King Crimson Data Base
    John Wetton Discography / the early 2010s

2011

Raised In Captivity : John Wetton

レイズド・イン・キャプティヴィティー

  1. Losr for Words [ co-writes ]
  2. Raised in Captivity [ co-writes ]
  3. Goodbye Elsinore [ co-writes ]
  4. The Last Night of my Life [ co-writes ]
  5. The Human Condition [ co-writes ]
  6. Steff's Ring [ writes ]
  7. The Devil and the Opera House [ co-writes ]
  8. New Stara Rising [ co-writes ]
  9. Don't Misunderstand Me [ co-writes ]
  10. Mighty Rivers
  11. Face to Face ( bonus )  [ writes ]
  12. After All   (bonus ) [ co-writes ]
  • The Players :
    John Wetton : Vocals, acoustic guitar, bass guitar, keyboards
    Billy Sherwood : Guitars, drums, percussion
    Outstanding guest artists :
    Mick Box : Guitar solo, New Star Rising
    Geoff Downes : Keyboards solo, Goodby Elsinore, Steff's Ring
    Steve Hackett : Guitar solo, Goodbye Elsinore
    Eddie Jobson : Violin, The Devil and the Opera House
    Tony Kaye : Hammond Organ, Human Condition, Don't Misunderstand Me
    Alex Machacek : Guitar solo, The Last Night of my Life
    Steve Morse : Guitar solo, Lost for Words
  • ウェットン約8年ぶりのスタジオ・レコーディング作品。
    活動の軸足が ASIA 他に移行していると思っていたため、本作に対する期待感は無かったのだが、大きく裏切る傑作。 いやほんと、どうしちゃったんだろうという位の出来の良さ。
    1曲目がいきなりパワー・ポップ。 こんな曲がずっと続くことはなく後半は中途半端なバラードで息切れするのではないかと不安になるが、アップテンポの曲もスローな曲も最後までしっかりとつくりこまれており、非常に完成度の高い作品となっている。 ビリー・シャーウッドとの相性が良かったこともあるのだろうが、ハケット、ジョブソン、ミック・ボックス、トニー・ケイが効果的な客演をしたことも功を奏したのだと思う。
    ちなみにフリップはタイトル曲 ” Raised in Captivity ” の共作者としてクレジットされており、イントロとアウトロが明らかにサウンドスケイプス。
    (追加:2011年9月10日)

 

Seeking Major Tom : Wiliam Shatner

Seeking Major Tom

  1. Major Tom ( Coming Home )    feat. Nick Valensi
  2. Space Oddity    feat. Ritchie Blackmore & Candice Night
  3. In A Little While    feat. Lyle Lovett
  4. Space Cowboy    feat. Brad Paisely & Steve Miller
  5. Space Tracking    feat. Ian Paice & Johnny Winter
  6. Rocket Man   feat. Steve Hillage
  7. She Blinded Me With Science    feat. Bootsy Collins & Patrick Moraz
  8. Walking On The Moon    feat. Toots Hibbert
  9. Sprit In The Sky    feat. Peter Frampton
  10. Bohemian Rhapsody    feat. John Wetton
  11. Silver Machine    feat. Wayne Kramer & Carmine Appice
  12. Mrs. Major Tom    feat. Sheryl Crow
  1. Empty Glass    feat. Michael Schenker
  2. Lost In The Stars    feat. Ernie Watts
  3. Learning To Fly    feat. Edgar Froese
  4. Mr. Spaceman    feat. Dave Davies
  5. Twilight Zone    feat. Warren Haynes
  6. Struggle    orig.comp. by Shatner & Hamilton
  7. Iron Man    feat. Zakk Wylde & Mike Inez
  8. Planet Earth    feat. Steve Howe
  • スタートレックの初代艦長役、ウィリアム・シャトナーによる、宇宙絡みの楽曲のカヴァー・アルバム。
    目眩でクラクラしそうになる程、ゲスト・ミュージシャンの顔ぶれは豪華。 皆、ある程度以上のトレッキーではないかと勝手に想像しているのだが、よくもまぁこれだけのメンツが集まったものである。 企画モノとして位置づけるのが適切な作品だと思うが、これだけ好き勝手にやれるウィリアム・シャトナーは、日本で想像するより遥かに高いステイタスを得ているのだろう。
    ウェットンが参加しているのは、クィーンの ” Bohemian Rhapsody ”。 オペラ・パートだけではなく、普通の(と言うのも変だが)ヴォーカル・パートもフェイクが中心で、ウェットンが唄っているのか、ベースで参加しているのかもよくわからない。
    (追加:2011年11月25日)

 

