King Crimson Data Base
    Brian Eno Discography / the early 1990s

1991

Achtung Baby : U2

  1. Zoo Station Even Better Than The Real Thing
        Produced By Steve Lillywhite with Brian Eno and Daniel Lanois
  2. One
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
        Additional Keyboards : Brian Eno
  3. Until The End Of The World
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  4. Who's Gonna Ride Your Wild Horses
        Produced By Daniel Lanois and Brian Eno
  5. So Cruel
        String Arrangement - The Edge and Brian Eno
  6. The Fly
        Special Thanks To Brian Eno
  7. Mysterious Ways
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  8. Tryin' To Throw Your Arms Around The World
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
        Additional Keyboards : Brian Eno
  9. Ultra Violet ( Light My Way )
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  10. Acrobat
  11. Love Is Blindness
        Additional Keyboards : Brian Eno
  • Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  • U2 がその音の肌触りを変えた作品。
    『 The Unforgettable Fire 』 にせよ、『 The Joshua Tree 』 にせよ、イーノの関与は大きく、イーノ抜きだったら優劣は別にして大きく異なった作品になったと思わせるのに充分な作品であった。 それだけに難しい仮定ではあるが、この 『 Achtung Baby 』  がイーノが関与した初の U2 の作品とならなくてよかったと思う。 この音の肌触りの変化の責任を、全てイーノによるものと糾弾されていたはずである。
    表面上の音の変化がある一方で、どの曲も 『 The Joshua Tree 』 以前の楽曲でみられたアレンジでも成り立つ可能性があり、むしろこの辺りのギリギリで抑えるところがイーノによる貢献であったとしたら、嬉しい。
    (追加:2015年6月25日)

 

1992

The Shutov Assembly : Brian Eno

The Shutov Assembly

  1. Triennale
  2. Alhondiga
  3. Markgraph
  4. Lanzaronte
  5. Francisco
  6. Riverside
  7. Innocenti
  8. Stedelijk
  9. Ikebukuro
  10. Cavallino
  • Recorded between 1985 and 1990

  • 1990年のジョン・ケイルとの 『 Wrong Way Up 』、1992年のソロとしての 『Nerve Net 』 とアンビエントでない、ヴォーカルが入っている、といったアルバムが続いた後に、突如リリースされたアンビエント小作品集。
    特にインターネット普及以前においては事前情報が流れることは少なく、イーノの作品はショップに唐突に置いてある印象が強かった。  『 Wrong Way Up 』、『Nerve Net 』 と続いただけに期待して購入し、自宅に戻って落ち込んだことを今でも覚えている。
    イーノについては、音楽関連以外の雑誌等で特集される際に文化人気取りの連中にありがたく祭り上げられることが多いが、そうした連中はこのような作品を本当に聴いているのであろうか?
    作品の良し悪しを論じるつもりは全くないが、アンビエント系の作品を不用意にあがめること自体が無意味であることを、明確にしてくれる作品。
    (追加:2002年9月10日)

 

Us : Peter Gabriel

  1. Come Talk To Me
  2. Love To Be Loved
  3. Blood Of Eden
  4. Steam
  5. Only Us
  6. Washing of the Water
  7. Digging in the Dirt
  8. Fourteen Black Paintings
  9. Kiss That Frog
  10. Secret World
  • Additional keys : Brian Eno

  • ジェネシス時代の 『 The Lamb Lies Down On Broadway 』 以来のピーター・ガブリエルとの共演。
    薄く鳴り響くシンセ音がイーノによるものだと思われる。
    (追加:2015年8月10日)

 

