King Crimson Data Base
    Robert Fripp Discography / the early 1980s

1981

Rossmore Road / Pages Of My Love : Barry Andrews

  • Side A
    Rossmore Road
    Side B
    Pages Of My Love
  • Rossmore Road:
    Frank Albrams    Ian Bateman    Robert Fripp     Marion Fudger    Clara Harris    Rob Hendry
    David Marx    Bruce McRae    Steve New     Patti Palladin    Richard Wernham
    Pages of My Love by Restaurant for Dogs:
    Barry Andrews    Carlo Asciutto    Kim Brimmacobe     Wendy Glaze    David Marx    Bruce McRae
    Kevin Wilkinson    Extra vocals by The Martin Schoolgirls
  • 『 Rossmore Road / Win A Night Out With A Well-Known Paranoiac 』 の一年後にリリースされた作品で、” Rossmore Road ” はミックス違い。 30秒程度長めに編集されている他、イントロでのギターの音が若干大きめになっている。 ただそのギターがフリップによるものなのか明確でないのが残念。
    ” Pages Of My Love ” は、Restaurant for Dogs 名義の作品で、こちらにはフリップは参加していない。 バリー・アンドリューズ名義のシングルの中で、本曲が一番格好良かったりする。
    (追加:2004年1月25日)

 

My Life In The Bush Of Ghosts : Brian Eno - David Byrne

My Life in the Bush of Ghosts

  1. America Is Waiting
  2. Mea Culpa
  3. Regiment ( Arranged by Brian Eno, David Byrne, Busta Jones, Chris Frantz & Robert Fripp )
  4. Help Me Somebody
  5. The Jezebel Spirit
  6. Very, Very Hungry
  7. Moonlight In Glory
  8. The Carrier
  9. A Secret Life
  10. Come With Us
  11. Mountain Of Needles
  • クレジットによれば、フリップは ” Regiment ” においてアレンジのみを共同で行ったことになっている。 ただ、個人的には本曲においてフリップがプレイもしている可能性は非常に高いと思う。
    本曲の共同アレンジャーとしてクレジットされているフリップ以外のメンバー ( 本曲と ” America Is Waiting ” 以外はアレンジャー名はクレジットされていない ) はそのまま本曲の演奏者だし、ギター・ソロは多少フリップくさいし、何よりも1979年から1980年にかけてのニュー・ヨークでレコーディングとされている 『 The Essential Fripp And Eno 』 収録の ” Healthy Cololours ” に曲調が似ている。
    深読みとも思うが、やはり可能性はあると思う。
    (追加:2000年12月10日)

 

The Jezebel Spirit / Regiment : Brian Eno - David Byrne

  • Side A
    The Jezebel Spirit
    Side B
    Regiment
  • どこまで本気で売る気があったのか全く不明な、イーノとデヴィッド・バーンのシングル・カット。 収まりきらない時間でもなにのに、A面は1分強、B面は30秒程度短く編集されている。
    ジャケットにこそ記載はないが、レーベルB面にはしっかりと、
      arr Eno/Byrne/Jones/Frantz/Fripp
    と記載されていて、フリップのアレンジでの参加を確認することができる。
    聴き直してみて改めて思ったのだが、本曲にフリップは参加している。
    (追加:2005年1月10日)

 

Original Soundtrack From the Film Christiane F. : David Bowie

  1. V-2 Schneider
  2. TVC-15
  3. Heroes / Helden
  4. Boys Keep Swinging
  5. Sense Of Doubt
  1. Station To Station
  2. Look Back In Anger
  3. Stay
  4. Warszawa 
  • 映画 『 クリスチーネ・F 』 のサウンドトラック。
    数多いデヴィッド・ボウイのコンピレーションの中での No.1 は 『 ChangeOneBowie 』 だが、No.2 を挙げると本作になるはずである。 『 Station To Station 』、『 Low 』、『 ”Heroes” 』、『 Lodger 』 からの選曲というは、殆ど反則のような行為としか思えない。
    西ドイツでの実話に基づく映画のストーリーは、当時極東にいた中学生の私にはリアリティがゼロであったが、この奇跡のような選曲に度肝を抜かれたことは今でも覚えている。 ベルリン3部作の定義や正しさの議論を成り立たせなくなるだけの凄さが、本作品にはある。
    そして本作品に ” ”Heroes”/”Helden” ” が収録されていることに、疑問を感じさせるところは全く無い。
    (追加:2018年4月10日)

