King Crimson Data Base
    Robert Fripp Discography / the early 1990s

1991

Ophelia's Shadow : Toyah

Ophelia's Shadow

  1. Ophelia's Shadow
  2. The Shaman Says
  3. Brilliant Day [ co-writes ]
  4. Prospect
  5. Turning Tide
  6. Take What You Will
  7. Ghost Light
  8. The Woman Who Had An Affair With Herself
  9. Homeward
  10. Lords Of The Never Known [ co-writes ]
  • Mixed by Toyah & Robert Fripp

  • Sunday All Over The World の 『 Kneeling At The Shrine 』 と同時期にレコーディングされている本作において、フリップは演奏は行わず、共作2曲とミックス作業を行っている。
    フリップここにあり、といった印象は全くなく、存在感はとっても薄い。
    (追加:1999年5月25日)

 

1992

Nerve Net : Brian Eno

  1. Fractal Zoom [ Pin-Trumpet Guitar ]
  2. Wire Shock
  3. What Actually Happened?
  4. Pierre In Mist
  5. My Squelchy Life
  6. Juju Space Jazz [ Early 50's Guitar ]
  7. The Roil, The Choke
  8. Ali Click
  9. Distributed Being [ Solo Guitar ]
  10. Web [ Solo Guitar ]
  11. Web ( Lascaux Mix ) [ Solo Guitar ]
  12. Decentre
  • 「 Pin - Trumpet Guitar 」 というのは、「 かすかに聞こえるトランペットのような音のギター 」 のことなのであろうか? イーノのアルバムにおけるフリップのギターは、ソロをとらない場合加工され、断片的、効果音的に使用されることが多いため、判別しにくいことがある。” Fractal Zoom ” でのギターはまさにそのパターンである。
    Juju Space Jazz ” でのギターは、「Early 50's Guitar」 などとクレジットされているためロカビリーの様な音が期待されるが、” Fractal Zoom ” と同じくよくわからない。
    Distributed Being ” では曲中程で激しく弾きまくるフリップのギターを充分に堪能することができる。
    Web ” は一定のリズムのもと、フリップの演奏を含め各楽器がイーノによってコラージュされている。
    総じて、本アルバムにおけるフリップはイーノに使われている印象が強い。
    (更新:2000年12月10日)
  • 2014年に本作品が再発された際、『 Nerve Net 』  の前に録音され発売される予定であった 『 My Squelchy Life 』 がボーナスCDに収録された。
    『 Nerve Net 』  と同じくフリップが参加していたこともあり、その内容に対する期待は高かったのだが、収録されたボーナスCDについてのクレジットは全く無いため、フリップの演奏を明確に確認することができない。
    1993年に発売されたイーノのボックス 『 Brian Eno II 』 には、同作から5曲が収録されており、そのクレジットに従えば以下の通りとなる。
        ” I Fall Up ” には、フリップは 「 Pin Trumpet Guitar 」 として参加している。
        ” Stiff ”、” Some Words ”、” Under ”、” Over ” には参加していない。
    また、『 Nerve Net 』 と収録曲と比較すると、以下の通りとなる。
        ” Juju Space Jazz ” には、フリップは「 Early 50's Dub Guitar 」として参加している。
        ” My Squelchy Life ” には参加していない。
    よって、残る4曲にフリップが参加しているのかがポイントなのだが、いかにもフリップ!という演奏が無いため判別することができない。 残念。
     1.  I Fall Up
     2.  The Harness
     3.  My Squelchy Life
     4.  Tutti Forgetti
     5.  Stiff
     6.  Some Words
     7.  Juju Space Jazz
     8.  Under
     9.  Everybody's Mother
     10.Little Apricot
     11.Over
    (追記:2014年12月25日)
  • 2015年の Record Store Day 2015 において 『 My Squelchy Life 』 のアナログ2枚組が発売された。
    CDに未収録の ” Rapid Eye ” が収録されたことに加え、1曲毎に参加ミュージシャンがクレジットされており、フリップの参加曲が確定した。
      1. I Fall Up [ Robert Fripp : Pin Trumpet Guitar ]
      2. Not To Fail In The Harness
      3. My Squelchy Life
      4. Some Words
      5. Tutti Forgetti
      6. Stiff
      7. Juju Space Jazz [ Robert Fripp ・ Early 50's Dub Guitar ]
      8. Under
      9. Rapid Eye
      10. Everybody's Mother
      11. Little Apricot
      12. Over
    (追記:2018年4月10日)

 

