King Crimson Data Base
    Adrian Belew Discography  -the 1990s-

1991

Desire Of The Rhino King : Adrian Belew

  1. The Final Rhino
  2. The Lone Rhinoceros
  3. Big Electric Cat
  4. The Momur
  5. Hot Sun
  6. The Man In The Moon
  7. Swingline
  8. Adidas In Heat
  9. Fish Head
  10. The Ideal Woman
  11. Sexy Rhino
  12. Twang Bar King
  13. Paint The Road
  14. She Is Not Dead
  15. The Rail Song
  16. Ballet For A Blue Whale
  17. The Gypsy Zurna
  18. Joan Miro's Procession Through The Insides Of A Purple Antelope Across A Sea Of Tuna Fish
  19. Portrait Of Margaret
  20. Laughing Man
  21. Guernica
  • twenty-one digitally remastered selection from " Lone Rhino ", "Twang Bar King " & " Desire Caught By The Tail "

  • アイランド・レーベルからリリースされたブリューの初期3作からのベスト・アルバム。
    リリース順に満遍なく楽曲が収録されてた結果、後半1/3、つまり 『 Desire Caught By The Tail 』 の聴き辛さが際立ってしまっている。
    唯一のアルバム未収録曲である ” Joan Miro's Procession Through The Insides Of A Purple Antelope Across A Sea Of Tuna Fish ” も 『 Desire Caught By The Tail 』 期の楽曲であり、あまり楽しめるものではない。
    ブリューのソロ・キャリアも30年をも超えている今、ヴォーカルもの、実験作もの、とテーマをわけたベスト・アルバムがリリースされたら嬉しい。
    (追加:2017年3月10日)

 

1992

Inner Revolution : Adrian Belew

  1. Inner Revolution
  2. This Is What  I Believe In
  3. Standing In The Shadow
  4. Big Blue Sun
  5. Only A Dream
  6. Birds
  7. I'd Rather Be Right Here
  8. The War In The Gulf Between Us
  9. I Walk Alone
  10. Everything
  11. Heaven's Bed
  12. Member Of The Tribe
  • Instruments and Vocals by Adrian Belew

    String quartet for "BIg Blue Sun"
      Alison Lee Jewer violin, Jean Dickson violin, Lizbeth Getman viola, Martha Pickart cello
    String arrangement Al Jewer
    Mike Barnett string bass for "Believe In"
    Chris Arduser drums for "Believe In" "Shadow" "Heaven's Bed" and "Tribe"

  • Produced by Adrian Belew

  • ブリューの一人多重録音をベースにしたヴォーカル・アルバム。
    クリムゾン再始動前のこの時期、ブリューは親しみやすいソロを連続してリリースしている。 もちろん間違ってもメガ・セールスが期待できる作品ではないが、しっかりと作り込まれた充実した作品ばかりである。
    その中でも本作品は、トリッキーさだけが際立つことがない凝った演奏と、親しみやすいメロディーが多いヴォーカルが両立している傑作だと思う。
    クリムゾンの再始動がなければ、ブリューのミュージシャンとしてのキャリアも今と異なっていたかもしれない。
    (追加:2009年11月25日)

 

1993

Here : Adrian Belew

  1. May 1, 1990
  2. I See You
  3. Survival In The World
  4. Fly
  5. Never Enough
  6. Peace On Earth
  7. Burned By The Fire We Make
  8. Dream Life
  9. Here
  10. Brave New World
  11. Futurevision
  12. Postcard From Holland
  • Instruments and Vocals by Adrian Belew
    Produced by Adrian Belew
  • ブリューの一人多重録音作品。
    一人多重録音の場合アヴァンギャルドな方向に走ることが多いブリューだが、本作品ではポップなヴォーカル・アルバムに仕上がっている。 なんでもできちゃうが故に、普通なことを普通にこなすことに抵抗感があるのかもしれないが、やはりこうした才能は素直に提示した方が良いと思う。
    録音時期が明確にクレジットされていないが、リリースのタイミングから順当に考えれば、クリムゾンの再始動がフリップによってアナウンスされたものの、棚上げになっていた頃の作品となる。 クリムゾンではやれないことを、今のうちにやっておけ! と、思ったことが、好結果に繋がったのかもしれない。
    (追加:2008年10月25日)

 

