King Crimson Data Base
    Tony Levin Discography / the early 1990s

1992

Us : Peter Gabriel

  1. Come Talk To Me
  2. Love To Be Loved
  3. Blood Of Eden
  4. Steam
  5. Only Us
  6. Washing of the Water
  7. Digging in the Dirt
  8. Fourteen Black Paintings
  9. Kiss That Frog
  10. Secret World
  • Bass : Tony Levin

  • ピーター・ガブリエルの 『 So 』 に続くオリジナル・アルバム。
    一聴地味な印象があるが、各曲の良さ、アルバムとしての完成度は高く聴いていて飽きない作品である。 過度な大衆性が無いだけで、意外なほど 『 So 』 と路線は同じである。 知ってもらうこと、が必要無くなったガブリエルが、『 So 』 を突き詰めていった作品なのかもしれない。
    本作品がリリースされた1992年は、クリムゾンの存在がフリップの脳内にしかなかった頃で、レヴィンは本作、そして本作品後のライヴにおいて、正にピーター・ガブリエル・バンドの一員として大活躍している。
    (追加:2015年8月10日)

 

Steam : Peter Gabriel

  1. Steam [ album version ]
  2. Games Without Frontiers [ Massive / DB mix ]
  3. Steam [ Oh, Oh, Let Off Steam Mix 12" ]
  4. Steam [ Oh, Oh, Let Off Steam dub ]
  • 『 US 』 からのシングル。
    アルバム・ヴァージョンの ” Steam ” と、そのリミックスにレヴィンのベースがレヴィン。
    スティームを爆発( let off )させてはマズいと思うが、なんとなくそんな風のミックスがされている。
    (追加:2017年6月25日)

 

Digging in the Dirt : Peter Gabriel

  1. Digging in the Dirt [ lp version ]
  2. Digging in the Dirt [ instrumental ]
  3. Quiet Steam
  4. Bashi - Bazouk
  • 『 US 』 からのシングル。
    ” Digging in the Dirt ” はアルバム・テイクとインストを収録。 そして ” Steam ” は爆発 ( let off ) ではなく、穏やかな( Quiet ) なヴァージョンが収録されている。
    (追加:2017年6月25日)

 

Blood of Eden : Peter Gabriel

  1. Blood Of Eden [ album version ]
  2. Mercy Street
  3. Sledgehammer
  • Bass    Tony Levin
  • 『 US 』 からのシングル。
    『 So 』  から ” Mercy Street ” のリミックスと、” Sledgehammer ” も収録されている。
    クレジットは ” Blood Of Eden ” にのみ記載されているが、『 So 』 のクレジットによれば残り2曲にもレヴィンは参加していることになる。
    (追加:2016年6月25日)

 

Drawing : 大貫妙子

  1. OKAVANGO [ Bass : Tony Levin ]
  2. White Wolf [ Bass : Tony Levin ]
  3. 素直になりたい [ Bass : Tony Levin ]
  4. dreamland
  5. 哀しみの足音
  6. Dr. ドリトル [ Bass : Tony Levin ]
  7. What to do 'cause love you [ Bass : Tony Levin ]
  8. 静かな約束 [ Bass : Tony Levin ]
  9. 恋に落ちて
  10. あなたと私
  • 大貫妙子のソロ・アルバムに、レヴィンはジェリー・マロッタとのリズム隊で参加している。
    シャレオツの音楽は私の日時用生活の範疇外なのだが、レヴィン&マロッタのリズム隊のタイトな演奏がそこにフィットしていることは良く分かる。 クレジットを見るとレコーディングは複数箇所で行われており、レヴィン&マロッタの演奏はニューヨークで行われたものと推測されるのだが、そこでケミストリーが発生する機会があったとは思えず、スタジオに到着したレヴィンがスコアを渡されてそのまま演奏した、という可能性が非常に高い。
    (追加:2015年10月25日)

 

1993

Spin 1ne 2wo : Spin 1ne 2wo

スピン・ワン・ツー

  1. All Along The Watchtower
  2. Can't Find My Way Home
  3. Angel
  4. White Room
  5. Reason To Believe
  6. You Keep Me Hanging On
  7. Black Dog
  8. On The Road Again
  9. Feel Like Makin' Love
  10. Reeling In The Years
  11. Who Are You
  12. Kashmir
  • Paul Carrack     Lead vocals, backing vocals and Hammond
    Steve Ferrone    Drums and percussion
    Rupert Hine    Keyboards, harmonica and backing vocals
    Tony Levin    Basses and stick
    Phil Palmer    Guitars

  • ロック・スタンダードのカヴァー・アルバム。 1993年に発売された(らしい)作品が、この度再発された。
    アレンジはオーソドックス。 こうしたカヴァーの場合、当人達にしてみると一捻りしたつもり、でも聴いている側にしてみると奇をてらいすぎ、というパターンが多いのだが、本作品の場合そのようなことはなく、安心して聴き続けることができる。 この辺りは、プロデュースも行ったルパート・ハインのセンスの良さによるものだと思う。
    レコーディングの準備にどれだけ時間をかけたかはクレジットがないため不明だが、レヴィンにしてみれば一瞬の作業であった可能性が高い。 ただ、後に Tony Levin Band で ”
    Black Dog ” をとりあげたりするきっかけは、このあたりにあったのかもしれない。
    (追加:2010年2月25日)

