King Crimson Data Base
    ProjeKct Three

Physical Discs

Masque : ProjeKct Three

  • Masque 1-13
  • Robert Fripp     Guitar
    Trey Gunn     Touch guitar, Talker
    Pat Mastelotto    Electronic traps & buttons
  • A Ton Prob produced by Robert Fripp & David Singleton with Pat Mastelotto and Alex R. Mundy
  • プロジェクト3は、最後のプロジェクトとして1999年3月21日から25日にテキサスで5回のライブを行っている。 本アルバムは、ライブでの演奏を元に、マステロットを中心にミキシングを行った作品である。
    ライブ自体がマステロットの地元であるテキサスを中心に行われたこと、ミキシング作業がマステロットを中心に行われていること等からもわかるように、プロジェクト3はマステロットを中心としたプロジェクトであり、悪く言えばマステロットのお勉強に付き合わされるだけの作品である。
    全13曲には、タイトルは一切無し。 ご丁寧にもCDのランダム・モードで聴くことまで推奨されている。 曲はどれも金太郎飴状態で、一定のリズム・パターンの上でフリップとガンがソロや効果音を被せるだけのもの。 マステロットによってミキシングされる前の、生に近い形でのライブをコレクターズ・クラブから是非リリースしてもらいたい。 プロジェクト3の演奏面での実体は、それまでは把握することはできないと思う。
Track Date Recorded at Mixed by
1 1999/3/24 Poor David's Dallas Pat Mastelotto with Matt M.
2 1999/3/25 Antones Austin Pat Mastelotto with Matt M.
3 1999/3/22 or 23 Cactus Cafe Austin Pat Mastelotto with Matt M.
4

-

Pat's Garage Austin Pat Mastelotto
5 1999/3/22 or 23 Cactus Cafe Austin Pat Mastelotto with Bill Munyon
1999/3/24 Poor David's Dallas
1999/3/25 Antones Austin
6

-

Studio Belewbeloible Nashville Pat Mastelotto
7 1999/3/25 Antones Austin Pat Mastelotto
8 1999/3/22 or 23 Cactus Cafe Austin Pat Mastelotto with Bill Munyon
1999/3/24 Poor David's Dallas
1999/3/25 Antones Austin
9 1999/3/22 or 23 Cactus Cafe Austin Pat Mastelotto with Bill Munyon
1999/3/25 Antones Austin
10 1999/3/25 Antones Austin Pat Mastelotto with Bill Munyon
11 1999/3/25 Antones Austin Pat Mastelotto with Matt M.
12 1999/3/21 SXSW Lounge Austin Pat Mastelotto
1999/3/22 or 23 Cactus Cafe Austin
1999/3/24 Poor David's Dallas
13 1999/3/21 SXSW Lounge Austin Pat Mastelotto with Bill Munyon

プロジェクトの作品の中で唯一、本作品では曲毎のネタ晴らしがクレジットされている。
(追加:2000年12月10日)

 

