King Crimson Data Base
Home   Discography   Magazine Index   Books   Random Theme   Updates 

Mr. Stormy's Monday Selections Vol. 3  -2010-

Disc 1
  1. Non Loop Idea IV
  2. Northa Kudasai I
  3. Northa Kudasai II
  4. Bill And Pat
  5. Rehearsal
  6. Disciplinarian
  7. Idea Slow Drums
  8. Idea Fast Drums
  9. Non Loop Idea V
  10. Non Loop Idea VI
  11. Working Through Idea
  12. Keyboard Loop
  13. Non Loop Idea VII
  14. Heaven And Earth
  15. VROOOM
Disc 2
  1. X chayn JiZ
  2. The Moving Force
  3. Rehearsal 2
  4. Barry And Robert
  5. Hope
  6. Red Lounge
  7. Running Dat 3
  8. Krim Dat 10 Jam
  9. Writing Rehearsal

 

Non Loop Idea IV : Robert Fripp      1979/ 9/11

  1. Non Loop Idea IV

Robert Fripp

NYのケーブルTVの番組 『 TV Party 』 で、「フリップがデボラ・ハリーの前で腰を振りながらロックンロールを演奏する」衝撃映像が放送されことがあるが、その時の演奏と酷似したフレーズが出てくる。

 

Northa Kudasai : League of Gentlemen      1980/ 3/10

  1. Northa Kudasai I
  2. Northa Kudasai II

Robert Fripp, Barry Andrews, Sara Lee, Johnny Toobad

フリップのソロ 『 Exposure 』 収録の ” North Star ” が、クリムゾンの『 Discipline 』 収録に収録された ” Matte Kudasai ” に発展していく過程で、リーグ・オブ・ジェントルメンで演奏したデモ音源。 オルガンを鳴らしまくりたいバリー・アンドリューズにしてみれば、欲求不満が溜まったものと思われる。

 

Bill And Pat : King Crimson      1997/ 4/30

  1. Bill And Pat

Bill Bruford, Pat Mastelotto

ダブル・トリオ・クリムゾンの、失敗に終わった1997年のリハーサルからの音源。 ブルーフォードとマステロットが、新しいアイディアを試そうとしているが、未消化のまま終了している。

 

Rehearsal : Travis & Fripp      2009/ 3/19

  1. Rehearsal

Robert Fripp, Theo Travis

トラヴィス&フリップのリハーサル音源。

 

Disciplinarian : Robert Fripp      1981/ 1/ 8

  1. Disciplinarian

Robert Fripp, Bill Bruford, Jeff Berlin

フリップ、ブルーフォード、ジェフ・バーリンのセッションから、” Discipline ” に非常に似た楽曲の演奏。 バーリンの演奏は重く、印象は大きく異る。

 

Monitor Mixes : Robert Fripp      1977/12/ 5

  1. Idea Slow Drums
  2. Idea Fast Drums

Robert Fripp, Phil Collins, John Wetton

『 Exposure 』 レコーディング時のフリップ、コリンズ、ウェットンによるセッション。 同テーマの楽曲が、タイトル通り、Slow Drums と Fast Drums で展開する。

 

Non Loop Idea V And VI : Robert Fripp      1979/ 9/12

  1. Non Loop Idea V
  2. Non Loop Idea VI

Robert Fripp

フリップによる Non Loop Idea シリーズ。 フリップがアイディア出しで演奏するフレーズが、このようにシンプルなものであることが、興味深い。

 

Working Through Idea : League of Gentlemen      1980/ 3/10

  1. Working Through Idea

Robert Fripp, Barry Andrews, Sara Lee, Johnny Toobad

大きく3パートに分かれる、リーグ・オブ・ジェントルメンのアイディア出し。 最初のパートはミニマル・フレーズを多用したリーグ・オブ・ジェントルメンらしい演奏で、次のパートはライヴでの捨て曲のような未消化な演奏。 そして最後のパートは、ありふれた New Wave バンドのような演奏。 但し、フリップのカッティングは面白い。

 

Keyboard Loop : Robert Fripp      1980?

