King Crimson Data Base
    Sara Lee Discography

Song Of The Free : Gang Of Four

Songs of the Free (Reis)
  • 1982年
  1. Call Me Up
  2. I Love A Man In A Uniform
  3. We Live As We Dream, Alone
  4. It Is Not Enough
  5. Life! It's A Shame
  1. I Will Be A Good Boy
  2. The History Of The World
  3. Muscle For Brains
  4. Of The Instant
  • Hugo Burnham : Drums & Percussion.
    Andrew Gill : Guitar & Vocals.
    Jon King : Vocals & Melodica.
    Sara Lee : Bass & Backing Vocals.

  • サラ・リーが加入したギャング・オブ・フォーの3枚目。
    名盤と語られることの多いファーストと、続くセカンドまでがギャング・オブ・フォーの全盛期と言われ、本作と次作はダメ盤と語られることが多い。 しかし、3,4作目を悪く言う人の殆どは、実際には聴いいないのではないか。 私は聴いている。 そして聴いた上で言うと、やっぱりファーストとセカンドの方が面白い... 長いフリで申し訳ない。
    アンディ・ギルのギターは相変わらずハードなのだが、リズムが全体的にモッタリとしているのがその原因なのだと思う。 となると、その原因はベースがサラ・リーに替わったことになってしまう。 The League Of Gentlemen でのファンキー路線の演奏が、当然期待された上での加入のはずなのだがや、そういった演奏は殆ど無い。 
    期待に応えられる資質が充分あっただけに、このような結果になってしまったのが残念でならない。
    (追加:2012年8月25日)

 

Hard : Gang Of 4

Hard (Reis)
  • 1983年 Album
  1. Is It Love
  2. I Fled
  3. Silver Lining
  4. Woman Town
  1. A Man With A Good Car
  2. It Don't Matter
  3. Arabic
  4. A Piece Of My Heart
  5. Independence
  • Andrew Gill : Guitar, Vocals & Additional Drums
    Jon King : Vocals, Melodica
    Sara Lee : Bass
    String & Horn Arrangement By  Mike Lewis, Gang Of 4, Ron Albert & Howard Albert
    Strings & Horns Conducted By Mike Lewis
    Jon Astrop : Bass On Tracks 1,2,6,8
    Additional Singers : Alfa Anderson, Brenda White, Chuck Kirkpatrick & john Smbatero
  • 「先鋭派ギャング・オブ・フォー4作目は3人組でよりタイトに、よりソリッドになった!!」という煽りが日本語帯に書かれたギャング・オブ・フォーの作品。
    「ハード」というタイトルと併せてこの煽り、期待は非常に高まるが、ウソです。 ジャケットにサラ・リーの写真は使われいるものの、12インチでもリリースされた ” Is It Love ” を始め4曲に別のベーシストがクレジット。 そして何よりもこの楽曲群を「ソリッド」として表現するには無理がある。
    バンドの混乱期に加入したサラ・リーが不幸なのか、サラ・リーがバンドの混乱を深めてしまったのかよくわからないが、個人的には元々両者に対して思い入れがあるだけに、非常に残念な結果になってしまっている。
    (追加:2013年4月10日)

 

Cosmic Thing : The B-52's

Cosmic Thing

  • 1989年 Album
  1. Cosmic Thing
  2. Dry Country     Bass : Sara Lee
  3. Deadbeat Club     Bass : Sara Lee
  4. Love Shack     Bass : Sara Lee
  5. Junebug     Bass : Sara Lee
  6. Roam    Bass : Sara Lee
  7. Bushfire     Bass : Sara Lee
  8. Channel Z
  9. Topaz     Bass : Sara Lee
  10. Follow Your Bliss     Bass, Keyboardds, Backing Vocals : Sara Lee

Good Stuff : The B-52's

Good Stuff

  • 1992年 Album
  1. Tell It Like It - I - Is
  2. Hot Pants Explosion
  3. Good Stuff     Bass : Sara Lee
  4. Revolution Earth
  5. Dreamland
  6. Is That you Mo - Dean ?     Bass : Sara Lee
  7. The World's Green Laughter
  8. Vision Of A Kiss
  9. Breezin'
  10. Bad Influence
  • The League Of Gentlemsn でベースを弾いていたサラ・リーのセッション活動。 The B-52's がチャート上で一番成功した時期の2作品に参加している。
    特に、『 Cosmic Thing 』 は全米4位、シングル ” Love Shack ” と ” Roam ” は共に全米3位の大ヒット。 サラ・リーはその大ヒット2曲にもクレジットされている。 そんな大ヒット曲に、フリップとバンドを組んだメンバーが参加しているのは感慨深いところであるが、演奏はもちろんお仕事モードのものに過ぎない。
    デビュー当時、意図的にアナクロな60年代ファッションをまとい、トンガッたニュー・ウェイヴ風の音を出していた The B-52's も、この頃にはすっかりパーティー・バンドと化してしまっている。 時代が何周かして60年代風のファッションはアリになったりしたが、この音が再びアリになることは、まず無いと思う。
    (追加:2011年7月25日)

 

Make It Beautiful : Sara Lee

Make It Beautiful

  • 2000年 Album
  1. Make It Beautiful [ co-writes ]
  2. Grace [ co-writes ]
  3. Traffic [ co-writes ]
  4. My Way [ co-writes ]
  5. I'll Wait For You [ co-writes ]
  6. Gone [ co-writes ]
  7. Hood Over Hood [ co-writes ]
  8. Thin Ice [ co-writes ]
  9. Come Round [ co-writes ]
  10. All Cried Out
  • Sara Lee : Keyboards, Bass Guitar, Backing Vocals, Guitars, Moog Pedals
  • League Of Gentlemen でフリップとともにツアーした後、全盛期でこそないが Gang Of Four に参加、その後アンディー・サマーズとフリップによる 『 Bewitched 』 にもベースで参加したサラ・リーの One & Onley のソロ・アルバム。 琴線に思いっきり触れる経歴に加え、Gang Of Four のアンディ・ギルが参加している曲もあると思うと...
    期待は見事に裏切られます。
    1990年代以降、Indigo Girls 等の作品でスタジオ・ミュージシャンとしてそれなりに成功したサラ・リーに、自身による生硬なヴォーカルとベースが絡むハードな曲を期待する方が間違っているのかもしれないが、ベース音がちょっと強調されたポップなヴォーカル・アルバムには拍子抜けしてしまう。
    もう、こっちの世界に戻ってくることはないのだろうか? 残念。
    (追加:2011年1月10日)

Top Page