King Crimson Data Base
    Richard Palmer-James Discography

Takeaway : Richard Palmer-James

  • 2016年 Album
  1. Aerodrome
  2. A Very Bad Girl
  3. Baker's Dozen
  4. Chances Passing
  5. Dance For Me
  6. Halfremembered Summer
  7. Honest Jim
  8. Highway Code
  9. Doing Time
  10. Guano Blues
  11. Saving You From Drowning
  12. So We Meet Again
  13. Takeaway
  • Richard Palmer-James : Lead Vocals, Acoustic And Electric Guitars, Slide Guitars, Mandolin
    Evert Van Der Wal : Drums And Percussion, Acoustic And Electric Guitars, Guitar Fix, Heavenly Choirs, Bass
    Alex Klier : Bass
    Theo Degler : Piano And Accordion
    Peter Bischof : Harmony Vocals
    Frienderike Sipp : Harmony Vocals

  • キング・クリムゾンの 『 Larks' Tongues In Aspic 』 から 『 Red 』 期の作詞を担当したリチャード・パーマー・ジェイムスのソロ・アルバム。
    ジャケットから想像されるちょっとスペイシーでモダンな作品、などということは全く無く、オールド・スタイルのポップス調ロックな楽曲で構成されている。 現在のリチャード・パーマー・ジェイムスがどのような音楽活動を行っているのか知らないが、多分小規模な会場で断続的に演奏しているのではないかと思う。
    そんな彼がどのような経緯でアルバム制作に至ったのか判らないが、作品傾向は前述の通りの一方で、店頭ではプログレ・コーナーに鎮座。 制作側、販売側、購入側の全てが戸惑う結果になってしまっている。
    (2019年7月25日)

Top Page