King Crimson Data Base
    Brian Eno Discography

1972

Roxy Music : Roxy Music

Roxy Music

  1. Re-Make / Re-Model
  2. Ladytron
  3. If There Is Something
  4. 2.H.B.
  1. The Bob ( Medley )
  2. Chance Meeting
  3. Would You Believe?
  4. Sea Breezes
  5. Bitters End
  • Bryan Ferry - Voice & Piano
    Graham Simpson - Bass Guitar
    Andrew Mackay - Oboe & Saxophone
    Eno - Synthesiser & Tapes
    Paul Thompson - Drums
    Phil Manzanera - Guitar
  • イーノの、ミュージック・シーンへのデビュー作。
    (追加:2004年7月25日)

 

1973

Plays the Popular Classics : Portsmouth Sinfonia

  1. From Peer Gynt Suite No.1
    " Morning " " In the Hall of the Mountain King "
  2. From The Nutcracker Suite
    " Dance of the Sugar Plum Fairy " " Waltz of the Flowers "
  3. Fifth Symphony In C Minor, OP.67
  4. William Tell Overture
  1. Also Sprach Zarathustra OP.31 ( Excerpt )
  2. Blue Danube Waltz, OP.314
  3. " Air " from Suite No.3 In D Major
  4. " Farandole " from L'Arlesienne Suite No.2
  5. " Jupiter " from The Planets, Op.32 ( Excerpt )
  • Clarinets / Suzette Worden, Brian Eno, Tony Talbot, Gwen Fereday

  • Sound Production : Brian Eno

  • ポーツマス・シンフォニアの初レコーディング作品。
    冗談音楽の代表として語られたり、その背景にある深遠な音楽的意義を見出そうと議論されたり、と色々な聴き方はあるが、当該楽器に対しての素人が演奏したクラッシクの楽曲集、というコンセプトそのままのを理解すれば良い作品である。
    イーノはクラリネット奏者と「サウンド・プロダクション」としてクレジットされている。 後者は販売プロモーションのための名義貸しの位置づけが強いと思われる。 また、後にオブスキュア・シリーズの幾つかに参加するギャヴィン・ブライアーズとイーノの作品上での出会いは、本作品となる。
    (追加:2017年11月10日)

 

For Your Pleasure : Roxy Music

For Your Pleasure

  1. Do The Strand
  2. Beauty Queen
  3. Strictly Confidential
  4. Editions Of You
  5. In Every Dream Home A Heartache
  1. The Bogus Man
  2. Grey Lagoons
  3. For You Pleasure
  • Bryan Ferry - Voice and Keyboards
    Andrew Mackay - Oboe and Saxophone
    Eno - Synthesizer and Tapes
    Paul Thompson - Drums
    Phil Manzanera - Guitar
    Guest artiste : John Porter - Bass
  • ロキシー・ミュージックのセカンド・アルバム。 本作品をもってイーノはロキシーを脱退することになる。
    プロデューサーが異なることもあり、アナログ時代のA面はポップなナンバー、B面はプログレ臭の強いナンバーと、極端なまでに作風が異なっている。
    イーノの活躍が目立つのは当然ながらB面で、特に ” For Your Pleasure ” にの後半のテープ操作はイーノならではのものだと思う。
    ただ、個人的にはその「いかにも」といったイーノの活躍にちょっと興ざめしてしまう。 それよりもポップなA面、特に ” Do The Strand ” や ” Editions Of You ” といったロック色が強い曲にノイズを差し込み、毒をこっそりと撒き散らすイーノの方が好きだ。
    もしかしたら、フェリーがイーノを嫌がったのも、そんなとこかもしれない。
    (追加:2007年5月30日)

 

1974

Here Comes The Warm Jets : Eno

  1. Needles In The Camel's Eye
  2. The Paw Paw Negro Blowtouch
  3. Baby's On Fire
  4. Cindy Tells Me
  5. Driving Me Backwards
  6. On Some Faraway Beach
  7. Blank Frank
  8. Dead Finks Don't Talk
  9. Some  Of Them Are Old
  10. Here Comes The Warm Jets
  • Keyboards: Nick Kool and Koolaids (7)  Nick Judd (4,8)  Andy Mackay (6,9)
    Guitars : Robert Fripp (3,5,7)  Phil Manzanera (1,2,4)  Paul Rudolph (3.10)  Chris 'Ace' Spedding (1,2)
    Bass Guitar : Busta Cherry Jones (2,4,6,8)  BIll MacCormick (1,7)  Paul Rudolph (3,5,10)  John Wetton (3,5)
    Percussion : Simon King (1,3,5,6,7,10)  Marty Simon (2,3,4)  Paul Thompson (8)

    Saxophone septet on 9 : Andy Mackay
    Slide guitars on 9 : Lloyd Watson
    Backing vocals on 6 and 7 : Sweetfeed
    Extra Bass on 2 : Chris Thomas

    Eno sings all other vocals and (occasionally) plays simplistic keyboards, Snake guitar, electric larynx and synthesizer, and treats the other instruments.
  • イーノのファースト・ソロ・アルバム。
    ロキシー人脈の他、フリップやウェットンも参加している豪華盤。
    (追加:2010年1月10日)

 

Taking Tiger Mountain ( By Strategy ) : Eno

  1. Burning Airlines Give You So Much More
  2. Back In Judy's Jungle
  3. Fat Lady Of Limbourg
  4. Mother Whale Eyeless
  5. Great Pretender
  6. Third Uncle
  7. Put A Straw Under Baby
  8. True Wheel
  9. China My China
  10. Taking Tiger Mountain
  • Produced by Eno
  • Eno : Vocals, Electronics, Snake Guitar, Keyboards
    Phil Manzaner : Guitars
    Brian Turrington : Bass Guitar
    Freddie Smith : Drums
    Robert Wyatt : Percussion + backing vocals
    Special Guests :
    Portsmouth Sinfonia : strings on 7
    Randi + The Pyramids : chorus on 8
    The Simplistics : chorus on 2 + 10
    Andy Mackay : Brass on 3
    Phil Collins : Extra drums on 4
    Polly Eltes : vocals on 4
  • ロキシー・ミュージック脱退後のセカンド・アルバム。
    前作 『 Here Come The Warm Jets 』 でのフリップを始めとした多彩なゲストによる、「イーノのソロのお披露目だー!」的派手さは本作品にはない。 とは言え、ぶっきらぼうなまでに情緒感ゼロの楽器群とイーノによる抑揚のないヴォーカルとの絡みが、妙な統一感を出していて癖になる作品。
    意外にまともな演奏をしているポーツマス・シンフォニアをフィーチャーした ” Put A Straw Under Baby ” の静かさも不気味ではあるが、やはり特筆すべきは ” Third Uncle ” である。 ルーズなベースに先導されるように始まる忙しない楽曲は、ヘタウマ感が爆発したイーノの代表作の一つだと思う。 801による 『 801Live 』 にも収録されているが、本作品でのスタジオ・テイクの方が遙かに破壊力を持っている。
    (追加:2003年3月25日)

 

Dali's Car : Eno

  • リリースは1999年
  1. The Paw Paw Negro Blowtorch*
  2. Fever*
  3. The Flat Lady Of Limbourg**
  4. Third Uncle**
  5. Baby's On Fire**
  6. I'll Come Running***
  • *Brian Eno and the Winkies   Top Gear / BBC Radio London / 19.2.1974
    **Brian Eno and the Winkies   Top Gear / BBC Radio London / 26.2.1974
      Brian Eno : Vocals, Keyboards, Guitar, Synthesizer, Treatments
      Gun Humphreys : Guitar, Vocals
      Mike Desmarais : Drums
      Brian Turrington : Bass
      Phillip Rambow : Guitar, Vocals
    ***Brian Eno and 801  Reading Festival / 26.8.1976
      Brian Eno : Vocals, Synthesizer, Guitar, Treatments
      Phil Manzanera : Guitar
      Simon Philips : Drums, Rhythm box
      Lloyd Watson : Guitar, Vocals
      Bill MacCormick : Bass, Vocals
      Francis Monkman : Fender Rhodes, Clarinet

  • 微妙にオフィシャル臭が薄い、イーノのライヴ演奏のコンパイル。
    BBCで放送されたイーノとしての演奏と、801での演奏が収録されているのだが、イーノが所謂ロック系、プログレ系の演奏をライヴで披露していた時期の断片を堪能することができる。
    (追加:2015年7月25日)

 

The Lamb Lies Down On Broadway : Genesis

  1. The Lamb Lies Down On Broadway
  2. Fly On A Windshield
  3. Broadway Melody Of 1974
  4. Cuckoo Cocoon
  5. In The Cage
  6. The Grand Parade Of Lifeless Packaging
  7. Back In N.Y.C.
  8. Hairless Heart
  9. Counting Out Time
  10. Carpet Crawlers
  11. The Chamber Of 32 Doors
  1. Lilywhite Lilith
  2. The Waiting Room
  3. Anyway
  4. Here Comes The Supernatural Anaesthetist
  5. The Lamia
  6. Silent Sorrow In Empty Boats
  7. The Colony Of Slippermen ( The Arrival. A Visit To The Doktor. Raven )
  8. Ravine
  9. The Light Dies Down On Broadway
  10. Riding The Scree
  11. In The Rapids
  12. It.
  • Michael ; Bass and Twelve String Guitar
    Phil ; Percussion, Vibing and Voicing
    Steve ; Guitars
    Tony ; Keyboards
    Peter ; Voice and Flute

    Enossification ; Eno

  • ピーター・ガブリエルが脱退する前にリリースされたジェネシスの2枚組大作。
    コンセプト、ストーリー、全体像が掴みにくい作品であるこや、ガブリエルとガブリエル以外のメンバーとの嗜好の違いがあきらかになった作品として語られることが多い作品であるが、個々の曲の良さはそうしたことと関係なく堪能することができる。 作品全体を捉えようとしてないのは正しくないのかもしれないが、意外な発見があったりする。
    「Enossification」とクレジットされているイーノが、どこでどう活躍しているのかよくわからない。 ” The Grand Parade Of Lifeless Packaging ” の編集作業という説もあるが、そう思って聴けばそう思えるという程度である。
    (追加:2015年7月25日)

 

Fear : John Cale

  1. Fear Is A Man's Best Friend
  2. Buffalo Ballet
  3. Barracuda
  4. Emily
  5. Ship Of Fools
  1. Gun
  2. The Man Who Couldn't Afford To Orgy
  3. You Know Me More Than I Know
  4. Momamma Scuba
  • Keyboards : John Cale
    Guitars : Phil Manzanera, John Cale
    Bass Guitars : Archie Leggatt, John Cale
    Drums : Fred Smith
    Girls : I & D Chanter, L Strike
    Eno : Eno

  • ジョン・ケイルがアイランド・レーベルに移籍して発表したソロ・アルバム。
    奇抜なアレンジはなく、シンプルな演奏にもかかわらず、ケイルのヴォーカルの凄みだけで、恐ろしさをも感じてしまう作品である。
    こういった作品でのイーノは巧さは、「イーノが参加していること」と「イーノが参加していることを感じさせないこと」を両立させるところである。 自らの演奏楽器を 「 Eno 」 とクレジットさせているが、これは、本作品におけるイーノの位置づけを見事なまでに表現していると思う。
    (追加:2017年2月25日)

 

The End : Nico

The End

  1. It Has Not Taken Long
  2. Secret Side
  3. You Forgot To Answer
  4. Innocent and Vain
  5. Valley of the Kings
  1. We've Got The Gold
  2. The End
  3. Das Lied Der Deutschen
  • Nico    voice and harmonium
    Phil Manzanera    electric guitar
    Eno    Synthesizer
    John Cale    bass guitar, xylophone, acoustic guitar, synthesizer, organ, marimba, triangles, cabasa, glockenspiel, percussion, piano and electric piano.
    Vicki Woo, Annagh Wood    backing vocals
  • ” The End ” のカヴァーを収録したニコのソロ・アルバム。
    参加ミュージシャンの豪華さ、個性が音として全く出ておらず、ニコの世界として完結しているところが、本作品の凄いところだと思う。 もちろんジョン・ケイルのプロデュースによる所もあると思うが、全てを吸収してしまうようなニコのヴォーカルが圧倒的である。
    当然「イーノでなければならない」といった演奏は皆無なのだが、「イーノである必要がない」役割を見事に果たすことができるのが、イーノの凄いところだと思う。
    (追加:2009年4月25日)

 

June 1, 1974 : Kevin Ayers - John Cale - Eno - Nico

June 1, 1974

  1. Driving Me Backwards [ writes ]
  2. Baby's On Fire [ writes ]
  3. Heartbreak Hotel
  4. The End
  5. May I ?
  6. Shouting In A Bucket Blues
  7. Stranger In Blue Suede Shoes
  8. Everybody's Sometime And Some People Al  The Time Blues
  9. Two Goes Into Four
  • エアーズがニコを誘って、ニコがケイルを誘って、ケイルがイーノを誘って、といった経緯で開催されたライヴを収録した作品。 経緯がホントかウソかはよくわからないが、とにかく豪華なメンバーによる作品だと思う。
    『 Here Comes The Warm Jets 』 からの2曲、特に ” Baby's On Fire ” の収録がそれなりに嬉しかったりするが、” The End ” の dead end な凄まじさの前には全てが霞んでしまう。
    持続音中心のイーノのシンセだけをバックに絶唱するニコも凄いが、そんなニコのヴォーカルに触発されることなくひたすら持続音を発信し続けるイーノも又凄い。 一緒に演奏することによって発生するケミストリーがゼロにも拘わらず、二人が一緒でなければ出来得なかった演奏だと思う。
    4人で一緒に演奏している曲がなかったり、『 悪魔の申し子たち 』 という邦題からイメージされるドロドロした雰囲気は感じられない作品なのだが、とにかく ” The End ” だけでお腹いっぱいになってしまう。
    (追加:2005年9月10日)

 

Hallelujah : The Portsmouth Sinfonia

  1. Mr. Michael Bond's Address
  2. From The Nutcracker Suite, Op. 71a
  3. From The Karelia Soute, Op. 11
  4. Marche Militaire in D Major
  5. Piano Concerto No 1 in B♭ Minor, Op.23    soloist, Miss Sally Binding.
  1. Overture 1812
  2. William Tell Overture
  3. From The Messiah ( Part II ) with The Portsmouth Sinfonia Choir
  • Clarinets : James Lampard, Suzette Worden, Brian Eno, Tony Talbot, Susan Featherstone, Michael Flower, Sawa Savva, William Hodgson, Andrew Tomsett, Simon Turner, Noelle Sasportas

  • Sound Production : Brian Eno

  • ポーツマス・シンフォニアのロイヤル・アルバート・ホールでのレコーディング作品。
    聴衆の前で演奏する、というコンセプトが前作との違いで、それ以上でもそれ以下でもないが、やはり気になってしまうのはその聴衆の反応である。 腕を組んでしかめっ面で聴く音楽では勿論ないが、稚拙な演奏をも楽しむ余裕があると言わんばかりのスノッブ達の笑い方が、余りにも鼻持ちならない。
    多分イーノは、音楽的に成り立たないことをやってみたい、ただそれだけだったのだと思う。 それに対して音楽的意義が語られることについては笑い飛ばすことができたのかもしれないが、高尚な立場からご意見を宣われることについては気に食わなかったのだと思う。
    本作品でポーツマス・シンフォニアとの関与を止めたイーノのセンスは、また素晴らしい。
    (2017年11月10日)

 

1975

Slow Dazzle : John Cale

  1. Mr Wilson
  2. Talking It All Away
  3. Dirty-Ass Rock'n' Roll
  4. Darling I Need You
  5. Rollaroll
  1. Heartbreak Hotel
  2. Ski Patrol
  3. I'm Not The Loving Kind
  4. Guts
  5. The Jeweller
  • Piano, organ, clavinet, vocals : John Cale
    Guitars : Chris Spedding, Phil Manzanera
    Bass : Pat Donaldson
    Drums : Timi Donald, Gerry Conway
    Violin, electric piano : Chris Thomas
    Synthesizer : Eno
    Harmony ( on ' Guts ' and ' Darling  I Need You ' ) : Geoff Muldaur
  • アイランド・レーベルからのジョン・ケイルのソロ2作品目。
    初期のロキシー・ミュージックを彷彿させる演奏があったりするが、基本路線は前作の延長線上にあり、完成度が高い作品である。
    『 June 1, 1974 』 に収録されていた ” Heartbreak Hotel ” の再演や、ラストの ” The Jeweller ” などは、シンセサイザーの演奏だけではなく楽曲自体からイーノ臭がプンプンとするのだが、こうした判りやすい楽曲以外にも実はイーノが活躍していたりしそうで、奥が深い作品である。
    (追加:2017年2月25日)

 

Helen Of Troy : John Cale

  1. My Maria
  2. Helen Of Troy
  3. China Sea
  4. Engine
  5. Save Us
  6. Cable Hogue
  1. I Keep A Close Watch
  2. Pablo Picasso
  3. Leaving It Up To You
  4. Baby What You Want Me To Do
  5. Sudden Death
  • John Cale......Keyboards, Guitar and Vocals
    Chris Spedding......Guitar
    Pat Donaldson......Bass
    Timmy Donald......Drums
    Brian Eno......Synthesizer

  • ジョン・ケイルは、アイランド・レコードと契約していた短期間に3枚の作品を発表しているが、本作品はその最終作となる。
    特に前作とは参加メンバーが被っているが、その印象は大きく異る。 核となるのがケイルのヴォーカルであるのは変わりない。 印象を大きく変えているのはミキシングである。 アレンジ自体に奇抜さはないのだが、ギター・ソロやキーボードが、全体との調和を無視するがごとく大きな音で時折フィーチャーされることで、楽曲全体に歪な印象が与えられている。
    アイランド・レコード自体の作品はどれも傑作で、どの作品が好きになるかは個人の趣向に大きく依存すると思うのだが、そんな作品群に関与しているイーノの機を見る嗅覚も素晴らしい。
    (追加:2017年2月25日)

 

Diamond Head : Phil Manzanera

Diamond Head

  1. Frontera [ Eno - Background vocals ]
  2. Diamond Head [ Eno - Guitar treatment ]
  3. Big Day [ Eno - Vocals ] [ co-writes ]
  4. The Flex
  5. Same Time Next Week
  1. Miss Shapiro [ Eno- Vocals, rhythm guitar, piano, handclaps ]
  2. East Of Echo [ Eno - Guitar treatments ]
  3. Lagrima
  4. Alma
  • マンザネラの傑作アルバム。 
    本作においてイーノはシンセサイザーを弾いておらず、ヴォーカル、ギター・トリートメント等が中心の演奏である。 ヘタウマ感が爆発するヴォーカルの魅力は相変わらずだが、音としての魅力は妙なうねりが感じられるギター・ソロへの加工だけである。 充実した作品であるだけに、もうちょっと目立ってくれたら嬉しかった。
    (追加:2015年7月25日)

 

Main Stream : Quiet Sun

  1. Sol Caliente
  2. Trumpets with Mother hood
  3. Bargain Classics
  4. R.F.D.
  1. Mummy was an asteroid, daddy was a small non-stick kitchen utensil
  2. Trot
  3. Bongwrong
  • Charles Hayward : Drums, Percussion, Keyboards, Voice
    Dave Jarrett : Fender Rhodes & Steinway Grand Pianos, Farfisa & Hammond Organs, VCS3
    Phil Manzanera : Electric 6 & 12 string Guitars, Treated Guitars, Fender Rhodes, Piano
    Bill MacCormick : Electric Basses, Treated Bass, Back-up Voices
    with
    Eno - Synthesiser, Treatments & Oblique Strategies
    Ian MacCormick - Back-up Voices

