King Crimson Data Base
    California Guitar Trio

Rocks The West / California Guitar Trio

Rocks the West

  • 2000年 Album
  1. Scramble
  2. Symphony No.9
  3. Bohemian Rhapsody
  4. Caravan    Moroccan Roll w/drum solo
  5. Punta Patri
  6. Waters of Eden
  7. Blue-eyed Monkey
  8. Pathways
  9. Pictures at ah Exhibition    Hut of the Baba Yaga and the Great Gate of Kiev
  10. Happy Time in Fun Town
  11. Misirlou
  12. Rokudan
  13. Blockhead
  • Bert Lams, Paul Richards, Hideyo Moriya     Acoustic Guitars
    Tony Levin    Fretless bass, Chapman Stick (Tracks 1,5,6,8,10,11,13)
    Bill Janssen    Saxphone (Tracks 7,8,10,11,13)
  • カリフォルニア・ギター・トリオのライヴ・アルバム。 サウンド・プロダクションにフリップの名が無い初の作品であるとともに、現在までの所CGTの最高傑作だと個人的には思っている。
    ベンチャーズやクラッシックの楽曲の採用、ディストーションをかましたアコギのソロ等、リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツ時代からフォーマットはほとんど変わらないものの、本作品が前3作と決定的な違うのは、「お笑い」の要素があることだと思う。
    ” Bohemian Rhapsody ” をコーラス・パートを含め完コピしたり、ご丁寧にクレジットまでした上で ” Caravan ” でドラム・ソロを再現したりする几帳面さはとにかく笑うしかない。 当人達がシャレでやっているのか、まじめにやっているのかはわからないが、過剰なまでのギター・アンサンブルを聴いていると、そんなことさえどうでもよくなってくる。
    (追加:2003年5月10日)

 

CG3 + 2 / California Guitar Trio with Tony Levin and Pat Mastelotto

Cg3+2

  • 2002年 Album
  1. Melrose Avenue
  2. Skyline
  3. Dancing Ann
  4. Heart Of Sunrise
  5. Hanagasa
  6. Zundoko Bushi
  7. Blockhead
  8. Dance Of Maya
  9. Swampy Space
  10. Swampy Return
  11. Train To Lamy
  12. Eve
  13. What I Am
  14. The Chase
  15. Apache
  16. Discipline
  • Bert Lams - Guitar, Tenor Guitar
    Paul Richards - Guitar, Slide Guitar
    Hideyo Moriya - Guitar, Mando - Cello
    Tony Levin - Bass, Chapman Stick
    Pat Mastelotto - Traps And Buttons

  • カリフォルニア・ギター・トリオの最新作。 名義としては、トニー・レヴィンとパット・マステロットとの共作ということになる。
    過去のレパートリーの再演、イエスやクリムゾンのカヴァー、そして ” 21世紀のズンドコ節 ” という秀逸な邦題がつけられた ” Zundoko Bushi ” が目玉というか売りの作品。
    完全に好みの問題だと思うが、ライヴ・アルバムの 『 Rocks The West 』 が大傑作だと思っている立場にしてみると、本作品はちょっと残念であったりする。
    ” Bohemian Rhapsody ” のコーラス・パートをギターだけで再現したりとか、ベンチャーズ・ナンバーのドラム・ソロのパートまでギターでカヴァーするとかいった、ギター・アンサンブルへの異常なまでのこだわりがCGTの魅力であったと思う。 リズム隊の参加でダイナミズムは増しているものの、お笑いと紙一重なまでの圧倒的なギター・アンサンブルを堪能できなかったのが心残りである。
    (追加:2002年12月25日)

Top Page