 

Fourth  Wall : The Flying Lizards

  1. Lovers And Other Strangers
  2. Glide / Spin [ Guitars ]
  3. In My Lifetime
  4. Cirrus
  5. A-Train
  6. New Voice
  7. Hands 2 Take
  8. An Age
  9. Steam Away
  10. Move On Up
  11. Another Story
  12. Lost And Found [ Guitars ] [ co-writes ]

  • 「 ここは一発適当にギターを弾いて下さいよ 」 とでもお願いされたのか、それとも没テイクが採用されたのか、” Glide / Spin ” でのフリップのギターは、フライング・リザーズ ( デヴィッド・カニンガム ) のコンセプト通り、とても稚拙なもの。
    共作までしている ” Lost And Found ”においても、リズムのずれた(≠ずらした)ような、格好悪いギターを弾いている。
    (追加:1999年1月10日)

 

' Perspectives & Distortion ' Cherry Red Rarities 1981

Perspectives & Distortion: Cherry Red Rarities 1981

  1. Bright Waves - Claire Thomas And Susan Vezey
  2. What Stanley Saw - Matt Johnson
  3. " Third Secret " - Virgin Prunes
  4. The Calm... - Lol Coxhill
  5. ...In Wooden Brackets - Lemon Kittens
  6. You Frighten - Eyeless In Gaza
  7. Hello Judas - Kevin Coyne
  8. Dear, Dear - Mark Perry
  9. Departure - Ben Watt
  10. Return Call / We Are - Two Daughters
  11. People In Space - Kevin Harrison
  12. Kings Of Sham - Thomas Leer
  13. Folded - Five Or Six
  14. Foreign Correspondent - Morgan Fisher
  15. Remorse Of Conscience - Robert Fripp
  16. No Way Of Knowing - A Tent
  17. Untitled - David Jackman
  • 80年代初頭、オシャレで音楽センスの優れた最先端の人々が好んで聴いていたチェリー・レッド、本作品はそのコンピレーション。 2003年にめでたくCD化された。
    フリップによる ” Remorse Of Conscience ” は、単音シンセサイザーによるミニマル・フレーズに、ディシプリン・クリムゾンで多用される管楽器系の音色のギター・シンセが被さる。 ローランド・ギター・シンセを使用したごく初期の演奏が確認できること、及びこの時期シンセサイザーによるミニマル・フレーズに固執していたことが確認できることの2点において貴重である。 今回のCD化は、クリムゾン・フアンにとって喜ばしいことだと思う。 
    もちろん、オシャレで音楽センスが優れて最先端だった人々も、自分たちの流行に左右されない趣味の高さを確認するために再購入するべきである。
    (追加:2003年8月25日)

 

Recorder Three

  1. Ideas Are Animals ; P.B.Davies 
  2. Tin And Plastic ; Essential Bop
  3. Love Is A Loud Noise ; Essential Bop
  4. More Ideas Are Animals ; P.B.Davies 
  5. Volo Ergo Sum ; Robert Fripp
  6. Night I : Urban Landscape ; Robert Fripp
  7. Night II : Urban Landscape ; Robert Fripp
  1. Pan Logo ; Ekome
  2. Ideas Are Animals Again ; P.B.Davies
  3. Politics ; The Thompson Twins
  4. Vendredi Saint ; The Thompson Twins
  5. More Ideas Are Animals ; P.B.Davies 
  6. Gahu ; Ekome
  7. Ideas Are Animals - Finale ; P.B.Davies  pluchk
  • Magazine & Album
  • 多分イギリスでは雑誌扱いで販売されていたものと思われる。 雑誌(広告まで入っている!)にLPがついた一昔前の 「 マルチメディア 」 といったところか。 雑誌にはフリップのインタビュー(Discipline等について)も掲載されている。
    Volo Ergo Sum ” は単音シンセサイザーによるミニマル・フレーズ。 フレーズの最終音のサスティーンに次フレーズが重なるところはフリッパートロニクス的である。
    Night I : Urban Landscape ” と ” Night II : Urban Landscape ” はフリッパートロニクスによる曲。
    (追加:1998年11月10日)

