King Crimson Data Base
    Tony Levin Discography / the early 2000s

2002

Heathen : David Bowie

  1. Sunday
  2. Cactus
  3. Slip Away
  4. Slow Burn
  5. Afraid
  6. I've Been Waiting For You
  7. I Would Be Your Slave
  8. I Took A Trip On A Gemini Spaceship
  9. 5.15 The Angels Have Gone
  10. Everyone Says ' Hi '
  11. A Better Future
  12. Heathen ( The Rays )
  • Tony Levin : Bass

  • デヴィッド・ボウイが、トニー・ヴィスコンティを改めてプロデューサーに迎えて制作した作品。
    レコード会社の移籍を挟んでいるものの、本作及びその前後の 『 Hours 』 と 『 Reality 』 を個人的には秀逸のヴォーカル・アルバム3連作と捉えている。 本作品もボウイとヴィスコンティを中心に演奏が構築されており、音触りの複雑さより、ヴォーカルを前面に出した楽曲としての完成度高さを強調している。
    こういうヴォーカル・アルバムのバックだと、レヴィンのメロディアスなベースは最高に格好良いのだが、ヴィスコンティ他もベース奏者としてクレジットされており、特定が出来ない。 このベースがレヴィンか、と想像しながら聴くのも楽しいが、本作品においてはやはりクレジットが明確だと嬉しかった。
    (追加:2017年1月10日)

 

Pieces Of The Sun : Tony Levin

Pieces of the Sun

  1. Pieces Of The Sun ( Japanese version ) [ cello, bass ]
  2. Silhouette [ bass ]
  3. Dog One [ stick, vocals ]
  4. Apollo [ basses stick ]
  5. Tequila [ bass, vocals ]
  6. Blue Nude Reclining  [ bass, stick ]
  7. Phobos [ stick ]
  8. Ooze [ guitar, cello ]
  9. The Fifth Man ( Japanese version ) [ stick ]
  10. Helios ( bonus track for Japan only ) [ piano, bass ]
  11. Geronimo [ stick, bass ]
  12. Aquafin [ bass, omnichord ]
  13. Ever The Sun Will Rise [ cello, stick ]
  • Produced by Tony Levin
  • トニー・レヴィンの3枚目のソロ・アルバム。
    ジェリー・マロッタやラリー・ファストといったピーター・ゲイブリエルのバンド時代からの旧知のミュージシャンとライヴを重ね、そのままバンド形態でレコーディングを行ったためか、ロック色が濃い作品となっている。
    過去2作は、どちらかと言えば曲自体のバラエティさや演奏能力のキャパシティの広さがそのまま提示されている感が強かったが、本作品は 「バンド」というフォーマットにこだわった(?)ことが幸いしたのか作品としての統一感があり、個人的には名作だと思う。
    (過去のソロと同様に)1曲毎の解説やクレジットが明確になされている。 自ら作品の理解を深めるためのヒントを与えてくれる姿勢はとっても正しいと思う。、
    (追加:2002年3月10日)

 

Double Espresso : Tony Levin Band

Double Espresso

  1. Pieces Of The Sun
  2. Geronimo
  3. Silhouette
  4. Dog One
  5. Tequila
  6. Black Dog
  7. Ooze
  8. Apollo
  9. L'Abito della Sposa
  10. Sleepless
  1. Pillar Of Water
  2. Ever The Sun Will Rise
  3. Phobos
  4. The Fifth Man
  5. Back in N.Y.C.
  6. Utopia
  7. Elephant Talk
  8. Peter Gunn
  9. Belle
  10. Jam back at the House
  11. I Go Swimming
  • THE BAND :
    Larry Fast : synthesizers, bass drum on Ooze
    Jesse Gress : guitars, vocals on Tequila, Dog One, I Go Swimming
    Tony Levin : bass, cello, Chapman Stick, acoustic guitar on Apollo ; lead vocals on L'Abito della Sposa, Elephant Talk ; vocals on Tequila, Dog One, Sleepless, I Go Swimming
    Jerry Marotta : drums, sax, percussion on Tequila : acoustic guitar on Apollo : Funk Finger guitar on Ooze ; lead vocals on Sleepless, Back in N.Y.C. , vocals on Tequila, Dog One, I Go Swimming