Fractal Zoom : Brian Eno

Fractal Zoom

  1. Fractal Zoom ( Separate Time Edit )
  2. Fractal Zoom ( Mary's Birthday Edit )
  3. Fractal Zoom ( Up River Mix )
  4. Fractal Zoom ( Small Country )
  5. The Roil, The Choke
  6. Fractal Zoom ( Naive Mix I )
  7. Fractal Zoom ( Zaire Mix )
  8. Fractal Zoom ( Naive Mix II )
  9. Fractal Zoom ( Landed Mix )
  10. Fractal Zoom ( Bucolic Mix )
  11. Fractal Zoom ( Separate Time Full Length )
  12. Fractal Zoom ( Mary's Birthday Mix )
  • GUITAR : ROBERT 'SLIPSTREAM' FRIPP
  • 『 Nerve Net 』 収録の ” Fractal Zoom ” を11バージョンおさめたマキシ・シングル。 とはいえ収録時間は70分を超えている。
    元々のアルバム自体、フリップがレコーディングに参加したというより、フリップのプレイをサンプリングした、と捉えた方が良いだけに、リミックス集である本マキシ・シングルのどこにフリップのプレイが活かされているのかを判別しようとするのは全く不可能。
    (追加:2000年12月10日)

 

" Water " : David Cunningham

Water

  1. Stars [ Guitar ]  [ co-writes ]
  2. The Next Day
  3. Once Removed
  4. The Fourth Sea
  5. White Blue And Grey
  6. Shade Creek
  7. Short Winter's Day
  8. Blue River
  9. Beneath The Vines
  10. Yellow River
  11. Low Sun
  12. Only Shadows
  13. A Liquid Hand
  14. Dark Ocean
  15. The Same Day
  • Stars ” において、再びカニンガムと共作しているものの、コードをつま弾くだけで、面白くない。
    しかし、フリップとカニンガムって一体どういう関係なのだろうか? 共作クレジットまでするくらいなのだから、単なるゲスト参加を繰り返しただけとも思えないし。 不思議だ。
    (追加:1999年1月10日)

 

4-5-6 : The Grid

4,5,6

  1. Face The Sun
  2. Ice Machine [ Guitar, Frippertronics ]
  3. Crystal Clear
  4. Aquarium [ Guitar ]
  5. Instrument
  6. Heartbeat
  7. Oh Six One
  8. Figure Of 8
  9. Boom!
  10. Leave Your Body
  11. Fire Engine Red [ Guitar ]
  • リリースされた当時はグリッドの名前は無名に近く、フリップの参加がかなり唐突な印象を受けたアルバム。 テクノやアンビエントとの共演はフリップの中で消化され、Double Trio Crimson で実を結ぶことになるが、フリップの活動全てをテクノやアンビエントのフィールドで語ろうとする機会が増える契機にもなってしまった。
    Ice Machine ” ではリズム・チェンジの直前で激しく弾きまくり、曲の最後にフリッパートロニクスによるフニャフニャがフィーチャーされている。
    Aquarium ” では、後半アンディ・マッケイのサックス・ソロの前に、曲の主旋律をゆったりと演奏している。
    Fire Engine Red ” はタイトルから期待するところが大だが、イントロと間奏で一定のフレーズを繰り返すだけで残念。
    (追加:1998年10月25日)

 

1993

The First Day : David Sylvian & Robert Fripp → Sylvian & Fripp
Jean The Birdman : David Sylvian & Robert Fripp Sylvian & Fripp

Jean The Birdman : David Sylvian & Robert Fripp Sylvian & Fripp
Darshan : David Sylvian & Robert Fripp → Sylvian & Fripp

Brian Eno I  instrumental : Brian Eno

Disc 1
1. Another Green World  2. Energy Fools the Mountain  3.Dover Beach  4. Slow Water  5. Untitled  6. Chemin de Fer  7. Empty Landscape  8. Reactor  9. The Secret  10. Don't Look Back  11. Marseilles  12. Two Rapid Formations  13. Sparrowfall I  14. Sparrowfall II  15. Sparrowfall III  16. Events in Dense Fog  17.'There Is Nobody'  18. Patrolling Wire Borders  19. A Measured Room  20. Task Force   21. M386  22. Final Sunset  23. The Dove  24. Roman Twilight   25. Dawn, Marshland  26. Always Returning I  27. Signals  28. Drift Study  29. Approaching Taidu  30. Always Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Theme from 'Creation'  2. Saint Tom  3. Warszawa  4. Chemistry  5. Courage  6. Moss Garden  7. Tension Block  8. Strong Flashes of Light   9. More Volts  10. Mist  / Rhythm  11. Ho Renomo  12. Stream with Bright Fish  13. Fleeting Smile  14. An Arc of Doves  15. Stars   16. An Index of Metals ( edit )

Disc 3
1. 1/1  2. Ikebukuro ( edit )  3. The Lost Day  4. Thursday Afternoon ( edit )  5. Discreet Music ( edit )  6. Dunwich Beach, Autumn 1960  7. Neroli ( edit )