  1. Keyboard Loop

Robert Fripp

フリップによるローランド製キーボードの試し弾き。 キーボードを使っても、フリッパートロニクスのような音の積み重ねをするところがフリップらしい。

 

Non Loop Idea VII : Robert Fripp      1979/ 09/11

  1. Non Loop Idea VII

Robert Fripp

クリムゾンが1974年に演奏した” Guts On My Side ” に似たフレーズが出てくる演奏。

 

Heaven And Earth : King Crimson      2000/ 5/14

  1. Heaven And Earth

Robert Fripp, Adrian Belew, Pat Mastelotto, Trey Gunn

” Heaven And Earth ” の別テイク。 過度なミックスが施されていないため、『 The ConstruKction Of Light  』 収録テイクより、個人的には気に入っている。

 

VROOOM : Robert Fripp    1992/12/10

  1. VROOOM

Robert Fripp, Trey Gunn

シルヴィアン&フリップ期における、フリップとガンによる演奏。 ダブル・トリオ編成前のこの段階で ” VROOOM ” の作曲、アレンジがほぼ終了していることに驚かされる。

 

X chayn jiZ : ProjeKct Three      2000/ 5/17

  1. X chyn jiZ

Robert Fripp, Pat Mastelotto, Trey Gunn

y2King Crimson としての初ライヴ2日前に、ProjeKct Three 編成での演奏。 この間、ブリューは何をしていたのか?

 

The Moving Force : Robert Fripp      1992/12/10

  1. The Moving Force

Robert Fripp, Trey Gunn

シルヴィアン&フリップのセッション時の、フリップとガンによる演奏。

 

Rehearsal : Travis & Fripp     2009/  5/19

  1. Rehearsal 2

Robert Fripp, Theo Travis

トラヴィス&フリップがツアーに出る前のリハーサル音源。 リハーサル音源といっても、レコーディングしたマテリアルに対して相当の加工が施されている。

 

Barry And Robert : League of Gentlemen     1980/ 3/10

  1. Barry And Robert

Robert Fripp, Barry Andrews

フリップとバリュー・アンドリューズによる、ループ・フレーズの模索。 高音を中心としたフレーズが高速で絡み合い、耳が少し痛くなる。

 

Hope : Robert Fripp     1992/12/15

  1. Hope

Robert Fripp, Trey Gunn

The Robert Fripp String Quintet の作品『 The Bridge Between  』 に収録されている楽曲。 アコースティック・ギターの音数が少ないことから、クレジット通りフリップとガンによる演奏のみで、CGTの演奏がオミットされているものと思われる。

 

Pat's Garage : Robert Fripp     2002/ 7/15

  1. Red Lounge

obert Fripp    Guitar
Trey Gunn    Warr Guitar
Pat Mastelotto    Traps And Buttons

ProjeKct Three 編成での演奏を、マステロットが編集した楽曲。 命名は、曲のラストに ” Red ” のフレーズが出てくるため。

 

Running Dat 3 : King Crimson     1994/10/25

  1. Running Dat 3

Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Pat Mastelotto, Trey Gunn

『 THRAK 』 レコーディング時のスタジオでのやり取りと、” VROOOM ” の演奏を交互に編集した楽曲。

 

Krim Dat 10 Jam : King Crimson     1994/ 4/26

  1. Krim Dat 10 Jam

Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Pat Mastelotto, Trey Gunn

『 VROOOM 』 レコーディング前の、Double Trio Crimson 期のジャム。 アイディア出しのレベルは超えているものの、楽曲としては完成しておらず、正にジャム・セッションといった感じ。 のちの Double Trio 編成での楽曲に殆ど活かされていないことが、逆に貴重なのかも。

 

Writing Rehearsal : King Crimson     1996/12/ 6

  1. Writing Rehearsal

Robert Fripp, Adrian Belew, Trey Gunn

Double Trio Crimson が、1997年5月にバンドとしてリハーサルを行う5ヶ月前、フリップ、ブリュー、ガンで行ったライティング・リハーサル。 後の y2King Crimson の楽曲のフレーズが一部出てくる一方で、楽曲としての完成には向かっていない。 この段階で楽曲を完成しておくことができていれば、この編成での活動ももう少し続いていたかもしれない。

 

(追加:2013年3月10日)