King Crimson Data Base
    Mel Collins Discography  -the late 1970s-

1976

Let's Stick Together : Bryan Ferry

Let's Stick Together

  1. Let's Stick Together
  2. Casanova
  3. Sea Breezes
  4. Shame, Shame, Shame
  5. 2 HB
  6. The Price Of Love
  7. Chance Meeting
  8. It's Only Love
  9. You Go To My Head
  10. Re-Make / Re-Model
  11. Hear On My Sleeve
  • Mel Collins - Soprano Sax

  • ウェットンも参加しているブライアン・フェリーの編集盤に、ソプラノ・サックス奏者としてクレジットされている。
    (追加:2006年1月25日)

 

Cado Belle : Cado Belle

  1. All Too Familiar
  2. Infamous Mister
  3. Rocked To Stony Silence
  4. I Name This Ship Survival
  5. Paper In The Rains
  1. That Kind Of Fool
  2. Airport Shutdown
  3. Rough Diamonds
  4. Got To Love
  5. Stones Throw From Nowhere
  • Maggie Reilly : Vocals
    Alan Darby : Guitars.
    Gavin Hodgson : Bass.
    Stuart Mackillop : Keyboards.
    Davy Roy : Drums / Percussion.
    Colin Tully : Sax / Flute

    Horn Arrangements : Colin Tully, Mel Collins, Keith Olsen.

  • マギー・ライリー が在籍していたケイドー・ベルの作品。
    ブリティシュ・ロック然としたジャケットだが、どちらかと言えばサウンドは軽めでギター・ソロのパートはフュージョンのようにも聴こえる。
    ホーン・アレンジとしてコリンズの名前がクレジットされているが、専任のサックス奏者もクレジットサれており、コリンズの貢献度は限りなく少ない。
    (追加:2012年3月25日)

 

Score : Duncan Mackay

  1. Witches
  2. Triptych
  3. Spaghetti Smooth
  4. Time Is No Healer
  5. Fugitive
  1. Score
  2. Pillow Schmillow
  3. Jigaloda
  4. No Return
  • Vocals on Track 4, Side One. Steve Harley.     Vocals on all other Tracks. John Wetton.
    Duncan Mackay : Keyboards, Yamaha Grand Piano, Hammond B3, Clavinet D6, Wurlitzer 200, Roland Sequencer, ARP 2600, ARP 2800, ARP 2701, ARP 2100, ARP 2200.
    Clive Chaman : Bass, Fender Precision Bass.
    Andrew McCulloch : Drums & Percussion.
    Mel Collins : Flute ( Side 1, Track 4 )
    Members of the London Symphony Orchestra (Side 1, Track 1.)

  • Produced by John Wetton

  • ダンカン・マッケイのソロ・アルバム。
    コリンズのフルートが、” Time Is No Healer ” でほぼ全編フィーチャーされている。
    (追加:2006年1月25日)

 

Rise And Shine! : Kokomo

ライズ・アンド・シャイン

 

  1. Use Your Imagination
  2. Little Girl
  3. That's Enough
  4. Rise & Shine
  1. Without Me
  2. Do It Right
  3. Angel Love
  4. Happy Birthday
  5. Feelin' Good
  • John Sussewell    drums & percussion
    Alan Spenner    bass guitar, lead vocal : track 1
    Neil Hubbard    guitar : all solos
    Tony O'Malley    keyboards, lead vocals : tracks 4,6 & 9
    Mel Collins    flute on tracks 3 & 8 : soprano on 6 & 9 : alto on 5 & 7 : tenor on 1,2,6 & 9
    Dyan Birch    vocals : lead on tracks 5 & 7
    Frank Collins    vocals : lead on tracks 3 & 2
    Paddie McHugh    vocals : lead on tracks 8 & 2

  • ココモのセカンド・アルバム。
    歯切れの悪いホワイト・ファンクが展開するのは、ファースト・アルバムと全く同じ。 その結果ファーストと同様セールス的に成功しなかったのも当然のことと思える。
    80年代において、クリムゾンのディスコグラフィーがまとまっているものは、北村昌士著の 『 キング・クリムゾン 至高の音宇宙を求めて 』 しかなく、個人的にもかなり愛用した。 その結果クリムゾン関連作品を入手する際の優先順位は、未だ同書で紹介されているかどうかであったりする。 本アルバムは同書に紹介されていたこともあり入手に努めた経験があるのだが、結局同書で「無個性」と断じられたコリンズのプレイを確認するだけで終わってしまった。
    フルートを演奏する2曲はそれなりに美しかったりするのだが、サックスの演奏はスタジオ・ミュージシャンとしてのお仕事以外のなにものでもない。
    (追加:2005年1月25日)

