King Crimson Data Base
Home   Discography   Magazine Index   Books   Random Theme   Updates 

DGM Live Library - Soundscapes

2004

2004/ 6/13    Arrow Rock Festival, Lichtenvoorde, Netherlands

1. Improv Lichtenvoorde*

1997年に続き、2004年に、ロバート・フリップはジョー・サトリアーニ、スティーヴ・ヴァイとの G3 のツアーに参加する。 本作品はその初日、オランダでのフェスティバルでの演奏を収録している。 ただその全容は残されていなかったのか、13分弱の演奏の断面のみが残されている。
(追加:2022年3月25日)

 

2004/ 6/14    KB Hallen, Copenhagen, Denmark

1. Bell Threshold / 2. Improv I / 3. Threshold Bells / 4. Improv II / 5. Improv III

デンマークで行われた G3 ツアー2日目の演奏。 このツアーでフリップはオープニングを務めているのだが、DGM Live の解説には大不評であったことが記載されている。 それはそうだろう。 ジョー・サトリアーニとスティーヴ・ヴァイを観に来た人たちに、サウンドスケイプスの演奏を40分弱聴かせるのである、不評を買うのももっともである。
ただフリップにすればそんなことは判っていたはずで、確信犯的行為と思われる。
(追加:2022年3月25日)

 

2004/ 6/15    Lisenbergellen, Gothenburg, Sweden

1. Paradise / 2. Bell And Breath Threshold / 3. Paradise Lost / 4. Bell Hover / 5. Paradise Regained

G3 ツアー3日目のスウェーデンでの演奏。
DGM Live の解説に記載してあったので確認してみたのだが、2曲めの ” Bell And Breath Threshold ” の冒頭に観客の歓声が聞こえる。 ただこれはサウンドスケイプスの演奏を受け入れたことによる歓声ではないと思う。 10分強の1曲目 ” Paradise ” が終わったことで、フリップによるロックな曲が始まるのではないかという期待があっての歓声である。 残念ながらオーディエンスのその期待は裏切られ、この後更に25分にも及ぶサウンドスケイプスを聴き続けることになる。
(追加:2022年3月25日)

 

2004/ 6/16    Goeta Lejon, Stockholm, Sweden

1. Improv I / 2. Bell Hover / 3. Improv II / 4. Bell Threshold / 5. Improv III

G3 ツアーでのスウェーデンでの2日目の演奏。
ベルのような音を使った ” Bell Hover ” と ” Bell Threshold ” というインタールードのような2曲を挟みながらのインプロ3曲という構成は判りやすく、サウンドスケイプスものとしてはお勧めなのだが、実際の会場では受けなかったであろう。 30分という長さもプロパーだと思うのだが、その場にいた観客にとっては冗長だったんだと思う。
(追加:2022年3月25日)

 

2004/ 6/18    Icehall, Helsinki, Finland

1. Bell Hover / 2. Paradise / 3. Threshold Bell Shift / 4. Paradise Lost / 5. Bell Hover / 6. Paradise Regained

フィンランドに移動しての G3 ツアーでのライヴ。 DGM Live のこの時期のライヴの解説には、オーディエンスの戸惑う反応、嫌悪の反応についてばかり記載してある。 そんな反応になったことなど記載しなくても判ることなのだが、自虐的なのか、それとも本当に不本意と思っているのか律儀に記載されている。
一方このツアー5日目を迎えたフリップ自身は、ここでもブレることなくひたすら40分弱のサウンドスケイプスの世界を展開している。
(追加:2022年3月25日)

 

2004/ 6/20    Konserthuset, Oslo, Norway

1. Paradise / 2. Bell Threshold / 3. Paradise Lost / 4. Bell Hover / 5. Paradise Regained

G3 のヨーロッパでのツアー最終日、ノルウェーでのライヴを収録した作品
ここまで40分弱の演奏を行っていたフリップのサウンドスケイプスは、ここでは20分の演奏となっている。 まぁ興行サイドからみれば当然の判断であっただろう。 テクニカルなギター演奏を楽しみにしてきた人達にとって、その後の演奏の期待を高めるのに、20分程度は適切だと思うが40分だと「早くしろ」になったと想像できる。
一方私のようなクリムゾン、フリップのファンの立場だと、20分だとちょっと短いかなと思う。
(追加:2022年3月25日)

 

2006

2006/ 1/14    Sound check All Saints Church Broad Chalke, Wiltshire, UK

1. Tone Probe Bc I / 2. Tone Probe Bc II / 3. Tone Probe Bc III / 4. Tone Probe Bc IV Promenade / 5. Tone Probe Bc V Promedade

当日の演奏のサウンドチェック音源。 何故リリースされたのかは不明。
(追加:2015年5月25日)

 

2006/ 3/ 4    Blueberry Hill, St.Louis, MO, USA

1. Threshold Bells / 2. Time Stands Still / 3. Threshold Suspense / 4. Queer Space Whole Tone / 5. Whole Tone Threshold / 6. At The End Of Time / 7. Starlight I / 8. Queen Jazz Symmetrical / 9. Threshold Bells / 10. Starlight II

David Cross Robert Fripp 名義の 『 Starless Starlight 』 のライナーにおいて、クロスが言及している作品。 ” Starlight I ” と ” Starlight II ”  がその当該曲なのだが、” Starless ”  のフレーズがよりリアルにでてくるのは、” Starlight I ” の方である。
(追加:2015年5月25日)

 

2006/11/29    Hitomi Memorial Hall, Tokyo, Japan

1. Bell Threshold / 2. Schizoid Fantasia / 3. Queen Jazz Symmetrical / 4. Time Stands Still / 5. Time Stands Still Coda

ポーキュパイン・ツリーの前座としての決まっていた ProjeKct Six の公演が、フリップ単独のに変更されたもの。 詳細につては、KCDB のライヴ報告を参照下さい。
(追加:2015年5月25日)

Porcupine Tree plus special guest Robert Fripp 2006.11.29 Hitomi Kinen Kodo