King Crimson Data Base
    Bill Bruford Discography  -the early 1990s-

1991

All Heaven Broke Loose : Bill Bruford's Earthworks

  1. Hotel Splendour [ co-writes ]
  2. Forget - Me - Not [ co-writes ]
  3. Candles Still Flicker In Romania's Dark
  4. Pigalle [ co-writes ]
  5. Temple Of The Winds [ co-writes ]
  6. Nerve [ co-writes ]
  7. Splashing Out [ co-writes ]
  8. All Heaven Broke Loose
    i) Psalm [ co-writes ]
    ii) Old Song [ co-writes ]
  • Drums
  • 音楽的傾向は違うものの、ブルーフォードの3枚目と同じような行き詰まりを感じるアースワークスの3枚目。 ” Splashing Out ” のような、ヒットねらいではないがポピュラリティのある楽曲を増やしていくことができたのならば、きっと別の展開もありえたはずである。 この後ブルーフォードはイエスの残務処理、フリップのクリムゾン復活宣言 ( ただし当初はブルーフォード抜き ) により70年代半ばのような迷走を始めることになる。
    (追加:1999年6月25日)

 

The Classical Connection 2 : Rick Wakeman

  1. Eleanor Rigby
  2. Birdman Of Alcatraz
  3. The Day After The Fair
  4. Opus1
  5. The Painter
  6. Summertime
  7. Dancing In Heaven
  8. A Garden of Music
  9. Mackintosh
  10. Farandol
        Rick Wakeman : Piano and keyboards
        Frank Ricotti : Tuned percussion
        Steve Howe : Acoustic guitars
        Chris Squire : Bass
        Bill Bruford : Drums
  11. Pont Street
  12. Art And Soul
  • リック・ウェイクマンによるカヴァー曲集。
    ギターリストとのデュエットが大半を占める中、トラディショナルな ” Farandol ” は、ハウ、スクワイア、ブルーフォードというYES編成での楽曲。 更にもっと言ってしまえば、スクワイア&ブルーフォードという強烈なリズム隊による演奏ということになる。
    ただ残念ながら3分弱と本作品の中で最も短い楽曲で、一番美味しい所が少ししか味わえないという欲求不満だけが残ってしまう。
    埋もれてしまっているのが、本当にもったいない。
    (追加:2015年7月10日)

 

Turbulence : Steve Howe

  1. Turbulence
  2. Hint Hint
  3. Running The Human Race
  4. The Inner Battle
  5. Novalis
  6. Fine Line
  7. Sensitive Chaos
  8. Corkscrew
  9. While Rome's Burning
  10. From A Place Where Time Runs Slow
  • Drums

  • 本来は1989年に完成予定であったスティーヴ・ハウの3枚目のソロ・アルバム ( ABWHの活動開始により延期されていたとの噂 ) に、ブルーフォードはシモンズ中心のドラムで参加している。
    過去2枚のハウのソロとは異なり、ハウもブルーフォードも弾きまくり、叩きまくりで格好良い。 下品なデジタル・シンセの音がアルバム全体の風格を落としているのが悔やまれるけど。
    (追加:1999年6月25日)

 

Union : Yes   

  1. I Would have Waited Forever
  2. Shock To The System
  3. Masquerade
  4. Lift Me Up
  5. Without Hope You Cannot Start The Day
  6. Saving My Heart
  7. Miracle Of Life
  8. Silent Talking
  9. The More We Live - Let Go
  10. Angkor Wat
  11. Dangerous ( Look In The Light Of What You're Searching For )
  12. Holding On
  13. Evensong
  14. Take The Water To The Mountain
  • Simmons Electric Drums

  • なんじゃこれ。
    いわゆる8人イエスとしてのレコーディングがないことなど別にどうでもよく、ABWHしての曲があまりにもつまらないことが悲しい。 折角ABWHとしてのファースト・アルバムで、アンダーソン好みのラテン・ミュージックとシモンズの融合という新鮮な試みがなされていたのにも拘わらず、本アルバムではその発展形としての性格が全く見えてこない。 ABWHとしての新録なのか疑問がわく。 ファーストの没テイクではないのか?
    アルバム全体としての妙な統一感は、アンダーソンのヴォーカルによるものではなく、ABWHの捨て曲と90125の全力投球が同じレベルであることが理由だと思う。
    (追加:1999年6月25日)

