King Crimson Data Base
    Mr. Stormy's Monday Selections Vol. 5  -2012-
Disc 1
  1. Writing Rehearsal II
  2. Running Dat 13
  3. Starless Sax
  4. VROOOM Coda Running Dat 25
  5. Waiting Man Section
  6. Matte Kudasai Solo
  7. Ladies Of The Road
  8. In The Court Of The Crimson King
  9. Running Dat 17
  10. Lizard
  11. Starless Cornet
  12. Heartbeat Section
  13. People Rehearsal Run Through
  14. Running Dat 18
  15. Ian Boz And Robert
  16. Neal And Jack And Me
Disc 2
  1. Guess What
  2. Running Dat 25 Feb 1997
  3. Robert And Adrian Rehearsal
  4. Islands Run Through
  5. The Trumpeting Horse
  6. The Return Of The Trumpeting Horse
  7. The Trumpeting Horse Rise Again
  8. The Trumpeting Horse Comes Fourth
  9. Happy Family
  10. Level Six
  11. Thela Hun Ginjeet
  12. The Great Deceiver
Writing Rehearsal II : King Crimson      1996/12/ 6
  • Writing Rehearsal II
  • Robert Fripp, Adrian Belew
  • Double Trio Crimson が、1997年5月にバンドとしてリハーサルを行う5ヶ月前、フリップ、ブリューで行ったライティング・リハーサル。 シーケンシャル・フレーズだけがひたすら続く。
Running Dat 13 : King Crimson      1994/10/27
  • Runnning Dat 13
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Pat Mastelotto, Trey Gunn
  • 『 THRAK 』 レコーディング時のリハーサル音源で、” Dinosaur ” の演奏が繰り返される。
Starless Sax : King Crimson      1974/ 7/ 8
  • Starless Sax
  • Bill Bruford - Drums, Percussion
    David Cross - Violin, Viola, Mellotron, Electric Piano
    Robert Fripp - Guitar, Mellotron
    John Wetton - Bass Guitar & Lead Vocal
  • 『 Red 』 のレコーディング初日、メル・コリンズによるサックス・ソロ。
VROOOM Coda Running Dat 25 : King Crimson      1994/11/18
  • VROOOM Coda Running Dat 25
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Pat Mastelotto, Trey Gunn
  • 『 THRAK 』 レコーディング時の ” Coda : Marine 475  ” のリハーサル音源。 左右にパンされたカウント等の声は、フリップとがんによるものとのこと。
Waiting Man Section : King Crimson      1982/ 3/16
  • Waiting Man Section
  • Robert Fripp, Tony Levin
  • 『 Beat 』 レコーディング時の演奏。  ” Waiting Man ” のイントロ・パートを、レヴィンのスティックとフリップのオルガンで演奏している。
Matte Kudasai Solo : King Crimson      1981/ 5/20
  • Matte Kudasai Solo
  • Robert Fripp
  • 『 Discipline 』 レコーディング時の演奏。  タイトルからだと、” Matte Kudasai ” のソロ・パートだけのように取れるが、実際には全編フリップによるギターという、お得な内容。
Ladies Of The Road : King Crimson      1971/ 7/22
  • Ladies Of The Road
  • Robert Fripp, Boz Burrell, Ian Wallace
  • 『 Islands 』 レコーディング時初期の演奏。  トリオ、ヴォーカル・レスで ” Ladies Of The Road ” を演奏している。
In The Court Of The Crimson King : King Crimson      1969/ 7/21
  • In The Court Of The Crimson King
  • Robert Fripp, Michael Giles, Greg Lake
  • 本作品の中でも目玉の楽曲。 ” In The Court Of The Crimson King ” を、フリップ、ジャイルズ、レイクのトリオで演奏しており、かつメロトロン無し、ギターはアコースティックという編成。
Running Dat 17 : King Crimson      1994/11/ 3
  • Running Dat 17
  • Trey Gunn, Tony Levin
  • 『 THRAK 』 レコーディング時初期の演奏。  レヴィンとガンによるデュオ演奏なのだが、スティックのデモ演奏の粋を出ていない。
Lizard : King Crimson      1970/ 9/12
  • Lizard
  • Robert Fripp, Gordon Haskell
  • 『 Lizard 』 レコーディング時の演奏。 フリップとハスケルによる、” Prince Rupert's Lament ” で、フリップの様々なギター・ソロが堪能できる一方、ハスケルの貢献度は低い。
Starless Cornet : King Crimson      1974/ 7/ 8
  • Starless Cornet
  • Marc Charig, John Wetton
  • 『 Red 』 レコーディング時の演奏。 ウェットンによるベースと、マーク・チャリグによるコルネットのソロをフィーチャーした ” Starless ” の別テイク。