Live In Austin, TX : ProjeKct Three

COLLECTORS’ KING CRIMSON [BOX6] ProjeKct
  • リリースは2004年
  1. Masque 3 ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / マスク3
  2. Masque 11 ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / マスク11
  3. X-chayn-jiZ ( Fripp, Gunn, Belew ) / エクス・チェイン・ジズ
  4. Hindu Fizz ( Fripp, Gunn, Levin, Mastelotto ) / ヒンドゥー・フィズ
  5. Heavy ConstruKction ( Fripp, Gunn, Belew ) / ヘヴィ・コンストラクション
  6. Introductory Soundscape ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / イントロダクトリー・サウンドスケイプ
  7. Masque 8 ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / マスク8
  8. Light ConstruKction ( Fripp, Gunn, Belew ) / ライト・コンストラクション
  9. Masque 2 ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / マスク2
  10. CCCCCCs ( Fripp, Gunn, Levin, Mastelotto ) / CCCCCCs
  11. ProjeKction ( Fripp, Gunn, Levin, Mastelotto ) / プロジェクション
  12. The Deception of the Thrush ( Fripp, Gunn, Belew ) / ザ・ディセプション・オブ・ザ・スラッシュ
  • Robert Fripp - guitar
    Trey Gunn - touch guitar, talker
    Pat Mastelotto - electronic traps and buttons
  • March 25, 1999
  • Produced by David Singleton and Alex R Mundy on behalf of King Crimson & King Crimson Collectors' Club
  • King Crimson Collectors' Club の27作品目としてリリースされた本作品は、プロジェクト3として行った5回のライヴの最終日である1999年3月25日を収録したもの。
    プロジェクト3の 『 Masque 』 がライヴの音源をマステロットが切り刻み寄せ集めた習作であったため、本作品のリリースによってプロジェクト3のライヴの実体像を初めて掴むことができた。 演奏曲からも明らかだが、プロジェクト2,プロジェクト4と同じく、プロジェクト3も y2King Crimson のプロトタイプであったことを確認することができる。
    プロジェクトのBOXセットと編集盤が King Crimson 名義でリリースされたり、King Crimson 名義の 『 Cirkus 』 にプロジェクトの演奏が収録されたことに違和感を感じていたが、ブルーフォードが絡んだプロジェクト1を除いたプロジェクトを、フリップが y2King Crimson のための公開リハーサルと位置づけていたことが今更ながら理解することができた。
  1. ” Masque 3 ” は、3人が別々にひたすら弾きまくる曲。 アップテンポで押しまくるためそれなりに格好良いのだけど、15分超もの演奏はつかみ所がなく、音だけだと飽きてくる。
  2. ” Masque 11 ” は、前曲から一転し重苦しいリズムで始まる。 フリップのソロも中途半端で、曲全体も最後まで盛り上がることなく終了。
  3. プロジェクト2の ”X-chayn-jiZ” は、やはりドラムの違いが顕著。 V-Drums に負うところも大きいのだろうが、異なるリズムを一人で演奏しきっているのは、ドラマーとしてのマステロットの意地なのだと思う。
  4. ” Hindu Fizz ” は、プロジェクト4での演奏に軍配があがると思う。 ガンとフリップのソロの絡みも中途半端だし、ガンが高音域の演奏に専念した際、ベース音域がなくなりしまりが無い。 レヴィン不在が痛い。
  5. ” Heavy ConstruKction ” は、やはりユニゾンのパートが格好良い。 ソロの応酬パートがつまらないのは相変わらずで残念だが、それ故にユニゾンのパートの格好良さか引き立っているのかもしれない。 この辺りは、『 The ConstruKction of Light 』 で発展させてもらいたかった。
  6. ” Introductory Soundscape ” は、その名の通りサウンドスケイプ。
  7. 前曲とシームレスの ” Masque 8 ” は、サウンドスケイプに合わせ緩やかなリズムが刻まれ、その後はフリップとガンによる装飾音が気まぐれに絡むだけの曲。
  8. ”Light ConstruKction” も前曲から続く。 そのため、” The ConstruKction of Light ” で使われるフレーズが、かなり遅めに演奏される。
  9. ”Masque 2” もそのままのリズムで続く。 ガンとフリップが各々ソロをとるが、際だった演奏ではない。
  10. ”CCCCCCs” は、プロジェクト4の ” Seizure ” の変奏曲。 ” Hindu Fizz ” と同じくレヴィン不在のため、曲の迫力が足りない。 レヴィン復活を機に ” Seizure ” をスタジオ・レコーディングをしてくれると嬉しい。
  11. ” ProjeKction ” は、” Into the Frying Pan ” のイントロ・パートのあとフリーのパートが続く。 このメンバーでもやっぱり中途半端であった。
  12. ” The Deception of the Thrush ” はここでも披露。 ラストのガンのソロ、相変わらず。
    (追加:2005年2月11日)

 

