King Crimson Data Base
Home   Discography   Magazine Index   Books   Random Theme   Updates 

Tony Levin Discography / the early 2010s

2011

Absalom : Stick Men

  1. Absalom
  2. Smudge
  3. Big Dog
  4. Crack In The Sky
  5. Time's Insane Ashes
  6. Pomegranate

Tony Levin : Chapman Stick & Vocals
Pat Mastelotto : Traps & Buttons
Markus Reuter : Touch Guitar & Vocals

パーマネント・バンドとなったスティック・メンの2作品目。 マイケル・ベルニエから、パット・マステロットとの Tuner で作品をリリースしているマーカス・ロイターにメンバーが変更している。
スティック・メンは、トニー・レヴィンのソロ・アルバム 『 Stick Man 』 から発展していったバンドと考えて良いと思うが、重くて暗い音楽傾向は前述の Tuner 寄りで、マステロットの意向も大きく反映されていると思われる。 またスティック( ウォー・ギター)によるギター・ライクのソロも、トレイ・ガンがキング・クリムゾンや ProjeKct で行った流暢かつ過度にメランコリックなものではなく、ハード・ロック寄りのノリが格好良さを引き出している。
収録時間からするとミニ・アルバムと定義付けた方がよい作品なのかもしれないが、作品を創り上げたいんだ意思が迸った内容である。
(追加:2023年1月10日)

 

Levin Torn White : Levin Torn White

  1. No Warning Lights
  2. Ultra Mullett
  3. White Noise
  4. The Hood Fell
  5. Monkey Mind
  6. Cheese It, The Corpse
  7. Convergence
  8. Pillowfull Of Dark
  9. The Eggman Cometh
  10. Sleeping Horse
  11. Prom Night Of The Centipedes
  12. Crunch Time
  13. Brain Tattoo
  14. Lights Out

Tony Levin - Bass and Chapman Stick
David Torn - Guitars and Textural Events
Alan White - Drums and Percussion

Piano and Keyboards by Scott Schorr

トニー・レヴィン、デヴィッド・トーン、アラン・ホワイトの3人の名義による作品。
本作品とボジオ・レヴィン・スティーヴンスやリキッド・テンション・エクスペリメントとの違いは、テクニカルの方向性を速弾き以外に求めたギターリストと、テクニカルではないドラマーと組んだことであり、その違いがそのまま作品に現れている。 また本作品とブルッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズとの違いは、ドラムの複雑さ(面倒くささ)が無くなった分、レヴィンとトーンが好き勝手にやれる領分が広くなっていることである。
ただやはり購入ターゲットが明確であった上記3バンドとは異なり余技感が強く、大した話題にもならず終わってしまったこともやむを得ないかもしれない。 個人的には好きなんだけどね。
(追加:2019年2月25日)

 

2012

Open : Stick Men

  1. Amino 21
  2. Open, Pt.1 - Plunge
  3. Alabaster
  4. Open, Pt.2 - Plow
  5. Cyber Shards
  6. Open, Pt.3 - Truncheon
  7. Glass Heart ( for Renée )
  8. Time Capsule

Tony Levin : Chapman Stick
Pat Mastelotto : Traps & Buttons
Markus Reuter : Touch Guitar U8 & Electronics

スティック・メンの3作品目。
Open という言葉の響きとは寧ろ逆な、ヘヴィネスに満ち溢れてた作品である。 メロディアスなスティック(ウォー・ギター)によるソロもあるのだが、徹底的に重い作品となっている。
ただどんなにヘヴィになっても暗さはなく、聴きやすく作品として楽しむことができる。 何でもできちゃう手練手管のミュージシャンが、自己満足に陥ることなない自制心も持ち合わせていると、ここまでの作品ができるのだということがよく判る。
このアルバムを完成させたことで、スティック・メンはパーマネントの活動を行う感触を得たのではないかと、勝手に想像している。
(追加:2023年1月10日)

 

2013

Deep : Stick Men

  1. Nude Ascending Staircase
  2. On / Off
  3. Cusp
  4. Hide The Trees
  5. Crack In The Sky
  6. Horatio
  7. Concussion
  8. Sepia
  9. Whale Watch

Tony Levin : Chapman Stick, Voice
Pat Mastelotto : Acoustic And Electronic Drums & Percussion
Markus Reuter : 8 - And 10 - Strings Touch Guitars, Live Electronics

DVD :
Full Album 5.1 DTS, Hi-Res 24bit 96kHz Stereo Mixes,
" A Little Deeper " Concert Film, And Bonus Materials

ハズレが絶対ない、Stick Men の作品。 今回の作品も素晴らしい。
スティックを極めたらスティックを意識させなくなった、と 『 Soup 』 の時にも書いだのだが、今回もまさに同じ。
さらに、クリムゾンの 『 The Power To Believe 』 でミキサーを担当したマシーンを起用したことで、ヘヴィネスが増しており、特にその成果が ” Nude Ascending Staircase ” に顕著に現れている。
どうせ購入するなら、ハイレゾ音源、コンサートとその幕内を収録した映像まで収めた DVD 盤がおすすめだと思う。
(追加:2013年8月10日)

 

Power Play : Stick Men    New!