 

1977

Burnin' Sky : Bad Company

Burnin Sky

  1. Burnin' Sky
  2. Morning Sun
  3. Leaving You
  4. Like Water
  5. Everything I Need
  1. Heart Beat
  2. Peace Of Mind
  3. Passing Time
  4. Too Bad
  5. Man Needs Woman
  6. Master Of Ceremony
  • Saxophones and Flutes Mel Collins
  • バッド・カンパニーがの4枚目。
    彼らなりにバラエティに富んだ作品にしようとした結果、コリンズの活躍の機会はそれなりに高い。
    サックスでの演奏もよいが、ここでは ” Morning Sun ” でのフルートが、美しく格好良い。
    (追加:2007年1月10日)

 

In Your Mind : Bryan Ferry

In Your Mind

  1. This Is Tomorrow
  2. All Night Operator
  3. One Kiss
  4. Love Me Madly Again
  1. Tokyo Joe
  2. Party Doll
  3. Rock Of Ages
  4. In Your Mind
  • ウェットンも参加しているブライアン・フェリーの傑作に、コリンズの名前は奏者名としてクレジットされるとともに、ホーンアレンジャーとしてもクレジットされている。
    (追加:2006年1月25日)

 

Rain Dances : Camel

Rain Dances

  1. First Light [ Alto Saxophone ]
  2. Metrognome [ Tenor Saxophone ]
  3. Tell Me [ Clarinet, Bass Clarinet ]
  4. Highway Of The Sun [ Bass and Concert flutes ]
  1. Unevensong
  2. One Of These Days I'll Get An Early Night [ All Saxophones ]
  3. Elke
  4. Skylines [ Alto Saxophone ]
  5. Rain Dances [ Soprano Saxophone ]
  • キャメルを聴くと安心する。
    同じように感じている人は多く、言い尽くされたのかもしれないが、それでもキャメルを聴いた時の安心感は捨てがたい。
    本作品は、そんなキャメルにメル・コリンズが参加した初めて参加した作品。 参加した、と言っても、ゲストなのか正式メンバーなのか、メル・コリンズは最後までその立ち位置がよくわからなかったのだが、そんな緩い関係が逆に良い結果を生んでいたのかもしれない。
    アンディ・ラティマーを慮ってか、コリンズのフルートの演奏は控えめになっている。 その反動か、サックスの演奏は強烈で、特に憂いあるあるメロディに絡む ” First Light ” での演奏は秀逸である。
    (追加:2007年6月15日)

 

Slowhand : Eric Clapton

  1. Cocaine
  2. Wonderful Ton ight
  3. Lady Down Sally
  4. Next Time You See Her
  5. We're All Th e Way
  6.  The Core
  7. May You Never
  8. Mean Old Frisco
  9. Peaches And Diesel
  • The Musicians
    Eric Clapton - Guitar and Vocals
    Dick Sims - Keyboards
    Marcy Levy - Vocals
    Carl Radle - Bass Guitar
    Yvonne Elliman - Vocals
    George  Terry - Guitar
    Jamie Oldaker - Drums and Percussion
    Mel Collins - Saxophone

  • エリック・クラプトンのソロ・アルバム。
    この時期までコリンズのセッション活動の多くは人脈系のものが多く、腕一本で渡り歩く、というイメージにまでは届いていなかった。 そう考えると、クラプトンというビック・ネームとのセッションは絶好な機会であったはずで、事実これ以降コリンズのセッション活躍は増え、拡がる。
    とは言え、本作品でのコリンズの活躍機会は必ずしも多くはない。” The Core ” でこそ大々的にサックス・ソロがフィーチャーされてはいるものの、それ以上のインパクトはない。
    (追加:2012年3月25日)

 

