King Crimson Data Base
Home   Discography   Magazine Index   Books   Random Theme   Updates 

DGM Live Library  -The League Of Gentlemen-

1980/ 5/28    Marquee, London, UK

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle* / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated*
*source recording is incomplete 

イギリスでの初日で、曲目は直前のヨーロッパ演奏とほぼ同じ。
” Eye Needle ” は途中一度切れ、2回目の ” Dislocated ” は冒頭部分がカットされている。

 

1980/ 5/29    Marquee, London, UK

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

観客からの野次に過敏に反応してしまうフリップの様子が、” Boy At Piano ” 演奏後に収録されている。

 

1980/ 5/30    Russell Club, Manchester, UK

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

前日の野次への対応に辟易したのか、終始淡々とした演奏。

 

1980/ 5/31    Playhouse, Edinburgh, UK

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

ここまで4日間、全く同じセットリストで流石にワン・パターンであることが否めない。
ただ本作品最大のウリはジャケ写におけるサラ・リーである。 ジェフ・ベックのバックを務めたタルを彷彿させるベスト・ショットである。

 

1980/ 6 / 1    F Club, Leeds, UK

1. Inductive Resonance* / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Minor Man / 9. Untitled / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp* / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance
*source recording is incomplete 

” Dislocated ” と ” Minor Man ” の間で、機材トラブルと思われる中断があり、その間フリップによる長いアナウンスが差し込まれる。 ワン・パターンから脱している理由が、演奏自体に起因していないことが寂しい。

 

1980/ 6 /14    Cafe Campus, Quebec City, Canada

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

欧州、イギリスとツアーを続けたリーグ・オブ・ジェントルメンの北米ツアーの初日の演奏。
移動を含め2週間のブランクがあったにもかかわらず、演奏曲目も順番も全く変わっていない。 その間のリハーサルで新しいアイディアがでなかったのかもしれないが、変化することを望んでいないようにも思える内容である。
(追加:2021年7月25日)

 

1980/ 6 /15    Le Club, Montreal, Canada

1. Inductive Resonance* / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance

最後に ” Dislocated ” が演奏されることなく ” Inductive Resonance ” で作品が終了している。
録音したテープ長の問題で実際には演奏されていたのかとも思ったが、” Inductive Resonance ” 演奏後に ” Under Heavy Manners ” が会場で流されていることから、” Dislocated ” は演奏されることなく終了したと思われる。
(追加:2021年7月25日)

 

1980/ 6 /16    Chaudiere Club, Ottawa, Canada

1. Trap* / 2. Heptaparaparshinokh / 3. Thrang Thrang Gozinbulx / 4. Boy At Piano / 5. Christian Children Marching Singing / 6. Dislocated / 7. Untitled / 8. Minor Man /9. Thrang Thrang Gozinbulx II / 10. Ooh Mr Fripp / 11. Farewell Johnny Brill / 12. Eye Needle / 13. Inductive Resonance / 14. Dislocated

冒頭の ” Inductive Resonance ” がカットされているだけでなく、” Trap ” もリズム・チェンジ後のタイミングから収録されている。
音質も悪く、金太郎飴的なリーグ・オブ・ジェントルメンのライヴ作品の中でも、後回しで良いと思う。
(追加:2021年7月25日)

 

1980/ 6 /17    El Mocambo 1st Show, Toronto, Canada

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II /11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill /13. Eye Needle* / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

 

1980/ 6 /17    El Mocambo 2nd Show, Toronto, Canada

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

 

1980/ 6 /18    El Mocambo 1st Show, Toronto, Canada

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill* / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

 

1980/ 6 /18    El Mocambo 2nd Show, Toronto, Canada

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill* / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

リーグ・オブ・ジェントルメンは、6月17、18日に1日2回、計4回のライヴを行っている。
まぁ無茶なスケジュールだと思う。 それだけに選曲に変化をつけたり間引いたりしたとしても問題は無いだろうし、逆にそうした方が個々のライヴの集中力は上がったと思う。 にもかかわらず、全く同じセット・リストを4回繰り返している。
そうせざるを得なかったのか、あるいはそうすることしかできなかったのか、多分後者なんだと思うけど、流石に連続して聴くのはキツイ。 1996年にリリースされた『 Thrang Thrang Gozinbulx 』 にはこの4公演(と7月10日のデトロイトでのライヴ)から選曲されているが、どの日のテイクを採用するかの判断は差が無いだけに難しかったと思う。
(追加:2021年7月25日)