  • マンザネラが 『 Diamond Head 』 と同時期にレコーディングした、クワイエット・サンとしての唯一の作品。
    この歪な疾走感に溢れた作品が生まれた背景はつくづく謎である。 元々のクワイエット・サンとしての活動はレコーディングにまで至っていないし、チャールズ・ヘイワードの This Heat での衝撃も本作の数年後のことで本作品からの連続性は無い。
    『 Diamond Head 』 をも遥かに上回る傑作は、正に突然生み出されたのだが、個人的にはイーノの関与が大きいのではないかと考えている。 イーノが後々まで使い続ける 「 Oblique Strategies 」 が機能した結果が、本作品の成功に寄与しているに違いない。
    (追加:2015年7月25日)

 

Ruth Is Stranger Than Richard : Robert Wyatt

Side Ruth

  1. Soup Song
  2. Sonia
  3. Team Spirit
    [ Brian Eno, direct inject anti-jazz ray gun ]
  4. Song for Che

Side Richard

  1. Muddy Mouse (a)
  2. Solar Flares
  3. Muddy Mouse (b)
  4. 5 Black Notes and 1 White Note
    [ Brian Eno, guitar, synthesiser ]
  5. Muddy Mouse (c)
  • 名作との誉れ高い 『 Rock Bottom 』 に次いでリリースされた、ロバート・ワイアットのソロ・アルバム。 本作を前後してワイアットは政治活動の比重を高めたとのことで、結果次作まで7年近くブランクが開いてしまうのだが、そういった背景とは一切関係なく充実した演奏とワイアットのヴォーカルが織りなす世界は美しく格好良い。
    後のワイアットの作品では意図的に個性を出さないような演奏をしているイーノも、本作品では訳の分からないクレジットとともに存在感を充分に示している。
    (追加:2016年1月10日)

 

Peter And The Wolf : Various Artists

  1. Introduction
  2. Peter's Theme
  3. Bird And Peter
  4. Duck Theme
  5. Pond
  6. Duck And Bird
  7. Cat Dance
  8. Cat And Duck
  9. Grandfather
  10. Cat
  11. Wolf [ Synthesizer ]
  12. Wolf And Duck [ Synthesizer ]
  1. Threnody For A Duck
  2. Wolf Stalks [ Synthesizer ]
  3. Cat In Tree
  4. Peter's Chase
  5. Capture Of Wolf [ Synthesizer ]
  6. Hunters
  7. Rock And Roll Celebration
  8. Duck Escape
  9. Final Theme
  • 多彩なメンバーが参加していることもあり語られる機会の多い本作品は、プロコフィエフの 『 ピーターと狼 』 のロック版。 難解度ゼロのストーリーに併せ、各楽器が登場人物の役割を与えられている。
    イーノのシンセサイザーの役割は、物語のなかでも重要な役割(笑)である敵役の狼。 この時期、イーノは既に 『 Discreet Music 』 をリリースしていたこともあり、環境音の便利屋として使われる可能性もあったわけだが、準主役を与えられたことが幸いしたのか、ビヨヨ〜ンとシンセでメロディをちゃんと演奏している。
    特に ” Wolf And Duck ” におけるノイズ混じりのシンセサイザー・ソロは素晴らしく、ロキシー時代、初期ソロ作品においてもこれほど格好良い演奏はない。
    アルバム全体の出来もよいが、イーノの演奏だけでも充分元が取れる「買い」の作品である。
    (追加:2004年3月25日)

 

1976

801 Live

  1. Lagrima
  2. T.N.K. ( Tomorrow Never Knows )
  3. East Of Asteroid
  4. Rongwrong
  5. Sombre Reptiles
  1. Baby's On Fire
  2. Diamond Head
  3. Miss Shapiro
  4. You Really Got Me
  5. Third Uncle
  • Phil Manzanera - Guitar
    Eno - Vocals / Synthesizer / Guitar / Tapes
    Bill MacCormick - Bass / Vocals
    Francis Monkman - Fender Rhodes / Clavinet
    Simon Phillips - Drums  Rhythm Box
    Lloyd Watson - Slide Guitar / Vocals

  • 801 によるライヴ・アルバム。
    私自身は経験ないのだが、人生において何をやっても上手くいく時がある、という話を聞くことがあるが、マンザネラにとってこの時期がまさにその通りなんだったと思う。
    自身のソロや Quiet Sun からの楽曲に加えイーノのソロからの楽曲と、これ以上は望めない楽曲を、これ以上は望めない編成で演奏しているマンザネラの恍惚感は如何程のものであったのだろうか。
    そんな恍惚感に満ち溢れたマンザネラが眼中に無いかの如く、イーノはその存在感を全面に出している。  初期ロキシー・ミュージックの映像を観ると、イーノがフェリー以上に目立っていることに気づくが、801 のライヴでのイーノはヴィジュアル的にどうだったのであろうか。 フェリーとマンザネラの決定的な違いは、イーノを許容するかどうかという資質なのだということをわからせてくれる作品である。
    (追加:2015年7月25日)

 

Tracks & Traces : Harmonia 76

  • リリースは1997年
  1. vamos companeros
  2. by the riverside
  3. Luneburg heath
  4. sometimes in autumn
  5. weird dream
  6. almost
  7. les demoiselles
  8. when shade was born
  9. trace
  • Equipment :
    Rother : Keyboards, Drum-Machine
    Moebius : Synthesizer, Mini-Harp
    Roedelius : Keyboards
    Eno : Synthesizer, E-Bass, Voice, Lyrics

  • Previously unreleased works from the first meeting of Harmonia and Brian Eno in 1976.

  • Cluster & Eno や Eno Moebius Roedelius 名義の作品の前に、イーノがハルモニアと制作した作品。
    後の(と言っても1年後の)クラスターとの作品に向けての習作、などという枠にはおさまらない、味わい深い作品である。 リリースを前提として制作に臨んだものと思われるが、リリースするためのフォーマットにまとめることよりも、制作する過程で作り込むこと自体に狙いが変化したことが、お蔵入りとなった理由ではないかと思われる。
    イーノのアンビエント作品の特徴は、音空間におけるドローンと残響音だと思っているのだが、残響音については本作を含めたクラスター、ハルモニアとの一連の作品からの影響が大きく感じられる。

    (追加:2017年4月10日)

 

Tracks & Traces reisue : Harmonia 76

  • リリースは2009年
  1. Welcome
  2. Atmosphere
  3. Vamos Companeros
  4. By The Riverside
  5. Luneburg Heath
  6. Sometimes In Autumn
  7. Weird Dream
  8. Almost
  9. Les Demoiselles
  10. When Shade Was Born
  11. Trace
  12. Aubade
  • Music written, performed & produced by Brian Eno, Hans-Joachim Roedelius, Michael Rother, Dieter Moebius
    Vocals & lyrics on track 5 by Brian Eno

  • Previously unreleased works from the first meeting of Harmonia and Brian Eno in 1976.

  • 1997年に発表されたハルモニア76の発掘音源集に3曲追加した上で、新装パッケージに包んだ作品。
    オミットされていた3曲の傾向が特段異なっていることもないし、CDというメディアの収録時間にも充分収まるだけに、元々収録されていなかった理由が良くわからない。
    ただ、1997年盤の安っぽい変形CDケースからの改善は物欲を刺激し、所有満足感もある。
    (追加:2017年4月10日)

 

Music From The Penguin Cafe : Penguin Cafe Orchestra

ミュージック・フロム・ペンギン・カフェ(紙ジャケット仕様)

  1. Penguin Cafe Single
  2. ZORF
    1. From The Colonies ( for N.R. )
    2. In a Sydney Motel
    3. Surface Tension ( where the trees meet the sky )
    4. Milk
    5. Coronation
    6. Giles Farnaby's Dream
    7. Pigtail
  1. The sound of someone you love who's going away and it doesn't matter
  2. Hugebaby
  3. Chartered Flight
  • Penguin Cafe Quartet ( the 4 musicians in green clothes )
    Helen Leibmann - Cello
    Gavyn Wright - Violin
    Steve Nye - Electric Piano, Engineer
    Simon Jeffs - Electric Guitar

    ZORF
    Simon Jeffs - Guitar, Bass, Ukelele, Quatro Spinet, Electric Piano, Mouth percussion, vocals, Cell ( Sydney Motel ), Cheng, Ring Modulator
    Helen Leibmann - Cello
    Gavyn Wright - Violin, Viola
    Neil Rennie - Ukelele ( on Giles Farnaby's Dream )
    Emily Young - Vocals
    Steve Nye - Mixing
    Composed by Simon Jeffes
    Produced by Simon Jeffes and Steve Nye

    Brian Eno - Executive Production
  • 後に日本でも大ヒットするペンギン・カフェ・オーケストラのファースト・アルバム。
    イーノが設立し、環境音楽の先駆けと位置付けられることの多いオブスキュア・レーベルから発売されているものの、難解なところは全くなく、アコースティック系の楽器を中心とした聴きやすい楽曲が並んでいる。 再発されたCDのジャケットは、オブスキュア・レーベル共通なものではなくなっており、オブスキュア・レーベルでなければならない、という必然性がないところが、本作品のよい点だと思う。
    また、「過度にプロデュースしない」に止まらず、「紹介するだけで全くプロデュースしない」という手法をイーノは選択することがあるが、本作品は正にそれに該当する。
    この辺りの潔さというか、山師的な才能が、イーノの最大の特徴である。
    (追加:2009年3月10日)

 

1977

Rain Dances : Camel

Rain Dances

  1. First Light
  2. Metrognome
  3. Tell Me
  4. Highway Of The Sun
  1. Unevensong
  2. One Of These Days I'll Get An Early Night
  3. Elke
  4. Skylines
  5. Rain Dances
  • Eno    Mini Moog, Electric and Acoustic piano, Random notes, Bells
  • 牧歌的とか叙情的とか、キャメルを語る時使われるこれらの表現は、キャメルの音を捉える表現として見事に的を得ていると思う。 これがキャメル自身が目指していたところなのかわからないし、欧米での評価が同じであるのかは怪しいが、違和感は全くない。
    『 Rain Dances 』 を 『 雨のシルエット 』 と名付けるセンス、そして ” Elke ” を ” 白鳥のファンタジー ” と名付けるセンスは素晴らしいと思う。 そしてその ” 白鳥のファンタジー ” において、イーノはまさにファンタジーなシンセサイザーを演奏している。 このパターンの演奏はイーノの客演の中でも珍しい。
    (追加:2015年7月25日)

 

Cluster & Eno : Cluster & Eno

クラスター&イーノ

  1. Ho Renomo
  2. Schone Hande
  3. Steinsame
  4. Fur Luise
  5. Mit Simaen
  6. Selange
  7. Die Bunge
  8. One
  9. Wermut
  • All titel Moebius Roedlius Eno

  • レデリウスとメビウスによるクラスターとイーノのコラボレーション。
    同年に発表された 『 Before And After Science 』 にレデリウスとメビウスが参加しているにも拘わらず、エリック・タムによるイーノ本の傑作 『 ブライアン・イーノ 』 においては全く無視をされている作品。 日本で出版されているプログレ本のドイツのページにおいてはそれなりに重要に記載されているのと好対照である。 この辺りは、本作品に対してのイーノ側とクラスター側での位置づけが異なるのか、それとも日本と日本以外での位置づけの違いなのか、調べてみるとおもしろそうな気もする。
    アンビエント・ミュージックの体をとっているものの、ドローンが少なく短いフレーズが積み重なっていることや、曲自体が短いこともあり、とても聴きやすい作品となっている。
    抽象的な表現となり申し訳ないが、一音一音が乾ききったような音でベトベトとしたところが全くなく、個人的に大好きな作品である。
    (追加:2003年1月10日)

 

Low : David Bowie

  1. Speed Of Life
  2. Breaking Glass
        Eno : Splinter Mini-Moog
  3. What In The World
        Eno : Report ARP, Rimmer E.M.I.
  4. Sound And Vision
        Eno : Vocals
  5. Always Crashing In The Same Car
        Eno : Guitar treatments, E.M.I. Synthesizer
  6. Be My Life
  7. A New Career In A New Town
  1. Warszawa [ co-writes ]
        Eno : Piano, Mini-Moog, Chamberlain, E.M.I.
  2. Art Decade
        Eno : Piano, Mini-Moog, Chamberlain, E.M.I.
  3. Weeping Wall
  4. Subterraneans
  • レコードで言うところのA面とB面の印象が全く異なるデヴィッド・ボウイの傑作アルバム。
    A面は前作まで追求していたファンク路線の成果がリズム隊とギターのカッティングに色濃く表れており、そんなファンク路線とストリングス・シンセサイザーとミニモーグの歪な融合が最大の魅力となっている。
    一方ドラムレスで展開されるB面は、「ヨーロッパ」とか「ベルリン」とか、本作品が語らえるときに出てくる表現そのままの音である。
    イーノの凄さは、そんな印象が異なるA、B両面に参加していることだけではなく、歪みきったシンセサイザーを中心にどちらにおいてもイーノならではという存在感を示していることである。
    (追加:2015年7月10日)

 

Listen Now : Phil Manzanera / 801

  1. Listen Now  [ Mel Collins : Sax and Big Band ]
  2. Flight 19
     [ Eddie Jobson : Acoustic Piano, Eno : Guitar Treatment ]
  3. Island [ Eddie Jobson : Fender Piano, Eno : Synthesiser ]
  4. Law And Order
  1. Rude Awakening
  2. ¿Que?
  3. City Of Light [ Eno : Chorus Piano ]
  4. Initial Speed [ Mel Collins : Soprano Sax ]
  5. Postcard Love
    [ Eddie Jobson : Acoustic Piano, Eno : Synthesiser ]
  6. That Falling Feeling [ Eno : Synthesiser ]
  • フィル・マンザネラ のソロ・アルバム。
    801のライヴとは異なり、イーノの参加はゲスト・ミュージシャン的なものだが、” Island ” や ” Postcard Love ” でのエディ・ジョブソンのピアノとの絡みや、” That Falling Feeling ” でのマンザネラのギターとの絡みはとても美しい。
    (追加:2015年7月25日)

 

Ultravox! : Ultravox!

  • 1977年 Album
  1. Satday Night in The City of the Dead
  2. Life at Rainbow's End ( for all the Tax Exiles on Main Street )
  3. Slipaway
  4. I want to be a Machine
  1. Wide Boys
  2. Dangerous Rhythm
  3. The Lonely Hunter
  4. The Wild, the Beautiful and the Damned
  5. My Sex
  • Produced by Brian Eno / Ultravox! / Steve Lillywhite

  • John Foxx    Vocals
    Steve Shears    Guitar
    Warren Cann    Drums / Vocals
    Billy Currie    Violin / Keyboards
    Chris Cross    Bass / Vocals

  • 「!」付きのウルトラボックスのファースト・アルバム。
    ジョン・フォックス脱退前のウルトラボックスというと、コニー・プランクがプロデユースした 『 Systems Of Romance 』 の印象が強いが、ティーヴ・リリーホワイトとイーノがプロデュースした本作も個人的には名盤だと思っている。
    計算された疑似パンクが半分、残り半分は方向性が定まっていないのと演奏能力不足によるものなのだろうが、歪な融合感が堪らない作品である。 例えば ” Slipaway ” なとは、シンフォニックなアレンジを施せばそのまんまプログレ名曲選に名を連ねるはずだが、逆にそうなっていないところが最大の魅力である。
    バンドの方向性を定め、統一感を出そうとすることはプロデューサーがやるべき基本事項のはずだが、そんなことをせず、当時のウルトラボックスをありのままパッケージさせたところに、イーノの凄さがある。 『 Systems Of Romance 』 のような完成された名盤に行き着くことができたのは、ファーストである本作において、イーノが「放置」というプロデュース手法を採用したことが大きい。
    (追加:2018年2月25日)

 

1978

After The Heat : Eno Moebius Roedelius

After the Heat

  1. Foreigh Affairs
  2. The Belldog
  3. Base & Apex
  4. Tzima N'arki
  5. Luffschloβ
  6. Oil
  7. Broken head
  8. Light Arms
  9. The Shade
  10. Old Land
  • All titles composed & played by ENO MOEBIUS ROEDELIUS
    Lyrics by Brian Eno
    Holger Czukay Bass on Tzima N'arki
  • クラスターとイーノのコラボレーション第2弾。 ただし今回はクラスター名義ではなく、メンバー名となっている。
    前作と同じくドローンがほとんど無く、ミニマル・フレーズの積み重ねで楽曲が構成されている。 ヴォーカルも入ってはいるが、メロを聴かせることよりも、ミニマル・フレーズを構成する一要素として機能している。
    緊張感を強いられることも、我慢の限界に挑戦する必要もない、とても聴きやすい作品で、アンビエントものの入門編としては最適。 ただ、この作品をきっかけにクラスターとイーノに掘り下げていった人は、後悔する可能性が高いと思う。
    コラボレーションがプラスの方向にだけ働いた希有な作品。
    (追加:2007年1月10日)

 

Ambient 1 / Music For Airports : Brian Eno

  1. 1/1
  2. 2/1
  1. 1/2
  2. 2/2
  • All compositions by Brian Eno except 1/1 which was co-composed with Robert Wyatt (who also played acoustic piano on this track ) and Rhett Davies.
    Concept, Design and Production by Brian Eno.
  • フリップのフリッパートロニクスもの、サウンドスケイプもので一番回数多く聴いているのは、未だ 『 Let The Power Fall  』 である。 フリップがフリッパートロニクスに傾倒していたことは、多々のセッションや 『 God Save The Queen / Under Heavy Manners 』 がリリースされたことから認識していたが、フリッパートロニクスだけでアルバム1枚を作ったことに意味づけを一生懸命行おうとしたためだったと思う。
    そして、同じ理由でイーノが「アンビエント」と冠をつけたアンビエントもので一番聴いているのが、本作品である。
    もちろん、フリッパートロニクスものであれ、アンビエントものであれ、何度か聴いたところでその意味づけなどできるわけなどなく、むしろ意味づけしようとすることのほうが無意味に思える。
    私は本作品を神経が高ぶって眠れない夜にかけている。学生時代から年に2,3回利用しているが、見事に機能してくれる。 それ故に、本作品が本当に空港のBGMでかけられたとか、その効果がどうであったかなど、どうでもいいことに思える。 
    (追加:2004年10月10日)

 

Q:Are We Not Men? A:We Are Devo! : Devo

Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!


  1. Uncontrollable Urge
  2. ( I Cant' Get No ) Satisfaction
  3. Prying Hands
  4. Space Junk
  5. Mongoloid
  6. Jocko Homo
  7. Too Much Paranoias
  8. Gut Feeling  / ( Slap Your Marmmy )
  9. Come Back Jonee
  10. Sloppy ( I Saw My Baby Gettin' )
  11. Shrivel-Up
  • Produced By Brian Eno

  • イーノがプロデュースをし、コニー・プランクがエンジニアを務めた Devo のファースト・アルバム。
    Devo サイドにしてみれば、本作品がイーノとプランクで語り続けられる事は不本意なのだと思うが、そういった記号や脱力感満点のジャケットを含めた全てが本作品の素晴らしさである。
    後の作品に比べてテクノ系のシンセサイザーの比率は低く、薄っぺらなギターが曲の骨格を構築している。 ただこの薄っぺらなギターが醸し出す疾走感が本作品の最大の特徴である。 爽快さが感じられない異様な疾走感、これに一度はまると抜け出すのが困難である。
    (追加:2010年5月25日)

 

No New York

Contortions

  1. Dish It Out
  2. Flip Your Face
  3. Jaded
  4. I Can't Stand Myself

Teenage Jesus And The Jerks

  1. Burning Rubber
  2. The Closet
  3. Red Alert
  4. I Woke Up Dreaming

Mars

  1. Helen Fordsdale
  2. Hairwaves
  3. Tunnel
  4. Puerto Rican Ghost

D.N.A.