Consequences : Lol Creme / Kevin Godley

ギズモ・ファンタジア (紙ジャケット仕様)
  1. Seascape
  2. Wind
  3. Fireworks
  4. Stampede
  5. Burial Scene
  1. Sleeping Earth
  2. Honolulu Lulu
  3. The Flood
  1. Five O'clock In The Morning
  2. When Things Go Wrong
  3. Lost Weekend
  1. Rosie
  2. Office Chase
  3. Cool, Cool, Cool
  1. Cool, Cool, Cool (Reprise)
  2. Sailor
  3. Mobilization
  4. Please, Please, Please
  1. Blint's Tune (Movements 1-17 )
  • Written arranged and performed by Lol Creme & Kevin Godley
    with dialogue written and performed by Peter Cook

    Guest appearances
    Sarah Vaughan
    Judy Huxtable (as Lulu)
    Peter Wheeler
    Andy Peebles

    Saxophones on When Things Go Wrong Mel Collins

  • ギズモ満載のゴドレイ&クレームの3枚組作品。
    サンプリングが容易になっている今、ギズモによる特殊な音そのものに対しての驚きはほとんど無い。 特殊な音が楽曲の中でセンス良く使われているのを聴くのが楽しみだと思うのだが、LP3枚組というヴォリュームを集中して聴くのは容易ではない。 しかも途中からは、英語及び英国ユーモアがわからないと理解しがたいダイアロークまで挿入されている。 ロック史の中で語られる機会は多いが、その敷居はとても高い作品だと思う。
    コリンズが参加している ” When Things Go Wrong ” は、コリンズのサックスが全編フィーチャーされた完成度の高い作品。 こんな曲ばかりだったら良かったのにと思ってしまうのは、本アルバムを理解していない証拠なのかもしれないが。
    コリンズのセッション参加作品の中でも、記名性が高い。
    (追加:2006年1月25日)

 

Rough Mix : Pete Townshend And Ronnie Lane

Rough Mix

  1. My Baby Gives It Away
  2. Nowhere To Run
  3. Rough Mix
  4. Annie
  5. Keep Me Turning
  6. Catmelody [ Mel Collins : Saxophone ]
  1. Misunderstood
  2. April Fool
  3. Street In The City
  4. Heart To Hang Onto [ Boz Burrell : Bass ]
  5. Till The Rivers All Run Dry [ Boz Burrell : Bass ]
  • ピート・タウンジェントとロニー・レインの2人の名義による作品。
    ヴォーカルのバックで地味な演奏した後、最後にサックス・ソロでフェード・アウト。
    (追加:2006年10月10日)

 

Listen Now : Phil Manzanera / 801

  1. Listen Now  [ Mel Collins : Sax and Big Band ]
  2. Flight 19
     [ Eddie Jobson : Acoustic Piano, Eno : Guitar Treatment ]
  3. Island [ Eddie Jobson : Fender Piano, Eno : Synthesiser ]
  4. Law And Order
  1. Rude Awakening
  2. ¿Que?
  3. City Of Light [ Eno : Chorus Piano ]
  4. Initial Speed [ Mel Collins : Soprano Sax ]
  5. Postcard Love
     [ Eddie Jobson : Acoustic Piano, Eno : Synthesiser ]
  6. That Falling Feeling [ Eno : Synthesiser ]
  • フィル・マンザネラ が、801名義での名作ライヴ・アルバム発表後に出したソロ・アルバム。
    北村昌士の名著 『 キング・クリムゾン〜至高の音宇宙を求めて 』 の中で、フィル・マンザネラを評して「仲々の社交家だ」との記載がある。 ロック・ミュージシャンに社交家もないだろう、と血気盛んな10代には思ったりもしたのだが、そのソロ活動にコンスタントにタレントが参加し、しかもそのタレントが「とりあえずソロを演奏しました」以上のアンサンブルに寄与しているのは、やはりマンザネラの人徳によるものだと思う。
    本作品は、クリムゾンのフアン的にはウェットンが参加していないことが残念なのだが、コリンズの活躍度が高い。 ビック・バンド風の演奏をするタイトル曲も良いが、楽曲自体の完成度と格好良さ度がメチャクチャ高い ” Initial Speed ” のソロも素晴らしい。
    (追加:2015年2月10日)

 

