappho Korner, Stevie Marriott, Tim Hinkley, Mike Patto and Ollie Halsall, all other voice by Snape.
  • フリップ以外の3人がクリムゾン脱退後にそのまま参加していることで注目度が高く、クリムゾン関連の書籍でも多く扱われる。 だが本作品を、クリムゾン関連作品に手を広げていくきっかけにするのは危険だと思う。
    ブルースに長けているわけではないが、本作品の完成度は決して高くないからだ。
    もう少し完成度の高い参加に参加していたら、その分早い段階で3人の評価も上がっていたと思う。
    (追加:2007年3月31日)

 

Live On Tour In Germany : Alexis Korner & Peter Thorup  with Snape

ライヴ・オン・ツアー・イン・ジャーマニー(紙ジャケット仕様)

  1. Going Down
  2. Early In The Morning
  3. You Got The Power
  4. Snape [ co-writes ]
  1. Rock Me Baby
  2. These Kind Of Blues
  3. The Night Time Is The Right Time
  4. Bottom Of The Sea
  5. Oo-Wee Baby
  • Alexis Korner - Vocals, Guitar
    Peter Thorup - Vocals, Guitar
    Boz - Voclas, Bass Guitar
    Ian Wallace - Drums
    Mel Collins - Saxophones
    Tim Hinkley - Piano
    Gasper Lawal - African Drums, Percussion
  • Snape の実体をより明らかにしているライヴ・アルバム。
    一言で言えばブルース・セッション。 2枚組で全10曲しか収録されていないことからも明らかなように冗長的な曲が多い。 演奏している当人達と、実際に会場にいる人達が楽しんでいることはわかるのだが、パッケージングされた作品を聴く立場には、ちょっと辛いところがある。
    バンド名をタイトルにして16分にも及ぶ ” Snape ” には、ウォーレスの名前がクレジットされている。 内容は想像通り彼のドラム・ソロ。 『 Earthbound 』 の ” Groon ” でのドラム・ソロとはかけ離れたもの。
    (追加:2007年3月31日)

 

Still : Pete Sinfield

スティル(紙)

  1. The Song Of Sea Goat The Night People [ Snare Drum ]
  2. Under The Sky
  3. Will It Be You
  4. Wholefood Boogie
  5. Still
  1. Envelopes Of Yesterday
  2. The Piper
  3. A House Of Hopes And Dreams
  4. The Night People [ Drums ]
  • ピート・シンフィールドのソロ・アルバム。
    The Song Of Sea Goat The Night People ” では活躍場面が少ないが、静から動に展開していく” The Night People ” ではボズとともに大活躍している。
    (追加:2007年3月31日)

 

Bump'n' Grind : Jackson Heights

Bump N Grind

  1. I Could Be Your Orchestra
  2. Spaghetti Sunshine
  3. Long Necked Lady
  4. Public Romance
  5. Bump And Grind
  1. Cumberland Country
  2. It's A Shame
  3. Ladies In The Chorus
  4. Whatever Happened To The Conversation
  • Mike Giles - Drums on - I Can Be Your Orchestra, Spaghetti Sunshine, Public Romance, Cumberland Country
    Ian Wallace - Drums on - It's A Shame, Long Necked Lady, The Ladies In The Chorus, Whatever Happened To The ConversationDrums

  • ジャクソン・ハイツのラスト・アルバム。 ウォーレスとジャイルズの競演、というのは 『 Streetwalkers 』 と同じパターン。
    Long Necked Lady ” での重いドラムと、B面での繊細なドラムと、ウォーレスの多彩なテクニックが1枚で堪能できるお得な作品。
    紙ジャケでなくてもかまわないので、早期のCD化を希望。
    (追加:2007年3月31日)

 

1974

Once I Was : Tim Buckley

Once I Was: BBC Sessions

  1. Dolphins
  2. Honey Man
  3. Morning Glory
  4. Coming Home To You ( Happy Time )
  5. Sing A Song For You
  6. Hallucinations / Troubadour
  7. Once I Was
  8. I Don't Need It To Rain
  • Track 1 & 2 recorded for the Old Grey Whistle Test 21/5/74
    Tim Buckley - Guitar / Vocals
    Ian Wallace - Drums
    Tim Hinkley - Bass
    Charlie Whitney - Guitar
  • ジェフ・バックリィの父親、という表現のほうが分かりやすくなってしまったティム・バックリィのライヴ音源集。 ウォーレスは、Olde Grey Whistle Test でも放送された2曲に参加している。
    ウォーレスとティム・バックリィというのは唐突感がある組み合わせであるが、Tim Hinkley や Charlie Whitney といった当時活動をする機会が多かったミュージシャンの参加がきっかけになったと思われる。
    テレビ放送用の2曲への参加のため仕方がなかったのかもしれないが、ウォーレスの存在感はゼロである。
    (追加:2010年10月10日)

