King Crimson Data Base
    John Wetton Discography / the early 1990s

1994

Battle Lines ( Voice Mail ) : John Wetton

Battle Lines

  1. Right Where I Wanted To Be [ co-writes ]
  2. Battle Lines [ co-writes ]
  3. Jane [ co-writes ]
  4. Crime Of Passion [ co-writes ]
  5. Sand In My Hand [ co-writes ]
  6. Sea Of Mercy [ co-writes ]
  7. Hold Me Now [ co-writes ]
  8. Space And Time [ co-writes ]
  9. Walking On Air [ co-writes ]
  10. You're Not The Only One [ co-writes ]
  • all Vocals, Bass, Acoustic Guitar, Keyboards
  • エイジアを脱退 ( というか解雇? ) されたウェットンの、14年ぶりのソロ・アルバム。
    アメリカでスタジオ・ミュージシャンを多く使って ( というか使わされて ) いることから、レコード会社のエイジア・ブランドに対しての誤解が未だ残っていることをうかがうことができる。
    デジタル・シンセが鳴りまくる音は下品極まりなく、エイジア時代を彷彿させるようなメロディも散見するだけにとても残念。 また、その後のライブでも演奏され続けるのは2曲のみで、ウェットンにとっての本作品の位置づけは、今となってはたいしたものではないのかもしれない。
    フリップの名前もクレジットされているものの、詳細はわからず残念。

 

Chasing The Dragon : John Wetton

Chasing the Dragon

  • リリースは1995年
  1. Heat Of The Moment [ co-writes ]
  2. Don't Cry [ co-writes ]
  3. Rendez - Vous 6:02 [ co-writes ]
  4. Crime Of Passion [ co-writes ]
  5. Caught In The Crossfire [ writes ]
  6. Easy Money [ co-writes ]
  7. In The Dead Of Night [ co-writes ]
  8. Thirty Years [ co-writes ]
  9. Only Time Will Tell [ co-writes ]
  10. Hold Me Now [ co-writes ]
  11. Starless [ co-writes ]
  12. Book Of Saturday [ co-writes ]
  13. Battle Lines [ co-writes ]
  14. Open Your Eyes [ co-writes ]
  15. The Smile Has Left Your Eyes [ writes ]
  • lead vocal, Fernandes bass, acoustic guitar
  • 来日公演、そして本ライブ・アルバムとも好評であったし、今でもそう思っている。
    エイジアから独立したこの段階でのウェットンが、ヒストリー・ライブを行うことに何の疑いの余地もなく、バックの元 It Bites の情けない演奏も気にならないほどの素晴らしい出来具合である。  「 キミタチサイコダヨ 」 もフアン心をくすぐる秀逸なギャグとして見事に機能している。
    ウェットンのライブ・アルバムを1枚挙げろと言われれば、迷わずこのアルバムを推す。 だが、この作品を区切りにして新たなキャリアを踏んでほしかった。

 

1995

Akustika  Live In Amerika : John Wetton

Akustika: Live in Amerika

  1. Voice Of America [ co-writes ]
  2. Hold Me Now [ co-writes ]
  3. Rendez-Vous 6:02 [ co-writes ]
  4. Christina [ writes ]
  5. 30 Years [ co-writes ]
  6. Only Time Will Tell [ co-writes ]
  7. Book Of Saturday [ co-writes ]
  8. Don't Cry [ co-writes ]
  9. Battle Lines [ co-writes ]
  10. The Smile Has Left Your Eyes [ writes ]
  11. Heat Of The Moment [ co-writes ]
  12. You're Not The Only One [ co-writes ]
  • vocal, Yairi acoustic guitar, Yamaha grand piano, Alvarez acoustic guitar, Shure microphone
  • Heat Of The Moment ” のアコースティック・バージョンがうけたからであろうか、それとも予算の関係でバンドとしてツアーをすることができなかったからであろうか、アメリカで行われたウェットンのアコースティック・ツアーのライブ・アルバム。 聴く側としてみれば、リリースされた直後は 「 ウェットン・ヒストリー・ライブ・アコースティック編 」 的な受け取り方をして喜んでいたわけだが ( 私です )、今にしてみればこの作品からウェットンのライヴ・アルバムの乱発が始まるわけである。
    ウェットンのライブ・アルバムとして2枚目に買うものはと言われれば、ちょっと迷ってこのアルバムを推す。

 

Rendez-Vous 6:02 : John Wetton

  1. Rendez-Vous 6:02 ( Live )
  2. Hold me now
  3. Rendez-Vous 6:02 ( Live in Japan )
  4. Hold me now ( Live )
  • リリースは1996年
  • ウェットンのライヴ編集盤。
    ” Rendez-Vous 6:02 ” は、『 Akustika 』 と 『 Chasing The Dragon 』 から、” Hold Me Now ” は、オリジナルの 『 Battle Lines 』 と 『 Akustika 』 から収録されている。
    ” Rendez-Vous ” のオリジナルも収録されていたら統一感がより高まった作品になったのだが、U.K. の楽曲が故か収録されていないのが残念。
    (追加:2017年2月10日)

Top Page