 

1982

I Advance Masked : Andy Summers Robert Fripp

心象表現(紙ジャケット仕様)

  1. I Advance Masked
  2. Under Bridges Of Silence
  3. China-Yellow Leader
  4. In The Cloud Forest
  5. New Marimba
  6. Girl On A Swing
  1. Hardy Country
  2. The Truth Of Skies
  3. Painting And Dance
  4. Still Point
  5. Lakeland / Aquarelle
  6. Seven On Seven
  7. Stultified
  • Produced by Andy Summers and Robert Fripp
    All selections written by Andy Summers and Robert Fripp

  • All instruments played by Andy Summers and Robert Fripp including -
    Electric Guitars, Roland and Moog Synthesizers, Fender Bass, Roland Guitar Synthesizers, Various Percussion

  • 1曲目の ” I Advance Masked ” はひたすら格好良い。 1曲目にこんな曲を持ってこられると、当然アルバム全体に対しての期待が高まるわけだが、そんな思いは追々ぶち壊されていくことになる。 良い方向で浮いてしまっている本曲がなければ、アルバム全体の印象は大きく変わっていたと思う。 本曲があるために、本来実験的である他の曲が、単なる中途半端な曲とまで思えてしまう。
    ” Under Bridges Of Silence ” では、パーカッション(ギター・シンセ?)のバックに遠くでギターがなる。
    ” China-Yellow Leader ” の前半部 ( ” China ” ? ) ディシプリン・クリムゾン風の2本のギターのミニマル・フレーズに、当時のフリップが得意としていた管楽器系のギター・シンセのソロが重なる。 後半部 ( ” Yellow Leader ” ? ) では、フリッパートロニクスに様々なギターが絡まる。
    ” In The Cloud Forest ” では、フリップの歪んだ音のギター・ソロが色っぽい。 サマーズは多分バッキングのみ。
    ” New Marimba ” では、ひたすら続くフリップのミニマル・フレーズの上に、サマーズがソロをとる。
    ” Girl On A Swing ” は、アルペジオと静かなギター・ソロの小品。 捨て曲といったら怒られるか。
    ” Hardy Country ” も、ディシプリン・クリムゾン風の曲。 ベースをレヴィン、ドラムをブラフォードにすれば、『 Discipline 』 の没ティクとして通じると思う。
    ” The Truth Of Skies ” は、ギター・シンセサイザーによるデュエット曲。 楽器見本市におけるギター・シンセサイザーのデモ実演コーナーっといったところか。
    派手なところこそないものの、” Painting And Dance ” は佳曲だと思う。 ” Every Breath You Take ” 風のフレーズが出てくることから、サマーズが主体に進めた曲とも想像できる。 「 いかにもギター・シンセサイザー 」 といった音がソロとしても効果音としても使われていないことが、なによりも素晴らしい。
    ” Still Point ” は、ソロ、バッキングとも特徴が少なく、誰がどのパートを演奏しているのかを想像することすら困難である。
    ” Lakeland / Aquarelle ” も地味な曲。 ソロは多分フリップだが、惹かれるところはない。
    ” Seven On Seven ” はアルペジオ(というよりはコードの分解?)を重ねた曲。
    ” Stultified ” は、不協和音とパーカッションを重ねた曲。
    (追加:1999年3月10日)

 

Heroes/Helden / Heroes/Héros : David Bowie

  1. Heroes/Helden    English/German Version
  1. Heroes/Héros    English/French Version
  • アルバム 『 ” Heroes ” 』 のドイツ盤に収録されていた ” ”Heroes”/”Helden” ”  と、フランス盤に収録されていた ” ”Heroes”/"Héros” ” を1枚にしたお得盤。
    契約上の問題があったのか需要が無かったのかわからないが、本来なら本作のような企画はイギリスにおいて実現していてもよかったのではないかと思うが、本作品は当時ドイツでリリースされている。 ドイツにおける本楽曲の位置づけ、評価は私達が想像する以上に高いのかもしれない。
    (追加:2018年4月10日)

