King Crimson Data Base

Related Books


ロックミュージック進化論

著者:渋谷陽一

出版社:新潮社(日本放送出版協会)

発行:1990年(1980年)

「プログレッシヴ・ロック 否定性の彼方へ向かうもの」の中でクリムゾンについて言及されている。
「混乱こそ我が墓碑銘」で始まって「スターレス・アンド・バイブル・ブラック」で終わるという、クリムゾンについての渋谷陽一理論は、その是非は全く別にして今読み返すと懐かしい。
70年代(=クリムゾン来日前)の、今と比べて情報量が圧倒的に少なかった時代のクリムゾンについての観念的な捉え方がよくわかる。

 

ブライアン・イーノ

ブライアン・イーノ

著者:エリック・タム著、小山景子訳

出版社:水声社

発行:1994年

例えば、フリップの一連のサウンドスケイプものの中からある1曲を取りだし、1分、いや5分聴いたところでその曲名を当てるクイズを行ったとしたらどうだろう? 個人的には全く自信ががない。
仮にイーノの環境音楽もので同じことをやっても、エリック・タムは全曲当てることができるはずである。 前述の 『 ロバート・フリップ キング・クリムゾンからギター・クラフトまで 』 と同じ筆者による本著を読めば、これが冗談ではないことがわかるであろう。
『 No Pussyfooting 』 と 『 Evening Star 』 についての解説は特筆もの。

 

地球音楽ライブラリー エマーソン、レイク&パーマー

エマーソン、レイク&パーマー (地球音楽ライブラリー)

著者:松井巧

出版社:TOKYO FM出版

発行:1996年

グレッグ・レイクのソロ、プロデュース作品についての解説がある。
どうせだったら、マンティコアの作品の解説よりもピート・シンフィールドの関連作品を掲載してほしかった。 勿論これはクリムゾンのフアン本意の意見に過ぎないのだが。

 

地球音楽ライブラリー イエス

著者:松井巧

出版社:TOKYO FM出版

発行:1997年

ブルーフォードの作品についての解説は、同シリーズのキング・クリムゾンの方よりもむしろこちらのの方が細かく多岐にわたっている。
本HPとは直接関係の無いことだが、リック・ウェイクマンについての充実度は尋常ではない。 著者の思い入れの違いであろうか。 こういった偏りはフアン心理としてはよく理解できる。

 

ロック大教典

ロック大教典

著者:渋谷陽一

出版社:ロッキング・オン社

発行:1997年

渋谷陽一が書いたライナーノーツをまとめたもの。 プログレッシヴ・ロックの章にクリムゾン関連の作品が掲載されている。
クリムゾン自体のものは再発用のライナーノーツで、個々のアルバムの位置づけがなされた後のものだけにあまり面白くない。 むしろ 『 God Save The Queen / Under Heavy Manners 』、『 Works 1/2 』、『 Yesterdays 』、『 Peter Gabriel 2 』 のといった作品のライナーノーツの方が、時代性が感じられて面白い。

 

イエス・ストーリー 形而上学の物語

著者:ティム・モーズ著、川原真理子訳

出版社:シンコー・ミュージック

発行:1999年

イエスの新旧メンバーのインタビューを、アルバム毎、テーマ毎にまとめたもの。 ロック本としてこういったやり方があったんだと目から鱗の本。 内容も又素晴らしい。
ブルーフォードのインタビュー、及びブルーフォードについての他メンバーのコメントを読んでいると、生真面目で(多分)暗い性格がよくわかってくる。
アラン・ホワイトの脳天気で思いこみの激しい性格も明らかにされており、ブルーフォードとホワイトの対立が、ドラム・スタイル以前に性格的なものであることがよくわかる。


Pickup Album < Contents < King Crimson Data Base