King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Jubilee Cert. X / The Outrageous Soundtrack From The Motion Picture

Jubilee (1978 Film)

  • 1978年  Album


  1. Deutscher Girls : Adam And The Ants
  2. Paranoia Paradise : Wayne County And The Electric Chairs
  3. Right to Work : Chelsea
  4. Maneaters : Nine to Five
  5. Plastic Surgery : Adam And The Ants
  1. Rule Britannia : Suzi Pinns
  2. Jerusalem : Suzi Pinns
  3. Wargasm in Pornotopia : Amilcar
  4. Slow Water : Brian Eno
  5. Dover Beach : Brian Eno
  • デレク・ジャーマン監督作品のサントラ。 映画としても是非観てみたい。
    イーノが参加しているのは2曲。” Slow Water ” は、『 Music For Films 』 収録曲で、期せずしてフリップのギターも確認することができる。
    もう1曲の ” Dover Beach ” は、本作品が初収録で、後にイーノの箱もの、『 Instrumental 』 でも紹介されている。
    (追加:2018年10月10日)

 

The Million Dollar Hotel    Music From The Motion Picture

  • 2000年  Album
  1. The Ground Beneath Her Feet : U2 With Guest Daniel Lanois On Pedal Steel
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  2. Never Let Me Go : Bono And The MDH Band
  3. Starless : U2
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  4. Satellite Of Love : Milla Jovovich With The MDH Band
  5. Falling At Your Feet : Bono And Daniel Lanois
  6. Tome Tom's Drream : The MDH Band
  7. The First Time : U2
        Produced by Flood, Brian Eno and The Edge
  8. Bathtub : The MDH Band
  9. The First Time ( Reprise ) : Daniel Lanois And The MDH Band
  10. Tom Tom's Room Brad Mehldau With Bill Frisell
  11. Funny Face : The MDH Band
  12. Dancin' Shoes : Bono And The MDH Band
  13. Amsterdam Blue ( Cortège ) : Jon Hassell, Gregg Arreguin, Jamie Muhoberac And Peter Freeman
  14. Satellite Of Love ( Reprise ) :  The MDH Band Featuring Daniel Lanois, Bill Frisell, Greg Cohen
  15. Satellite Of Love ( Danny Saber Remix ) : Milla Jovovich With Jon Hassell And Danny Saber
  16. Anarchy In The USA : Tito Larriva And The MDH Band
  • The Million Dollar Hotel Band :-
    Bono - Vocals, Guitar, Piano.
    Daniel Lanois - Guitars, Vocals, Pedal Steel.
    Jon Hassel - Trumpet.
    Brian Eno - Synthesisers.
    Greg Cohen - Bass.
    Brian Blade - Drums.
    Adam Dorn - Beats / Synth / Programming.
    Bill Frisell - Guitar.
  • 『 ミリオン・ダラー・ホテル 』 という映画のサウンドトラック。 未見のため内容はわからないが、主演のミラ・ジョヴォヴィッチがゾンビと戦う映画でないことはあ確かである。
    イーノと U2 人脈で構成された映画のタイトルそのままのバンド、ミリオン・ドラー・バンドがサウンドトラックを担当している。 ボノ+ イーノ 名義で良かったのではないかと思うが、そうはできない大人の事情があったのかもしれない。
    U2 大好きという人が購入しても楽しめる内容ではないが、ではイーノが好きなら必聴ということもなく、中途半端な内容となっている。
    (追加:2018年10月10日)

 

Dario Argento Opera

  • 1988年 Album
  1. Opera Theme   ( Bill Wyman - Terry Taylor )
  2. Balance    ( Roger Eno )
  3. No Escape    ( Norden Light )
  4. White Darkness    ( Roger Eno )
  5. Black Notes    ( Bill Wyman - Terry Taylor )
  6. From The Beginnings    ( Brian Eno )
  7. Boys In The Night    ( Pino Daniele )
  8. Preludio dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  9. Coro Di Streghe dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  10. Gran Scena E Euetto dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  11. Scena E Cavatina dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  12. Un Bel Di Vedremo dalla " Madame Butterfly "    ( Mirella Freni )
  13. Casta Diva dalla " Norma "    ( Maria Callas )
  14. Sempre Libera Degg'io da " La Traviata "    ( Maria Callas )
  • ダリオ・アルジェント監督の 『 オペラ座/血の喝采 』 のサウンドトラック。
    オペラの主役に抜擢された主人公の周辺で次々に起こる殺人事件、そして最後に主人公も狙われる、という捻りの全く無いストーリーなのだが、全編釘付けとなる作品である。 意味が有るのか無いのか良くわからない殺し方、過剰に金をかけたオペラのシーンがある一方で殺人後に流れる血にリアリティが全く無かったり、火事場の死体が犯人ではなく人形だったと警察が気づくのに時間がかかったりと、観てるとクラクラしてくる。
    そして映画も凄いが、その凄さをそのままパッケージしたこのサウンドトラックも凄い。 ボラーならではのおどろおどろしい音、殺人場面のバックに唐突に流れるB級ヘヴィ・メタル、劇中オペラの 『 マクベス 』、そしてマリア・カラスによる 『 ノルマ 』 と 『 椿姫 』 と、統一感の無さは常軌を逸している。
    イーノの楽曲は、豪華にも本作品のためのオリジナル。 当然ながらおどろおどろしい音を担当している。
    (追加:2018年10月10日)