    OTHER MUSICIANS
    Doug Stringer : drums on Tequila
    California Guitar Trio : acoustic guitars on Peter Gunn
    Pete Levin : keyboards on Belle
  • Recording :
    Recorded Live at Bearsville Theater, Woodstock, NY
    except Peter Gunn recorded at Blueberry Hill, St.Louis
  • トニー・レヴィン・バンド名義による、2枚組ライヴ・アルバム。
    『 Pieces Of The Sun 』 リリース前から固定メンバーで行ってきたライヴを収録していることもあり、演奏はタイトでしっかりしている。 複雑な楽曲が見事なまでの演奏力で提示され続けることに圧倒されるが、圧倒されすぎて息苦しさを感じてしまうところがあるのも事実。 それだけに絶妙なタイミングで差し込まれるツェッペリンやクリムゾンのカヴァーにほっとさせられる。
    Sleepless ” と ” Elephant Talk ” といった誰もが納得する選曲だけだはなく、日本盤のみのボーナス・トラックとして収録されている ” Jam back at the House ” のコーダに ” Red ”からのフレーズを借用するなど、聴き手のツボがちゃんど押さえられており、レヴィンのエンターテイメント性の高さをあらためて感じることができる。
    (追加:2003年6月10日)

 

CG3 + 2 : California Guitar Trio with Tony Levin and Pat Mastelotto

Cg3+2

  1. Melrose Avenue
  2. Skyline
  3. Dancing Ann
  4. Heart Of Sunrise
  5. Hanagasa
  6. Zundoko Bushi
  7. Blockhead
  8. Dance Of Maya
  9. Swampy Space [ co-writes ]
  10. Swampy Return [ co-writes ]
  11. Train To Lamy
  12. Eve
  13. What I Am [ co-writes ]
  14. The Chase [ co-writes ]
  15. Apache
  16. Discipline
  • Bert Lams - Guitar, Tenor Guitar
    Paul Richards - Guitar, Slide Guitar
    Hideyo Moriya - Guitar, Mando - Cello
    Tony Levin - Bass, Chapman Stick
    Pat Mastelotto - Traps And Buttons

 

2005

Back Against The Wall

Back Against THE WALL ~PINK FLOYD Tribute Album~

  1. In The Flesh?
  2. The Thin Ice
  3. Another Brick In The Wall Part 1
  4. Goodbye Blue Sky
  5. The Happiest Days Of Our Lives
  6. Another Brick In The Wall Part 2
  7. Mother
  8. Empty Spaces
  9. Yound Lust
  10. One Of My Turns
  11. Don't Leave Me Now
  12. Another Brick In The Wall Part 3
  13. Goodby Cruel World
  1. Hey You
  2. Is There Anybody Out There?
  3. Nobody Home
  4. Vera
  5. Bring The Boys Back Home
  6. Comfortably Numb
  7. The Show Must Go On
  8. In The Flesh
  9. Run Like Hell
  10. Waiting For The Worms
  11. Stop
  12. The Trial
  13. Outside The Wall
  14. Isn't This Where We Came In?
  • John Wetton - Vocals, Bass ( Disc 1-7 )   Lead Vocal, Bass ( Disc 2-1 )
    Tony Levin - Bass ( Disc 1-2,12,13 )   Bass, Stick (Disc 2-10)
    Adrian Belew - Lead Vocal ( Disc 1-1,Disc 2-7)  Lead Guitars ( Disc 1-7 )  Acoustic Guitars ( Disc 2-1 )

  • 『 The Wall 』 のトリビュート・アルバム。
    プログレ界からからの参加ミュージシャンの多さにこだわった作品だけに、レヴィンもクリムゾン・ブランドとして大いに期待された活用だったと思われる。
    一方レヴィン自身にとってみれば、セッションの一つとして完璧な演奏をこなしただけで、クリムゾンとかプログレとか一切意識はしていないように思える。
    その方が、レヴィンらしくて格好良いと思う。
    (追加:2006年2月10日)

Top Page