Playmates : Small Faces

  1. High And Happy
  2. Never Too Late
  3. Tonight
  4. Saylarvee
  5. Find It
  1. Lookin' For A Love
  2. Playmates
  3. This Song's Just For You
  4. Drive In Romance
  5. Smilin' In Tune
  • Steve Marriott - Vocals, Guitar and Harp
    Ian McLagan - Keyboards and Vocals
    Kenney Jones - Drums and Vocals
    Rick Wills - Bass and Vocals

    All horns    Mel Collins

  • スモール・フェイセズ再結成後の作品。
    スティーヴ・マリオットがメジャーな作品で活躍した最後の作品と思われるが、内容は悪くない。 勿論オリジナルスモール・フェイセズ、ハンブル・パイ、そしてフェイセズと比べてしまうのは酷だが、オーソドックスで粘っこい楽曲&演奏は、この手の音楽が好きな人には堪らない内容であるはずだ。
    コリンズは、大々的に目立つ事こそ無いが、バッキングとソロで充分に活躍している。
    (追加:2015年7月1日)

 

1978

Wise After The Event : Anthony Phillips

Wise After the Event

  1. We're All As We Lie
  2. Birdsong
  3. Moonshooter
  4. Wise After The Event
  1. Pulling Faces
  2. Regrets
  3. Greenhouse
  4. Paperchase
  5. Now What ( Are They Doing To My Little Friends ? )
  • Anthony Phillips : Vocals and harmonica
    Michael Giles : Drums
    John G.Perry : Bass ( Wal custom )
    The Vicar : Guitars, keyboards and sundnes
    Jeremy Gilbert : Keyboards on "Greenhouse"  Harp on "Now What"
    Mel Collins : Soprano Sax on "We're All As We Lie"  Flute on "Birdsong"
    Robin Philips : Oboe on "Sitars & Nebulous"
    Rupert Hine : Percussion, backing vocals, locks, probs, modes & vibes
    Perkin Alanbeck : Synthsiser on "Birdsong"
    Humbert Ruse, Vic Stench : Drums & bass on "Greenhouse"
    Rodent Rabble : Clicks, claps and crampons

  • ジャイルズが全面参加している、元ジェネシスのアンソニー・フィリップスの傑作ソロ・アルバム。
    コリンズは、” We're All As We Lie ” でソプラノ・サックス、” Birdsong ” でフルートを演奏。
    (追加:2001年12月10日)

 

The Bride Stripped Bare : Bryan Ferry

The Bride Stripped Bare

  1. Sign Of The Times
  2. Can't Let Go
  3. Hold On ( I'm Coming )
  4. The Same Old Blues
  5. When She Walks In The Room
  6. Take Me To The River
  7. What Goes On
  8. Carrickfergus
  9. That's How Strong My Love Is
  10. This Island Earth
  • Saxes : Mel Collins

  • ウェットンも参加している本作品に、コリンズは2曲でサックスを演奏している。
    (追加:2006年1月25日)

 

A Live Record : Camel

A Live Record

 

  1. Never Let Go
  2. Song Within A Song
  3. Lunar Sea
  1. Skylines
  2. Ligging At Louis
  3. Lady Fantasy
  1. The Great Marsh
  2. Rhayader
  3. Rhayader Goes To Town
  4. Sanctuary
  5. Fritha
  6. The Snow Goose
  7. Friendship
  8. Migration
  9. Rhayadar Alone
  1. Flight Of The Snow Goose
  2. Preparation
  3. Dunkirk
  4. Epitaph
  5. Fritha Alone
  6. La Princesse Perdue
  7. The Great Marsh
  • Peter Bardens - Keyboards
    Andrew Latimer - Guitars, Flutes, Vocal
    Andy Ward - Drums And Percussion
    Mel Collins - Saxophones And Flute
    Richard Sinclair - Bass On Tracks 1,2,3, Side One Track 1, Side 2. Vocal On Tracks 1,2, Side One
    Doug Ferguson - Bass On Tracks 2,3, Side Two, And The Snow Goose