  • イーノ箱のインスト編。
    CD1 は 『 Music for Films 』 シリーズを中心とした初期楽曲、CD2 はコラボ作品、CD3 は長尺アンビエントもの、と大別はできるが、続けて聴いているとどの曲だかわからなくなったりする。
    フリップが参加しているのは、『 Music for Films ( Directors Edition ) 』 からとクレジットされた ” Slow Water ” と、Fripp & Eno による7分程度にエディットされた ” An Index of Metals ( edit ) ” 。 Fripp & Eno の楽曲がもう少し収録されていても良かったのではないかと思う。
    (追加:2011年4月10日)

 

Brian Eno II  vocal : Brian Eno

Eno 2 

Disc 1
1. Needless in the Camel's Eye  2. Baby's on Fire   3. Cindy Tells Me  4. On Some Faraway Beach  5. Blank Frank  6. Dead Finks Don't Talk  7. Some of Them Are Old   8. Here Come the Warm Jets  9. Seven Deadly Fins  10. Burning Airlines Give You So Much More  11. Back in Judy's Jungle  12. The Great Pretender   13. Third Uncle  14. Put a Straw Under Baby  15. The True Wheel  16. Taking Tiger Mountain  17, The Lion Sleeps ( Wimoweh ) Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Sky Saw  2. Over Fire Island  3. St. Elmo's Fire  4. In Dark Trees  5. The BIg Ship  6. I'll Come Running  7. Sombre Reptiles   8. Golden Hours  9. Becalmed   10. Zawinul / Lava  11. Everything merges With The Night  12. Spirits Drifting  13. No-One Receiving  14. Backwater  15. Kurt's Rejoinder   16. King's Lead Hat  17. Here He Comes  18. Julie With...  19. By This River  20. Through Hollow Lands   21. Spider & IT

Disc 3
1. R.A.F.  2. America Is Waiting  3. Regiment   4. The Jezebel Spirit  5. Wire Shock  6. Ali Click  7. Spinning Away   8. Empty Frame  9. River  10. The Soul of Carmen Miranda  11. The Belldog  12. I Fall Up  13. Stiff 14. Are They Thinking of Me ?  15. Some Words  16. Under  17. Over

  • イーノ箱のヴォーカルあり編。
    編集はほぼ年代順で、シングル曲や未発表曲も収録しており、コンピレーションとしての完成度は非常に高い。
    リリース直後の 『 Nerve Net 』 の扱いは低いものの、それ以前の作品からはフリップ参加はしっかりと収録されているのが嬉しい。 またリリースが見送られた 『 My Squelchy Life 』 からの曲が収録された結果、フリップ参加の ” I Fall Up ” を聴くことができる。 後半のギター・ソロがフリップと思われるが、激しく弾きまくっているだけに、もう少し前面にでるミックスをしてほしかった。
    (追加:2011年4月10日)

 

Yamanashi Blues : The California Guitar Trio

Yamanashi Blues

  1. Yamanashi Blues
  2. Melrose Avenue
  3. Corrente
  4. Walk Don't Run
  5. Ricercar
  6. Pipeline
  7. Beeline
  8. Chromatic Fugue In D Minor
  9. Tenor Madness
  10. Sleepwalk
  11. Carnival
  12. Prelude In C Minor
  13. Ciaccona
  14. Blockhead
  15. Kan - non Power
  • The California Guitar Trio is
    Bert Lams
    Paul Richards
    Hideyo Moriya
  • Executive Producer    Robert Fripp
  • カリフォルニア・ギター・トリオ ( CGT ) のファースト・アルバム。 オリジナル、ポピュラー・ミュージックのカヴァー、クラシックのカヴァー、といったCGTのレパートリーは既に確立している。
    ギター・クラフト出身であること、エグゼクティブ・プロデューサーとしてフリップの名前がクレジットされていることから、リリース当時 「フリップの門下生」 といったイメージが強かったと記憶している。 当然そのイメージは、(少なくとも日本では)売上に寄与していたはずだが、後々CGTはその呪縛から逃れるために苦慮することになる。
    原曲がなんであれ、演奏は手堅い。一部の隙もないほど手堅い演奏と言っても過言ではないと思う。 ただやはり過度なまでの手堅さが息苦しさを感じさせていると思う。 短めの曲は勢いに押されるが、長めの曲になるとちょっと疲れてしまう。
    (追加:1999年5月25日)
    (更新:2004年5月10日)

 

...But You Can Call Me Larry : Lawrence Gowan

  1. Soul's Road
  2. When There's Time ( For Love )
  3. Innocent
  4. Your Stone Walls
  5. Dancing On My Shoulder
  6. Moonchild's Psychedelic Holiday
  7. You Never Let Go
  8. ( In The ) Wild Summer Night
  9. Last Laugh
  10. Little Face [ Robert Fripp ・ Guitar ]
  • ジェリー・マロッタ がプロデュース&ドラムを演奏し、トニー・レヴィンがベースで参加している、Lawrence Gowan の作品。 参加ミュージシャンから想像されるような演奏オリエンテッドな作品ではなく、所謂SSWモノである。
    このパターンでフリップが活躍する場面は当然なく、イントロにサウンドスケイプスが使われて終了。
    (追加:2012年6月10日)