 

Brighter Day : Keith Christmas

Brighter Day

  1. Brighter Day
      
    Drums, Tambourine    Ian Wallace
       Tenor, Alto & baritone (solo), Horn arrange    Mel Collins
       Producer    Pete Sinfield
  2. Foothills
       Drums    Ian Wallace
       Electric Piano    Ian MacDonlad
       Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  3. Country Farm
       Drums    Ian Wallace
       Producer    Pete Sinfield
  4. The Bargees
        Producer    Greg Lake
  1. Lover's Cabaret
      Drums    Ian Wallace
      Flute    Mel Collins
      Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  2. Robin Head
       Producers    Greg Lake & Pete Sinfield
  3. Gettin Religion
       Producers    Pete Sinfield
  4. Could Do Better
       Drums    Ian Wallace
       Electric Piano    Ian MacDonlad
       Producers    Pete Sinfield
  5. Song Of A Drifter
       Drums    Ian Wallace
       Producer    Pete Sinfield
  • マンティコアからリリースされた、キース・クリスマスのソロ・アルバム。
    キース・クリスマスについては、ピート・シンフィールド人脈から、牧歌的なイメージが強いが、実際にはファンキーな曲調の楽曲が多い。
    ウォーレスの参加はそういった意味では正解。 プロデューサーであるシンフィールドが人選までしていたなら、彼のプロデュース能力が高いということになる。
    (追加:2007年3月31日)

 

In Flight : Alvin Lee & Co.

In Flight

 

  1. Got To Keep Moving
  2. Going Through The Door
  3. Don't Be Cruel
  4. Money Honey
  5. I'm Writing You A Letter
  6. You Need Love Love Love
  7. Freedom For The Stalion
  8. Every Blues You've Ever Heard
  9. All Life's Trials
  1. Intro
  2. Let's Get Back
  3. Ride My Train
  4. There's A Feeling
  5. Running Round
  6. Mystery Train
  7. Slow Down
  8. Keep A Knocking
  9. How Many Times
  10. I've Got Eyes For You Baby
  11. I'm Writing You A Letter
  • Alvin Lee - Vocals and Guitar
    Mel Collins - Sax and Flute
    Ian Wallace - Drums
    Time Hinkley - Keyboards
    Alan Spenner - Bass
    Neil Hubbard - Guitar
    Dyan Birch, Frank Collins, Paddie McHugh - Backing Vocals

  • Recorded live at the Rainbow Theatre, London, with The Monor Mobile

  • タイトルだけではわかりにくいが、アルヴィン・リーのライヴを収録したアルバム。
    レインボー・シアターでライヴを行い、しかもそれを2枚組で発表するということからも、当時のテン・イヤーズ・アフターの評価・人気の高さを伺うことができる。
    1974年当時であったとしても目新しさは無いが、オーソドックスで外れの無い作品だと思う。 生涯のベストに挙げる人は少ないと思うが、70年代のロックが好きな人で本作品を楽しめない人はいないだろう。
    ウォーレスはほぼ全編に参加しており、ライヴでの写真もふんだんに掲載されている。 人脈からしてボズが参加していてもおかしくないだけに、それだけが心残りな作品である。
    (追加:2007年3月31日)

 

Big Jim's Back : Big Jim Sullivan

Big Jim's Back

  1. Rubber Hip Gnome
  2. Home
  3. Arabella Swampchild
  4. Laid Back Rock And Roll Song
  5. Cascade
  6. One Fing 'N' Nuvver
  7. Takin' It Easy
  8. Louisiana Lovelips
  9. Ballad Of Billy Tyler
  10. Country Boy Picker
    Extra Track
  11. If I Could Only Play Like That
  • Big Jim Sullivan    Vocals, Lead Guitar
    Ian Wallace    Drums, Vocals
    Chas Hodges    Piano, Fiddle, Guitar, Vocals
    Dave Peacock    Bass, Banjo, Vocals
  • セッション・ギタリストとして数々の名演を残した(らしい)ビッグ・ジム・サリヴァンの作品。
    個人的には、ジャケットを見るたびに、自分の脇腹が気になってしょうがない。
    その経歴から激しいギター・ソロを期待してしまうのだが、どちらかというとカントリー調の曲が多い。 時折絡むギターがめちゃくちゃ早弾きだったりするのだが、軽めの音であるのが残念。 これでもう少しソリッドな音だったらとても格好良いのだが。
    ウォーレスの演奏はあまり目立つものではなく、中途半端なのが残念。
    (追加:2007年3月31日)