  1. Egomaniac's Kiss
  2. Lionel
  3. Not Moving
  4. Size
  • Produced by Brian Eno

  • イーノがプロデュースしたオムニバス。
    ニューヨークのある瞬間を見事なまでに捉えている作品なのだが、それが成功しているのはイーノが音楽的に全く関与していないためである。 イーノのプロデュースに手法については、ガンガン関与する、チョッと関与する、全く関与しない、という3つがあるが、本作品は正に全く関与しない典型例である。
    音楽プロデューサーというより、イーノの好きな言葉で表現すればアンビエント・プロデューサーということになるのだろうが、音楽的に何も関与していないにもかかわらず、プロデューサーとしての評価を高めてしまうイーノはやはり凄い。
    (追加:2014年11月24日)

 

More Songs About Buildings And Food : Talking Heads

  1. Thank You For Sending Me An Angel
  2. With Our Love
  3. The Good Thing
  4. Warning Sign
  5. The Girls Want To Be With The Girls
  6. Found A Job
  1. Artists Only
  2. I'm Not In Love
  3. Stay Hungry
  4. Take Me To The River
  5. The Big Country
  • Produced by Brian Eno And Talking Heads

  • David Byrne    Singing, Guitars, And Synthesized Percussion
    Chris Frantz    Drums And Percussion
    Jerry Harrison    Piano, Organ, Synthesizer, Guitar, And Background Singing
    Tina Weymouth    Bass Guitar
    Brian Eno    Synthesizers, Piano, Guitar, Percussion, And Background Singing
    Tina And The Typing Pool    Backgrounds Singing On " The Good Thing "

  • トーキング・ヘッズのセカンド・アルバムで、イーノがプロデュースした最初の作品。
    後の2作品と異なり、イーノの関与度も少ないし、歪なファンク路線も見られず、ギターのカッティングの絡みの方が聴いていて面白い。
    逆にイーノとバーンにしてみると、この辺りのギターの絡みだけではが未消化で、そこを埋めるものに可能性を求めた結果が、『 Fear Of Music 』 であり、『 Remain In Light 』 なのだと思う。 そしてそのためにもう一つ必要だったのが、フリップやブリューのような飛び道具だったと考えると、本作品の不完全性が果たした意義は大きい。
    (追加:2016年2月25日)

 

1979

Fear Of Music : Talking Heads

Fear of Music

 

  Original Album
  1. I Zimbra
  2. Mind
  3. Paper
  4. Cities
  5. Life During Wartime
  6. Memories Can't   Wait
  7. Air
  8. Heaven
  9. Animals
  10. Electric Guitar
  11. Drugs
  Bonus Tracks ( CD Side Only )
  1. Dancing For Money ( Unfinished Outtake )
  2. Life During Wartime ( Alternative Version )
  3. Cities ( Alternative Version )
  4. Mind  ( Alternative Version )

  Video Content ( DVD Side Only )

  1. Cities ( Bonus Video )
  2. I Zimbra (Bonus Video)
  • Band Members:
    David Byrne, Jerry Harrison, Tina Weymouth, Chris Frantz

    Brian Eno : Treatments, Additional Vocals

    Gene Wilder and Ari : Congas On "Life During Wartime" and "I Zimbra"
    Robert Fripp : Guitar on "I Zimbra" and "Life During Wartime" (Alternative Version)
    The Sweetbreathes : Background Vocals on "Air"
    Julie Last, Brian Eno, David Byrne : Background Vocals on "I Zimbra"
  • Original Album Produced By Brian Eno and Talking Heads
  • イーノがニュー・ウェイヴ系ミュージシャンをプロデュースしていた時期の作品。
    トーキング・ヘッズとのアフリカ路線は、『 Remain In Light 』 で語られることが多いが、既に本作品においてその傾向は出始めている。
    (追加:2006年2月10日)

 

In A Land Of Clear Colours : Robert Sheckley

  • Music    Brian Eno
    Narration    Peter Sinfield

    Music Produced At R.P.M. Sound Studios INC.    Brian Eno

    Narration Engineered    Poli Palmer
    Final Mixdown Produced    Poli Palmer
    Engineered    Poli Palmer
    Illustrations    Leonor Quiles
  • イーノは、ピート・シンフィールドがナレーションをつとめるロバート・シェックリーの作品で音楽を担当している。
    (追加:2003年10月25日)

 

1980

Ambient 2 / The Plateaux Of Mirror : Harold Budd / Brian Eno

  1. First Light
  2. Steal Away
  3. The Plateaux Of Mirror
  4. Above Chiangmai
  5. An Arc Of Doves
  6. Not Yet Remembered
  7. The Chill Air
  8. Among Fields Of Crystal
  9. Wind In Lonely Fences
  10. Failing Light
  • Harold Budd : acoustic and electric piano.
    Brian Eno : other instruments and treatments
  • Produced By Brian Eno
  • ハロルド・バッドとの共同名義でのアンビエント作品。
    メインとなるのはバッドが演奏するピアノなのだが、そのピアノに深いエコーがかかっている、と思って聴いていると実はイーノによるシンセサイザーだったりする。 初期のデジタル・シンセサイザーでは絶対出せなかったであろう緩く深いアナログ・シンセサイザーとピアノの生音の融合は、とても心地よい。
    それに加え低音のドローンが少ないこともあって、イーノのアンビエントものの中ではポピュラリティが高いが、勿論、イーノのアンビエントものの中、というエクスキューズを忘れてはいけない。
    (追加:2016年4月10日)

 

Fourth World Vol. 1 Possible Musics : Jon Hassell / Brian Eno

  1. Chemistry
  2. Delta Rain Dream
        Brian Eno   Background Cloud Guitars
  3. Griot ( Over " Contagious Magic " )
  4. B-Benzele
        Brian Eno    Prophet 5 " Starlight " Background
  5. Rising Thermal 14° 16′ N; 32° 28′ E
        Brian Eno    High Altitude Prophet
  1. Charm ( Over " Burundi Cloud " )
        Brian Eno    Rare Minimoog & Treatments
  • Produced by Brian Eno With Jon Hassell

  • アンビエント・シリーズとは別にイーノが立ち上げた 第四世界シリーズ の第1作。 トランペット奏者のジョン・ハッセルとの共同名義作品となっている。
    アンビエントのように、イーノならではというほどのコンセプトには仕立て上がっていないし、そもそもイーノというよりジョン・ハッセルによる作品として位置づけたほうが正しいと思われる。 第三世界ではなく第四世界、と言っているにもかかわらず、エスニック風のフレーズが出てくるし、しかもそのフレーズに借用感があるのは残念である。
    安易に使いたくない言葉ではあるが、イーノ得意の音響トリートメントが、非ロック、非アンビエントな分野で活用された作品と捉えることができる。
    (追加:2017年1月25日)

 

Ambient 3 / Day Of Radiance : Laraaji

  The Dance
    #1
    #2
    #3 
  Meditation
    #1
    #2
  • Produced By Brian Eno
  • ツィター(ツイッターではない)奏者ララージの作品をイーノがプロデュースして、アンビエント・シリーズとしてリリースされた作品。
    ツィターをWikipedia等で調べると、旋律弦と伴奏弦が一緒になったような楽器で、一見しただけで演奏に手間がかかりそうなことがわかる。 YouTubeで見ても微妙な演奏が多く、普及しなかったのがわからないでもない楽器である。
    ” The Dance ” はツィターによる高音の連続が聴いていてちょっと耳が痛くなるが、” Meditation ” と題された後半はゆったりとした曲調でアンビエント風である。
    いずれにせよ本作品は、発掘紹介が好きなイーノが、アンビエントの名を冠して、ララージ&ツィターを広めようとしたものと位置づけるのが適切だと思う。
    (追加:2016年4月10日)

 

Three Into One : Ultravox

  • 1980年 Album
  1. Young Savage
  2. ROckwrok
  3. Dangerous Rhythm
  4. The Man Who Dies Everyday
  5. The Wild, The Beautiful And The Damned
  1. Slow Motion
  2. Just For A Moment
  3. Quiet Men
  4. My Sex
  5. Hiroshima Mon Amour
  • ベスト・アルバムやライヴ・アルバムをリリースするタイミングに意義があった時代がある。 レーベルの移籍とは別に、メンバーや音楽性が変わるタイミングにリリースされたアナログ時代のベストやライヴには名盤が多かったと個人的には強く確信している。 そして更に言うならば、曲の過不足を議論できる余地があることも、名盤の条件だと思っている。
    本作品は、ウルトラボックスがメンバーと音楽性(とレーベル)が変わったタイミングでリリースされており、かつ全てのシングルが収録されていないことで選曲に微妙な過不足を感じてしまうところも含め、ベスト・アルバムのお手本のような名盤である。
    イーノがプロデュースした 『 Ultravox! 』 からは3曲収録されているが、ベスト・アルバムのトータル性を損なうような突拍子もないところ、は無い。 イーノが「放置」というプロデュース手法を適用したことを、改めて確認することができる。
    (追加:2018年2月25日)

 

1981

Dream Theory In Malaya  Fourth World Volume Two : Jon Hassell

  1. Chor Moire
  2. Courage
  3. Dream Theory
  4. Datu Bintung At Jelong
  1. Malay
  2. These Times...
  3. Gift Of Fire
  4. Delta Rain
  • Brian Eno : Drums on Courage and Dream Theory / Bowl gongs/bells on Malay, These Times... / Mix  Chor Moire, Dream Theory, Malay, These Times...

  • 第四世界シリーズ の第2作で、名義はジョン・ハッセル単独となっている。
    名義を外しただけではなく、イーノはプロデュースも行っていないし、参加している曲数も限られている。 イーノの関心度が低くなっていることが明確に提示されているのだが、そうなってしまったのも判らなくもない。
    第四世界、と言いながらも、やはり西洋人が考えるここではない場所はアジア、アフリカにいきついてしまうわけで、数多あるそれっぽい音との差異化は難しくなっている。 この辺りについてイーノが本格的に取り組んでくれれば、別な世界も見いだせたのかもしれないが、イーノはあっさりとそれを放棄しているように思える。
    イーノだから、というエクスキューズが全く機能していないところが、本作品の特徴である。
    (追加:2017年1月25日)

 

1982

Ambient 4 / On Land : Brian Eno

  1. Lizard Point
  2. The Lost Day
  3. Tal Coat
  4. Shadow
  5. Lantern Marsh
  6. Unfamiliar Wind ( Leeks Hills )
  7. A Clearing
  8. Dunwich Beach, Autumn, 1960
  • Musicians
    ' Lizard Point ' : Michael Beinhorn, synthesizer / Alex Gros, guitar / Bill Laswell, bass
    ' Shadow ' : Jon Hassell, trumpet
    ' Dunwich Beach ' : Michael Brook, guitar / Dan Lanois, live equalization
    The frogs on ' Leeks Hills ' were recorded in Choloma, Honduras by Felipe Orrego
  • Produced by Brian Eno 
  • アンビエント・シリーズの最終作で、再びイーノ名義の作品となっている。
    1978年9月から1982年1月の間にレコーディングされた素材が集まっていたり、ゲスト・ミュージシャンが参加していたりと、3分から10分弱と曲の長さが異なっていたりと、寄せ集め感が強い纏まりの無い作品になったとしてもおかしくないのだが、統一感がある。
    これはイーノのアンビエントものの中でも低音を際立って多く使っているマテリアルが多いこともあるのだが、イーノのプロデュース能力が見事に発揮されていることによるものと思われる。
    (追加:2016年4月10日)

 

1983

Apollo  Atmospheres & Soundtracks : Brian Eno with Daniel Lanois & Roger Eno

  1. Under Stars
  2. The Secret Place
  3. Matta
  4. Signals
  5. An Ending ( Ascent )
  6. Under Stars II
  7. Drift
  8. Silver Morning
  9. Deep Blue Day
  10. Weightless
  11. Always Returning
  12. Stars
  • Produced by Brian Eno & Dan Lanois
  • アポロ計画のドキュメンタリー・フィルムの為に作られた作品。
    イーノ関連作品において、ダニエル・ラノアの名前が初めてクレジットされたのは、1980年の 『 Ambient 2 The Plateaux Of Mirror 』 においてだが、そこでは単に「 Special thanks 」 程度のものであった。 その後ラノアはイーノのアンビエントものに名を連ね続け、本作においてはアルバムの共同名義者となっている。 イーノとラノアの間でケミストリーがどのように熟成されたのかわからないが、本作がリリースされた翌1984年の 『 The Unforgettable Fire 』 以降2人がプロデュースした U2 の作品が世界的大ヒットを後押ししたことを踏まえると、この間の2人の活動が音楽産業全体に与えた恩恵はあまりにも大きい。
    勿論、本作品がリリースされた当時はそんな事は全く意識することなく、イーノと宇宙という繋がりがベタだと思いつつ私は聴いていた。
    (追加:2016年4月10日)

 

1984

The Pearl : Harold Budd / Brian Eno with Daniel Lanois

  1. Late October
  2. Stream With Bright Fish
  3. Silver Ball
  4. Against The Sky
  5. Lost In The Humming Air
  6. Dark-Eyed Sister
  7. Their Memories
  8. Pearl
  9. Foreshadowed
  10. Echo Of Night
  11. Still Return
  • Produced by Brian Eno & Dan Lanois
  • イーノとハロルド・バッドによる4年振りのアルバム。
    バッドによるピアノにイーノによる装飾が絡んでくるパターンは 『 Ambient 2 / The Plateaux Of Mirror 』 と同じなのだが、本作ではシンセサイザーの音がそのまま提示され、どこまでが残響音でどこからがシンセサイザーなのかが判らないハイブリッド感が後退している。
    これが、DX7リリース前後による違いなのかは定かでないが、個人的には 『 Ambient 2 / The Plateaux Of Mirror 』 の、もやぁとした肌触りの方が好みである。
    (追加:2016年4月10日)

 

Caribbean Sunset : John Cale

  1. Hungry For Love
  2. Experiment Number
  3. Model Beirut Rectal
  4. Caribbean Sunset
  1. Praetorian Underground
  2. Magazines
  3. Where There's A Will
  4. The Hunt
  5. Villa Albaini
  • Dave Young - guitar, vocals
    Andy Heermanns - Bass, Vocals
    Dave Lich - Drums & Boobams
    Brian Eno - A.M.S. Pitch Changer

  • 1980年代に発表されたジョン・ケイルの作品。
    ヘヴィなギターにキーボードが色々なパターンで絡むのだが、アルバム全体としては平坦で特徴が余り感じられない作品である。 アイランド・レコード時代の奇跡のような作品群と比べるのは酷かもしれないが、面白みはない。
    本作品がリリースされた1984年において、イーノはダニエル・ラノアとアンビエント作品をリリースしたり、U2のプロデュースを始めたりしているのだが、それらの作品で特徴的だった残響感の素晴らしさはここにはない。  単なるシンセサイザー奏者として参加しているだけで、イーノである必然性は全く感じられない。
    (追加:2017年2月25日)

 

The Unforgettable Fire : U2

Unforgettable Fire
  1. A Sort of homecoming
  2. Pride
  3. Wire
  4. The Unforgettable Fire
  5. Promenade
  1. 4th of July
  2. Bad
  3. Indian Summer Sky
  4. Elvis Presley and America
  5. MLK
  • Produced and Engineered by Eno / Lanois.

  • Bono - vocals
    The Edge - guitar, keyboards, vocals
    Adam Clayton - bass
    Larry Mullen Junior - drums
    Additional vocals, instruments and treatments - Eno / Lanois.

  • イーノの関与が始まったU2の作品。
    『 War 』 と 『 The Joshua Tree 』 の間の過渡期の作品。 実際セールスも 『 The Joshua Tree 』 より下なのは当然として、『 War 』 よりも下回っていたりする。 もちろん、これは数百万、数千万の単位の話であるが。
    イーノにとってそんなセールス・レベルでの作品参加はなかったわけで、自分の趣味を前面に出した、つまりセールスを全く意識することない作品をリリースできる経済的基盤を構築するきっかけとなっている。
    プロデュース作業も、アンビエント作品の制作も、イーノにとっては理想の活動であり、そのどちらかを犠牲にすることなく両方を高めたことは、画期的だと思う。
    (追加:2013年5月10日)

 

Dune / Original Motion Picture Soundtrack

Dune

  1. Prologue
  2. Main Title
  3. Robot Fight
  4. Leto's Theme
  5. The Box
  6. The Floating Fat Man ( The Baron )
  7. Trip To Arrakis
  8. First Attack
  9. Propecy Theme
  1. Dune ( Desert Theme )
  2. Paul Meets Chani
  3. Prelude ( Take My Hand )
  4. Paul Takes The Water Of Life
  5. Big Battle
  6. Paul Kills Feyd
  7. Final Dream
  8. Take My Hand
  • Written, Composed And Performed By TOTO
    Prophecy Thme By Brian Eno, Daniel Lanois And Roger Eno
    All Selections Produced By TOTO except Prophecy Theme By Brian Eno
  • 「全世界SFファン待望の作品遂に映画化 そして音楽はロック界のスーパー・グループ「トト」!」
    日本盤帯の煽り文句は見事なまでにTOTO。 しかもカタカナでトト。
    この時期、さすがにTOTOの人気も全盛期程では無くなってきたが、それでも一般社会においては、イーノより遙かに売上に寄与する力を持っていた。 とは言え、帯どころか日本語ライナーにも、イーノに対する記述は一切無し。 さすがにこれは可哀想な気がする。
    ただ問題なのは、肝心のイーノの楽曲。 はっきり言ってTOTOによる楽曲と全く違いが無い。 デジタル・シンセの黎明期、誰が弾いても同じようになるのは致し方ないとは言え、これは問題だろ、っていうレベルの作品。
    (追加:2008年10月10日)

 

1985

Thursday Afternoon : Brian Eno

  1. Thursday Afternoon
  • 1984年に発表されたヴィデオ作品 『 Thursday Afternoon 』 の音声部分を60分にコンパイルした作品。
    シンセサイザーによる持続音をバックに、エコーを深くかけたピアノ音が被さる。 持続音のヴォリュームやピアノ音の頻度が変化するものの、基本的にそれだけで構築されたアンビエント作品である。
    こうした作品は通常、映像がないと辛い、ということになるのだが、ヴィデオ作品自体がアンビエント映像なだけに、「聴く」ことと「見て聴く」ことによる印象差が殆ど無い。
    MTV全盛の80年代半ばに、映像による付加価値を良い意味で全否定したイーノの発想は、アンビエントな音楽から受ける印象とは真逆の過激なものである。
    (追加:2015年1月25日)

 

1987

The Joshua Tree : U2

  1. Where The Streets Have No Name
  2. I Still Haven't Found What I'm Looking For
  3. With Or Without You
  4. Bullet The Blue Sky
  5. Running Stand Still
  6. Red Hill Mining Town
  7. In God's Country
  8. Trip Through Your Wires
  9. One Tree Hill
  10. Exit
  11. Mothers Of The Disappeared
  • Produced By Daniel Lanois & Brian Eno
  • Backing Vocals : The Edge, Eno, Lanois
    DX7 Programmes and Keyboards : Eno
  • 大ヒット、などという表現では納まらない程の成功を成し遂げた U2 のアルバム。
    シングル・カットされた ” With Or Without You ” や ” I Still Haven't Found What I'm Looking For ” に留まらず、アルバム自体が驚異的なセールスを挙げている。 本作品がリリースされた1987年において所謂洋楽を聴き始めた人には、人生を変えた1枚になっていてもおかしくない作品なんだと思う。
    ロックがロックとして語られた古き良き時代の最後の灯火が、本作品にはある。 そしてそんな作品をプロデュースしたイーノの凄さがここにある。 イーノのプロデューサーとしてのポピュラリティの最高峰が本作品である。
    (追加:2015年6月25日)

