King Crimson Data Base
    Mr. Stormy's Monday Selections Vol. 2  -2009-
Disc 1
  1. The Devils Triangle
  2. Tune Up
  3. Riff And Roll
  4. North Star
  5. Happy Nouveau Metal
  6. Guitar Drums And Flute
  7. A Few Goodies Three
  8. Mary
  9. Fives And Sixes
  10. Thank You
  11. A To F Sharp Minor
  12. Islands
  13. Sus tayn Z
  14. Fashionable
  15. Groove
  16. Flying Groove
  17. Sound Check
  18. Test Loop
  19. Fracture Segment
Disc 2
  1. Indoor Games
  2. Band Jam Idea
  3. Disengage
  4. Sex Sleep Eat Drink Dream
  5. Sabre Dance
  6. Waiting Man
  7. Fives
  8. Find Something Which Is Good For You
  9. Bill Jeff And Robert
  10. Non Loop Idea I
  11. Non Loop Idea KK
  12. Cage Dub
  13. Shall We Listen To That
  14. Bill And Tony
  15. Bill And Adrian
  16. Non Loop Idea III
  17. People Remix
  18. Proto Punk
The Devil's Triangle : King Crimson      1970/ 3/24
  • The Devils Triangle
  • Robert Fripp    Mellotron
    Michael Giles    Drums
    Peter Giles    Bass
  • GG&F での ”The Devil's Triangle ”。
    リズム・トラックはそのまま 『 In The Wake Of Poseidon 』  で使われたらしい。 フリップはギターを弾いておらず、期せずしてキーボード・トリオでの演奏となっている。
Early Exposure Rehearsal : Robert Fripp      1977/12/ 2
  • Tune Up
    Riff And Roll
    Northish Star
  • Robert Fripp : guitar
    Phil Collins : drums
    John Wetton : bass
  • 『 Exposure 』 の初期リハーサルでの、フリップ、コリンズ、ウェットンのトリオによる演奏。
    ” Northish Star ” は、元々似てる ” North Star ” と ” Matte Kudasai  ” の間みたいな曲。
Pat's Garage Mix : King Crimson      2002/ 7/17
  • Happy Nouveau Metal
  • Fripp, Belew, Mastelotto, Gunn
  • 『 Power To Believe  』 レコーディング時のマテリアルを、マステロットが編集したもの。
Rehearsal : King Crimson      1970/12/19
  • Drums Guitar And Flute
  • Ian Wallace : drums
    Mel Collins : flute
    Robert Fripp : guitar
  • ボズがベーシストに決まる前、ウォーレス、コリンズ、フリップの3人での演奏。
    フリップはベース・リフを演奏し、コリンズが自由に吹いている。
A Few Goodies There : League of Gentlemen      1980/ 2/25
  • A Few Goodies There
  • Robert Fripp, Barry Andrews, Sara Lee, Johnny Toobad
  • リーグ・オブ・ジェントルメンによる、13分にも及ぶセッション。
Mary : Robert Fripp      1977/ 2/ 6
  • Mary
  • Robert Fripp
  • フリップによる ” Mary ” の独演。
Applehead Studios  New York, NY : Robert Fripp      1992/12/12
  • Fives And Sixes
    Thank You
    A To F Sharp Minor
  • Robert Fripp, Trey Gunn
  • フリップとガンの2人による、Sylvian & Fripp に向けたリハーサル音源。
Islands : King Crimson      1971/ 9/20
  • Islands
  • Robin Miller : Oboe
    Ian Wallace : Drums
    Uncredited string players
  • ウォーレスのシンプルなドラム、ロビン・ミラーのオーボエ、奏者不明のストリング奏者による ” Islands ” 。