 

1980/ 6 /20    Slide Inn, Syracuse, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. Thrang Thrang Gozinbulx III / 6. Boy At Piano / 7. Christian Children Marching Singing / 8. Dislocated / 9. Untitled / 10. Minor Man / 11. Thrang Thrang Gozinbulx II / 12. Ooh Mr Fripp / 13. Farewell Johnny Brill / 14. Eye Needle / 15. Inductive Resonance / 16. Dislocated*

カナダでの半月のツアーを終えたリーグ・オブ・ジェントルメンは、そのままアメリカでの活動を続ける。 カナダでは最後に1日2回、2日連続というブッキングの失敗としか思えないライヴをこなしたリーグ・オブ・ジェントルメンは心機一転のライヴを…行わなかった。
なんと前4回から ” Thrang Thrang Gozinbulx ” を ” Thrang Thrang Gozinbulx III ” に変えた以外は全く同じセット・リストで演奏しているのである。 ライヴ冒頭の ” RF Announcement ” でフリップはツアーをキャンセルしようとしたとこぼしているが、キャンセルしようとしてもできなかった大人の事情に対し、悪意あふれる演奏をしたものと思われる。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /21    Red Creek Inn 1st Show, Rochester, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. Thrang Thrang Gozinbulx III / 6. Boy At Piano / 7. Christian Children Marching Singing / 8. Dislocated / 9. Untitled / 10. Minor Man / 11. Thrang Thrang Gozinbulx II / 12. Ooh Mr Fripp / 13. Farewell Johnny Brill / 14. Eye Needle / 15. Inductive Resonance / 16. Dislocated*

アメリカでの2日目で、1日2公演の1回目の演奏。
リーグ・オブ・ジェントルメンのツアーは11月まで続くのだが、この時点でもうマンネリに陥っていることがよく解る。 インプロから曲を完成させていく手法に適応したメンバーがいなかったのがその原因かもしれない。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /21    Red Creek Inn 2nd Show, Rochester, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. Thrang Thrang Gozinbulx III / 6. Boy At Piano / 7. Christian Children Marching Singing / 8. Dislocated / 9. Untitled / 10. Minor Man / 11. Thrang Thrang Gozinbulx II / 12. Ooh Mr Fripp / 13. Farewell Johnny Brill / 14. Eye Needle / 15. Inductive Resonance / 16. Dislocated

レッド・クリーク・インでの2回目の演奏。
” Inductive Resonance ” と ” Dislocated ” を、ちょっとアレンジを変えただけで2回演奏するというのが、リーグ・オブ・ジェントルメンのライヴのお決まりとなっている。 バンド、といってもフリップの意思で全てが決まっていたはずで、となるとレパートリーを増やすつもりがフリップには無かったかもしれない。 昼夜2回観に来た人がどれくらい居たのか判らないが、踊りにくいダンス・ナンバーよりもクリムゾンの楽曲の演奏を望んでいたに違いない。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /22    J.B. Scotts, Albany, USA

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx III / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching Singing. / 7. Dislocated / 8. Untitled / 9. Minor Man / 10. Thrang Thrang Gozinbulx II / 11. Ooh Mr Fripp / 12. Farewell Johnny Brill / 13. Eye Needle / 14. Inductive Resonance / 15. Dislocated

ニューヨークのオールバニーの J.B.スコットでのライヴ。
リーグ・オブ・ジェントルメンのライヴの解説については DGM Live もお手上げのようで、フリップが何を喋ったとかそんなことが中心になっている。 これだけ演奏に変化がなければ仕方ないことだと思う。
録音レベルを上げすぎたのか ” Inductive Resonance ” は前半音が割れてしまっている。 その後 ” Heptaparaparshinokh ” の演奏の入りを間違え演奏し直している。 などというミスが、他の人の違いだったりする。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /23    Toad's Place, New Haven, United States

