King Crimson Data Base
    Robert Fripp And The League Of Crafty Guitarists

1986

Live! : Robert Fripp And The League Of Crafty Guitarists

  1. Guitar Craft Theme I : Invocation
  2. Tight Muscle Party At Love Beach
  3. The Chords That Bind
  4. Guitar Craft Theme III : Eye Of The Needle
  5. All Or Nothing II
  6. Guitar Craft Theme II : Aspiration
  1. All Or Nothing I
  2. Circulation
  3. A Fearful Symmetry
  4. The New World
  5. Crafty March
  • The member of this particular configuration of the League of Crafty Guitarists represent the larger body of Crafty Guitarists

    Terry Blankenship, Roy Capellaro, Jon Diaz, Andrew Essex, Tony Geballe, Claude Gillet, Curt Golden, Mike Gorman, Trey Gunn, Bryan Helm, James Hines III, Danny Howes, David Mazza, John Miley, John Novak, Mark Tomacci
  • Produced by Robert Fripp and Tony Arnold for Editions EG.
  • ロバート・フリップ&ザ・リーグ・オブ・クラフティ・ギターリスツ(以下LOCG)の最初の作品。
    本作品がリリースされた時の戸惑いを、今でも覚えている。 Discipline Crimson が活動停止した後、フリップ関係の情報がほとんど無い中リリースされたためである。 ギター・クラフトの存在も、スタンダード・チューニングについても知識が無いまま本作品に向き合ったため、リーグ・オブ・クラフティ・ギターリスツという新「バンド」かと思ったりした。 さらに10分弱のフリッパートロニクスによる ” The New World ” が収録されているため、アルバムとしての統一感も無くなっている。
    ただフリップの活動作品、に飢えていたこともあり、結構な回数を聴き込んだという思い入れもある。 その後カリフォルニア・ギター・トリオやザ・ロバート・フリップ・ストリング・クィンテットで使い回される楽曲もあり、今では違和感なく聴けるようになっている。 反復というものは恐ろしい。
    (追加:2020年10月10日)

 

The Lady Or The Tiger? : Toyah And Fripp featuring The League Of Crafty Guitarists

  1. Lady Or The Tiger?
        Voice : Toyah Willcox
        Music : Robert Fripp
  1. The Discourager Of Hesitancy
        Voice : Toyah Willcox
        Music : The Encourager Of Precipitation by Robert Fripp and the League Of Crafty Guitarists
  • The League of Crafty Guitarists :
    Terry Blankenship, Roy Capellaro, Jon Diaz, John Durso, Andrew Essex, Tony Geballe, Claude Gillet, Curt Golden, Mike Gorman, Trey Gunn, Bryan Helm, James Hines III, Danny Howes, John Miley, John Novak, Mark Tomacci
  • Produced by Robert Fripp and Tony Arnold for Editions EG in aid of Claymont Children's School.
  • この共演がきっかけで結婚にいたったとされる、曰く付き(?)作品。
    両サイドとも、フランク・R・ストックトン作による物語を、トーヤが淡々と朗読している。
    ”Lady Or The Tiger? ” は、ループ間隔が短いフリッパートロニクスといったような音が29分48秒ひたすら続く。 フリップの全作品の中で、演奏時間が一番長い作品となる。
    ”The Discourager Of Hesitancy ” には、LOCG が参加している。 フリップが LCG とともに演奏しているかは不明。 前半はトーヤの朗読に合いの手のようにギターが絡むだけだが、後半はある程度 「 曲 」 らしい演奏に近づく。
    (追加:1999年5月25日)

 

