King Crimson Data Base
    Brian Eno Discography / the late 2010s

2016

The Ship : Brian Eno

  1. The Ship
  2. Fickle Sun
    (i) Fickle Sun
    (ii) The Hour Is Thin
    (iii) I'm Set Free
  3. Away ( Bonus Track For Japan )
  • Produced by Brian Eno. Assistant producer Peter Chilvers
  • Additional singers / players :
    Peter Chilvers ・ Programming, ED sound analyst, Ableton live operator, string keyboards on The Ship and additional keyboards and vocoder on Fickle Sun
    Leo Abrahams ・ Guitar on I'm Set Free
    Jon Hopkins ・ Keyboards on I'm Set Free
    Nell Catchpole ・ Violin and viola on I'm Set Free
    Peter Serafinowicz ・ Voice on The Hour Is Thin
    Nuria Homs ・ Catalan voice on The Ship
    Member of The Elgin Marvels ・ Siren voice on The Ship
    All other instruments ・ Brian Eno
  • イーノの単独名義としては、2012年の 『 Lux 』 以来になる作品。
    アンビエントとヴォーカルものの融合、などという陳腐な表現で語るには余りのももったいない味わい深い作品である。 ヴェルベット・アンダーグラウンドのカヴァー曲である ” I'm Set Free ” も唐突感は全く無く、そこに繋がるまでの流れが見事である。
    ただきっと、本作品もまた中古市場で多く流通するようになると思われる。 イーノの新譜がリリースされた時、その内容について否定的な意見を目にすることは少ない。 むしろ雑誌等では傑作として語られることの方が多い。 ただ万人受けする傑作ではないことも事実であって、この辺りがイーノのファンにしてみるともどかしかったりする。
    (追加:2016年5月25日)

 

2017

Reflection : Brian Eno

  1. Reflection
  • Written, recorded and produced by Brian Eno

  • イーノによる、アンビエント新作。
    本作品を語るにあたり、上記以上の説明はいらないと思う。  これは放棄しているわけでも、斜に構えて発言しているわけでもなく、我ながらこれ以上必要無い程的確に説明しているという自負がある。
    多弁なイーノ自身も、今回の新譜のプロモーションにあたって「アンビエント」や「ジェネレイティヴ」といった、自らの作品群の中で使われてきた単語を惜しげもなく使用している。 まさにそんな作品である。
    イーノが新譜を出すとメディアでは傑作と大きく扱われる一方、2,3ヶ月後には中古盤として多く出回る、といったパターンがもう数十年に渡って繰り返されているわけだが、U2やコールドプレイで充分な財を成したイーノにしてみれば、そんなことはもうどうでもよいことなのだろう。 商業的成功を意識することなく、好きな時に好きな作品をリリースすることがきるイーノの立ち位置は素晴らしい。
    (追加:2017年1月25日)

 

Kaleidoscope EP : Coldplay

  1. All I Can Think About Is You
  2. Miracles ( Someone Special )
  3. ALIENS
  4. Something Just Like This ( Tokyo Remix )
  5. Hypnotised
  • ALIENS co-produced by Brian Eno and Marks Dravs.
  • Additional guitar and backing vocals on ALIENS by Brian Eno.
  • 『 Mylo Xyloto  』 以来6年振りにイーノが関与したコールドプレイの作品。 とは言ってもアルバム全体に参加しているのでは無く、EPの中の1曲に参加しているだけである。
    イーノがプロデュースしている楽曲で自ら演奏もしている場合、その楽器がシンセサイザーだろうがギターであろうが、出て来る音の差は殆ど無い。 イーノとしても、シンセサイザーであるべきとか、ギターによる必然性を考えたりした上で使い分けているのではなく、その時たまたま使っていた楽器の音を、楽曲の中で如何に活かすかを考えているだけに違いない。
    ALIENS ” でのイーノのクレジットは、ギターとバッキング・ヴォーカルなのだが、何となくイーノが参加しているっぽい曲だな、という印象のみが残る。 そしてこれこそが、イーノの参加が成功している典型的パターンである。
    (追加:2018年2月25日)

 

Finding Shore : Tom Rogerson with Brian Eno

  1. Idea of Order at Kyson Point
  2. Motion in Field
  3. On-ness
  4. March Away
  5. Eastern Stack
  6. Minor Rift
  7. The Gabbard
  8. Red Ship
  9. Quoit Blue
  10. Marsh Chorus
  11. An Iken Loop
  12. Chain Home
  13. Rest
    Bonus Track
  14. Drift 1
  15. Roedeliain
  • Notes    Tom Rogerson
    Sounds    Brian Eno