 

Streetwalkers : Chapman ・ Whitney

  1. Parisienne High Heels
  2. Roxianna
  3. Systematic Stealth
  4. Call Ya
  5. Creature Feature
  1. Sue And Betty Jean
  2. Showbiz Joe
  3. Just Four Men
  4. Tokyo Rose
  5. Hangman
  • Guitars & Steel Guitars : Charlie Whitney
    Lead Vocals & Percussion : Roger Chapman

    Keyboards : Tim Hinkley, Max Middleton
    Bass : John Wetton, Ric Grech
    Guitar : Neil Hubbard
    Drums : Ian Wallace, Mike Giles
    Congas : Godfrey McLean
    Electric Vibes : Poli Palmer
    Backing Vocals : Linda Lewis, John Wetton, Jim Cregan, Tim Hinkley, Boz

  • ファミリー解散後にロジャー・チャップマンとチャーリー・ホィットニーによって制作されたデュオ・アルバム。 イアン・ウォーレスとジャイルズの2人の元クリムゾン・ドラマーがクレジットされている。
    パワー・プレイ中心のようで実は細かなフレージングが上手いイアン・ウォーレスと、ジャズ的アプローチやメロディアスなプレイが中心のようで実はバス・ドラのキックが重いジャイルズ、2人のプレイを聴き分けることは意外と難しいが、総じてアルバム後半をジャイルズが演奏している可能性が高いと思う。
    作品自体はチャップマンとホィットニーの趣味が理想的な大衆性をともない表現されているブルースよりのロック。 素晴らしい作品だと思う。
    (追加:2006年10月10日) 

 

Whatever Mood You're In : Les Walker

  1. Whatever Mood You're In
  2. Jemima Surrender
  3. Dying To Live
  4. Come On Down
  5. The Roadmaster
  1. Give It Everything You Got
  2. All About You
  3. Behind Closed Doors
  4. (Don'tcha) Chop No Wood
  5. Freedom For The Stallion
  • Drums : Ian Wallace
    Bass : Dave Peacock
    Guitar : Jim Sullivan
    Guitar : Albert Lee
    Piano & Guitar : Chas Hodges
    Drums : Dennis St. John
    Bass : Emory Gordy Jnr.
    Guitar : Richard Bennett
    Guitar : Steve Simpson
    Piano : Alan Lingren
  • ビッグ・ジム・サリヴァン人脈の作品に登場する、Les Walker (読めない)のソロ名義の作品。
    メイン・インストゥルメントは当然ながらジム・サリヴァンのギターである。 Les Walker の粘っこいヴォーカルと、ギターの音色がが歪みきっていないことから一聴しただけでは判りにくいが、ヴォーカリストのソロ・アルバムとい域を超えてジム・サリヴァンの早弾きギターがフィーチャーされている。
    バックは実質2バンドで構成されており、ウォーレスの参加曲も明確にクレジットされていないが、いかにもジム・サリヴァンといったギターがフィーチャーされている曲のバックがウォーレスと思われる。
    (追加:2019年9月25日)

 

1975

Remember My Song : Labi Siffre

Remember My Song

  1. I Got The
  2. Another Year
  3. Down
  4. Old Time Song
  5. The Vulture
  6. Dreamer
  7. Sadie And The Devil
  8. Turn On Your Love
  9. Remember My Song
    BONUS TRACKS
  10. You've Got A Hold On Me
  11. Hot And Dirty In The City
  12. Solid Love
  • なんとも不思議な作品。
    現在はミュージシャンとしてより詩人としての活動がメインのラビ・シフリーが残した作品。 いかにもブラック・ミュージックという曲もあれば、AORスレスレの曲もあり、更にそこにギターが時折激しく絡んだりする。 当人の良い意味での雑多性とプロデューサーのビッグ・ジム・サリヴァンのセンスが生み出したものと思える。
    まぁそれ以上に本作を有名にしているのは、エミネムが ” My Name Is ” の中で ” I Got The ” をサンプリングしたことだろう。 再発CDのシフリー自らによるライナーにも、” My Name Is ” のピアノは自分の演奏だと誇らしげに(苦笑)記載されている。
    ウォーレスの参加は、ビッグ・ジム・サリヴァン絡みと思われるが、どの曲で演奏しているかは不明。
    (追加:2007年3月31日)

