King Crimson Data Base
    Robert Fripp Discography early 1970

1971

Septober Energy : Centipede

Centipede: Septober Energy

  1. Septober Energy
  2. Septober Energy
  3. Septober Energy
  4. Septober Energy
  • Violins :
    Wendy Treacher, John Trussler, Roddy Skeaping, Wilf Fibson, Carol Slater, Louise Jopling, Garth Morton, Channa Salononson, Steve Rowlandson, Mica Gomberti, Colin Kitching, Phillip Saudek, Esther Burgi
    Cellos :
    Michael Hurwitz, Timothy Kramer, Suki Towb, John Rees-Jones, Katherine Thuulborn, Catherine Finnis
    Trumpets :
    Peter Parkes, Mick Collins, Ian Carr ( doubling Flugel Horn ), Mongesi Fesa ( Pocket Cornet ), Mark Charig ( Cornet )
    Altos :
    Elton Dean ( doubling Saxcello ), Jan Steel ( doubling Flute ), Ian McDonald, Dudu Pukwana
    Tenors :
    Larry Stabbins, Gary Windo, Brian Smith, Alan Skidmore
    Baritones :
    Dave White ( doubling Clarinet ), Karl Jenkins ( doubling Oboe ), John Williams ( Bass Saxphone - doubling Soprano )
    Trombones :
    Nick Evans, Dave Amis, Dave Perrottet, Paul Rutherford
    Drums :
    John Marshall ( and all percussion ), Tony Fennell, Robert Wyatt
    Guitars :
    Brian Godding
    Bass :
    Brian Belshaw
    Vocalists :
    Maggie Nicholls, Julie Tippett, Mike Patto, Zoot Money, Boz
    Basses :
    Roy Babbington ( doubling Bass Guitar ), Jill Lyons, Harry Miller, Jeff Clyne, Dave Markee
    Piano :
    Keith Tippett
  • Producer : Robert Fripp.
  • 名盤の誉れ高い、ジャズ・オーケストラ作品。
    ジャズ・ロック、というフィールドに限定する必要はあるが、それでも豪華なメンバーが集まったものだと思う。 これだけのものをまとめることができたのはティペットの才能によるものだと思うが、こうした企画を任せようと思わせるだけの勢い、そして評価が当時のティペットにあったことにも驚かされる。
    個人的には、少人数、あるいはソロでのティペットの演奏の方が好みなのだが、聴く者を圧倒する迫力は突出していると思う。
    フリップについては、
        Bob Fripp ( Guitar ) who was so busy in the Box that he didn't get around to playing
    とクレジットされているが、『 Islands 』 のリハーサルのため客演できないほどの人間が、アルバム全体のプロデュースを行うことができるのか、疑問が残る。
    (追加:1999年1月24日)
    (更新:2004年4月25日)

 

Colin Scot : Colin Scot

Colin Scot

  1. Do The Dance Now, Davey
  2. My Rain
  3. Take Me Away
  4. Confusion
  5. Baby In My Lady
  6. Lead Us
  1. You're Bound To Leave Me Now
  2. The Boatman
  3. Nite People
  4. Hey! Sandy
  5. Here We Are In Progress
  • Imported Guitars

  • ジョン・アンソニーがプロデュースしたことで、ジェネシス、VDGGのメンバーが参加。 他ジョン・アンダーソン、リック・ウェイクマンも参加している。 フリップの参加については、リリース時期がVDGGのアルバムのリリース時期と近いことから、VDGGとのセッションのついでと推測される。
    どの曲に参加しているかはクレジットされていないため、不明。いかにもフリップとわかるのは、” Here We Are in Progress ” の後半で歌メロに絡むギター・ソロだが、大袈裟にかぶってくるストリングスの音がとても邪魔。
    ” Nite People ” のギターもフリップの可能性があるが、歪んでいるだけでおもしろくはない。
    ハミルの名前はコーラスとして ( その他大勢と ) クレジットされているため、フリップと共演したかは不明。
    (追加:1998年11月10日)

 

Fool's Mate : Peter Hammill

Fool's Mate

  1. Imperial Zeppelin 
  2. Candle 
  3. Happy 
  4. Solitude 
  5. Vision  
  6. Re-Awakening
  7. Sunshine 
  8. Child 
  9. Summer Song ( In The Autumn ) 
  10. Viking 
  11. The Birds 
  12. I Once Wrote Some Poems
  • Electric Guitar