  • スリー・トラップト・タイガーズというバンドを組んでいるキーボード奏者トム・ロジャーソンと、イーノによる作品。
    元々同郷の2人が本作品を制作するきっかけとなったのが、トイレで出会ったことらしいが、そんな嘘でもハッタリでもどうでもいいようなことが、イーノ関連作品らしくて良い。
    構成としては、ロジャーソンによるピアノ、キーボードに、イーノがアンビエント・トリートメントを施した楽曲が並んでいる。 ハロルド・バッドとの共作 『 Ambient 2 / The Plateaux Of Mirror 』 の音数を多くしたような作品、と言ってしまうと安易ではあるが的を得ていると思う。 当時から器材はデジタルに切り替わっているだろうが、ピアノにかかった深いエコーが続くと思って聴いていると、いつの間にかそれ自体がシンセサイザーの音色に切り替わる手法は心地よい。
    (追加:2018年7月10日)

 

2018

The Weight Of History ・ Only Once Away My Son : Brian Eno with Kevin Shields


  A. The Weight Of History

  AA. Only Once Away My Son 

  • Produced by Eno
    Composed by Eno & Shields
  • 2018年4月21日の Record Store Day 2018 で発売された 33 r.p.m. の12インチ・ディスク。
    イーノとマイ・ブラッディ・バレンタインのケヴィン・シールズによるコラボレーションによる2曲が収録されている。 2人のキャリアから想像されるアンビエント+ノイズによる、ダークでドロドロとした音楽がひたすら続く。
    (追加:2018年4月25日)

 

Music For Installations : Brian Eno


Disk 001  Music From Installations

  1. Kazakhstan
  2. The Ritan Bells
  3. Five Light Paintings
  4. Flower Bells

Disk 002  77 Million Paintings

  1. 77 Million Paintings

Disk 003  Lightness Music For The Marble Place

  1. Atmospheric Lightness
  2. Chamber Lightness

Disk 004  I Dormienti / Kite Stories

  1. I Dormienti
  2. Kite I
  3. Kite II
  4. Kite III

Disk 005  Making Space

  1. Needle Click
  2. Light Legs
  3. Flora and Fauna / Gleise 581d
  4. New Moons
  5. Vanadium
  6. All The Stars Were Out
  7. Hopeful Timean Intersect
  8. World Without Wind
  9. Delightful Universe ( seen from above )
  10. Purple Zone

Disk 006  Music For Future Installations

  1. Unnoticed Planet
  2. Liquidambar
  3. Sour Evening ( Complex Heaven 3 )
  4. Surbahar Sleeping Music
  5. Modified Fishes ( No Wah )
  • All music produced by Brian Eno
    All music performed by Brian Eno
  • With
    Leo Abrahams ・ Guitars on disk 001 ・ Kazakfstan, disc 005 ・ Flora and Fauna / Gleise 581d, New Moons, Vanadium, Hopeful Timean Intersect
    Nell Catchpole ・ Violin and Viola on disc 001 ・ Kazakfstan
    Kyoko Inatome ・ Treated voices on disc 002 ・ 77 Million Paintings, disc 004 ・ I Dormienti, Kites I,II & III
    Tim Harries ・ Bass on disc 005 ・ Hopeful Timean Intersect
  • イーノが取り組んでいる活動の一つにインスタレーションがあるが、そのインスタレーション用の作品を集めたボックス・セット。
    『 Music From Installations 』 はいくつかのインスタレーションで使われた4曲を収録している。 会場も時期(1985~2017年)も異なるが、各曲とも20分前後のアンビエント風の大作となっている。 勿論、各曲の構成やメインに使われている音色は全て異なるのだが、イーノによるインスタレーション用音楽、として想像しうる理想的な集合体となっている。
    『 77 Million Paintings 』 は、2006年にラフォーレ原宿で行われたインスタレーション 「 77 MILLION    AN AUDIO VISUAL INSTALLATION BY BRIAN ENO 」 で使われた音楽とクレジットされているが、同会場で限定発売されたCD 『 77 Million 』 とは異なる内容である。 会場発売のCDが低音を強調したリズムを含んだ9つの小曲で構成されていたのに対し、中音域のドローンが多いアンビエント風の大曲1曲で構成されている。
    『 Lightness Music For The Marble Place 』 は、1997年にロシアのサンクトペテルブルクにあるロシア美術館の The Marble Place で行われたインスタレーション 「 Lightness 」 で使われた音楽。 30分前後の2曲は、多分10回以上聴いてもその判別は難しいと思う。
    『 I Dormienti / Kite Stories 』 は、1999年に行われた2つのインスタレーションでの楽曲が収録されている。 ” I Dormienti ” は、ロンドンで行われたもの、他の3曲はヘルシンキでのものである。 強いて挙げれば、変調された人間の声が使われていることが共通点である。
    『 Making Space 』 は、日本でも限定販売された 『 Making Space 』 に、日本盤のみボーナス曲として ” Purple Zone ” が追加されている。 その ” Purple Zone ” は、極太のエアコン・ダクトが響き続けるような音がしている。
    『 Music For Future Installations 』 は、タイトル通り将来インスタレーションで使われることを想定した楽曲集。 とは言っても実態は、イーノのハード・ディスクに保管されている無限の未発表音源から取り出した楽曲を、インスタレーション用とカテゴライズした作品である。
    (追加:2018年7月10日)