Complete Service : YMO

コンプリート・サーヴィス
  1. プロパガンダ -フル・ヴァージョン-
  2. 東風
  3. ビハインド・ザ・マスク
  4. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
  5. 中国女
  6. 音楽
  7. フォーカス
  8. シャドウズ・オンザ・グラウンド
  9. バレエ
  10. パースペクティブ
  11. ワイルド・アンビションズ
  12. マッドメン
  1. リンボー
  2. チャイニーズ・ウィスパーズ
  3. 希望の河
  4. 邂逅
  5. シー・スルー
  6. 手掛かり
  7. 以心電信
  8. ファイヤークラッカー
  9. 過激な淑女
  10. 君に、胸キュン。
  11. テクノポリス
  12. ライディーン
  • Producer : Brian Eno
    Mixing Team : Brian Eno with Ben Fenner
  • YMO の散会コンサートを収録したライヴ・アルバム。 『 After Service 』 というタイトルで1984年に発売した作品に曲目を追加した上で、イーノがプロデュースとミックスを担当している。
    今回改めて『 レコード・コレクターズ 』 誌(2003年2月号)や、『 ピコエンタテイメント 』 誌(1993年Vol.1)といった YMO 特集号でも確認したのだが、本作品に対するイーノの音質面での関与はあまりない。 実際に聴いてみても、まぁこんなとこがイーノかな、程度の感触しかない。 つまるところ、イーノによるプロデュース手法の1つである、「ほとんど関与しない」がとられた作品である。
    イーノの名前など借りなくてもセールスが期待できたはずの YMO と、既に U2 のプロデュースで金銭的余裕の出てきたはずのイーノの双方にとって、どれだけのメリットがあったのか、よくわからない。
    (追加:2013年8月25日)

 

Songs From The Cool World

  1. Real Cool World : David Bowie
  2. Play With Me : Thompson Twins
  3. Disappointed : Electronic
  4. Papua New Guinea ( 7" Original ) : The Future Sound Of London
  5. N.W.O. : Ministry
  6. The Witch : The Cult
  7. Sex On Wheelz : My Life With The Thrill Kill Kult ( Glamour Dyke Mix )
  8. Ah-Ah ( Mix 1 ) : Moby
  9. Mindless : Mindless
  10. Next Is The E ( Long Arms Mix ) : Moby
  11. Do That Thang ( Polite Mix ) : Da Juice
  12. Her Sassy Kiss : My Life With The Thrill Kill Kult
  13. Greedy : Pure
  14. Under : Brian Eno
  15. Industry And Seduction : Tom Bailey
  • 実写とアニメを融合した映画のサントラ。
    映画は未見なのだが、実写とアニメの融合ということだけで、 『 ロジャー・ラビット 』 の二番煎じであることは否めないのだが、サントラは豪華。 勿論、全ての楽曲が素晴らしいとは言えないが、 寄せ集め楽曲集としては良くできていると思う。
    イーノが提供しているのは当時未発表であった 『 My Squelchy Life 』 に収録されていた ” Under ”。 イーノの他編集盤にもこの段階では収録されておらず、初公開楽曲であった。
    (追加:2018年10月10日)

 

1993

Brian Eno I  instrumental : Brian Eno

 

Disc 1
1. Another Green World  2. Energy Fools the Mountain  3.Dover Beach  4. Slow Water  5. Untitled  6. Chemin de Fer  7. Empty Landscape  8. Reactor  9. The Secret  10. Don't Look Back  11. Marseilles  12. Two Rapid Formations  13. Sparrowfall I  14. Sparrowfall II  15. Sparrowfall III  16. Events in Dense Fog  17.'There Is Nobody'  18. Patrolling Wire Borders  19. A Measured Room  20. Task Force   21. M386  22. Final Sunset  23. The Dove  24. Roman Twilight   25. Dawn, Marshland  26. Always Returning I  27. Signals  28. Drift Study  29. Approaching Taidu  30. Always Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Theme from 'Creation'  2. Saint Tom  3. Warszawa  4. Chemistry  5. Courage  6. Moss Garden  7. Tension Block  8. Strong Flashes of Light   9. More Volts  10. Mist  / Rhythm  11. Ho Renomo  12. Stream with Bright Fish  13. Fleeting Smile  14. An Arc of Doves  15. Stars   16. An Index of Metals ( edit )

Disc 3
1. 1/1  2. Ikebukuro ( edit )  3. The Lost Day  4. Thursday Afternoon ( edit )  5. Discreet Music ( edit )  6. Dunwich Beach, Autumn 1960  7. Neroli ( edit )

  • イーノ箱のインスト編。
    フリップが参加作品しているのは、” Slow Water ” と ” An Index of Metals ( edit ) ” の2曲。
    (追加:2011年4月10日)

