King Crimson Data Base
    Brian Eno Discography / the early 1970s

1972

Roxy Music : Roxy Music

Roxy Music

  1. Re-Make / Re-Model
  2. Ladytron
  3. If There Is Something
  4. 2.H.B.
  1. The Bob ( Medley )
  2. Chance Meeting
  3. Would You Believe?
  4. Sea Breezes
  5. Bitters End
  • Bryan Ferry - Voice & Piano
    Graham Simpson - Bass Guitar
    Andrew Mackay - Oboe & Saxophone
    Eno - Synthesiser & Tapes
    Paul Thompson - Drums
    Phil Manzanera - Guitar
  • イーノの、ミュージック・シーンへのデビュー作。
    (追加:2004年7月25日)

 

Virginia Plain / The Numberer : Roxy Music

  1. Virginia Plain
  1. The Numberer
  • ロキシー・ミュージックのファースト・シングル。
    ” Virginia Plain ” は代表曲の一つとしてコンピレーションにも多く収録されている作品で、” Re-Make / Re-Model ” から毒気を抜いた楽曲となっている。
    一方の ” The Numberer ” は、A面のを補って余りある程の毒気が溢れる曲で、その結果イーノの活躍度が異常なまでに高いインストである。 アンディ・マッケイのサックスとイーノのシンセサイザーが只管活躍する、ポピュラリティは低いものの格好良い楽曲である。
    (追加:2019年1月10日)

 

1973

Plays the Popular Classics : Portsmouth Sinfonia

  1. From Peer Gynt Suite No.1
    " Morning " " In the Hall of the Mountain King "
  2. From The Nutcracker Suite
    " Dance of the Sugar Plum Fairy " " Waltz of the Flowers "
  3. Fifth Symphony In C Minor, OP.67
  4. William Tell Overture
  1. Also Sprach Zarathustra OP.31 ( Excerpt )
  2. Blue Danube Waltz, OP.314
  3. " Air " from Suite No.3 In D Major
  4. " Farandole " from L'Arlesienne Suite No.2
  5. " Jupiter " from The Planets, Op.32 ( Excerpt )
  • Clarinets / Suzette Worden, Brian Eno, Tony Talbot, Gwen Fereday

  • Sound Production : Brian Eno

  • ポーツマス・シンフォニアの初レコーディング作品。
    冗談音楽の代表として語られたり、その背景にある深遠な音楽的意義を見出そうと議論されたり、と色々な聴き方はあるが、当該楽器に対しての素人が演奏したクラッシクの楽曲集、というコンセプトそのままのを理解すれば良い作品である。
    イーノはクラリネット奏者と「サウンド・プロダクション」としてクレジットされている。 後者は販売プロモーションのための名義貸しの位置づけが強いと思われる。 また、後にオブスキュア・シリーズの幾つかに参加するギャヴィン・ブライアーズとイーノの作品上での出会いは、本作品となる。
    (追加:2017年11月10日)

 

For Your Pleasure : Roxy Music

For Your Pleasure

  1. Do The Strand
  2. Beauty Queen
  3. Strictly Confidential
  4. Editions Of You
  5. In Every Dream Home A Heartache
  1. The Bogus Man
  2. Grey Lagoons
  3. For You Pleasure
  • Bryan Ferry - Voice and Keyboards
    Andrew Mackay - Oboe and Saxophone
    Eno - Synthesizer and Tapes
    Paul Thompson - Drums
    Phil Manzanera - Guitar
    Guest artiste : John Porter - Bass
  • ロキシー・ミュージックのセカンド・アルバム。 本作品をもってイーノはロキシーを脱退することになる。
    プロデューサーが異なることもあり、アナログ時代のA面はポップなナンバー、B面はプログレ臭の強いナンバーと、極端なまでに作風が異なっている。
    イーノの活躍が目立つのは当然ながらB面で、特に ” For Your Pleasure ” にの後半のテープ操作はイーノならではのものだと思う。
    ただ、個人的にはその「いかにも」といったイーノの活躍にちょっと興ざめしてしまう。 それよりもポップなA面、特に ” Do The Strand ” や ” Editions Of You ” といったロック色が強い曲にノイズを差し込み、毒をこっそりと撒き散らすイーノの方が好きだ。
    もしかしたら、フェリーがイーノを嫌がったのも、そんなとこかもしれない。
    (追加:2007年5月30日)

 