 

Beyond These Shores : Iona

Beyond These Shores

  1. Prayer On The Mountain
  2. Treasure
  3. Brendan's Voyage ( Navigatio )
  4. Edge Of The World
  5. Today
  6. View Of The Islands
  7. Bird Of Heaven
  8. Murlough Bay
  9. Burning Like Fire
  10. Adrift
  11. Beachy Head
  12. Machrie Moor
  13. Healing
  14. Brendan's Return
  15. Beyond These Shores
  • Guitars And Frippertronics

  • アイルランドのバンド、イオナの3枚目のアルバム。 女性ボーカリスト、ジョアンヌ・ホッグを中心としたその音は、 トラッド系のロック、と言ったところか。
    本アルバムには、スティックを抱えてビバ・ロックのグラビアに登場し、全国のファンを混乱に陥れた元カジャ・グー・グーのニック・ベッグスもイオナのメンバーとして参加している。
    曲毎のクレジットが無いため、フリップの参加は以下の曲と推測される。
    インストゥルメンタルである ” Prayer On The Mountain ” の後半部でのフリッパートロニクス。
    ” Bird Of Heaven ” におけるイントロ部他でのフリッパートロニクス。 リズム・セクションをバックにしてでの演奏であるため、メリハリはある。
    ” Murlough Bay ” では、ヴォーカル部をはじめ終始奏でられる音がフリッパートロニクス風である。
    ” Adrift ” での、ピアノを中心としたキーボードのバックでの音がフリッパートロニクス風。
    ” Machrie Moor ” のバックの音もフリッパートロニクス風。
    タイトル曲である ” Beyond These Shores ” の曲半ばから最後まで、フリッパートロニクスが微かに奏でられる。
    (追加:1998年4月11日)

 

1994

The Essential Fripp And Eno : Robert Fripp / Brian Eno → Fripp & Eno
Damage : Sylvian | Fripp → Sylvian & Fripp
Redemption : David Sylvian and Robert Fripp → Sylvian & Fripp

Brian Eno I & II Sampler : Brian Eno

  1. Stiff
  2. Baby's on Fire
  3. Backwater
  4. Spinning Away
  5. I'll Come Running
  6. No One Receiving
  7. Third Uncle
  8. Blank Frank
  9. Patrolling Wire Borders
  10. A Measured Room
  11. M386
  12. Another Green World
  13. Sparrowfall (1)
  • イーノ箱からの抜粋盤。 順番は逆で、1-8が vocal、9-13が instrumental から収録されている。
    フリップ収録曲は、vocal から3曲選ばれている。
    (追加:2011年4月10日)

 

Headcandy : Brian Eno
Headcandy CD Rom Mac
  1. Beast [ Guitars ] [ co-writes ]
  2. Alloy Balcony & Jets Overhead
  3. Spunk Worship
  4. Castoro Haze
  5. Manila Envelope  [ Trumpet Guitar ] [ co-writes ]

  • ミュージシャンによるCD-ROMの黎明期にイーノがリリースしたもの。 付属のプリズムメガネでディスプレイを見ながら音楽を聴くと「催眠術にかかったときのような感覚を体験できる 」 そうだが、催眠術にかかったことがないのでわからない。 「トリップするぞ」と言われて、いわゆるドラッグ・ミュージックを聴かされても、何のことだが全くわからないのと同じことである。
    2曲ともFripp & Eno の共作曲だが、どこでいつレコーディングされたかは不明、クレジットはちゃんとしてほしい。参加ミュージシャン、リリース時期からして 『 Nerve Net 』 と同時期にレコーディングされた可能性はあるが、確証はない。
    また、実際の曲順とジャケット記載の曲順は一致していない。日本語ブックレットは直訳しただけのものだが、曲順に関してだけは訂正されている。
    (追加:1998年10月10日)

 

The Steps : Camilla's Little Secret

  1. Tantalizing Eyes
  2. The Steps
  3. Bea
  4. Life is cheap
  5. Sometimes I
  6. Stop Go
  7. Loving you
  8. Frighteningly beautiful
  9. Tantalizing Eyes - version 2
  10. Count your blessings
  • David Singleton : bass, piano, musical direction
    Toby Campling - Richards : keyboard programming, a&r, tea
    Martin Rawle : lead, harmony & backing vox
    Georgia Lewis : backing & additional lead vox
    Paul Beavis : drums & percussion
    Bobby Willcox : electric guitars