1991

Show Of Hands : Robert Fripp & The League of Crafty Guitarists

  1. Listen
  2. Eye Of The Needle
  3. Askesis
  4. Bicycling To Afghanistan
  5. Here Comes My Sweetie
  6. An Easy Way
  7. Scaling The Whales
  8. The Moving Force
  9. A Connecticut Yankee In The Court Of King Arthur
  10. This Yes
  11. Are You Abel? ( Ready And Able To Rock'n' Roll )
  12. Spasm For Juanita
  13. Hard Times
  14. Burning Siesta
  15. Empty Magazine
  16. Circulation
  17. Chiara
  18. Asturias
  19. Ease God's Sorrow
  • Contributors :
    Guitarists
    Steve Ball, Tobin Buttram, Guido Ernst, Robert Fripp, Nigel Gavin, Tony Geballe, Curt Golden, Ralph Gorga, Trey Gunn, Steve Jolemore, Bert Lams, Victor McSurely, Hideyo Moriya, Hernan Nunez, David Pittaway, Paul Richards, Pietro Russino.
    Voice :
    Patricia Leavitt
    Viola : ( on The Moving Force )
    Cathy Stevens
  • Recorded at Manhattan Center Studios, NYC June 1990
  • Produced by Robert Fripp
  • 本作品がリリースされたのは1991年は未だインターネットが普及しておらず、LOCG 名義の作品がリリースされたことに唐突感があったし、そもそもパーマネントな活動をしているとは思ってもいなかった。
    実際には 『 Live! 』 リリース後も年に数回活動していたことや、ギタークラフトという存在自体が今では容易に判るようになったが、当時は本作品の位置付けが全く理解できなかった。 ギターのアンサンブルは 『 Live! 』 と同じだし、唐突の女性ヴォーカルが割り込んでくるしで、こんなことよりもクリムゾンとしての活動を早く復活して欲しいと思ったことを記憶している。
    この後カリフォルニア・ギター・トリオがでてきて、更にはザ・ロバート・フリップ・ストリング・クィンテットが出てくるとは思ってもいなかった当時、それはそれで幸せだったかもしれない。
    (追加:2020年10月10日)

 

1995

Intergalactic Boogie Express - Live in Europe 1991 : Robert Fripp & The League of Crafty Guitarists

  1. A Connecticut Yankee in the Court of King ArthurListen
  2. Rhythm of the Universes
  3. Larks' Thrak
  4. Circulation I
  5. Intergalactic Boogie Express
  6. G Force
  7. Eye of the Needle
  8. Corrente
  9. Driving Force
  10. Groove Penetration
  11. Flying Home
  12. Circulation II
  13. Fireplace
  14. Fragments of Skylab
  15. Asturias
  16. Prelude Cirkulation
  17. Cheeseballs
  18. Prelude in C minor
  19. Wabash Cannonball
  • Recorded live in Dusseldorf except :
    Tracks 1,3,4,11 & 19 in Hannover
    Trasks 10 & 18 in Bonn
    all during March 1991Contributors :Guitarists
  • The League of Crafty Guitarists are represented on this album by :
    Steve Ball, Tobin Buttram, Guido Ernst, Nigel Gavin, Curt Golden, Bert Lams, Hideyo Moriya, Hernan Nunez, David Pittaway, Paul Richards
  • Produced and mastered by Robert Fripp and David Singleton
  • 本作品がリリースされたのは1995年というのは、Double Trio Crimson が活動していて、DGM がクリムゾン関連作品をバンバンとリリースしていて、それをポニーキャニオンが日本盤でリリースしていた時期である。 1991年のライヴを収録した本作品がリリースされたのも、そんな流れの中でのことである。
    このライヴのおよそ1ヶ月後に LOCG は一旦その活動を終了することになる。 つまりそれなりに場数を踏んだ段階での演奏であり、そのためかコミカルな楽曲/演奏を交えた余裕が垣間見える内容となっている。
    ただ、作品自体に魅力があるかと問われると、その返事はごまかさざるを得ない。
    (追加:2020年10月10日)

 

