King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Ghost In The Machine : The Police

  • 1981年 Album
  1. Spirits In The Material World
  2. Every Little Thing She Does Is Magic
  3. Invisible Sun
  4. Hungry For You ( j'aurais toujours faim de toi )
  5. Demolition Man
  1. Too Much Information
  2. Rehumanize Yourself
  3. One World ( Not Three )
  4. Omegaman
  5. Secret Journey
  6. Darkness
  • ポリスの4枚目のアルバム。
    来日公演が伴った 『 Zenyatta Mondatta  』 までの作品と、誰でも聴いたことのある 『 Synchronicity 』 との間で、日本では一見地味に思える作品ではあるが、世界的に見ると前作同等以上に売れた作品である。 ヒュー・パジャムによるプロデュース、そしてシンセサイザーの積極的活用により音ざわりがく変化しているが、『 Synchronicity 』 に辿り着くために必要な過程だったのかもしれない。
    曲によってはシンセサイザーが強調されているため、アンディ・サマーズのギターの貢献度が低いようにも聴こえる。 ただ、シンセサイザーの有無とは関係なくギターが徒に前面に出てこないのは、そもそものポリスの特徴であってサマーズは相変わらずの演奏をしていることがすぐわかる。 最高級のオーディオ・システムを使ってギターに長けている人が聴くと活躍しているのがわかる、のではなく、ちょっと聞きかじった程度の知識で聴いてもその活躍度がわかる、のがサマーズの凄さである。
    (追加:2018年2月10日)

 

Brimstone & Treacle    Original Soundtrack Album Featuring The Police, Sting, Go-Go's & Squeeze

  • 1982年 Album
  1. When The Roll Is Called Up Yonder - Finchley Children's Music Group
  2. Brimstone & Treacle - Sting
  3. Narration - Sting
  4. How Stupid Mr. Bates - The Police
  5. Only You - Sting
  6. I Burn For You - The Police
  1. Spread A Little Happiness - Sting
  2. We Got The Beat - Go-Go's
  3. You Know I Had The Strangest Dreams - Sting
  4. Up The Junction - Squeeze
  5. Bless This House - The Brimstone Chorale
  6. A Kind Of Loving - The Police
  7. Brimstone 2 - Sting
  • スティングが出演した映画のサウンドトラック。 スティングのソロ等の他、ポリス名義の楽曲が3曲収録されている。
    ただ、『 Ghost In The Machine 』 の没テイクなのか、『 Synchronicity 』 のリハーサル音源なのかわからないが、どれも大したことはない。 スティングのヴォーカルをフィーチャーした ” I Burn For You ” よりも、いかにもアナログ・シンセサイザーという音にエコーを効かせたギターのカッティングが絡む ” How Stupid Mr. Bates ” や、『 Synchronicity 』 収録の ” Mother ” にも似た ” A Kind Of Loving ” の方が格好良い。

Top Page