King Crimson Data Base
    John Wetton Discography / the early 1980s

1981

Number The Brave : Wishbone Ash

ナンバー・ザ・ブレイヴ

  1. Loaded
  2. Where Is The Love
  3. Underground
  4. Kicks On The Street
  5. Open Road
  6. Get Ready
  7. Rainstorm
  8. That's That [ writes ]
  9. Roller Coaster
  10. Number The Brave
  • Vocals, Bass Guitar, Keyboards

  • クリムゾン解体後のウェットンが様々なバンドに参加していた時期の作品で、ツアーに参加することなくアルバムのみの参加にもかかわらず、メンバーとしてクレジットされている。 しかし、ウェットンによる ” That's That ” 以外は他のメンバーによる作品で、セッション的参加であることは明か。
    エイジア結成後は聴くことができないごりごりしたベースを堪能することができ、ウェットンのフアンには充分機能する作品である。
    That's That ” はアルバム全体から完全に浮いているのだが、そのポップさはエイジアというより 『 Caught In The Crossfire 』 といったところ。
    (追加:1999年9月10日)

 

Rock Puzzle : Atoll

Rock Puzzle

  • リリースは1993年
  1. L'Age D'or ( dans 8000 ans )
  2. L'Ultime Rock
  3. Kaelka
  4. Smarto Kitschy
  5. Eau ( H20 )
  6. Garces De Femmes
  7. La Maison De Men - Taa
  8. Puzzle
  9. L'Ultime Rock ( Studio Z Version )
  10. Puzzle ( Studio Z Version )
  11. Atari, That's A Game! ( Smarto Kitcshy - American Mix )
  12. Here Comes The Feeling [ writes ]
  13. No Reply [ writes ]
  14. Eye To Eye [ writes ]
  • Lead Vocal, Bass

  • 『 組曲「悪魔」 』 で有名なというか、キングのヨーロピアン・ロック・コレクションの御用達バンドというか、あのアトールとのセッションが、再発されたアトールの本アルバムに収録されている。 ウェットンにしてみれば後のポップ路線を模索するための秘密練習みたいなものだったのかもしれない。
    Here Comes The Feeling ” はエイジアのファーストと歌詞、メロディともほぼ同じ。 それだけに演奏のダサさがとても鼻につく。 エイジアの曲の良さを味わうためには、あの豪華なアレンジが必要であることをあらためて認識できる。
    No Reply ” は、コーラス部分に ” Heat Of The Moment ” と似たコード進行があるが、曲の完成度は低い。
    エイジアのセカンドに同名曲があるものの ” Eye To Eye ” は、歌詞、メロディとも全く別曲である。 エイジアとしてのリハーサルにさえ使われたことがないのは確実なほどの駄曲。
    (追加:1999年9月10日)

 

Hyenas Only Laugh For Fun : Roger Chapman

Hyenas Only Laugh for Fun

  1. Prisoner
  2. Hyenas Only Laugh For Fun
  3. Killing Time
  4. Wants Nothing Chained
  5. The Long Goodbye
  6. Blood And Sand
  7. Common Touch
  8. Goodbye ( Reprise )
  9. Hearts On The Floor
  10. Step Up - Take A Bow
  11. Jukebox Mama
  • Bass Guitar ; Jerome Rimson & John Wetton
    Editing Blocks : Raymond Burrell

  • 前作 『 Mail Order Magic 』 と同じく、The Short List をバック・バンドにしたことにしているチャップマンのソロ。 
    前作と同様、ウェットンのベースは殆ど目立っていない。 シンセサイザーの音が多少うるさくなっている以外は、アルバム全体の印象も前作と変わらず、同時期にレコーディングされている可能性もある。
    (追加:1999年9月10日)

 

1982

ASIA : ASIA

Asia

  1. Heat Of The Moment [ co-writes ]
  2. Only Time Will Tell [ co-writes ]
  3. Sole Survivor [ co-writes ]
  4. One Step Closer [ co-writes ]
  5. Time Again [ co-writes ]
  1. Wildest Dreams[ co-writes ]
  2. Without You [ co-writes ]
  3. Cutting It Fine [ co-writes ]
  4. Here Comes The Feeling [ co-writes ]
  • Geoffrey Downes - Keyboards and Vocals
    Steve Howe - Guitars and Vocals
    Carl Palmer - Drums and Percussion
    John Wetton - Lead Vocal and Bass Guitar