  • Imperial Zeppelin ” では、先ずイントロでブザーのようなギターを発振させる。 そして中間部でハーモニクスを多用したソロ(の1歩手前)を演奏している。
    Sunshine ” ではイントロ、サビ、間奏部でワウを使ったフレーズを絡ませている。フリップがワウを 「 いかにもワウ 」 といった音を出すために使用したのは、この曲でのセッションのみである。 フリップの自発的意志によるものなのか、ジョン・アンソニーの要請なのかは不明。
    Child   ” ではアルペイジオもどきを演奏するだけで、印象は地味。
    Viking  ” ではサックス・ソロのバックでミニマル・フレーズを演奏した後、短めのギター・ソロをとる。 ギター・ソロはいかにも、といった音でそれなりに堪能できる。
    The Birds ” ではバッキングともソロとも判別できないギターで1曲まるまる参加しており、印象としては 『 Lizard 』 のA面の音に近い。 レス・ポールのフロント・ピックアップの音がとてもワーミー。
    I Once Wrote Some Poems ” は、ハミルによるシンプルな弾き語りの後、” Imperial Zeppelin ” のイントロと同じギターが発振されて、唐突に曲が終了する。
    (追加:1998年11月10日)

 

Pawn Hearts : Van Der Graaf Generator

Pawn Hearts

  • 1971年  Album
  1. Lemmings ( including Cog ) 
  2. Man-Erg
  3. A Plague Of Lighthouse Keepers
      a. Eyewitness
      b. Pictures/Lighthouse
      c. Eyewitness
      d. S.H.M.
      e. Presence Of The Night
      f. Kosmos Tours
      g.( Custard's ) Last Stand
      h. The Clot Thickens
      i. Land's End ( Sineline )
      j. We Go Now
  • Electric Guitar
  • どの曲に参加されているかはクレジットされていないが、組曲 ” A Plague Of Lighthouse Keepers ” の最終パートである ”We Go Now ” のギターがフリップと思われる。
    フリップのギターは歌メロに絡みながら始まり、他の楽器を全てバックまわして曲の最後まで鳴り響く。 当時のVDGGは、弦楽器の専任者がいなかっただけに、もっと参加してほしかったと思う。
    (追加:1998年11月10日)

 

1972

Curiosities 1972 : Command All Stars

Curiosities 1972

  1. Guilty
    Keith Tippett - piano, Elton Dean - electric piano, Nick Evans - trombone, Mark Charig - cornet, Harry Miller & Johnny Dyani - basses, Keith Bailey - drums
  2. But Insane
    Keith Tippett - piano, Elton Dean - sopranino saxophone, Harry Miller & Johnny Dyani - basses, Keith Bailey - drums
  3. African Sunset
    Harry Miller - African flute, Johnny Dyani - bass, Keith Bailey - drums
  4. African Sunrise
    Keith Tippett - electric piano, Harry Miller & Johnny Dyani - basses
  5. Roots And Wings
    Keith Tippett - piano, Elton Dean - alto/sopranino, Nick Evans - valve trombone, Mark Charig - cornet, Harry Miller & Johnny Dyani - basses, Keith Bailey - drums
  6. Vehim
    Elton Dean - alto saxophone, Nick Evans - trombone, Mark Charig - cornet, Jeff Green - electric guitar, Neville Whitehead - bass, Louis Moholo - drums
  • 1-5
    Recorded February 1/2/3 1972 at Commands Studios, Green Park, London. Produced by Robert Fripp
    Thanks to Trombone player Paul Nieman whose musical contribution was on lost tapes
  • 2008年に発掘された、フリップのプロデュースによるティペット関連の作品。
    もともとは2枚組としてリリースされる予定がお蔵入りになり、ニック・エヴァンスが所有していたサイド2と4に相当するラフ・ミックス段階の音源を作品化したもの。
    録音は、解散が前提にあったクリムゾンのアメリカ・ツアーの直前に行われており、フリップがどこまで関与しているか不明。 オリジナルがフリップのプロデュースで制作されていたとは言え、ラフ・ミックス段階の音源にもフリップのプロデュースをクレジットしてしまうことは、多少無理があるように思える。
    ただ、演奏自体はスリリングで迫力があり、フリップの名前無しでも充分に楽しむことができる。
    (追加:2009年1月10日)