2012

XXX : ASIA

  1. Tomorrow The World [ co-writes ]
  2. Bury Me In Willow [ co-writes ]
  3. No Religion [ co-writes ]
  4. Faithful [ co-writes ]
  5. I Know How You Feel [ co-writes ]
  6. Face On The Bridge [ co-writes ]
  7. Al Gatto Nero [ co-writes ]
  8. Judas [ co-writes ]
  9. Reno ( Silver and Gold ) ( BONUS TRACK ) [ co-writes ]
  10. Ghost Of A Chance [ co-writes ]
  11. I Know How You Feel ( Midnight Mix ) ( BONUS TRACK ) [ co-writes ]
  12. Faithful ( Orchestral Version ) ( BONUS TRACK ) [ co-writes ]
  • 復活エイジアの3作品目。 プログレ耳を持つ限り、どんなに斜に構えても否定することができない作品である。
    ライブ再開後2008年に 『 Phoenix 』 をリリースしてから既に4年が過ぎている。 この4年という期間を初期 ASIA 史で置き換えると、『 ASIA 』 を出して、『 Alpha 』 を出して、ウェットンが抜けてレイクが入って抜けてウェットンが入ってハウが抜けて、『 Astra 』 を出して更に1年たった期間と同じである。 この期間、これだけのクオリティの作品を出し続けていることは、驚愕に値する。
    各メンバーが ASIA 以外の活動を自由に行なえるどころか ASIA での活動が常に同窓会状態で人間関係で対立することはなく、ASIA に求められる作品を意識しながら出せる状態をキープしているていることが、逆説的に今の ASIA の素晴らしさを成り立たせている。 ここまで来るとその是非を議論することはナンセンスで、素晴らしい作品を、再発ではなく新譜として堪能することができる今の状況を素直に喜ぶべきである。
    本作品を意図的に聴かない理由は、無い。
    (追加:2012年7月10日)

 

Trouble With Machines : District 97

Trouble With Machines
  1. Back And Forth
  2. Open Your Eyes
  3. The Actual Color
  4. The Perfect Young Man
  5. Who Cares ?
  6. Read Your Mind
  7. The Thief
  • Additional Lead  & Backing Vocals on " The Perfect Young Man " by John Wetton

  • ウェットンは、この District 97 というバンドのライヴにもゲスト参加して、クリムゾンの楽曲を歌ったりしている。
    本作品では、ソロ・ヴォーカル・パートもあったりする。
    とても、もったいない。
    キャリアに傷がつく、などということはウェットンのレベルにまで達すればありえないが、演奏にも楽曲にも全く魅力が無いバンドに参加する必要は無いと思う。
    (追加:2013年9月10日)

 

Genesis Revisited II : Steve Hackett

ジェネシス・リヴィジテッドII
  1. The Chamber of 32 Doors
  2. Hori zons
  3. Supper's Ready
  4. The Lamia
  5. Dancing With the Moonlit Knigh t
  6. Fly on a Windshield
  7. Broadway Melody of 1974
  8. The Musical Box
  9. Can-utility and the Coastliners
  10. Please Don't Touch
  1. Blood on the Rooftops
  2. The Return of the Giant Hogweed
  3. Entangled
  4. Eleventh Earl of Mar
  5. Ripples
  6. Unquiet Slumbers for the Sleepers...
  7. ...In Th at Quiet Earth
  8. After glow
  9. A Tower Struck Down
  10. Camino Royale
  11. Shadow of the Hierophant
  • Jakko (CD-2 3)

  • スティーヴ・ハケットによる、ジェネシス・リヴィジテッドのリヴィジテッド。
    曲毎に多彩なゲストが参加する、という手法は前作と同じだが、そのゲストの顔ぶれが若干落ちる。 そして2回目&2枚組ということもあり、「あれ、この曲、どのアルバムに入ってたっけ」と、オリジナル・アルバムのクレジットを確認するケースも出てしまう。 決して悪い作品ではないのだが、前作と比較してしまうとやはり分が悪い。
    ウェットンはヴォーカルのみで ” After glow ” 1曲のみに参加。 ベースを弾いてブルーフォードと共演までした前作と比較してしまうと、こちらも残念である。
    (追加:2012年12月25日)

 

Reunion UK - Live in Tokyo : UK

DVD

  1. In The Dead of Night
  2. By The Light of Day
  3. Presto Vivace and Reprise
  4. Danger Money
  5. Thirty Years
  6. Alaska
  7. Time To Kill
  8. Starless
  9. Carrying No Cross
  10. Drum Solo
  11. Violin Solo
  12. Nevermore
  13. One More Red Nightmare
  14. Caesar's Palace Blues
  15. The Only Things She Needs
  16. Rendezvous 6:02

CD

  1. In The Dead of Night
  2. By The Light of Day
  3. Presto Vivace and Reprise
  4. Danger Money
  5. Thirty Years
  6. Starless
  7. Carrying No Cross
  8. Nevermore
  9. Caesar's Palace Blues
  10. The Only Things She Needs
  11. Rendezvous 6:02
  • Eddie Jobson - Keyboards & Violin
    John Wetton - Vocals & Bass
    Alex Machacek - Guitar
    Marco Minnemann - Drums