Sus tayn Z : King Crimson      2002/ 7/16
  • Sus tayn Z
  • Robert Fripp, Trey Gunn
  • ProjeKct Two, Three でも演奏していた曲。 ロングトーンの応酬だけ。
Fashionable : King Crimson      1994/10/30
  • Fashionable
  • Robert Fripp    Guitar
    Adrian Belew    Guitar
    Bill Bruford    Drums
    Tony Levin    Bass
    Pat Mastelotto    Drums
    Trey Gunn    Warr Guitar
  • 本曲は、『 VROOOM  』 のセッションで一度ボツになり、改めて 『 THRAK 』のセッションでもチャレンジしたがボツになったもの。 インストでありながら、ダブル・トリオというフォーマットを活かせなかったことが原因と思われる。
Monitor Mixes : Robert Fripp      1977/12/ 3
  • Groove
  • Robert Fripp : guitar
    John Wetton : bass
    Phil Collins : drums
  • 『 Exposure 』 の初期リハーサルでの、フリップ、コリンズ、ウェットンのトリオによる演奏。 特筆すべきは、ウェットンのベースの歪み具合である。 そんなウェットンのベースに、フリップのカッティングやミニマル・フレーズが絡む素晴らしい内容となっている。
Monitor Mixes : Robert Fripp      1977/12/ 4
  • Flying Groove
  • Robert Fripp : guitar
    John Wetton : bass
    Phil Collins : drums
  • 素晴らしい ” Groove ” より、更に素晴らしいのがこの ” Flying Groove ” である。
    ” Groove ” ではあまり目立たなかったコリンズのドラムも大活躍、トリオによる炸裂した演奏となっている。 1977年当時、もしもジェネシスの活動が上手くいっていなかったら、とんでもないバンドが結成していたかもしれない、などと妄想してしまう。
Unknown  Rome, Italy : King Crimson      2003/ 6/24
  • Sound Check
  • Fripp, Belew, Mastelotto, Gunn
  • y2King Crimson のサウンド・チェック。 ラストに宮殿を演奏している。
The Kitchen  New York, NY, USA : Robert Fripp      1978/ 2/ 5
  • Test Loop
  • Robert Fripp
  • フリップが、フリッパートロニクスによるライヴを行った日に流された音源。
    どうせだったら、その当日の演奏をリリースしてほしい。
Applehead Studios  New York, NY : Robert Fripp      1992/12/14
  • Fracture Segment
  • Robert Fripp : Guitar
    Trey Gunn : Stick
  • シルヴィアン&フリップの 『 The First Day 』 レコーディング時に、フリップとガンの2人が ” Fracture ” を演奏したもの。 ” Fracture ” ですよ、” Fracture ” ! 当然素晴らしい内容です。
Indoor Games : King Crimson     1970/ 9/10
  • Indoor Games
  • Robert Fripp : guitar
    Andy McCulloch : drums
    Gordon Haskell : bass
  • ハスケルとマッカロックによる ” Indoor Games ” のバッキング。 フリップのギターがガイド程度に入っているが、コリンズやゲストの演奏はダビングされていないため、曲の骨格が良く分かる。
Bearsville  Woodstock, NY : King Crimson     1983/11/16
  • Band Jam Idea
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford
  • 『 Three Of A Perfect Pair 』 レコーディング時のセッション。 同アルバムに収録されたインダストリアル系の曲よりも、本曲のアイディアを発展させた楽曲が収録されたら、アルバム自体違った印象になったと思う。
Disengage : League of Gentlemen     1980/ 2/24
  • Disengage
  • Robert Fripp, Barry Andrews, Sarah Lee, Johnny Toobad
  • リーグ・オブ・ジェントルメンのリハーサルで、『 Exposure 』 に収録されている ” Disengage ” を演奏したもの。
Sex Sleep Eat Drink Dream : King Crimson     1994/11/17
  • Sex Sleep Eat Drink Dream
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Pat Mastelotto, Trey Gunn