1994

The Downward Spiral : Nine Inch Nails

  1. Mr Self Destruct [ texture generating guitar : adrian belew ]
  2. Piggy
  3. Heresy
  4. March Of The Pigs
  5. Closer
  6. Ruiner
  7. The Becoming [ ring mod guitar : adrian belew ]
  8. I Do Not Want This
  9. Big Man With A Gun
  10. A Warm Place
  11. Eraser
  12. Reptile
  13. The Downward Spiral
  14. Hurt
  • ナイン・インチ・ネイルズの作品で、ブリューの名前が初めてクレジットされた作品。
    ノイズまみれのインダストリアル感たっぷりの作品で、売ることに迎合した要素は全く無いにもかかわらず、前作 『 Broken 』 を上回るマーケットでの成功を収めている。
    そんな作品の中でブリューは、自身のポップな側面を見せるなどということは一切なく、更にノイズ感満載のギターを被せている。 当然ナイン・インチ・ネイルズ側が求めたことだと思うのだが、楽曲の破壊力を増すことに見事に寄与している。
    (追加:2015年2月10日)

 

1995

The Acoustic : Adrian Belew

  1. The Lone Rhinoceros
  2. Peace on Earth
  3. The Man in the Moon
  4. The Rail Song
  5. If I Fell
  6. Burned by the Fire We Make
  7. Matte Kudasai
  8. Dream Life
  9. Old Fad Cadillac
  10. Crying
  11. Young Lions
  12. Men in Helicopters
  13. Marth Adored
  • Performed and Produced by Adrian Belew

  • ブリューのアコースティック・ソロ・アルバム。
    ブリューのミュージシャンとしての無邪気さが最も表れた作品。 猫も杓子ものアンプラグド・ブームには便乗しない、などというこだわりはブリューには無いのだろう。 あっさりとやってのけるところが、凄いところだと思う。 ソロやクリムゾンの楽曲はもちろん、ビートルズのカヴァーまで、選曲にも意外性が全くない。
    弾き語りということで、当人としては多少ダンディさ(笑)を意識しているのかもしれないが、ヴォーカルはどうしてもいつものブリュー節。 やたら上手いアコースティック・ギターとのアンバランスさが魅力だったりする。
    名盤、ではないが、愛すべき作品だと思う。
    (追加:2008年2月10日)

 

The Experimental Guitar Series Volume 1: The Guitar As Orchestra : Adrian Belew

  1. Score With No Film
  2. Portrait Of The Guitarist As A Young Drum
  3. Piano Recital
  4. Laurence Harvey's Despair
  5. Piano Ballet
  6. Rings Around The Moon
  7. Seven E Flat Elephants Eating The Acacia Of A C# Minor Forest
  8. If Only...
  9. Alfred Hitchcock's " Strangers On A Train " Starring Robert Walker
  10. Finale
  • Composed and performed entirely on electric guitar by Adrian Belew
    Produced by Adrian Belew

  • やっちゃった...感が強い作品。
    ブリューの作品は、トリッキーな要素もあるポップなものと、トリッキーな(orなだけの)ものに大別することができるが、本作品は完全に後者。
    ギター・シンセを使って全ての音を一人で演奏している結果、ダブル・トリオ・クリムゾンにおける ” THRAK ” のインプロ・パートからブリューの演奏のみを抽出したような印象を受ける。 ある意味 『 THRaKaTTaK 』 以上に気合いを入れて聴く必要がある。
    ブリュー自身によるライナーによれば、読書、ドライブ、食事等の日常生活のバック・ミュージックに最適とのことだが、そんなことができる人は少ないと思う。
    (追加:2005年1月10日)

 

1996

Op Zop Too Wah

  1. Of Low And Drum
  2. Word Play Drum Beat
  3. Six String
  4. Conversation Piece
  5. All Her Love Is Mine
  6. I Remember How To Forget
  7. What Do You Know ( Part 1 )
  8. Op Zop Too Wah
  9. A Plate Of Words
  10. Time Waits
  11. What Do You Know ( Part 2 )
  12. Modern Man Hurricane Blues
  13. In My Backyard
  14. A Plate Of Guitar
  15. Live In A Tree
  16. Something To Do
  17. Beautiful
  18. High Wire Guitar
  19. Sky Blue Red Bird Green House
  20. The Ruin After The Rain
  21. On
  • Instruments and vocals by Adrian Belew
  • Double Trio Crimson 始動後にリリースされたブリューのソロ・アルバム。
    ブリューのソロとしては、「一人多重録音のヴォーカル・アルバム」と位置づけられるのだが、本作品の最大の特徴は、Double Trio Crimson でも採用が検討された ” I Remember How To Forget ” が収録されていることである。
    シド・スミスによる、 『 クリムゾン・キングの宮殿〜風に語りて 』  と 『 THRAK 』 の40周年BOXのライナーによると、ブリューは本楽曲をリハーサルに持ち込み、その結果は 『 The VROOOM Session 1994 』 に ” Krim 3 ” として収録されているのだが、ブリュー自身も満足できなかったとのことである。
    聴き比べてみると、インストの ” Krim 3 ” よりも、ブリューのヴォーカル&ギター・ソロが大々的にフィーチャーされた ” I Remember How To Forget ” の方が格好良かったりするのだが、この辺りが Double Trio 編成の難しさなのかもしれない。
    (追加:2016年11月10日)