Live In Alexandria, VA : ProjeKct Three

COLLECTORS’ KING CRIMSON [BOX6] ProjeKct
  • リリースは2007年
  1. Introductory Soundscape ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / イントロダクトリー・サウンドスケイプ
  2. Improv: I ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / インプロヴィゼイション I
  3. Level Five ( Belew, Fripp, Gunn, Belew ) / レヴェル・ファイヴ
  4. Improv: II ( Fripp, Gunn, Levin, Mastelotto ) / インプロヴィゼイション II
  5. The Power To Believe II ( Belew, Fripp, Gunn, Belew ) / パワー・トゥ・ビリーヴ II
  6. Facts Of Life ( Belew, Fripp, Gunn, Belew ) / ファクツ・オブ・ライフ
  7. Sus-tayn-Z ( Fripp, Gunn, Mastelotto ) / サス-テイン-ズ
  8. The Deception of the Thrush ( Belew, Fripp, Gunn ) / ザ・ディセプション・オブ・ザ・スラッシュ
  9. VROOOM ( Belew, Bruford, Fripp, Gunn, Levin, Mastelotto ) / ヴルーム
  10. Q&A / 質疑応答
  • Robert Fripp - guitar
    Trey Gunn - touch guitar, talker
    Pat Mastelotto - electronic drumming
  • March 3, 2003
  • Produced by David Singleton and Alex R Mundy on behalf of King Crimson & King Crimson Collectors' Club
  • プロジェクト3のライヴ・アルバム。 といっても計画的なライヴではなく、クリムゾンでのツアー中にブリューが体調を崩したため急遽3人で、つまりプロジェクト3として演奏したもの。
    準備不足、ということを考慮すれば全編インプロで逃げても良かったと思うが、クリムゾンを期待してきた人(チケットを購入していた人は払い戻しか15ドルの割引が選択できたとのこと)に応えるためか、無理矢理クリムゾンの楽曲を演奏しているところが凄い。 不自然で居心地の悪い演奏になっているのだが、一夜限りとなると希少価値が非常に高い。 プロとして公演を中止するべき、という考え方があるのかもしれないが、こんな機会が日本であったならば私は是非観たい。 そう思わせるのに充分な作品である。
    King Crimson Collectors' Club として、こうした作品をリリースすることはとても貴重だと思うし、BOX(高価!)とはいえ日本盤としてリリースした判断は素晴らしいと思う。
  1. ” Introductory Soundscape ” は、タイトル通りフリップのサウンドスケイプス独演。
  2. ” Improv: I ” は、前曲にガンとマステロットの演奏が重なる。 比較的大人し目な演奏が、後半からヘヴィになっていく。
  3. ” Level Five ” は、待望のクリムゾン・ナンバー。 ギターのカッティングの絡みの部分はブリューのパートを補うことなく進み、聴いていて面白い。 フリップのソロ後は、演奏が混沌としてまとまり無いまま終了する。
  4. ” Improv: II ” は、フリップのピアノ音ソロを中心とした演奏で始まり、後半は各自が効果音のようなトリッキーな演奏を繰り返して終了。
  5. ” The Power To Believe II ” は、ブリュー不在があまりを感じられない一方、ガンのソロが不用意に長くてちょっとだれる。
  6. ” Facts Of Life ” は、ヴォーカル・ナンバーということもあり最もアレンジされており、原型からかけ離れている。 フリップがギターを弾きまくっており、演奏時間が短いのが残念である。 
  7. ProjeKct Two で演奏していた ” Sus-tayn-Z ” は、フリップとガンのロング・トーンの絡みがあまり無く、原曲と大きく異なっている。 クレジットからブリューの名前も外されており、インプロに同タイトルをつけただけ、と考えても良いかもしれない。
  8. ” The Deception of the Thrush ” は、お決まりだからしょうがないのかもしれないが、この編成だからあえて外してみるとか思わなかったのだろうか。
  9. 本作品で一番興味深いのが ” VROOOM ”。
    ダブル・トリオ時代の曲を半分のトリオで演奏する上に、フリップがブリューのパートを補おうとしておらず、スカスカな演奏。 ご丁寧に演奏をやり直すところまで収録しており、当人達にしてみても、満足度が高かったのかもしれない。
    (追加:2008年2月25日)

 

DGM Live Library

1999/ 3/21    Electric Lounge, Austin, TX

  1. Introductory Soundscape
  2. Hindu Fizz
  3. Sus Tayn Z
  4. Foot Note
  5. X chayn jiZ
  6. Seizure
  7. Super Slow Deception Of The Thrush
  8. ProjeKction
  9. Heavy ConstruKction
  • 1999年に5回のライヴを行った ProjeKct Three の初日の演奏。
    Masque 』 のライナーによれば、同アルバムに収録されている ” Masque 12 ” と ” Masque 13” にこの日の音源が使われていることになる。
    冗長的なソロが続いたり、後にクリムゾンの楽曲となる元ネタが出てきたりと、ProjeKct One を除く他の ProjeKct と同じような構成である。 『 Masque 』 に多くの編集が施されていたのは、他との差異化を目的とした可能性もある。
    DGM Live の解説には、当日はブリューが観客として最前列にいたとか、後にガンとマステロットとKTUを組むことになる Kimmo Pohjonen とブッキングされてたたとか裏情報が記載されているのは嬉しいが、音楽的に記載することがあまり無いように見え、ちょっと残念だったりする。
    (追加:2010年3月10日)