 

Trainspotting

  • 1995年  Album
  1. Just For Life : Iggy Pop
  2. Deep Blue Day : Brian Eno
  3. Trainspotting : Primal Scream
  4. Atomic : Sleeper
  5. Temptation : New Order
  6. Nightclubbing : Iggy Pop
  7. Sing : Blur
  8. Perfect Day : Lou Reed
  9. Mile End : Pulp
  10. For What You Dream Of : Bedrock featuring KYO
  11. 2:1 : Elastica
  12. A Final Hit : Leftfield
  13. Born Slippy : Underworld
  14. Closet Romantic : Damon Albarn
  • 名作、『トレインスポッティング』のサウンドトラック。
    この映画の主人公達が、当時のスコットランドの若者の生活の全てを代表しているとは流石に思わないが、こんな主人公達がいてもおかしくない、こんなことをしてたに違いない、という説得感が滅茶苦茶強いのが本作品の魅力だと思っている。
    名場面が多い本作品の中でも屈指のインパクトを誇る「スコットランドで最低のトイレ」の大便器の中に落としたクスリを探す場面で、イーノの ” Deep Blue Day ” が使われている。 糞尿まみれの便器の中を泳いでクスリを探すという、どうしようもない程幻想的なシーンに 『 Apollo  Atmospheres & Soundtracks 』 からの楽曲が使われるのは、最高のジョークだと思う。
    (追加:2018年10月10日)

 

Songs From The Cool World

  • 1992年  Album
  1. Real Cool World : David Bowie
  2. Play With Me : Thompson Twins
  3. Disappointed : Electronic
  4. Papua New Guinea ( 7" Original ) : The Future Sound Of London
  5. N.W.O. : Ministry
  6. The Witch : The Cult
  7. Sex On Wheelz : My Life With The Thrill Kill Kult ( Glamour Dyke Mix )
  8. Ah-Ah ( Mix 1 ) : Moby
  9. Mindless : Mindless
  10. Next Is The E ( Long Arms Mix ) : Moby
  11. Do That Thang ( Polite Mix ) : Da Juice
  12. Her Sassy Kiss : My Life With The Thrill Kill Kult
  13. Greedy : Pure
  14. Under : Brian Eno
  15. Industry And Seduction : Tom Bailey
  • 実写とアニメを融合した映画のサントラ。
    映画は未見なのだが、実写とアニメの融合ということだけで、 『 ロジャー・ラビット 』 の二番煎じであることは否めないのだが、サントラは豪華。 勿論、全ての楽曲が素晴らしいとは言えないが、 寄せ集め楽曲集としては良くできていると思う。
    イーノが提供しているのは当時未発表であった 『 My Squelchy Life 』 に収録されていた ” Under ”。 イーノの他編集盤にもこの段階では収録されておらず、初公開楽曲であった。
    (追加:2018年10月10日)

 