Pyjamarama / The Pride And The Pain : Roxy Music

  1. Pyjamarama
  1. The Pride And The Pain
  • ロキシー・ミュージックのセカンド・シングル。 セカンド・アルバム 『 Four Your Pleasure 』 と同時期にリリースされながら同アルバムに収録されていないという手法は、ファースト・シングルの時と同じである。
    ” Pyjamarama ” は、売れ線を狙うにはちょっとキツかったかなとも思うが、『 Four Your Pleasure 』 のB面の暗黒のような内容とは大きく異なる。
    一方 ” The Pride And The Pain ” は、アンディ・マッケイのオーボエとイーノのシンセサイザーをメインにした楽曲で、『 Four Your Pleasure 』 のB面の習作のような内容である。
    (追加:2019年1月10日)

 

1974

Here Comes The Warm Jets : Eno

  1. Needles In The Camel's Eye
  2. The Paw Paw Negro Blowtouch
  3. Baby's On Fire
  4. Cindy Tells Me
  5. Driving Me Backwards
  6. On Some Faraway Beach
  7. Blank Frank
  8. Dead Finks Don't Talk
  9. Some  Of Them Are Old
  10. Here Comes The Warm Jets
  • Keyboards: Nick Kool and Koolaids (7)  Nick Judd (4,8)  Andy Mackay (6,9)
    Guitars : Robert Fripp (3,5,7)  Phil Manzanera (1,2,4)  Paul Rudolph (3.10)  Chris 'Ace' Spedding (1,2)
    Bass Guitar : Busta Cherry Jones (2,4,6,8)  BIll MacCormick (1,7)  Paul Rudolph (3,5,10)  John Wetton (3,5)
    Percussion : Simon King (1,3,5,6,7,10)  Marty Simon (2,3,4)  Paul Thompson (8)

    Saxophone septet on 9 : Andy Mackay
    Slide guitars on 9 : Lloyd Watson
    Backing vocals on 6 and 7 : Sweetfeed
    Extra Bass on 2 : Chris Thomas

    Eno sings all other vocals and (occasionally) plays simplistic keyboards, Snake guitar, electric larynx and synthesizer, and treats the other instruments.
  • イーノのファースト・ソロ・アルバム。
    ロキシー人脈の他、フリップやウェットンも参加している豪華盤。
    (追加:2010年1月10日)

 

Taking Tiger Mountain ( By Strategy ) : Eno

  1. Burning Airlines Give You So Much More
  2. Back In Judy's Jungle
  3. Fat Lady Of Limbourg
  4. Mother Whale Eyeless
  5. Great Pretender
  6. Third Uncle
  7. Put A Straw Under Baby
  8. True Wheel
  9. China My China
  10. Taking Tiger Mountain
  • Produced by Eno
  • Eno : Vocals, Electronics, Snake Guitar, Keyboards
    Phil Manzaner : Guitars
    Brian Turrington : Bass Guitar
    Freddie Smith : Drums
    Robert Wyatt : Percussion + backing vocals
    Special Guests :
    Portsmouth Sinfonia : strings on 7
    Randi + The Pyramids : chorus on 8
    The Simplistics : chorus on 2 + 10
    Andy Mackay : Brass on 3
    Phil Collins : Extra drums on 4
    Polly Eltes : vocals on 4
  • ロキシー・ミュージック脱退後のセカンド・アルバム。
    前作 『 Here Come The Warm Jets 』 でのフリップを始めとした多彩なゲストによる、「イーノのソロのお披露目だー!」的派手さは本作品にはない。 とは言え、ぶっきらぼうなまでに情緒感ゼロの楽器群とイーノによる抑揚のないヴォーカルとの絡みが、妙な統一感を出していて癖になる作品。
    意外にまともな演奏をしているポーツマス・シンフォニアをフィーチャーした ” Put A Straw Under Baby ” の静かさも不気味ではあるが、やはり特筆すべきは ” Third Uncle ” である。 ルーズなベースに先導されるように始まる忙しない楽曲は、ヘタウマ感が爆発したイーノの代表作の一つだと思う。 801による 『 801Live 』 にも収録されているが、本作品でのスタジオ・テイクの方が遙かに破壊力を持っている。
    (追加:2003年3月25日)

 

