King Crimson Data Base
    ELP Live Archives

1997

Live At The Isle Of Wight Festival : Emerson, Lake & Palmer

Live at the Isle of Wight Festival 1970

  1. The Barbarian
  2. Take A Pebble
  3. Pictures At An Exhibition
  4. Rondo
  5. Nutrocker
    Bonus Track
  6. Emerson, Lake and Palmer discuss the Isle Of Wight Festival
  • Recorded live at the Isle of Wight Music Festival on August 29,1970
  • Keith Emerson : organ, piano & synthesizer
    Greg Lake : bass, acoustic guitar & vocals
    Carl Palmer : drums & percussion

    Produced by Emerson, Lake and Palmer
  • ELP がメジャーに躍り出た瞬間をとらえた、ライヴ・アルバム。
    ファースト・アルバムをリリースする前の作品だが、後の代表作がほとんど収録されている。 デビュー前にして完成度が高いバンドであったことが確認できる一方、デビュー前から解散するまで全くフォーマットが変わらなかったことも、あらためてわかる。
    本作品からは、当時のレイクの「売れてやる!」という野心がポジティブに感じられる。 考えられるはったりを全てかましきったような曲と演奏が、そのまま観衆に受け入れられたことが容易に想像できる。
    同じワイト島のフェスティバルでテリー・リードのバックで演奏しているマイケル・ジャイルズと比べると、ミュージシャンとして成功するかどうかの一番のポイントが野心であることを、あらためて思い知らされる。
    (追加:2004年8月10日)

 

Emerson, Lake & Palmer : Emerson, Lake & Palmer

King Biscuit Flower Hour Presents In Concert

 

CD One
  1. Peter Gunn Theme
  2. Tiger In A Spotlight
  3. C'est La Vie
  4. Piano Improvisation
  5. Maple Leaf Rag
  6. Drum Solo
  7. The Enemy God
  8. Watching Over You
  9. Pirates
  10. Fanfare For The Common Man
  11. Hoe Down
  12. Still, You Turn Me On
  13. Lucky Man
  14. Piano Improvisation

CD Two (CD-ROM)

  1. Karn Evil 9
  2. Fully Interactive ( MAC/PC Compatible )
  • CD One 1-10 Recorded on 11/12/77 at The Coliseum Wheeling, WV
    CD One 11-14, CD Two 1 Recorded on 3/7/74 at the Civic Center Tulsa, Oklahoma
  • キング・ビスケット・フラワー・アワーで放送されたマテリアルのCD化作品。
    今でこそブートレグ・シリーズでライヴ音源が乱発されているEL&Pだが、リリースされた当時はそれなりに貴重だった。
    後期の音源は、オーケストラを帯同したツアーが赤字で息詰まった後の3人だけの演奏が収録されているが、GX1の音がかなり厳しい。 オーケストラと競演していた時には気にならなかった安っぽい音が、単独だと完全に浮いてしまっている。 大型エレクトーンと揶揄されたのも何となくわかる。
    一方の全盛時代音源は、” Karn Evil 9 ” の完全収録もあり思いっきり楽しめる。
    どちらの音源もレイクは特段目立った演奏をしていない。 アコースティック・コーナーもワン・パターンだと思うが、このワン・パターンこそがELPの魅力の一つだと思う。
    2世代のライヴが手堅く楽しめる作品だけに、もうちょっと話題になっても良いと思うのだけど。
    (追加:2007年1月26日)

 

1998

Then & Now : Emerson Lake & Palmer

Then & Now

Then - Cal Jam '74
  1. Toccatta
  2. Take A Pebble Excerpts :
    a. Still You Turn On Me
    b. Lucky Man
    c. Piano Improvisations
    d. Take A Pebble
  3. Karn Evil 9 :
    a. First Impression Pt.2
    b. Third Impression