1999/ 3/22    Cactus Café, Austin, United States

  1. Introductory Soundscape*
  2. Hindu Fizz
  3. Sus Tayn Z
  4. Cactus Masque
  5. Super Slow
  6. ProjeKction
  7. Heavy ConstruKction
  8. Deception Of The Thrush
  • ProjeKct Three の2日めの演奏で、カクタス・カフェの初日の演奏。
    Masque 』 のライナーによれば、同アルバムに収録されている ” Masque 3 ”、” Masque 5”、” Masque 8 ”、” Masque 9”、” Masque 12 ” にこの日の演奏が使われていることになる。
    サウンドスケイプスから始まって3人での演奏に以降していく、というパターンは前日と同じなのだが、このパターンは22日で終了し、翌日からは冒頭に長めのインプロを演奏していくことになる。
    これが演奏時間の制約によるものなのかわからないが、曲ごとの演奏が大きく異なることが無いだけに、作品として聴いていても大きな差異を感じることはできない。
    (追加:2019年4月25日)

1999/ 3/23    Cactus Café, Austin, United States

  1. Masque_3
  2. X_Chayn_Jiz
  3. CCCCCCs
  4. Heavy ConstruKction
  1. Introductory Soundscape
  2. Masque_8
  3. Masque_11
  4. Light ConstruKction
  5. ProjeKction
  6. The Deception Of The Thrush
  • ProjeKct Three のカクタス・カフェでの2日目。
    この日から収録時間が長くなる(CD2枚相当)のだが、前日も同じ場所で演奏しているだけに演奏時間そのものが長くなったのかは判らない。 もしかしたら最初の2日間は演奏の全貌を収録していないのかもしれない。
    狭い地域での短期間の連続公演というパターンは ProjeKct One と同じであるが、やはり成果という点では無理があったと思う。 特定のモチーフを使った演奏も、インプロ・パートも差異化を図るには限界があったのか、日によって異なる体験はほぼできない。 この辺り、V-Drums に過度に頼ったことが制限に繋がったように思える。
    Masque 』 への採用曲は前日と同じなのだが、22日と23日についてはその内訳が明確になっていない。
    (追加:2019年4月25日)

1999/ 3/24    Poor David's, Dallas, Texas

  1. Masque 1
  2. Contrary ConstruKction
  3. Seizure
  4. The Deception Of The Thrush
  5. Heavy ConstruKction
  1. Introductory Soundscape
  2. Masque 5
  3. Masque 11
  4. Light ConstruKction
  5. ProjeKction
  6. VROOOM
  • ProjeKct Three の4日目の演奏。
    演奏パターンは前日までと変わらないのだが、最後に ” VROOOM ” を演奏している。 ProjeKct Two での同曲の採用は脱力系のネタとしての狙いがあったが、ProjeKct Three での演奏はマンネリ打破の目的としか思えず、ProjeKct Three としての必然性も成果も感じることができない。
    P1 で意固地に生演奏にこだわったブルッフォードに見切りをつけ、P2 で V-Drums で楽しく演奏したけどクリムゾンじゃないと認識、P4 で生ドラムと V-Drums のハイブリッドで成果を出したにもかかわらず、V-Drums 過多にもどってしまったのが P3 である。 キング・クリムゾンのフラクタル分裂、としてダブル・トリオ以降を模索した ProjeKct であるが、一方で V-Drums という機材に翻弄された期間でだったのだと思う。
    Masque 』 のライナーによれば、同アルバムに収録されている ” Masque 1 ”、” Masque 5”、” Masque 8 ”、” Masque 12 ” にこの日の演奏が使われていることになる。
    (追加:2019年4月25日)

1999/ 3/25    Antone's Austin, Texas

  1. Beatbox 160
  2. Super Slow
  3. X chayn jiZ
  4. Hindu Fizz
  5. Heavy ConstruKction
  1. Introductory Soundscape
  2. Seven Teas
  3. Light ConstruKction
  4. Four Over Five
  5. Seizure
  6. ProjeKction
  7. The Deception Of The Thrush
  • ProjeKct Three の5日目の演奏。
    当日の演奏は、 King Crimson Collectors' Club の27作品目として既にリリースされており、曲数も同じなのだが各曲は長めの編集となっている。 多分CD1枚に収録するために短めに編集したKCCC作品と比べて、ライヴに近いものと思われる。 また曲タイトルも微妙に異なっている。
    (追加:2019年4月25日)

本作品は、DGM Live でダウンロード販売しています。

Top Page