 

Bowie Rare : David Bowie

  1. Ragazzo Solo, Ragazza Sola
  2. 'Round And 'Round
  3. Amsterdam
  4. Holy Holy
  5. Panic In Detroit
  1. Velvet Goldmine
  2. Helden
  3. John, I'm Only Dancing ( Again )
  4. Moon Of Alabama
  5. Crystal Japan 
  • タイトル通り、デヴィッド・ボウイのレア・トラックを集めた編集盤。
    今だと 『 Five Years [ 1969-1973 ] 』、『 Who Can I Be Now? [ 1974-1976 ]』、そして 『 A New Career In A New Town [ 1977-1982 ] 』 という3つのボックスに全トラックが収録されており、目新しさはない。 ただオリジナルで収集するにはとてつもない労力がかかるトラックばかりで、本作がリリースされた段階での価値は非常に高い。
    ” Helden ” は、英語→ドイツ語ヴァージョン、つまり正しくは ” ”Heroes”/”Helden” ” ということになる。 レアと名乗りながらこの辺りのクレジットが曖昧で、緩いところがまた本作品の魅力だったりする。
    (追加:2018年4月10日)

 

Keep On Doing : The Roches

Keep on Doing

  1. The Hallejujah Chorus
  2. Losing True
  3. Steady With The Maestro
  4. The Largest Elizabeth In The World
  5. On The Road To Fairfax County
  6. I Feel In Love
  7. The Scorpion Lament
  8. Want Not Want Not
  9. Sex Is For Children
  10. Keep On Doing What You Do / Jerks On The Lose
  • Produced By Robert Fripp
  • Guitar and Devices
  • 演奏曲名こそクレジットされていないものの、フリップのギターはファースト以上に目立っている。 
    ” Losing True ” では、歪んだギター・ソロ→管楽器系のギター・シンセによるソロ→歪んだギター・ソロとやりたい放題。 アコースティック・ギターをバックにソロを弾きまくり、ローチェスはクラフティ・ギタリストのような扱いである。
    ” I Feel In Love ” では曲の終わり近くで、唐突に2回ギターが吠える。
    で、特筆すべきが ” Keep On Doing What You Do / Jerks On The Lose ”。 これは Discipline Crimson (ブリュー抜き) をバックにローチェスが演奏しているといっても過言ではない。
    (追加:1998年12月10日)

 

Dancing In Heaven : Walter Steding

  1. You Got It
  2. All The Way
  3. Dancing In Heaven
  4. My Room
  5. The Joke
  1. Crusade
  2. Lexington
  3. Secret Spy
  4. White House
  5. Flip Flop
  6. The Bee's
  • ウォルター・ステディングの ( 多分 ) セカンド・アルバム。 ファースト・アルバムの ” Hound Dog ” には参加していたフリップだが、本アルバムには参加していない。
    ただ裏ジャケットの写真はなかなか貴重なものが多い。 フリップとの共演が確認できるもの、ブロンディのデボラ・ハリーがドラムをたたいているものなど、ファースト・アルバムが一発録りの寄せ集めであったことを裏付けることができる。
    本アルバム自体の出来としては、一発録りでない分ファーストよりはまとも、といったところか。
    (追加:1999年6月10日)

 

1984

Bewitched : Andy Summers Robert Fripp

  1. Parade
  2. What Kind Of Man Who Reads Playboy  [ co-writes ]
  3. Begin The Day [ co-writes ]
  1. Train
  2. Bewitched
  3. Tribe [ co-writes ]
  4. Maquillage [ co-writes ]
  5. Guide
  6. Forgotten Steps
  7. Image And Likeness [ co-writes ]
  • Produced by Andy Summers

  • Andy Summers and Robert Fripp Played
    roland gr 700 and 300, jupiter 6, jx 3p synthesizers, msq 700 sequencer, tr 909 drum machine, acoustic and electric guitars, percussion, tape loop