  • この際だからはっきりとさせておきたい。 ASIA のファースト・アルバムは歴史的名盤である。
    アトールとのセッション、『 Caught In The Crossfire 』 といったポップ路線での下積みの成果を、ウェットンが見事に開花させている。 リリース当時には産業ロックと揶揄され、その後まともに評価されることなく今に至っていることが本当に残念でならない。
    ” Heat Of The Moment ” や ” Only Time Will Tell ”といったヒット曲も見事だが、” Wildest Dream ” から ” Here Comes The Feeling ” への流れ、構成は本当に素晴らしいと思う。 A面、B面という古き良き時代の概念が見事に機能している作品だと思う。
    (追加:1999年9月10日)
    (変更:2004年6月25日)

 

Live In Buffalo : ASIA

Live in Buffalo

  • リリースは2003年
  1. Time Again [ co-writes ]
  2. One Step Closer [ co-writes ]
  3. Without You [ co-writes ]
  4. Ancient
  5. Claps
  6. Midnight Sun [ co-writes ]
  7. Only Time Will Tell [ co-writes ]
  1. Cutting It Fine [ co-writes ]
  2. Keyboard Solo
  3. Wildest Dreams[ co-writes ]
  4. Here Comes The Feeling [ co-writes ]
  5. Sole Survivor [ co-writes ]
  6. Heat Of The Moment [ co-writes ]
  • From The ASIA Archives と題されたエイジアの海賊盤音源の公式化シリーズの中で、最初期のライヴを収録した作品。 The Official Asia Web Site で確認したところ、タイトルが正しいのであれば、1982年5月3日の演奏ということになる。
    何よりも音質が良いのが素晴らしい。 『 Alive In Hallowed Halls 』 にしろ、『 QUADRA 』 にしろ、とにかく酷い音源ばかりだったため、初期エイジアのライヴをこれだけの音質で確認できるのが嬉しい。
    高音質のおかけで各人のおかずやちょっとしたアドリブが確認できる一方、聴く者を圧倒するようなライヴならではの演奏が繰り広げられてはいなかったことがわかる。 芸達者なメンバーがこれだけの名曲を演奏し続けるだけで充分なのかもしれないが、バンドとしてのケミストリーは感じられない。 この時期の他のライヴを確認したわけではないので断定はできないが、この辺りがエイジアの早期空中分解の原因のように思える。
    (追加:2004年7月10日)

 

1983

Alpha : ASIA

Alpha

  1. Don't Cry [ co-writes ]
  2. The Smile Has Left Your Eyes [ writes ]
  3. Never In A Million Years [ co-writes ]
  4. My Own Time ( I'll Do What I Want )[ co-writes ]
  5. The Heat Goes On [ co-writes ]
  1. Eye To Eye [ co-writes ]
  2. The Last To Know [ co-writes ]
  3. True Colors [ co-writes ]
  4. Midnight Sun [ co-writes ]
  5. Open Your Eyes [ co-writes ]
  • Vocals and Bass Guitars

  • 多少狙いすぎとも思える ” Don't Cry ” を別にすれば、前作よりプログレ色が若干強くなった、あるいは地味になったところもあるが、ことウェットンのヴォーカルに限れば円熟の極みである。
    完成度の高い楽曲を、分厚いアレンジ、コーラスをバックに浪々と歌い上げるウェットン、正に我が世の春である。 但し年末の来日事件までは(笑)
    (追加:1999年9月10日)

 

Live In Massachussettes '83 : ASIA

Live in Massachussettes '83

  • リリースは2004年
  1. Wildest Dreams [ co-writes ]
  2. Time Again [ co-writes ]
  3. The Heat Goes On [ co-writes ]
  4. Eye To Eye [ co-writes ]
  5. Only Time Will Tell [ co-writes ]
  6. Geoffrey Downs KBD Solo
  7. Beginnings
  8. Valley Of Rocks
  9. Clap
  10. Midnight Sun [ co-writes ]
  1. Don't Cry [ co-writes ]
  2. The Last To Know [ co-writes ]
  3. Open Your Eyes [ co-writes ]
  4. The Smile Has Left Your Eyes [ writes ]
  5. Here Comes The Feeling [ co-writes ]
  6. Carl Palmer Drum Solo
  7. Sole Survivor [ co-writes ]
  8. Heat Of The Moment [ co-writes ]
  • エイジアの海賊盤音源の公式化シリーズ From The ASIA Archives からの作品。
    『 Quadra 』 の Disc 2,3 と同一公演で、同作品には8月22日とクレジットされているが、The Official Asia Web Site によれば8月19日の公演ということになる。
    『 Alpha 』 リリース後、短期間で崩壊した(崩壊させられた?)オリジナル・エイジアによる演奏は粗い。 ハウを筆頭にソロ・パートがひたすら長く、バンドとしてのまとまりはない。
    本作品をもって、From The ASIA Archives のリリースは中断しているが、音質改善を行わないままならば、そろそろ打ち止めとして欲しい。
    (追加:2004年10月25日)