 

1988

Rattle And Hum : U2

  1. Helter Skelter
  2. Van Diemen's Land
  3. Desire
  4. Hawkmoon 269
  5. All Along The Watchtower
  6. I Still Haven't Found What I'm Looking For
  7. Freedom For My People
  8. Silver And Gold
  9. Pride ( In The Name Of Love )
  10. Angel Of Harlem
  11. Love Rescue Me
  12. When Love Comes To Town
  13. Heartland [ Keyboards  Brian Eno ]
  14. God Part II
  15. The Star Spangled Banner
  16. Bullet The Blue Sky
  17. All I Want Is You
  • 『 The Joshua Tree 』 の大成功を得た後、つまり U2 が何をやっても許された時期にリリースされた作品。
    本作品においてイーノは、プロデュース作業を行うことなく、” Heartland ” 1曲でキーボードを演奏しているだけであり、かつその演奏も大したものではない。
    (追加:2015年6月25日)

 

1989

Words For The Dying : John Cale

The Falklands Suite

  1. Introduction
  2. There Was A Saviour Interlude I
  3. On A Wedding Anniversary
  4. Interlude II
  5. Lie Still, Sleep Becalmed
  6. Do Not Go Gentle Into That Good Night

Songs Without Words

  1. Songs Without Words I
  2. Songs Without Words II

9. The Soul Of Carmen Miranda

  • Produced By Brain Eno

  • The Soul Of Carmen Miranda performed by John Cale and Brian Eno

  • オーケストラをバックにした組曲 ” The Falkland Suite ”、ソロ作品である ” Songs Without Words ”、そしてイーノとのデュエット ” The Soul Of Carmen Miranda ” で構成されるジョン・ケイルのアルバム。
    プロデュースとしてクレジットされているイーノが本格的に関与しているのは ” The Soul Of Carmen Miranda ” だけだろし、それ自体も淡々とした楽曲で大きな特徴があるわけでもない。 それでも本作品において久々にイーノとケイルがガッツリ組んだことが、『 Wrong Way Up 』 という共作アルバムに発展していった成果は大きい。
    (追加:2017年2月25日)

 

1990

Wrong Way Up : Eno / Cale

  1. Lay My Love
      Brian Eno : lyrics, vocals, keyboards, rhythm bed, Indian drum
      all arrangements
  2. One World
      Brian Eno : rhythm bed, treatments, guitar
  3. In The Backroom
      Brian Eno : rhythm bed, voice / guitar duet, Shinto bells,
      slide guitar, treatments
  4. Empgy Frame
      Brian Eno : lyrics, vocals, harmony vocals, rhythm bed,
      pulse organs, dark guitar, vocal arrangement
  5. Cordoba
      Brian Eno : rhythm bed, harmony vocals
      pulse organs, dark guitar, vocal arrangement
  6. Spining Away
      Brian Eno : lyrics, vocals, rhythm bed, all arrangements
  7. Footsteps
      Brian Eno : harmony vocals, intro melody, bass
  8. Been There Done That
      Brian Eno : backing vocals, viola treatments
  9. Crime In The Desert
      Brian Eno : wash guitar, little Nigerian organ
  10. The River
      Brian Eno : lyrics, vocals, omnichord, high keyboards
  • Produced By Brian Eno
    Co-produced By John Cale
    All Songs Written and Composed By Brian Eno and John Cale

  • イーノとジョン・ケイルによる作品。
    牧歌的プログレ、とでもいうような内容で、2人のヴォーカルを骨格にした楽曲で構成されている。 音量こそ抑えられているがバックの演奏はノイズだらけ、などということは無く、ヴォーカルを活かすチャーミングな演奏がひたすら続く。 唯一ポップでないのは2人の声質、などと言ったら怒られてしまうかもしれないが、勢いだけでは決して制作することができない、充分に作り込まれた内容となっている。
    売れることよりも2人の関係構築で制作目的だったと思うのだが、難解な方向に向かわずここまでポップな路線にするのなら、2人のヴォーカルにこだわらず、例えば女性ヴォーカルでも大フィーチャーしてチャートを席巻する位に徹底して欲しかった。 もったいない...
    (追加:2015年2月25日)

 

1991

Achtung Baby : U2

  1. Zoo Station Even Better Than The Real Thing
        Produced By Steve Lillywhite with Brian Eno and Daniel Lanois
  2. One
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
        Additional Keyboards : Brian Eno
  3. Until The End Of The World
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  4. Who's Gonna Ride Your Wild Horses
        Produced By Daniel Lanois and Brian Eno
  5. So Cruel
        String Arrangement - The Edge and Brian Eno
  6. The Fly
        Special Thanks To Brian Eno
  7. Mysterious Ways
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  8. Tryin' To Throw Your Arms Around The World
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
        Additional Keyboards : Brian Eno
  9. Ultra Violet ( Light My Way )
        Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  10. Acrobat
  11. Love Is Blindness
        Additional Keyboards : Brian Eno
  • Produced By Daniel Lanois with Brian Eno
  • U2 がその音の肌触りを変えた作品。
    『 The Unforgettable Fire 』 にせよ、『 The Joshua Tree 』 にせよ、イーノの関与は大きく、イーノ抜きだったら優劣は別にして大きく異なった作品になったと思わせるのに充分な作品であった。 それだけに難しい仮定ではあるが、この 『 Achtung Baby 』  がイーノが関与した初の U2 の作品とならなくてよかったと思う。 この音の肌触りの変化の責任を、全てイーノによるものと糾弾されていたはずである。
    表面上の音の変化がある一方で、どの曲も 『 The Joshua Tree 』 以前の楽曲でみられたアレンジでも成り立つ可能性があり、むしろこの辺りのギリギリで抑えるところがイーノによる貢献であったとしたら、嬉しい。
    (追加:2015年6月25日)

 

1992

The Shutov Assembly : Brian Eno

The Shutov Assembly

  1. Triennale
  2. Alhondiga
  3. Markgraph
  4. Lanzaronte
  5. Francisco
  6. Riverside
  7. Innocenti
  8. Stedelijk
  9. Ikebukuro
  10. Cavallino
  • Recorded between 1985 and 1990

  • 1990年のジョン・ケイルとの 『 Wrong Way Up 』、1992年のソロとしての 『Nerve Net 』 とアンビエントでない、ヴォーカルが入っている、といったアルバムが続いた後に、突如リリースされたアンビエント小作品集。
    特にインターネット普及以前においては事前情報が流れることは少なく、イーノの作品はショップに唐突に置いてある印象が強かった。  『 Wrong Way Up 』、『Nerve Net 』 と続いただけに期待して購入し、自宅に戻って落ち込んだことを今でも覚えている。
    イーノについては、音楽関連以外の雑誌等で特集される際に文化人気取りの連中にありがたく祭り上げられることが多いが、そうした連中はこのような作品を本当に聴いているのであろうか?
    作品の良し悪しを論じるつもりは全くないが、アンビエント系の作品を不用意にあがめること自体が無意味であることを、明確にしてくれる作品。
    (追加:2002年9月10日)

 

Us : Peter Gabriel

  1. Come Talk To Me
  2. Love To Be Loved
  3. Blood Of Eden
  4. Steam
  5. Only Us
  6. Washing of the Water
  7. Digging in the Dirt
  8. Fourteen Black Paintings
  9. Kiss That Frog
  10. Secret World
  • Additional keys : Brian Eno

  • ジェネシス時代の 『 The Lamb Lies Down On Broadway 』 以来のピーター・ガブリエルとの共演。
    薄く鳴り響くシンセ音がイーノによるものだと思われる。
    (追加:2015年8月10日)

 

Complete Service : YMO

コンプリート・サーヴィス
  1. プロパガンダ -フル・ヴァージョン-
  2. 東風
  3. ビハインド・ザ・マスク
  4. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
  5. 中国女
  6. 音楽
  7. フォーカス
  8. シャドウズ・オンザ・グラウンド
  9. バレエ
  10. パースペクティブ
  11. ワイルド・アンビションズ
  12. マッドメン
  1. リンボー
  2. チャイニーズ・ウィスパーズ
  3. 希望の河
  4. 邂逅
  5. シー・スルー
  6. 手掛かり
  7. 以心電信
  8. ファイヤークラッカー
  9. 過激な淑女
  10. 君に、胸キュン。
  11. テクノポリス
  12. ライディーン
  • Producer : Brian Eno
    Mixing Team : Brian Eno with Ben Fenner
  • YMO の散会コンサートを収録したライヴ・アルバム。 『 After Service 』 というタイトルで1984年に発売した作品に曲目を追加した上で、イーノがプロデュースとミックスを担当している。
    今回改めて『 レコード・コレクターズ 』 誌(2003年2月号)や、『 ピコエンタテイメント 』 誌(1993年Vol.1)といった YMO 特集号でも確認したのだが、本作品に対するイーノの音質面での関与はあまりない。 実際に聴いてみても、まぁこんなとこがイーノかな、程度の感触しかない。 つまるところ、イーノによるプロデュース手法の1つである、「ほとんど関与しない」がとられた作品である。
    イーノの名前など借りなくてもセールスが期待できたはずの YMO と、既に U2 のプロデュースで金銭的余裕の出てきたはずのイーノの双方にとって、どれだけのメリットがあったのか、よくわからない。
    (追加:2013年8月25日)

 

1993

Brian Eno I  instrumental : Brian Eno

 

Disc 1
1. Another Green World  2. Energy Fools the Mountain  3.Dover Beach  4. Slow Water  5. Untitled  6. Chemin de Fer  7. Empty Landscape  8. Reactor  9. The Secret  10. Don't Look Back  11. Marseilles  12. Two Rapid Formations  13. Sparrowfall I  14. Sparrowfall II  15. Sparrowfall III  16. Events in Dense Fog  17.'There Is Nobody'  18. Patrolling Wire Borders  19. A Measured Room  20. Task Force   21. M386  22. Final Sunset  23. The Dove  24. Roman Twilight   25. Dawn, Marshland  26. Always Returning I  27. Signals  28. Drift Study  29. Approaching Taidu  30. Always Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Theme from 'Creation'  2. Saint Tom  3. Warszawa  4. Chemistry  5. Courage  6. Moss Garden  7. Tension Block  8. Strong Flashes of Light   9. More Volts  10. Mist  / Rhythm  11. Ho Renomo  12. Stream with Bright Fish  13. Fleeting Smile  14. An Arc of Doves  15. Stars   16. An Index of Metals ( edit )

Disc 3
1. 1/1  2. Ikebukuro ( edit )  3. The Lost Day  4. Thursday Afternoon ( edit )  5. Discreet Music ( edit )  6. Dunwich Beach, Autumn 1960  7. Neroli ( edit )

  • イーノ箱のインスト編。
    フリップが参加作品しているのは、” Slow Water ” と ” An Index of Metals ( edit ) ” の2曲。
    (追加:2011年4月10日)

 

Brian Eno II  vocal : Brian Eno

Eno 2 

 

Disc 1
1. Needless in the Camel's Eye  2. Baby's on Fire   3. Cindy Tells Me  4. On Some Faraway Beach  5. Blank Frank  6. Dead Finks Don't Talk  7. Some of Them Are Old   8. Here Come the Warm Jets  9. Seven Deadly Fins  10. Burning Airlines Give You So Much More  11. Back in Judy's Jungle  12. The Great Pretender   13. Third Uncle  14. Put a Straw Under Baby  15. The True Wheel  16. Taking Tiger Mountain  17, The Lion Sleeps ( Wimoweh ) Returning II  31. Asian River

Disc 2
1. Sky Saw  2. Over Fire Island  3. St. Elmo's Fire  4. In Dark Trees  5. The BIg Ship  6. I'll Come Running  7. Sombre Reptiles   8. Golden Hours  9. Becalmed   10. Zawinul / Lava  11. Everything merges With The Night  12. Spirits Drifting  13. No-One Receiving  14. Backwater  15. Kurt's Rejoinder   16. King's Lead Hat  17. Here He Comes  18. Julie With...  19. By This River  20. Through Hollow Lands   21. Spider & IT

Disc 3
1. R.A.F.  2. America Is Waiting  3. Regiment   4. The Jezebel Spirit  5. Wire Shock  6. Ali Click  7. Spinning Away   8. Empty Frame  9. River  10. The Soul of Carmen Miranda  11. The Belldog  12. I Fall Up  13. Stiff 14. Are They Thinking of Me ?  15. Some Words  16. Under  17. Over

  • イーノ箱のヴォーカルあり編。
    フリップが参加しているのは、” Baby's on Fire ”、” Blank Frank ”、” St. Elmo's Fire ”、” I'll Come Running ”、” Golden Hours ”、” King's Lead Hat ”、” Regiment ”、” I Fall Up ” の8曲。
    (追加:2011年4月10日)

 

I Feel You : Depeche Mode

  • 1993年 Single
  1. I Feel You, life's too short mix.
  2. I Feel you, swamp mix.
  3. I Feel You, renegade soundwave afghan surgery mix.
  4. I Feel You, helmet at the helm mix.
  • 1 & 2 : remixed by Brian Eno

  • デペッシュ・モードの 『 Songs Of Faith And Devotion 』 からのシングル。
    イーノは最初の2曲をリミックスしており、1曲目はアルバム収録テイクからミニマル度を高めたようなミックスを、2曲目は1曲目から更にミニマル度を高め、抑揚度を更に無くしたミックスをしている。
    イーノとデペッシュ・モードの接点というのは殆ど無いし、本作が実現した背景もよくわからない。 記名性があるわけでもなく、あらたなケミストリーも発生しておらず、イーノである必要は全く無い。 更なる発展が期待できなかったのは、当事者同士が一番わかっていたのかもしれない。
    (追加:2018年2月25日)

 

Laid : James

  1. Out To Get You
  2. Sometimes ( Lester Piggott )
  3. Dream Thrum
  4. One Of The Three
  5. Say Something
  6. Five-O
  7. P.S.
  8. Everybody Knows
  9. Knuckle Too Far
  10. Low Low Low
  11. Laid
  12. Lullaby
  13. Skindiving
  • Produced by Brian Eno.
    Additional bass and keyboards by Brian Eno.
    Additional vocals on Sometimes ( Lester Piggott ), Dream Thrum and Five-O by Brian Eno and Martine McDonagh.

  • ジェイムスの5thアルバムで、イーノがジェムスに初めて関与した作品。
    イギリスではアルバムは常時ベスト10入りする程の人気があるにもかかわらず、日本では売れなかった。 マンチェスターの盛り上がりに乗ずる機会もあったはずなのだが、売れなかった。 雑誌受けが悪かったのか、それともレコード会社のプロモーションが足りなかったのかよくわからないが、インターネット普及前の洋楽事情に巻き込まれたようにも思える。
    所謂ロック・バンドのプロデュースについては、イーノはこの時期既にU2と経験済みで、朗々と歌い上げるヴォーカルのバックに、シンセを薄く上品に鳴り響かすという手法をここでも展開している。
    ただイーノは、ジェイムスとの作業に可能性を見出したのか、あるいは本作品に満足できなかったのか、この後一気に過激な方向に舵を切ることになる。
    (追加:2017年7月10日)

 

"Low" Symphony : Philip Glass

  1. Subterraneans
  2. Some Are
  3. Warszawa
  • Music composed by Phillip Glass    From the Music of David Bowie and Brian Eno

  • Performed by The Brooklyn Philharmonic Orchestra
    Dennis Russell Davis, Principal Conductor

  • 『 Low 』 のボウイとイーノの音楽を元にフィリップ・グラスが作曲した楽曲をオーケストラで演奏した作品。
    従って、『 Low 』 の楽曲をオーケストラで演奏した作品ではなく、フィリップ・グラスによるオリジナル作品と捉えた方が正しい。 ジャケットにボウイとイーノの写真まで大々的に使われているのは、大人の事情、つまり売上を増やすことを目的にしたものである。
    現代音楽に造詣が全く無い私は、殆ど原曲が判らなくなっている ” Subterraneans ” と ” Some Are ” が楽しめなかったのに対し、” Warszawa ” の重厚なフレーズが原曲に近い形で再現されているところに、やはり興奮してしまう。
    イーノの本作品に対する音楽的関与は、クレジット通りであれば何も無い。
    (追加:2017年11月10日)

 

Zooropa : U2

  1. Zooropa [ Synthesisers  Brian Eno ]
  2. Babyface
  3. Numb [ Additional synthesizers  Brian Eno, Arcade sounds  Brian Eno ]
  4. Lemon [ Synthesizers  Brian Eno, Strings arranged and performed by Brian Eno ]
  5. Stay ( Faraway, So Close! )
  6. Daddy's Gonna Pay For Your Crashed Car
  7. Some Days Are Better Than Others [ Synthesizers  Brian Eno, Loops Brian Eno & Des Broadbery ]
  8. The First Time [ Piano and Harmonium  Brian Eno ]
  9. Dirty Day [ Synthesizers on 'Father To Son' Section Brian Eno ]
  10. The Wanderer [ Additional synthesisers  Brian Eno ]
  • Produced By Flood, Brian Eno and The Edge
  • U2 がその音の肌触りだけではなく、音そのものに微修正を施した作品。
    『 Achtung Baby 』  では、従来の U2 路線の演奏フォーマットでも成り立つ曲が多くあったが、本作においては、このフォーマットでしか成り立たない楽曲が多い。
    この変化は U2 とプロデューサーとして新しくクレジットされた Flood によるもので、イーノのプロデュースによる影響は少ないものと思われる。 前作 『 Achtung Baby 』  以上にイーノは演奏者としても多くクレジットされていること、そして次作 『 Pop 』 でイーノのクレジットが無くなっていることからも、そのように推測することができる。
    本作品において、プロデューサとしてのイーノは、彼のプロデュース手法の一つである、「なにもしない」を選択していたのかもしれない。
    (追加:2015年6月25日)

 

1994

Brian Eno I & II Sampler : Brian Eno

  1. Stiff
  2. Baby's on Fire
  3. Backwater
  4. Spinning Away
  5. I'll Come Running
  6. No One Receiving
  7. Third Uncle
  8. Blank Frank
  9. Patrolling Wire Borders
  10. A Measured Room
  11. M386
  12. Another Green World
  13. Sparrowfall (1)
  • 2つのイーノ箱からの抜粋盤。 
    フリップ収録曲は、vocal から3曲選ばれている。
    (追加:2011年4月10日)

 

Mamouna : Bryan Ferry

Mamouna

  1. Don't Want To Know
  2. N.Y.C.
  3. Your Painted Smile
  4. Mamouna
  5. The Only Face
  6. The 39 Steps
  7. Which Way To Turn
  8. Wildcat Days [ co-writes ]
  9. Gemini Moon
  10. Chain Reaction
  • brian eno : sonics ( 1,7,10 )  sonic awareness ( 4 )  sonic ambience ( 5 )  sonic emphasis ( 6 )  swoop treatments ( 8 )  sonic distress ( 9 )

  • ブライアン・フェリーの9枚目のソロ・アルバム。
    ロキシー脱退の経緯から不仲が伝えられたいたイーノが、フェリーの作品にミュージシャンとしてクレジットされている。 フェリーとの共演は、そのロキシーでのセカンド以来となる。
    ロキシーだと 『 Avalon 』 以降、ソロだと 『 Boys And Girls 』 以降、フェリーの作品アレンジはゴージャス路線を突き進み、音の隙間がほとんど無いほど分厚いものとなっている。 本作品においてもその路線は貫かれており、音の隙間を埋める、という観点ではイーノのシンセサイザーは見事に機能している。
    フェリーにしてみれば、従来の路線を崩すことなく「イーノとの共演」という話題性でアルバムのプロモーションを行えたことになる。 一方イーノにしてみれば、U2での手法をそのまま使っただけで、「sonic 〜」といういかにもイーノらしい造語群をフェリーのアルバムにクレジットさせることに成功している。
    お互いの思惑が見事に合致した作品である。
    (追加:2006年2月10日)

 

Wah Wah : James

  1. Hammer Strings
  2. Pressure's On
  3. Jam J
  4. Frequency Dip
  5. Lay The Law Down
  6. Burn The Cat
  7. Maria
  8. Low Clouds
  9. Building A Fire
  10. Gospel Oak
  11. DVV
  12. Say Say Something
  13. Rhythmic Dreams
  14. Dead Man
  15. Rain Whistling
  16. Basic Brain
  17. Low Clouds
  18. Bottom Of The Well
  19. Honest Joe
  20. Arabic Agony
  21. Tomorrow
  22. Laughter
  23. Sayonara
  • 23 compositions written and performed by James and Brian Eno
    Recorded at Real World during " The Laid Session 1993 "

  • All tracks written and performed by James and Brian Eno.
    Produced by Brian Eno.
    Tracks 1, 5, 6, 11, 13, 14, 15, 18, 22, 23 mixed by Brian Eno.
    Tracks 7, 9, 10, 12, 19 mixed by Markus Dravs and Brian Eno.