    The London Symphony Orchestra - performed with Camel on The Snow Goose

  • キャメルのライヴ・アルバム。
    オリジナルにはコリンズが参加していないレコードのA面の楽曲は、コリンズが聴衆を意識してか派手目にサックスを演奏していることもあり、オリジナルとの差がかなり感じられる。 一方コリンズが参加していない 『 Snow Goose 』 は、オーケストラとの共演が自由度を奪ってしまったのか、オリジナルと比べても違和感がない演奏となっている。
    キャメルの変化は、メロトロンを使わなくなったタイミングとの合わせて論じられることが多いように思えるが、それ以上にコリンズの参加が大きな契機となっていることが本作品を聴くとよくわかる。
    まぁ、そんなことを考えてないで、『 Snow Goose 』 蔵出しライヴ音源を楽しむことのほうが、本作品の正しい聴き方なのかもしれないが。
    (追加:2007年6月15日)

 

Breathless : Camel

Breathless

  1. Breathless
  2. Echoes
  3. Wing And A Prayer
  4. Down On The Farm
  5. Starlight Ride
  1. Summer Lightning
  2. You Make Me Smile
  3. The Sleeper [ co-writes ]
  4. Rainbow's End
  • キーボードのピーター・バーデンス脱退前のキャメルの作品。
    コンセプトが全く異なるとはいえ、大枠では同じプログレに括られるピンク・フロイドの代表曲と同じ ” Echoes ” というタイトルを臆面無く付けてしまう感覚は、キャメルならではのものだと思う。 どんなに曲展開が激しくなっても決して緊張感を伴わないキャメル節は、この天然さと大いに関係があるのかもしれない。
    後期の代表作、と語られることの多い作品だが、一方コリンズの活躍はそれほど目立っていない。 その点だけがちょっと残念な作品。
    (追加:2007年10月10日)

 

Stealin' Home : Ian Matthews

  1. Gimme an inch girl
  2. Don't hang up your dancing shoe s
  3. King of the night
  4. Man in  the station
  5. Let there be blues
  6. Carefully taught
  7. Stealin' home
  8. Shake it
  9. Yank and Mary ( Smile )
  10. Slip away
  11. Sail my soul
  • Mel Collins : Sax on ' Shake it ' and ' Let there be blues '

  • 元フェアポート・コンヴェンションのイアン・マシューズのソロ・アルバム。
    マシューズのキャリアの中でも最もセールス的に成功した作品。 その成功も安易はヒット路線に走ったことによるのではなく、ギターでも参加しているブリン・ハワースとともに丁寧に作り込んだアレンジに依る所が大きい。 新手のAORのミュージシャンとして受け取られた面もあるのだろうが、当人達にしてみれば、してやったり、といったとこなんだろう。
    コリンズは ” Let there be blues ” と、シングル・チャートでも成功した ” Shake it  ” にサックスで参加している。 特に後者ではソロだけではなく歌メロに絡んだりして重要な役割を果たしている。
    (追加:2012年3月25日)

 

Dragon Suplex (ドラゴン藤波のテーマ) / I Never Give Up : Joe

  Side A : Dragon Suplex (ドラゴン藤波のテーマ)

  Side B : I Never Give Up

  • Mel Collins (テナーサックス)

  • 元新日本プロレスの藤波辰巳のテーマ曲。
    山口百恵の 『 Golden Flight 』 で演奏していた JOE による楽曲なのだが、同作にバンド・メンバーとしてクレジットされていたゴードン・ハスケルは既に参加していない。
    一言で言えばファンキーなブラス・ロック。 プロレスの入場テーマ曲としては爽やか過ぎて、他のレスラーのアクの強い曲と比べるとちょっと損している気もする。
    メル・コリンズは管楽器群の一人として参加。 今にしてみるとネタとして充分に機能しているが、当時のコリンズにしてみれば経済的に切羽詰まってたのかもしれない。
    (追加:2017年12月10日)

 

K-Scope : Phil Manzanera

K-Scope

  1. K-Scope [ Saxes ]
  2. Remote Control
  3. Cuban Crisis
  4. Hot Spot [ Saxes ]
  5. Numbers
  6. Slow Motion TV [ Baritone Sax ]
  7. Gone Flying
  8. N-Shift
  9. Walking Through Heaven's Door [ Soprano Sax ]
  10. You Are Here
  • フィル・マンザネラのソロ・アルバム。
    Walking Through Heaven's Door ” では、ウェットンのベースと共演している。
    (追加:2006年1月25日)

 

Some Girls : The Rolling Stones

Some Girls (Reis)