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. Thrang Thrang Gozinbulx III / 6. Boy At Piano / 7. Christian Children Marching Singing / 8. Dislocated / 9. Untitled / 10. Minor Man / 11. RF Announcement / 12. Thrang Thrang Gozinbulx II / 13. Ooh Mr Fripp / 14. Farewell Johnny Brill / 15. Eye Needle / 16. Inductive Resonance / 17. Dislocated

キング・クリムゾンのことを、プログレとカテゴライズされて語られることを嫌うフリップであるが、リーグ・オブ・ジェントルメンについてはどうしてもダンス・バンド言いたいらしい。 この日も冒頭のアナウンスで、「ここはダンス・フロアだし、LoGはダンス・バンドなのだから踊れ」という趣旨を述べている。
この日はバリー・アンドリューズのオルガンの調子が悪かったらしく、” Minor Man ” 後に再びフリップはアナウンスをしている。 普通のダンス・バンドならそんなことはしないで、他の手段で乗り切ったりすると思うのだが。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /25    Paradise First Performance, Boston, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. RF Announcement / 6. Thrang Thrang Gozinbulx III / 7. Boy At Piano / 8. Christian Children Marching Singing / 9. Dislocated / 10. Untitled / 11. Minor Man / 12. Thrang Thrang Gozinbulx II / 13. Ooh Mr Fripp / 14. Farewell Johnny Brill / 15. Eye Needle / 16. Inductive Resonance / 17. Dislocated

ボストンのパラダイスでの1日2回の2日連続ライヴの初回を収録した作品。
同じような演奏を繰り返しているリーグ・オブ・ジェントルメンだが、2回目の ” Dislocated ” の中間部だけは僅かながらフリーな演奏パートがある。 この日はぶっとい音のギターがベースと絡んだ後、ベースとギーターだけになった所に尖ったギターが絡んでくる。 非リーグ・オブ・ジェントルメンな演奏なのだが、非リーグ・オブ・ジェントルメンな演奏が最も格好良かったりする。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /25    Paradise Second Performance, Boston, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. RF Announcement / 6. Thrang Thrang Gozinbulx III / 7. Boy At Piano / 8. Christian Children Marching Singing / 9. Dislocated / 10. Untitled / 11. Minor Man / 12. Thrang Thrang Gozinbulx II / 13. Ooh Mr Fripp / 14. Farewell Johnny Brill / 15. Eye Needle / 16. Inductive Resonance / 17. Thrang Thrang Gozinbulx II / 18. Dislocated

ボストンのパラダイス初日の2回目のライヴを収録した作品。
この日は ” Inductive Resonance ” と ” Dislocated ” に加え、” Thrang Thrang Gozinbulx II ” を2回演奏している。 元々 ” Thrang Thrang Gozinbulx ” の I、II、III はアレンジを変えただけの3曲なので、この日2回演奏している同曲を II とタイトル付けしている理由は判らない。 ただ、フリップのギター・ソロ満載の2回目の演奏後の観客の反応から、LoG に対して観客が求めているのはダンス・ミュージックではなく、クリムゾン寄りの楽曲であることがよく判る。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /26    Paradise First Performance, Boston, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. RF Announcement / 6. Thrang Thrang Gozinbulx III / 7. Boy At Piano / 8. Christian Children Marching Singing / 9. Dislocated / 10. Untitled / 11. Minor Man / 12. Thrang Thrang Gozinbulx II / 13. Ooh Mr Fripp / 14. Farewell Johnny Brill / 15. Eye Needle / 16. Inductive Resonance / 17. Trap

ボストンのパラダイス2日目初回のライヴを収録した作品。
やっと、やっとであるかセット・リストに変化が現れてきた。 ” Dislocated ” は1回しか演奏せず(収録されていないだけかもしれないが)、その代わりに ” Trap ” を2回演奏している。 ” Dislocated ” にせよ ” Inductive Resonance ” にせよ、2回目の演奏時にはフリップが弾きまくるパートが増えるのだが、ここでの ” Trap ” ではそのパートが増えず消化不良で終了してしまう。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /26    Paradise Second Performance, Boston, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. RF Announcement / 6. Thrang Thrang Gozinbulx III / 7. Boy At Piano / 8. Christian Children Marching Singing / 9. Dislocated / 10. RF Announcement / 11. Thrang Thrang Gozinbulx II / 12. Minor Man / 13. Untitled / 14. Ooh Mr Fripp / 15. Farewell Johnny Brill / 16. Eye Needle / 17. Inductive Resonance / 18. Heptaparaparshinokh / 19. Dislocated