  • 『 Laid 』 レコーディング時のセッションの断片を、イーノがこねくり回した作品。
    こねくり回し方は多様で、断片をそのまま提示したように思えて思いっきり編集しているものや、このまま発展させていけば滅茶苦茶格好良くなりそうなのに突然終了したりしたりするものもある。
    自分との化学反応でオーソドックスなロック・バンドであるジェイムスがどのような変化をしていくのかイーノは試そうとしたのだろうが、ジェイムス自体はそこまでの興味が無かったのかもしれない。 そこに気づいたイーノは、ジェイムスとの双方向でのチャレンジを止め、一方的な作業によって密室性の高い本作品を生み出したとしか思えない。
    ただ、イーノはそれでも満足できなかったのか、更に過激な方向に舵を切ることになる。
    (追加:2017年7月10日)

 

JAM J : James VS The Sabres of Paradise

  1. Jam J
        Arena Dub
        Amphetamine Pulsate
  1. Jam J
        Sabresonic Tremelo Dub
        Spaghetti Steamhammer
  • Written and performed by James.
    Produced by Brian Eno, remade and remodelled by Marcus Dravs.
    Additional production and mix by The Sabres of Paradise.

  • 『 Wah Wah 』 に収録されていた ” Jam J ” を、イーノのプロデュース下で、セイバース・オブ・パラダイスというテクノ&リミックス・グループがリミックスした作品。 このセイバース・オブ・パラダイスのアンドリュー・ウェザオールという人は後にトゥー・ローン・スウォーズメンというプロジェクトで、現在イーノが契約しているワープ・レコーズから作品をリリースしている。
    行き着くとこまで行き着いたような作品である。 イーノによって解体&再構築された ” Jam J ” が、A,B面とも各々15分強にリミックスされているのだが、沈み込むような緩いビートが延々と展開される。 この手の楽曲が好きな人には堪らないだろうが、果たしてジェムスのファンやメンバー自身にとって、本作品にどれだけの意味があるのか判らない。 『 Laid 』、『 Wah Wah 』、そして本作は、イーノには珍しいやり過ぎ感満載のプロジェクトである。
    (追加:2017年7月10日)

 

The Wild Ones CD2 : Suede

  • 1994年 Single
  1. The Wild Ones
  2. Eno's Introducing The Band
  3. Asda Town
  • Eno's introducing The Band remixed by Brian Eno
  • スウェードのセカンド・アルバム、『 Dog Man Star 』 からのシングル。 ギターリストの脱退でバンドとしては安定していなかった時期の作品らしい。
    原曲は、『 Dog Man Star 』 冒頭の2分半程度の楽曲なのだが、本シングルに収められている ” Eno's Introducing The Band ” は、15分半強に拡大している。 ヴォーカルは完全に削除、それなりに起伏のあった楽器群もひたすら反復の繰り返しとなっており、イーノがやりたい放題やったリミックスである。
    U2、ジェイムスに続き、イーノがスウェードに関心を示したのかもしれないが、双方に発展性がなかったのか、アルバム制作にまで繋がることなく終わっている。
    (追加:2018年2月25日)

 

1995

Spinner : Brian Eno / Jah Wobble

Spinner

  1. Where We Lived
  2. Like Organza
  3. Steam
  4. Garden Recalled
  5. Marine Radio
  6. Unusucal Balance
  7. Space Diary 1
  8. Spinner
  9. Transmitter and Trumpet
  10. Left Where It Fell
  11. Published
  • Brian Eno : Synthesizer and Treatments
    Jah Wobble : Bass, Drums, Keyboards, Atmospheres
    Mark Ferda : Atmospheres, Keyboards, Percussion
    Justin Adams : Keyboards
    Richard Bailey : Drums
    Jaki Liebeziet : Drums
    Sussan Deyhim : Vocals

  • イーノの作品の中でも、珍しい制作パターンがなされたもの。
    元々はデレク・ジャーマンの映画のサウンドトラックとしてイーノが単独で制作していたがジャーマンの死去で頓挫、映画との関連を断ち切るために、元PILのジャー・ウォブルに託し完成させている。
    イーノ自身のライナーによれば、楽曲はイーノの演奏そのままのもの、演奏を追加したもの、雰囲気を残して新たに構築されたものにわかれているらしい。
    『 Metal Box 』 のような、とまで言うと大袈裟だが、ウォブルの超低音ベースが強調されており、躍動感に溢れた楽曲が多く収められている。
    この組み合わせ、1回で終了してしまったのが、残念である。
    (追加:2009年10月25日)

 

1. Outside : David Bowie

Outside

  1. Leon Takes Us Outside [ co-writes ]
  2. Outside
  3. The Hearts Filthy Lesson [ co-writes ]
  4. A Small Plot of Land [ co-writes ]
  5. segue - Baby Grace ( a horrid cassette )
  6. Hallo Spaceboy [ co-writes ]
  7. The Motel
  8. I Have Not Been To Oxford Tower [ co-writes ]
  9. No Control [ co-writes ]
  10. segue - Algeria Touchshriek [ co-writes ]
  11. The Voyeur of Utter Destruction ( As Beauty ) [ co-writes ]
  12. segue - Ramona A. Stone / I Am With Name [ co-writes ]
  13. Wishful Beginnings [ co-writes ]
  14. We Prick You [ co-writes ]
  15. segue - Nathan Adler [ co-writes ]
  16. I'm Deranged [ co-writes ]
  17. Thru' These Architects Eyes
  18. segue - Nathan Adler [ co-writes ]
  19. Strangers When We Meet
  20. Get Real [ co-writes ]
  • Produced by Davie Bowie & Brian Eno

  • Musicians:
    David Bowie - Vocals, Saxophone, Guitar & Keyboards
    Brian Eno - Synthesizers, Treatments & Strategies
    Reeves Gabrels - Guitar
    Erdal Kizilcay - Bass & Keyboards
    Mike Garson - Grand Piano
    Sterling Campbell - Drums
    Carlos Alomar - Rhythm Guitar
    Joey Baron - Drums
    Yossi Fine - Bass
    Tom Frish - Additional Guitar on "Strangers When We Meet"
    Kevin Armstrong - Additional Guitar on "Thru' These Architects Eyes"
    Byrony, Lola, Josey & Ruby Edwards - Backing Vocals on "The Hearts Filthy Lesson" and "I Am With Name"

  • 1979年の 『 Lodger 』 以来、四半世紀を越えて実現したボウイとイーノとの共演。 久しぶりといってもフェリーとの場合と異なり仲が悪かったのではなく、ボウイの迷走期間にイーノの出番が単に無かっただけだと思う。
    重苦しい内容のコンセプト・アルバムに仕上がったのは、イーノの参加によるものなのか、あるいはそういう作品だからこそイーノが必要とされたのかどちらが先かはわからないが、ボウイのアート魂(笑)にイーノが見事に共鳴した作品となっている。 ただ個々の曲の魅力は乏しく、” Hallo Spaceboy ” クラスの曲があと2,3曲あれば全体の印象はもう少し異なっていたはずだ。
    イーノはボウイの作品を初めてプロデュースするとともに、演奏の他、「Strategies」とクレジットされている。 これ、イギリス人の感覚だとありなんだろうか? 日本だと「戦略」なんて言葉は、実践力ゼロのサラリーマンが、MBAという冠がついたビジネス書を読んだ直後に会議で多用する単語になってしまっているため、使うのにはそれなりの勇気が必要なのだけど..
    (追加:2006年2月10日)

 

Original Soundtracks 1 : Passengers

  1. United Colours
  2. Slug
  3. Your Blue Room
  4. Always Forever Now
  5. A Different Kind Of Blue
  6. Beach Sequence
  7. Miss Sarajevo
  8. Ito Okashi
  9. One Minute Warning
  10. Corpse ( These Chains Are Way Too Long )
  11. Elvis Ate America
  12. Plot 180
  13. Theme From Swan
  14. Theme From Let's Go Native
  • Brian Eno : strategies, sequences, synthesizer, treatments, mixing, chorus voices, Vocal on " Different Kind Of Blue "
  • U2 の 『 Zooropa 』 と 『 Pop 』 の間にリリースされた、イーノと U2 による楽曲集。
    ギターの音数は少なくなりシンセサイザーの占める割合が多くなっている、という表現で一発でわかるように、U2 色が薄くイーノ色が濃い作品である。
    イーノと U2 がビジネスライクな関係だけで成り立っているとは思わないが、プロフェッショナルな関係であることは確かだと思う。 本作品の最大の欠点は、そのプロフェッショナルな関係以上に、趣味で楽しんでいることが全面に出てきていることである。
    (追加:2015年6月25日)

 

1996

Booth and the Bad Angel : Booth and the Bad Angel

  1. I Believe
  2. The Dance Of Bad Angels
  3. Hit Parade
  4. Fall In Love With Me
  5. Old Ways
  6. Life Gets Better
  7. Heart
  8. Rising
  9. Butterfly's Dream
        Backing Vocals : Brian Eno and Angelo Badalamenti
  10. Stranger
  11. Hands In The Rain
  12. When You Smiled
  • ジェイムスのヴォーカリストであるティム・ブースと、TVドラマ 『 ツイン・ピークス 』 の音楽を担当したアンジェロ・バダラメンティとの作品。
    イーノによって思いっきり過激な方向に振れた針を戻すために必要なリハビリだったのかもしれない。 借用感があるメロディと映画音楽のような大袈裟さが薄くブレンドされたような音楽で、どんな音楽趣向の人もそれなりに聴くことができるが、無人島に持っていく1枚に選出されることはありえない作品となっている。
    イーノは1曲だけバック・コーラスで参加、 素っ頓狂な声が多分イーノ。
    (追加:2017年7月10日)

 

Songs In The Key Of X

Songs In The Key Of X: Music From And Inspired By The X-Files

  1. Mark Snow / X-Files Theme ( Main Title )
  2. Soul Coughing / Unmarked Helicopters
  3. Sheryl Crow / On The Outside
  4. Foo Fighters / Down In The Park
  5. William S. Burroughs & R.E.M. / Star Me Kitten
  6. Nick Cave And The Bad Seeds / Red Right Hand
  7. Filter / Thanks Bro
  8. Frank Black / Man Of Steel
  9. Meat Puppets / Unexplained
  10. Danzig / Deep
  11. Screamin' Jay Hawkins / Frenzy
  12. Elvis Costello with Brian Eno / My Dark Life
  13. Rob Zombie And Alice Cooper / Hands Of Death ( Burn Baby Burn )
  14. P.M. Down / If You Never Say Goodby
  15. X-Files Theme / (P.M.Down Remix)
  • X-Filesからインスパイヤーされた作品集。 サントラではないとのこと。
    ラインナップは豪華で、当時のX-Filesの人気の高さを充分伺うことができる。 そんな中、コステロとイーノという組み合わせも、意外性だけではなく充分豪華なものである。
    エレクトロニクスをバックにコステロがバラードを唄う楽曲なのだが、その内容が非常に素晴らしい。 コステロによる歌メロ、ヴォーカルが良い上に、それを活かすアレンジが見事に施されている。 およそケミストリーが発生するとは想像できないカップルによる、唯一無二の楽曲である。
    (追加:2010年8月10日)

 

1997

The Drop : Brian Eno

  1. Slip, Dip
  2. But If
  3. Belgian Drop
  4. Cornered
  5. Block Drop
  6. Out / Out
  7. Swanky
  8. Coasters
  9. Blissed
  10. M.C.Organ
  11. Boomcubist
  12. Hazard
  13. Rayonism
  14. Dutch Blur
  15. Back Clack
  16. Dear World
  17. Iced World
  1. Swat & Rut
  2. Slicing System
  3. Sharply Cornered
  • Music And Cover ・ Brian Eno
  • アンビエントではないインストが多く収められた作品集。
    ドローンを中心としたアンビエント風の小曲もあるのだが、楽曲の殆どは、音程に高低がしっかりあるメロディが唐突に始まり、繰り返され、唐突に終わる、というパターンで、イーノが一般流通販売した作品の中では珍しい作風である。 ラストの ” Iced World ” でさえも、アンビエントに走るのではなく、短めのメロディが何度も繰り返されている。
    リリースされた当時、オリジナルのアルバム・タイトルに Jazz という単語があったため、イーノによる Jazz 作品と語られることが多かったが、Jazz について全く素人の私からしても、強引な展開に思えた。 とらえどころが無い作品をリリースする時、イーノは罠を仕掛けるようにキーワードを残すことがあるが、本作リリース時に使われた Jazz も、Jazz と語らせるためのイーノによる高等戦術だったと思われる。
    日本盤オリジナルには、ボーナス・ディスクの 8cm CD 3曲が収録されているが、楽曲の傾向は本盤と同じである。
    (追加:2016年5月25日)

 

Whiplash : James

  1. Tomorrow
  2. Lost A Friend
  3. Waltzing along
  4. She's A Star
  5. Greenpeace
  6. Go To The Bank
  7. Play Dead
  8. Avalanche
  9. Homeboy
  10. Watering Hole
  11. Blue Pastures
  • Frequent Interference And Occasional Co-Production - Brian Eno

  • オリジナル・アルバムとしては1993年の 『 Laid 』 以来となるジェイムスの作品。
    『 Laid 』 関連でのイーノ色の強さを払拭するのに、4年ものインターバルが必要だったのかもしれないが、結局のところイーノに回帰してしまっている。 ジェイムスにとってイーノは、食べたらいけないとわかっていながら食べ続けてしまう毒饅頭のようなものかもしれない。 「邪魔ばっかりするけど時々協力する」というクレジットが許される程、イーノは好き勝手にやっている。
    ジェイムスというバンドの本質がどこにあるのか判らないが、過剰なまでに空間系エフェクトをかけたギターや、 『 Achtung Baby 』 や  『 Zooropa 』 を露骨に彷彿させる音触りが、そこからかけ離れていることは間違いない。
    (追加:2017年7月10日)

 

"Heroes" Symphony : Philip Glass

  1. Heroes
  2. Abdulmajid
  3. Sense of Doubt
  4. Sons of the Silent Age
  5. Neukoln
  6. V2 Schneider
  • Music composed by Phillip Glass    From the Music of David Bowie  and Brian Eno

  • Dennis Russell Davis, Conductor
    American Composers Orchestra

  • "Low" Symphony』 に続き、、フィリップ・グラスが 『 "Heroes" 』 を元に作曲した楽曲をオーケストラが演奏した作品。
    あくまでもインスパイア作品であるのは前作と同じであり、原曲のフレーズがそのまま出てくるのは稀である。 そんなことはわかっていても、オリジナルでも重要曲であった ” Warszawa” ではオリジナル・フレーズが多用されていただけに、本作においては ” Heroes ” のフレーズがどの様に演奏されるかを期待してしまう...
    のだが、皆無。 この曲を聴いて原曲のどこからインスパイアされて、どのように展開されたのかを判るには、現代音楽に対する途方もない程の造詣が必要なのだと思う。 個人的には、その造詣を深める時間があるなら、オリジナルの 『 "Heroes" 』 を繰り返し聴きたいと思う。
    イーノの本作品に対する音楽的関与は、前作同様全く無い。
    (追加:2017年11月10日)

 

Shleep : Robert Wyatt

  1. Heaps of Sheeps    [ Brian Eno  vocal chorus, synthesiser ]
  2. The Duchess    [ Brian Eno  synthesiser ]
  3. Maryan
  4. Was a Friend
  5. Free Will and Testament
  6. September the Ninth
  7. Alien
  8. Out of Season
  9. A Sunday in Madrid    [ Brian Eno  synthesiser, synth bass ]
  10. Blues in Bob minor
  11. The Whole Point of No Return
  • ロバート・ワイアットのヴォーカルを最大限活かすべく、丁寧に作り込まれたソロ・アルバム。
    所謂プログレに期待される音の要素は殆ど無く、奇をてらった演奏やアレンジも無い。 只々ワイアットのヴォーカルを、インスト群がひたすら支えている。 ワイアットの声質がたまらなく好きだという人には最上の作品だろうし、そこまでのこだわりが無い人(ちなみに私もこれ)にも秀逸なヴォーカル・アルバムとして堪能することができる。
    イーノの演奏はひたすら地味。 ただ本作においては演奏が地味であるということが最も求められていたことであるはずで、イーノは趣旨に応じた対応を見事にこなしていることになる。
    (追加:2016年1月10日)

 

1999

Sonora Portraits 1 : Brian Eno

Sonora Portraits: Brian Eno

  1. Distant Hill
        taken from Derek Jarman's Glitterbug
  2. Asian River
        taken from the album Music For Films III
  3. Radiothesia III
       
    taken from Derek Jarman's Glitterbug
  4. Swanky
       
    taken from the album The Drop
  5. Theme From "Creation"
       
    taken from the album Music For Films III
  6. White Mustang ( with Daniel Lanois )
        taken from the album Music For Films III
  7. Left Where It Fell ( with Jah Wobble )
        taken from the album Spinner
  8. Spinning Away ( with John Cale )
        taken from the album Wrong Way Up
  9. Stravinsky
        taken from Derek Jarman's Glitterbug
  10. Saint Tom
       
    taken from the album Music For Films III
  11. Theme For "Opera" ( with Roger Eno )
        taken from the album Music For Films III
  12. Neroli
        taken from the album All Saints Calling,
        original version appears on the album Neroli
  13. Brian Eno Speaks
  • ブックレットとCDがセットになっており、CDはアンビエント系の楽曲を中心としたコンピレーションとなっている。
    同コンセプトのアンビエント系の曲をアルバム1枚分聴かされるとさすがに飽きてしまうのだが、複数の作品から傾向の異なるアンビエント系の曲が収録されているため最後まで通して楽しむことができる。 編集盤という性格が功を奏した好盤だと思う。
    デレク・ジャーマンの映像作品用からの3曲とか、” Neroli ” の短縮ヴァージョン ( 『 Brian Eno I : Instrumental 』 に収録されている短縮ヴァージョンより若干長め ) 等、珍しい曲も収録されているのだが、そういったウリが無かったとしても充分に楽しむことができる。
    ブックレットには、イタリア語と英語が対比させながら記載されている。 イタリア語の習得には最適、などということはなく、眺めて終了してしまった。
    (追加:2006年6月25日)

 

Millionaires : James

  1. Crash
  2. Just Like Fred Astaire
  3. I Know What I'm Here For
  4. We're Going To Miss You
  5. Strangers
  6. Hello
  7. Afro Lover
  8. Surprise
  9. Dumb Jam
  10. Someone's Got It In For Me
  11. Vervaceous
  • Produced by Brian Eno With Saul Davies And Mark Hunter From James,
    Except Track 2 Produced By Brian Eno And Steve Osborne.
    All Tracks Mixed By Dave Bascombe Except Tracks 6 8 11 Mixed By Brian Eno.
    Brian Eno Construction Tracks 1,3,7,8,11.