 

Marriott : Steve Marriott

Marriott

  1. East Side Struttin'
  2. Lookin For Love
  3. Help Me Through The Day
  4. Midnight Rollin
  5. Wham Bam Thank You Ma'am
  1. Star In My Life
  2. Are You Lonely For Me Baby
  3. You Don't Know Me
  4. Late Nite Lady
  5. Early Evening Light
  • スティーヴ・マリオットのファースト・ソロ。 一言で言えば魅惑的なB級アルバム。
    A面がイギリス系ミュージシャンと、B面がアメリカ系ミュージシャンとの演奏という編集は、当人が意図した2枚のアルバムを無理矢理1枚にまとめられたためらしい。 そんな不幸も落ち込むことなく、両国旗をジャケットにあしらうセンスは、天晴れとしか言いようがない。 
    A面とB面では当然音の傾向が大きく異なるのだが、楽曲の粒が揃っているため違和感はあまり感じられない。 必殺の1曲、が無いことが、功を奏しているのかもしれない。
    ウォーレスは何故かA、B両面に参加。 彼の柔軟性を示す、良いサンプル。
    (追加:2007年3月31日)

 

Wham Bam : Steve Marriott's All Stars

Wam Bam

  1. Wham Bam Thankyou Mam
  2. Midnight Rollin
  3. Nobody But You
  4. Barking Spiders [ co-writes ]
  5. Soldier
  6. Factory Girl
  7. They Call Love ( but it smells like pussy ) [ co-writes ]
  8. Things You Do To Me
  9. The Time They Are A Changin'
  10. Round [ co-writes ]
  11. Scoffin Crisps
  12. Soldier
  13. Ruthy
  14. That'll do [ co-writes ]
  15. Run Rudolph Run
  16. Hey Mama
  17. Pissed As Rats [ co-writes ]
  18. Gimme Some Lovin'
  19. Midnight Rollin
Bonus cd - BE MY GUEST - Steve Marriott guest appearances;
  1. Get Off My Cloud
  2. Twist And Shout
  3. Mind Your Own Business
  4. Green Circles
  5. I Just Wanna Make Love To You
  6. Get Off My Cloud
  7. Good Times
  8. Bonus Interview with Cort Fernald 1986
  • Steve Marriott's All Stars :
    Steve Marriott ( lead vocals / lead guitar / keyboards )
    Greg Lidley ( bass guitar / vocals )
    Micky Finn ( guitar / vocals )
    Ian Wallace ( drums )
    with special guests Joe and Vicky Brown , The Blackberries, Mel Collins, Lavinia Rodgers, Clem Clempson and Tim Hinckley
  • 「 In Memory Of Ian Wallace ( Died Feb. 2007 ) Drummer Extraordinaire! ) 」とクレジットされた、スティーヴ・マリオットの発掘音源集。 ウォーレスへの追悼の意がクレジットされた最初の作品ということになる。 スティーヴ・マリオット、本当に良い人だ。
    本作品は、『 Marriott 』 のA面をロサンゼルスでレコーディングする前、クリア・サウンズで 「 Steve Marriott's All Stars 」 名義でレコーディングした音源集。 ちなみにライナーによると、本音源は所属のA&Mに却下され、1枚の作品でリリースすることを条件にロサンゼルスで再レコーディングしたものの、結局その再レコーディングも 『 Marriott 』 のA面としてのみ採用されたとのこと。 かなり辛い時期だったのだろう。
    本音源を聴くと、気の合う仲間達でのセッションそのままで、コマーシャル面からA&Mが下した判断は正しいと思う。 ウォーレスの演奏もだらけていて特徴あるものではない。 ただマリオットにしてみれば愛着ある音源であったらしく、ウォーレスへの哀悼とともにリリースされたことは、良かったと思う。
    (追加:2007年7月30日)

 

Pump Iron! : Alvin Lee

Pump Iron!