  1. Nude Ascending Staircase
  2. On / Off
  3. Crack In The Sky
  4. Breathless
  5. Cusp
  6. Van Dyke Improv
  7. Horatio
  8. Whale Watch
  9. Hide The Trees
  10. Open, Part III
  11. Firebird Suite

リリースは2014年

Recorded On The Deep Tour USA 2013

Tony Levin : Chapman Stick & Voice
Pat Mastelotto : Acoustic and Electronic Drums & Percussion
Markus Reuter : Touch Guitars U8 & Soundscapes

『 Deep 』 のリリースと合わせて行われたアメリカ・ツアーからのライヴ・アルバム。 『 Soup 』、『 Absalom 』、『 Open 』 から各1曲ずつ選曲されている他は、全て 『 Deep 』 からの選曲となっている。
キング・クリムゾン再始動前のスティック・メンはトニー・レヴィンとパット・マステロットの活動の主軸となっており、パーマネントのバンドのように思える程である。 キング・クリムゾン再始動後のスティック・メンが、特にメル・コリンズやデヴィッド・クロスをライヴのゲストに迎えたことでクリムゾンのサイド・プロジェクトのような印象があるのと対象的である。
本作品はそんな充実した時期に発表された傑作 『 Deep 』 を中心に構成されたライヴ・アルバムだけに、完成度の非常に高い内容となっている。 フリップのソロからの ” Breathless ” は収録しているものの、ライヴ定番のクリムゾンのカヴァーを収録していないことにも肯定的なこだわりを感じることができる。
(追加:2014年2月10日)

 

Unleashed    Live Improvs 2013 : Stick Men    New!

  1. Cincinnati
  2. Norfolk
  3. Chicago
  4. Cambridge
  5. Montreal 1
  6. Niagara Falls
  7. Bearsville 1
  8. Bearsville 2
  9. Detroit
  10. Sellersville
  11. Annapolis
  12. New York
  13. Montreal 2

リリースは2015年

Live Improvs from the Deep Tour USA 2013

Tony Levin : Stick and Vocals
Markus Reuter : Touch Guitars U8 & Soundscapes
Pat Mastelotto : Acoustic and Electronic Drums and Percussion

『 Power Play 』 と同じくスティック・メンの2013年のアメリカ・ツアーからのライヴ・アルバム。
スタジオ・アルバムからの楽曲を収録した 『 Power Play 』 を表盤とするならば、ライヴでのインプロを収録し流通枚数も圧倒的に少ないだろう本作品は裏盤ということになる。 ただバンドとしての活動が最も活発だった時期のライヴ・インプロだけに内容は充実しており、その器の大きさを感じることができる作品である。
バンドとしても活動に手応えを感じていたはずで、表盤と裏盤というリリース方式をとることで楽曲の完成度とインプロの凄さを示したかったのだと思う。 『 Power Play 』 に本作品から2,3曲追加してまとめるという手法もあったはずだが、そうしなかったことは好判断である。 そのおかげでこの時期のスティック・メンの凄さを今でも堪能できるのだから。
(追加:2024年2月10日)

 

The Next Day : David Bowie

  1. The Next Day
  2. Dirty Boys 
  3. The Stars ( Are Out Tonight )
  4. Love Is Lost
  5. Where Are We Now ? 
  6. Valentine's Day
  7. If You Can See Me 
  8. I'd Rather Be High 
  9. Boss Of Me 
  10. Dancing Out In Space
  11. How Does The Grass Grow ?
  12. ( You Will ) Set The World On Fire
  13. You Feel So Lonely you Could Die
  14. Heat

Tony Levin : Bass

デヴィッド・ボウイが2013年に発表した、力強いロックなアルバム。
ジャケット写真、トニー・ヴィスコンティの起用、PV、そしてツアーをやらなかったことを含め、全てが用意周到に企画された作品だが、その本質は正に力強いロック。 何故ボウイが今この路線に走ったのはわからない、というか、わかろうとする必要もなく、ただただ圧倒されれば良いのだと思う。
ボウイのアルバムにレヴィンの参加するのは 『 Heathen 』 以来である。どんな作品傾向にも対応できるレヴィンだけにボウイの作品への参加が少ないのは意外な印象ではあるが、こうした完成度が高い作品での起用というのは、はやり嬉しい。 レヴィンでなければ、という記名性も充分に感じられる。
(追加:2015年7月10日)
(変更:2016年10月10日)

 

2014

Levin Brothers : Levin Brothers

  1. Bassics
  2. Brothers
  3. Mysterioso
  4. Not So Square Dance
  5. Jumpin' Jammies
  6. Cello In The Night
  7. Havana
  8. Special Delivery
  9. I Got Your Bach
  10. Matte Kudasai
  11. Ostropolya
  12. Gimme Some Scratch
  13. I Remember
  14. When Sasha Gets The Blues
  15. Brookline Boyz
  16. Fishy Takes A Walk

Pete Levin : Piano And Organ
Tony Levin : Cello And Bass
Jeff Siegel : Drums
David Spinozza : Guitar
Erik Lawrence : Sax
Steve Gadd : Drums On Bassics And Fishy Takes A Walk

レヴィン兄弟による正統派ジャズ・アルバム。
サックス、ギターによるソロもフィーチャーされてはいるものの、2人による演奏が骨格を占めている。 もろジャズな内容であるため、クリムゾン耳である私は全くの門外漢で、「レヴィンによる演奏だから」以外の聴き方ができないのが残念である。 ジャズの世界で本作品がどのように評価されるのか、確認をしてみたい。
クリムゾンのカヴァー、” Matte Kudasai ” は、原曲の良さもあり、これはこれで中々のカヴァーだと思うのだが、ブリュー要素が全く排除されているが、ちょっともったいない。
(追加:2014年10月10日)