  • 三度イーノがプロデュースに取り組んだジェイムスの作品。
    U2のような音作りに今回新たにプラスされたのは、初期ロキシー・ミュージックの要素と言えば良いのか。 ロキシー当時のアナログ・テープによる操作ではなくデジタル処理によるものだろうが、イーノが参加したロキシーの最初と最後の曲での音響処理を、そのまま本アルバムの最初と最後に再現している。 1曲目の ” Crash ” の終わらせ方はファアースト・アルバム1曲目の ” Re-Make / Re-Model ” だし、ラストの ” Vervaceous ” の最後に女性の声が反復されるのはセカンド・アルバム最後の曲 ” For Your Pleasure ” である。
    仮にこれらが思い過ごしであったとしても、初期ロキシー・ミュージックの喧騒感を彷彿させる音作りは、アルバム全体に施されている。 イーノがここまで好き放題やれる何かが、ジェイムスとの間にはあったのだろう。
    (追加:2017年7月10日)

 

2000

Music for 陰陽師

music for 陰陽師

CD1 伶楽舎

CD2 Brian Eno with Peter Schwalm

  1. Star Gods
  2. Six Small Pictures
  3. Connecting Heaven to Earth
  4. Little Lights
  5. The Milky Way
  6. Faraway Suns
  • Music Written Produced and Performed by Brian Eno with Peter Schwalm
    Voice    Kyoko Inatome

  • 岡野玲子の作品、 『 陰陽師 』 のイメージ・アルバム。 イーノは、2枚組CDの1枚をピーター・シュワルムと担当している。
    雅楽のCDを参考にしながらもそれ風の音を出そうとはしなかった、とイーノによるライナーに記載してある通り、本作品から 『 陰陽師 』 を想像することは難しい。 ただ、曲は短めでバリエーションにも富んでおり、 『 陰陽師 』 ということを意識さえしなければ、イーノのアンビエントものの入門編として手頃かもしれない。
    そのイーノのライナーにはまた、平安時代についてはほとんど知らないが 『 枕草子 』 なら読んだことがある、と記載してある。 こういうハッタリをかますところが、イーノの良いところだと思う。 学生時代の古文の授業の「カ変」でつまづいた私には、ここまでの法螺は吹けない。
    (追加:2008年2月25日)

 

Exile : Geoffrey Oryema

  1. Piny Runa Woko [ Brian Eno    backing vocals ]
  2. Land Of Anaka
    [ Brian Eno    Yamaha (DX7 and CS80), piano, backing vocals ]
  3. Piri Wango Iya
  4. Ye Ye Ye
  5. Lacan Woto Kumu
  6. Makambo [ Brian Eno    backing vocal texture ]
  7. Jok Omako Nyako
  8. Solitude
  9. Lubanga
  10. Exile
  • Produced by Brian Eno

  • Real World からリリースされたウガンダのミュージシャン、ジェフリー・オリエマの作品。
    本作品は、私のような所謂ワールドミュージックなるものに長けていない者がイメージする民族楽器とポリリズムが全面に出した音楽ではない。 もちろん、そういう傾向の楽曲もあるが、それ以上にリズム楽器のようなジェフリー・オリエマののヴォーカルの面白さが強調された作品となっている。
    ワールドミュージックとロックの融合などという陳腐なアプローチがをいい加減使い古されていた2000年において、プロデユーサーとしてクレジットされたイーノの貢献度は非常に高いものと思われる。 また、プロデューサーとしてだけではなく、” Land Of Anaka ” での笛の音と絡む、旧式のシンセサイザーを使ったイーノの薄く上品な音色は絶品である。
    (追加:2016年9月10日)

 

All That You Can't Leave Behind : U2

  1. Beautiful Day
        Synthesizers / programming : Brian Eno
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  2. Stuck In A Moment You Can't Get Out Of
        Synthesizers : Brian Eno and Bono
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  3. Elevation
        Synthesizers : Brian Eno and The Edge
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  4. Walk On
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  5. Kite
        Backing vocals : The Edge, Brian Eno, Daniel Lanois
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  6. In A Little While
        String arrangement and synthesizer : Brian Eno and Bono
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  7. Wild Honey
        Synthesizer : Brian Eno and Bono
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  8. Peace On Earth
        Synthesizers : Brian Eno and Bono
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
  9. When I Look At The World
        Synthesizers : Brian Eno and Bono
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  10. New York
        Synthesizer : Brian Eno and Bono
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  11. Grace
        Synthesizers / programming : Brian Eno
        Produced by Daniel Lanois and Brian Eno
        Mixed by Brian Eno
  • 『 Achtung Baby 』、『 Zooropa 』、『 Pop 』 と、従来の演奏フォーマットを変更した U2 が、改めてそのフォーマットを変更した作品。
    バンドとしての演奏を際立たせるために効果的にエレクトロニクスを活用した作品、と一言でまとめると 『 The Joshua Tree 』  と同じになってしまうが、演奏フォーマットを変更した3作品を経ているだけに、その活用方法は衝撃度こそ少ないが貢献度は増している。
    となると、やはりこれはイーノの出番であって、演奏、プロデュースと U2 の作品の中での活躍度は最も高くなっている。 イーノと U2 の間にどのような人間関係があるのかには全く興味がないが、タイミングよくケミストリーを発生する背景になにがあるのかは興味深い。
    (追加:2015年6月25日)

 

2001

Drawn From Life : Produced By Brian Eno & J.Peter Schwalm

  1. From This Moment
  2. Persis
  3. Like Pictures Part #1
  4. Like Pictures Part #2
  5. Night Traffic
  6. Rising Dust
  7. Intenser
  8. More Dust
  9. Bloom
  10. Two Voices
  11. Bloom ( Instr. )
  • Composed And Performed By Brian Eno & J.Peter Schwalm
    Leo Abrahams    Guitar On ", "Rising Dust" And "Like Pictures Part #2"
    Nell Catchpole    Live Strings On "Persis","Like Pictures Part #2", "Intenser", "Bloom" And "Rising Dust"  Voice On "Intenser"
    Holger Czukay  IBM Dictaphone On "Like Pictures Part #1"
    Heiko Himmighoffen  Percussion On "Night Traffic", "Rising Dust" And Intenser"
    Lynn Gerlach  Voice On "Rising Dust"
    Irial And Darla  Voices On "Bloom"
    Michy Nakao  Voice On "Like Pictures Part #1"
  • イーノとピーター・シュワルムによる作品。 シュワルムとは、『 Music for 陰陽師 』 に続く共同制作作業となるのだが、リリース時期が近いことから、同時期にレコーディングされた楽曲が2つに分かれてリリースされたと考えるのが適切だと思う。
    ゲスト・ミュージシャンが多いことに起因しているのか、前半はメリハリがあるインスト曲が続くのだが、終盤になると無音に近いアンビエントが楽曲によって占められる。
    イーノのアンビエント作品を聴く時、「今からアンビエント作品を聴くぞ」と構えてしまう所が私にはあるのだが、本作品はいつの間にかアンビエントな楽曲を聴くことになる。 なんとなくアンビエントな音楽を聴いている、というのがイーノの望む所だとするのなら、本作品の構成は見事である。
    (追加:2016年5月25日)

 

Pleased To Meet You : James

  1. Space
  2. Falling Down
  3. English Beefcake
  4. Junkie
  5. Pleased To Meet You
  6. The Shining
  7. Senorita
  8. Gaudi
  9. What Is It Good For
  10. Give It Away
  11. Fine
  12. Getting Away With It ( All Messed Up )
  13. Alaskan Pipeline
  • Produced by Brian Eno With Saul Davies.
    Except Track 2 Produced by Brian Eno & K.K.
    Track 11 Produced by James, Brian Eno & K.K.

  • 四度、イーノがプロデュースしたジェイムスの作品。
    イーノとの関係が究まったのか極まったのか、よく判らい領域にまで達した作品である。 ジェイムスというバンドの資質は判らないし、イギリスにおけるポジショニングもチャート上で成功しているということ以外わからないが、イーノによる一連のプロデュース作品がジェイムスの本質とはとても思えない。
    イーノのプロデュース手法として、「何もしない」と「メンバーのように一緒に創り込む」がある。 前者はバンドそのものを際立出せるために何もしないという選択を敢えてしたものであり、後者はバンドとケミカルを発生させて新たなものを創造している。 ジェイムスとの関係はこのどちらでもなく、素材としては面白くないジェイムスにイーノが色々と持ち込んだものの、新たな何かは生まれず持ち込んだものがそのままアウトプットされてしまっている。
    ロック・バンドのプロデューサーとしてのイーノの関心は、この後コールドプレイに移っていくことになる。
    (追加:2017年7月10日)

 

2002

Frantic : Bryan Ferry

  1.  It's All Over Now, Baby Blue
  2. Cruel
  3. Goin' Down
  4. Goddess Of Love [ Keyboards, Backing Vocals    Brian Eno ]
  5. Don't Think Twice, It's All Right
  6. Nobody Loves Me
  7. Ja Nun Hons Pris
  8. A Fool For Love
  9. Goodnight Irene
  10. Hiroshima... [ Keyboards    Brian Eno ]
  11. San Simeon
  12. One Way Love [ Backing Vocals    Brian Eno ]
  13. I Thought [ Guitars, Keyboards, Backing Vocals    Brian Eno ]
  • オリジナルとカヴァーが混在している、ブライアン・フェリーのソロ・アルバム。 混在などと言ってしまうと聞こえが悪いが、フェリーのソロ作品としてみるとオーソドックスな構成である。
    音の隙間を全て埋めきることにこだわった楽曲も相変わらずあるが、『 Boys And Girls 』 以降のぬめっとしたアレンジは少し後退しており、楽曲数が多いにもかかわらず聴きやすい作品となっている。
    アンビエントな装飾音、ビヨヨヨヨーンというシンセサイザー、そして不安定なヴォーカルと、イーノの活躍は判りやすく、1994年の 『 Mamouna 』 以来の参加についても、かつての人間関係のしがらみが原因ではなく、たまたま間が空いてしまった、と思えるような良い意味での普通な印象がある。
    (追加:2015年11月25日)

 

2003

Beat The Border : Geoffrey Oryema

  1. The River
  2. Kel Kweyo
  3. Market Day
  4. Lapwony
  5. Umoja
  6. Gang Deyo
  7. Hard Labour
  8. Payira Wind
  9. Lajok
  10. Nomad
  • Brian Eno    keyboards (on Payira Wind )

  • ジェフリー・オリエマの、Real World からリリースされた2作品目。
    前作と比べて、ジェフリー・オリエマのヴォーカルの特徴が抑えられている。 ポピュラリティを高めようとした結果なのかもしれないが、面白さが無くなったというか、ワールド・ミュージックとロックが普通に迎合した音楽となっている。
    イーノは前作と異なりプロデュースは行わず、” Payira Wind ” 1曲だけにクレジットされている。 全体を包み込むようなキーボードはイーノならではのものだけに、アルバム全体の完成度が落ちてしまったのはイーノがプロデュースを行わなかったためだ、と言いたくもなってくる。
    (追加:2016年9月10日)

 

Cuckooland : Robert Wyatt

Part One ' neither here...'

  1. Just A Bit
  2. Old Europe
  3. Tom Hay's Fox    [ Brian Eno  the last note ]
  4. Forest    [ Brian Eno  voice ]
  5. Beware
  6. Cuckoo Madame
  7. Raining In My Heart
  8. Lullaby For Hamza

Silence

Part Two '.....nor there'

  1. Trickle Down
  2. Insensatez
  3. Mister E
  4. Lullaloop
  5. Life Is Sheep
  6. Foreign Accents
  7. Brian The Fox
  8. La Ahada Yalam ( No-one Knows )
  • ポール・ウェラーの参加、という意外性が話題となったロバート・ワイアットのソロ・アルバム。
    ここにおいて、イーノとワイアットの間に音楽性の共通点というものは殆ど無い。 また、ワイアットのソロ・アルバムにおいて「イーノの参加」ということがセールスへの影響ももはや無い。 このような状況下においてイーノの参加理由を想像してみると、もうこれは2人の人間関係以外ありえないはずである。
    こうなってくると、もう是々非々を考えることなど無意味で、2人が参加している楽曲を只々聴いて堪能すれば良いのだと思う。
    (追加:2016年1月10日)

 

2004

6PM : Phil Manzanera

  1. Broken Dreams  [ Enotonic : Brian Eno ]
  2. Green Spikey Cactus
  3. Love Devotion
  4. Wish You Well
  5. 6PM
  6. Waiting For The Sun To Shine  [ Enotonic : Brian Eno ]
  7. Manzra  [ Enotonic : Brian Eno ]
  8. The Cissbury Ring
  9. Porlock
  10. Shoreline
  11. Always you
  12. Sacred Days
  13. For You - bonus track for japan only
  • フィル・マンザネラが、ロキシー・ミュージックの再結成後に発表したソロ・アルバム。
    実験色、ラテン色が、残ってはいいるものの、それ以上にロック色が強くでた作品である。 本作品リリース前年の再結成ロキシーが懐メロ・バンドと化していたことは否めないが、そこにフラストレーションのようなものをマンザネラが感じていたのだとすれば、それが本作品の好結果に繋がったのかもしれない。 ロキシーやクワイエット・サンのメンバーが参加していることだけがウリ文句にならない程の良さがある。
    イーノは Enotonic とクレジットされている。 いつもながらイーノの名前を付した造語でクレジットされてしまうと、上品に拡がるシンセサイザーや残響音の全てがイーノによるものと思われてくるし、そうクレジットされるに値する価値が充分にある。
    (追加:2016年8月10日)

 

How To Dismantle An Atomic Bomb : U2

  1. Vertigo
  2. Miracle Drug
  3. Sometimes You Can't Make It On Your Own
  4. Love And Peace Or Else
        Original production by Brian Eno and Daniel Lanois
        Synthesizers by Brian Eno
  5. City Of Blinding Lights
  6. All Because Of You
  7. A Man And A Woman
  8. Crumbs From Your Table
  9. One Step Closer
  10. Original Of The Species
  11. Yahweh
  • イーノが関与している U2 の作品の中で、イーノの関与度が最も少ない作品。
    iPod のプロモーション用の楽曲として CM でもよく流れたあざといまでのロックな楽曲 ” Vertigo ” がある一方で、イーノ& U2 の楽曲だとわかりやすく ” Love And Peace Or Else ” は提示されている。 そして本曲は、そのクレジットから前作 『 All That You Can't Leave Behind 』 制作時の楽曲である可能性が高い。
    U2 にとって、イーノの存在価値が、イーノという記号の活用に過ぎなくなってしまっているようで、イーノ好きとしては残念な結果である。
    (追加:2015年6月25日)

 

Music from the Motion Picture Soundtrack  Clean

Clean (Film De Olivier Assayas)
  1. An Ending ( ascent ) : Brian Eno
  2. Strawberry Stain : Maggie Cheung
  3. Taking Tiger Mountain : Brian Eno
  4. Breakaway : Tricky / Liz Densmore
  5. Down In The Light : Maggie Cheung
  6. Dead Disco : Metric
  7. Spider And I : Brian Eno
  8. Neon Golden : The Notwist
  9. Wait For Me : Maggie Cheung
  10. Knives From Bavaria : Britta Phillips / Dean Wareham
  11. She Can't Tell You : Maggie Cheung
  12. Dead Disco : Metric  "clean" - live film version
  • イーノの既発表楽曲が収録されている映画のサウンドトラック。
    サントラ用にイーノの曲を選曲す Taking Tiger Mountain ” や、” Spider And I ” といった地味なヴォーカル曲が収録されている。 こうした曲を選曲したところには、それなり以上の意図があるのではないかと考えてしまうが、主演女優の普通な歌唱曲を聴くと、やはりタマタマなのかと思えてくる。
    (追加:2012年12月25日)

 

2005

More Music For Films : Brian Eno

More Music for Films

  1. Untitled
  2. The Last Door
  3. Chemin De Fer
  4. Dark Waters
  5. Fuseli
  6. Melancholy Waltz
  7. Northern Lights
  8. From The Coast
  9. Shell
  10. Empty Landscape
  11. Reactor
  12. The Secret
  13. Don't Look Back
  14. Marseilles
  15. The Dove
  16. Roman Twilight
  17. Dawn, Marshland
  18. Climate Study
  19. Drift Study
  20. Approaching Taidu
  21. Always Returning (II)
  • イーノの再発シリーズの一環でリリースされた作品。
    事前アナウンスされたタイトルと情報から、オリジナル 『 Music For Films 』 の完全収録と、11枚組とアナログBOXに入っていた 『 Music For Films II 』 の完全収録が期待されたわけだが、残念ながらその思いは届かず。 両作品から少しずつオミットされた曲があり、完全盤は今後にまた期待するしかない。
    短めの曲(というより曲の断片)が次々と提示され、、穏やかな曲調が多いにも拘わらず、飽きることなく作品全体を楽しむことができる。
    フリップのようなギター・プレイも散見されるが、クレジットが全くないので確証はもてない。 それよりも「ギターの音してないじゃん!」っていうような曲に、参加している可能性があるかもしれない。 フリップの参加を推測しながら聴くのも、本作品の楽しみ方の一つかもしれない。
    (追加:2005年5月25日)

 

Another Day On Earth : Brian Eno

Another Day On Earth

  1. This
  2. And Then So Clear
  3. A Long Way Down
  4. Going Unconscious
  5. Caught Between
  6. Passing Over
  7. How Many Worlds
  8. Bottomliners
  9. Just Another Day
  10. Under
  11. Bone Bomb
    Bonus track for Japan
  12. The Demon Of The Mines
  • 『 Before And After Science 』 以来のヴォーカル・アルバム、というキャッチが一人歩きしているが、もっと冷静にとらえるべき作品だと思う。 
    『 Wrong Way Up 』 や 『 Nerve Net 』 でも唄っていたではないか、という突っ込みも可能だが、所謂ロック・フォーマットの曲がないことが、1970年代、90年代のボーカル・アルバムと大きく異なる点である。 リズムがしっかりとあり、ドローンが少ないアンビエント風の音に、ヴォーカルや声が被さっている作品、というのが正しい表現だと思う。
    従って、イーノを環境音楽家と捉え難解であることだけを崇めようとする人にも、『 Here Comes The Warm Jets 』 から 『 Before And After Science 』 までの攻撃的なポップ・ミュージック路線を期待する人にも、中途半端な作品だろう。 一方、その時その時にイーノが提示する多用な音楽感を、提示されたまま受け止めれば良いと思っている人には、アルバム一枚で多くを味わうことができる魅力的な作品だと思う。
    ヴォーカル・アルバムという煽りに誤解されることなく、イーノの入門作品として多くの人に利用してもらいたい作品である。
    (追加:2005年7月25日)

 

14 Video Paintings : Brian Eno

14 Video Paintings (Dig)

  1. Thursday Afternoon
      Seven video paintings of Christine Alicino
  2. Mistaken Memories Of Mediaeval Manhattan
      Dawn
      Menace
      Towers
      Lights
      Empire
      Appearance
      Lafayette
  • 1980年代にイーノがリリースした、環境音楽ビデオ版2作品をDVD化したもの。
    ” Thursday Afternoon ” は、ヌードの女性がぼんやりと動く姿を7場面とらえた作品。 フィルターを通したような映像のため、80分強ヌードを見せられても全く欲情しない。 1984年4月にサンフランシスコで撮影されており、翌1985年には音源のみの短縮版(それでも60分)として、同タイトルのCDも発表されている。
    ” Mistaken Memories Of Mediaeval Manhattan ” は、マンハッタンの情景を、カメラを固定した状態で7場面とらえた作品。 1980年から81年にかけてイーノ自らが撮影したものを1987年に編集している。
    2作品通して2時間もの時間を集中して見続けるのは、正直言って辛い。 イーノにしてみても、ディスプレイの前に鎮座して見続けることは想定していないと思うが、何かをしながら本作品を観る、という場面も想像しにくい。
    観る(聴く)場面が想像しにくい、という点では、イーノのアンビエント作品群の中でも、最も過激な作品かもしれない。
    (追加:2005年12月25日)

 

X&Y : Coldplay

   X1.  Square One
   X2.  What If
   X3.  White Shadows
   X4.  Fix You
   X5.  Talk
   X6.  X&Y

   Y1.  Speed Of Sound
   Y2.  A Message
   Y3.  Low
   Y4.  The Hardest Part
   Y5.  Swallowed In The Sea
   Y6.  Twisted Logic

  • Additional synthesizers on Y3 by Brian Eno.