& Now Tour '97/98

  1. Time And A Place
  2. Piano Concerto No.1 :
    Third Movement
  3. From The Beginning
& Now Tour '97/98
  1. Karn Evil 9 :
    a. First Impression Pt.2
  2. Tiger In A Spotlight
  3. Hoedown
  4. Touch And Go
  5. Knife Edge
  6. Bitches Crystal
  7. Honky Tonk Train Blues
  8. Take A Pebble
  9. Lucky Man
  10. Fanfare For The Common Man
    Blue Rondo A La Turk
  11. 21st Century Schizoid Man
    America
  • Keith Emerson - Keyboards and The Worlds Most Dangerous Synthesizers
    Greg Lake - Vocals, Acoustic and Electric Guitars, Basses
    Carl Palmer - Drums and Percussion
  • ELPのライヴ音源集。
    リリースされた時のウリは、カリフォルニア・ジャムでのライヴを収録、再結成ELPでの ” 21st Century Schizoid Man ” の収録、ギーガーによるジャケットの3点であった。 その後カリフォルニア・ジャムのライヴについては、DVDの 『 Beyond The Beginning 』 で映像が確認できるようになった今では、そのありがたみは無くなっているが。
    後にELPは、海賊盤をほとんど音質改善しないままBOXで販売する、という某クリムゾンよりもフアンを悩ませる商法にでるわけだが、そうなる前の良心的な作品と位置づけることができる。 これで、1枚目だけは再結成前の音源にしてくれたら、もっと良かったと思う。
    (追加:2007年11月25日)

 

2003

The Sprocket Sessions    An Official Bootleg : Emerson, Lake & Powell

 

  1. The Score
  2. Learning To Fly
  3. The Miracle
  4. Knife Edge
  5. Tarkus
  6. Pictures At An Exhibition
  7. Lucky Man
  8. Still You Turn Me On
  9. Love Blind
  10. Mars Bringer Of War
  11. Touch & Go
  12. Pirates
  • recorded live at the Sprocket Studios during rehearsals for the 1986 tour
  • EL & Powell のリハーサル音源。
    とても緩い作品。 演奏スピードが遅めなのは、リハーサルということで意図的なものなのだろうが、それを差し引いたとしても緩い演奏である。 EL & Powell の魅力の一つは、コージー・パウエルによる破天荒な演奏に触発されたエマーソンの演奏だと思うのだが、本作品ではそれを堪能することができない。
    そして、もうひとつの魅力であるレイクが我関せずと朗々と唄いあげるバラードも、本作品では中途半端である。 静と動のバランスの妙、などと言うのは余りにも安易だが、激しい演奏とバラードをしっかりと味わいたいと思う。
    (追加:2012年4月10日)

 

2005

Beyond The Beginning : Emerson Lake & Palmer

ビヨンド・ザ・ビギニング

Before The Beginning
  1. Fire by The Crazy World Of Arthur Brown
  2. America by Nice
  3. 21st Century Schizoid Man by King Crimson

ELP In Pictures

  1. Take A Pebble
  2. Knife Edge
  3. Rondo - Great Gates Of Kiev
  4. Rondo
  5. Tarkus ( a Eruption )
  6. Hoedown
  7. Tank
  8. Lucky Man
  9. Karn Evil 9 ( 3rd Impression )
  10. Toccata
  11. I Believe In Father Christmas
  12. Honky Tonk Train Blues
  13. Fanfare For The Common Man
  14. Pirates
  15. Tiger In A Spotlight
  16. Watching Over You
  17. Tarkus
  18. Touch And Go

Bonus Footage

  1. ELP in Rehearsal
  2. The Story Of The Covers
  3. ELP At Brands Hatch 1973
  4. Interview With Bob Moog
California Jam Festival
  1. Toccata
  2. Still ... You Turn Me On
  3. Lucky Man
  4. Piano Improvisations
  5. Take A Pebble
  6. Karn Evil 8 ( 1st Impression Part 2 )
  7. Karn Evil 9 ( 3rd Impression )
  8. The Great Gates Of Kiev

Beyond The Beginning

  • ELP の発掘映像集。
    先ず、バラエティの富んだ映像群に圧倒される。 日本公演、キーボードとの格闘、空中ピアノ回転、オーケストラとの共演等々、語り継がれてきた演奏を確認することができるのが嬉しい。
    また、演奏も勿論だが個人的に興味深かったのは、1973年のリハーサル風景。 お互いの演奏に干渉し、感情むき出しの状態で確認しあう姿に圧倒される。 雑誌等で「ミキシング段階で3人が各々の演奏を大きくしようとした」といった記事を読んだことがあるが、そんな話以上にバンド内の鬩ぎ合いが生々しく伝わってくる。
    (追加:2005年11月10日)

