King Crimson Data Base
    Trey Gunn Discography

Ophelia's Shadow : Toyah

Ophelia's Shadow

  • 1991年  Album
  1. Ophelia's Shadow
  2. The Shaman Says
  3. Brilliant Day [ co-writes ]
  4. Prospect
  5. Turning Tide
  6. Take What You Will
  7. Ghost Light
  8. The Woman Who Had An Affair With Herself
  9. Homeward
  10. Lords Of The Never Known [ co-writes ]
  • Toyah Willcox - Vocals
    Trey Gunn - Stick, Keyboards
    Tony Geballe - Guitars, Computer
    Paul Beavis - Drums, Percussion
  • Mixed by Toyah & Robert Fripp
    Thank you to Keith Tippett for Keyboards on "Lords of the Never Known" and to Gordon Haskell for keyboard intro on "Ophelia's Shadow"

  • Sunday All Over The World の 『 Kneeling At The Shrine 』 と同時期にレコーディングされた作品。
    ギターがフリップか Tony Geballe かの違いだが、よりコマーシャルな作品となっている。
    (追加:2010年4月10日)

 

One Thousand Years : Trey Gunn

One Thousand Years

  • 1993年 Album
  1. The Night Air
  2. The Screen Door and the Flower Girl
  3. Killing for London
  4. Real Life
  5. Into the Wood
  6. The Gift
  7. Take This Wish
  8. One Thousand Years
  • Trey Gunn - Stick, Voice
    Serpentine - Voice
    Bob Muller - Tabls, Percussion, Drums
    Pat Mastelotto - Drums on "Killing for London"
    Xan - Additional Voice on Tr 4 & 7
  • 一番最初にガンのことを意識したのは、シルヴィアン&フリップの初来日公演だった。 地味目な二人の真ん中に立ちスティックを演奏するガンの姿は、ヴィジュアル的にも優れていた。 トーヤのソロやサンディー・オール・オーヴァー・ザ・ワールド等での「フリップ関連作品にクレジットされるようになった人」から「フリップの愛弟子」に昇格した瞬間であり、その後のダブル・トリオ・クリムゾンへの参加も自然な流れに思えた。
    本作品はダブル・トリオ・クリムゾンへの作品がリリースされる前年、多分ガンが何をやっても肯定的に受け止められていた時期に発表された。
    スティックでほとんどの旋律を表現しているのが当人としてはウリなのだろうが、中近東風の楽曲とクリムゾン・ライクな攻撃的な曲の融合と簡単にまとめることができ、意外性が少ない作品。
    (追加:2006年12月25日)

 

The Joy Of Molybdenum : The Trey Gunn Band

The Joy of Molybdenum

  • 2000年 Album
  1. The Joy Of Molybdenum
  2. The Glove
  3. Hard Winds Redux
  4. Rune Song : The Origin of Water
  5. Untune the Sky
  6. Sozzle
  7. Gate of Dreams
  8. Brief Encounter
  9. Tehlikeli Madde
  • Bob Muller    drum kit, tabla, darbouka, bodhran, dumbek, gamelan drum, rik, metals, shakers
    Tony Geballe    electric guitar, saz, acoustic 12-string guitar, leslie guitar, UPS guitar
    Trey Gunn    8, 10 and 12 string touch guitars, mellotron, theremin, shortwave, smokey guitar

  • バンド名義のガンの作品。
    とは言っても、他のソロ名義の作品と大きく異なる点はなく、中近東風の楽曲にガンのソロが絡むパターンが頻出している。 強いて異なる点を挙げるとすれば、ヴォーカルが参加している曲が無いことくらいだ。
    ガンはこれからどうしていくのだろうか? ソロ・アーティストとしてのガンの熱烈なフアン!、などという人は多分殆どいないだろうし、クリムゾンの冠が外れた彼の作品が日本で紹介される機会もどんどん減っていくと思われる。
    クリムゾン脱退前に、非フリップ人脈との交流をもう少し拡げておけばよかったのに、などと余計なお世話とわかりながらついつい考えてしまう。
    (更新:2008年6月25日)

 