ボストンのパラダイスでの1日2回の2日連続ライヴの最後の演奏を収録した作品。
DGM Live の解説を読むと、リーグ・オブ・ジェントルメンのツアーの中でも最高の一つで、もし DGM Live から1つだけダウンロード購入するのであればこの演奏だと記載してある。
” Inductive Resonance ” と ” Dislocated ” の2回目の演奏での弾きまくりも良いし、新たに ” Heptaparaparshinokh ” が2回目の演奏に加わったのも変化が出ている。 ただリーグ・オブ・ジェントルメンについては一生懸命聴いているつもりだが、この演奏がベストだと言い切れるか私には自信がない。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /28    Club 57 at Irving Plaza, New York, USA

1. RF Announcement / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. RF Announcement / 6. Thrang Thrang Gozinbulx III / 7. Boy At Piano / 8. Christian Children Marching Singing / 9. Dislocated / 10. Untitled / 11. Minor Man / 12. Thrang Thrang Gozinbulx II / 13. Ooh Mr Fripp / 14. Farewell Johnny Brill / 15. Eye Needle* / 16. Inductive Resonance / 17. Heptaparaparshinokh / 18. Dislocated

今はなき、ニューヨークの Club 57 でのライヴを収録した作品。 音源は発掘されていないが、前日の6月27日にもリーグ・オブ・ジェントルメンはここで演奏している。
” Ooh Mr Fripp ” の途中でフェードイン・フェードアウトがあったり、” Eye Needle ” の冒頭部分が欠落しているが、総じて音は良い。 パラダイスでの最終公演と同じく、” Heptaparaparshinokh ” が2回演奏されているが、面白みは無い。
それよりも ” Inductive Resonance ” でのバリー・アンドリューズのオルガンや、” Dislocated ” でのフィードバックを交えたフリップのギター・ソロが白熱していて興味深い。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 6 /29    Fast Lane, Asbury Park, USA

1. RF Introduction / 2. Inductive Resonance / 3. Trap / 4. Heptaparaparshinokh / 5. RF Announcement / 6. Thrang Thrang Gozinbulx III / 7. Boy At Piano / 8. Christian Children Marching Singing / 9. Dislocated / 10. Untitled / 11. Minor Man / 12. Thrang Thrang Gozinbulx II / 13. Ooh Mr Fripp / 14. Farewell Johnny Brill / 15. Eye Needle / 16. Inductive Resonance / 17. Dislocated

リーグ・オブ・ジェントルメンの「同じ曲を2回演奏するシリーズ」の定番は ” Inductive Resonance ” と ” Dislocated ” の2曲なのだが、ここ何回かは ” Trap ” と ” Heptaparaparshinokh ” も演奏されていた。 しかしこの日は定番の2曲に戻っている。
フリップは ” Inductive Resonance ” では意図的に調子外れの音を出し、” Dislocated ” は激しめのギター・ソロを弾いており、やはりこの2曲が良いなぁと思う。
(追加:2022年9月10日)

 

1980/ 9 /21    Royal Exeter, Bournemouth, UK

1. Inductive Resonance / 2. Trap / 3. Heptaparaparshinokh / 4. Thrang Thrang Gozinbulx II / 5. Boy At Piano / 6. Christian Children Marching, Singing / 7. Dislocated / 8. Thrang Thrang Gozinbulx III / 9. Minor Man / 10. Farewell Johnny Brill / 11. Eyes Needle / 12. Inductive Resonance

2ヶ月弱にも及ぶ北米ツアーを終えた後、リーグ・オブ・ジェントルメンは9月と11月にイギリスでツアーを行う。 現在までの所 DGM Live からダウンロード・リリースされているのは、このイギリス・ツアーの中で本公演だけである。
7月迄の北米ツアーの音源と比べ、バリー・アンドリューズの演奏の変化とフリップのギターに遊びが増えているのが明らかなのだが、この日にまで何があったのかよく判らない。 この辺りのことを明らかにするためにも、他の日の音源も発掘してリリースしてもらいたい。
(追加:2022年9月10日)