 

2010

A Time And A Place : Emerson, Lake & Palmer

A Time & A Place

The Early '70s
  1. The Barbarian
  2. Take A Pebble
  3. Ballad Of Blue
  4. High Level Fugue
  5. Hoedown
  6. Still... You Turn Me On
  7. Lucky Man
  8. Karn Evil 9
    (1st, 2nd & 3rd Impressions)

The Late '70s

  1. Peter Gunn Theme
  2. Pictures At An Exhibition
  3. Tiger In A Spotlight
  4. Maple Leaf Rag
  5. Tank
  6. Drum Solo
  7. The Enemy God Dances With The Black Spirits
  8. Pirates
  9. Tarkus
  10. Show Me The Way To Go Home
The '90s
  1. Knife Edge
  2. Paper Blood
  3. Black Moon
  4. Creole Dance
  5. From The Beginning
  6. Honky Tonk Train Blues
  7. Affairs Of The Heart
  8. Tuch And Go
  9. A Time And A Place
  10. Bitches Crystal
  11. Instrumental Jam
  12. Fanfare For The Common Man - America - Rondo

The Boot's For You - A Fan's View -

  1. Introduction
  2. The Endless Enigma
  3. Abaddon's Bolero
  4. Jeremy Bender - The Sheriff
  5. Toccata ( including Drum Solo )
  6. Jerusalem
  7. Nutrocker
  8. C'est La Vie
  9. Piano Concerto #1
    3rd Movement
  10. Closer To Believing
  11. Close To Home
  12. I Believe In Father Christmas
  • CD4枚組のライヴ音源集。 ジャケットは購入するのを躊躇わす程酷いものだが、クレジットに 「 Project Assistance : Keith Emerson and Tony Ortiz 」 とあり、公式の作品と思われる。
    ワイト島のライヴ音源等、既にリリースされているライヴ・アルバムから被っている曲もあるが、The Manticore Vaults シリーズまでは手を出すことができなかった私のようなタイプには、ヴォリューム的にも最適な作品だと思う。 
    ” Tarkus ” は初期の演奏を収録してほしかった、とか多分言い出したらキリがない程のツッコミ要素があるものの、ライヴ・オムニバスとはよく出来ていると思う。
    (追加:2010年9月10日)

 

High Voltage : Emerson, Lake & Palmer

At High Voltage 2010

  1. Karn Evil 9 : 1st Impression - Part 2
  2. The Barbarian
  3. Bitches Crystal
  4. Knife - Edge
  5. From The Beginning
  6. Touch and Go
  7. Take a Pebble
  8. Tarkus
    ( Eruption / Stone Of Years / Iconoclast /  Mass / Battlefield / Aquatarkus )
  1. Farewell To Arms
  2. Lucky Man
  3. Pictures At An Exhibition Medley
    ( Promenade / The Gnome / The Sage / The Hut Of Baba Yaga / The Great Gates )
  4. Fanfare for the Common Man / Drums Solo / Rondo
  • 25th July 2010
  • 2010年、私にとって残念なことの一つは、10月に予定されていた Emerson & Lake の来日公演中止であった。 エマーソンの体調不良が原因とのことで致し方ないのだが、人生初のチケット払い戻しと併せ残念な気持ちは未だ変わらない。
    その幻の来日公演前の7月、EL&P として行った High Voltage でのライヴを収録したのが本作品である。
    全盛期の激しさを期待して本作品を購入した人はいないと思う。 私も期待はしていなかったが、演奏のスローさ、エッジのなさは、想像を超えていた。
    パーマー抜きの来日公演中止を残念に思う一方、本作品を素直に楽しむことができない自分がいるわけで、この矛盾を許容することが重要なのだと思う。
    本作品を聴いた直後に EL&P としての来日公演が発表されたとしても、私は必ずチケットを購入する。
    (追加:2011年5月25日)

 