 

1997

Belewprints  The Acoustic Adrian Belew Volume Two : Adrian Belew

  1. Men In Helicopters
  2. Cage
  3. I Remember How To Forget
  4. Inner Revolution
  5. Never Enough
  6. Brave New World
  7. Things You Hit With A Stick
  8. Big Blue Sun
  9. Bad Days
  10. One Of Those Days
  11. Return Of The Chicken
  12. Dinosaur
  13. 1967
  14. Free As A Bird ( Live at the Longacre Theater, New York City )
  15. Nude Wrestling With A Christmas Tree
  • Instruments and vocals by Adrian Belew
    For Men In Helicopters :
    First violin : David Davidson
    Secong violin : David Angell
    Viola : Kristin Wilkinson
    Cello : John Catchings
  • ブリューの 『 The Acoustic 』 続編。
    アコースティック、と言いながらもギターの弾き語り曲は殆どなく、弦楽団と共演した ” Men In Helicopters ” を含め、ブリューによる一人多重録音によるセルフ・カヴァー色が強い。
    お決まりのクリムゾン・ナンバーの他、ビートルズの(当時)新曲を取り上げるなど、やりたいことをそのままやってしまっただけの作品である。 しかしながら単なる粗製作品ではなく、「ブリューってこんなに良い曲書いてたんだ」と、ソロの楽曲の完成度の高さを確認することができる。
    (追加:2011年9月10日)

 

1999

Salad Days : Adrian Belew

  1. The Lone Rhinoceros
  2. Men In Helicopters
  3. The Rail Song
  4. Everything
  5. Three Of A Perfect Pair ( live in argentina )
  6. Return Of The Chicken
  7. Never Enough
  8. The Man In The Moon
  9. I Remember How To Forget
  10. Bad Days
  11. Fly ( live in Argentina )
  12. Young Lions
  13. Things You Hit With A Stick
  14. Cage
  15. Dinosaur
  16. One Of Those Days
  • All instrument and vocals by Adrian Belew
    except on "Men In Helicopters" :
    First Violin : David Davidson    Second Violin : David Angell    Viola : Kristin Wilkinson    Cello : John Catchings
  • Produced by Adrian Belew
  • The Acoustic 』 と 『 Belewprints  The Acoustic Adrian Belew Volume Two 』 の2枚からの選曲に、2曲のライヴ・テイクを追加したエイドリアン・ブリューの編集盤。 特に後者のアルバムは、ブリューによる多重雨録音曲も含まれているためアコースティックで統一された印象はあまりなく、ブリューによる歌モノのセルフ・カヴァー楽曲集と捉えると、すっと腹に落ちる作品である。
    ブリューによる歌モノ楽曲は、そもそものメロディの良さがシンプルなアレンジによって再確認することができる。 そして特筆すべきはやはりライヴでの演奏で、特に唄いながらどうしてそこまでギターを弾きまくることができるの、と驚嘆の声をあげざるを得ない ” Three Of A Perfect Pair ” が凄まじい。 どうせだったら、ブリューのソロ・ライヴのフル・アルバムをリリースしてもらいたいと思う。
    (追加:2017年11月25日)

 

The Fragile : Nine Inch Nails

  1. Somewhat Damaged
  2. The Day The World Went Away
  3. The Frail
  4. The Wretched
  5. We're In This Together
  6. The Fragile
  7. Just Like You Imagined [ additional guitars : danny lohner and adrian belew ]
  8. Even Deeper
  9. Pilgrimge
  10. No, You Don't
  11. La Mer [ drums : bill rieflin ]
  12. The Great Below [ end melodic guitar : adrian belew ]
  1. The Way Out Is Through
  2. Into The Void
  3. Where Is Everybody? [ end melodic guitar : adrian belew ]
  4. The Mark Has Been Made
  5. Please
  6. Starfuckers, Inc.
  7. Complication
  8. I'm Looking Forward To Joining You Finally
  9. The Big Come Down
  10. Underneath It All
  11. Ripe ( With Decay )
  • 『 The Downward Spiral 』 に続くナイン・インチ・ネイルズのCD2枚組の大作。
    前作以上に重く、沈み込むような楽曲で占められ、音の過激度とポピュラリティーの両立など全く目指していない内容となっている。 それにも関わらずマーケットでも成功した背景には当時の音楽事情、アメリカの事情等複数の要因があるのかもしれないが、作品自体に向き合うとそんなことはどうでも良くなり、、その音の凄さと特異性にただただ圧倒される。
    ブリューの役割は前作同様ノイズ・メーカーで、調和をより一層乱すことに寄与している。
    (追加:2015年2月10日)

Top Page