 

Brian Eno II  vocal : Brian Eno

Eno 2 

 

Disc 1
1. Needless in the Camel's Eye  2. Baby's on Fire   3. Cindy Tells Me  4. On Some Faraway Beach  5. Blank Frank  6. Dead Finks Don't Talk  7. Some of Them Are Old   8. Here Come the Warm Jets  9. Seven Deadly Fins  10. Burning Airlines Give You So Much More  11. Back in Judy's Jungle  12. The Great Pretender   13. Third Uncle  14. Put a Straw Under Baby  15. The True Wheel  16. Taking Tiger Mountain  17, The Lion Sleeps ( Wimoweh ) Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Sky Saw  2. Over Fire Island  3. St. Elmo's Fire  4. In Dark Trees  5. The BIg Ship  6. I'll Come Running  7. Sombre Reptiles   8. Golden Hours  9. Becalmed   10. Zawinul / Lava  11. Everything merges With The Night  12. Spirits Drifting  13. No-One Receiving  14. Backwater  15. Kurt's Rejoinder   16. King's Lead Hat  17. Here He Comes  18. Julie With...  19. By This River  20. Through Hollow Lands   21. Spider & IT

Disc 3
1. R.A.F.  2. America Is Waiting  3. Regiment   4. The Jezebel Spirit  5. Wire Shock  6. Ali Click  7. Spinning Away   8. Empty Frame  9. River  10. The Soul of Carmen Miranda  11. The Belldog  12. I Fall Up  13. Stiff 14. Are They Thinking of Me ?  15. Some Words  16. Under  17. Over

  • イーノ箱のヴォーカルあり編。
    フリップが参加しているのは、” Baby's on Fire ”、” Blank Frank ”、” St. Elmo's Fire ”、” I'll Come Running ”、” Golden Hours ”、” King's Lead Hat ”、” Regiment ”、” I Fall Up ” の8曲。
    (追加:2011年4月10日)

 

I Feel You : Depeche Mode

  1. I Feel You, life's too short mix.
  2. I Feel you, swamp mix.
  3. I Feel You, renegade soundwave afghan surgery mix.
  4. I Feel You, helmet at the helm mix.
  • 1 & 2 : remixed by Brian Eno

  • デペッシュ・モードの 『 Songs Of Faith And Devotion 』 からのシングル。
    イーノは最初の2曲をリミックスしており、1曲目はアルバム収録テイクからミニマル度を高めたようなミックスを、2曲目は1曲目から更にミニマル度を高め、抑揚度を更に無くしたミックスをしている。
    イーノとデペッシュ・モードの接点というのは殆ど無いし、本作が実現した背景もよくわからない。 記名性があるわけでもなく、あらたなケミストリーも発生しておらず、イーノである必要は全く無い。 更なる発展が期待できなかったのは、当事者同士が一番わかっていたのかもしれない。
    (追加:2018年2月25日)

 

Laid : James

  1. Out To Get You
  2. Sometimes ( Lester Piggott )
  3. Dream Thrum
  4. One Of The Three
  5. Say Something
  6. Five-O
  7. P.S.
  8. Everybody Knows
  9. Knuckle Too Far
  10. Low Low Low
  11. Laid
  12. Lullaby
  13. Skindiving
  • Produced by Brian Eno.
    Additional bass and keyboards by Brian Eno.
    Additional vocals on Sometimes ( Lester Piggott ), Dream Thrum and Five-O by Brian Eno and Martine McDonagh.

  • ジェイムスの5thアルバムで、イーノがジェムスに初めて関与した作品。
    イギリスではアルバムは常時ベスト10入りする程の人気があるにもかかわらず、日本では売れなかった。 マンチェスターの盛り上がりに乗ずる機会もあったはずなのだが、売れなかった。 雑誌受けが悪かったのか、それともレコード会社のプロモーションが足りなかったのかよくわからないが、インターネット普及前の洋楽事情に巻き込まれたようにも思える。
    所謂ロック・バンドのプロデュースについては、イーノはこの時期既にU2と経験済みで、朗々と歌い上げるヴォーカルのバックに、シンセを薄く上品に鳴り響かすという手法をここでも展開している。
    ただイーノは、ジェイムスとの作業に可能性を見出したのか、あるいは本作品に満足できなかったのか、この後一気に過激な方向に舵を切ることになる。
    (追加:2017年7月10日)