  • クリムゾンの発掘音源を中心に DGM でマスター作業を行っているデヴィッド・シングルトンによる Camilla's Little Secret の作品。 フリップは Bobby Willcox 名義で参加している。
    クレジットは明確にされていないが、” Tantalizing Eyes ” と ” Frighteningly beautiful ” に明らかに参加している。 ” Tantalizing Eyes ” でのロング・トーンを中心にしたギター・ソロも良いが、” Frighteningly beautiful ” での掻きむしるようなギターは更に格好良い。
    (追加:2010年9月25日)

 

Tantalizing Eyes : Camilla's Little Secret

  1. Tantalizing Eye
  1. Tantalizing Eye
  • Written and Produced by David Singleton
    Arranged by David Singleton and Toby Richards
    Lead Vocal : Martin Rawle
    Electric Guitars - Bobby Willcox
    Viola - Cathy Stevens

  • Camilla's Little Secret の 12inch。
    オリジナルの 12inch は溝が2つ(2周)あり、針を落とすタイミングで異なるヴァージョンが再生される仕組みになっていたらしいが、私が入手したのは、2015年春の RECORD STORE DAY にリリースされたもの。 異なる2ヴァージョンが収録されてはいるのだが、ギミックによる再現はなく、A面、B面の区別がつかないようにして各々に異なるヴァージョンを収録している。 まぁ、目印でもつけておけば判断できるのだろうけど。
    各面の違いのヒントがジャケットに記載されているのだが、個人的には電話の呼び鈴の後にフリップのギター・ソロが始まるヴァージョンの方が好き。
    (追加:2010年11月25日)

 

FFWD>> : FFWD>>

  1. Hidden
  2. Lucky Saddle
  3. Drone
  4. Hempire
  5. Collossus
  6. What Time Is Clock
  7. Can Of Bliss
  8. Elevenses
  9. Meteor Storm
  10. Buckwheat & Grits
  11. Klangtest
  12. Suess Wie Eine Nuss
  • Guitar & Treatments
  • オーブのアレックス・パターソンと組んだプロジェクトの ( 現在の所 ) 唯一のアルバム。 ここまで来ると、どれがフリップの音であるかなどと考えるのは不可能。 
    こういうアルバムを表現するときには、「瞑想的な音」とか「観念的な音」とかいう言葉を使えば簡単なのかもしれないが、そういった言葉が意味する音がどういうものなのか全くわからないため使うつもりは ( 今後も ) ない。
    (追加:1998年10月25日)

 

Lifeforms : The Future Sound Of London

Lifeforms

  1. Cascade
  2. Ill Flower
  3. Flak [ Guitar textures and bytes ] [ co-writes ]
  4. Bird Wings
  5. Dead Skin Cells
  6. Lifeforms
  7. Eggshell
  8. Among Myselves
  1. Domain
  2. Spineless Jelly
  3. Interstat
  4. Vertical Pig
  5. Cerebral
  6. Life Form Ends
  7. Vit
  8. Omnipresence
  9. Room 208
  10. Elaborate Burn
  11. Little Brother
  • 共作までしているが、実際には何をしているかよくわからない。 多分曲半ばでのフニャフニャがフリッパートロニクスと思われる。
    また、ノンクレジットではあるが、” Omnipresence ” において ” The Sheltering Sky ” のイントロでのビル・ブラフォードのドラムがサンプリングされている。
    (追加:1998年10月25日)

 

ISDN : The Future Sound Of London

  1. Just A Fuckin Idiot
  2. The Far Out  Son Of Lung And The Ramblings Of A Madman
  3. Appendage
  4. Slider
  5. Smokin Japanese Babe
  6. You're Creeping Me Out
  7. Eyes Pop - Skin Explodes - Everybody Dead
  8. It's My Mind That Works
  9. Dirty Shadows
  10. Tired
  11. Egypt
  12. Kai
  13. Amoeba
  14. A Study Of Six Guitars
  15. Snake Hips
  • Guitar textures sourced from Robert Fripp Live with FSOL RADIO 1 FM   14/05/94.Guitars
  • フリップのギター、サウンドスケイプと思われる音は各所にあるが、特定することはできない。 この当時(1994〜95年)サウンドスケイプで多くのアルバムに ( 強引に ) 参加していたフリップだが、ここでは「使われている」と思えば良いのかもしれない。
    フリップの音がどこに使われているかは、Elephant Talk #198 の C. Kazzer Anglistik による投稿が一番的をえていると思われる。
    (追加:1998年10月25日)

 