 

The Union Tour Live : Yes

  1. Intro : Firebird Suite
  2. Your Is No Disgrace [ co-writes ]
  3. Rhythm Of Love
  4. Heart Of The Sunrise [ co-writes ]
  5. Clap
  6. Owner Of A Lonely Heart
  7. I've Seen All Good People
  8. Solly's Beartd
  9. Saving My Heart
  10. The Fish / Amazing Grace
  11. Rick Wakeman Solo
  12. Awaken
  13. Roundabout
  • リリースは1999年

  • 結局スタジオ・レコーディングは実現しなかった8人イエスのライヴ・アルバム。 映像メディアでのみリリースされている。
    自分が在籍していなかった時代の曲は演奏しない、などということはなく、メンバーのソロ以外の全ての曲において、ブルーフォードはホワイトとのツイン・ドラムを屈託なく演奏している。 逆に言えばそれだけイエスに対するこだわりはなく、お仕事としての演奏に徹しているのかもしれない。
    プログレ耳にとってはエンターティメント性の高い、好作品。
    (追加:2001年3月10日)

 

1992

Live Stamping Ground :  Bill Bruford's Earthworks

  1. Nerve [ co-writes ]
  2. Up North [ co-writes ]
  3. A Stone's Throw [ co-writes ]
  4. Pilgrim's Way [ co-writes ]
  5. Emotional Shirt
  6. It Needn't End In Tears
  7. All Heaven Broke Loose
    i) Psalm
    [ co-writes ]
    ii) Old Song [ co-writes ]
  8. Candles Still Flicker In Romania's Dark
  9. Bridge Of Inhibition [ co-writes ]
  • Electronic, Acoustic & Chordal Drums
  • 評論家チックにこのアルバムのことを述べるならば、唯一最大の欠点はライブならではの緊張感が感じられないことである。 ブルーフォードにしてみれは全く不本意な感想なのかもしれないが、フアンとしては ( ブルーフォードが提示するフォーマットが ) ジャズだろうとプログレだろうと関係なく、、ただスリリングな演奏を期待するだけである。 本アルバムにおけるスコアをなめるような演奏では満足できない。
    (追加:1999年6月25日)

 

1993

Symphonic Music Of Yes

  1. Round About
  2. Close To The Edge
    I Solid Time Of Change
    II Total Mass Retain
    III I Get Up I Get Down
    IV Seasons Of Man
  3. Wondrous Stories
  4. I've Seen All Good People
  5. Mood For A Day
  6. Owner Of A Lonely Heart
  7. Survival
  8. Heart Of The Sunrise
  9. Soon
  10. Starship Trooper
    I Life Seeker
    II Wurn
  • Drums

  • イエスの音楽自体が(言葉そのままの意味で)シンフォニックであるだけに、それをご丁寧にオーケストラで演奏することが疑問視されて、イエスのフアンにも評判悪い本アルバムだが、視点をブルーフォードだけにおくとなかなか楽しむことができる。
    ” Wonderous Stories ” や ” Soon ” といった曲だけではなく、” Owner Of A Lonely Heart ” といった90125の曲でもドラムをたたくブルーフォード、暗くて複雑な性格がよく表れている。
    (追加:1999年6月25日)

 

1994

Heavenly Bodies  An Earthworks Collection : Bill Bruford's Earthworks

  1. Stromboli Kicks [ co-writes ]
  2. Making A Song And Dance [ co-writes ]
  3. Up North [ co-writes ]
  4. Candles Still Flicker In Romania's Dark
  5. Pigalle [ co-writes ] ( live, previously unreleased )
  6. My Heart Declares A Holiday [ co-writes ]
  7. Temple Of The Winds [ co-writes ]
  8. Nerve [ co-writes ]
  9. Gentle Persuasion
  10. It Needn't End In Tears
  11. Libreville [ co-writes ] ( live, previously unreleased )
  12. Dancing On Frith Street
  13. Bridge Of Inhibition [ co-writes ]
  • Electronic, Acoustic and Chordal Drums
  • アースワークスの(一時)活動停止時期に発表されたベスト・アルバム。 とは言うものの派手なヒット曲があるわけでは当然なく、契約履行にともなうリリースの可能性が高い。
    ” Pigalle ” と ” Libreville ” が未発表のライブ・テイク。
    (追加:1999年6月25日)