DGM Live Library 

1990/ 3/29    The Bottom Line, New York, NY

  1. Circulation I
  2. Wall Street
  3. Askesis
  4. Beeline
  5. Fragments Of Skylab
  6. Someone
  7. An Easy Way
  8. Lands End
  9. The Breathing Fields
  10. Intergalactic Boogie Express
  11. Driving Force
  12. This Yes
  13. Fomp
  14. Circulation II
  15. Burning Siesta
  16. The Whip
  17. Spasm For Jaunita
  18. Moving Force
  19. Ease Gods Sorrow
  20. Wabash Cannonball
  21. Digitalis
  22. Prelude In C Minor
  1. Here Comes My Sweetie
  2. Scaling The Whale
  3. Cannon For Musical Offering
  4. Cheese Balls
  5. Resolution
  6. Groove Penetration
  7. Your Mary
  8. Punta Patri
  9. Circulation III
  10. Fireplace
  11. Asturias
  12. RF Announcement
  13. Larks Thrak
  14. Empty Magazine
  15. Eye Of The Needle
  16. Circulation IV
  17. Calliope
  • Robert Fripp, Hideyo Moriya, Paul Richards, Steve Ball, Ralph Gorga, Hernan Nunez, Tobin Buttram, Steve Jolemore, Bert Lams, Guido Ernst, David Pittaway, Patricia Leavitt
  • メンバーの出入りや、活動時期も関係なく、LOCG を思いっきり堪能するための作品を1つ選べと問われたら、多分本作になるのだと思う。
    1.5時間というヴォリュームは39曲(語り含む)という曲数からすると少ないが、途中から曲の切れ目も判らなくなり、なんだが一つの固まりを聴いているように思えてくる。
    満足感というより、too much 感が強く感じられる作品ではあることは否めない。
    (追加:2020年10月10日)

Live II : Robert Fripp and the League of Crafty Guitarists

  1. Circulation I
  2. Wall Street
  3. Intergalactic Boogie Express
  4. Here Comes My Sweetie
  5. Eye Of The Needle
  6. Circulation II
  7. Burning Siesta
  8. Spasm for Juanita
  9. Listen
  10. An Easy Way
  11. The Moving Force
  12. Digitalis
  13. Ease God’s Sorrow
  14. Are You Abel
  15. Hard Times
  16. Beeline
  17. Your Mary
  18. Circulation III
  19. Fireplace
  20. Circulation IV
  21. Asturias
  22. Fragments Of Skylab
  23. Fractal Jasm
  • Recorded live to DAT at the Victoriaville Festival Quebes, Canada on October 5th, 1990
  • The League of Crafty Guitarists was represented by
    Hideyo Moriya, Paul Richards, Steve Ball, Ralph Gorga, Hernan Nunez, Tobin Buttram, Steve Jolemore, Bert Lams, Guido Ernst, David Pittaway, Patricia Leavitt, Eduardo Galimany, John Sinks, Karen Thomas, Bettina Nunez, Jackie Dundee, Bill VanBuren, Yvonne Tennebroek, Paul Keefner

    This Particular configuration of members represents the larger body of Crafty Guitarists
  • 本作品は、元々 LOCG のコンサート会場で販売していたものを、現在は DGM Live でダウンロード販売をしている。 同じように会場オンリーで販売されていた作品に 『 Get Crafty I 』 という作品があり、こちらも DGM Live でダウンロード販売をしてもらいたい。
    短めな楽曲のみ23曲で50分以内という構成は、演奏者が多いことが制限となり単調になりがちな LOCG の作品の中でも聴きやすく、『 Live! 』 の次に聴く作品としては、フィジカル・ディスクの 『 Show Of Hands 』 や 『 Intergalactic Boogie Express 』 より適していると思う。
    (追加:2020年10月10日)

2007/ 6/ 2    Teatro Independencia, Mendoza, Argentina

  1. Opening Soundscape
  2. All Or Nothing II
  3. El Pendulo II
  4. Soundscape II
  5. Circulation Am
  6. Eye Of The Needle
  7. Soundscape III
  8. Circulation Sumerum
  9. THRAK
  10. Voices Of Ancient Children
  11. Soundscape IV
  12. VROOOM
  13. Coda Marine 475
  • DGM Live で確認してみると、1991年4月で LOCG名義 の活動は一旦終了しており、その後2006年6月から再活動している。 本作品は、その再活動後のライヴを収録した唯一のものである。
    過去からの楽曲の演奏速度は総じて早くなっており、これが演奏メンバーの新陳代謝によるものなのか、あるいは再活動後の LOCG の基本コンセプトなのかは、この時期のライヴがもう少しリリースされてからでないと判らない。
    再活動前はクリムゾン風の楽曲を後付で ” Larks' Thrak ” と名付けていたのに対し、再活動後の本作では ” THRAK ”、” VROOOM ”、” Coda Marine 475 ” とそのままのタイトルで披露している。 ただ ” THRAK ” についてはオリジナルの変奏曲といった内容になっている。
    (追加:2020年10月10日)

Top Page