 

"Low" Symphony : Philip Glass

  1. Subterraneans
  2. Some Are
  3. Warszawa
  • Music composed by Phillip Glass    From the Music of David Bowie and Brian Eno

  • Performed by The Brooklyn Philharmonic Orchestra
    Dennis Russell Davis, Principal Conductor

  • 『 Low 』 のボウイとイーノの音楽を元にフィリップ・グラスが作曲した楽曲をオーケストラで演奏した作品。
    従って、『 Low 』 の楽曲をオーケストラで演奏した作品ではなく、フィリップ・グラスによるオリジナル作品と捉えた方が正しい。 ジャケットにボウイとイーノの写真まで大々的に使われているのは、大人の事情、つまり売上を増やすことを目的にしたものである。
    現代音楽に造詣が全く無い私は、殆ど原曲が判らなくなっている ” Subterraneans ” と ” Some Are ” が楽しめなかったのに対し、” Warszawa ” の重厚なフレーズが原曲に近い形で再現されているところに、やはり興奮してしまう。
    イーノの本作品に対する音楽的関与は、クレジット通りであれば何も無い。
    (追加:2017年11月10日)

 

Zooropa : U2

  1. Zooropa [ Synthesisers  Brian Eno ]
  2. Babyface
  3. Numb [ Additional synthesizers  Brian Eno, Arcade sounds  Brian Eno ]
  4. Lemon [ Synthesizers  Brian Eno, Strings arranged and performed by Brian Eno ]
  5. Stay ( Faraway, So Close! )
  6. Daddy's Gonna Pay For Your Crashed Car
  7. Some Days Are Better Than Others [ Synthesizers  Brian Eno, Loops Brian Eno & Des Broadbery ]
  8. The First Time [ Piano and Harmonium  Brian Eno ]
  9. Dirty Day [ Synthesizers on 'Father To Son' Section Brian Eno ]
  10. The Wanderer [ Additional synthesisers  Brian Eno ]
  • Produced By Flood, Brian Eno and The Edge
  • U2 がその音の肌触りだけではなく、音そのものに微修正を施した作品。
    『 Achtung Baby 』  では、従来の U2 路線の演奏フォーマットでも成り立つ曲が多くあったが、本作においては、このフォーマットでしか成り立たない楽曲が多い。
    この変化は U2 とプロデューサーとして新しくクレジットされた Flood によるもので、イーノのプロデュースによる影響は少ないものと思われる。 前作 『 Achtung Baby 』  以上にイーノは演奏者としても多くクレジットされていること、そして次作 『 Pop 』 でイーノのクレジットが無くなっていることからも、そのように推測することができる。
    本作品において、プロデューサとしてのイーノは、彼のプロデュース手法の一つである、「なにもしない」を選択していたのかもしれない。
    (追加:2015年6月25日)

 

1994

Brian Eno I & II Sampler : Brian Eno

  1. Stiff
  2. Baby's on Fire
  3. Backwater
  4. Spinning Away
  5. I'll Come Running
  6. No One Receiving
  7. Third Uncle
  8. Blank Frank
  9. Patrolling Wire Borders
  10. A Measured Room
  11. M386
  12. Another Green World
  13. Sparrowfall (1)
  • 2つのイーノ箱からの抜粋盤。 
    フリップ収録曲は、vocal から3曲選ばれている。
    (追加:2011年4月10日)

 

Mamouna : Bryan Ferry

Mamouna

  1. Don't Want To Know
  2. N.Y.C.
  3. Your Painted Smile
  4. Mamouna
  5. The Only Face
  6. The 39 Steps
  7. Which Way To Turn
  8. Wildcat Days [ co-writes ]
  9. Gemini Moon
  10. Chain Reaction
  • brian eno : sonics ( 1,7,10 )  sonic awareness ( 4 )  sonic ambience ( 5 )  sonic emphasis ( 6 )  swoop treatments ( 8 )  sonic distress ( 9 )

