King Crimson Data Base
    Robert Fripp Discography 1993

Brian Eno I  instrumental : Brian Eno

Disc 1
1. Another Green World  2. Energy Fools the Mountain  3.Dover Beach  4. Slow Water  5. Untitled  6. Chemin de Fer  7. Empty Landscape  8. Reactor  9. The Secret  10. Don't Look Back  11. Marseilles  12. Two Rapid Formations  13. Sparrowfall I  14. Sparrowfall II  15. Sparrowfall III  16. Events in Dense Fog  17.'There Is Nobody'  18. Patrolling Wire Borders  19. A Measured Room  20. Task Force   21. M386  22. Final Sunset  23. The Dove  24. Roman Twilight   25. Dawn, Marshland  26. Always Returning I  27. Signals  28. Drift Study  29. Approaching Taidu  30. Always Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Theme from 'Creation'  2. Saint Tom  3. Warszawa  4. Chemistry  5. Courage  6. Moss Garden  7. Tension Block  8. Strong Flashes of Light   9. More Volts  10. Mist  / Rhythm  11. Ho Renomo  12. Stream with Bright Fish  13. Fleeting Smile  14. An Arc of Doves  15. Stars   16. An Index of Metals ( edit )

Disc 3
1. 1/1  2. Ikebukuro ( edit )  3. The Lost Day  4. Thursday Afternoon ( edit )  5. Discreet Music ( edit )  6. Dunwich Beach, Autumn 1960  7. Neroli ( edit )

  • イーノ箱のインスト編。
    CD1 は 『 Music for Films 』 シリーズを中心とした初期楽曲、CD2 はコラボ作品、CD3 は長尺アンビエントもの、と大別はできるが、続けて聴いているとどの曲だかわからなくなったりする。
    フリップが参加しているのは、『 Music for Films ( Directors Edition ) 』 からとクレジットされた ” Slow Water ” と、Fripp & Eno による7分程度にエディットされた ” An Index of Metals ( edit ) ” 。 Fripp & Eno の楽曲がもう少し収録されていても良かったのではないかと思う。
    (追加:2011年4月10日)

 

Brian Eno II  vocal : Brian Eno

Eno 2 

Disc 1
1. Needless in the Camel's Eye  2. Baby's on Fire   3. Cindy Tells Me  4. On Some Faraway Beach  5. Blank Frank  6. Dead Finks Don't Talk  7. Some of Them Are Old   8. Here Come the Warm Jets  9. Seven Deadly Fins  10. Burning Airlines Give You So Much More  11. Back in Judy's Jungle  12. The Great Pretender   13. Third Uncle  14. Put a Straw Under Baby  15. The True Wheel  16. Taking Tiger Mountain  17, The Lion Sleeps ( Wimoweh ) Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Sky Saw  2. Over Fire Island  3. St. Elmo's Fire  4. In Dark Trees  5. The BIg Ship  6. I'll Come Running  7. Sombre Reptiles   8. Golden Hours  9. Becalmed   10. Zawinul / Lava  11. Everything merges With The Night  12. Spirits Drifting  13. No-One Receiving  14. Backwater  15. Kurt's Rejoinder   16. King's Lead Hat  17. Here He Comes  18. Julie With...  19. By This River  20. Through Hollow Lands   21. Spider & IT

Disc 3
1. R.A.F.  2. America Is Waiting  3. Regiment   4. The Jezebel Spirit  5. Wire Shock  6. Ali Click  7. Spinning Away   8. Empty Frame  9. River  10. The Soul of Carmen Miranda  11. The Belldog  12. I Fall Up  13. Stiff 14. Are They Thinking of Me ?  15. Some Words  16. Under  17. Over

  • イーノ箱のヴォーカルあり編。
    編集はほぼ年代順で、シングル曲や未発表曲も収録しており、コンピレーションとしての完成度は非常に高い。
    リリース直後の 『 Nerve Net 』 の扱いは低いものの、それ以前の作品からはフリップ参加はしっかりと収録されているのが嬉しい。 またリリースが見送られた 『 My Squelchy Life 』 からの曲が収録された結果、フリップ参加の ” I Fall Up ” を聴くことができる。 後半のギター・ソロがフリップと思われるが、激しく弾きまくっているだけに、もう少し前面にでるミックスをしてほしかった。
    (追加:2011年4月10日)