  • コールドプレイの3作品目に、イーノは ” Low ” 1曲のみシンセサイザーで参加している。
    本作品がリリースされた2005年がイーノにとってどういった時期かと言うと、プロデューサーとして蜜月を過ごした U2 との間のにケミストリーが希薄になり、1曲しか参加しなかった 『 How To Dismantle An Atomic Bomb 』 (2004年)や、頓挫しかけた 『 No Line On The Horizon 』(2009年)に代打参加したりと、作品時代への関与度も低くなっていた。
    その代わり、というわけでは決してないだろうが、楽曲も活動も超正統派のコールドプレイにイーノが参加したことは、とても興味深い。 薄く鳴り響くシンセサイザーが如何にもイーノなのだが、その楽曲名が ” Low ” であることには、絶対にこだわりがあったと推測している。
    (追加:2015年8月25日)

 

50 Minutes Later : Phil Manzanera

  1. Revolution
  2. Technicolor UFO
  3. That's All I Know
  4. 50 Minutes Later  [ Brian Eno : kaos pads / keyboards ]
  5. Desaparecido
  6. Dusza
  7. One Step
  8. Swimming
  9. Bible Black
    [ Brian Eno : kaos pads / keys / Enotonik treatments ]
  10. Till The End Of The Line
    Bonus Track
  11. Enotonik Bible Black (" Mainstream " Version )
      [ Brian Eno : kaos pads / keys / Enotonik treatments ]
  • 前作 『 6PM 』 から間をあけず発表されたフィル・マンザネラのソロ・アルバム。
    完成度は非常に高く、同コンセプトで制作されたことが功を奏したものと思われる。 参加メンバーも 『 6PM 』 と殆ど替わっていないというか、そもそも30年以上前からの友人関係をベースに制作しているのが、『 6PM 』  『 50 Minutes Later 』 の成功要因なのだと思う。
    クリムゾンの ” Starless ” の歌詞の一部を意識した ” Bible Black ” を、更にイーノがいじくり回した ” Enotonik Bible Black ” が、本作のハイライトである。 ロキシー・ミュージックの ” For Your Pleasure ” を彷彿させるテープの継ぎ接ぎ感が格好良い。 もちろんアナログな編集を実際にしているはずはないが、アナログ感はあってもアナクロ感がない編集はイーノならではのものである。
    (追加:2016年8月10日)

 

2006

77 Million : Brian Eno

  1. Never Stomp
  2. System Piano
  3. Bonk 12
  4. Luxor Night Car
  5. Targa Summer
  6. Cold
  7. Little Slicer
  8. Surf Birds
  9. Targa
  • Music And Cover ・ Brian Eno
  • 2006年3月24日から4月3日の間、ラフォーレ原宿で、『 77 MILLION    AN AUDIO VISUAL INSTALLATION BY BRIAN ENO 』 と題したインスタレーション展が開催された。 本作品はその会場で発売された CD。
    低音を強調したリズムと単音メロディが絡む楽曲が多く収録されている。
    (追加:2016年5月25日)
77Million

 

77 Million Paintings By Bria Eno

 
  • All images and music by Brian Eno
  • 『 77 MILLION    AN AUDIO VISUAL INSTALLATION BY BRIAN ENO 』 で先行発売された後、一般流通販売もされた、DVD-ROM 作品。
    インストールして再生すると、ゆっくりと変化していく映像と音楽がひたすら流れ続けていく。 77百万のパターンがあると想像させるタイトルは、判りやすく記号化したイーノ得意のハッタリであって、変化過程を含めればカウントすることすら無意味である。
    ただ、この作品を観続ける、聴き続けることができるかというと、疑問が残る。 本作品購入から既に10年経ているが、私が本作品を鑑賞した時間は、多分1時間に満たない。 飽きてしまうからである。
    2010年代以降、イーノは iOS用のアプリとしてで 『 Bloom 』 や 『 Trope 』 といった、能動的に映像や音を変化させることができる作品をリリースしていくが、これらの作品の方が個人的には好みである。
    (追加:2016年5月25日)

 

Surprise : Paul Simon

  1. How Can You Live In The Northeast?
  2. Everything About It Is A Love Song
  3. Outrageous
  4. Sure Don't Feel Like Love
  5. Wartime Prayers
  6. Beautiful
  7. I Don't Believe
  8. Another Galaxy
  9. Once Upon A Time There Was An Ocean
  10. That's Me
  11. Father And Daughter
  • Electronics : Brian Eno
  • Produced By Paul Simon
    Sonic Landscape By Brian Eno
  • イーノが全面参加しているポール・サイモンの作品。
    ポール・サイモンの熱心なフアンにしてみれば、作品毎の振れ幅こそが最大の魅力なのだろうし、その魅力を最大限活かすことが、共演者には求められていたはずである。 他の客演と異なり「イーノだから」で許されることのないだけに、イーノにとっても非常に難しい作品であったと想像できる。
    ただやはりイーノが凄かったのは、そんな状況下で本作品を上品かつアグレッシヴに仕上げた所である。 特に、” Everything About It Is A Love Song ” のメロディアスかつプログレッシヴな曲展開は特筆に値する。 一過性の話題だけで終わってしまったのが悔やまれる程の作品である。
    (追加:2015年4月25日)

 

2007

Dylanesque : Bryan Ferry

  1. Just Like Tom Thumb's Blues
  2. Simple Twist Of Fate
  3. Make You Feel My Love
  4. The Times They Are A-Changin'
  5. All I Really Wanna Do
  6. Knockin' On Heaven's Door
  7. Positively 4th Street
  8. If Not For You
  9. Baby Let Me Follow You Down
  10. Gates Of Eden
  11. ALl Along The Watchtower
  • Electronics ( Track 8 ) ・・・ Brian Eno  Isaac Ferry
  • ブライアン・フェリーによる、ボブ・ディランのカヴァー・アルバム。
    初期のソロ・アルバムからディランのカヴァーをしていただけに違和感はないが、ディランのフアンはどのように思っているのかは興味深い。
    イーノが参加している ” If Not For You ” は、ディランの 『 New Morning 』 に収録され、ジョージ・ハリソンやオリヴィア・ニュートン・ジョンにもカヴァーされた楽曲。 終始展開される薄く拡がるようなシンセサイザーがイーノによるものなのだと思うが、上品なことこの上ない。
    (追加:2015年11月25日)

 

Comicopera : Robert Wyatt

act one last in noise

  1. Stay Tuned   [ Brian Eno  keyboard, effects ]
  2. Just as You Are
  3. You You
  4. A.W.O.L
  5. Anachronist

act two the here and the now

  1. A Beautiful Peace
  2. Be Serious
  3. On the Town Square
  4. Mob Rule
  5. A Beautiful War
  6. Out of the Blue   [ enotron ( i.e. the voice of Brian Eno ) ]

act three away with the fairies

  1. Del Mondo
  2. Cancion de Julieta
  3. Pastafari
  4. Fragment
  5. Hasta Siempre Comandante
  • 前作 『 Cuckooland 』 から4年後に発表されたロバート・ワイアットのソロ・アルバム。
    イーノがイーノである必然性が全く無いのは前作同様用で、演奏で参加している楽曲でも目立たたないが、もう1曲ではサンプリングされたイーノの声が使われているだけ。 
    だからと言ってワイアットのイーノに対する扱いが低いということは無く、文字通りの「友情参加」ということになる。
    (追加:2016年1月10日)

 

2008

Viva La Vida Or Death And All His Friends : Coldplay

  1. Life In Technicolor
  2. Cemeteries Of London
  3. Lost!
  4. 42
  5. Lovers In Japan / Reign Of Love
  6. Yes
  7. Viva La Vida
  8. Violet Hill
  9. Strawberry Swing
  10. Death And All His Friends
  • Produced by Markus Dravs, Brian Eno and Rik Simpson.

  • Soniclandscapes by Brian Eno.

  • ついに、という言い方が適切なのだと思う。 前作 『 X&Y 』 で1曲のみ参加していたイーノがプロデュースを含め全面参加したコールドプレイの4作品目。
    コールドプレイを、コールドプレイを聴きたいという欲求から聴いたことがないアラフィフでプログレな私が言うのも僭越だが、正統派過ぎるコールドプレイには異分子が必要だったのだと思う。 そこに見事なまでに食い込んでいったイーノの嗅覚は相変わらず素晴らしいし、しっかりとしたアウトプットに繋げたことも流石だと思う。 一歩間違えれば U2 と揶揄されかねないところを堪えたのは、コールドプレイとイーノ双方の思惑が見事に反映された結果に違いない。
    (追加:2015年8月25日)

 

Prospekt's March EP : Coldplay

  1. Life In Technicolor ii
  2. Postcards From Far Away
  3. Glass Of Water
  4. Rainy Day
  5. Prospekt's March / Poppyfields
  6. Lost+
  7. Lovers In Japan ( Osaka Sun Mix )
  8. Now My Feet Won't Touch The Ground
  • Produced by Markus Dravs, Brian Eno and Rik Simpson.

  • 『 Viva La Vida Or Death And His Friends 』 のアウトテイクと別ヴァージョンを収録したEP。
    プロデュースのクレジットは同じでイーノの名前もあるが、「 Soniclandscapes by Brian Eno 」 のクレジットは無くなっている。
    (追加:2015年8月25日)

 

Everything That Happens Will Happen Today : David Byrne & Brian Eno

  1. Home
    [ Brian - bass, backing vocals, electric drums, kaoss pad, keyboards, guitar ]
  2. My Big Nurse
    [ Brian - bass, organ, steinberg virtual guitar, electric guitar ]
  3. I Feel My Stuff
    [ Brian - bass, electric drums, inhuman piano, guitar, keys, brass, backing vocals, tapes ]
  4. Everything That Happens
    [ Brian - bass, keyboards, water guitars, stellar voice ]
  5. Life Is Long
    [ Brian - bass, backing vocals, strings, programming, omnichord piano, guitar ]
  6. The River
    [ Brian - guitars, bass, keys, backing vocals ]
  7. Strange Overtones
    [ Brian - backing vocals, organ solo, omnichord, keys, programming ]
  8. Wanted For Life
    [ Brian - bass, backing vocals, snout keyboard, guitar, electric drums ]
  9. One Fine Day
    [ Brian - bass, backing vocals, electric guitars, steinberg virtual guitar, programming ]
  10. Poor Boy
    [ Brian - bass, electric drums, programming, guitars, keyboards, brass ]
  11. The Lighthouse
    [ Brian - bass, guitar treatments, keys, programming ]
  12. Poor Boy ( Remix )
  • デヴィッド・バーンとのコラボレーション第2弾。
    とは言うものの、前作 『 My Life In The Bush Of Ghosts 』 から四半世紀も経っており、その連続性は無い。 前作が所謂前衛性を全面に出した2人の共作色が強かった一方で、本作はバーンとイーノによるライナーによると、イーノの録りためたマテリアルにバーンがヴォーカルとギターを加えるという手法で完成させたものらしい。
    リズムが強調されていることもあり、インストゥルメンタルについてはよりロック色が強いのだが、印象は同時期(と言っても2005年)にリリースしたヴォーカル・アルバムの体を装ったアンビエント・アルバム 『 Another Day On Earth 』 に近い。 そしてその 『 Another Day On Earth 』 以降、イーノは充実したソロ・アルバムを続けて発表していくのだが、本作はその流れの中の一つとして位置づけて良い作品だと思う。
    過激さも話題性も 『 My Life In The Bush Of Ghosts 』 に及ばないしっかりとした作品である。
    (追加:2016年2月25日)

 

2009

Tracks & Traces Remixed : Harmonia 76

  1. By The Riverside ( Appleblim & Komonazmuk Remix )
  2. Luneburg Heath ( The Field Remix )
  3. Sometimes In Autumn ( Shackleton Remix )
  4. Almost ( Burger / Voigt Remix )
  5. Vamos Companeros ( Modularsystem Remix )
  6. Sometimes In Autumn ( MITMIX )
  • All Music written and performed & produced by Brian Eno, Hans-Joachim Roedelius, Michael Rother, Dieter Moebius

  • 『 Tracks & Traces 』 のリイシュー盤と同じ2009年にリリースされたリミックス盤。
    オリジナルに比べてリズムが強調され、残響音のエコーは深くなり、細かい音数も増えている。 その結果は当然ながらオリジナルの良さをことごとくダメにしてしまっている。
    間の多さがオリジナルの魅力であったにもかかわらず、それをリミックスの余地が多いと誤解したことがそもそもの間違いであり、素材として選択した時点で失敗が約束されていたようなものである。
    作品としてはハルモニア76名義となっているために取り上げたが、特にイーノの意向は全く感じられない。
    (追加:2017年4月10日)

 

No Line On The Horizon : U2

  1. No Line On The Horizon [ co-writes ]
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  2. Magnificent [ co-writes ]
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  3. Moment Of Surrender [ co-writes ]
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  4. Unknown Caller [ co-writes ]
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  5. I'll Go Crazy If I Don't Go Crazy Tonight
  6. Get On You Boots
  7. Stand Up Comedy
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  8. FEZ-Being Born [ co-writes ]
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  9. White As Snow [ co-writes ]
        Produced by Brian Eno and Daniel Lanois
  10. Breathe
  11. Cedars Of Lebanon [ co-writes ]
  • iTunes 強制配信でも話題になった U2 の最新作、『 Songs Of Innocence 』 にイーノは参加していない。 そしてこの 『 No Line On The Horizon 』 も、元々はリック・ルービンとのセッションが頓挫した後に制作された作品である。
    イーノとの共同作業を U2 側が求めなくなっているのかは、『 Songs Of Innocence 』 以降の作品のプロダクションによって明らかになるが、本作品から(あるいは更に遡って 『 How To Dismantle An Atomic Bomb 』 か ら)今に至るまで、U2 にとってイーノの必要性は無くなっている。 曲作りにまで参加している本作でも、その制作経緯は前述した通りであり、イーノ(とダニエル・ラノワ)の路線に目新しさはない。
    (追加:2015年6月25日)

 

2010

Making Space : Brian Eno

  1. Needle Click
  2. Light Legs
  3. Flora and Fauna / Gleise 581d
  4. New Moons
  5. Vanadium
  6. All The Stars Were Out
  7. Hopeful Timean Intersect
  8. World Without Wind
  9. Delightful Universe ( seen from above )
  • All instruments by Brian Eno
    Except Leo Abrahams guitar on 03,04,07 and Tim Harries bass on 07

  • イーノがゲスト・ディレクターを務めた2010年の Brighton Festival や、自身の 77 Million Paintings のインスタレーション会場等で販売されていた作品で、日本ではタワーレコードから限定販売された。
    アンビエントな1曲を9つにトラッキングしたのではなく、各々の曲は完全に独立しており、リズムあり、ギターあり、ベースあり、ノイズありと、バラエティに富んだ内容となっている。 別な言い方をすると一定のコンセプトに収まりきらなかった習作や没テイクをまとめたものということになる。
    ただ、枠に収める必要が無かったことで個々の曲の自由度が高くなっており魅力度が高い楽曲集となっている。
    (追加:2018年7月10日)

 

Small Craft On A Milk Sea : Brian Eno with Jon Hopkins & Leo Abrahams

Small Craft on a Milk Sea

  1. Emerald and Lime
  2. Complex Heaven
  3. Small Craft on a Milk Sea
  4. Flint March
  5. Horse
  6. Forms of Anger
  7. Bone Jump
  8. Dust Shuffle
  9. Paleosonic
  10. Slow Ice, Old Moon
  11. Lesser Heaven
  12. Calcium Needles
  13. Emerald and Stone
  14. Written, Fortotten
  15. Late Anthropocene
  • Brian Eno - computers
    Jon Hopkins - piano, keyboards and electronics
    Leo Abrahams - guitar, laptop and guitaret
    with
    Jez Wiles - Percussion on track 4,5,6 & 8
    Pete Chilvers - Recording supervisor and sonic archivistA
  • イーノとジョン・ホプキンスとレオ・アブラハムによる作品。
    ヴォーカル・アルバムでもないし、ドローンをベースにした音数の少ないアンビエントものでもない。 そのためカテゴライズが難しいのか、Warpというレーベルからリリースされた意味付けが強調される機会が多い。 多分イーノにとってそんなことは全てどうでも良いことで、今やりたいこと、リリースしたいものをそのまま提示しているだけなのだと思う。
    イーノとしてはヴァラエティに富んだ小曲が並んでおり、聴きやすい作品である。 
    (追加:2010年10月25日)

 

Olympia : Bryan Ferry

Olympia: Collector's Edition

  1. You Can Dance
  2. Alphaville
  3. Heartache By Numbers
  4. Me Oh My
  5. Shameless
  6. Song To The Siren
  7. No Face, No Name, No Number
  8. Bf Bass ( Ode To Olympia )
  9. Reason Or Rhyme
  10. Tender Is The Night
  • Brian Eno … synthesizer
  • ブライアン・フェリーのソロ・アルバム。
    久々の傑作、と言ったら失礼かもしれないが、事実素晴らしい内容である。 
    『 Avalon 』 から 『 Boys And Girls 』 時期のゴージャスな音や、初期ロキシーのシングル曲を彷彿させるキャッチー&グラマラスな音が、(100%とまでは言えないものの)見事に融合されている。
    本作品が成功している理由の一つは、豪華なゲスト陣をフェリーのコンセプト下で使いこなしている事である。 初期ロキシーのメンバー集結、という謳い文句でイーノが参加しているが、そのイーノに treatment とか atmosphere とか好き勝手にクレジットさせずに、synthesizer とクレジットさせる程、フェリーの意向が徹底している。
    ケイト・モスの色っぽいジャケット見ながら聴いていると、とても幸せな気持ちになれる素晴らしいパッケージ商品である。
    (追加:2010年11月25日)

 