 

Blue Print : Keith Tippett

  1. Song
    Keith Tippett - Piano     Roy Babbington -  Bass    Keith Bailey - Percussion
  2. Dance
    Keith Tippett - Piano     Frank Perry - Percussion    Julie Tippetts - Guitar / Voice    Roy Babbington - Bass
  3. Glimpse
    Keith Tippett - Piano     Roy Babbington - Bass    Frank Perry - Percussion
  4. Blues I
    Keith Tippett - Piano     Roy Babbington - Bass    Julie Tippetts - Voice / Guitar
  5. Woodcut
    Keith Tippett - Piano     Roy Babbington - Bass    Frank Perry - Percussion     Julie Tippetts - Recorder / Voice
  6. Blues II
    Julie Tippetts - Mandolin     Keith Tippett - Piano    Roy Babbington - Bass
  • Producer    Robert Fripp
  • キース・ティペット名義の初アルバム。
    スコアに基づき大編成で演奏された 『 Septober Energy 』 の後だけに、インプロ主体の小編成で構築された本作品では、打楽器や装飾音の領域までカヴァーするティペットのピアノを充分に堪能することができる。
    インプロ主体の演奏は、時にかなりアヴァンギャルドなものになり、個々の音色は美しいものの、全体の音は激しく強烈な印象がある。 フリップとティペットの音楽的共通点を議論することは無意味だと思うのだが、本作品直後の 『 Larks' Tongues In Aspic 』 のインプロ・パートからは、本作品の影響を伺うことができると思う。
    (追加:1999年1月24日)
    (更新:2004年3月10日)

 

Matching Mole's Little Red Record : Matching Mole

そっくりモグラの毛語録

  1. Strting In The Middle Of The Day We Can Drink Our Politics Away
  2. Marchides
  3. Nan True's Hole
  4. Righteous Rhumba
  5. Brandy As In Benj
  6. Gloria Gloom
  7. God Song
  8. Flora Fidgit
  9. Smoke Singal
  • Producer : Robert Fripp
  • ロバート・ワイアットとフリップは Centipede のレコーディングで知り合ったものと思われる。 
    イーノは本作では ” Gloria Gloom ” 1曲にゲスト参加しているだけで、ウニョウニョとしたシンセサイザーを演奏し、アルバムから完全に浮いてしまっている。
    このレコーディングをきっかけにフリップはイーノと知り合い、以後 Fripp & Eno に発展していくことになる。
    (追加:1998年10月10日)

 

1973

No Pussyfooting : Fripp & Eno → Fripp & Eno

Ovary Lodge : Ovary Lodge

  1. First Born
  2. Mountain Temple In Spring
    Part 1 : Amethyst, Gold And Royal Blue ( My way of Saying Thank You )
    Part 2 : A Frail White Butterfly, Beneath The Spell Of Moon Is Sleeping On The Huge Bronze Bell
  3. Tropic Of Capricorn
  4. Come On In
  5. Nursery Rhyme
  6. Sylphs In Pisces
  • Keith Tippett, Piano ( Zither on Tropic Of Capricorn )
    Roy Babbington, Bass
    Frank Perry, Percussion ( Piano Interior on Tropic of Capricorn )
  • Producer Robert Fripp
  • オヴァリー・ロッジ名義の作品。
    全編インプロによる演奏自体はヴァラエティにんでいるのだが、少人数の固定メンバーによる演奏ということもあってか、アルバム全体の統一感は高い。
    この見事なまでの統一感がフリップのプロデュースによるものであれば大変喜ばしいが、どこまで本作品に寄与することができたのかは疑問が残る。
    (追加:1999年1月24日)
    (更新:2004年3月25日)

 

And Now For Something Completely Different! - Sabre Dance : Spontaneous Combustion

Triad

  • Spontaneous Combustion が1973年にリリースしたシングル ” Sabre Dance ” のB面に、フリップがプロデュースした ” And Now For Something Completely Different! - Sabre Dance ” が収録されている。
    フリップによる最初期のプロデュース作品である本楽曲は、ハチャトゥリアンの ” 剣の舞 ” をオーソドックスにカヴァーしたA面に比べ、スローかつ重厚感溢れる演奏となっている。 しかも短時間ではあるが、中間部とラストに、メロトロンが大々的にフィーチャーされている。
    2012年に Esoteric Recordings から再発された 『 Triad 』 のボーナス・トラックとして初CD化されている。
    (追加:2012年10月25日)

