King Crimson Data Base
    Brian Eno Discography / the late 1980s

1987

The Joshua Tree : U2

  1. Where The Streets Have No Name
  2. I Still Haven't Found What I'm Looking For
  3. With Or Without You
  4. Bullet The Blue Sky
  5. Running Stand Still
  6. Red Hill Mining Town
  7. In God's Country
  8. Trip Through Your Wires
  9. One Tree Hill
  10. Exit
  11. Mothers Of The Disappeared
  • Produced By Daniel Lanois & Brian Eno
  • Backing Vocals : The Edge, Eno, Lanois
    DX7 Programmes and Keyboards : Eno
  • 大ヒット、などという表現では納まらない程の成功を成し遂げた U2 のアルバム。
    シングル・カットされた ” With Or Without You ” や ” I Still Haven't Found What I'm Looking For ” に留まらず、アルバム自体が驚異的なセールスを挙げている。 本作品がリリースされた1987年において所謂洋楽を聴き始めた人には、人生を変えた1枚になっていてもおかしくない作品なんだと思う。
    ロックがロックとして語られた古き良き時代の最後の灯火が、本作品にはある。 そしてそんな作品をプロデュースしたイーノの凄さがここにある。 イーノのプロデューサーとしてのポピュラリティの最高峰が本作品である。
    (追加:2015年6月25日)

 

1988

Rattle And Hum : U2

  1. Helter Skelter
  2. Van Diemen's Land
  3. Desire
  4. Hawkmoon 269
  5. All Along The Watchtower
  6. I Still Haven't Found What I'm Looking For
  7. Freedom For My People
  8. Silver And Gold
  9. Pride ( In The Name Of Love )
  10. Angel Of Harlem
  11. Love Rescue Me
  12. When Love Comes To Town
  13. Heartland [ Keyboards  Brian Eno ]
  14. God Part II
  15. The Star Spangled Banner
  16. Bullet The Blue Sky
  17. All I Want Is You
  • 『 The Joshua Tree 』 の大成功を得た後、つまり U2 が何をやっても許された時期にリリースされた作品。
    本作品においてイーノは、プロデュース作業を行うことなく、” Heartland ” 1曲でキーボードを演奏しているだけであり、かつその演奏も大したものではない。
    (追加:2015年6月25日)

 

Dario Argento Opera

  1. Opera Theme   ( Bill Wyman - Terry Taylor )
  2. Balance    ( Roger Eno )
  3. No Escape    ( Norden Light )
  4. White Darkness    ( Roger Eno )
  5. Black Notes    ( Bill Wyman - Terry Taylor )
  6. From The Beginnings    ( Brian Eno )
  7. Boys In The Night    ( Pino Daniele )
  8. Preludio dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  9. Coro Di Streghe dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  10. Gran Scena E Euetto dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  11. Scena E Cavatina dal " Macbeth "    ( Elisabeth Norberg Schulz, Andrea Piccini, Michele Pertusi )
  12. Un Bel Di Vedremo dalla " Madame Butterfly "    ( Mirella Freni )
  13. Casta Diva dalla " Norma "    ( Maria Callas )
  14. Sempre Libera Degg'io da " La Traviata "    ( Maria Callas )
  • ダリオ・アルジェント監督の 『 オペラ座/血の喝采 』 のサウンドトラック。
    オペラの主役に抜擢された主人公の周辺で次々に起こる殺人事件、そして最後に主人公も狙われる、という捻りの全く無いストーリーなのだが、全編釘付けとなる作品である。 意味が有るのか無いのか良くわからない殺し方、過剰に金をかけたオペラのシーンがある一方で殺人後に流れる血にリアリティが全く無かったり、火事場の死体が犯人ではなく人形だったと警察が気づくのに時間がかかったりと、観てるとクラクラしてくる。
    そして映画も凄いが、その凄さをそのままパッケージしたこのサウンドトラックも凄い。 ボラーならではのおどろおどろしい音、殺人場面のバックに唐突に流れるB級ヘヴィ・メタル、劇中オペラの 『 マクベス 』、そしてマリア・カラスによる 『 ノルマ 』 と 『 椿姫 』 と、統一感の無さは常軌を逸している。
    イーノの楽曲は、豪華にも本作品のためのオリジナル。 当然ながらおどろおどろしい音を担当している。
    (追加:2018年10月10日)

 

1989

Words For The Dying : John Cale

The Falklands Suite

  1. Introduction
  2. There Was A Saviour Interlude I
  3. On A Wedding Anniversary
  4. Interlude II
  5. Lie Still, Sleep Becalmed
  6. Do Not Go Gentle Into That Good Night

Songs Without Words

  1. Songs Without Words I
  2. Songs Without Words II

9. The Soul Of Carmen Miranda

  • Produced By Brain Eno

  • The Soul Of Carmen Miranda performed by John Cale and Brian Eno

  • オーケストラをバックにした組曲 ” The Falkland Suite ”、ソロ作品である ” Songs Without Words ”、そしてイーノとのデュエット ” The Soul Of Carmen Miranda ” で構成されるジョン・ケイルのアルバム。
    プロデュースとしてクレジットされているイーノが本格的に関与しているのは ” The Soul Of Carmen Miranda ” だけだろし、それ自体も淡々とした楽曲で大きな特徴があるわけでもない。 それでも本作品において久々にイーノとケイルがガッツリ組んだことが、『 Wrong Way Up 』 という共作アルバムに発展していった成果は大きい。
    (追加:2017年2月25日)

 

1990

Wrong Way Up : Eno / Cale

  1. Lay My Love
      Brian Eno : lyrics, vocals, keyboards, rhythm bed, Indian drum
      all arrangements
  2. One World
      Brian Eno : rhythm bed, treatments, guitar
  3. In The Backroom
      Brian Eno : rhythm bed, voice / guitar duet, Shinto bells,
      slide guitar, treatments
  4. Empgy Frame
      Brian Eno : lyrics, vocals, harmony vocals, rhythm bed,
      pulse organs, dark guitar, vocal arrangement
  5. Cordoba
      Brian Eno : rhythm bed, harmony vocals
      pulse organs, dark guitar, vocal arrangement
  6. Spining Away
      Brian Eno : lyrics, vocals, rhythm bed, all arrangements
  7. Footsteps
      Brian Eno : harmony vocals, intro melody, bass
  8. Been There Done That
      Brian Eno : backing vocals, viola treatments
  9. Crime In The Desert
      Brian Eno : wash guitar, little Nigerian organ
  10. The River
      Brian Eno : lyrics, vocals, omnichord, high keyboards
  • Produced By Brian Eno
    Co-produced By John Cale
    All Songs Written and Composed By Brian Eno and John Cale

  • イーノとジョン・ケイルによる作品。
    牧歌的プログレ、とでもいうような内容で、2人のヴォーカルを骨格にした楽曲で構成されている。 音量こそ抑えられているがバックの演奏はノイズだらけ、などということは無く、ヴォーカルを活かすチャーミングな演奏がひたすら続く。 唯一ポップでないのは2人の声質、などと言ったら怒られてしまうかもしれないが、勢いだけでは決して制作することができない、充分に作り込まれた内容となっている。
    売れることよりも2人の関係構築で制作目的だったと思うのだが、難解な方向に向かわずここまでポップな路線にするのなら、2人のヴォーカルにこだわらず、例えば女性ヴォーカルでも大フィーチャーしてチャートを席巻する位に徹底して欲しかった。 もったいない...
    (追加:2015年2月25日)

Top Page