Evolver : The Grid

Evolver

  1. Wake Up
  2. Rollercoaster
  3. Swamp Thing
  4. Throb [ Snakeskin Guitar ]
  5. Rise
  6. Shapes Of Sleep [ Somnambulant Guitar ]
  7. Higher Peaks [ Guitar, Treatments ]
  8. Texas Cowboys
  9. Spin Cycle
  10. Golden Dawn
  • Throb ” での歪んだギターのリフがかっこよい。 フリップが参加している ( サンプリングされている ) テクノ系の曲の中でも、リフとしては特に秀でている。
    Shapes Of Sleep ” では曲の最後にフリッパートロニクスが唐突にでてくる。
    Higher Peaks ” では中間部でリズムに乗ったギターソロを弾いている。 「 Treatments 」 とクレジットされているが、実際に何を行ったかは不明。
    本アルバムは、リフ、ソロ、フリッパートロニクスとフリップが客演する場合の3パターンを1枚で堪能することができる見事な名盤である。
    (追加:1998年10月25日)

 

Battle Lines ( Voice Mail ) : John Wetton

Battle Lines

  1. Right Where I Wanted To Be
  2. Battle Lines
  3. Jane
  4. Crime Of Passion
  5. Sand In My Hand
  6. Sea Of Mercy
  7. Hold Me Now
  8. Space And Time
  9. Walking On Air
  10. You're Not The Only One
  • Guitar, Devices
  • 話題になるんだからさぁ、全てクレジットしろとは言わないけれど、せめてフリップがどの曲に参加しているかはクレジットしてほしかったよな。 1曲目の ” Right Where I Wanted To Be ” のイントロのフニャフニャのみフリップという可能性もある。
    (追加:1998年12月24日)

 

Flowermouth : No-Man

Flowermouth

  1. Angel Gets Caught In The Beauty Trap [ Frippertronics, Guitar Solo ]
  2. You Grow More Beautiful
  3. Animal Ghost [ Lead Guitar ]
  4. Soft Shoulders
  5. Shell Of A Fighter [ Additional Guitar, Frippertronics ]
  6. Teardrop Fall [ Guitar ]
  7. Watching Over Me
  8. Simple [ Skysaw Guitar, Frippertronics ]
  9. Things Change [ Frippertronics ]

  • Angel Gets Caught In The Beauty Trap ” では粘着質に歪んだギターのソロをとるが、線が細くミックスされていて迫力はない。
    Animal Ghost ” では、メル・コリンズのフルート・ソロの後に、短いギター・ソロをとるが、本曲でのメイン・ソロ楽器はあくまでも前述のフルート。
    Shell Of A Fighter ” のギターは判別が難しい。歌メロ終了後のギターがフリップ臭いが、2度目のサビのコーラスにかぶさるギターも可能性がある。 フリッパートロニクスは、最後に曲の流れとは無関係に登場。
    Teardrop Fall ” ではフリップの歪んだギター・ソロが、遠くのシャワールームでなっているようにミックスされていて残念。
    Simple ” では、曲の終わり約2分がフリッパートロニクスの独演。 サンプリングされたギターが曲中使われているが、サンプリングする事を許可したのは、フリッパートロニクスの独演とのバーターだったのだろうか?
    Things Change ” でも曲の最後の僅かだけフリッパートロニクスが登場。
    (追加:1998年10月25日)

 

Beautiful People / The Greatest Hits of Melanie : Melanie

Beautiful People: The Greatest Hits of Melanie

  1. Summer Of Love II
  2. Lay Down ( Candles In The Rain )
  3. Ring The Living Bell
  4. What Have They Done To My Song, Ma?
  5. Brand New Key
  6. Love To Lose Again
  7. Lover's Cross
  8. Ruby Tuesday
  9. The Nickel Song
  10. Bobo's Party
  11. The Good Book
  12. Christopher Robin
  13. Animal Crackers
  14. Psychotherapy
  15. Beautiful People
  16. Together Alone
  17. Leftover Wine
  18. Peace Will Come ( According To Plan )
  19. I Will Get Over
  • Mastered by Robert Fripp & David Singleton

  • Melanie といっても Spice Girls の人ではなく、主に70年代に活躍したポップ・シンガー。 本作品は1994年にリリースされたベスト・アルバムで、フリップとシングルトンがマスターを行っている。
    音楽自体は、カントリー風味交えたポップスといったところで、門外漢であるプログレ野郎がとやかく言うべきものではない。 ただ何故フリップが本作品のマスターに関与したのかは、疑問が残る。 実はフアンだった、というオチを是非期待したい。
    新宿周辺の店ではなく、外資系大型店に本作品があっさりと陳列してあったのを発見したことは、個人的には久しぶりの衝撃であった。
    (追加:2001年2月11日)

 

Sidi Mansour : Rimitti

  1. Nghani Ki Ma Nabghi
  2. Sidi Mansour
  3. Ha Rai Ha Rai
  4. Rah Jey
  5. Rouked el Achra
  6. Maheyni Maheyni
  7. Rah Yabki
  8. Serrer A Droite Et Stationner