  • サマーズ独りの作曲による ” Parade ” は、シングル・カットのみならず、何を考えたかビデオ・クリップまで制作されている。 ひたすら明るく、ポップな曲だが、こういった曲を1曲しか収録しないのであるならば、やらない方が良いのではないかと思うのは、全作の ” I Advance Masked ” と同じである。  曲単独としては格好良いのだが。
    ” What Kind Of Man Who Reads Playboy ” は白眉の出来。 チープなリズム・トラックにフリップとサマーズのソロが交互(?)にとられていく。 長尺であることを感じさせない素晴らしい曲。
    ” Begin The Day ” には、このプロジェクトの2枚のアルバムの中における、フリップのベスト・ギター・ソロが収録されている。 ひねり出されたような早いギター・ソロは、音色も管楽器系の音ではなく素晴らしい。
    イントロがゲイリー・ニューマンしている ” Train ” は、曲自体はワン・パターンで、後半に飽きてくる。
    ” Bewitched ” は音数こそ多いがつまらない曲で、何故アルバム・タイトルとなったのが疑問が残る。
    ” Tribe ” は、本アルバムで唯一ディシプリン・クリムゾン風の曲。
    ” Maquillage ” では、フリップのアルペジオの上に、サマーズがギター・シンセで装飾を加えている。
    ” Guide ” と ” Forgotten Steps ” は、スタジオで2人がギター・シンセをいじくり廻している時の音 ( だけ ) を収録したような曲。 この2曲の良さが分かるのは、当時のローランドのギター・シンセの開発スタッフだけであろう。
    ” Image And Likeness ” は、ギターのハーモニクスを積み重ねた曲。これもギター・シンセか。
    (追加:1999年3月10日)

 

The Love Songs : Peter Hammill

  1. Just Good Friends
  2. My Favourite
  3. Been Alone So Long
  4. Ophelia
  5. Again
  6. If I Could
  7. Vision
  8. Don't Tell Me
  9. The Birds
  10. ( The Side Of ) The Looking Glass
  • ピーター・ハミルのラヴ・ソング集で、クレジットによれば単なるコンピレーションではなく、新たにダビングされたりミックスされているとのこと。
    ハミルのファースト・アルバム、『 Fool's Mate 』 からは ” The Birds ” が取り上げられているのだが、オリジナルに比べてキーボードの音が前に出た結果、フリップのギターが後ろに引っ込んでしまっているのが残念。
    (追加:2016年3月25日)

 

Sometimes A Great Notion

VA - Sometimes a Great Notion

  1. All Fall Together : Big Country
  2. Like To Get To Know You Well : Howards Jones
  3. Loner Boy : Tom Robinson
  4. Really Mystified : Elvis Costello
  5. Sultans Of Swing : Dire Straits
  6. I Have The Touch : Peter Gabriel
  7. Relay : Pete Townshend
  8. Love You Yes I Love You : Eddy Grant
  9. On A Sunday : Nick Heyward
  10. Celebration : Robert Fripp
  11. One Man's Poison : Rupert Hine
  • Voiceprint からリリースされたオムニバス。
    70年代末から80年代始めにかけての、デモとドラフトを集めたとのこと。 トホホなジャケットと同じくらい、意図不明である。
    フリップの演奏は、フリッパートロニクスにギター・ソロが絡むもの。 このパターン、フリッパートロニクスやサウンドスケイプの単独より、飽きがこず、結構気に入っている。
    (追加:2009年7月25日)

 

1985

Alchemy - An Index Of Possibilities : David Sylvian

Alchemy: An Index of Possibilities

  1. Words With The Shaman
    Part 1 Ancient Evening   Part 2 Incantation   Part 3 Awakening ( Songs From THE TREE TOPS )
  2. Preparations For A Journey
  3. Steel Cathedrals [ Guitar, Frippertronics ]

  • フリップとの初のコラボレーションだが、リリース直後はそれほど話題にならず、むしろ次作 『 Gone To Earth 』 のほうが共作した曲があることからか印象が強かった。
    1985年にシルヴィアンがドキュメント・ビデオとしてリリースした 『 Steel Cathedrals 』 のサウンド・トラックは、1984年に東京でのレコーディングされたテイクに、ロンドンでオーバー・ダビングしたもの。フリップは当然ロンドンでの参加となる。
    フリップの印象はほとんどない。
    (追加:1998年11月25日)

Top Page