  • 本作品を最初なめてかっかた自分を恥じている。
    収録曲の中に ” Nothing To Lose ” は無いし、DVD+CDというパッケージもなんとなく納得いかないし、なによりも2011年の来日公演自体を直接観に行っていただけに、購入をちょっと躊躇した。 結局は購入したのだが、入手してからもしばらく放置した上に、確認でもするかなどという軽いノリで視聴を開始した。
    で、画面に釘付け。
    U.K. に対して斜に構えていた自分が恥ずかしい。 凝ったつくりも何もなく、只々演奏を収録しただけの作品なのだが、それが U.K. の楽曲の良さ、演奏の良さを際立たせている。
    もっともっと話題になっても良い、素晴らしい作品である。
    (追加:2012年5月10日)

 

The Prog Collective

Prog Collective
  1. The Laws Of Nature
      John Wetton - Lead Vocals / Tony Levin - Stick & Bass
  2. Over Again
  3. The Technical Divide
  4. Social Circles
  5. Buried Beneath
  6. Foll ow The Signs
  7. Check Point Karma
  • The Biggest Prog Rock Supergroup Ever Assembled! とい煽り文句の元、ビリー・シャーウッドのプロデュースでリリースされた作品。  
    作品の内容は、正に「ビリー・シャーウッド品質」。 これだけ同品質の作品を創り続けられるのは、ある種の特殊才能なんだと思う。 購入する(した)人は、自分の好きなミュージシャンの演奏を楽しめば良い。 楽曲自体とか、アルバム全体を楽しもうなんてことは、全く不可能なレベルの作品である。
    1曲めの " The Laws Of Nature " にはウェットンとレヴィンが参加。 レヴィンが参加している結果、ウェットンはヴォーカルのみの参加。 どうせならレヴィンには別な曲に参加してもらって、ウェットンにベースも演奏してもらいたかった。
    (追加:2012年9月10日)

 

2013

New York Minute : John Wetton and The Les Paul Trio

  • リリースは2015年
  1. Do It Again
  2. What's Going On?
  3. God Only Knows
  4. Can't Find My Way Home
  5. New York Minute
  6. Al Along The Watchtower
  7. Lady Madonna
  8. Heat Of The Moment
  9. Battle Lines
  • John Wetton - Lead Vocal
    with The Les Paul Trio :
    Nikki Parrott - Bass
    Rodney Holmes - Piano
    Lou Pallo - Guitar

    Produced by John Wetton

  • Live at The Iridium, New York, 2013

  • ザ・レス・ポール・トリオと演奏したライヴ・アルバム。
    勿論、画期性は無いが、個人的には秀逸な作品だと思う。 所謂ロックのスタンダードを中心に、ASIAとウェットンのソロが各々1曲という選曲が良い。 ドラムレスの演奏でウェットンのヴォーカルが全面に出ているのが良い。 少数と思われる観客の前で暖かく迎えられているのが良い。 と、ジャケットのダサさを除けは、充分楽しむことができる作品である。
    となると我儘になるもので、声の調子が全盛期のウェットンが、本作品に収録されているようなロック・スタンダードを唄ったのを聴きたくなってくる。 当時のウェットンがそんな企画に真剣に取り込む可能性は全く無かったのだが、無い物ねだりをしたくなってしまう。
    (追加:2016年2月10日)

 

2014

Gravitas : ASIA

グラヴィタス~荘厳なる刻(とき)【初回限定盤CD+DVD(日本語字幕付)】
  1. Valkyrie [ co-writes ]
  2. Gravitas
     (i) Lento
     (ii) Gravitas
  3. The Closer I Get To You [ co-writes ]
  4. Nyctophobia [ co-writes ]
  5. Russian Dolls [ co-writes ]
  6. Heaven Help Me Now [ co-writes ]
     (i) Wings of Angels
     (ii) Prelude
     (iii) Heaven Help Me Now
  7. I Would Die For You [ co-writes ]
  8. Joe DiMaggio's Glove [ co-writes ]
    Bonus Tracks
  9. The Closer I Get To You ( Acoustic )
  10. Joe DiMaggio's Glove ( Acoustic )
  11. Russian Dolls ( Acoustic )
  • John Wetton : Lead vocal, bass and acoustic guitar
    Carl Palmer : Drums
    Geoffrey Downes : Keyboards
    Sam Coulson : Guitars
  • エイジアがプログレであることを立証した作品。
    復活エイジアが高クオリティな作品をリリースし続けた要因は、各メンバーがエイジアを one & only の存在としなかったところにある。 バンドとしての結束(拘束)を求めなかったことが、バンドとしてのケミストリーを生んだという、稀有な存在であった。
    にもかかわらずハウが脱退したということは、相当以上のダメージをエイジアに与えるものと覚悟していた。
    しかし、その心配は杞憂であった。 生涯を通じて本作品がベストであるとか、無人島に持って行きたいアルバムに選ばれることはありえない作品であるが、今この瞬間にプログレの新作を聴きたいと思った人に、この作品以外薦めるものがない。
    自分より年齢が若いギターリストが参加していることなど、組曲形式の楽曲が2曲も収録されていることを踏まえれば、取るに足らないことである。
    (追加:2014年4月10日)

Top Page