 

Alive In Hallowed Halls : ASIA

Alive in Hallowed Halls

  • リリースは2001年
  1. Intro
  2. Time Again [ co-writes ]
  3. Wildest Dreams[ co-writes ]
  4. Without You [ co-writes ]
  5. Midnight Sun [ co-writes ]
  6. Only Time Will Tell [ co-writes ]
  7. Day Light [ co-writes ]
  8. The Smile Has Left Your Eyes [ writes ]
  9. Keyboard Solo
  10. Don't Cry [ co-writes ]
  11. Open Your Eyes [ co-writes ]
  12. Ride Easy [ co-writes ]
  • vocals / bass

  • オリジナル・メンバーによるライヴ・アルバム。 音のバランスはものすごく悪く、聴いていて疲れる音。
    解体寸前ということもあるのだろうが、メンバー間のコンビネーションは悪く、アンサンブルはバラバラ。 ドラマーを除けばテクニカルと言われてきた人たちの集まりとはとても思えない程。
    マスター・テープのコンディションは確かに悪いが、音程が変化しないままテンポが乱れるのは、やはり演奏上の問題なんだろうなぁ...
    (追加:2001年3月25日)

 

Primitive Guitars : Phil Manzanera

Primitive Guitars

  1. Criollo
  2. Caracas
  3. La Nueva Ola
  4. Bogota
  5. Ritmo De Los Angeles
  6. Europe 70-1
  7. Impossible Guitar
  8. Big Dome
  9. Europe 80-1
  • Bass Guitar

  • Europe 80-1 ”はマンザネラとのデュエット曲。
    とは言え曲のイメージはマンザネラ独りの演奏による他の9曲とほぼ同じ、環境音楽風。 エコーが深くかかったマンザネラのギターと、ウェットンのベースが静かに絡む。
    (追加:1999年9月10日)

 

1985

Astra : ASIA

Astra

  1. Go [ co-writes ]
  2. Voice Of America [ co-writes ]
  3. Hard On Me [ co-writes ]
  4. Wishing [ co-writes ]
  5. Rock And Roll Dream [ co-writes ]
  1. Countdown To Zero [ co-writes ]
  2. Love Now Till Eternity [ co-writes ]
  3. Too Late [ co-writes ]
  4. Suspicion [ co-writes ]
  5. After The War [ co-writes ]
  • Vocals and Bass Guitars

  • グレッグ・レイク事件、ハウの脱退等、ウェットンのビジネス感覚の欠如を示す一連の事件後にリリースされたエイジアのサード・アルバム。 心血を注いだだけに、ウェットンにとってこのアルバムの商業的失敗は相当ショックだったらしい。
    練られたメロディ、ゴージャスなアレンジ、一体このアルバムのどこに問題点があるのでしょう、個人的にはこのアルバムの評価の低さは残念である。 時代感覚が欠如しているだけに、売れなかったのはわかるけどね。
    (追加:1999年9月10日)

 

Eyes Of A Woman : Agnetha Faltskog

Eyes Of A Woman

  1. One Way Love
  2. Eyes Of A Woman
  3. Just One Heart
  4. I Won't Let You Go
  5. The Angels Cry
  6. Click Track
  7. We Should Be Together
  8. I Won't Be Leaving You
  9. Save Me ( Why Don't Ya )
  10. I Keep Turning Off Light
  11. We Move As One [ co-writes ]
  • Drums : Jaime Lane
    Bass : Rutger Gunnarsson
    Guitars : Rick Fenn
    Keyboards And Synthesizers : Vic Emerson
    Percussion And Fender Rhodes : Eric Stewart
    Back Up Vocals : Anders Glenmark, Karin Glenmark, Marianne Flynner, Eric Stewart.

    Mel Collins For Sax Solos On ' We Should Be Together ' And ' One Way Love '

  • 「エイジア」のウェットンとして、元アバのヴォーカリストのアルバムに1曲提供している。『 Astra 』 が商業的に失敗しているものの、「エイジア」ブランドが当時まだ通用していたことを証明する作品。
    このままシンフィールドのように地道に作品提供活動を続けてセリーヌ・ディオンで一発丸儲け、といった選択肢もあっただけに、ウェットンが望まなかったのか、それともコンポーサーとして評価されなかったのか、気になるところである。
    (追加:1999年9月10日)

Top Page