Dali's Car : Eno

  • リリースは1999年
  1. The Paw Paw Negro Blowtorch*
  2. Fever*
  3. The Flat Lady Of Limbourg**
  4. Third Uncle**
  5. Baby's On Fire**
  6. I'll Come Running***
  • *Brian Eno and the Winkies   Top Gear / BBC Radio London / 19.2.1974
    **Brian Eno and the Winkies   Top Gear / BBC Radio London / 26.2.1974
      Brian Eno : Vocals, Keyboards, Guitar, Synthesizer, Treatments
      Gun Humphreys : Guitar, Vocals
      Mike Desmarais : Drums
      Brian Turrington : Bass
      Phillip Rambow : Guitar, Vocals
    ***Brian Eno and 801  Reading Festival / 26.8.1976
      Brian Eno : Vocals, Synthesizer, Guitar, Treatments
      Phil Manzanera : Guitar
      Simon Philips : Drums, Rhythm box
      Lloyd Watson : Guitar, Vocals
      Bill MacCormick : Bass, Vocals
      Francis Monkman : Fender Rhodes, Clarinet

  • 微妙にオフィシャル臭が薄い、イーノのライヴ演奏のコンパイル。
    BBCで放送されたイーノとしての演奏と、801での演奏が収録されているのだが、イーノが所謂ロック系、プログレ系の演奏をライヴで披露していた時期の断片を堪能することができる。
    (追加:2015年7月25日)

 

The Lamb Lies Down On Broadway : Genesis

  1. The Lamb Lies Down On Broadway
  2. Fly On A Windshield
  3. Broadway Melody Of 1974
  4. Cuckoo Cocoon
  5. In The Cage
  6. The Grand Parade Of Lifeless Packaging
  7. Back In N.Y.C.
  8. Hairless Heart
  9. Counting Out Time
  10. Carpet Crawlers
  11. The Chamber Of 32 Doors
  1. Lilywhite Lilith
  2. The Waiting Room
  3. Anyway
  4. Here Comes The Supernatural Anaesthetist
  5. The Lamia
  6. Silent Sorrow In Empty Boats
  7. The Colony Of Slippermen ( The Arrival. A Visit To The Doktor. Raven )
  8. Ravine
  9. The Light Dies Down On Broadway
  10. Riding The Scree
  11. In The Rapids
  12. It.
  • Michael ; Bass and Twelve String Guitar
    Phil ; Percussion, Vibing and Voicing
    Steve ; Guitars
    Tony ; Keyboards
    Peter ; Voice and Flute

    Enossification ; Eno

  • ピーター・ガブリエルが脱退する前にリリースされたジェネシスの2枚組大作。
    コンセプト、ストーリー、全体像が掴みにくい作品であるこや、ガブリエルとガブリエル以外のメンバーとの嗜好の違いがあきらかになった作品として語られることが多い作品であるが、個々の曲の良さはそうしたことと関係なく堪能することができる。 作品全体を捉えようとしてないのは正しくないのかもしれないが、意外な発見があったりする。
    「Enossification」とクレジットされているイーノが、どこでどう活躍しているのかよくわからない。 ” The Grand Parade Of Lifeless Packaging ” の編集作業という説もあるが、そう思って聴けばそう思えるという程度である。
    (追加:2015年7月25日)

 

Fear : John Cale

  1. Fear Is A Man's Best Friend
  2. Buffalo Ballet
  3. Barracuda
  4. Emily
  5. Ship Of Fools
  1. Gun
  2. The Man Who Couldn't Afford To Orgy
  3. You Know Me More Than I Know
  4. Momamma Scuba
  • Keyboards : John Cale
    Guitars : Phil Manzanera, John Cale
    Bass Guitars : Archie Leggatt, John Cale
    Drums : Fred Smith
    Girls : I & D Chanter, L Strike
    Eno : Eno

  • ジョン・ケイルがアイランド・レーベルに移籍して発表したソロ・アルバム。
    奇抜なアレンジはなく、シンプルな演奏にもかかわらず、ケイルのヴォーカルの凄みだけで、恐ろしさをも感じてしまう作品である。
    こういった作品でのイーノは巧さは、「イーノが参加していること」と「イーノが参加していることを感じさせないこと」を両立させるところである。 自らの演奏楽器を 「 Eno 」 とクレジットさせているが、これは、本作品におけるイーノの位置づけを見事なまでに表現していると思う。
    (追加:2017年2月25日)

 