Live In Concert : Emerson, Lake & Powell

ライヴ

  • リリースは2010
  1. The Score
  2. Touch & Go
  3. Knife Edge
  4. Pirates
  5. From The Beginning
  6. Lucky Man
  7. Fanfare For The Common Man
  8. Mars Brings Of War / Drum Solo
  9. Medley : Karn Evil 9 ( 1st Impression ) / America / Rondo
  • Keith Emerson - Keyboards, synths, piano
    Greg Lake - Vocals, bass, acoustic and electric guitars
    Cozy Powell - Drums and percussion

  • Recorded live in Lakeland, Florida November, 1986

  • EL & Powell のライヴ・アルバム。 日本盤ライナーによれば、クレジットと異なり1986年10月4日の演奏とのこと。
    EL & Palmer の代表曲と、EL & Powell による新曲、コージー・パウエルによるドラム・ソロ、そしてお決まりのアンコールでのメドレー、聴く側のツボを120%を押さえた見事な作品である。
    単独だと下品さだけが際立つデジタル・シンセの音色も、パウエルのドカドカ・ドラムと組合わさると新鮮で、80年代をプログレがどのように生き抜くかを示している。
    そんな中、”
    From The Beginning ” と ” Lucky Man ” を朗々と歌い上げるレイクの芸の完成度もまた、天晴れだと思う。
    (追加:2010年3月10日)

 

2011

Live At The Mar Y Sol Festival '72 : Emerson Lake & Palmer

  1. Hoedown [ co-writes ]
  2. Tarkus [ co-writes ]
  3. Take A Pebble [ writes ]
  4. Lucky Man [ writes ]
  5. Piano Improvisation
  6. Pictures At An Exhibition [ co-writes ]
  7. Rondo [ co-writes ]
  • Keith Emerson - Keyboards
    Greg Lake - Bass, Guitars, Vocals
    Carl Palmer - Percussion
  • Recorded Live On April 2, 1972, At The Mar Y Sol Festival, Vega Baja, San Juan, Puerto Rico.
  • プエルトリコ で行われたフェスティヴァル音源が、単独盤としてリリースされたもの。 何故このタイミングなのかはわからないが、安価で流通されているのが嬉しい。
    『 恐怖の頭脳改革 』 リリース前のベスト選曲。 予定調和(褒め言葉)が最善の形で機能していた時期だけに、安心して楽しむことができる好盤である。 ライナーにも記載されている通り、高湿度の影響で Moog の動作が不安定になるところがあるが、それはそれで楽しむことができる。 元々安定した動作が望めない Moog をそのような環境に持っていけばどうなるかわかるようなものだが、それでもライヴに出てしまうのが、いかにもELPらしい。
    平清盛で盛り上がる ” Tarkus ” も全編収録。 『 Welcome Back My Friends〜 』 収録ヴァージョンと異なり、エピタフのフレーズもないだけ、オリジナルに近い。
    (追加:2012年1月10日)

 

2012

Live At Nassau Coliseum '78 : Emerson, Lake & Palmer

 

  1. Hoedown
  2. Tarkus
  3. Take A Pebble
  4. Piano Concerto #1, 1st Movement
  5. Maple Leaf Rag
  6. Taka A Pebble ( Reprise )
  7. C'est La Vie
  8. Lucky Man
  9. Pictures At An Exhibition
  1. Tiger In A Spotlight
  2. Watching Over You
  3. Tank
  4. Drum Solo
  5. The Enemy God Dances With The Black Spirits
  6. Nutrocker
  7. Pirates
  8. Fanfare For The Common Man
  • Recorded Live on February 9, 1978, At The Nassau Veterans Memorial Coliseum, Uniondale, New York.
  • オーケストラ帯同コンサートの予算が行き詰った結果、3人で行ったツアーからの音源。
    この時期のオーケストラ無しのライヴとしては、『 Emerson, Lake & Palmer 』 があるが、本作品はCD2枚組で、多分コンサートの全容が収録されているものと思われる。
    オーケストラと合わせる必要が無いためか好き勝手に暴走してるところが、逆に面白さを増している。 ただ、音質がそこそこに良いことが逆にGX1のペロンとした音色を際立たせており、その音色の好き嫌いで評価がわかれてしまうと思う。
    ただただ、レイクによるバラードはそんなこととは一切関係なく、朗々と展開されている。
    (追加:2007年1月25日)

Top Page