  • ブライアン・フェリーの9枚目のソロ・アルバム。
    ロキシー脱退の経緯から不仲が伝えられたいたイーノが、フェリーの作品にミュージシャンとしてクレジットされている。 フェリーとの共演は、そのロキシーでのセカンド以来となる。
    ロキシーだと 『 Avalon 』 以降、ソロだと 『 Boys And Girls 』 以降、フェリーの作品アレンジはゴージャス路線を突き進み、音の隙間がほとんど無いほど分厚いものとなっている。 本作品においてもその路線は貫かれており、音の隙間を埋める、という観点ではイーノのシンセサイザーは見事に機能している。
    フェリーにしてみれば、従来の路線を崩すことなく「イーノとの共演」という話題性でアルバムのプロモーションを行えたことになる。 一方イーノにしてみれば、U2での手法をそのまま使っただけで、「sonic 〜」といういかにもイーノらしい造語群をフェリーのアルバムにクレジットさせることに成功している。
    お互いの思惑が見事に合致した作品である。
    (追加:2006年2月10日)

 

Wah Wah : James

  1. Hammer Strings
  2. Pressure's On
  3. Jam J
  4. Frequency Dip
  5. Lay The Law Down
  6. Burn The Cat
  7. Maria
  8. Low Clouds
  9. Building A Fire
  10. Gospel Oak
  11. DVV
  12. Say Say Something
  13. Rhythmic Dreams
  14. Dead Man
  15. Rain Whistling
  16. Basic Brain
  17. Low Clouds
  18. Bottom Of The Well
  19. Honest Joe
  20. Arabic Agony
  21. Tomorrow
  22. Laughter
  23. Sayonara
  • 23 compositions written and performed by James and Brian Eno
    Recorded at Real World during " The Laid Session 1993 "

  • All tracks written and performed by James and Brian Eno.
    Produced by Brian Eno.
    Tracks 1, 5, 6, 11, 13, 14, 15, 18, 22, 23 mixed by Brian Eno.
    Tracks 7, 9, 10, 12, 19 mixed by Markus Dravs and Brian Eno.

  • 『 Laid 』 レコーディング時のセッションの断片を、イーノがこねくり回した作品。
    こねくり回し方は多様で、断片をそのまま提示したように思えて思いっきり編集しているものや、このまま発展させていけば滅茶苦茶格好良くなりそうなのに突然終了したりしたりするものもある。
    自分との化学反応でオーソドックスなロック・バンドであるジェイムスがどのような変化をしていくのかイーノは試そうとしたのだろうが、ジェイムス自体はそこまでの興味が無かったのかもしれない。 そこに気づいたイーノは、ジェイムスとの双方向でのチャレンジを止め、一方的な作業によって密室性の高い本作品を生み出したとしか思えない。
    ただ、イーノはそれでも満足できなかったのか、更に過激な方向に舵を切ることになる。
    (追加:2017年7月10日)

 

JAM J : James VS The Sabres of Paradise

  1. Jam J
        Arena Dub
        Amphetamine Pulsate
  1. Jam J
        Sabresonic Tremelo Dub
        Spaghetti Steamhammer
  • Written and performed by James.
    Produced by Brian Eno, remade and remodelled by Marcus Dravs.
    Additional production and mix by The Sabres of Paradise.

  • 『 Wah Wah 』 に収録されていた ” Jam J ” を、イーノのプロデュース下で、セイバース・オブ・パラダイスというテクノ&リミックス・グループがリミックスした作品。 このセイバース・オブ・パラダイスのアンドリュー・ウェザオールという人は後にトゥー・ローン・スウォーズメンというプロジェクトで、現在イーノが契約しているワープ・レコーズから作品をリリースしている。
    行き着くとこまで行き着いたような作品である。 イーノによって解体&再構築された ” Jam J ” が、A,B面とも各々15分強にリミックスされているのだが、沈み込むような緩いビートが延々と展開される。 この手の楽曲が好きな人には堪らないだろうが、果たしてジェムスのファンやメンバー自身にとって、本作品にどれだけの意味があるのか判らない。 『 Laid 』、『 Wah Wah 』、そして本作は、イーノには珍しいやり過ぎ感満載のプロジェクトである。
    (追加:2017年7月10日)