Lady June's Linguistic Leprosy : Lady June

  1. Someday Silly Twenty Three
  2. Reflections
  3. Am I
  4. Everythingsnothing
  5. Tunion  [ Kevin Ayers and Eno : Music and Vocals. ]
  6. The Tourists
  1. Bars  [ Eno : Electronic Guitar and Harmony Vocals. ]
  2. The Letter
  3. Magnel / Wurzel
  4. To Whom It May Not Concern
  5. Optimism  [ Eno : Music : 'Imminent, Linearment, Luna Lollipops ' ]
  6. Touch Downer
  • 初期カンタベリー人脈のパトロンのような役割をしていたと言われる、レディ・ジュン(本名はジュン・キャンベル・クレイマーらしい)のソロ・アルバム。
    主にケヴィン・エアーズがサウンド・プロダクツを担っているのだが、そこにノン・ミュージシャンであるレディ・ジュンの語りを中心とした声が被さってくる。 彼女の声をフィーチャーしようとした結果、バックの音は目立つことなく平坦。 それを補おうとしたのか声にエコーをかけたりする手法が今の耳には古臭く、「カンタベリー」という括りが無いと聴き続ける動機を見つけるのが難しい作品である。
    イーノの参加で少しだけバラエティに富んだアレンジになってはいるが、大勢に影響は無い。
    (追加:2019年4月10日)

 

The End : Nico

The End

  1. It Has Not Taken Long
  2. Secret Side
  3. You Forgot To Answer
  4. Innocent and Vain
  5. Valley of the Kings
  1. We've Got The Gold
  2. The End
  3. Das Lied Der Deutschen
  • Nico    voice and harmonium
    Phil Manzanera    electric guitar
    Eno    Synthesizer
    John Cale    bass guitar, xylophone, acoustic guitar, synthesizer, organ, marimba, triangles, cabasa, glockenspiel, percussion, piano and electric piano.
    Vicki Woo, Annagh Wood    backing vocals
  • ” The End ” のカヴァーを収録したニコのソロ・アルバム。
    参加ミュージシャンの豪華さ、個性が音として全く出ておらず、ニコの世界として完結しているところが、本作品の凄いところだと思う。 もちろんジョン・ケイルのプロデュースによる所もあると思うが、全てを吸収してしまうようなニコのヴォーカルが圧倒的である。
    当然「イーノでなければならない」といった演奏は皆無なのだが、「イーノである必要がない」役割を見事に果たすことができるのが、イーノの凄いところだと思う。
    (追加:2009年4月25日)

 

June 1, 1974 : Kevin Ayers - John Cale - Eno - Nico

June 1, 1974

  1. Driving Me Backwards [ writes ]
  2. Baby's On Fire [ writes ]
  3. Heartbreak Hotel
  4. The End
  5. May I ?
  6. Shouting In A Bucket Blues
  7. Stranger In Blue Suede Shoes
  8. Everybody's Sometime And Some People Al  The Time Blues
  9. Two Goes Into Four
  • エアーズがニコを誘って、ニコがケイルを誘って、ケイルがイーノを誘って、といった経緯で開催されたライヴを収録した作品。 経緯がホントかウソかはよくわからないが、とにかく豪華なメンバーによる作品だと思う。
    『 Here Comes The Warm Jets 』 からの2曲、特に ” Baby's On Fire ” の収録がそれなりに嬉しかったりするが、” The End ” の dead end な凄まじさの前には全てが霞んでしまう。
    持続音中心のイーノのシンセだけをバックに絶唱するニコも凄いが、そんなニコのヴォーカルに触発されることなくひたすら持続音を発信し続けるイーノも又凄い。 一緒に演奏することによって発生するケミストリーがゼロにも拘わらず、二人が一緒でなければ出来得なかった演奏だと思う。
    4人で一緒に演奏している曲がなかったり、『 悪魔の申し子たち 』 という邦題からイメージされるドロドロした雰囲気は感じられない作品なのだが、とにかく ” The End ” だけでお腹いっぱいになってしまう。
    (追加:2005年9月10日)

 

Hallelujah : The Portsmouth Sinfonia

  1. Mr. Michael Bond's Address
  2. From The Nutcracker Suite, Op. 71a
  3. From The Karelia Soute, Op. 11
  4. Marche Militaire in D Major
  5. Piano Concerto No 1 in B♭ Minor, Op.23    soloist, Miss Sally Binding.
  1. Overture 1812
  2. William Tell Overture
  3. From The Messiah ( Part II ) with The Portsmouth Sinfonia Choir
  • Clarinets : James Lampard, Suzette Worden, Brian Eno, Tony Talbot, Susan Featherstone, Michael Flower, Sawa Savva, William Hodgson, Andrew Tomsett, Simon Turner, Noelle Sasportas