Heartbeat Section : King Crimson      1982/ 3/16
  • Heartbeat Section
  • Tony Levin, Adrian Belew, Robert Fripp
  • 『 Beat 』 レコーディング時の演奏。 ” Waiting Man Section ” と同様、フリップはオルガンを演奏している。
People Rehearsal Run Through : King Crimson    2000/ 5/16
  • People Rehearsal Run Through
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Pat Mastelotto, Trey Gunn
  • 『 The ConstruKction of Light 』 リリース後、ツアー・リハーサル時の音源と思われるもの。 ワイルドに演奏される ” People ” は、個人的にはダブル・トリオ時の演奏より好みである。 
Running Dat 18 : King Crimson      1994/11/ 4
  • Running Dat 18
  • Adrian Belew, Bill Bruford, Trey Gunn
  • 『 THRAK 』 レコーディング時の演奏。 ひとつのモチーフを色々展開しようと試みているのだが、成果に結びつかず苦労していることがわかる。
Ian Boz And Robert : King Crimson      1971/ 7/22
  • Ian Boz And Robert
  • Robert Fripp, Ian Wallace, Boz Burrell
  • 『 Islands 』 レコーディング時の演奏。 トリオによるファンキーな演奏で、リバーブがかかったギター・ソロをフリップは演奏している。 アルバム制作のためというより、並行して行われていたライヴのためのリハーサル音源かもしれない。
Neal And Jack And Me : King Crimson      1982/ 3/17
  • Neal And Jack And Me
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin
  • 『 Beat 』 レコーディング時の演奏。 ブルッフォード抜きによる ” Neal And Jack And Me ” の演奏。
Guess What : King Crimson     1970/ 9/ 9
  • Guess What
  • Robert Fripp
  • 『 Lizard 』 レコーディング時のフリップによるギター。 ” Indoor Games ” でのフレーズも確認できるのだが、ギターだけの演奏のため印象が大きく異なり、おふざけでロックン・ロールを演奏しているように聴こえる。
Running Dat 25 Feb 1997 : King Crimson     1997/ 2/25
  • Running Dat 25 Feb 1997
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Trey Gunn
  • 1997年5月、ナッシュヴィルでダブル・トリオとしての最後のリハーサルが行われる前の2月、フリップ、ブリュー、ガンによる演奏。 ここで聴かれるのは、後に『 The ConstruKction of Light 』 の” FraKctured ” のフレーズである。 ダブル・トリオであることの制限が、本フレーズを曲にまで昇華することができなかったのかもしれない。
Robert And Adrian Rehearsal : King Crimson     1998/ 8/18
  • Robert And Adrian Rehearsal
  • Robert Fripp, Adrian Belew
  • 1998年時でのフリップとブリューのリハーサル音源。 ProjeKct との活動とは別に、このようなリハーサルを行っていたことが興味深い。
Islands Run Through : King Crimson     1971/ 9/20
  • Islands Run Through
  • Robert Fripp, Ian Wallace, Boz Burrell
  • 『 Islands 』 レコーディング時の演奏。 トリオによる ” Islands ” の演奏で、フリップはギターではなくメロトロンを中心とした演奏をしている。
Mark Radcliffe Show BBC Radio 1 Manchester, UK : Robert Fripp     1996/11/12
  • The Trumpeting Horse
    The Return Of The Trumpeting Horse
    The Trumpeting Horse Rise Again
    The Trumpeting Horse Comes Fourth
  • Robert Fripp
  • BBC Radio 1 の、マーク・ラドクリフという人の番組でのサウンドスケイプス。
Happy Family : King Crimson     1970/ 9/30
  • Happy Family
  • Robert Fripp, Keith Tippet, Mel Collins, Nick Evans
  • 『 Lizard 』 レコーディング時の音源。 ” Happy Family ” からベースとドラムとヴォーカルを取り除いたもの。 思いっきりフリー・ジャズとなっている。
Level Six : King Crimson     2001/ 9/27
  • Level Six
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Pat Mastelotto, Trey Gunn
  • 本楽曲は、the LEVEL FIVE tour のリハーサル時の音源と思われる。 後に、” Level Five ” と ” Happy With What You Have To Be Happy With ” に展開していったことがわかる。
Thela Hun Ginjeet : King Crimson     1981/ 5/19
  • Thela Hun Ginjeet
  • Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford
  • ” Thela Hun Ginjeet ” から、ブリューとフリップのギターを取り除いたテイク。
The Great Deceiver : King Crimson     1974/ 1/ 7
  • The Great Deceiver
  • John Wetton, Bill Bruford
  • ” The Great Deceiver ” のベースとドラムだけのテイク。
  • 本作品は、DGM Live でダウンロード販売しています。

    (追加:2018年6月10日)

  Top Page