  • 『 THRAK 』 レコーディング時のヴォーカルなしテイク。 ちなみにここで使われているメロトロンは、宮殿をレコーディングした時に使われたのと同じものとのこと。
Sabre Dance : King Crimson     1998/ 8/ 8
  • Sabre Dance
  • Robert Fripp, Pat Mastelotto
  • フリップとマステロットによる頓挫したプロジェクト、ラディカル・ダンスの曲。 一連の ProjeKct の楽曲との差異化は難しい。
Waiting Man : King Crimson     1982/ 3/16
  • Waiting Man
  • Bill Bruford
  • シモンズでブルーフォード一人が演奏する ” Waiting Man ”。
Fives : Robert Fripp     1992/12/13
  • Fives
  • Robert Fripp, Trey Gunn
  • シルヴィアン&フリップの 『 The First Day 』 レコーディング時のセッション。
Find Something Which Is Good For You : League of Gentlemen     1980/ 2/28
  • Find Something Which Is Good For You
  • Robert Fripp, Barry Andrews, Sarah Lee, Johnny Toobad
  • リーグ・オブ・ジェントルメンのリハーサル。 テンポが遅めでオルガンとの絡みもあまり面白くないが、中間部でのフリップのギター・ソロは強烈である。
Bill Jeff And Robert : Robert Fripp     1981/ 1/ 6
  • Bill Jeff And Robert
  • Robert Fripp, Bill Bruford, Jeff Berlin
  • Discipline として活動する前、当時ブルーフォードと活動していたジェフ・バーリンを加えたセッション。 ブルーフォードがバーリンを推薦したがフリップが却下した、という話は良く聞いていたが、実際行われたセッションが確認できる本音源は貴重。
Non Loop Idea I, Non Loop Idea II : Robert Fripp     1979/ 9 / 9
  • Non Loop Idea I
    Non Loop Idea II
  • Robert Fripp
  • フリップがアイディアを録音しておいたもの。 この後しばらくシリーズ化される。
Cage Dub : King Crimson     1994/ 4/20
  • Cage Dub
  • Robert Fripp    Guitar
    Adrian Belew    Guitar
    Bill Bruford    Drums
    Tony Levin    Bass
    Pat Mastelotto    Drums
    Trey Gunn    Warr Guitar
  • 『 VROOOM 』 に収録されたものの、『 THRAK 』 に収録されること無く終わった ” Cage ” のヴォーカル無しヴァージョン。
Shall We Listen To That : Robert Fripp     1981/ 1/ 7
  • Shall We Listen To That
  • Robert Fripp, Bill Bruford, Jeff Berlin
  • フリップ、ブルーフォード、バーリンによる ” Discipline ” のプロトタイプ。
    画期的な楽曲、ではない。
Odyssey Studios : King Crimson     1982/ 3/20
  • Bill And Tony
    Bill And Adrian
  • Bill Bruford, Tony Levin, Adrian Belew
  • 『 Beat 』 レコーディング時期のセッション。 タイトルとおり、フリップは参加していない。
    画期的な楽曲、ではない。
Non Loop Idea III : Robert Fripp     1979/ 9/10
  • Non Loop Idea III
  • Robert Fripp
  • Non Loop Idea シリーズの3曲目。 所謂ロックンロールを演奏するフリップ。 それはそれで貴重かも。
People Remix : King Crimson     1994/10/31
  • People Remix
  • Robert Fripp, Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Pat Mastelotto, Trey Gunn
  • ” People ” のリミックス・ヴァージョン。 パーカッションが忙しなく、アルバム収録ヴァージョンの方が聴きやすいい。
Proto Punk : Robert Fripp     1992/12/11
  • Proto Punk
  • Robert Fripp, Trey Gunn
  • シルヴィアン&フリップのセッションから収録されたもの。 後のクリムゾンの楽曲のモチーフが出てくる等、当時のフリップにとって、ガンとのセッションは色々なアイディアが閃く場であったと思われる。
  • 本作品は、DGM Live でダウンロード販売しています。

    (追加:2013年2月25日)

Top Page