King Crimson Data Base
    Pickup Albums

Mezzogiorno Sulle Alpi : Alice

  • 1992年 Album
  1. In Viaggio Sul Tuo Viso    [ Drums  Gavin Harrison ]
  2. Passano Gli Anni    [ Drums  Gavin Harrison ] [ Guitars  Jakko Jakszyk ]
  3. Blue Melody    [ Percussions  Gavin Harrison ] [ Acoustic guitar and keyboards  Jakko Jakxzyk ]
  4. Neve D'Aprile    [ Drums  Gavin Harrison ]
  5. Rain Town    [ Percussions  Gavin Harrison ] [ Acoustic guitar  Jakko Jakxzyk ]
  6. Il Colore Della Lontananza
  7. Tim
  8. Lungo Ritorno A Casa    [ Percussions  Gavin Harrison ]
  9. La Recessione    [ Percussions  Gavin Harrison ]
  10. Madre Notte
  11. Luce Della Sera    [ Drums and percussions  Gavin Harrison ]
  • イタリアの歌姫、アリーチェの作品。
    アルバムの印象はデヴィッド・シルヴィアンの 『 Gone To Earth 』 に似ている、というかそのままである。 よって同作に愛着のある私は充分に楽しむことができた。 違いがあるとすれば、シルヴィアンと同じく低音中心ではあるが野太さがあるアリーチェのヴォーカルだったりする。 ラストの ” Luce Della Sera ” では夏目漱石の俳句、「雀来て障子にうごく花の影」が引用されており、意外な日本繋がりがあったりする。
    本作には
    ギャヴィン・ハリソンとジャッコが参加しているが、総じてハリソンの方が活躍度合いが高い。
    (追加:2019年11月10日)

 

Caffe de la Paix : Franco Battiato

  • 1993年 Album
  1. Caffe de la paix
  2. Fogh in Nakhal
  3. Atlantide
  4. Sui giardini della preesistenza
  5. Delenda Carthago
  6. Ricerca sul terzo
  7. Lode all'Inviolato
  8. Haiku
  • Jakko Jakszyk    chitarre
    Gavin Harrison    Batteria e persussioni

  • イタリアのシンガー、フランコ・バッティアートの作品。
    音楽的には色々な遍歴がある、程度のことがネットから判るのだが、本作品に限って言えば、私のような素人が想像するイタリアっぽい音楽、ということになる。 同じイタリアのシンガー、アリーチェの作品に楽曲を提供したりアレンジで参加したりとの繋がりがあり、更にはアリーチェが 『 Mezzogiorno Sulle Alpi 』 で夏目漱石の俳句を取り上げたことに呼応するかのように、本作品では ” Haiku ” という楽曲が収録されている。
    ギャビン・ハリソンとジャッコが本作品にはクレジットされているが、目立つような演奏はしていない。

    (追加:2019年11月10日)

Top Page