King Crimson Data Base
    Barry Andrews

1977

3D・EP : XTC

  1. Science Friction
  1. She's So Square
  2. Dance Band
  • Terry Chambers (Drums)
    Barry Andrews (Keyboard/Vocals)
    Andy Partridge (Guitar/ Vocals)
    Colin Moulding (Bass/Vocals)
  • XTC のデビュー12インチ・シングルで、全曲ファースト・アルバムの 『 White Music 』 には収録されていない。
    最高である。 どの曲も、いきなり盛り上がった上に徒に引っ張ること無く終了する。 情緒の欠片も無い、という表現が褒め言葉として機能する、疾走感溢れる楽曲である。
    バリー・アンドリューズはピアノとオルガンを主に演奏しているが、やはりオルガンの演奏が際立っている。 エキセントリックなバッキングと調子外れのようで外れていないソロは、デビューの段階で既に完成の域に達していたことがわかる。
    (追加:2018年3月10日)

 

1978

White Music : XTC

White Music

  1. Radios In Motion
  2. Cross Wires
  3. This Is Pop?
  4. Do What You Do
  5. Statue Of Liberty
  6. All Along The Watche
  1. Into The Atom Age
  2. I'll Set Myself On Fire
  3. I'm Bugged
  4. New Town Animal In A Furnished Cage
  5. Spinning Top
  6. Neon Shuffle
  • Andy Partridge - Guitar & Voice
    Colin Moulding - Bass & Voice
    Barry Andrews - Steam Piano & Clapped Out Organs
    Terry Chambers -  Just Drums
  • XTC のファースト・アルバム。
    演奏時間は短いものの目まぐるしく展開する楽曲は疾走感にあふれ、ポップではあるが後期に見られるようなビートルズ色は殆どない。
    一聴しただけでは素頓狂に思えるバリー・アンドリューズのキーボードだが、聴きこむと曲の骨格を見事に構築している。 特にオルガンの演奏は秀逸で、シンセに頼らないニュー・ウェイヴという点で、画期的であった。
    この辺りに着目した上で、フリップはリーグ・オブ・ジェントルメンにバリー・アンドリューズを誘ったものと思われる。
    (変更:2010年11月10日)

 

GO2 : XTC

  1. Meceanik Dancing ( Oh We Go! )
  2. Battery Brides ( Andy Paints Brain )
  3. Buzzcity Talking
  4. Crowded Room
  5. The Rhythm
  6. Red
  1. Beatown
  2. Life is Good in the Greenhouse
  3. Jumping in Gomorrah
  4. My Weapon [ writes ]
  5. Super-Tuff [ co-writes ]
  6. I am the Audience
  • XTC のセカンド・アルバム。 この後、バリー・アンドリューズは脱退、短いソロ活動を経て、フリップのリーグ・オブ・ジェントルメンに合流することになる。
    前作ではリーグ・オブ・ジェントルメン同様に大活躍したオルガンの演奏は若干控えめで、シンセやピアノの比率が増えている。 ただこの人の場合、演奏楽器が増えても焦点が曖昧になることなく、演奏の独自性がより強調される結果となっている。 これだけ個性が強いと、この後XTCが裏ビートルズ色を強めるにあたって、彼の存在が不要になったのも充分わかる。
    そんなアンドリューズを使いこなしたフリップは偉い! とも思ったが、リーグ・オブ・ジェントルメンも1枚で終了していたりする...
    (追加:2012年4月25日)

 

1980

Rossmore Road / Win A Night Out With A Well-Known Paranoiac : Barry Andrews

  1. Rossmore Road
  1. Win A Night Out With A Well-Known Paranoiac
  • People:
    Frank Albrams    Ian Bateman    Robert Fripp     Marion Fudger    Clara Harris    Rob Hendry
    David Marx    Bruce McRae    Steve New     Patti Palladin    Richard Wernham

  • XTC 脱退後、The League Of Gentlemen でフリップと活動するまでの間にリリースされたバリー・アンドリューズのソロ・シングル。 フリップの参加がクレジットされているが、The League Of Gentlemen との関連性は全くない。
    (追加:2010年11月25日)

 

Soldier : Iggy Pop

  1. Loco Mosquito
  2. Ambition
  3. Knocking 'Em Down ( In The City )
  4. Play It Safe [ co-writes ]
  5. Get Up And Get Out
  6. Mr. Dynamite
  1. Dog Food
  2. I Need More
  3. Take Care Of Me
  4. I'm A Conservative
  5. I Snub You
  • Personnel :
    Glen Matlock
    Ivan Kral
    Klaus Kruger
    Steve New
    Barry Andrews