 

Yamanashi Blues : The California Guitar Trio

Yamanashi Blues

  1. Yamanashi Blues
  2. Melrose Avenue
  3. Corrente
  4. Walk Don't Run
  5. Ricercar
  6. Pipeline
  7. Beeline
  8. Chromatic Fugue In D Minor
  9. Tenor Madness
  10. Sleepwalk
  11. Carnival
  12. Prelude In C Minor
  13. Ciaccona
  14. Blockhead
  15. Kan - non Power
  • The California Guitar Trio is
    Bert Lams
    Paul Richards
    Hideyo Moriya
  • Executive Producer    Robert Fripp
  • カリフォルニア・ギター・トリオ ( CGT ) のファースト・アルバム。 オリジナル、ポピュラー・ミュージックのカヴァー、クラシックのカヴァー、といったCGTのレパートリーは既に確立している。
    ギター・クラフト出身であること、エグゼクティブ・プロデューサーとしてフリップの名前がクレジットされていることから、リリース当時 「フリップの門下生」 といったイメージが強かったと記憶している。 当然そのイメージは、(少なくとも日本では)売上に寄与していたはずだが、後々CGTはその呪縛から逃れるために苦慮することになる。
    原曲がなんであれ、演奏は手堅い。一部の隙もないほど手堅い演奏と言っても過言ではないと思う。 ただやはり過度なまでの手堅さが息苦しさを感じさせていると思う。 短めの曲は勢いに押されるが、長めの曲になるとちょっと疲れてしまう。
    (追加:1999年5月25日)
    (更新:2004年5月10日)

 

...But You Can Call Me Larry : Lawrence Gowan

  1. Soul's Road
  2. When There's Time ( For Love )
  3. Innocent
  4. Your Stone Walls
  5. Dancing On My Shoulder
  6. Moonchild's Psychedelic Holiday
  7. You Never Let Go
  8. ( In The ) Wild Summer Night
  9. Last Laugh
  10. Little Face [ Robert Fripp ・ Guitar ]
  • ジェリー・マロッタ がプロデュース&ドラムを演奏し、トニー・レヴィンがベースで参加している、Lawrence Gowan の作品。 参加ミュージシャンから想像されるような演奏オリエンテッドな作品ではなく、所謂SSWモノである。
    このパターンでフリップが活躍する場面は当然なく、イントロにサウンドスケイプスが使われて終了。
    (追加:2012年6月10日)

 

Beyond These Shores : Iona

Beyond These Shores

  1. Prayer On The Mountain
  2. Treasure
  3. Brendan's Voyage ( Navigatio )
  4. Edge Of The World
  5. Today
  6. View Of The Islands
  7. Bird Of Heaven
  8. Murlough Bay
  9. Burning Like Fire
  10. Adrift
  11. Beachy Head
  12. Machrie Moor
  13. Healing
  14. Brendan's Return
  15. Beyond These Shores
  • Guitars And Frippertronics

  • アイルランドのバンド、イオナの3枚目のアルバム。 女性ボーカリスト、ジョアンヌ・ホッグを中心としたその音は、 トラッド系のロック、と言ったところか。
    本アルバムには、スティックを抱えてビバ・ロックのグラビアに登場し、全国のファンを混乱に陥れた元カジャ・グー・グーのニック・ベッグスもイオナのメンバーとして参加している。
    曲毎のクレジットが無いため、フリップの参加は以下の曲と推測される。
    インストゥルメンタルである ” Prayer On The Mountain ” の後半部でのフリッパートロニクス。
    ” Bird Of Heaven ” におけるイントロ部他でのフリッパートロニクス。 リズム・セクションをバックにしてでの演奏であるため、メリハリはある。
    ” Murlough Bay ” では、ヴォーカル部をはじめ終始奏でられる音がフリッパートロニクス風である。
    ” Adrift ” での、ピアノを中心としたキーボードのバックでの音がフリッパートロニクス風。
    ” Machrie Moor ” のバックの音もフリッパートロニクス風。
    タイトル曲である ” Beyond These Shores ” の曲半ばから最後まで、フリッパートロニクスが微かに奏でられる。
    (追加:1998年4月11日)

Top Page