  1. Miss You
  2. When The Whip Comes Down
  3. Imagination
  4. Some Girls
  5. Lies
  1. Far Away Eyes
  2. Respectable
  3. Before They Make Me Run
  4. Beast Of Burden
  5. Shattered
  • コリンズのセッション・ワークの中で、最もポピュラリティが高いのが、” Miss You ” におけるサックスだと思う。
    売上ベースで考えるなら、もっと売れた作品に参加している可能性もあると思うが、ロック・フアン(苦笑)にとって馴染みがあるのは、やはり ” Miss You ” だと思う。
    ディスコを取り入れら作品、と語られることが多い同曲だが、今の耳で聴けば良い意味でストーンズらしいオーソドックスな楽曲だと思う。 バンドとしての演奏がかっちりしていることは勿論だが、ブルージーなコリンズのサックス・ソロが曲の完成度を上げるのに貢献していると思う。
    派手さこそないが良い曲が多い本アルバムの中で、後々のライヴのレパートリーにもなった曲に元クリムゾンのメンバーが参加しているのは、やはり嬉しい。
    そういえば、21st Century Schizoid Band で初来日した時、コリンズのジャケットだけが高そうに見えたのを思い出した。 気のせいかとも思ったが、やはりこうしたセッション活動でそこそこにお金は稼げているのだと思う。
    (追加:2005年7月10日)

 

1979

Sides : Anthony Phillips

Sides

  1. Um & Aargh
  2. I Want Your Love
  3. Lucy Will
  4. Side Door
  5. Holy Deadlock
  6. Sisters Of Remindum
  7. Bleak House
  8. Magdalen
  9. Nightmare
  • Tenor Sax : Mel Collins

  • アンソニー・フィリップスの傑作ソロ。
    コリンズの参加は1曲のみだが、イントロからサックスが主要楽器として活躍する。
    詳細はKCDB内のマイケル・ジャイルズのページを参照してください。
    (追加:2006年1月10日)

 

I Can See Your House From Here : Camel

I Can See Your House From Here

  1. Wait
  2. Your Love Is Stranger Than Mine
  3. Eye Of The Storm
  4. Who We Are
  1. Survival
  2. Hyman To Her
  3. Neon Magic
  4. Remote Romance
  5. Ice
  • Camel are Andrew Latimer, Andy Ward, Jan Schelhaas, Kit Watkins, Colin Bass

    So, a Big Thank You to :
    Mel Collins for his Alto Sax solo on "Your Love Is Stranger than Mine"

  • キャメルとコリンズの関係は、ほんと良くわからない。
    本作のクレジットでは、わざわざキャメルのメンバーから外されていたりする。 確かに1曲しか参加していないのだからわからないでもないが、なにもわざわざ、という気もする。 アルバムでもこの状態なのだから、ライヴにも都合によって参加したりしなかったり、って感じだったのだろうか。
    本作品は、演奏の流暢さに走りすぎた結果フュージョン路線が強く、プログレ度が薄い作品となっている。 その結果キャメルを聴くときの楽しさ、安心感が少なくなってしまっている。 コリンズのサックスも、スタジオ・ミュージシャンとしてのお仕事っぽくて、あまり好きではない。
    (追加:2008年3月10日)

 

Where To Now : Charlie Dore

Where to Now

  1. Pilot Of The Airwaves
  2. Falling
  3. Sad Old World
  4. Where To Now
  5. Sleepless
  1. Fear Of Flying
  2. Wise Owl
  3. Hula Valley
  4. Pickin' Apples
  5. Sweetheart
  • Mel Collins - Saxophone

  • 記名性が高い 『 Consequences 』 のような演奏がある一方、スタジオ・ミュージシャンに思いっきり徹した演奏もコリンズは残している。
    ” 涙のリクエスト ” という邦題で ” Pilot Of The Airwaves ” が大ヒットしたチャーリー・ドアのファースト・アルバムにコリンズはクレジットされている。 FMエア・チェック世代は絶対覚えているだろう ” Pilot Of The Airwaves ” での演奏は確認できないが、3,4,10あたりでのサックスの演奏はコリンズによるものと思われる。
    (追加:2006年1月25日)

 

Siamese Friends : Ian Matthews

サイアミーズ・フレンド(紙ジャケット仕様)
  1. You Don't See Me
  2. Survival
  3. Heatwave
  4. Home Somewhere
  5. Crying In The Night
  1. The Baby She's On The Street
  2. Hearts On The Line
  3. Anna
  4. Lies
  5. Runaway
  • with :
    Mel Collins    Soprano and Alto Saxophones on ' Anna ', ' Home Somewhere ' and ' Survival '