 

The Wild Ones CD2 : Suede

  1. The Wild Ones
  2. Eno's Introducing The Band
  3. Asda Town
  • Eno's introducing The Band remixed by Brian Eno
  • スウェードのセカンド・アルバム、『 Dog Man Star 』 からのシングル。 ギターリストの脱退でバンドとしては安定していなかった時期の作品らしい。
    原曲は、『 Dog Man Star 』 冒頭の2分半程度の楽曲なのだが、本シングルに収められている ” Eno's Introducing The Band ” は、15分半強に拡大している。 ヴォーカルは完全に削除、それなりに起伏のあった楽器群もひたすら反復の繰り返しとなっており、イーノがやりたい放題やったリミックスである。
    U2、ジェイムスに続き、イーノがスウェードに関心を示したのかもしれないが、双方に発展性がなかったのか、アルバム制作にまで繋がることなく終わっている。
    (追加:2018年2月25日)

 

1995

Spinner : Brian Eno / Jah Wobble

Spinner

  1. Where We Lived
  2. Like Organza
  3. Steam
  4. Garden Recalled
  5. Marine Radio
  6. Unusucal Balance
  7. Space Diary 1
  8. Spinner
  9. Transmitter and Trumpet
  10. Left Where It Fell
  11. Published
  • Brian Eno : Synthesizer and Treatments
    Jah Wobble : Bass, Drums, Keyboards, Atmospheres
    Mark Ferda : Atmospheres, Keyboards, Percussion
    Justin Adams : Keyboards
    Richard Bailey : Drums
    Jaki Liebeziet : Drums
    Sussan Deyhim : Vocals

  • イーノの作品の中でも、珍しい制作パターンがなされたもの。
    元々はデレク・ジャーマンの映画のサウンドトラックとしてイーノが単独で制作していたがジャーマンの死去で頓挫、映画との関連を断ち切るために、元PILのジャー・ウォブルに託し完成させている。
    イーノ自身のライナーによれば、楽曲はイーノの演奏そのままのもの、演奏を追加したもの、雰囲気を残して新たに構築されたものにわかれているらしい。
    『 Metal Box 』 のような、とまで言うと大袈裟だが、ウォブルの超低音ベースが強調されており、躍動感に溢れた楽曲が多く収められている。
    この組み合わせ、1回で終了してしまったのが、残念である。
    (追加:2009年10月25日)

 

1. Outside : David Bowie

Outside

  1. Leon Takes Us Outside [ co-writes ]
  2. Outside
  3. The Hearts Filthy Lesson [ co-writes ]
  4. A Small Plot of Land [ co-writes ]
  5. segue - Baby Grace ( a horrid cassette )
  6. Hallo Spaceboy [ co-writes ]
  7. The Motel
  8. I Have Not Been To Oxford Tower [ co-writes ]
  9. No Control [ co-writes ]
  10. segue - Algeria Touchshriek [ co-writes ]
  11. The Voyeur of Utter Destruction ( As Beauty ) [ co-writes ]
  12. segue - Ramona A. Stone / I Am With Name [ co-writes ]
  13. Wishful Beginnings [ co-writes ]
  14. We Prick You [ co-writes ]
  15. segue - Nathan Adler [ co-writes ]
  16. I'm Deranged [ co-writes ]
  17. Thru' These Architects Eyes
  18. segue - Nathan Adler [ co-writes ]
  19. Strangers When We Meet
  20. Get Real [ co-writes ]
  • Produced by Davie Bowie & Brian Eno

  • Musicians:
    David Bowie - Vocals, Saxophone, Guitar & Keyboards
    Brian Eno - Synthesizers, Treatments & Strategies
    Reeves Gabrels - Guitar
    Erdal Kizilcay - Bass & Keyboards
    Mike Garson - Grand Piano
    Sterling Campbell - Drums
    Carlos Alomar - Rhythm Guitar
    Joey Baron - Drums
    Yossi Fine - Bass
    Tom Frish - Additional Guitar on "Strangers When We Meet"
    Kevin Armstrong - Additional Guitar on "Thru' These Architects Eyes"
    Byrony, Lola, Josey & Ruby Edwards - Backing Vocals on "The Hearts Filthy Lesson" and "I Am With Name"

