King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Pinups : David Bowie

  • 1973年 Album
  1. Risakyn
  2. Here Comes The Night
  3. I Wish You Would
  4. See Emily Play
  5. Everything's Alright
  6. I Can't Explain
  1. Friday On My Mind
  2. Sorrow
  3. Don't Bring Me Down
  4. Shapes Of Things
  5. Anyway, Anyhow, Anywhere
  6. Where Have All The Good Times Gone
  • Mick Ronson : guitar & piano
    T.J. Bolder : bass guitar
    Aynsley Dunbar : drums
    Mike Garson : piano & organ, harpsichord, electric, piano
    Ken Fordham : baritone sax
    I worked the moog, harmonica, and tenor and alto saxes

    Vocal backings were : Mac Cormack, Mick Ronson and myself

  • デヴィッド・ボウイがグラム編成のバンドのまま、勢いというか余儀で制作したようなカヴァー・アルバム。
    個人的には 『 Aladdin Sane 』 のような下世話でギンギラなノリを全面に出してほしかったのだが、グラム時代を終息させアメリカ・マーケットを狙いにいく過程で、落とし物のようなの作品がボウイにとっては重要だったのかもしれない。
    多少ネガティヴに書いてはしまったが、1970年代のボウイの作品だけに凡庸な作品だけに完成度は高い。 正統派過ぎず、かといって捻り過ぎないアレンジは、溢れ出るボウイのセンスと原曲に対する愛が見事に融合していることがよく判る。
    (追加:2020年3月25日)

 

Slaughter On 10th Avenue : Mick Ronson

  • 1974年 Album
  1. Love Me Tender
  2. Growing Up And I'm Fine
  3. Only After Dark
  4. Music Is Letha
  1. I'm The One
  2. Pleasure Man / Hey Ma Get Papa
  3. Weren't Born A Man
  4. Slaughter On 10th Avenue
  • ミック・ロンソンのファースト・ソロ・アルバム。
    冒頭に ” Love Me Tender ” を持ってきたのは流石に拍子抜けするところがあるが、70年代のロックの格好良さが詰め込まれた作品である。 それだけにデヴィッド・ボウイの参加が、曲作りだけなのが惜しまれる。 英詩を手掛けただけの ” Music Is Letha ” はともかく、ボウイ単独の ” Growing Up And I'm Fine ” や、ロンソンと共作した ” Hey Ma Get Papa ” は展開が読めないワクワク感がある佳曲だけに、ここにボウイの声が前面に出てきたら、とてつもない楽曲になっていたと思う。
    勿論そうしなかったのは本人達が合意の上での判断だったのだろうが、この時期の二人のケミストリーを踏まえると、つくづく残念である。
    (追加:2020年3月25日)

 

Weren't Born A Man : Dana Gillespie

  • 1974年 Album
  1. Stardom Road Parts I & II
  2. What Memories We Make
  3. Dizzy Heights
  4. Andy Warhol
      Acoustic guitar    David Bowie
      Backing vocal    David Bowie
  5. Backed A Loser
  1. Weren't Born A Man
  2. Mother Don't Be Frightened
  3. All Cut Up On You
  4. Eternal Showman
  5. All Gone
  • This album was produced by Dana Gillespie and Robin cable for MainMan except for 'Andy Warhol' and 'Mother Don't Be Frightened' which were produced by David Bowie and Mick Ronson.

  • デヴィッド・ボウイの元恋人と言われている、ダナ・グリスピーのソロ・アルバム。
    2曲のみボウイとミック・ロンソンがプロデュースをしており、その内 ” Andy Warhol ” にボウイは演奏でも参加している。 ボウイのソロ 『 Hunky Dory 』 に収録されている同曲のアレンジは実験色が強かったが、本作品ではオーソドックスなアレンジとなっている。
    私を含め殆どの人が 『 Hunky Dory 』 で同曲を先に聴き、耳に馴染んでしまっているため認め難いが、商業的完成度は本作品収録テイクの方が高かったりする。
    (追加:2020年3月25日)

Top Page