  • イアン・マシューズのソロ・アルバム、前作に続いてメル・コリンズが参加している。
    マシューズの全作品を追っているわけではないが、それでもこの時期の作品の完成度の高さは突出している。。
    前作 『 Stealin' Home 』 で大いに貢献したブリン・ハワースは不参加、商業的成功も無かったが、楽曲の素晴らしさ、アレンジの巧みさは劣ることない。
    コリンズが参加しているのは3曲。 歌メロとの絡み、ソロと活躍度は前作同様高い。
    (追加:2013年9月10日)

 

Heart To Heart : Pete Bardens

  1. Julia
  2. Doing The Crab
  3. Slipstream
  4. Raining All Overt The World
  1. Jinxed
  2. After Dark
  3. Slow Motion
  4. Tune For Des
  5. Heart To Heart
  • Saxes And Flute - Mel Collins

  • 『 Breathless 』 発表後にキャメルを脱退したピーター・バーデンスのソロ・アルバム。
    アンディ・ラティマーと共にキャメルのサウンド構築してきたバーデンスだけに、キャメルと大きく異るサウンドではないだろうと思っていたが、そのままキャメルだったりする。 歌ものもインストも、薄まったキャメルの香りがする作品で、これだったら脱退する必要もなかったのではないかと思う。
    コリンズは、同時期にリリースされたバーデンス脱退後のキャメルの 『 I Can See Your House From Here 』 での演奏より活躍度が高い。 サックスもフルートも、ヴォーカルと絡んだりインストでメイン・リードを取ったりで存在感を大きく示している。
    (追加:2016年8月10日)

 

1980

Private Parts & Pieces II  - Back To The Pavilion : Anthony Phillips

Private Parts & Pieces 2: Back to the Pavilion

  1. Scottish Suite
    I. Salmon Leap
    II. Electric Reaper
    III. Amorphous, Cadaverous and Nebulous
    IV. Salmon's Last
  2. Lindsay
  3. K2
  4. Postlude : End Of The Season
  1. Heavens
  2. Spring Meeting
  3. Chinaman
  4. Nocturne
  5. Magic Garden
  6. Von Runkel's Yorker Music
  7. Will O' The Wisp
  8. Tremulous
  9. I Saw You Today
  10. Back To The Pavilion
  • Drums & Percussion : Andy McCulloch
    Bass on (i) (iv) "Scottish Suite" : Mike Rutherford
    Oboe on "Von Runkel's Yorker Music" : Rob Phillips
    Flute on " Tremulous " : Mel Collins
  • アンソニー・フィリップスのプライヴェート・パーツ&ピーセスの第2弾。
    プログレ大曲 ” Scottish Suite ” が収録されていることで有名な作品ではあるが、その他の小曲にも佳曲が多い。
    その中でもコリンズのフルートとフィリップスの12弦ギターだけで構築されている ” Tremulous ” は、ひたすら美しく、演奏時間が僅か1分であることが非常に残念である。
    (追加:2007年10月25日)

 

Copy Copy : Gruppo Sportivo

  1. Don't Count On Me
  2. Goodbye Radio
  3. Police-Dog
  4. It's Too Late
  5. Life In T okyo
  6. I Don't Need You
  7. The Unusual Soup Recipe Blues
  1. Up To Date
  2. Only On Weekend
  3. Watch Your Boy
  4. You And I Will Stick Together
  5. In Love Again
  6. Ramona
  7. What Happened To Romance
  • Mel Collins Sax On ' In Love Again '

  • オランダ 出身のニュー・ウェイヴ・バンド、グルッポ・スポルティヴォのアルバム。
    「ニュー・ウェイヴ」などという単語を使うことに若干の恥ずかしさを感じてしまうが、ブルース系、プログレ系セッションが中心だったコリンズが、キャリアを拡げることに成功した作品と言える。
    そこそこにバラエティに富んだ作品ではあるが、全体としてはあっという間に忘れ去られてしまったのも頷けるレベル。 コリンズは何故か泣きメロが入る楽曲でサックス・ソロを披露している。
    (追加:2012年3月25日)

Top Page