King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Resonator : Tony Levin

  • 2006年 Album
  1. Break It Down [ Tony : bass, Chapman Stick, vocals ]
  2. Places To Go [ Tony : bass, vocals ]
  3. Throw The God A Bone [ Tony : bass, vocals ] [ Adrian : guitar ]
  4. Utopia [ Tony : bass, vocals ]
  5. Beyond My Reach [ Tony : vocals, keyboards, bass ]
  6. Shadowland [ Tony : bass ]
  7. Crisis Of Faith [ Tony : cello, vocals ]
  8. What Would Jimi Do? [ Tony : bass, vocals ]
  9. Sabre Dance [ Tony : Chapman Stick ]
  10. Fragile As A Song [ Tony : piano, bass, vocals ]
  • トニー・レヴィン名義での4作目のソロ・アルバム。
    バランスととれたとても素晴らしソロ・アルバムである。 レヴィン自身のヴォーカルをフィーチャーした唄ものの体を取りながら、実験的な曲、インスト、” 剣の舞 ” 等バラエティにも富んでいる。
    個人的にはユニットとしてのスティック・メンも好きなのだが、「スティック2本で奏でる」ことが逆に縛りとなって息苦しさを感じてしまうことがあるが、 本作品は編成上の制約の無さから自由度が高くなっている。 更に取っ散らかることなくギリギリの線でその自由度が留まっているため、完成度が高く保持されている。
    ブルッフォードも参加していないし、クリムゾンのカヴァーも収録されていないが、愛すべき作品である。
    (追加:2020年7月25日)

 

Stick Man : Tony Levin

  • 2007年 Album
  1. Welcome
    [ Tony : Chapman Stick, NS Cello & Vocals ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  2. Gut String Theory
    [ Tony : Stick, NS Upright Bass & Funk Finger Guitar ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  3. Speedbump
    [ Tony : Stick ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  4. Slow Glide
    [ Tony : Stick, Funk Finger Bass, Didgeridoo & Vocals ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  5. Shraag
    [ Tony : Stick & Bass ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  6. Not Just Another Pretty Bass
    [ Tony : Bass & NS Cello ]
  7. El Mercado
    [ Tony : Stick & Bass ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  8. Orange Alert
    [ Tony : Stick ] [ Pat : Drums ]
  9. In Her Locket
    [ Tony : NS Upright & Piano ]
  10. Rising Waters
    [ Tony : Synthbass & Cellos ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  11. Metro
    [ Tony : Funk Finger Guitar, Stick, Bass & Synth ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  12. Zeros To Disk
    [ Tony : NS Upright, Funk Finger Bass & Synthbass ] [ Pat : Drums, Percussion & Piano ]
  13. Sticky Fingers
    [ Tony : Stick ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  14. Rivers Of Light
    [ Tony : Bass, Guitar, Piano, Synth & Vocals ] [ Pat : Drums & Percussion ]
  15. Chop Shop
    [ Tony : Stick & Bass ] [ Pat : Drums, Percussion & Synth ]
  16. The Gorgon Sisters Have A Chat
     [ Tony : Stick, Bass & Drums ]
  17. Dark Blues
     [ Tony : Piano & NS Upright ]
  • トニー・レヴィンの現段階での最新ソロ・アルバム。
    後の「スティック・メン」というプロジェクトの名前も、本作のタイトルを捩ったものと思われるが、楽曲の方向性としての関連性は低い。
    タイトルと異なりステックだけが強調されるのではなく、ベース、アップライトベースといった楽器やファンクフィンガー奏法が披露されており、ミュージシャンとしてのトニー・レヴィンの見本市のような作品となっている。 一方前作 『 Resonator 』 と異なりヴォーカル曲が少なく、インストゥルメンタルを主体にした楽曲の魅力度も欠けていることは否めない。
    本作リリース後にレヴィンは、頓挫したキング・クリムゾンの Lineup 7、スティック・メン、Jakszyk, Fripp and Collin、The Crimson ProjeKct とプログレ色が濃い活動が増えた後に、7人クリムゾンのメンバーの一員として活動していくことになる。
    (追加:2020年7月25日)

Top Page