  • アルジェリアの文化音楽であるライ、その代表的シンガーであるシェイハ・リミティが、エレクトリック・インストゥルメンタルをバックに初めてリリースしたアルバム。 フリップの参加経緯は不明。
    曲毎のクレジットが無いため、フリップの参加は以下の曲と推測される。
    ” Sidi Mansour ” では、中間部でギター・ソロをとり、曲の最後がフリッパートロニクス。
    ” Rouked el Achra ” では、ディシプリン・クリムゾン風のミニマル・フレーズがとられる。 また曲後半部でバックで鳴り始めたフリッパートロニクスは、次第に音量を上げ、最後はフリッパートロニクスのみとなる。
    (追加:1998年4月11日)

 

The Woman's Boat : Toni Childs

The Woman's Boat

  1. Womb [ Guitar, Frippertronics ]
  2. Welcome To The World [ Guitar, Frippertronics ]
  3. Predator [ Guitar, Frippertronics ]
  4. I Just Want Affection [ Guitar, Frippertronics ]
  5. I Met A Man [ Guitar, Frippertronics ]
  6. The Woman's Boat
  7. Wild Bride
  8. Sacrifice
  9. Lay Down Your Pain
  10. Long Time Coming
  11. Death [ Guitar, Frippertronics ]
  • Guitars, Frippertronics

  • ベルリンの初代ヴォーカリストであるトニ・チャイルズのサード・アルバム。 ピーター・ガブリエルのリアル・ワールドでのレコーディングだが、フリップの参加はガブリエル絡みというよりも、プロデューサーであるデヴィッド・ボトリル ( シルヴィアン&フリップの 『 The First Day 』 で共演、プロデューサーも務める ) 絡みと思われる。
    トレイ・ガンの参加、ガブリエルとの共演等、話題は事欠かないアルバムではあるが、とにかくフリップのギターの音が目立たない。 その他大勢の音の中に埋没させられてしまっている。
    Womb ” では、曲の最後の部分でのコード弾きが多分フリップ。 フリッパートロニクスらしき音もするが、シンセサイザー演奏者もクレジットされており、判別不能。
    計4名のギタリストがクレジットされている ” Welcome To The World ” では、フリップのギターは全く判別できない。
    Predator ” では、曲最後のインスト部のバックが多分フリッパートロニクス。
    I Just Want Affection ” では、中間部のバックに微かにフリッパートロニクスらしき音がする。
    I Met A Man ” では、ピーター・ガブリエルがヴォーカルを取り始めるあたりから、バックにフリッパートロニクスの音が確認できる。
    Death ” では、バックで終始流れるドローンの一部が多分フリップ。
    (追加:1998年4月11日)

 

1995

Invitation : California Guitar Trio

Invitation

  1. Train To Lamy Suite     Part 1    Part 2    Part 3
  2. Punta Patri
  3. Toccata And Fugue In D Minor
  4. Fratres
  5. Train To Lamy Part 4
  6. Apache
  7. Train To Lamy Part 5
  8. Above The Clouds
  9. Prelude Circulation
  10. The Good The Bad And The Guilty
  11. Train To Lamy Part 3 ( reprise )
  • Additional guitars on Prelude Circulation : Heman Nunez, Fernando Kabusachi, Martin Schwutke and Steve Ball
    Fuzz E-bow Guitar loop on Punta Patri : Paul Richards
    Buzz Slide Guitar on Train to Lamy : Paul Richards
    Guitar Synth Drone on Fratres and The Good, the Bad and the Ugly : Hideyo Moriya
    Grand Stick Solo on Above the Clouds : Trey Gunn
  • Mastered by David Singleton and Robert Fripp
    Executive Producer : Robert Fripp
  • CGTの2作目。
    ” Train To Lamy Suite ” を中心にオリジナルが多い作品で、カヴァーは4曲のみである。
    オリジナル曲にこだわるのはよくわかるが、曲としての魅力はやはり劣ってしまっている。 ” Train To Lamy Suite ” をアルバム全体の骨格にしていることが制限事項になってしまっているのか、バラエティさにも富んでいない。 残念だが、カヴァー曲が出てくると、ホッっとしてしまう作品である。
    (追加:1999年5月25日)
    (更新:2004年9月25日)

 

The Starving Moon : Europe String Choir

  1. The Monkey Never Lies
  2. Sermon On The Mount
  3. Waltz
  4. Mama Tequila
  5. Delicate Little Me
  6. Carol
  7. The Saving Grace [ Soundscape ] [ co-writes]
  8. Camomilla
  9. La Pasta
  10. Prelude ( Cello Suite No.1 )
  11. Dancing Bride
  12. Little Sinfonie
  13. Health Food Frenzy
  14. Starving Moon

