King Crimson Data Base
Home   Discography   Magazine Index   Books   Random Theme   Updates 

Mr. Stormy's Monday Selections Vol. 1  -2008-

Disc 1
  1. Larks Tongues In Aspic US Ad
  2. Starless And Bible Black US Ad
  3. Starless And Bible Black UK Ad
  4. Cadence And Cascade
  5. Drop In
  6. Neutral Tones
  7. Amabel
  8. She At His Funeral
  9. Revolution
  10. Last Skirmish Prince Ruperts Lament
  11. Disengage
  12. North Star
  13. Music Is Our Friend
  14. Conversation
  15. Larks III Into Sleepless
  16. Silent Night
  17. Islands
  18. Guitar Run
  19. Locked Out Without Trousers
  20. Dinosaur Dub
Disc 2
  1. How Do You See It
  2. Pictures Of A City
  3. Super Slow
  4. Cirkus
  5. F Sharp Minor
  6. Bababoomboom
  7. C Sharp Bass Joins And Becomes Seascape
  8. Indiscipline
  9. Happy Birthday
  10. Something Like That
  11. Ex Uno Plures

 

Radio Ads : King Crimson    1973/3/23 

  1. Larks Tongues In Aspic US Ad
  2. Starless And Bible Black US Ad
  3. Starless And Bible Black UK Ad

Fripp, Bruford, Wetton, Cross, Muir

ラジオで放送されたコマーシャル。
最初に聴いた時には、こんなものまで発掘していくのかと随分驚いた。 後に 40th Anniversary Series に収録された。

 

Cadence And Cascade : King Crimson      1970/2/3

  1. Cadence And Cascade

Robert Fripp, Greg Lake, Michael Giles, Peter Giles, Keith Tippett

ラジオで放送されたコマーシャル。
レイクが唄う、” Cadence And Cascade ”。
ハスケルが唄ったあと、『 Frame By Frame 』 では、当時フリップとハスケルの確執からブリューのヴォーカルに差し替えられた曰くつき楽曲の最初期のテイクとなる。

 

Drop In : King Crimson      1971/3/16

  1. Drop In

Robert Fripp - Guitar
Mel Collins - Saxophone
Ian Wallace - Drums
Boz - Bass, Vocals

『 Islands 』 メンバーによる最初期のセッション。
楽曲自体は、GG&F 時代からのものだが、加入直後のボズがヴォーカルをとっている。

 

Robert Reads Hardy : Robert Fripp      1996/12/15

  1. Neutral Tones
  2. Amabel
  3. She At His Funeral
  4. Revulsion

Robert Fripp

BBC Radio 1 のプログラム 『 Mark Radcliffe And Lard 』 は、ミュージシャン等に詩を読ませる番組。
フリップは1898年に出版された 『 Wessex Poems And Other Verses』を朗読しており、放送されなかった分を含め収録されている。

 

Last Skirmish & Prince Rupert's Lament : King Crimson      1970/9/12

  1. Last Skirmish Prince Ruperts Lament

Andy McCulloch ; Drums
Gordon Haskell ; Bass

マッカロックとハスケルによる、” Last Skirmish ” と ” Prince Rupert's Lament ” のリズム・パートを収録したもの。
オリジナルではメロトロンが大々的にフィーチャーされていた ” Last Skirmish ” では、曲の骨格を翌理解することが出来る。

 

Early Exposure Rehearsals : Robert Fripp      1911/12/1

  1. Disengage
  2. Northstar

Robert Fripp, John Wetton, Phil Collins

ウェットンの名前がクレジットされているが、スタジオ・アルバムと同じようにレヴィンの可能性もあるとのこと。
” Disengage ” は、アルバム収録同タイトル曲とは別物。

 

Music Is Our Friend : Robert Fripp      2002/3/12

  1. Music Is Our Friend

Robert Fripp

フリップがレヴィンだと言っているが、ブリューの可能性もある発信音。
1969年から72年にイギリスで放送された子供向け番組 『 Clangers 』 の真似らしいが、YouTube でその映像は確認できても、時代的背景がわからないため、面白さが理解できない。

 

Conversation : King Crimson      1994/10/29

  1. Conversation

Definitely Tony Levin

フリップがレヴィンだと言っているが、ブリューの可能性もある発信音。
1969年から72年にイギリスで放送された子供向け番組 『 Clangers 』 の真似らしいが、YouTube でその映像は確認できても、時代的背景がわからないため、面白さが理解できない。

 

Larks Pt III Into Sleepless : King Crimson      1993/6/9

  1. Larks Pt III Into Sleepless

Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford

『 Three Of A Perfect Pair 』 が難産であったことを示す楽曲。
KCCC21として、1983年1月のセッションがリリースされているが、本楽曲は同年6月のセッション。 ” Sleepless ” と ” Larks' Tongues In Aspic Part III ” の2曲が入り乱れる。

