King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Winter In Wonderland : Toyah

  • 2013年 Album
  1. Winter In Wonderland
  2. Angel ( Demo Version )
  3. Requite Me ( Demo Version )
  4. Invisible Love ( Demo Version )
  • 『 Take The Leap! 』 のダウンロード販売のタイミングに合わせてリリースされた同作からのシングル。 本作品もダウンロード販売となっている。
    正直な所、『 Take The Leap! 』 自体は、バックの演奏が粗すぎて好みではないが、コンパクトに纏められた本作品は聴きどころが多い。
    ” Angel ( Demo Version ) ” は、編集盤 『 Good Morning Universe The Very Best Of Toyah 』 にも収録されている。
    ” Requite Me ( Demo Version ) ” は、Sunday All Over The World でも演奏された曲である。
    (追加:2018年12月10日)

 

Has God Ceased To Dream You : Toyah

  • 2014年 Album
  1. God Ceased To Dream You ( Remix )
  2. Now I'm Running ( Remix )
  3. It's A Mystery ( Weybridge Rerecorded Version )
  4. Tears For Elie
  • 『 Winter In Wonderland 』 と同じく、『 Take A Leap! 』 関連作品としてダウンロード販売された作品。 
    ” Tears For Elie  ” 以外は、『 Take A Leap! 』 収録曲のリミックス&ヴォーカル取り直しテイクとなる。
    同アルバム自体は、旧曲のリレコーディングと新曲という構成であったが、こうして当時新曲だった曲を聴いていると、格好良い。 旧曲のリレコーディングを収録したのには大人の事情があったのかもしれないが、尺が足りないままでも新曲だけで纏めていれば、もっと評価は高かったと思う。
    (追加:2018年12月10日)

 

Nine Hours : Toyah and Peter

  • 2017年 Album
  1. Nine Hours
  2. Nine Hours ( Instrumental )
  • The Lotus Eaters というバンドのピーター・コイルという人とのデュエット作品。
    前半はしっとりとしたヴォーカル作品で、後半から強めのギターのリフが絡んでくる。 派手さこそ無いがメロディが美しく、もっときらびやかなアレンジを施せばよは良かったとにとも思うが、そうしなかった所がこのデュエットのこだわりだったのかもしれない。
    (追加:2018年12月10日)

 

Four From Toyah Birthday Edition : Toyah

  • 2018年 Album
  1. Telepathic Lover
  2.  Who Let The Beast Out
  3. Fire Escape
  4. Our Hearts Still Beat
  • 2018年5月18日、トーヤの60歳の誕生日にリリースされた作品。
    トーヤの楽曲には、古き良き時代の洋楽の香りがする。 ミュージック・ヴィデオや MTV 流行する前、『 ミュージック・ライフ 』 誌が洋楽雑誌売上No1だった頃の洋楽である。 バンドとしてのトーヤがデビューした1979年は、洋楽全盛時代の終焉が近づいてきた頃で、エキセントリックな風貌からニュー・ウェイヴの申し子のような売り出し方をされたが、楽曲は一貫してポピュラリティの高い正統派ロックであった。
    本作品は、そんなトーヤの魅力が詰まった内容となっている。 音の分離が良くなっていることは大きな違いだが、1981年にトーヤがリリースした同タイトルの EP、『 Four From Toyah 』 の正に続編である。
    (追加:2018年12月10日)

Top Page