Untune The Sky : Trey Gunn

Untune the Sky

  • 2003年 Album

   Audio CD

  1. Sozzle
  2. The Glove ( Live )
  3. Killing For London
  4. The Third Star ( Alternate Mix )
  5. Take This Wish ( Alternate Mix )
  6. August, 1997
  7. Rune Song
  8. Puttin' On The White Shirt
  9. Brief Encounter
  10. Arrakis
  11. The Cruelest Month ( Unreleased )
  12. The Gift
  13. Hootenanny At The Pink Pussycat Cafe
  • Trey Gunn - Warr Guitar (1,2,7,9,11,13), Chapman Stick (3,4,5,6,8,12), Voice (3,4,11)
    Bob Muller - Drums, Percussion, Tabla (1,2,5,6,7,8,9,10)    Alice - Voice (4)    Serpentine - Voice (3,5)
    Dave Douglas - Trumpet (8)    Tony Gaballe - Saz (1), Guitar (2,7), 12-String Guitar (9)
    Joe Mendelson - Warr Guitar (2)    Pat Mastelotto - Drums (3)     Bill Riefin - Drums (13)
    Robert Fripp - Organ Guitar (13)

   DVD Live

  1. Kuma
  2. Sozzle
  3. Hard Winds
  4. Gate Of Dreams
  5. Rune Song : The Origin Of Water
  6. Brief Encounter
  7. Arrakis
    Video Montages
  8. The Cruelest Month
  9. Indiera
  10. Aquiring Canopus
  11. One Thousand Years ( 2nd Traverse )
  • Live     Trey Gunn, Joe Mendelson, Tony Gaballe, Bob Mullerr
    Video Montages     Trey Gunn, Bob Mullerr (9), Serpentine (9), Pat Mastelotto (10)
  • ガンのルックスは、何故ここまで崩れてしまったのだろうか?
    「あのフリップに抜擢された」という贔屓目があったのも事実だが、シルヴィアン&フリップでの来日、そしてクリムゾンのメンバーに昇格したあたりは、レヴィンにまけない身長の高さとストレートのロン毛が非常に格好よく思えた。 ところが、である。 2003年の来日公演におけるブリュー&ガンの「中年オヤジの肌着&太鼓腹」姿は酷かった。 キャラが立ってるブリューはともかく、ガンの姿はあまりにも破壊力があるものだった。
    本作品は、そんなガンがクリムゾンから脱退したのに併せてリリースされたベスト・アルバム。 DGMのECサイトで取り扱われていないところに、かってな邪推をしてしまう。
    CDにはミックス違いの曲が含まれているが、元の作品もそれほど聴きこんでいるわけではないのでたいした違いは感じられない。
    DVDでは、ウォー・ギターでソロ、リフ、ベースをどのように切り分けながら演奏しているのかがよくわかり、達者な芸に見入ってしまう反面、ウォー・ギター奏者を複数入れてお互いを補うくらいなら、はじめから専任奏者で固めればいいのではないか、などど不埒なことを考えてしまう。 ライヴで一番うけているのが、メンバーの超絶テクではなく、しこみのお姉ーちゃんが自分の乳首を舐めながら踊る場面、というのがなんとも情けない。
    (追加:2004年3月10日)

 

TU : Trey Gunn Pat Mastelotto
  • 2004年 Album
  1. Untamed Chicken
  2. Absinthe & a Cracker
  3. The NOOOSE
  4. XTCU2
  5. Make my grave in the shape of a heart
  6. Terry's breath
  7. Snap, Crackle, Moo
  8. Hotel Fandango
  9. Misery Die... Die... Die
  10. Orlando in Bloom
  11. Pony
  12. Jamoohra
  13. Dakota
  14. Coda to Dakota

  • Improvised by TU. nurtured & recorded Nov 6th - 14th 2002 at Matt Chamberlain's Seattle loft by Bill Munyon
    Additional recording : The Zone, The Tracking Room and Hotel rooms around the world
  • マステロットとガンによるデュオ作品。
    詳細はマステロットのページを参照してください。
    (追加:2004年4月25日)

 

8 Armed Monkey : KTU

8 Armed Monkey

  • 2005年 Album
  1. Sumu
  2. Optikus
  3. Sineen
  4. Absinthe
  5. Keho
  • Trey Gunn - Warr guitar
    Samuli Kosminen - accordion samples, voice samples
    Pat Mastelotto - rhythmic devices
    Kimmo Pohjonen - accordion, voice
  • Produced : Pat Mastelotto with Kimmo Pohjonen and Phillip Page
    Mixed, engineered, edited and assembled : Pat Mastelotto at the Zone Studio & Pat's Garage, Austin Texas
    Assistant engineer : Pat Mastelotto at the Zone
  • Recorded : April, 2004 live at Eggman, Tokyo by Shigeru Sugiyama and Nosturi, Helsinki by Petteri Laukkanen
  • マステロットとガンによるTUに、アコーディオン・デュオが加えた日本でのライヴを収録した作品。
    (追加:2007年5月15日)