  1. One More Chance
  2. Try To Be Righteous
  3. You Told Me
  4. Have Mercy
  5. Julian Rice
  6. Time And Space
  7. Burnt Fungus
  8. The Darkest Night
  9. It's All Right Now
  10. Truckin' Down The Other Way
  11. Let The Sea Burn Down
    Bonus tracks
  12. Madness
  13. Midnight Special
  • Alvin Lee : Guitar and Vocals
    Time Hinkley : Keyboards    Bryson Graham : Drums    Ian Wallace : Drums    Boz Burrell : Bass    Mel Collins : Soprano Sax    Jack Lancaster : Horn Section    Harold Burgon : ARP    Ronnie Leahy : Organ    Steve Thompson : Bass    Brother James : Congas    Ron Berg : Drums     Andy Pyle : Bass    Colin Gibson : Bass
  • テン・イヤーズ・アフター解散後のアルヴィン・リーソロ・アルバム。
    3人組が参加しているが、クレジットが明確にされていないのが残念。
    (追加:2007年3月31日)

 

Fingertips : Duster Bennett

Fingertips

  1. Fingertips
  2. Take Care ( But Don't Take It Easy )
  3. You Need It, It's Gone
  4. Risk It For A Biscuit
  5. High Ground
  6. California Zephyr
  7. I've Got To Be With You Tonight
  8. Blue River Rising
  9. Gone Gershwin / Summertime
    bonus Tracks
  10. Cold Chills
  11. Comin' Home ( Sailor's Song )
  12. Pretty Little Thing
  13. Sweet Sympathy
  14. The Rolling Stone
  15. Everyday
  • ダスター・ベネットの遺作。
    ウォーレスはボズと共に3曲に参加しており、そのなかでもインストの ” California Zephyr ” が際立って良い楽曲に仕上がっている。
    (追加:2007年1月10日)

 

1976

Tiger : Tiger

  1. Lay Me
  2. Ordinary Girl
  3. Lay Back Stay Back
  4. Prayer
  1. I'm Not Crying
  2. Long Time
  3. Suzy Slicker
  4. Tyger, Tyger
  • Big Jim Sullivan    Guitar
    Nicky Moore    Vocals
    Les Walker    Vocals
    Ray Flacke    Guitar
    Phil Curtis    Bass
    Billy Rankin    Drums
    Dave McCrae    Keyboards

    Special thanks to Ian Wallace for the help on Lay Me and Ordinary Girl
  • ビッグ・ジム・サリヴァンが結成したタイガーの作品。
    勇ましいバンド名とジャケット、ツィン・ヴォーカルの一人は後に Samson に参加、そしてそこにサリヴァンの速弾きギター、ということから想像されるハードな面に加え、複雑なリズム・チェンジと大々的にフィーチャーされたキーボードからプログレッシヴな香りが漂う作品。 個人的には結構な名盤だと思うのだが、焦点が定まらなかったことからか、あまり話題にならなかった。
    イアン・ウォーレスの客演は、当然サリヴァン人脈によると思われる。 後半からネバネバとしたシンセサイザーが絡む ” Ordinary Girl ” でのバックも良いが、” Ordinary Girl ” での凄まじい速弾きギターのバックでのハード・ロックには決してならないドラムも素晴らしい。
    (追加:2019年9月25日)

 

1978

At Budokan : Bob Dylan

At Budokan [Live In Japan, February, 1978]

  • Double Album
  1. Mr. Tambourine Man
  2. Shelter From The Storm
  3. Love Minus Zero / No Limit
  4. Ballad Of A Thin Man
  5. Don't Think Twice, It's All Right
  6. Maggie's Farm
  7. One More Cup Of Coffee ( Valley Below )
  8. Like A Rolling Stone
  9. I Shall Be Released
  10. Is Your Love In Vain?
  11. Going, Going, Gone
  1. Blowin' In The Wind
  2. Just Like A Woman
  3. Oh, Sister
  4. Simple Twist Of Fate
  5. All Along The Watchtower
  6. I Want You
  7. All I Really Want To Do
  8. Knockin' On Heaven's Door
  9. It's Alright, Ma ( I'm Only Bleeding )
  10. Forever Young
  11. The Times They Are A-Changin'
  • Bob Dylan - rhythm guitar, harmonica, vocals
    Billy Cross - lead guitar
    Ian Wallace - drums
    Alan Pasqua - keyboards
    Rob Stoner - bass, vocals
    Steven Soles - acoustic ryhthm guitar, vocals
    David Mansfield - pedal steel, viloin, mandolin, guitar, dobro
    Steve Douglas - saxophone, flute, recorder
    Bobbye Hall - percussion
    Heiena Springs - vocals
    Jo Ann Harris - vocals
    Debi Dye - vocals