  • ギター・クラフトにアレクサンダー・テクニック(簡単にいうと整体の一種)を持ち込んだ、キャシー・スティーヴンスがヴィオラを演奏するヨーロッパ・ストリング・クワイアのファースト・アルバム。 他のメンバーもギター・クラフト出身で、差別化は殆どできない。
    The Saving Grace ” は、サウンドスケイプとキャシー・スティーヴンスのヴィオラによるデュエット。 プロデューサーであるデヴィッド・シングルトンも何故か共作者にクレジットされている。
    (追加:1999年5月25日)

 

Journey Into The Morn : Iona

Journey into the Morn

  1. Bi - Se I Mo Shuil
  2. Irish Day
  3. Wisdom
  4. Everything Changes
  5. Inside My Heart
  6. Encircling
  7. Journey Into The Morn
  8. Lindisfarne
  9. No Heart Beats
  10. The Search
  11. Divine Presence
  12. Heaven's Bright Sun
  13. Bi - Se I Mo Shuil - Part 2
  14. When I Survey
  • Guitar Synth and Frippertronics

  • イオナの4枚目。 上記の3枚目との大きな違いはない。
    インストゥルメンタルである ” The Search ” は、キーボード、管楽器とのフリッパートロニクスの共演。 フリッパートロニクスはあくまでもバックで奏でられる。
    Divine Presence”では、曲のバックでフリッパートロニクスが効果音的に使われている。
    フリッパートロニクスをバックに使う方法は、フリップ・フアンのミュージシャンなら憧れるのかもしれないが、聴いている方はあまり面白くない。 ほんとうにフリップはどのように思っているのだろうか?
    (追加:1998年4月11日)

 

Songs Wearing Clothes : Nicolai Dunger

  1. Love Birds
  2. 1000 Rainbows
  3. Stars Don't Bark
  4. Once Upon A Time
  5. Sailin' On My Tears
  6. Pee Straight Up
  7. Whispering Song
  8. Brother
  9. Bite Your Tail
  10. Tribute To Chet
  11. Honey Trampoline
  12. Nature Child [ Thanks to Mr. Fripp ]
  13. We Left Us [ Thanks to Mr. Fripp ]
  14. And / End

 

  • サッカー選手になる夢敗れて歌手になったという訳の分からない経歴をもつスウェーデン人、ニコライ・ダンガーのデビュー・アルバム。 日本でのスウェーデン・ミュージック礼賛ブームにも見事に乗れなかったのはかわいそうだが、中途半端なアルバムの出来を踏まえればしょうがないか。 本アルバムへのフリップの参加経緯は不明。 
    Nature Child ” では、イントロのロング・トーンがいきなりフリップ。 間奏部でも同じくロング・トーン。
    We Left Us ” でもディストーション・ギターが所々で吠えるが、印象はあまり残らない。 こういった「お仕事」的な参加はできればやめてもらいたい。
    (追加:1999年6月10日)

 

Flowermix : No-Man

  1. Angeldust [ Lead Guitar, Soundscapes ]
  2. Faith In You
  3. All I See
  4. Natural Neck
  5. Heal The Madness [ Soundscapes ]
  6. You Grow More Beautiful ( versions )
  7. Sample [ Soundscapes ]
  8. Why The Noise?
  9. Born Sample [ Soundscapes ]
  • 前述の 『 Flowermouth 』 のリミックスアルバム。 本アルバムでのティクは 『 Flowermouth 』 と同時期のレコーディングである(はず)だが、クレジットはフリッパートロニクスではなくサウンドスケイプ。
    Angeldust ”は” Angel Gets Caught In The Beauty Trap ” のリミックス。原曲のイメージそのままで、フリップのギター (の使われかた) も特に変わりはない。
    Heal The Madness ” の原曲は ” Taking It Like A Man ” で、『 Flowermouth 』には収録されていない。
    Sample ” は ” Simple ” のリミックス。 眠くなるほど単調に原曲をリミックスした上に、サウンドスケイプがサンプリングされている。
    Born Sample ” も ” Simple ” のリミックスと思われる。 単調かつ音数の少ないリズム・ボックスの上に、10分以上延々とサウンドスケイプが鳴り続けるだけ。
    (追加:1998年10月25日)

 

Cheikha : Rimitti

  1. Mendirch el Haseb [ Guitar, Frippertronics ]
  2. Rah Yabki ( street mix )
  3. Rah Yabki ( dune mix )
  4. Lillette el Ouihda [ Guitar, Frippertronics ]
  • 『 Sidi Mansour 』 と同時期にリリースされたリミティのシングル。 シングルとはいえ全4曲で50分超と、ボリューム満点の作品。
    Mendirch el Haseb ” は、ギター・ソロとフリッパートロニクスが各々ヴォーカルと絡む。
    Lillette el Ouihda ” では、フリッパートロニクスをバックにしたギター・ソロという荒技を披露している。
    (追加:2008年9月26日)

Top Page