  • Sound Production : Brian Eno

  • ポーツマス・シンフォニアのロイヤル・アルバート・ホールでのレコーディング作品。
    聴衆の前で演奏する、というコンセプトが前作との違いで、それ以上でもそれ以下でもないが、やはり気になってしまうのはその聴衆の反応である。 腕を組んでしかめっ面で聴く音楽では勿論ないが、稚拙な演奏をも楽しむ余裕があると言わんばかりのスノッブ達の笑い方が、余りにも鼻持ちならない。
    多分イーノは、音楽的に成り立たないことをやってみたい、ただそれだけだったのだと思う。 それに対して音楽的意義が語られることについては笑い飛ばすことができたのかもしれないが、高尚な立場からご意見を宣われることについては気に食わなかったのだと思う。
    本作品でポーツマス・シンフォニアとの関与を止めたイーノのセンスは、また素晴らしい。
    (2017年11月10日)

 

1975

Slow Dazzle : John Cale

  1. Mr Wilson
  2. Talking It All Away
  3. Dirty-Ass Rock'n' Roll
  4. Darling I Need You
  5. Rollaroll
  1. Heartbreak Hotel
  2. Ski Patrol
  3. I'm Not The Loving Kind
  4. Guts
  5. The Jeweller
  • Piano, organ, clavinet, vocals : John Cale
    Guitars : Chris Spedding, Phil Manzanera
    Bass : Pat Donaldson
    Drums : Timi Donald, Gerry Conway
    Violin, electric piano : Chris Thomas
    Synthesizer : Eno
    Harmony ( on ' Guts ' and ' Darling  I Need You ' ) : Geoff Muldaur
  • アイランド・レーベルからのジョン・ケイルのソロ2作品目。
    初期のロキシー・ミュージックを彷彿させる演奏があったりするが、基本路線は前作の延長線上にあり、完成度が高い作品である。
    『 June 1, 1974 』 に収録されていた ” Heartbreak Hotel ” の再演や、ラストの ” The Jeweller ” などは、シンセサイザーの演奏だけではなく楽曲自体からイーノ臭がプンプンとするのだが、こうした判りやすい楽曲以外にも実はイーノが活躍していたりしそうで、奥が深い作品である。
    (追加:2017年2月25日)

 

Helen Of Troy : John Cale

  1. My Maria
  2. Helen Of Troy
  3. China Sea
  4. Engine
  5. Save Us
  6. Cable Hogue
  1. I Keep A Close Watch
  2. Pablo Picasso
  3. Leaving It Up To You
  4. Baby What You Want Me To Do
  5. Sudden Death
  • John Cale......Keyboards, Guitar and Vocals
    Chris Spedding......Guitar
    Pat Donaldson......Bass
    Timmy Donald......Drums
    Brian Eno......Synthesizer

  • ジョン・ケイルは、アイランド・レコードと契約していた短期間に3枚の作品を発表しているが、本作品はその最終作となる。
    特に前作とは参加メンバーが被っているが、その印象は大きく異る。 核となるのがケイルのヴォーカルであるのは変わりない。 印象を大きく変えているのはミキシングである。 アレンジ自体に奇抜さはないのだが、ギター・ソロやキーボードが、全体との調和を無視するがごとく大きな音で時折フィーチャーされることで、楽曲全体に歪な印象が与えられている。
    アイランド・レコード自体の作品はどれも傑作で、どの作品が好きになるかは個人の趣向に大きく依存すると思うのだが、そんな作品群に関与しているイーノの機を見る嗅覚も素晴らしい。
    (追加:2017年2月25日)

 

Diamond Head : Phil Manzanera

Diamond Head

  1. Frontera [ Eno - Background vocals ]
  2. Diamond Head [ Eno - Guitar treatment ]
  3. Big Day [ Eno - Vocals ] [ co-writes ]
  4. The Flex
  5. Same Time Next Week
  1. Miss Shapiro [ Eno- Vocals, rhythm guitar, piano, handclaps ]
  2. East Of Echo [ Eno - Guitar treatments ]
  3. Lagrima
  4. Alma
  • マンザネラの傑作アルバム。 
    本作においてイーノはシンセサイザーを弾いておらず、ヴォーカル、ギター・トリートメント等が中心の演奏である。 ヘタウマ感が爆発するヴォーカルの魅力は相変わらずだが、音としての魅力は妙なうねりが感じられるギター・ソロへの加工だけである。 充実した作品であるだけに、もうちょっと目立ってくれたら嬉しかった。
    (追加:2015年7月25日)