  • 1979年の 『 Lodger 』 以来、四半世紀を越えて実現したボウイとイーノとの共演。 久しぶりといってもフェリーとの場合と異なり仲が悪かったのではなく、ボウイの迷走期間にイーノの出番が単に無かっただけだと思う。
    重苦しい内容のコンセプト・アルバムに仕上がったのは、イーノの参加によるものなのか、あるいはそういう作品だからこそイーノが必要とされたのかどちらが先かはわからないが、ボウイのアート魂(笑)にイーノが見事に共鳴した作品となっている。 ただ個々の曲の魅力は乏しく、” Hallo Spaceboy ” クラスの曲があと2,3曲あれば全体の印象はもう少し異なっていたはずだ。
    イーノはボウイの作品を初めてプロデュースするとともに、演奏の他、「Strategies」とクレジットされている。 これ、イギリス人の感覚だとありなんだろうか? 日本だと「戦略」なんて言葉は、実践力ゼロのサラリーマンが、MBAという冠がついたビジネス書を読んだ直後に会議で多用する単語になってしまっているため、使うのにはそれなりの勇気が必要なのだけど..
    (追加:2006年2月10日)

 

Original Soundtracks 1 : Passengers

  1. United Colours
  2. Slug
  3. Your Blue Room
  4. Always Forever Now
  5. A Different Kind Of Blue
  6. Beach Sequence
  7. Miss Sarajevo
  8. Ito Okashi
  9. One Minute Warning
  10. Corpse ( These Chains Are Way Too Long )
  11. Elvis Ate America
  12. Plot 180
  13. Theme From Swan
  14. Theme From Let's Go Native
  • Brian Eno : strategies, sequences, synthesizer, treatments, mixing, chorus voices, Vocal on " Different Kind Of Blue "
  • U2 の 『 Zooropa 』 と 『 Pop 』 の間にリリースされた、イーノと U2 による楽曲集。
    ギターの音数は少なくなりシンセサイザーの占める割合が多くなっている、という表現で一発でわかるように、U2 色が薄くイーノ色が濃い作品である。
    イーノと U2 がビジネスライクな関係だけで成り立っているとは思わないが、プロフェッショナルな関係であることは確かだと思う。 本作品の最大の欠点は、そのプロフェッショナルな関係以上に、趣味で楽しんでいることが全面に出てきていることである。
    (追加:2015年6月25日)

 

Music From The Motion Picture Heat

  1. Heat    Performed by Kronos Quartet
  2. Always Forever Now    Performed by Passengers ( Brian Eno / U2 )
  3. Condensers
  4. Refinery Surveillance    Performed by Kronos Quartet
  5. Last Nite    Performed by Terje Rydal & The Chasers
  6. Ultramarin     Performed by Michael Brook
  7. Armenia    Performed by Einsturzende Neubauten
  8. Of Helplessness
  9. Steel Cello Lament
  10. Mystery Man    Performed by Terje Rydal
  11. New Dawn Fades    Performed by Moby
  12. Entrada & Shootout
  13. Force Marer    Written, Produced and Performed by Brian Eno
  14. Coffee Shop
  15. Fate Scrapes
  16. La Bas ( Edited Version )    Performed by Lisa Gerrard
  17. Gloradin    Performed by Lisa Gerrard
  18. Run UpHill
  19. Predator Diorama    Performed by Kronos Quartet
  20. OF Separation
  21. God Moving Over The Face Of The Waters    Performed by Moby
  • ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが出演しているアクション映画のサウンドトラック。
    イーノが参加しているのは2曲。 ” Always Forever Now ” は、パッセンジャーズ名義で発表した 『 Original Soundtracks 1 』  からそのまま収録されている。
    もう1曲の ” Force Marer ” は、本作品のためのオリジナル楽曲。 アンビエントでビヨビヨビヨ〜ンではなく、デジタル・。ビートが強調された楽曲である。 イーノが所有する無尽蔵なサウンド・マテリアルから提供されたものと思われる。
    (追加:2018年10月10日)

Top Page