 

Roxy Music ( Super Deluxe Edition ) : Roxy Music

THE ALBUM

 1. Re-Make / Re-Model  2. Ladytron  3. If There Is Something  4. Virginia Plain  5. 2HB  6. The Bob ( Medley )  7. Chance Meeting  8. Would You Believe?  9.Sea Breezes  10. Bitters End

Bryan Ferry - Voice and Piano    Graham Simpson - Bass    Andrew Mackay - Oboe and Saxophone    Eno - Synthesizer and Tapes    Paul Thompson - Drums    Phil Manzanera - Guitar    Rik Kenton - Guitar (Track 4)
Produced by Pete Sinfield

DEMOS & OUT-TAKES

Early Demos    May 71

1. Ladytron  2. 2HB    3.Chance Meeting    4. The Bob ( Medley )
Bryan Ferry - Voice and Piano    Andrew Mackay - Oboe and Saxophone    Eno - Synthesizer and Tapes    Graham Simpson - Bass    Roger Bunn - Guitar    Dexter Lloyd - Drums

Album Out-takes ( March 1972 )

5. Instrumental    6. Re-Make / Re-Model    7. Ladytron    8. If There Is Something    9. 2HB    10. The Bob ( Medley )    11. Chance Meeting    12. Would You Believe?    13. Sea Breezes    14. Bitters End    15. Virginia Plain
( Personnel as Disc One )

THE BBC SESSIONS

The Peel Sessions 4/1/72

1. If There Is Something    2. The Bob ( Medley )    3. Would You Believe?    4. Sea Breezes    5. Re-Make / Re-Model
Personnel -
Ferry / Mackay / Eno /O'List / Simpson / Thompson

The Peel Sessions 23/5/72

6. 2HB    7. Ladytron    8. Chance Meeting
Personnel -
Ferry / Mackay / Eno / Manzanera / Kenton / Thompson

The Peel Sessions 18/7/72

9. 2HB
Personnel -
Ferry / Mackay / Eno / Manzanera / Kenton / Thompson

BBC In Concert 3/8/72

10. The Bob ( Medley )    11. Sea Breezes    12. Virginia Plain    13. Chance Meeting    14. Re-Make / Re-Model
Personnel -
Ferry / Mackay / Eno / Manzanera / Kenton / Thompson

DVD

  1. Re-Make / Re-Model    The Royal College Of Art, 6/6/72
  2. Ladytron    The Old Grey Whistle Test, 20/6/72
  3. Virginia Plain    Top Of The Pops, 24/8/72
  4. Re-Make / Re-Model    Full House, 25/11/72
  5. Ladytron        Full House, 25/11/72
  6. Would You Believe?    French TV, Bataclan, Paris, 26/11/72
  7. If There Is Something    French TV, Bataclan, Paris, 26/11/72
  8. Sea Breezes    French TV, Bataclan, Paris, 26/11/72
  9. Virginia Plain    French TV, Bataclan, Paris, 26/11/72

Personnel -
Ferry / Mackay / Eno / Manzanera / Kenton / Thompson

5.1 Mix of the album by Steven Wilson
(5.1 DTS 96/24 and Dolby AC3 Sound )

  • 難産の末リリースされた、ロキシー・ミュージックのファースト・アルバムのスーパー・デラックス・エディション。 Record Store Day 2015 にリリースされた 10inch の 『 Ladytron / The Numberer 』 に、「 Taken from the forthcoming Super Deluxe Edition of ROXY MUSIC 」 と記載されてから、本作品のリリースまで3年弱かかったことになる。
    ただ、時間がかかっただけの甲斐があり、ファースト・アルバムをレコーディングする前のデモ・テイクから、BBCでのセッション、映像を通して、ごく短い期間の中でロキシー・ミュージックがケミストリーを発生させていったことが明確に判る作品となっている。 はっきり言ってデモ時点でのテイクは、後のテイクと比べてアイティアに乏しく惹かれるところがない。 そんな楽曲がファースト・アルバムでは魅力溢れる楽曲になり、1972年8月段階でのBBCのセッションではそこに攻撃性まで付加されている。
    更に本作では、レコーディングのみならずライヴにおけるイーノの活躍度が高いことが、映像作品だけではなくBBCでのセッションからもよく判る。 タンバリン叩きながらコーラスしたり、VCS3でノイズを出してたりするだけの存在と受け取られていたイーノが、(もちろんそんな場面もあるが)テープ操作でのループや、シンセサイザーの手弾きをしていることをはっきりと確認することができる。 特に、1972年8月のBBCのセッションでの ” Re-Make / Re-Model ” は、イーノのベスト・テイクの一つと言っても過言ではないと思う。

    (追加:2019年1月10日)

Top Page