  • イギー・ポップが、パンク〜初期 New Wave 系ミュージシャンと制作した作品に、バリー・アンドリューズが参加している。
    (追加:2018年11月25日)

  

1981

Rossmore Road / Pages Of My Love : Barry Andrews

  1. Rossmore Road
  1. Pages Of My Love
  • 1981年  Single
  • Rossmore Road:
    Frank Albrams    Ian Bateman    Robert Fripp     Marion Fudger    Clara Harris    Rob Hendry
    David Marx    Bruce McRae    Steve New     Patti Palladin    Richard Wernham
    Pages of My Love by Restaurant for Dogs:
    Barry Andrews    Carlo Asciutto    Kim Brimmacobe     Wendy Glaze    David Marx    Bruce McRae
    Kevin Wilkinson    Extra vocals by The Martin Schoolgirls
  • 前述の 『 Rossmore Road / Win A Night Out With A Well-Known Paranoiac 』 の一年後にリリースされた作品。 ” Rossmore Road ” はミックス違いで、Restaurant for Dogs 名義の ” Pages Of My Love ” のほうが、格好良い。
    (追加:2010年11月25日)

 

1982

Waxworks  Some Singles 1977-1982 : XTC

  1. Science Friction
  2. Statue Of Liberty
  3. This Is Pop
  4. Are You Receiving Me
  5. Life Begins At The Hop
  6. Making Plans For Nigel
  7. Wait Till Your Boat Goes Down
  8. Generals And Majors
  9. Towers Of London
  10. Sgt. Rock ( Is Going To Help Me )
  11. Senses Working Overtime
  12. Ball And Chain
  • XTC のデビューから 『 English Settlement 』 期までのシングルのA面を集めたコンピレーション。
    前述の ” Science Friction ” から ” Are You Receiving Me ” までがバリー・アンドリューズ在籍時のシングルとなる。 初期の XTC はニュー・ウェイヴど真ん中のバンドとの印象が強いが、シングルをリリース順に並べた本作品を聴くと、最初期の XTC からはパンクっぽさを感じ取ることができる。
    そして、シンセサイザーではなくオルガンをメイン・インスツルメンツにしたアンドリューズの演奏からもパンク臭が漂っていたりする。
    (追加:2018年3月10日)

 

Beeswax  Some B-Sides 1977-1982 : XTC

  1. She's So Square
  2. Dance Band
  3. Hang On To The Night
  4. Heatwave
  5. Instant Tunes
  6. Pulsing Pulsing
  7. Don't  Lose Your Temper
  8. Smokeless Zone
  9. The Somnambulist
  10. Blame The Weather
  11. Tissue Tigers ( The Arguers )
  12. Punch And Judy
  13. Heaven Is Paved With Broken Glass

 

  • 『 Waxworks 』 のB面盤で、バリー・アンドリューズが参加しているのは、” She's So Square ” から ” Instant Tunes ” までの5曲。
    初期の XTC が同時期に発売したシングルはもっと多く、『 Waxworks 』 と 『 Beeswax 』 でその全てをおさえることはできないのだが、アンドリューズが在籍していた最初期のシングルが全て収録されているのは嬉しい。 勿論、再発や各国盤も含めれば、細かいテイク違いはあるのかもしれないが。
    (追加:2018年3月10日)

 

1990

Explode Together  The Dub Experiments 78-80 : XTC

Part I ( Go+)

  1. Dance With Me, Germany
  2. Beat The Bible
  3. A Dictionary Of Modern Marriage
  4. Clap Clap Clap
  5. We Kill The Beast

Part II ( Take Away)

  1. Commerciality
  2. The Day They Pulled The North Pole Down
  3. The Forgotten Language Of Light
  4. Steam Fist Futurist
  5. Shore Leave Ornithology ( Another 1950 )
  6. Cairo

Part III ( The Lure Of Salvage )

  1. The Rotary
  2. Madhattan
  3. I Sit In The Snow
  4. Work Away Tokyo Day
  5. New Broom

 

  • 1990年にリリースされた本作に、『 Go2 』 の初回リリース盤に付属していたダブ・リミック集である 『 Go+ 』 全曲が収録されている。
    個人的にダブは興味の対象外で、面白いと感じる編集もあるが、原曲の方が良いと感じることが多い。 『 Go+ 』 においても、原曲の疾走感を意図的に削ぎ落としているところが、それが狙いなのかもしれないが、やはり楽しめないところである。
    バリー・アンドリューズの演奏もぶった切られたような編集がなされており、最初期の XTC の魅力が鳴りっぱなしのキーボードであったことが、証明されてる。
    (追加:2018年3月10日)

Top Page