Music From The Original Motion Picture Velvet Goldmine

  • 1995年  Album
  1. Needle In The Camel's Eye : Brian Eno
  2. Hot One : Shudder To Think
  3. 20th Century Boy : Placebo
  4. 2HB : The Venus In Furs
  5. T.V. Eye : Wylde Ratttz
  6. Ballad Of Maxwell Demons : Shudder To Think
  7. The Whole Shebang : Grant lee Buffalo
  8. Ladytron : The Venus In Furs
  9. We Are The Boyz : Pulp
  10. Virginia Plain : Roxy Music
  11. Personality Crisis : Teenage Fanclub & Donna Mathews
  12. Satellite Of Love : Lou Reed
  13. Diamond Meadows : T.Rex
  14. Bitter's End : Paul Kimble & Andy Mackay
  15. Baby's On Fire : The Venus In Furs
  16. Bitter - Sweet : The Venus In Furs
  17. Velvet Spacetime : Carter Burwell
  18. Tumbling Down : The Venus In Furs
  19. Make Me Smile ( Come Up And See Me ) : Steve Harley
  • デヴィッド・ボウイが楽曲提供をしなかったことで、一気になんだか訳のわからないグラム・ロック映画に成り下がった 『 Velvet Goldmine 』 のサウンとトラック。
    イーノの楽曲はソロから ” Needle In The Camel's Eye ” と、ロキシー・ミュージックの ” Virginia Plain” が収録されている。 それはそれで構わないのだが、劇中バンドという設定のヴィーナス・インファーズによる ” Baby's On Fire ” のカヴァーが酷い。 ” Needle In The Camel's Eye ” と同じく、名盤 『 Here Comes The Warm Jets 』 に収録され、ロバート・フリップのギター・ソロが炸裂する名曲が、原曲に対する愛が一欠片も感じられない演奏でお茶を濁されてしまっている。
    (追加:2018年10月10日)

 

Music From The Motion Picture Heat

  • 1995年  Album
  1. Heat    Performed by Kronos Quartet
  2. Always Forever Now    Performed by Passengers ( Brian Eno / U2 )
  3. Condensers
  4. Refinery Surveillance    Performed by Kronos Quartet
  5. Last Nite    Performed by Terje Rydal & The Chasers
  6. Ultramarin     Performed by Michael Brook
  7. Armenia    Performed by Einsturzende Neubauten
  8. Of Helplessness
  9. Steel Cello Lament
  10. Mystery Man    Performed by Terje Rydal
  11. New Dawn Fades    Performed by Moby
  12. Entrada & Shootout
  13. Force Marer    Written, Produced and Performed by Brian Eno
  14. Coffee Shop
  15. Fate Scrapes
  16. La Bas ( Edited Version )    Performed by Lisa Gerrard
  17. Gloradin    Performed by Lisa Gerrard
  18. Run UpHill
  19. Predator Diorama    Performed by Kronos Quartet
  20. OF Separation
  21. God Moving Over The Face Of The Waters    Performed by Moby
  • ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが出演しているアクション映画のサウンドトラック。
    イーノが参加しているのは2曲。 ” Always Forever Now ” は、パッセンジャーズ名義で発表した 『 Original Soundtracks 1 』  からそのまま収録されている。
    もう1曲の ” Force Marer ” は、本作品のためのオリジナル楽曲。 アンビエントでビヨビヨビヨ〜ンではなく、デジタル・。ビートが強調された楽曲である。 イーノが所有する無尽蔵なサウンド・マテリアルから提供されたものと思われる。
    (追加:2018年10月10日)

 

28 Days Later    The Soundtrack Album

  • 2002年 Album
  1. The Beginning
  2. Rage
  3. The Church
  4. Jim's Parents ( Abide With Me )
  5. Then Three Were 2
  6. Tower Block
  7. Taxi ( Ave Maria )
  8. The Tunnel
  9. AM180    By Grandaddy
  10. An Ending ( Ascent )    By Brian Eno
  11. No More Films
  12. Jim's Dream
  13. In Paradisum
  14. Frank's Death - Soldiers ( Requiem In  D Minor )
  15. ' I Promised Them Women '
  16. The Search For Jim
  17. Red Dresses
  18. In The House - In A Heartbeat
  19. The End
  20. Season Song    By Blue States
  21. End Credits
  22. Taxi ( Ave Maria ) ( Jacknife Lee Remix )
  • ホラー映画 『 28日後... 』 のサウンドトラック。
    イーノの楽曲 ” An Ending ( Ascent )  ” は、『 Apollo  Atmospheres & Soundtracks 』 からの楽曲。 主人公の知り合う仲間が次々に感染したり、助けを求めた元軍隊に襲われたりと、SFX以上にシチュエーションがデッド・エンドな映画のサウンドトラックに、未来の象徴のようなアポロ計画のドキュメンタリー用のサウンドトラックから曲が転用されている。 ホラー系のサウンドトラックだと、ホラーならではのおどろおどろしい楽曲と、絶望的な状態の中で仮初めの平和を求めている時の楽曲がが収録されることが多いが、今回のイーノは後者での採用となっている。
    (追加:2018年10月10日)

Top Page