2011

Drums Between The Bells - Brian Eno and the words of Rick Holland

DRUMS BETWEEN THE BELLS - BRIAN ENO AND THE WORDS OF RICK HOLLAND [ HARDBACK 2CD EDITION ] [2CD+44P Book / 解説付 / 1000枚限定 /国内仕様スペシャル・エディション盤] (BRWP214X)

  1. Bless This Space
  2. Glitch
  3. Dreambirds
  4. Pour It Out
  5. Seedpods
  6. The Real
  7. The Airman
  8. Fierce Aisles Of Light
  9. As If Your Eyes Were Partly Closed... As If You Honed The Swirl Within Them... And Offered Me The World
  10. A Title
  11. Sounds Alien
  12. Dow
  13. Multimedia
  14. Cloud 4
  15. Silence Breath Of Crows
  1. Seeded
  2. Pour
  3. Bird Dreaming
  4. Itch
  5. Fiercer Aisles
  6. Real
  7. Spaced
  8. Dense Air
  9. Another Title
  10. Nikkei
  11. Cloud 5
  12. Alienated
  13. As If Your Eyes
  14. Monomedia
  15. Crows
  • 前作 『 Small Craft On A Milk Se 』 から短期間でリリースされたイーノの作品。 今回は、リック・ホランドなる詩人とのコラボレーションである。
    作品にこうした記号を付加するのはイーノの定番であり、その意味付けを考えるより、「あ、今回は詩人とのコラボレーションなのね」とそのまま受け止めるだけの対応が一番正しいように思える。
    70年代のイーノを彷彿させるようなひねくれた音が時折飛び出すのが、本作品の特徴である。 もちろん、手弾きなどではなく、KAOSS PAD のようなツールのタッチ・パッドの上を指を這わせているだけなのかもしれないが、こういう音の登場のさせ方の上手さが、イーノの最大の魅力である。
    (追加:2011年7月10日)

 

Panic Of Looking : Brian Eno and the words of Rick Holland

PANIC OF LOOKING - BRIAN ENO AND THE WORDS OF RICK HOLLAND [解説付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRE39)

  1. In The Future
  2. Not A Story
  3. Panic Of Looking
  4. If These Footsteps
  5. Watch A Single Swallow In A Terminal Sky, And Try To Fit Its Motion, Or Figure Why It Flies
  6. West Bay
    bonus track for japan
  7. This Climate
  • イーノの新作、というより 『 Drums Between The Bells 』 からのアウトテイクス集。
    イーノのインタビューを読むと、無尽蔵に楽曲がストックされているような発言が出てくるが、今回の作品はそんな楽曲がお蔵入りになることなく一般リリースされたものである。
    アウトテイクス集が enoshop 限定作品ではなく、今回一般リリースされた理由は良くわからない。 『 Drums Between The Bells 』 がコマーシャル的に大成功したとは思えないし、楽曲自体も地味。 EP扱いのため安価ではあるが入門編には適さない。 『 Drums Between The Bells 』 とのセット購入、というのが一番適切な触れ方だと思う。
    (追加:2011年11月10日)

 

Mylo Xyloto : Coldplay

  1. Mylo Xyloto
  2. Hurts Like Heaven
  3. Paradise
  4. Charlie Brown
  5. Us Against The World
  6. M.M.I.X.
  7. Every Teardrop Is A Waterfall
  8. Major Minus
  9. U.F.O.
  10. Princess Of China
  11. Up In Frames
  12. A Hopeful Transmission
  13. Don't Let It Break Your Heart
  14. Up With The Birds
  • Enoxificiation and additional composition by Brian Eno.

  • イーノが関与したコールドプレイの最後の作品。
    イーノは、プロデューサーからこそ外れているが、「 Enoxification 」 とクレジットされている。 こうクレジットされてしまうと、薄く拡がるようなシンセ音とか、残響は全てイーノによるものだと思ってしまうわけで、イーノにしてみればしてやったりということなのだろう。
    コールドプレイというバンドに対しては是非どちらの印象も全くないが、バンド側がここまでやられてしまうのはちょっと、と思ってしまうのもわかる気がする。
    (追加:2015年8月25日)

 

2012

Lux : Brian Eno

LUX [輸入盤] (WARPCD231)
  1. Lux 1
  2. Lux 2
  3. Lux 3
  4. Lux 4
  • Written by Brian Eno
    Produced by Brian Eno

    Additional Musicians :
    Moog Guitar : Leo Abrahams
    Violins and Violas : Nel Catchpole

  • イーノは凄い。
    「ヴォーカル・アルバムだ」、「新レーベルからの販売だ」、「詩人とのコラボレーションだ」と、そして今回に至っては「21世紀初となるアンビエント作品」と、売る側がアウトプットの方式に基づくだけの納得感無い記号をつける一方で、イーノ自身は自分に対する記号の付け方、ハッタリの利かせ方が的確なのが凄い。
    本作につてのイーノは、「七音階を使った21通りの五音グループ」に気づいたことが背景にあると語っている。 これがどれだけ音楽的に正しいことなのか良くわからないが、集中して聴き続けるには充分な動機付けになる。
    イーノは新譜を出すと律儀に雑誌のインタビューに応えるが、自分の作品の最大のプロモーションが、自分の発言であることを充分に理解し、活用しているのだと思う。
    (追加:2012年11月25日)

 

2013

Brian Eno X Nicolas Jaar X Grizzly Bear : Brian Eno X Nicolas Jaar X Grizzly Bear


  A. Lux    By Brian Eno ( Nicolas Jaar Remix )

  AA. Sleeping Ute    By Grizzly Bear ( Nicolas Jaar Remix ) 

  • 2013年4月20日の Record Store Day 2013 で発売された 33 r.p.m. の12インチ・ディスク。
    イーノの名前が前面に出て入るが、実際にはニコラス・ジャーというミュージシャンによるリミックス作品である。 前年(2012年)にブライアン・イーノ名義で発表した 『 Lux 』 のリミックスのみにイーノが関与していることになるが、どの部分からどこをどうリミックスしたかを判別するのは不可能な状態である。
    (追加:2018年4月25日)

 

2014

Someday World : Eno ・ Hyde

  1. The Satellites
  2. Daddy's Car
  3. A Man Wakes Up
  4. Witness
  5. Strip It Down
  6. Mother Of A Dog
  7. Who Rings The Bell
  8. When I Built This World
  9. To Us All
  1. Big Band Song
  2. Brazil 3
  3. Celebration
  4. Titan Bekh
  • アンダーワールドのカール・ハイドとのコラボレーション作品。
    ここ何年かイーノが新作を出すと、その半年後位から中古盤のイーノ・コーナーにその新作が何枚も並ぶ、というパターンが繰り返されてきたが、本作品はその可能性が低いと思う。
    本作品とそれ以前の数作との優劣を比較するつもりは毛頭無い。 あれもイーノ、これもイーノと言ってしまうと安易かもしれないが全てイーノがやりたかったことである。 そしてここ数年のイーノの旺盛なリリース意欲の結果、本フォーマットのような作品もリリースされる機会に恵まれたと考えるべきである。
    プロデュースした作品の商業的成功とは別に、自らの名前を冠した本作品でイーノの名前がもっと売れたら嬉しい。
    (変更:2014年5月10日)

 

High Life : Eno ・ Hyde

  1. Return
  2. DBF
  3. Time To Waste It
  4. Lilac
  5. Moulded Life
  6. Slow Down, Sit Down And Breathe
  7. Cells & Bells
  •  『 Someday World 』 から半年足らずに発表された、イーノ&ハイドの作品。
    同作品のアウトテイク集ではなく、新たにレコーディングされた作品とのこと。 同梱された日本語ライナーで、イーノだけではなくカール・ハイドもコメントしているので、イーノ得意のハッタリでは無いと思われる。
    確かに音の傾向は大きく異る。 エリック・タム著の 『 ブライアン・イーノ 』 において「攻撃的なロックの曲」分類された曲に該当するだろう曲の格好良さや、執拗なまでに繰り返されるミニマル・フレーズが終了した後に感じることができるカタルシス等、聴きどころ満載の作品である。
    作品の発表機会が増えた2010年以降のイーノは、自身何度かめのピークを迎えていると言って過言ではない。
    (追加:2014年7月10日)

 

2015

My Squelchy Life : Brian Eno

  1. I Fall Up
  2. Not To Fail In The Harness
  3. My Squelchy Life
  1. Some Words
  2. Tutti Forgetti
  3. Stiff
  1. Juju Space Jazz
  2. Under
  3. Rapid Eye
  1. Everybody's Mother
  2. Little Apricot
  3. Over
  • 2015年4月18日の Record Store Day 2015 で発売された作品で、33 r.p.m. の12インチ2枚組ディスク。
    『  My Squelchy Life 』 については、『 Nerve Net 』 より前にリリースされるはずだったものがお蔵入りになり、その後 『 Brian Eno II 』 において一部の楽曲が発表された後、2014年に 『 Nerve Net 』 が再発された際にボーナスCDとしてリリースされている。
    本作品は、” Rapid Eye ” の追加と一部曲順を変更されており、更に1曲毎の参加ミュージシャンがクレジットされているため、フリップが参加しているのが ” I Fall Up ” と ” Juju Space Jazz ” だということが判明した。
    (追加:2018年4月25日)

 

Ladytron / The Numberer : Roxy Music

  1. Ladytron ( Previously Unreleased Unedited Version - Stereo Remix )
  1. The Numberer ( Stereo Mix ) 
  • Produced by Pete Sinfield
    2015 Stereo Remixes by Steven Wilson
  • 2015年4月18日の Record Store Day 2015 で発売された作品で、45 r.p.m. の10インチ・ディスク。
    「 Taken from the forthcoming Super Deluxe Edition of ROXY MUSIC 」 と記載されているが、そのスーパー・デラックス・エディションのリリースは2018年で3年近くかかっている。
    スティーヴン・ウィルソンによるステレオ・ミックスとクレジットされているが、スーパー・デラックス・エディションでのウィルソンの関与は DVD に収録された5.1ミックスのみとなっている。 その結果、本作品に収録されている2曲のミックスとも、他ではリリースされていないことになる。
    (追加:2018年4月25日)

 

2016

The Ship : Brian Eno

  1. The Ship
  2. Fickle Sun
    (i) Fickle Sun
    (ii) The Hour Is Thin
    (iii) I'm Set Free
  3. Away ( Bonus Track For Japan )
  • Produced by Brian Eno. Assistant producer Peter Chilvers
  • Additional singers / players :
    Peter Chilvers ・ Programming, ED sound analyst, Ableton live operator, string keyboards on The Ship and additional keyboards and vocoder on Fickle Sun
    Leo Abrahams ・ Guitar on I'm Set Free
    Jon Hopkins ・ Keyboards on I'm Set Free
    Nell Catchpole ・ Violin and viola on I'm Set Free
    Peter Serafinowicz ・ Voice on The Hour Is Thin
    Nuria Homs ・ Catalan voice on The Ship
    Member of The Elgin Marvels ・ Siren voice on The Ship
    All other instruments ・ Brian Eno
  • イーノの単独名義としては、2012年の 『 Lux 』 以来になる作品。
    アンビエントとヴォーカルものの融合、などという陳腐な表現で語るには余りのももったいない味わい深い作品である。 ヴェルベット・アンダーグラウンドのカヴァー曲である ” I'm Set Free ” も唐突感は全く無く、そこに繋がるまでの流れが見事である。
    ただきっと、本作品もまた中古市場で多く流通するようになると思われる。 イーノの新譜がリリースされた時、その内容について否定的な意見を目にすることは少ない。 むしろ雑誌等では傑作として語られることの方が多い。 ただ万人受けする傑作ではないことも事実であって、この辺りがイーノのファンにしてみるともどかしかったりする。
    (追加:2016年5月25日)

 

2017

Reflection : Brian Eno

  1. Reflection
  • Written, recorded and produced by Brian Eno

  • イーノによる、アンビエント新作。
    本作品を語るにあたり、上記以上の説明はいらないと思う。  これは放棄しているわけでも、斜に構えて発言しているわけでもなく、我ながらこれ以上必要無い程的確に説明しているという自負がある。
    多弁なイーノ自身も、今回の新譜のプロモーションにあたって「アンビエント」や「ジェネレイティヴ」といった、自らの作品群の中で使われてきた単語を惜しげもなく使用している。 まさにそんな作品である。
    イーノが新譜を出すとメディアでは傑作と大きく扱われる一方、2,3ヶ月後には中古盤として多く出回る、といったパターンがもう数十年に渡って繰り返されているわけだが、U2やコールドプレイで充分な財を成したイーノにしてみれば、そんなことはもうどうでもよいことなのだろう。 商業的成功を意識することなく、好きな時に好きな作品をリリースすることがきるイーノの立ち位置は素晴らしい。
    (追加:2017年1月25日)

 

Kaleidoscope EP : Coldplay

  1. All I Can Think About Is You
  2. Miracles ( Someone Special )
  3. ALIENS
  4. Something Just Like This ( Tokyo Remix )
  5. Hypnotised
  • ALIENS co-produced by Brian Eno and Marks Dravs.
  • Additional guitar and backing vocals on ALIENS by Brian Eno.
  • 『 Mylo Xyloto  』 以来6年振りにイーノが関与したコールドプレイの作品。 とは言ってもアルバム全体に参加しているのでは無く、EPの中の1曲に参加しているだけである。
    イーノがプロデュースしている楽曲で自ら演奏もしている場合、その楽器がシンセサイザーだろうがギターであろうが、出て来る音の差は殆ど無い。 イーノとしても、シンセサイザーであるべきとか、ギターによる必然性を考えたりした上で使い分けているのではなく、その時たまたま使っていた楽器の音を、楽曲の中で如何に活かすかを考えているだけに違いない。
    ALIENS ” でのイーノのクレジットは、ギターとバッキング・ヴォーカルなのだが、何となくイーノが参加しているっぽい曲だな、という印象のみが残る。 そしてこれこそが、イーノの参加が成功している典型的パターンである。
    (追加:2018年2月25日)

 

Finding Shore : Tom Rogerson with Brian Eno

  1. Idea of Order at Kyson Point
  2. Motion in Field
  3. On-ness
  4. March Away
  5. Eastern Stack
  6. Minor Rift
  7. The Gabbard
  8. Red Ship
  9. Quoit Blue
  10. Marsh Chorus
  11. An Iken Loop
  12. Chain Home
  13. Rest
    Bonus Track
  14. Drift 1
  15. Roedeliain
  • Notes    Tom Rogerson
    Sounds    Brian Eno

  • スリー・トラップト・タイガーズというバンドを組んでいるキーボード奏者トム・ロジャーソンと、イーノによる作品。
    元々同郷の2人が本作品を制作するきっかけとなったのが、トイレで出会ったことらしいが、そんな嘘でもハッタリでもどうでもいいようなことが、イーノ関連作品らしくて良い。
    構成としては、ロジャーソンによるピアノ、キーボードに、イーノがアンビエント・トリートメントを施した楽曲が並んでいる。 ハロルド・バッドとの共作 『 Ambient 2 / The Plateaux Of Mirror 』 の音数を多くしたような作品、と言ってしまうと安易ではあるが的を得ていると思う。 当時から器材はデジタルに切り替わっているだろうが、ピアノにかかった深いエコーが続くと思って聴いていると、いつの間にかそれ自体がシンセサイザーの音色に切り替わる手法は心地よい。
    (追加:2018年7月10日)

 

2018

The Weight Of History ・ Only Once Away My Son : Brian Eno with Kevin Shields


  A. The Weight Of History

  AA. Only Once Away My Son 

  • Produced by Eno
    Composed by Eno & Shields
  • 2018年4月21日の Record Store Day 2018 で発売された 33 r.p.m. の12インチ・ディスク。
    イーノとマイ・ブラッディ・バレンタインのケヴィン・シールズによるコラボレーションによる2曲が収録されている。 2人のキャリアから想像されるアンビエント+ノイズによる、ダークでドロドロとした音楽がひたすら続く。
    (追加:2018年4月25日)

 

Music For Installations : Brian Eno


Disk 001  Music From Installations

  1. Kazakhstan
  2. The Ritan Bells
  3. Five Light Paintings
  4. Flower Bells

Disk 002  77 Million Paintings

  1. 77 Million Paintings

Disk 003  Lightness Music For The Marble Place

  1. Atmospheric Lightness
  2. Chamber Lightness

Disk 004  I Dormienti / Kite Stories

  1. I Dormienti
  2. Kite I
  3. Kite II
  4. Kite III

Disk 005  Making Space

  1. Needle Click
  2. Light Legs
  3. Flora and Fauna / Gleise 581d
  4. New Moons
  5. Vanadium
  6. All The Stars Were Out
  7. Hopeful Timean Intersect
  8. World Without Wind
  9. Delightful Universe ( seen from above )
  10. Purple Zone

Disk 006  Music For Future Installations

  1. Unnoticed Planet
  2. Liquidambar
  3. Sour Evening ( Complex Heaven 3 )
  4. Surbahar Sleeping Music
  5. Modified Fishes ( No Wah )
  • All music produced by Brian Eno
    All music performed by Brian Eno
  • With
    Leo Abrahams ・ Guitars on disk 001 ・ Kazakfstan, disc 005 ・ Flora and Fauna / Gleise 581d, New Moons, Vanadium, Hopeful Timean Intersect
    Nell Catchpole ・ Violin and Viola on disc 001 ・ Kazakfstan
    Kyoko Inatome ・ Treated voices on disc 002 ・ 77 Million Paintings, disc 004 ・ I Dormienti, Kites I,II & III
    Tim Harries ・ Bass on disc 005 ・ Hopeful Timean Intersect
  • イーノが取り組んでいる活動の一つにインスタレーションがあるが、そのインスタレーション用の作品を集めたボックス・セット。
    『 Music From Installations 』 はいくつかのインスタレーションで使われた4曲を収録している。 会場も時期(1985~2017年)も異なるが、各曲とも20分前後のアンビエント風の大作となっている。 勿論、各曲の構成やメインに使われている音色は全て異なるのだが、イーノによるインスタレーション用音楽、として想像しうる理想的な集合体となっている。
    『 77 Million Paintings 』 は、2006年にラフォーレ原宿で行われたインスタレーション 「 77 MILLION    AN AUDIO VISUAL INSTALLATION BY BRIAN ENO 」 で使われた音楽とクレジットされているが、同会場で限定発売されたCD 『 77 Million 』 とは異なる内容である。 会場発売のCDが低音を強調したリズムを含んだ9つの小曲で構成されていたのに対し、中音域のドローンが多いアンビエント風の大曲1曲で構成されている。
    『 Lightness Music For The Marble Place 』 は、1997年にロシアのサンクトペテルブルクにあるロシア美術館の The Marble Place で行われたインスタレーション 「 Lightness 」 で使われた音楽。 30分前後の2曲は、多分10回以上聴いてもその判別は難しいと思う。
    『 I Dormienti / Kite Stories 』 は、1999年に行われた2つのインスタレーションでの楽曲が収録されている。 ” I Dormienti ” は、ロンドンで行われたもの、他の3曲はヘルシンキでのものである。 強いて挙げれば、変調された人間の声が使われていることが共通点である。
    『 Making Space 』 は、日本でも限定販売された 『 Making Space 』 に、日本盤のみボーナス曲として ” Purple Zone ” が追加されている。 その ” Purple Zone ” は、極太のエアコン・ダクトが響き続けるような音がしている。
    『 Music For Future Installations 』 は、タイトル通り将来インスタレーションで使われることを想定した楽曲集。 とは言っても実態は、イーノのハード・ディスクに保管されている無限の未発表音源から取り出した楽曲を、インスタレーション用とカテゴライズした作品である。
    (追加:2018年7月10日)

Top Page