  • アメリカでのセッション・ミュージシャンとしての活動で、ウォーレスは大きな成果を出すことができなかった。
    スティーヴィー・ニックス、ドン・ヘンリー、ロイ・オービソン、ジャクソン・ブラウンの作品での演奏が残されているものの、引っ張りだこ、と言うにはほど遠く僅かな作品しか確認することができない。
    そんなアメリカでのセッション活動を開始する切っ掛けとなったのが、ボブ・ディランのバック・バンドへの参加だった。 
    初来日公演を収めているため日本でも馴染みの深い作品であるが、クリムゾン・フアンの立場から見ても貴重な作品だと思う。 武道館のステージにおいて、レヴィンがガブリエルのバックで演奏するより前に、レイクがエイジアで演奏するより前に、マクドナルドがフォリナーで演奏するより前に、ウォーレスが演奏した記録として残された作品だからである。
    70年代初期のような轟音ドラムを聴くことはできないのは残念であるが。
    (追加:2006年8月26日)

 

Street Legal : Bob Dylan

Street Legal

  1. Changing Of The Cuards
  2. New Pony
  3. No Time To Think
  4. Baby Stop Crying
  1. Is Your Love In Vain?
  2. Senor ( Talse Of Yankee Power )
  3. True Love Tends To Forget
  4. We Better Talk This Over
  5. Where Are You Tonight ( Journey Through Dark Heat )
  • Electric Rhythm Guitar & Vocals - Bob Dylan
    Drums - Ian Wallace
    Bass Guitar - Jerry Scheff
    Lead Guitar - Billy Cross
    Keyboards - Alan Pasqua
    Percussion - Bobbye Hall
    Tenor And Soprano Saxophone - Steve Douglas
    Rhythm Guitar ( Background Vocals ) - Steven Soles
    Violin & Mandolin - David Mansfield
    Background Vocals - Carolyn Dennis, Jo Ann Harris, Heiena Springs
    Trumpet - Steve Madaio   
  • 正直に言って、ディランについては門外漢である。
    カタログから判断して大ヒットした作品が続いた後、ちょっと一休みといった位置づけになると思うのだが、それ以上多くを語ることはできない。
    全体的にロック色が強い作品で、それ故にウォーレスの力強いドラムと相性が良いと思う。 もちろんバック・バンドの一人に徹しているため破天荒な演奏を期待することはできないが、それでも充分にウォーレスの演奏を堪能することができる。 ウォーレスの参加作品の中でも、もっと評価されて良いと思う。
    ディランとの活動で注目を浴びたウォーレスは、この後アメリカでの混迷したセッション活動期に突入していく。
    (追加:2007年3月31日)

 

1980

Billy Burnette : Billy Burnette

  1. In Just A Heartbeat
  2. Oh, Susan
  3. Danger Zone
  4. Don't Say No
  5. Rockin' L.A.
  1. Honey Hush
  2. Rockin' With Somebody New
  3. One Night
  4. Sittin' On Ready
  5. Angeline
  6. Tear It Up
  • Billy Burnette    Guitar & Lead Vocals
    Kimme Gardner    Bass
    Chris Brosius    Guitar & Background Vocals
    Ian Wallace    Drums & Background Vocals

  • 後にフリートウッド・マックに参加するビリー・バーネットのソロ・アルバム。
    ロカビリー色の強いロックン・ロール・ナンバーが中心で、個人名義の作品ではあるが、バーネット他3人の固定メンバーによる演奏は、バンドのようなまとまりもある。
    ウォーレスの演奏は取り立てた個性を感じさせられるものではないが、この後しばらく続く大物との冷遇されたセッション活動と異なり、楽しく演奏しているように思える。 ウォーレスは本作品から10年後、フリートウッド・マックに参加脱退後のビリー・バーネットのソロ・アルバム 『 Are You With Me Baby 』 に再び参加している。
    (追加:2015年9月25日)

Top Page