 

1974

Here Comes The Warm Jets : Eno

ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ(紙ジャケット仕様)

  1. Needles In The Camel's Eye
  2. The Paw Paw Negro Blowtouch
  3. Baby's On Fire
  4. Cindy Tells Me
  5. Driving Me Backwards
  6. On Some Faraway Beach
  7. Blank Frank [ co-writes ]
  8. Dead Finks Don't Talk
  9. Some  Of Them Are Old
  10. Here Comes The Warm Jets
  • Keyboards: Nick Kool and Koolaids (7)  Nick Judd (4,8)  Andy Mackay (6,9)
    Guitars : Robert Fripp (3,5,7)  Phil Manzanera (1,2,4)  Paul Rudolph (3.10)   Chris 'Ace' Spedding (1,2)
    Bass Guitar : Busta Cherry Jones (2,4,6,8)  BIll MacCormick (1,7)  Paul Rudolph (3,5,10)  John Wetton (3,5)
    Percussion : Simon King (1,3,5,6,7,10)  Marty Simon (2,3,4)  Paul Thompson (8)

    Saxophone septet on 9 : Andy Mackay
    Slide guitars on 9 : Lloyd Watson
    Backing vocals on 6 and 7 : Sweetfeed
    Extra Bass on 2 : Chris Thomas

    Eno sings all other vocals and (occasionally) plays simplistic keyboards, Snake guitar, electric larynx and synthesizer, and treats the other instruments.
  • フリップの攻撃的なギター・ソロを堪能したい、そんな望みを叶えるため ( だけ ) に ” Baby's On Fire ” はつくられたのはないかと思える。それほどフリップのギターが凄まじい。 5分強の曲の半分以上がフリップのギター・ソロによって占められている。
    Driving Me Backwards ” はフリップのギターの断片が効果音的に使われている。イーノによるテープ編集による可能性が高い。
    共作曲である ” Blank Frank ” では、フリップには珍しくファンキーなギターを演奏している。
    Roxy Music のヒストリー・ビデオである 『 Total Recall 』 に、本アルバムのレコーディング場面が収録されているが、フリップは写っていない。 残念。
    尚、” Baby's On Fire ” と Driving Me Backwards ” のベースはジョン・ウェットン。 スタジオに同時に入ったかは不明。
    (追加:1998年10月10日)

 

1975

Evening Star : Fripp & Eno → Fripp & Eno
Live In Paris  28.05.1975 : Fripp & Eno → Fripp & Eno

Another Green World : Eno

  1. Sky Saw
  2. Over Fire Island
  3. St. Elmo's Fire [ Wimshurst Guitar ]
  4. In Dark Trees
  5. The Big Ship
  6. I'll Come Running [ Restrained Guitar ]
  7. Another Green World
  8. Sombre Reptiles
  9. Little Fishes
  10. Golden Hours [ Wimborne Guitar ]
  11. Becalmed
  12. Zawinul / Lava
  13. Everything Merges With The Night
  14. Spirits Drifting
  • 一般にイーノの曲で最もポップな曲と言われる ” St. Elmo's Fire ” において、フリップは激しいギターソロを演奏している。 ギター以外の楽器をイーノが一人で演奏しているにも拘わらず、決して環境音楽にはなっていない。「ウィムズハースト」はイーノの造語で、「非常に高い電圧を発生させる装置で、素早くしかも突然に、2つの電極の間で電気が発生する」装置のことを指すらしい。レコーディング前にイーノは「ウィムズハースト」を絵に描くようにフリップに指示したとのことである。*1
    I'll Come Running ” のギター・ソロは 「 抑えられた ( restrained )」 ところなどなく、やはり激しく弾きまくっている。また、本曲は1975年にリリースされたイーノのシングル ” The Lion Sleeps Tonight ( Wimoweh )  ” のB面としても収録されている。
    Golden Hours ”の 「 wimborne 」 もやはり造語だが意味不明。フリップは間奏部でメロディアスなミニマル・フレーズを演奏している。
    *1:エリック・タム 『ブライアン・イーノ』
    (追加:1998年10月10日)

Top Page