King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Tonight : David Bowie

  • 1984年 Album
  1. Loving The Alien
  2. Don't Look Down
  3. God Only Knows
  4. Tonight
  1. Neighborhood Threat
  2. Blue Jean
  3. Tumble And Twirl
  4. I Keep Forgetting
  5. Dancing With The Big Boys
  • Carlos Alomar    guitars
    Derek Bramble    Bass Guitar, Guitar, Synthesizer, Background
    Carmine Rojas    Bass Guitar
    Sammy Figueroa    Percussion
    Omar Hakim    Drums
    Guy St. Onge    Marimba
    Robin Clark    Vocals
    George Simms    Vocals
    Curtis King    Vocals
    Vocals on "Tonight" By David Bowie And Tina Turner
    Vocals On "Dancing With The Big Boys" By David Bowie And Iggy Pop
    Mark Pender    Trumpet, Flugal Horn
    The Borneo Horns

  • 大ヒット作 『 Let's Dance 』 に続く作品。
    マーケット的にはそこそこに成功した作品ではあるが、『 Let's Dance 』 の勢いそのままに、というより 『 Let's Dance  』 後の狂騒に疲れ果てた上での作品となってしまっている。
    曲の出来不出来が激しく、” God Only Knows ” などは原曲の良さを潰してしまっている。 立て続けての大ヒットへの期待とプレッシャーがあったのかもしれないが、曲作りにもっと時間をかけるか、捨て曲を外したミニ・アルバムにしたら良かったのではないかと思う。 実際 ” Loving The Alien ”、” Neighborhood Threat ”、” Blue Jean ”、” I Keep Forgetting ” の4曲だけでを選択して聴くと、結構な名作に思えてくる。
    (追加:2020年10月10日)

 

Do They Know It's Christmas? : Band Aid

  • 1984年 12inch
  1. Do They Know It's Christmas ( Remixed by Trevor Horn )
  1. Do They Know It's Christmas ( Standard Mix )
  2. Feed The World
  • 言わずとしれたバンド・エイドのチャリティ作品。
    チャリティという行為について当時色々と議論されたが、個人的にはベストヒットUSAで流れた本作品のミュージック・ヴィデオを観た時のメンバーの凄さにはクラクラきたし、本作品を契機に企画された Live-Aid でレッド・ツェッペリンが再集結して、Queen が最ピークに向かうきっかけになったことは特筆に値する。
    そんな作品にボウイはヴォーカルとして参加しているのではなく、” Feed The World ” でナレーションのみを担当している。
    (追加:2020年10月10日)

 

Dancing In The Street : Mick Jagger / David Bowie

  • 1985年

7inch

  1. Dancing In The Street
  1. Dancing In The Street [ Instrumental ]

12inch

  1. Dancing In The Street [ Extended Dance Mix ]
  1. Dancing In The Street [ Dub Mix ]
  2. Dancing In The Street [ Edited Version ]

 

  • 『 Do They Know It's Christmas 』 に参加していなかったミック・ジャガーと、ナレーションのみの参加だったデヴィッド・ボウイが Live-Aid 用意した楽曲。 結局 Live-Aid のステージで披露されること無く終わってしまったのだが。
    元々の楽曲の良さに合わせ、PV での二人の絡みも艶っぽく、『 Do They Know It's Christmas 』 という枠の中に2人が収まらなかったことが、素晴らしいアウトプットに継っている。
    ただ、ボウイのファンという立場であっても認めざるを得ないほど、ミック・ジャガーの完勝である。 Queen との ” Under Pressure ” はフレディ・マーキュリーとの役割分担がはっきりとしていたため、お互いの魅力が充分に発揮されていた。 一方本作品ではボウイがガチに向かい合った結果、ミック・ジャガーに圧倒されてしまっているのが、残念である。
    (追加:2020年10月10日)

 

Tina Live In Europe : Tina Turner

  • リリースは1988年 Album
  1. What You Get Is What You See
  2. Break Ever Rule
  3. I Can't Stand The Rain
  4. Two People
  5. Girls
  6. Typical Male
  7. Back Where You Started
  8. Better Be Good To Me
  9. Addicted To Love
  10. Private Dancer
  11. We Don't Need Another Hero
     ( Thunderdome )
  12. What's Love Got To Do With It
  13. Let's Stay Together
  14. Shows Some Respect
  1. Land Of 1,000 Dances
  2. In The Midnight Hour
  3. 634-5789 ( Duet with Robert Cray )
  4. Change Is Gonna Come
    ( Guitar solo,Robert Cray )
  5. River Deep, Mountain High
  6. Tearing Us Apart ( Duet with Eric Clapton )
  7. Proud Mary
  8. Help
  9. Tonight ( Duet with David Bowie )
  10. Let's Dance ( Duet with David Bowie )
  11. Overnight Sensation
  12. It's Only Love ( Duet with Bryan Adams )
  13. Nutbush City Limits
  14. Paradise Is Here
  • Live at the Stadtgarten, Cologne

  • 全盛期のティナ・ターナーのライヴ編集アルバム。
    『 Private Dancer 』、『 Break Every Rule 』 というビッグ・セールスを叩き出し、ミニ・スカートからパンツが見えても構わず唄いまくっていた頃のティナ・ターナーと、真正面からデヴィッド・ボウイが立ち向かおうとした理由は判らないが、残念ながら声量だけでは圧倒的に負けてしまっている。
    オリジナルにもゲスト参加していた ” Tonight ” だけでなく ” Let's Dance ” をも、ターナーはバック・コーラスの域を超えて完全に自身の楽曲としてしまっている。
    この時期、ボウイの関心はロックよりエンターテイナーの世界にあったのだろうが、流石に寂しくなってくる。

    (追加:2020年10月10日)

Top Page