 

Burning For Buddy    A Tribute To The Music Of Buddy Rich

  1. Dancing Men
  2. Mercy, Mercy, Mercy
  3. Love For Sale
  4. Beulah Witch
  5. Nutville
  6. Cotton Tail
  7. No Jive
  8. Milestones
  9. The Drum Also Waltzes Part One
  10. Machine
  11. Straight No Chaser
  12. Slo - Funk
  13. Shawnee
  14. Drumorello
  15. The Drum Also Waltzes Part One
  16. Lingo
  17. Ya Gotta Try
  18. Pick Up The Pieces
  • Drums
  • ラッシュのニール・パートによるバディ・リッチのトリビュート・アルバムに、ブルーフォードは参加している。 ジャズ・ビッグ・バンドとブルーフォード、ジャズ出身を公言するブルーフォードにしてみれば意外性ゼロなのかもしれないが、初めて聴いたときの違和感はやはり大きかった。
    内ジャケットにニール・パートとのツー・ショットが掲載されている。
    (追加:1999年6月25日)

 

Lifeforms : The Future Sound Of London

  1. Cascade
  2. Ill Flower
  3. Flak
  4. Bird Wings
  5. Dead Skin Cells
  6. Lifeforms
  7. Eggshell
  8. Among Myselves
  1. Domain
  2. Spineless Jelly
  3. Interstat
  4. Vertical Pig
  5. Cerebral
  6. Life Form Ends
  7. Vit
  8. Omnipresence
  9. Room 208
  10. Elaborate Burn
  11. Little Brother
  • Omnipresence ” において ” The Sheltering Sky ” のイントロでのドラムがサンプリングされているものの、ブルーフォード当人の意志は全くない。
    尚、”Flak”にはフリップがクレジットされているが、こちらも何をしているのかよくわからない。
    (追加:1999年6月25日)

 

地上の楽園 : 久石 譲

  1. The Dawn
  2. She's Dead
  3. さくらが咲いたよ
  4. HOPE
  5. MIRAGE
  6. 季節風 ( Mistral )
  7. GRANADA
  8. THE WALTZ ( For World's End )
  9. Lost Paradise
  10. Labyrinth of Eden
  11. ぴあの ( English Version )
  • もののけ姫や北野映画の久石譲のソロ・アルバムである。 なんとデヴィッド・クロスまで参加しており、クリムゾン・フアンの久石が参加要請をした、といったところか。 違っていたらごめんなさい。
    一般的な映画音楽 ( ストリングス・アレンジのインスト ) が並んでいると思ったら大間違いで、(言葉通りの意味での)コンテンポラリーな楽曲群でとても楽しめることができる。
    ただクレジットだけはしっかりやっておいてほしかった...
    (追加:1999年6月25日)

 

1995

World Diary : Tony Levin

  1. Chasms
  2. The Train
  3. We Stand In Sapphire Silence
  4. Smoke
  5. Etude In The Key Of Guildford [ co-writes ]
  6. Espresso & The Bed Of Nails
  7. Mingled Roots
  8. Nyatiti
  9. Jewels [ co-writes ]
  10. La Tristesse Amoureuse De La Nuit
  11. Heat
  12. I Cry To The Dolphined Sea
  13. The Sound Of Goodbye
  • Simmons Electronic Drums

  • トニー・レヴィンのファースト・ソロ・アルバム。 2曲ともビルの自宅でレコーディングされている。
    「 ちょっと合わせてみる? 」 的なノリだけでレコーディングしたのであろうが、これだけのアンサンブル。 恐ろしいコンビだと思う。
    (追加:1999年6月25日)

Top Page