 

Silent Night : Robert Fripp      1979/12/1

  1. Silent Night

Robert Fripp - Guitar, Frippertronics

” 聖しこの夜 ” のメロディからフリッパートロニクスに突入していく怪演。
シカゴの雑誌 『 Praxis 』 のおまけ、EG Records のクリスマスカード、Double Trio Crimson 期のCDシングル 『 Sex Sleep Eat Drink Dream 』 と、これまでも何度か収録されてきたが、現段階ではここからの入手が最も容易。

 

Ideas : King Crimson      1970/12/18

  1. Islands
  2. Guitar Run

Fripp

『 Islands 』 をレコーディングする前に、フリップのアイディアを録音したもの。 ”  Islands ” は主旋律をメロトロンで演奏。

 

Fripp Unplugged : Robert Fripp      1998/11/22

  1. Locked Out Without Trousers

Fripp

Robert Fripp ... Unplugged! 』 に収録されている、1988年11月28日のフリップのスピーチからの抜粋版。

 

Dinosaur Dub : King Crimson      1994/10/28

  1. Dinosaur Dub

Fripp, Belew, Levin, Bruford, Mastelotto, Gunn

” Dinosaur ” の初期段階でのミックス。

 

Rehearsal : King Crimson      1970/12/20

  1. How Do You See It

Ian Wallace : drums
Mel Collins : flute
Robert Fripp : electric piano

ウォーレス、コリンズ、フリップによるリハーサル。 フリップがエレピで一定のフレーズを繰り返す中、コリンズ、ウォーレスがアイディアを加えて進行して

 

Picture Of A City : King Crimson      1971/3/15

  1. Picture Of A City

Robert Fripp : Guitar
Mel Collins : Saxophone
Ian Wallace : Drums
Boz : Bass & Vocals

『 Islands 』 期のメンバーが、ライヴに備えリハーサルしている音源。

 

Pat's Garage Mix : King Crimson      2002/7/15

  1. Super Slow

Robert Fripp : guitar
Trey Gunn : Warr guitar
Pat Mastelotto : drums and buttons

ProjeKct Three の音源を、マステロットがミックスしたもの。 ソロがガンで、ベース音がフリップとのこと。

 

Cirkus : King Crimson      1970/9/11

  1. Cirkus

Robert Fripp : Guitar, Mellotron, electric keyboards and devices
Andy McCullough : Drums
Gordon Haskell : Bass & Vocals
Mel Collins : Sax

” Cirkus ” のアウトテイク。 ハスケルのヴォーカルにはエフェクトがかかっていない、マーク・チャリグのコーネットが入っていない、フリップが曲のラストにハモンド・オルガンをダビングしているのが特徴。

 

F Sharp Minor : League of Gentlemen      1980/2/26

  1. F Sharp Minor

Robert Fripp    Guitar
Barry Andrews    Organ
Sarah Lee    Bass
Johnny Toobad    Drums

リーグ・オブ・ジェントルメンの最初期のリハーサル。

 

Bababoomboom : King Crimson      2008/3/31

  1. Bababoomboom

Pat Mastelotto    Drums
Gavin Harrison    Drums

Lineup 8 のリハーサルにおける、マステロットとハリソンのドラム・デュオ。 ” B'Boom ” がベースになっているのは、タイトルからも明らか。

 

Frippertronics : Robert Fripp      1977/7/15

  1. C Sharp Bass Joins And Become Seascape

Fripp    Guitar

フリッパートロニクス音源。 オリジナル・アルバムに収録されているフリッパートロニクスによる楽曲は安易なタイトル付けがされている一方で、本テイクはネーミングがしっかりされている。

 

Indiscipline : King Crimson      2008/4/1

  1. Indiscipline

Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Gavin Harrison, Pat Mastelotto

Lineup 7 のリハーサル。 結局このラインナップでの新曲は披露されなかったのは残念である。

 

Happy Birthday : King Crimson      2008/5/25

  1. Happy Birthday

Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Gavin Harrison, Pat Mastelotto

サウンドスケープをバックに、タイトルのスクリーミング。

 

Hunting Lodge Kingston Lacey, Dorset, United Kingdom : League of Gentlemen      1980/2/27

  1. Something Like That

Robert Fripp, Barry Andrews, Sarah Lee, Johnny Toobad

リーグ・オブ・ジェントルメンの最初期のリハーサル。 リフの練習をさせた後、フリップが好き勝手に弾きまくっている。

 

Ex Uno Plures : King Crimson      2004/9/1

  1. Ex Uno Plures

Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Pat Mastelotto

フリップ、ブリュー、レヴィン、マステロットの編成で、頓挫してしまった Lineup 7 の音源。
画期的な楽曲、ではない。

 

(追加:2013年2月10日)