 

Main Stream : Quiet Sun

  1. Sol Caliente
  2. Trumpets with Mother hood
  3. Bargain Classics
  4. R.F.D.
  1. Mummy was an asteroid, daddy was a small non-stick kitchen utensil
  2. Trot
  3. Bongwrong
  • Charles Hayward : Drums, Percussion, Keyboards, Voice
    Dave Jarrett : Fender Rhodes & Steinway Grand Pianos, Farfisa & Hammond Organs, VCS3
    Phil Manzanera : Electric 6 & 12 string Guitars, Treated Guitars, Fender Rhodes, Piano
    Bill MacCormick : Electric Basses, Treated Bass, Back-up Voices
    with
    Eno - Synthesiser, Treatments & Oblique Strategies
    Ian MacCormick - Back-up Voices

  • マンザネラが 『 Diamond Head 』 と同時期にレコーディングした、クワイエット・サンとしての唯一の作品。
    この歪な疾走感に溢れた作品が生まれた背景はつくづく謎である。 元々のクワイエット・サンとしての活動はレコーディングにまで至っていないし、チャールズ・ヘイワードの This Heat での衝撃も本作の数年後のことで本作品からの連続性は無い。
    『 Diamond Head 』 をも遥かに上回る傑作は、正に突然生み出されたのだが、個人的にはイーノの関与が大きいのではないかと考えている。 イーノが後々まで使い続ける 「 Oblique Strategies 」 が機能した結果が、本作品の成功に寄与しているに違いない。
    (追加:2015年7月25日)

 

Ruth Is Stranger Than Richard : Robert Wyatt

Side Ruth

  1. Soup Song
  2. Sonia
  3. Team Spirit
    [ Brian Eno, direct inject anti-jazz ray gun ]
  4. Song for Che

Side Richard

  1. Muddy Mouse (a)
  2. Solar Flares
  3. Muddy Mouse (b)
  4. 5 Black Notes and 1 White Note
    [ Brian Eno, guitar, synthesiser ]
  5. Muddy Mouse (c)
  • 名作との誉れ高い 『 Rock Bottom 』 に次いでリリースされた、ロバート・ワイアットのソロ・アルバム。 本作を前後してワイアットは政治活動の比重を高めたとのことで、結果次作まで7年近くブランクが開いてしまうのだが、そういった背景とは一切関係なく充実した演奏とワイアットのヴォーカルが織りなす世界は美しく格好良い。
    後のワイアットの作品では意図的に個性を出さないような演奏をしているイーノも、本作品では訳の分からないクレジットとともに存在感を充分に示している。
    (追加:2016年1月10日)

 

Peter And The Wolf : Various Artists

  1. Introduction
  2. Peter's Theme
  3. Bird And Peter
  4. Duck Theme
  5. Pond
  6. Duck And Bird
  7. Cat Dance
  8. Cat And Duck
  9. Grandfather
  10. Cat
  11. Wolf [ Synthesizer ]
  12. Wolf And Duck [ Synthesizer ]
  1. Threnody For A Duck
  2. Wolf Stalks [ Synthesizer ]
  3. Cat In Tree
  4. Peter's Chase
  5. Capture Of Wolf [ Synthesizer ]
  6. Hunters
  7. Rock And Roll Celebration
  8. Duck Escape
  9. Final Theme
  • 多彩なメンバーが参加していることもあり語られる機会の多い本作品は、プロコフィエフの 『 ピーターと狼 』 のロック版。 難解度ゼロのストーリーに併せ、各楽器が登場人物の役割を与えられている。
    イーノのシンセサイザーの役割は、物語のなかでも重要な役割(笑)である敵役の狼。 この時期、イーノは既に 『 Discreet Music 』 をリリースしていたこともあり、環境音の便利屋として使われる可能性もあったわけだが、準主役を与えられたことが幸いしたのか、ビヨヨ〜ンとシンセでメロディをちゃんと演奏している。
    特に ” Wolf And Duck ” におけるノイズ混じりのシンセサイザー・ソロは素晴らしく、ロキシー時代、初期ソロ作品においてもこれほど格好良い演奏はない。
    アルバム全体の出来もよいが、イーノの演奏だけでも充分元が取れる「買い」の作品である。
    (追加:2004年3月25日)

Top Page