 

1994

Healing Bones : Jules Shear

Healing Bones

  1. Listen To What She Says
  2. A Bird In That Cage
  3. Healing Bones
  4. The Sun Ain't Gonna Shine Anymore
  5. Over The Lane
  6. When You Finally Gonna Come Through
  7. Never Again Or Forever
  8. Heaven / Hell
  9. Two Friends
  10. How Many Wheels
  11. A Prayer ( For Those Not Here )
  12. By And By
  • Musicians
    Jules Shear with
    Jerry Marotta ・ drums
    Tony Levin ・ basses
    Elliot Easton ・ guitar
    Rod Argent ・ keyboards
  • セッション・ミュージシャンとしてのレヴィンの活動を的確にとらえた作品。
    ライナーによれば、ジュールズ・シアーという人はシンディ・ローパーやバングルスのヒット曲の作者であったり、MTVアンプラグドの初代司会者であったりしたとのこと。 好意的にとらえようとすれば通好みのキャリアということになるのだろうが、実際のところは二線のミュージシャンなのだと思う。
    楽曲も平凡でヴォーカルに魅力があるわけでもなく、それなり以上のミュージシャンを揃えておいてこれはないだろう、と思わず突っ込みたくなるような作品。
    レヴィンのプレイは正しくセッション・ミュージシャンとしての演奏で、目立つことなく淡々とこなされている。 レコーディングに来て譜面渡されて1時間で演奏、そんな世界なんだと思う。
    (追加:2005年6月10日)

 

SW Live EP : Peter Gabriel

  1. Red Rain
  2. San Jacinto
  3. Mercy Street
  • bass, vocals : Tony Levin
  • 『 Secret World Live 』 に先行して発表されたピーター・ガブリエルのライヴEP。
    同作未収録の ” San Jacinto ” と ” Mercy Street ” が含まれており、特に 『 Plays Live 』 との重複を避けるためにオミットされたと思わえる ” San Jacinto ” が嬉しい。
    アルバムからのシングル・カットではなく、先行作品と位置づけられているためか、レヴィンの参加もしっかりとクレジットされている。
    (追加:2016年6月25日)

 

Secret World Live : Peter Gabriel

  1. Come Talk To Me
  2. Steam
  3. Across the River
  4. Slow Marimbas
  5. Shaking the Tree
  6. Red Rain
  7. Blood of Eden
  8. Kiss That Frog
  9. Washing of the Water
  10. Solsbury Hill
  1. Digging in the Dirt
  2. Sledgehammer
  3. Secret World
  4. Don't Give Up
  5. In Your Eyes
  • Peter Gabriel      harmonica
    Manu Katche      drums
    Tony Levin      bass, vocals
    David Rhodes      guitar, vocals
    Jean Claude Naimro      keyboards, vocals
    Paula Cole      vocals
    Shankar      violin, vocals
    Levon Minassian      doudouk

  • 16-17,11,93
    Palasport Nuovo, Modena, Italy

  • 1993年にイタリアで行われたライヴ・アルバム。
    『 So 』 と 『 Us 』 の楽曲を中心としたこの時期のベスト選曲であり、『 Plays Live 』 と唯一重複収録されている ” Solsbury Hill ” もこの時期の音の肌触りになっている。
    アルバムは世界中で大ヒット、ライヴは超満員。 そんなガブリエルとの活動に一旦区切りを着け、レヴィンはこの作品後ダブル・トリオ編成のクリムゾンで活動していくことになる。
    (追加:2015年8月10日)

 

1995

What's Inside : Joan Armatrading

What's Inside

  1. In Your Eyes [ Bass ]
  2. Everyday Boy [ Bass ]
  3. Merchant Of Love [ Bass ]
  4. Shapes And Sizes [ Bass ]
  5. Back On The Road [ Bass ]
  6. Lost The Love
  7. Songs [ Bass ]
  8. Would You Like To Dance
  9. Recommend My Love
  10. Beyond The Blue
  11. Can't Stop Loving You [ Bass ]
  12. Shape Of A Pony [ Bass ]
  13. Trouble [ Bass ]
  • ジョアン・アーマトレイディグというソウル系ヴォーカリストの作品。
    取り立てて特徴もない作品とヴォーカルだが、ベースだけが唐突に豪華。 レヴィンの他にクレジットされているのが、ストーンズと活動をしているダリル・ジョーンズで、” Everyday Boy ” はツイン・ベースで演奏されている。
    正直ちょっと、もったいない...
    なお、” Shape Of A Pony ” には、ボズが Penny Whistle を演奏(?)している。
    (追加:2006年10月10日)

Top Page