 

Beyond Even ( 1992-2006 ) : Fripp & Eno

BEYOND EVEN 1992-2006(完全限定2CDエディション)

  • 2007年  Album
  1. Ringing Beat
  2. Gasp
  3. Sneering Loop
  4. Tripoli 2020
  5. Behold The Child
  6. Timean Sparkles
  7. Dirt Loop
  8. The Idea Of Decline
  9. Deep Indian Long
  10. Hopeful Timean
  11. Glass Structure
  12. Voices
  13. Cross Crisis In Lust Storm
  • All music performed and composed by Brian Eno and Robert Fripp
    Except track 10 : Fripp & Eno with Tim Harries  track 13 : Fripp & Eno with Trey Gunn
    Produced by Brian Eno
  • フリップ&イーノのベストを含めた5作品目。
    ガンは、アップ・テンポな ” Cross Crisis In Lust Storm ” 1曲のみクレジットされている。
    (追加:2007年11月25日)

 

Quiver : KTU

Quiver
  • 2009年  Album
  1. Fragile Sun
  2. Kataklasm
  3. Nano
  4. Quiver
  5. Purga
  6. Womb
  7. Wasabi Fields
  8. Jacaranda
  9. Aorta
  10. Miasmaa
  11. Snow Reader
  • Trey Gunn - Warr guitar
    Kimmo Pohjonen - accordion, voice
    Pat Mastelotto - Rhythmic devices, beats and noises

  • ガンとマステロットによる KTU の作品。
    未だにガンとマステロットは好きになれない。 中高生時代、「あの作品は好きだけどあいつは好きになれない」とか、色々と青い議論をしたことを思い出すと、泣きたくなるくらい赤面してしまう。 流石にそんなことは最近はない! などと思いながらも、ガンとマステロットに対して本気になりきれない自分がいたりする。 マステロットの編集作業が好きになれなかったことと、ガンが Warr guitar でソロを弾く時に恍惚の表情を浮かべるが耐え切れなかった事が原因だとわかってはいるのだが。
    そんな2人の作品の中でも、KTU の作品は好きだ。 楽曲の完成度が高いのも勿論だが、ヴァラエティに富むために入れているだろうアコーディオン無しでも充分に迫力のある演奏である。
    (追加:2012年10月25日)

 

Ultimate Zero Tour - Live : Eddie Jobson

アルティメット・ゼロ・ツアー-ライヴ(Ultimate Zero Tour-Live)

  • 2010年 Album
Disc U
  1. Alaska
  2. Presto Vivace
  3. In The Dead Of The Night
  4. Starless
  5. Zero 1 [ Ric ]
  6. Book Of Saturday
  7. Zero 2 [ Marco ]
  8. One More Red Nightmare
  9. Caesar's Palace Blues
  10. Sahara Of Snow Pt. II
Disc Z
  1. Zero 3 [ Tony ]
  2. Red
  3. Zero 4 [ Trey ]
  4. Awakening
  5. Zero 5 [ Eddie ]   - Ice Festival, Theme Of Secrets, Prelude
  6. Carryin No Cross
  7. The Only Thing She Needs
  8. Nevermore ( Ending )
  • The U-Z Project :
    Eddie Jobson - Keyboards, Electric Violin
    with:
    John Wetton - Vocals, Bass, Acoustic Guitar    U3-4, U-6,U8-10, Z6-8
    Tony Levin -   Stick  U3-4, U6,U8-10, Z7-8
    Greg Howe - Guitar    U1-4, U8-10, Z2, Z4, Z7-8
    Trey Gunn - Touch Guitar    Z3-4
    Ric Fierabracci - Bass    U1-2, U5, Z2
    Simon Phillips - Drums    Z4
    Marco Minnemann - Drums    U1-4, U7-10, Z2, Z4, Z6-8
  • エディ・ジョブソンによるプログレ再演バンド。
    ウェットン、レヴィンが参加となると、ガンの扱いは低い。
    (追加:2010年12月10日)

Top Page